戻る 新聞記事一覧表(2022年:925件) 戻る
記事IDまたは見出しクリックで記事が表示されます。

【記事一覧(年単位)】
_ _ _ _ _ 2022年
2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年以前

HP内検索エンジン help

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_28_01]
松代群発地震 Wikipedi 2022/06/28 TOP
規模が最大の地震(1966年4月5日発生・M5.4)の震央本震発生日1965年(昭和40年)8月3日 - 1970年(昭和45年)6月5日(後略)

 
[2022_06_27_04]
東京電力と中部電力間の連系線が脆弱すぎる 山崎久隆 たんぽぽ 2022/06/27 TOP
3.脆弱すぎる広域連系線◎この事態を受けて、岸田首相は「原子力規制委員会の審査についても合理化や効率化を図り、審査体制も強化しながら手続きをしっかり進め、できるだけ可能な原子力発電所は動かしていきたい」などと介入も示唆す(後略)

 
[2022_06_27_03]
大飯原発で冷却水漏れ 原子炉を起動するのに使うポンプの配管から 関テレ 2022/06/27 TOP
関西電力は27日、福井県おおい町にある大飯原発4号機で、水漏れが確認されたと発表しました。関西電力によると24日、原子炉を起動するのに使うポンプの配管から冷却水が漏れていたということです。放射能漏れは確認されていないというこ(後略)

 
[2022_06_27_02]
大飯原発4号機で2次系配管水漏れ 再稼働は7月下旬に 毎日新聞 2022/06/27 TOP
関西電力は27日、定期検査中の大飯原発4号機(福井県おおい町、出力118万キロワット)で2次系配管の一部に不具合が見つかったため、再稼働時期を7月上旬から下旬に先送りすると発表した。関電グループ会社の試算によると、電力供給の余(後略)

 
[2022_06_27_01]
処理水放出「断固反対」全漁連の新会長 面談 大臣ではなく定年退職した参与 東京新聞 2022/06/27 TOP
全国漁業協同組合連合会(全漁連)の坂本雅信会長は27日、会長就任後に初めて経済産業省を訪れ、東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の汚染水を浄化処理後も放射性物質トリチウムが主に残る水の海洋放出について「断固反対」と(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_26_03]
【震度5弱】玄海原発、異常なし 日テレ 2022/06/26 TOP
6/26(日) 22:25配信原子力規制庁によりますと、佐賀県玄海町にある玄海原発について、九州電力から地震による施設への異常はないとの連絡が入っているということです。また、モニタリングポストの値に異常な変動は見られないということで(後略)

 
[2022_06_26_02]
川内原発の20年運転延長反対訴え 「巨大災害の前には無力」 市民団体 南日本新 2022/06/26 TOP
九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の運転に反対する市民団体「ストップ川内原発!3.11鹿児島実行委員会」は25日、九電の20年運転延長申請が近いとして、鹿児島市の天文館アーケードで原則40年の運転期限が迫る同原発の廃炉を訴え(後略)

 
[2022_06_26_01]
熊本県で震度5弱の地震 津波なし NHK 2022/06/26 TOP
午後9時44分ごろ、熊本県で震度5弱の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。▽震度5弱の揺れを観測したのは熊本県美里町でした。▽震度4を熊本市西区、熊本市南区、熊本県八代市、山鹿市、宇城市、嘉島(後略)

 
[2022_06_25_01]
2つの石炭火力発電所、2027年3月で廃止へ…北電が発表、老朽化や脱炭素化のため HBC 2022/06/25 TOP
北海道電力は、カーボンニュートラルの実現などを理由に、空知地方にある2つの石炭火力発電所を2027年に廃止すると発表しました。2027年3月末で廃止されるのは、石炭で発電する砂川発電所の3号機と4号機。それに、2019年3月から休止(後略)

 
[2022_06_24_07]
島根の過疎地域に再エネの波 「町の生き残りかけ」新電力会社設立 毎日新聞 2022/06/24 TOP
広島県との県境に位置する島根県邑南(おおなん)町。山あいの小さな町が4月、環境省の「脱炭素先行地域」に県内で唯一、選ばれた。国は2021年10月のエネルギー基本計画で、太陽光や風力などの再生可能エネルギーについて最優先で取り組(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_24_06]
紅沿河原子力発電所が全面稼働、中国で稼働中の最大の原発に CGTN 2022/06/24 TOP
【6月24日 CGTN Japanese】中国東北部の遼寧省(Liaoning)で建設を進めてきた紅沿河原子力発電所の6号機が23日、168時間の試運転を無事に終了し、商業運転の条件が整いました。これにより、東北部初の原発であり、最大の電力エネルギー(後略)

 
[2022_06_24_05]
プルトニウム、フランス側に譲渡 輸送・再処理350億円で契約 共同通信 2022/06/24 TOP
日本原子力研究開発機構は24日、新型転換炉ふげん(福井県、廃炉作業中)の使用済み核燃料を再処理してもらう契約をフランス企業と結んだと発表した。取り出したプルトニウムはフランス側に譲渡する。契約は燃料の輸送と再処理で同機構は(後略)

 
[2022_06_24_04]
県の原子力政策懇話会委員が中間貯蔵施設など視察 NHK 2022/06/24 TOP
原子力政策について市民や有識者の意見を聴くために設置された県の「原子力政策懇話会」の委員が、むつ市の中間貯蔵施設などを視察しました。市民や有識者などでつくる県の「原子力政策懇話会」は定期的に県内の原子力施設を視察していま(後略)

 
[2022_06_24_03]
六ヶ所村 再処理工場の総事業費 去年予測より約100億円減 NHK 2022/06/24 TOP
六ヶ所村にある使用済み核燃料の再処理工場の総事業費は、最新の経済指標などを反映して見直した結果、およそ14兆4300億円に上る見通しとなり、去年の予測よりおよそ100億円減りました。再処理工場の運営を日本原燃に委託している使用済(後略)

 
[2022_06_24_02]
ふげん燃料再処理、仏企業と締結 プルトニウムを譲渡―原子力機構 時事通信 2022/06/24 TOP
日本原子力研究開発機構は24日、廃炉作業中の新型転換炉ふげん(福井県敦賀市)の使用済み核燃料について、輸送と再処理をフランスで行う契約を仏原子力大手オラノ・リサイクル社と結んだ。使用済み核燃料の移送は2023年度に始まり、2(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_24_01]
「電力逼迫」の注意報・警報の欺瞞を見逃すな 山崎久隆 たんぽぽ 2022/06/24 TOP
項目紹介1.夏・冬の「電力危機」で関係閣僚会議開催2.3月の「電力危機」以上2つは本日掲載3.脆弱すぎる広域連系線(下)に掲載(後略)

 
[2022_06_23_07]
東海第二老朽化 原電の評価法に疑義 茨城県チームに質問書 科学者・技術者の会 東京新聞 2022/06/23 TOP
日本原子力発電東海第二原発(東海村)周辺の原子炉メーカーや研究機関出身者のグループ「東海第二原発地域科学者・技術者の会」が、東海第二の老朽化に関する質問書を県原子力安全対策委員会のワーキングチーム(WT)に提出した。原子炉(後略)

 
[2022_06_23_06]
全漁連「放出反対変わらない」 原発処理水で特別決議 共同通信 2022/06/23 TOP
全国漁業協同組合連合会(全漁連)は23日、東京都内で通常総会を開き、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出に「断固反対であることはいささかも変わらない」とする特別決議を全会一致で採択した。海洋放出反対の決議は3回目。決議で(後略)

 
[2022_06_23_05]
強制起訴裁判、審理再開求める 最高裁判決の証拠調べ要望 共同通信 2022/06/23 TOP
2022/6/23 13:58東京電力福島第1原発事故で、検察審査会の議決を受け業務上過失致死傷罪で強制起訴され、一審は無罪となった東電の勝俣恒久元会長(82)ら旧経営陣3人の控訴審について、被害者参加代理人らが23日、審理の再開を求める上(後略)

 
[2022_06_23_04]
第一原発廃炉の状況は 1号機内部のガレキ撤去へ向け大型カバーを設置へ FCT 2022/06/23 TOP
福島復興への最も大きな壁、第一原発の廃炉の状況を取材した。1号機は最上部の天井や壁が吹き飛び、骨組みが見えている。この天井にはかつては燃料を運ぶクレーンが設置されていたが、爆発の際に落下して大型のガレキとなってしまった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_23_03]
燃料デブリ"堆積物、一部の厚さが1メートル程度と発表 日テレ 2022/06/23 TOP
東京電力は、メルトダウンした福島第一原発1号機の調査で確認された「燃料デブリ」を含むとみられる堆積物について、一部の厚さが1メートル程度だったと発表しました。東京電力が、福島第一原発1号機の原子炉格納容器の内部でこれまで水(後略)

 
[2022_06_23_02]
チョルノービリ原発の今 ロシア軍が占拠し“放射性物質“の拡散も… 日テレ 2022/06/23 TOP
ロシア軍に占拠されていたチョルノービリ原子力発電所の研究施設に、NNNのカメラが入りました。施設内には福島大学の研究施設もあり、そこにもロシア軍による被害の爪痕が残されていました。◇22日、NNNはチョルノービリ原発に向かいました。記者(後略)

 
[2022_06_23_01]
最高裁判決文に異例の反対意見 三浦守裁判官が痛烈批判 東京新聞 2022/06/23 TOP
2022/6/23 12:00 2022年6月23日 12時00分東京電力福島第一原発事故の福島県内外の住民らが国と東電に損害賠償を求めた4訴訟の最高裁判決。国の責任は否定されたが、1人の裁判官は他3人の多数意見の判決を痛烈に批判し、国が東電に規制権(後略)

 
[2022_06_22_02]
珠洲原子力発電所 Wikipedi 2022/06/22 TOP
2022/6/22 21:00珠洲原子力発電所(すずげんしりょくはつでんしょ)は、石川県珠洲市に建設する計画であった原子力発電所である。北陸電力・中部電力・関西電力の電力会社3社(以下電力3社と表記)による共同運営が予定されていたが、1(後略)

 
[2022_06_22_01]
福島県の内堀雅雄知事 海洋放出のための工事の事前了解をしなければ良い たんぽぽ 2022/06/22 TOP
◎6月21日(火)参加者は約100人でした。集会は11時30分から13時まで、その後14時からアオウゼ多目的室で報告会がありました。「福島県の内堀雅雄知事には、ALPS処理汚染水海洋放出を止める権限があります。東電から出されている海洋放出の(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_21_04]
「知事は美しい海を守って」処理水を海洋放出しないよう求め福島県庁前で集会 TUF 2022/06/21 TOP
21日、県庁前には、女性を中心におよそ100人が集まり、横断幕を掲げたり、それぞれの思いを訴えたりしました。福島第一原発の処理水をめぐっては、政府と東京電力が、来年の春にも海に放出する方針を示していて、これに先駆けて、東電は(後略)

 
[2022_06_21_03]
大きな地震相次ぐ石川能登で浮上していた「珠洲原発」…2003年12月に計画凍結 ゲンダイ 2022/06/21 TOP
2022/6/21 9:06 6/21(火) 9:06配信住民は不安な日々を過ごしているに違いない。19日に最大震度6弱の揺れを観測した石川県能登地方で、20日午前10時31分ごろ再び同地方を震源とする地震が発生。同県珠洲市で震度5強の揺れを観測した。気(後略)

 
[2022_06_21_02]
原発事故避難者訴訟、9月に追加提訴へ 「最高裁判決覆す」 産経新聞 2022/06/21 TOP
2022/6/21 19:11東京電力福島第1原発事故で避難した住民らによる集団訴訟で、最高裁が国の賠償責任を認めない判決を出したことを受け、原告らが21日、福島県庁で記者会見した。代理人の馬奈木厳太郎弁護士は「国の言い分が完全に認められ(後略)

 
[2022_06_21_01]
最高裁判決受け県議会に請願書 賠償基準の早期見直し求める NHK 2022/06/21 TOP
2022/6/21 18:51 06月21日18時51分福島第一原子力発電所の事故で各地に避難した人などが、国と東京電力に損害賠償を求めた4件の集団訴訟で、最高裁判所が国の責任を認めない判決を言い渡したことをうけて、福島訴訟の弁護団は21日、賠(後略)

 
[2022_06_20_08]
極めて雑な判決 安全規制を否定するのなら原発を「許可」してはならない 山崎久隆 たんぽぽ 2022/06/20 TOP
2022/6/20 21:00「国家無答責」とは、国家又は公務員の違法な行為によって損害が生じた場合でも国家が賠償責任を負わないことを指す。明治憲法下の法理であり、当然、現憲法下では無効のはずだ。日本国憲法17条では「何人も、公務員の不(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_20_07]
「国の責任」否定した最高裁 原告から批判の声「司法は残酷」 弁護士ド 2022/06/20 TOP
2022/6/20 18:57 2022年06月20日 18時57分東京電力福島第一原発事故当時、福島県内や隣県に住んでいた住民らが、国や東京電力に対し、損害賠償や原状回復を求める4つの集団訴訟(生業(福島)、群馬、千葉、愛媛)の上告審判決が6月1(後略)

 
[2022_06_20_06]
石川 能登地方で地震相次ぐ「1週間程度は同程度の地震に注意」 NHK 2022/06/20 TOP
2022/6/20 18:36 2022年6月20日 18時36分20日午前、石川県の能登地方を震源とするマグニチュード5.0の地震があり、珠洲市で震度5強の揺れを観測しました。能登地方では19日午後、珠洲市で震度6弱の激しい揺れを観測した地震の後、地震活(後略)

 
[2022_06_20_05]
不気味な「南海トラフ巨大地震」との符合 「能登半島震度6弱」で誘発か 夕刊フジ 2022/06/20 TOP
2022/6/20 17:00 6/20(月) 17:00石川県珠洲市で19日、震度6弱を観測する地震が発生した。同市周辺では1年以上群発地震が続いており、より大きな揺れへの警戒が高まっている。専門家は、今後発生が予想される南海トラフ巨大地震との符合に(後略)

 
[2022_06_20_04]
「電力需給逼迫」は政府と東京電力が原発の再稼働を進めるために作り出している 荒木福則 たんぽぽ 2022/06/20 TOP
◎今、「電力が不足するので原発の再稼働が必要だ」という論調が盛んになっている。しかし、「電力需給逼迫」は、作られたものだ。東京電力は、火力発電部門を担当するJERA(中部電力の同部門も吸収統合)の石油火力発電の全て15基、合(後略)

 
[2022_06_20_03]
海洋放出「理解が広がっていない」全体の5割近くが回答 FTV 2022/06/20 TOP
福島テレビと福島民報社が共同で行った福島県民世論調査。この調査は、6月18日に福島県内の755人に電話で行った。福島第一原発に溜まる処理水を海洋放出する政府の方針について聞いたところ「広がっていない」と回答した人は合わせて47(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_20_02]
「ふげん」核燃料取り出し後のプルトニウム、フランス譲渡へ…日仏で合意 読売新聞 2022/06/20 TOP
廃炉作業中の新型転換炉「ふげん」(福井県敦賀市)の使用済み核燃料をフランスで再処理し、取り出したプルトニウムをフランスに譲渡することが20日わかった。ふげんを管理する日本原子力研究開発機構とフランス企業が近く、正式に契約を(後略)

 
[2022_06_20_01]
プルトニウム、仏へ譲渡 廃炉のふげん、燃料再処理 原子力機構 時事通信 2022/06/20 TOP
日本原子力研究開発機構の新型転換炉ふげん(福井県、廃炉作業中)の使用済み核燃料の再処理をフランスに委託し、取り出されたプルトニウムを同国に譲渡することが20日、原子力機構への取材で分かった。早ければ月内にも、フランスの原子(後略)

 
[2022_06_19_13]
国の責任問い続ける 裁判外の救済、見通せず 福島民報 2022/06/19 TOP
2022/06/19 17:26東京電力福島第一原発事故の避難者らが国や東電に損害賠償を求めた福島(生業=なりわい)など4件の集団訴訟の上告審判決から一夜明けた18日、原告と弁護団は国の責任を否定した最高裁の判断を受け止め、次の一歩を踏み(後略)

 
[2022_06_19_12]
プルトニウム、フランスに譲渡へ 保有抑制、ふげん燃料で政府方針 共同通信 2022/06/19 TOP
日本原子力研究開発機構の新型転換炉ふげん(福井県、廃炉作業中)の使用済み核燃料をフランスで再処理してプルトニウムを取り出し、それをフランス側に引き取ってもらう方針を同機構や政府が固めたことが19日、関係者への取材で分かった(後略)

 
[2022_06_19_11]
能登半島、地面が隆起…地下にたまった水が岩盤に圧力か 読売新聞 2022/06/19 TOP
2022/06/19 23:14 地震の写真特集はこちら 石川県・能登半島の先端部では2020年12月から地震活動が活発化し、昨年9月には最大震度5弱(マグニチュ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_19_10]
「南海トラフとの関係性はない」石川県の地震を受け、徳島大教授が見解 徳島新聞 2022/06/19 TOP
2022/6/19 21:5019日午後に発生した石川県能登地方を震源とする震度6弱の地震について、徳島大大学院の馬場俊孝教授(津波防災学)は徳島新聞の取材に対し、「南海トラフ巨大地震との関係性はない」との見解を示した。馬場教授によると、能(後略)

 
[2022_06_19_09]
【動画】石川県珠洲市見附島 地震発生時の様子 石川TV 2022/06/19 TOP
2022/6/19 19:20 6/19(日) 19:20配信最大震度6弱を観測した石川県能登地方を震源とする地震で、珠洲市宝立町にある見附島で、地震発生時に撮影された映像が届いた。撮影した人によると「かなり強い揺れを感じ、すごい音がしたので後ろを(後略)

 
[2022_06_19_08]
石川で震度6弱で男女6人けが 10歳未満から80代まで 1人は手首骨折 北陸放送 2022/06/19 TOP
2022/6/19 18:36 6/19(日) 18:36配信6月19日、午後3時8分ごろ、石川県能登地方を震源とする地震があり、石川県珠洲市で震度6弱を観測しました。この地震による津波はありませんでした。各地の震度は、震度6弱が珠洲市、震度5弱が能登町(後略)

 
[2022_06_19_07]
気象庁「今後1週間程度 最大震度6弱程度の地震に注意を」 NHK 2022/06/19 TOP
2022/6/19 17:56 2022年6月19日 17時56分今回の地震について、気象庁の鎌谷紀子地震津波監視課長は午後5時5分から記者会見を開き「揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっている。今後の地震活動や雨の状況に(後略)

 
[2022_06_19_06]
岸田首相「具体的な被害は今のところ報告されていない」 NHK 2022/06/19 TOP
2022/6/19 17:38 2022年6月19日 17時38分政府は、午後3時9分に総理大臣官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、情報収集などにあたっています。関係省庁の担当者をメンバーとする緊急参集チームを招集し、情報の収集と被害の確認な(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_19_05]
志賀原発 地震による異常は確認されず NHK 2022/06/19 TOP
2022/6/19 17:36 2022年6月19日 17時36分北陸電力によりますと、石川県能登地方で最大震度6弱の揺れを観測した地震で、震度3の揺れを観測した石川県志賀町にある志賀原子力発電所について、この地震による異常は確認されていないという(後略)

 
[2022_06_19_04]
石川県珠洲市で震度6弱の地震 津波の心配なし NHK 2022/06/19 TOP
2022/6/19 17:08 2022年6月19日 17時08分19日午後3時8分ごろ石川県能登地方で震度6弱の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震度6弱を観測したのは石川県珠洲市です。このほか震度5弱を石川県能登(後略)

 
[2022_06_19_03]
震度6弱 石川 珠洲「立っていられない揺れ」「つぼが割れた」 NHK 2022/06/19 TOP
2022/6/19 17:07 2022年6月19日 17時07分19日午後3時8分ごろ石川県能登地方で震度6弱の揺れを観測する地震がありました。震度6弱を観測した石川県珠洲市にある道の駅の従業員の女性は、NHKの取材に対し、「当時は営業中だったが、立って(後略)

 
[2022_06_19_02]
地震 震度6弱の珠洲市 春日神社 鳥居が根元から崩れる被害 NHK 2022/06/19 TOP
2022/6/19 16:55 2022年6月19日 16時55分震度6弱を観測した石川県珠洲市にある春日神社の関係者によりますと地震の揺れで、神社にある石の鳥居が根元から折れ、崩れたということです。また、境内の石灯籠が倒れたほか、階段の一部が崩れ(後略)

 
[2022_06_19_01]
火山のない能登、観測されていた異例の地殻変動と群発地震 毎日新聞 2022/06/19 TOP
2022/6/19 16:23石川県能登地方では、これまで地震が頻発していた。その原因を取材し、5月10日に掲載した記事を再掲する。(記事中のデータなどは、掲載当時のもの)××(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_18_08]
「不当判決という以外に言う言葉が見つからない・・・」最高裁判決 横田朔子 たんぽぽ 2022/06/18 TOP
2022/6/1821:00◎夕方の5:30たんぽぽ舎のボランティア仲間と官邸前に到着。集会の準備に取り掛かろうとしてふっと空を仰ぐと、絵画のような美しい夕焼けの空が広がっている。6月17日、日本中が注目した、東電福島第一原発事故の避難者(後略)

 
[2022_06_18_07]
社説:原発賠償判決 納得できない国の免責 京都新聞 2022/06/18 TOP
2022/6/18 16:05 2022年6月18日 16:05東京電力福島第1原発事故で避難した住民らが、国に損害賠償を求めた集団訴訟で、最高裁第2小法廷はきのう、国の責任を認めない判決を言い渡した。同種訴訟は全国で約30件起こされており、最高裁が初(後略)

 
[2022_06_18_06]
原子炉データ公表半分、一転撤回 東電の福島1〜3号機、批判受け 東京新聞 2022/06/18 TOP
2022/6/18 16:22 2022年6月18日 16時22分 (共同通信)東京電力は、福島第1原発1〜3号機の原子炉格納容器の水位や周辺の温度など、メルトダウン(炉心溶融)を起こした各号機の監視に必要なデータの公表項目を、6月になって突然半分程度(後略)

 
[2022_06_18_05]
「国の責任見逃すのか」 福島原発訴訟 最高裁判決に避難者は不満訴え 南日本新 2022/06/18 TOP
2022/6/18 13:33 6/18(土) 13:33配信東京電力福島第1原発事故避難者訴訟で、最高裁が国の責任を認めない判決を出した17日、事故後に福島県双葉町から鹿児島市に移住した遠藤緒美さん(50)は「国の責任を見逃すようでおかしい」と不満を(後略)

 
[2022_06_18_04]
原発事故、国の責任認めず 最高裁初の判断、津波想定以上 福島民友 2022/06/18 TOP
2022/6/18 8:35 2022年06月18日 08時35分東京電力福島第1原発事故の避難者らが国と東電に損害賠償を求めた福島(生業(なりわい))など4件の集団訴訟の上告審判決は17日、最高裁第2小法廷で開かれ、菅野博之裁判長は国の賠償責任を認め(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_18_03]
国の不作為不問、司法の限界露呈〈解説〉 原発避難者訴訟で最高裁初判断 河北新報 2022/06/18 TOP
2022/6/18 6:00 2022年6月18日 6:00東京電力福島第1原発事故を巡る国の責任を免じた17日の最高裁判決は、予測できた津波よりも東日本大震災の津波の方が巨大だったことを重く捉え、当時の技術や知見では「事故は防げなかった」と結論付け(後略)

 
[2022_06_18_02]
国の責任認めず 最高裁が統一判断「津波対策命じても防げなかった可能性高い」 東京新聞 2022/06/18 TOP
2022/06/18 06:00 2022年6月18日 06時00分東京電力福島第一原発事故で避難した住民らが、国に損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は17日、「津波対策が講じられていても事故が発生した可能性が(後略)

 
[2022_06_18_01]
“国の責任認めず" 最高裁初判断に原告は「認めてくれるとばかり…」 日テレ 2022/06/18 TOP
2022/06/18 01:31 6/18(土) 1:31福島第一原発の事故で避難を余儀なくされた住民らが国への損害賠償を求めた集団訴訟で、最高裁は17日、国に責任はなかったとする初めての判決を言い渡しました。判決にふるさとを追われたという原告は…。◇(後略)

 
[2022_06_17_17]
天文ファン垂涎の6月 水星、金星、火星、木星、土星・・7つの惑星が勢揃い 島村英紀 2022/06/17 TOP
この6月の中旬からは天文ファンが見逃せない事件が多い。ひとつは惑星がすべてが勢揃いして、まとまって見えることだ。地上から空を見上げて、一度に全てがそろうのは珍しい。前回は2020年7月中旬の明け方だったが、惑星は大きく離れて(後略)

 
[2022_06_17_16]
原発事故、国の責任否定 「対策命じても防げず」―避難者訴訟・最高裁初判断 時事通信 2022/06/17 TOP
2022/06/17 21:38 2022年06月17日21時38分東京電力福島第1原発事故で避難した住民らが国に損害賠償を求めた集団訴訟の上告審判決が17日、最高裁第2小法廷であった。菅野博之裁判長は「東電に安全対策を命じても原発事故は防げなかった可(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_17_15]
判決内容を知った原告たちは… NHK 2022/06/17 TOP
2022/06/17 20:37 06月17日20時37分【富岡町から避難している原告】ことし4月に最高裁判所で開かれた弁論で、3500人あまりいる福島の裁判の原告を代表して法廷に立ち意見陳述した深谷敬子さん(77)は、最高裁判所前に駆けつけ原告団の仲(後略)

 
[2022_06_17_14]
「最高裁、国にそんたく」 原告らに冷淡な結末 原発避難者訴訟 毎日新聞 2022/06/17 TOP
2022/06/17 20:37東京電力福島第1原発事故から11年を経て示された司法の統一判断は、原告らにとって冷淡な結末となった。原発避難者訴訟で国の賠償責任を認めなかった17日の最高裁判決。事故で人生を一変させられ、今も避難を続ける原告(後略)

 
[2022_06_17_13]
原発事故で国の責任認めず 最高裁 避難者の集団訴訟で初の判断 NHK 2022/06/17 TOP
2022/06/17 20:16 2022年6月17日 20時16分福島第一原子力発電所の事故で各地に避難した人などが、国と東京電力に損害賠償を求めた4件の集団訴訟で、最高裁判所は「実際の津波は想定より規模が大きく、仮に国が東京電力に必要な措置を命(後略)

 
[2022_06_17_12]
福島原発事故避難者訴訟 愛媛に避難して…交錯する思いと不安 原告の11年 EBC 2022/06/17 TOP
2022/06/17 20:15 6/17(金) 20:15配信福島第一原発事故で避難した住民にとっては無念の判決が下されました。福島第一原発事故から11年。愛媛に避難して今回の訴えを起こした原告にとってはさまざまな思いが交錯する11年でした。これま(後略)

 
[2022_06_17_11]
[原発集団訴訟]【国の責任認めず】判決の意義と今後の波及 福テレ 2022/06/17 TOP
2022/06/17 20:05 2022年06月17日 20:05<最高裁判所は原発事故について国の責任を否定これが意味することとは?>社会に与える影響などについて原発事故の賠償問題に詳しい大阪公立大学の除本理史教授に話を聞いた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_17_10]
[原発事故で国の責任認めず]原告からは「血も涙もない判決」 福テレ 2022/06/17 TOP
2022/06/17 19:40 2022年06月17日 19:40<原発避難者訴訟国の責任を認めないとした今回の最高裁判決内容を整理>最高裁が【国の責任】について統一の判断を下した集団訴訟は、全国最大規模。福島のほか千葉・群馬・愛媛の4件。(千葉訴(後略)

 
[2022_06_17_09]
「ふざけるな」怒り渦巻く 原発事故の教訓残さず、落胆も 共同通信 2022/06/17 TOP
2022/06/17 19:29「受け入れられない」「ふざけるな」。東京電力福島第1原発事故を巡る集団訴訟で、国の賠償責任を認めないと結論付けた最高裁判決。東京都千代田区の最高裁前に結集した各地の原告や支援者らに怒りが渦巻いた。原告らが(後略)

 
[2022_06_17_08]
「事故の痛みを人ごとにしないでほしい」 国の責任を認めない判断示す 最高裁 TBS 2022/06/17 TOP
2022/06/17 18:47 6/17(金) 18:47配信福島第一原発の事故をめぐって避難などを強いられた住民が国に賠償を求めた集団訴訟で、最高裁は国の責任を認めない判断を示しました。17日午後、最高裁判所前。およそ3800人の原告を代表し、先頭で(後略)

 
[2022_06_17_07]
原発事故、国の責任否定 発生11年、最高裁が初判断 河北新報 2022/06/17 TOP
2022/06/17 17:572022年6月17日 17:57東京電力福島第1原発事故で避難した住民らが国に損害賠償を求めた集団訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は17日、国の賠償責任を認めない判決を言い渡した。最高裁として初めての判断。未曽(後略)

 
[2022_06_17_06]
福島の復興・再生に全力 松野官房長官 時事通信 2022/06/17 TOP
2022/06/17 16:51 2022年06月17日16時51分松野博一官房長官は17日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故の避難住民らによる損害賠償請求訴訟で、最高裁が国の責任を認めない判断を示したことを受け、「引き続き被災された方々に寄り添っ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_17_05]
「実際の津波は試算された津波と規模異なる」避難者訴訟で最高裁が初判断 東京新聞 2022/06/17 TOP
2022/06/17 14:38 2022年6月17日 14時38分東京電力福島第一原発事故によって被害を受けた住民や福島県内から避難した人たちが、国に損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は17日、原発事故につ(後略)

 
[2022_06_17_04]
福島第1原発事故 国の賠償責任認めず 最高裁が初判断 毎日新聞 2022/06/17 TOP
2022/06/17 14:37東京電力福島第1原発事故に伴い、避難した福島県民らが国と東電に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は17日、国の賠償責任を認めない判決を言い渡した。避難者側は訴訟で「国は東電に(後略)

 
[2022_06_17_03]
国の責任「認めない」判決 最高裁が初判断「想定より津波大きく、事故避けられず」 FNN 2022/06/17 TOP
2022/06/17 14:36 2022年6月17日 金曜 午後2:36東京電力福島第一原発事故で避難した住民らが、国と東電に損害賠償を求めた4つの集団訴訟について、最高裁は、国の責任を「認めない」とする判決を言い渡した。原発事故をめぐり、国の責任(後略)

 
[2022_06_17_02]
最高裁裁判所_判例集_損害賠償責任を負うとはいえないとされた事例 裁判所 2022/06/17 TOP
2022/06/17 13:00 令和3年(受)第342号 原状回復等請求事件 令和4年6月17日第二小法廷判決(後略)

 
[2022_06_17_01]
原発訴訟「区切りに」 最高裁統一判断、「早く解決を」祈る原告 福島民友 2022/06/17 TOP
2022/06/17 08:45 2022年06月17日 08時45分東京電力福島第1原発事故で避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた福島(生業(なりわい))など4件の集団訴訟の上告審判決が17日、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)で言い渡される。原(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_16_03]
原発事故被害者の救済に関する共同要求(9点)原発被害者訴訟原告団全国連絡会 たんぽぽ 2022/06/16 TOP
1国と東京電力は、最高裁判所判決によって違法と確定された安全対策の怠りについて、これを受け入れ深く自省すること国と東京電力は、この自省をふまえ、加害責任を負う者として、福島県内外、避難指示区域の内外、居住・避難・帰還の選(後略)

 
[2022_06_16_02]
東電が原発事故で「初の謝罪」に追い込まれた事情 岡田広行 東洋経済 2022/06/16 TOP
初めての謝罪は東京電力ホールディングスの姿勢の転換につながるのか――。東京電力福島第一原発事故で避難を強いられた福島県内の住民が東電に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁が東電の賠償責任を確定する決定をしたことを受け、経営幹部(後略)

 
[2022_06_16_01]
福島第一原発事故“国の責任は?"あす最高裁が初めて判断 日テレ 2022/06/16 TOP
福島第一原発の事故をめぐり国に損害賠償を求めた集団訴訟で、最高裁は17日、初めて国の責任について判断を示します。福島第一原発の事故をめぐっては、避難した住民らが国に対して損害賠償などを求めて全国で裁判を起こしていますが、こ(後略)

 
[2022_06_15_02]
6月17日の最高裁判決 先行4訴訟における国の責任有無が争点です 鴨下祐也 たんぽぽ 2022/06/15 TOP
◎責任の有無とは具体的には次の二点・予見可能性(津波が来る可能性、浸水するによって事故が起きる可能性が予見できたのか?)(2002年7月31日 地震調査研究推進本部の長期評価で予見出来た)・結果回避可能性(後略)

 
[2022_06_15_01]
国の責任は 17日に最高裁が初判断 原発避難4訴訟の争点とは 東京新聞 2022/06/15 TOP
東京電力福島第一原発事故で避難した住民らが国に損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審判決が17日、最高裁第二小法廷(菅野博之裁判長)で言い渡される。原発事故の国の責任について最高裁が判断を示すのは初めてとなる。判決次第で国と東(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_14_07]
福島から愛媛へ 家庭崩壊した親子の闘い 原発避難訴訟17日最高裁判決 毎日新聞 2022/06/14 TOP
東京電力福島第1原発を巡る事故の賠償責任は東電のみが負うべきか、それとも、国も負うべきか。事故で被害を受けた住民らが、国と東電に損害賠償を求めた四つの集団訴訟で、最高裁は17日、判決を言い渡す。これまでに東電の賠償責任は確(後略)

 
[2022_06_14_06]
原子力規制委 新委員にJAEA杉山智之氏 日テレ 2022/06/14 TOP
原子力規制委員会の、新たな委員に就任することが決まった日本原子力研究開発機構の杉山智之さんが抱負を語りました。杉山智之さん「福島第一原子力発電所事故、そのものを経験しまして、非常に悔しい思いをしました。私にできることは力(後略)

 
[2022_06_14_05]
島根原発2号機再稼働 安全対策徹底など中電社長に要請 NHK 2022/06/14 TOP
島根原子力発電所2号機の再稼働について、島根県の丸山知事は、中国電力の清水希茂社長と面会し、再稼働を容認したうえで、安全対策の徹底や丁寧な情報提供を行うことなどを要請しました。丸山知事は、6月2日、島根原発2号機の再稼働に(後略)

 
[2022_06_14_04]
泊原発訴訟で原告側も控訴“廃炉などの訴え退けられ不服" NHK 2022/06/14 TOP
北海道電力・泊原子力発電所の安全性が争われた裁判で、3基ある原発すべてを運転しないよう命じた1審判決について、原告側は廃炉などの訴えが退けられたことを不服として控訴しました。北海道電力・泊原発について周辺住民など1200人(後略)

 
[2022_06_14_03]
「原発事故のけじめを」 国の賠償責任、最高裁が17日に初判断 毎日新聞 2022/06/14 TOP
東京電力福島第1原発事故に伴い、避難した福島県民らが国と東電に損害賠償を求めた4件の訴訟(原告数計約3700人)の上告審判決で、最高裁は17日、国の賠償責任の有無について初判断を示す。原告側は、国は事故前に原発の安全神話を広めな(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_14_02]
初回分の認可へ補正作業本格化/再処理・詳細設計審査 東奥日報 2022/06/14 TOP
原子力規制委員会は13日、日本原燃が9月末までの完工を目指す六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)の審査会合を開いた。安全対策工事に必要な詳細設計の認可審査で、原燃は3分割したうちの初回分の審査で求められた主要な資料を2日に提(後略)

 
[2022_06_14_01]
柏崎刈羽原発 核セキュリティ不備 第三者委が現地視察 UXTV 2022/06/14 TOP
柏崎刈羽原発で起きた核セキュリティの不備などが改善されているか確認するため、第三者委員会が現場を視察しました。柏崎刈羽原発ではIDカードの不正使用などが発覚し、東京電力は再発を防ぐため、専門家による第三者委員会を設置しまし(後略)

 
[2022_06_13_01]
「水俣と福島に共通する政府・加害企業の10の手口」(アイリーン・美緒子・スミス) たんぽぽ 2022/06/13 TOP
◎6月11日(土)のイベントは、第一部映画、第二部「子ども甲状腺がん裁判原告を囲むトーク」で合計4時間でした。初めに映画「MINAMATA」(2020年制作115分アメリカ映画)を見てもらい、2時間後に映画のヒロインであるアイリーン・美緒子・(後略)

 
[2022_06_12_03]
戸田氏、核燃反対の山田氏に大差/六ケ所村長選 東奥日報 2022/06/12 TOP
任期満了に伴う六ケ所村長選は12日投票が行われ、即日開票の結果、核燃料サイクル事業の推進を掲げた無所属の現職戸田衛氏(75)が4773票を獲得し、サイクル反対を訴えた元三沢市議で無所属の新人山田清彦氏(65)=同市=に4527票の(後略)

 
[2022_06_12_02]
復興拠点の避難指示解除 帰還困難区域、初の居住再開 福島県葛尾村 時事通信 2022/06/12 TOP
東京電力福島第1原発事故で原則立ち入りが禁止されている帰還困難区域のうち、福島県葛尾村の「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の避難指示が12日午前、解除された。帰還困難区域は、2020年3月にJR常磐線の線路や駅周辺で解除された(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_12_01]
川内原発 2月以来の運転再開 ゲート前で抗議集会 南日本新 2022/06/12 TOP
九州電力は11日、定期検査で運転を停止していた川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動した。2月以来の運転再開で、7月11日に通常運転への復帰を予定している。九電によると、2号機は6月11日午後5時半に制御棒を抜いて起動。(後略)

 
[2022_06_11_02]
原発避難者訴訟4件、17日最高裁判決 国責任、初の統一判断 河北新報 2022/06/11 TOP
東京電力福島第1原発事故の避難者らが損害賠償を求めた4件の訴訟で、最高裁第2小法廷は17日、国の責任の有無に関する初の判断を示す。4件は高裁段階で判断が分かれた。国が巨大津波を予見することができたかどうかが最大の焦点となって(後略)

 
[2022_06_11_01]
中国の洋上風力発電、設備容量で世界トップ 新華社 2022/06/11 TOP
広東省茂名市広港ふ頭で組み立て作業が行われる浮体式風力発電機。ブレードの直径152メートル、発電機の出力6.2メガワット、タワーの高さ78メートルで、総重量は4千トン以上となっている。(5月26日撮影、小型無人機から、茂名=新華社(後略)

 
[2022_06_10_04]
東北電・東通原発1号機 「設備審査」なお未着手 規制委への申請から8年 東奥日報  2022/06/10 TOP

 
[2022_06_10_03]
新しい地震被害 取り残される災害弱者 島村英紀 2022/06/10 TOP
同じ程度の地震でも、いままでになかった被害が出ることがある。その一つがタワーマンションだ。30階分以上もの階段を上り下りしたことがある人はいないに違いない。エレベーターはそれほど便利で生活の一部になっている。しかし、災害時(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_10_02]
美浜原発3号機“2か月前倒し"8月に運転再開へ テロ対策施設の完成早まる MBS 2022/06/10 TOP
関西電力は運転開始から40年を超えた「美浜原発3号機」について、テロ対策施設の完成が早まったことから運転再開を当初予定の10月から8月に前倒しすると発表しました。福井県美浜町の「美浜原発3号機」は去年6月、運転開始から40年を(後略)

 
[2022_06_10_01]
水中ロボットが動かなくなるトラブル ケーブルがひっかかる FTV 2022/06/10 TOP
福島第一原発1号機の原子炉格納容器では、6月7日からは水中ロボットを投入し、燃料デブリの可能性のある「堆積物」の厚みなどを調べていた。東京電力によると、6月9日の調査で水中ロボットのケーブルが内部の干渉物に引っ掛かり、動かな(後略)

 
[2022_06_09_02]
東通原発審査長期化「東北電の戦力配分の問題」/規制委員長 東奥日報 2022/06/09 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は8日の定例記者会見で、東北電力東通原発1号機(青森県東通村)の安全審査が長期化している要因について、「女川(原発2号機・宮城県)と東通に対する東北電の戦力配分の問題に尽きる」との見解を示し(後略)

 
[2022_06_09_01]
原発誤作動を隠蔽、技師が告発 仏当局捜査 AFP時事 2022/06/09 TOP
【AFP=時事】フランス検察が、老朽化した原子力発電所での誤作動などの事案を原発運営企業が隠蔽(いんぺい)していたとする告発を受け、捜査に着手したことが分かった。司法筋が9日、AFPに明らかにした。告発は、南東部トリカスタン((後略)

 
[2022_06_08_06]
紛失パネルは背面左側/航空祭で米軍三沢機 東奥日報 2022/06/08 TOP
山口県で開かれた航空祭に参加した米軍三沢基地所属のF16戦闘機が機体パネルを紛失した問題で、なくなったのは操縦席後ろの背面左側部分だったことが7日、東北防衛局などへの取材で分かった。飛行後に行った機体の点検で判明した。パイ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_08_05]
F16、防府の航空祭でパネル落下か 重さ1・8キロ 中国新聞 2022/06/08 TOP
米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が、山口県防府市の航空自衛隊防府北基地で5日にあった航空祭で、機体のパネルを欠損したことが6日、分かった。デモ飛行中に落下した可能性もある。米軍が被害の有無を確認中という。(後略)(後略)

 
[2022_06_08_04]
MOX工場設工認 初回分の補正提出/日本原燃 東奥日報 2022/06/08 TOP
日本原燃は7日、青森県六ケ所村に建設中のMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料工場について、詳細設計に当たる「設計・工事計画の認可(設工認)」の補正書を原子力規制委員会に提出した。4回に分けて申請する設工認のうち初回分(後略)

 
[2022_06_08_03]
処分場選定の安全要件を了承 規制委、核ごみ地下埋設で 秋田魁新 2022/06/08 TOP
原子力規制委員会は8日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を地下深くに埋設する最終処分場の選定過程で、安全確保のために考慮する最低限の要件案を了承した。施設を損傷する恐れがある火山や活断層などを避けて場所を選ぶ(後略)

 
[2022_06_08_02]
福島第一原発処理水の海洋放出に反発 韓国の市民団体が抗議活動 テレ朝 2022/06/08 TOP
福島第一原発の処理水の海洋放出に反発している韓国の市民団体が抗議活動を行いました。抗議活動は世界海洋デーに合わせて8日にソウル市内で行われました。福島第一原発の処理水放出について、韓国の前政権は周辺国への説明不足などを理(後略)

 
[2022_06_08_01]
「出力制御」延べ57日実施 全国で4、5月 太陽光発電など停止 毎日新聞 2022/06/08 TOP
太陽光発電などを停止させる「出力制御」が4、5月に全国で延べ57日実施されたことが、大手電力会社の公開資料から判明した。九州では2018年秋以降に頻発していたが、今春から四国、中国、東北、北海道でも実施されて全国に広がった。公開(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[110] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_07_07]
(第一原発1号機)土台損傷への対策急げ 福島民報 2022/06/07 TOP
東京電力福島第一原発の1号機で原子炉圧力容器を支える土台の損傷が判明した。大きな地震が再び発生した場合、圧力容器が落下する恐れはないのか。損傷の全容把握と健全性の徹底した評価が求められる。圧力容器を収納している原子炉格納(後略)

 
[2022_06_07_06]
青森・六ケ所村長選が告示 核燃料再処理を争点に一騎打ち 共同通信 2022/06/07 TOP
再処理工場などの核燃料サイクル施設が立地する青森県六ケ所村で7日、任期満了に伴う村長選が告示され、共産党が支援する元三沢市議の新人山田清彦氏(65)=社民支持=と3期目を目指す現職戸田衛氏(75)の2人が届け出た。原発の使用済(後略)

 
[2022_06_07_05]
米原発支持45%と5割に満たず 安全性に懸念=世論調査 ロイター 2022/06/07 TOP
[ワシントン6日ロイター] - ロイター/イプソスが先週実施した米世論調査で、原発支持は45%と半分に満たなかった。反対が33%で、分からないが22%だった。原発支持の理由では、エネルギーとしての信頼性が48%、全体的な地球汚染の(後略)

 
[2022_06_07_04]
川内原発2号機 今月13日から発電再開 KYT 2022/06/07 TOP
九州電力は定期検査中の川内原発2号機について、今月13日から発電を再開すると発表した。九州電力は会見で、川内原発2号機の定期検査を終了し、今月11日に原子炉を起動、今月13日の午後6時に発電を再開する予定と発表した。来月中旬には(後略)

 
[2022_06_07_03]
泊原発 防潮堤 原子力規制委が視察“今後の論点はっきりした“ NHK 2022/06/07 TOP
2022年6月7日 18時54分北海道電力が再稼働を目指す泊原子力発電所を、原子力規制委員会の山中伸介委員が7日視察し、先月の裁判でも津波対策が不十分だという指摘につながった防潮堤について「設置する方法や場所を見て論点がはっきりした(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 23 >  記事番号[111]〜[115] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_07_02]
審査が長期化している北電・泊原発 原子力規制委の委員が視察 NHK 2022/06/07 TOP
06月07日18時06分再稼働の前提となる審査が長期化し、先月には裁判所から運転しないよう命じる判決も出された北海道電力・泊原子力発電所。7日、原子力規制委員会の山中伸介委員が現地を視察し、審査の焦点の1つとなっている防潮堤につい(後略)

 
[2022_06_07_01]
「運転差し止め」判決 再稼働見えない泊原発 原子力規制委員会が視察 HBC 2022/06/07 TOP
津波対策が不十分だとして、先週、「運転差し止め」の判決が出された北電の泊原発を、今度は、運転させるかどうかを審査する原子力規制委員会が訪れ、津波対策の現状を視察しました。今回、泊原発を視察したのは、原子力規制委員会の委員(後略)

 
[2022_06_06_03]
原発事故で強制的に起訴 東電旧経営陣3人の2審 審理終わる NHK 2022/06/06 TOP
福島第一原発事故をめぐって強制的に起訴された東京電力の旧経営陣3人の2審の裁判は、旧経営陣側が改めて無罪を主張してすべての審理が終わりました。判決の日程はまだ決まっていませんが、事故から11年余りが過ぎる中、旧経営陣の刑事責(後略)

 
[2022_06_06_02]
「審理は十分に尽くされたのか」東電旧経営陣強制起訴裁判 FTV 2022/06/06 TOP
<法廷の様子は>体調不良などの為勝俣元会長と武藤副社長は欠席し、出廷したのは武黒元副社長だけだったが、傍聴席は全てが埋まり張り詰めた空気の中で審理が進められた。武黒被告は被害者遺族の言葉が読み上げ、また、双方の弁論の際も(後略)

 
[2022_06_06_01]
米軍三沢基地所属F16 機体のパネル紛失 航空祭で展示飛行 NHK 2022/06/06 TOP
5日、防府市の航空自衛隊の基地で行われた航空祭で、展示飛行を行っていたアメリカ軍三沢基地所属のF16戦闘機の機体のパネルが、その後の点検でなくなっていることがわかりました。中国四国防衛局によりますと、アメリカ軍三沢基地所属の(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 24 >  記事番号[116]〜[120] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_05_02]
周辺自治体に中電と国への要請内容を説明 再稼働同意表明の島根県丸山知事 NKT 2022/06/05 TOP
6月2日に島根原発2号機の再稼働について同意を表明した島根県の丸山知事。6月5日、出雲・雲南・安来の周辺3市と鳥取県に対し今後、島根県が中国電力や国に行う要請の内容を説明した。このうちWEBで行われた両県知事会議では、丸山知事が(後略)

 
[2022_06_05_01]
東電、避難者訴訟原告に謝罪 社長名で、最高裁決定受け 福島 時事通信 2022/06/05 TOP
東京電力福島第1原発事故に伴う避難者が東電に損害賠償を求めた集団訴訟で、東電に対する賠償命令が3月に最高裁で確定したのを受け、東電ホールディングス(HD)福島復興本社の高原一嘉代表らが5日、福島県双葉町で原告・弁護団と面会し(後略)

 
[2022_06_04_02]
放射性物質拡散を予測 東海第2 原電、茨城県に年内提出 茨城新聞 2022/06/04 TOP
日本原子力発電(原電)は3日、過酷事故が東海第2原発(茨城県東海村白方)で発生した場合の放射性物質の拡散シミュレーションを、年内に茨城県へ提出する方針を示した。原電は同日、国の新規制基準に基づく同原発の安全対策工事現場を報道陣(後略)

 
[2022_06_04_01]
大熊町・復興拠点の避難指示解除へ説明会 住民からは不安の声も FCT 2022/06/04 TOP
原発事故による帰還困難区域のうち、住民の帰還に向けた除染やインフラ整備が進められた特定復興再生拠点(復興拠点)の避難指示解除に向けて、大熊町は4日から住民説明会を始めた。大熊町は「復興拠点」について、来月上旬までの避難指(後略)

 
[2022_06_03_05]
立民、「原発ゼロ」盛り込まず 参院選公約のエネ政策 東奥日報 2022/06/03 TOP
立憲民主党は3日発表した参院選公約のエネルギー政策を巡り、党綱領や昨年の衆院選公約で記した「原発ゼロ社会」との表現を盛り込まず「原子力発電に依存しない社会を実現」と掲げた。「原発ゼロ」に対し、最大支援組織である連合が難色(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 25 >  記事番号[121]〜[125] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_03_04]
札付き火山クラカタウ山がまた噴火 島村英紀 2022/06/03 TOP
インドネシアのアナック・クラカタウ山が4月末に噴火した。これを受けて当局は翌日、警戒レベルを4段階の上から2番目に引き上げ、火口周辺の立ち入り禁止区域を拡大した。1883年にクラカタウ山が大噴火を起こし、この噴火後にクラカタウ(後略)

 
[2022_06_03_03]
東海第二原発の再稼働を止めるよう求めます 申し入れ 反原発自治体議員・市民連盟 たんぽぽ 2022/06/03 TOP
2022年6月1日日本原子力発電株式会社取締役社長村松衛様反原発自治体議員・市民連盟【共同代表】(後略)

 
[2022_06_03_02]
「帰還困難区域」初の避難指示解除決定 福島・葛尾村 テレ朝 2022/06/03 TOP
政府は福島第一原発事故で「帰還困難区域」となった福島県葛尾村の一部地域について、今月12日に避難指示を解除することを決めました。帰還困難区域で住民が帰還できるようになるのは初めてです。岸田総理大臣:「帰還困難区域において初(後略)

 
[2022_06_03_01]
女川原発でボルトなど部品89個が落下 立ち入り調査「主要設備への影響なし」 仙台放送 2022/06/03 TOP
去年、女川原発でボルトなどの部品が使用済み燃料プールに落下した問題などを受け、6月2日、県などが女川原発への立ち入り調査を行いました。立ち入り調査は、東北電力との安全確保に関する協定に基づいて、県や女川町などが行ったもので(後略)

 
[2022_06_02_10]
争点を探る 選択2022参院選 原子力政策 原発回帰 問われる是非 東奥日報  2022/06/02 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 26 >  記事番号[126]〜[130] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_02_09]
島根原発2号機 知事が再稼働に同意 県議会で表明 NHK 2022/06/02 TOP
全国で唯一、県庁所在地にある松江市の島根原子力発電所2号機について、島根県の丸山知事は、2日の県議会で再稼働に同意する考えを表明しました。松江市にある島根原発2号機は、原子力規制委員会の新しい規制基準に去年合格し、松江市の(後略)

 
[2022_06_02_08]
「原発再稼働は不要」と原自連が提言 「今こそ冷静に」小泉元首相も訴え 東京新聞 2022/06/02 TOP
小泉純一郎元首相が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)」は、ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー価格高騰への対策として、原発再稼働を求める自民党内の議論に対し「再稼働は不要」と反論する提言を(後略)

 
[2022_06_02_07]
「石油高対策の再稼働不要」原発ゼロ推進連盟提言 たんぽぽ 2022/06/02 TOP
小泉純一郎元首相が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)」は、ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー価格高騰への対策として、原発再稼働を求める自民党内の議論に対し「再稼働は不要」と反論する提言をま(後略)

 
[2022_06_02_06]
「事故起きたらパニックに…」島根原発の避難計画、住民の懸念 毎日新聞 2022/06/02 TOP
丸山達也・島根県知事が2日、再稼働に同意を表明した中国電力島根原発(松江市)は、県庁から約8・5キロしか離れていない。全国で唯一、県庁所在地にある原発だ。島根、鳥取両県にまたがる30キロ圏内には計約46万人が暮らすが、原発事故(後略)

 
[2022_06_02_05]
田村市民の原発訴訟、東電に12億円賠償命じる判決…国の責任は認めず 読売新聞 2022/06/02 TOP
東京電力福島第一原発事故で自然豊かな暮らしを奪われ地域も分断されたとして、同原発から20〜30キロ圏の旧緊急時避難準備区域で生活していた福島県田村市都路町地区の住民ら545人が、東電と国に計約60億円(1人あたり1100万円)の損(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 27 >  記事番号[131]〜[135] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_02_04]
泊原発差し止め 安全立証せぬ姿勢批判 京都新聞 2022/06/02 TOP
北海道電力が再稼働を目指す泊原発1〜3号機を巡り、周辺住民らが運転差し止めなどを求めた訴訟で、札幌地裁は3基の運転を認めない判断を下した。判決は「津波に対する安全性の基準を満たしていない」と指摘した。津波対策の不備を理由に(後略)

 
[2022_06_02_03]
「容認発言は納得できるものでない」島根原発 再稼働 市民団体が抗議活動 山陰放送 2022/06/02 TOP
島根県の丸山知事が島根原発再稼働を容認した2日、島根県庁前では。「今回の知事の判断は全て前提条件が間違えているとしか言いようがないと思っている。今後も絶対動かさない運動を続けたいと思います。」市民団体のメンバーおよそ30(後略)

 
[2022_06_02_02]
原発再稼働、島根同意でも1割どまり 電力なお綱渡り 日経新聞 2022/06/02 TOP
島根県の丸山達也知事は2日、中国電力の島根原子力発電所2号機(松江市)の再稼働に同意すると表明した。再稼働に向けて地元自治体の同意を得た原発は全国で14基になった。しかし現状で稼働しているのは4基にとどまり、国内にある原発の(後略)

 
[2022_06_02_01]
知事、再稼働に同意方針固める 島根原発2号機、2日正式表明 共同通信 2022/06/02 TOP
島根県の丸山達也知事は1日、中国電力島根原発2号機(松江市)再稼働に同意する方針を固めた。2日午前の県議会で正式表明する。県関係者への取材で分かった。地元手続きは完了し、中国電は早ければ2023年度の再稼働を目指す。島根2号機(後略)

 
[2022_06_01_06]
全被害者賠償ぜひ 福島第1事故 国会議員に要請 全国連絡会 赤旗 2022/06/01 TOP
今月17日に予定されている東京電力福島第1原発事故に対する国の法的責任に関する最高裁判決に先立ち原発被害者訴訟全国連絡会は31日、国会議員に、被害者への賠償などの共同要求の実現への協力などを求める要請行動を行いました。要請行(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 28 >  記事番号[136]〜[140] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_06_01_05]
再処理工場で原燃社長 完工目標「さらに厳しく」 東奥日報 2022/06/01 TOP
日本原燃の増田尚宏社長は31日、六ケ所再処理工場の安全対策工事に必要な詳細設計の認可(設工認)が全て下りた後、工事を完了するまでに2、3カ月の期間を要するとの見通しを示した。本年度上期とする完工目標まで残り4カ月に迫り、増田(後略)

 
[2022_06_01_04]
泊原発「砂上の楼閣」 傍聴者からのレポート 瀬尾英幸 たんぽぽ 2022/06/01 TOP
「それでは判決を言い渡します。主文:1.被告〔注:北海道電力〕は、別紙2一部認容当事者目録記載の原告ら(一部認容原告ら)との関係で、別紙3原子炉目録記載の原子炉1号機ないし3号機を運転してはならない」26の傍聴席を求めて150(後略)

 
[2022_06_01_03]
泊原発差し止めの判決 判決の骨子と要旨(一部) 山崎久隆 たんぽぽ 2022/06/01 TOP
5月31日、札幌地裁、谷口哲也裁判長(亀井佑樹、木村大慶裁判官の合議体)は、泊原発の運転を差し止める判決を言い渡した。北海道電力の泊原発1から3号機については、道民を含む1200人余が「津波や地震への安全性が不十分」と主張、運転(後略)

 
[2022_06_01_02]
泊原発の運転差し止め判決に原子力規制委員長「審査は影響受けない」 TBS 2022/06/01 TOP
札幌地裁が北海道電力・泊原発の運転差し止めを命じたことについて、原子力規制委員会は「審査は影響を受けない」との認識を示しました。周辺住民らが、北海道電力・泊原発の廃炉や運転差し止めを求めた住民訴訟の判決で、札幌地裁はきの(後略)

 
[2022_06_01_01]
泊原発の安全審査 北電の対応次第で“中断や不許可ありうる" NHK 2022/06/01 TOP
06月01日18時07分31日に裁判所から津波対策が不十分だとして運転を認めない判決が出された北海道電力の泊原子力発電所について、原子力規制委員会の更田豊志委員長は長期化している再稼働の前提となる審査に触れ、北海道電力の対応次第で(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 29 >  記事番号[141]〜[145] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_31_11]
能登地方で地震頻発 京大の准教授が観測機器を確認 北陸朝日 2022/05/31 TOP
石川県珠洲市を中心に発生している群発地震。調査・研究を行っている京都大学防災研究所の西村卓也准教授が珠洲市を訪れ、観測機器の状況などを確認しました。能登半島では31日も午後3時50分ごろに震度2を観測する地震が発生するなど、今(後略)

 
[2022_05_31_10]
「司法判断注目すべき」泊原発訴訟で静岡県知事 産経新聞 2022/05/31 TOP
北海道電力泊原発の運転差し止めを命じた札幌地裁判決を巡り、静岡県の川勝平太知事は31日、「原発の安全性を司法が判断したもので、注目すべきものと受け止めている」とのコメントを発表した。静岡県御前崎市の中部電力浜岡原発は平成2(後略)

 
[2022_05_31_09]
未登録の国際規制物資(酢酸ウラニル)の発見について_別紙 弘前大学 2022/05/31 TOP
別紙令 和 4 年 5 月 3 1 日国立大学法人弘前大学医 学 研 究 科(後略)

 
[2022_05_31_08]
未登録の国際規制物資(酢酸ウラニル)の発見について_お知らせ 弘前大学 2022/05/31 TOP
令和4年5月9日(月)弘前大学大学院医学研究科において、未登録の国際規制物資(酢酸ウラニル)が発見されたため、5月10日(火)原子力規制庁に報告しました。当該物質については、既に許可されている管理区域内の保管庫に移動しており(後略)

 
[2022_05_31_07]
「先延ばし」の北海道電に厳しい姿勢 泊原発訴訟 産経新聞 2022/05/31 TOP
再稼働に向けた原子力規制委員会の審査が今も続く中、札幌地裁は31日、活断層の有無など複数の争点で北海道電力の最終的な主張を待つことなく、「津波対策の不備」という一点をもって運転差し止めを命じた。煮え切らない対応で主張を「先(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 30 >  記事番号[146]〜[150] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_31_06]
北海道電力 泊原発の運転認めない判決 廃炉は命じず 札幌地裁 NHK 2022/05/31 TOP
北海道泊村にある北海道電力・泊原子力発電所について、周辺住民などが「安全性が不十分だ」と訴えていた裁判で、札幌地方裁判所は「津波に対する安全性の基準を満たしていない」として、北海道電力に原発を運転しないよう命じる判決を言(後略)

 
[2022_05_31_05]
北海道・泊原発1〜3号機の運転差し止め命じる 札幌地裁判決 毎日新聞 2022/05/31 TOP
北海道電力泊原発(北海道泊村)の安全性に問題があるとして、道内外の約1200人が北電に1〜3号機全ての運転差し止めなどを求めた訴訟の判決で、札幌地裁(谷口哲也裁判長)は31日、北電側に1〜3号機の運転差し止めを命じた。2011年3(後略)

 
[2022_05_31_04]
泊原発、運転差し止め命令 廃炉訴訟で札幌地裁 時事通信 2022/05/31 TOP
北海道電力泊原発(北海道泊村、運転停止中)は安全性に問題があるなどとして、道内の住民ら約1200人が北海道電に廃炉や運転差し止めなどを求めた訴訟の判決が31日、札幌地裁であり、谷口哲也裁判長は運転差し止めを命じた。主な争点は、(後略)

 
[2022_05_31_03]
泊原発、運転差し止め命令 札幌地裁、津波対策で初判断 共同通信 2022/05/31 TOP
北海道電力泊原発1〜3号機(泊村)で事故が起きれば生命や身体の安全が脅かされるとして、周辺住民ら約1200人が北海道電に運転差し止めや廃炉を求めた訴訟の判決で、札幌地裁は31日、「津波に対する安全性の基準を満たしていない」などと(後略)

 
[2022_05_31_02]
泊原発判決に川内原発原告代理人「非常に追い風になる」 KYT 2022/05/31 TOP
北海道の札幌地方裁判所は北海道電力に対し泊原子力発電所の運転差し止めを命じる判決を言い渡した。川内原発の運転差し止め訴訟を行う原告代理人は「非常に追い風になる判決」と期待を寄せた。北海道電力の泊原発を巡り周辺の住民ら12(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 31 >  記事番号[151]〜[155] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_31_01]
泊原発の運転差し止めの訴えを認める 廃炉・差し止め訴訟で判決 札幌地裁 HTB 2022/05/31 TOP
10年にわたる裁判が判決を迎えました。およそ1200人が泊原発の廃炉などを求めていた裁判で、31日札幌地裁は泊原発を運転しないよう命じる判決を下しました。原告側「ばんざーい」。訴えを起こしているのは泊原発の周辺住民など道内外に住(後略)

 
[2022_05_30_04]
原燃、代表取締役専務に大柿氏/プロパーで初 電気新聞 2022/05/30 TOP
日本原燃は27日開催の取締役会で、新任の代表取締役に大柿一史常務執行役員・再処理・MOX燃料加工安全設計総括・東京駐在が就任する役員人事を内定した。同社プロパー社員の代表取締役就任は初めて。大柿氏は同時に専務執行役員に昇格、(後略)

 
[2022_05_30_03]
新潟県知事選 現職の花角英世氏 2回目の当選 NHK 2022/05/30 TOP
現職と新人による2人の争いとなった新潟県知事選挙は、現職の花角英世氏(64)が2回目の当選を果たしました。新潟県知事選挙の開票結果です。花角英世 無所属・現 当選70万3694票(後略)

 
[2022_05_30_02]
老朽原発 廃炉にせよ 大阪 2100人が集会・行進 赤旗 2022/05/30 TOP
「老朽原発このまま廃炉!大集会inおおさか」が29日、大阪市西区の靱(うつぼ)公園で開かれました。主催は同実行委員会。約2100人が参加し、集会後、デモ行進し市民にアピールしました。「原子力発電に反対する福井県民会議」の中嶌哲(後略)

 
[2022_05_30_01]
六ケ所再処理工場 「9月完工」延期不回避 26回目の先送りか 東奥日報 2022/05/30 TOP
日本原燃が目指す六ケ所再処理工場の本年度上期(9月末まで)の完工は延期が避けられない見通しだ。安全対策工事などの詳細設計に当たる「設計・工事計画の認可(設工認)」に時間を要しているため。設工認審査の対応を巡る原燃の不手際(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 32 >  記事番号[156]〜[160] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_29_01]
核ごみ処分場概要調査、来春申請へ NUMO、寿都と神恵内で 道新 2022/05/29 TOP
【寿都、神恵内】原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の処分事業を担う原子力発電環境整備機構(NUMO)は、後志管内寿都町と神恵内村で行っている最終処分場選定に向けた第1段階の文献調査の報告書案を今秋にもまとめ、次の段(後略)

 
[2022_05_28_04]
反核燃派、村長選盛り上げに躍起 青森・六ケ所 河北新報 2022/05/28 TOP
任期満了に伴う青森県六ケ所村長選(6月7日告示、12日投開票)で、核燃料サイクル事業の反対派が関心を高めようと奮闘している。日本原燃が2022年上半期を目指す同村の使用済み核燃料再処理施設は完工延期が濃厚な見通し。反核燃派は着工(後略)

 
[2022_05_28_03]
「東海第二原発」地震と津波の想定が問題にならないほど過小 山崎久隆 たんぽぽ 2022/05/28 TOP
問題3:地震と津波の想定が問題にならないほど過小であること(1)建設時は270ガル、現在は1009ガルに引き上げ設計時の「270ガル」に対して今では基準地震動は「1009ガル」に引き上げられ、高い耐震性があるとされている。(後略)

 
[2022_05_28_02]
カムチャツカ半島の火山で大規模噴火 津波の影響なし 気象庁 NHK 2022/05/28 TOP
2022年5月28日 23時39分日本時間の28日夕方、カムチャツカ半島の火山で発生した大規模な噴火について、気象庁は日本への津波の有無を調べていましたが、午後11時30分、「日本への津波の影響はない」と発表しました。気象庁によりますと日(後略)

 
[2022_05_28_01]
「東海第二原発」資金計画は限界超え 山崎久隆 たんぽぽ 2022/05/28 TOP
問題4:日本原子力発電に「経理的基礎」がないこと(1)日本原電は原発専業会社だが稼働可能原発は存在しない 原発が全部停止しており、運営費用や安全対策工事は、借入金や債務保証などで賄うほかはないので、資金計画は限界を超えている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 33 >  記事番号[161]〜[165] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_27_05]
原子力からの脱却を提唱 反核燃団体が冊子発刊 デリ東北 2022/05/27 TOP
青森県内の反核燃団体でつくる「青森県を高レベル放射性廃棄物の最終処分地としない条例制定を求める県民の会」(浅石紘爾共同代表)は26日、「原発・核燃に頼らないくらしをつくるプラン」と題した冊子を発刊した。同日、県に提出し、地(後略)

 
[2022_05_27_04]
月の土で植物栽培に成功したが発育は遅く 島村英紀 2022/05/27 TOP
私がアルゼンチンが持つ南極基地を訪れたのは早朝だった。朝はジャガイモ剥きから始まっていた。早朝、食堂でコックは倉庫から出してきたジャガイモを黙々と剥きはじめる。そのジャガイモは、とっくにしなびてしまって芽も出てしまったも(後略)

 
[2022_05_27_03]
汚染配管撤去作業がまた中断 「数時間被ばくで死亡」レベルの高線量検出で 東京新聞 2022/05/27 TOP
東京電力が約2カ月ぶりに再開した福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)1、2号機間にある高濃度の放射性物質で汚染された配管の撤去作業が、また中断した。23日に初めて切断した配管で毎時3シーベルト(3000ミリシーベルト)と極めて高(後略)

 
[2022_05_27_02]
第1原発1号機、広範囲にデブリ存在か 堆積物から中性子計測 福島民友 2022/05/27 TOP
東京電力は26日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器底部で見つかった堆積物から、核燃料に含まれるウランやプルトニウムが核分裂する際に放出される中性子を計測したと発表した。東電は、中性子が溶融核燃料(デブリ)由来と推定しており(後略)

 
[2022_05_27_01]
甲状腺がん 東電を提訴 原告女性「普通の大学生活、就活をしてみたかった」 弁護士ド 2022/05/27 TOP
東京電力福島第一原発事故当時、福島県内に住んでいた当時6歳から16歳の甲状腺がんに罹患した子どもたちが原告となり、東京電力を提訴した裁判。甲状腺がんは原発事故の影響だとして、因果関係を明らかにするよう訴えている。その裁判の(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 34 >  記事番号[166]〜[170] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_26_03]
県内原子力施設 「自ら改善可能」/21年度総合評定 東奥日報 2022/05/26 TOP
原子力規制庁は25日、2021年度に行った原子力施設の検査について1年間の総合評定を公表した。青森県で対象となった13施設は、事業者が規則や自主的に決めた基準に反し、それがあらかじめ予防措置を講じることができる内容だった場合、「(後略)

 
[2022_05_26_02]
「東海第二原発」 避難は極めて困難 5km圏内の人口は約8万人 山崎久隆 たんぽぽ 2022/05/26 TOP
問題2:背景にある巨大な人口に防災計画は無理であること(1)予防的防護措置を準備する区域・PAZ5km圏内の人口は約8万人 原発の周囲5キロ圏内でも人口規模は8万人に達する。この区域は全電源喪失や冷却機能の全停止などになった場合(後略)

 
[2022_05_26_01]
堆積物にデブリ、福島1号機底部 中性子線、高レベルで検出 東京新聞 2022/05/26 TOP
東京電力は26日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器底部で見つかった堆積物から、核燃料に含まれるウランやプルトニウムが核分裂する際に放出される中性子線を高いレベルで検出したと発表した。東電担当者は「溶融核燃料(デブリ)由来と(後略)

 
[2022_05_25_05]
処理水の海洋放出工事「事前了解しないで」 福島の市民団体が福島県に要請 東京新聞 2022/05/25 TOP
東京電力が福島第一原発の汚染水を浄化処理後も主に放射性物質トリチウムが残る水を海洋放出する計画を巡り、福島県民らでつくる「これ以上海を汚すな!市民会議」は25日、福島県に漁業関係者や県民の理解や合意が得られないまま、放出に(後略)

 
[2022_05_25_04]
もし大地震起きたら 規制委員長が懸念 圧力容器土台の損傷判明で 東京新聞 2022/05/25 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は25日の記者会見で、東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の1号機原子炉圧力容器を支える鉄筋コンクリートの土台の一部で鉄筋がむき出しになっていることが調査で判明したことを受け、「大き(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 35 >  記事番号[171]〜[175] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_25_03]
非常用発電機 柏崎刈羽原発 2割で停止 規制委員長「由々しき事態」 新潟日報 2022/05/25 TOP
新潟県の東京電力柏崎刈羽原発6号機の重大事故に備える非常用ディーゼル発電機が24時間連続で動かす試験中に停止した問題で、原子力規制委員会は24日までに、全国の原発で2021年度以降、同様の試験が10台で実施され、柏崎刈羽と中部電力(後略)

 
[2022_05_25_02]
島根原発再稼働 原発特別委も「容認」結論まとまる TSK 2022/05/25 TOP
島根県議会は25日、議長を除く全議員で構成する原発特別委員会を開き、島根原発2号機の再稼働を容認する結論をまとめました。26日に開会する5月定例県議会で委員長が報告し、県議会として正式に再稼働容認の立場を示す見通しです。丸山(後略)

 
[2022_05_25_01]
柏崎刈羽原発「期限切れ」入構証で原発構内へ UXTV 2022/05/25 TOP
東京電力・柏崎刈羽原発でID不正使用問題の対策に取り組む中、同様の問題が発覚しました。東京電力の社員が期限切れの入構証で柏崎刈羽原発の構内に入っていたことがわかりました。東京電力によりますと今月11日、社員が移動用のバスに乗(後略)

 
[2022_05_24_07]
圧力容器土台に損傷 第1原発1号機内部、デブリの熱で溶融か 福島民友 2022/05/24 TOP
東京電力は23日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器内の調査で、原子炉圧力容器を支えるドーナツ状の土台でコンクリートの壁の一部がなくなり、中の鉄筋がむき出しになっているのを確認したと発表した。東電は、溶融燃料(デブリ)の熱で(後略)

 
[2022_05_24_06]
「東海第二原発」を再稼働してはいけない 5つの問題 (その1) 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表) たんぽぽ 2022/05/24 TOP
現在再稼働の準備を行っている茨城県東海村の東海第二原発は、東京から110km北に位置する。 昨年末閣議決定された「第6次エネルギー計画」では、この原発を含めて27基の原発の再稼働が電源に組み込まれる想定がされている。 当(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 36 >  記事番号[176]〜[180] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_24_05]
島根原発2号機再稼働 知事、6月2日に最終判断へ 中国新聞 2022/05/24 TOP
中国電力島根原発2号機(松江市)の再稼働の是非を巡り、島根県の丸山達也知事が6月2日の県議会本会議で最終判断を示す意向を固めたことが24日、分かった。再稼働に同意すれば国や中電が立地自治体に求めた地元同意の手続きが完了する。(後略)(後略)

 
[2022_05_24_04]
原発処理水の海洋放出 原子力規制委が東電の計画に『事実上の合格』 FTV 2022/05/24 TOP
福島県危機管理部・渡辺仁部長:「本県の復興の大前提である廃炉が安全かつ着実に進められるよう、引き続き本協議会といたしましても、しっかりと取り組みの内容を確認してまいりたいと」福島県や第一原発の周辺自治体、専門家で構成され(後略)

 
[2022_05_24_03]
不適切な身分証で原発に侵入した問題に抗議 島根県 NKT 2022/05/24 TOP
協力会社から業務の依頼を受けた業者が島根原発の構内に有効期限を偽った身分証明書で立ち入った問題について、5月24日、市民グループ「原発ゼロをめざす島根の会」が島根県と中国電力に申し入れを行った。この問題について中国電力は「(後略)

 
[2022_05_24_02]
理解促進を東電に要求 処理水放出で沿岸自治体 河北新報 2022/05/24 TOP
国と東京電力が海洋放出を目指す福島第1原発の処理水を巡り、福島県や地元市町村、専門家でつくる廃炉安全監視協議会は24日、県庁で会合を開いた。沿岸部のいわき市の担当者は東電に対し「(放出計画や安全対策に関する)理解促進の取り(後略)

 
[2022_05_24_01]
原子力規制委、原電本店立ち入り 敦賀原発の審査中断後2回目 共同通信 2022/05/24 TOP
日本原子力発電が、再稼働を目指す敦賀原発2号機(福井県)の審査資料を不適切に書き換えた問題を巡り、原子力規制委員会は24日、原電本店(東京都台東区)の立ち入り調査を始めた。25日まで、資料作成の業務プロセスが改善できているか(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 37 >  記事番号[181]〜[185] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_23_02]
圧力容器支える土台の鉄筋むき出し、デブリでコンクリート溶けたか 東電福島第一原発1号機 東京新聞 2022/05/23 TOP
東京電力は23日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の1号機原子炉格納容器底部を水中ロボットで撮影した画像を新たに公開した。核燃料があった圧力容器を支えている鉄筋コンクリートの土台(厚さ1.2メートル)の一部で、鉄筋がむき(後略)

 
[2022_05_23_01]
福島第1原発処理水放出まで1年 1日130トンずつ増えていく 東電「海に流すしか打つ手ない」 南日本新 2022/05/23 TOP
原子力規制委員会は18日、福島第1原発事故で生じた汚染処理水の海洋放出について、安全性に問題はないとする審査書案を了承した。放出開始予定の2023年春まで約1年。第1原発構内には核物質を取り除いた処理水入りの保管タンクが林立、東(後略)

 
[2022_05_22_02]
福島県いわき市で震度5弱の地震を観測 津波なし NHK 2022/05/22 TOP
2022年5月22日 18時36分22日昼すぎ、茨城県沖を震源とするマグニチュード6.0の地震があり、福島県いわき市で震度5弱の揺れを観測したほか、東北や関東など広い範囲で震度4から1の揺れを観測しました。この地震による津波はありませんで(後略)

 
[2022_05_22_01]
福島県いわき市で震度5弱、「第一」「第二」原発に異常なし 読売新聞 2022/05/22 TOP
22日午後0時24分頃、茨城県沖を震源とする地震があり、福島県浜通りで震度5弱を観測した。気象庁によると、この地震による津波の心配はない。震源の深さは5キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・0と推定される。この地震の影響で、(後略)

 
[2022_05_21_04]
原発攻撃「国の検討課題」 立地道県、ウクライナ侵攻で懸念 東京新聞 2022/05/21 TOP
ロシアによるウクライナ侵攻で運転中の原発が攻撃されたことを受け、共同通信は21日までに、日本国内の原発防護態勢に対する考えを、立地する13道県と原発を持つ電力11社(建設中を含む)に取材した。原発の安全対策が武力攻撃を想定して(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 38 >  記事番号[186]〜[190] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_21_03]
使用済み核燃料取り出しは2027年度から 福島第二原発の今後10年間の廃炉計画 FCT 2022/05/21 TOP
福島第二原発に残る使用済み核燃料の取り出しについて、東京電力は2027年度に1号機から着手する計画を示した。20日東京電力は44年かけて行う福島第二原発の廃炉作業のうち、今後10年間の具体的なスケジュールを示した。福島第二原発の使(後略)

 
[2022_05_21_02]
川内原発運転延長問題 「意見聞く必要がある」 塩田知事、九電との新たな協定は考えず 南日本新 2022/05/21 TOP
塩田康一知事は20日の定例会見で、九州電力川内原発(薩摩川内市)の運転延長について、延長時に地元の意見を反映させるための協定を、九電側と新たに結ぶ考えがないことを明らかにした。運転延長の可否判断では、県民の意向を把握するた(後略)

 
[2022_05_21_01]
「尻に火が付いた」韓国の使用済み核燃料処理問題 朝鮮日報 2022/05/21 TOP
2016年11月、台湾の首都・台北の外郭にある「国聖原発」1号機が稼働を止めた。何か事故が起きたわけでも、故障が発生したわけでもなかった。使用済み核燃料(原発の稼働後に出る廃燃料棒)を貯蔵するスペースがこれ以上なく、原発の運転(後略)

 
[2022_05_20_08]
騒々しい硫黄島のいま 島村英紀 2022/05/20 TOP
硫黄島が騒がしい。本州の南1200キロメートルの常夏の島。小笠原諸島の南端近くにある。東西8キロメートル、南北4キロメートルの島で、面積は東京都北区とほぼ同じだ。島の最高地点は170メートル。平べったい島だ。年間1メートルという(後略)

 
[2022_05_20_07]
原電、副社長に吉田氏・牧野氏/常務取締役は2氏 電気新聞 2022/05/20 TOP
日本原子力発電は19日の取締役会で、吉田裕彦常務執行役員と牧野茂徳・東京電力ホールディングス(HD)フェローを副社長に起用する役員人事を内定した。副社長は現在の2人体制から1人増となる。新任の常務取締役には池田良直常務執行役員(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 39 >  記事番号[191]〜[195] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_20_06]
福島第1原発、処理水放出まで1年 近隣県で風評被害懸念残り 毎日新聞 2022/05/20 TOP
東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の処理水の海洋放出を巡り、原子力規制委員会は18日、東電の計画を了承した。ただ、近隣自治体や漁業者らの風評被害への懸念は根強い。政府と東電が放出開始を目指す2023年春まであと1年(後略)

 
[2022_05_20_05]
分析結果に疑問 原子力規制委員会 志賀原発2号機を再度 現地調査する方針 tulip 2022/05/20 TOP
北陸電力・志賀原子力発電所の安全性を審査する原子力規制委員会は20日の審査会合で、一部の断層の薄片について調べ直すよう求めたほか、再び現地調査を行う方針を示しました。原子力規制委員会の審査会合では、志賀原発2号機の敷地内に(後略)

 
[2022_05_20_04]
大間町長 大間原発の早期完成など経済産業副大臣に要望 NHK 2022/05/20 TOP
大間町の野※ザキ尚文町長が20日、経済産業省の細田健一副大臣と会談し、町内で建設中の大間原子力発電所の早期完成や原発で事故が起きた際の避難道路にもなる国道のバイパスの整備などを要望しました。大間町の野※ザキ町長は、20日役(後略)

 
[2022_05_20_03]
補正申請さらに先送り/原燃再処理工場 初回の設工認 東奥日報 2022/05/20 TOP
日本原燃が六ケ所再処理工場の安全対策工事に必要な「設計・工事計画の認可(設工認)」について、月内を目指していた初回分の補正申請をさらに先送りすることが19日、原子力規制庁が公開した原燃との面談録で分かった。補正前に提出しな(後略)

 
[2022_05_20_02]
再処理の中止など 山田氏が政策発表/六ケ所村長選 東奥日報 2022/05/20 TOP
任期満了に伴う六ケ所村長選(6月7日告示、12日投開票)に立候補を表明している元三沢市議の新人山田清彦氏(65)=同市=が19日、県庁で記者会見し、村長選の政策を発表した。政策は▽使用済み核燃料の再処理中止▽農業の6次産業化によ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 40 >  記事番号[196]〜[200] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_20_01]
原電 4年連続減収 基本料金も減少 山陰中央 2022/05/20 TOP
原発専業の電力会社、日本原子力発電が19日発表した2022年3月期連結決算は、売上高が前期比3・5%減の929億円だった。原発が1基も稼働せず販売電力量はなく、(後略)(後略)

 
[2022_05_19_10]
柏崎刈羽原発5号機、重要設備検査10年怠る 規制委「安全確保に影響」 新潟日報 2022/05/19 TOP
原子力規制委員会は18日の定例会合で、東京電力柏崎刈羽原発5号機の事故時に放射性物質が直接大気中に放出されるのを防ぐ設備で、東電が約10年にわたって動作確認の検査を怠っていたことを明らかにした。規制委は安全確保に影響がある「(後略)

 
[2022_05_19_09]
落下地点深さ70センチまで油/米軍タンク投棄(全文) 東奥日報 2022/05/19 TOP
昨年11月、米軍三沢基地のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県深浦町内に投棄した問題で、東北防衛局(仙台市)が土壌調査を行った結果、1個目のタンクが落下した町有地の一部の土中で、深さ70センチまで油が確認されたことが18日、同防(後略)

 
[2022_05_19_08]
安全協定改定を受け鳥取県と米子・境港両市が初の島根原発立ち入り調査 TSK 2022/05/19 TOP
島根原発の管理事務所で去年起きた火災を受け、鳥取県と米子、境港両市が施設内の立ち入り調査を実施しました。中国電力との安全協定の改定で権限が認められて以降、初の調査となります。島根原発では、去年5月、管理事務所で保管してい(後略)

 
[2022_05_19_07]
原発処理水の放出計画を了承 規制委、7月中にも正式認可 河北新報 2022/05/19 TOP
原子力規制委員会は18日の定例会合で、東京電力が福島第1原発事故に伴う処理水の海洋放出に向けて申請した実施計画の審査書案を了承した。放出設備に安全性の問題がないことを確認した。約1カ月間のパブリックコメント(意見公募)を経(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 41 >  記事番号[201]〜[205] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_19_06]
落下地点深さ70センチまで油/米軍タンク投棄 東奥日報 2022/05/19 TOP
昨年11月、米軍三沢基地のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県深浦町内に投棄した問題で、東北防衛局(仙台市)が土壌調査を行った結果、1個目のタンクが落下した町有地の一部の土中で、深さ70センチまで油が確認されたことが18日、同防(後略)

 
[2022_05_19_05]
「福島原発の教訓を」 再稼働反対 請願提出者ら訴え 東海村議会委 東京新聞 2022/05/19 TOP
東海村議会の原子力問題調査特別委員会は十八日、村内にある日本原子力発電東海第二原発を再稼働しないよう国と県への働き掛けを求める請願を提出した「東海第二発電所の再稼働に反対する会」の塚原千枝子代表(72)らを聴取した。塚原さ(後略)

 
[2022_05_19_04]
堆積物、一部に空洞も 格納容器調査を継続―福島第1原発 時事通信 2022/05/19 TOP
東京電力は19日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器の内部調査状況を発表した。溶け落ちた核燃料(デブリ)の可能性がある堆積物が高い部分にも積もり、空洞のようなものができているのが確認された。東電はデブリ取り出しに向け、複数の(後略)

 
[2022_05_19_03]
福島第1原発処理水放出 茨城県内漁業関係者「魚売れないのは困る」 茨城新聞 2022/05/19 TOP
風評被害を懸念東京電力福島第1原発でたまり続ける処理水を海洋放出する計画について、原子力規制委員会が18日に了承した。反発する茨城県北沿岸部の漁業関係者などからは、風評被害対策の徹底や安全性の確保を求める声が上がった。原発(後略)

 
[2022_05_19_02]
福島第二原発でテロ対策上の不備見つかる 許可を得ていない車両が複数回 FCT 2022/05/19 TOP
東京電力は、福島第二原発で許可証を持たない車両が出入りするテロ対策上の不備があったと発表した。原子力発電所の周辺では安全対策のため、立ち入る際は許可を得るなどの手続きが求められているが、福島第二原発では去年11月と、こと(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 42 >  記事番号[206]〜[210] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_19_01]
海洋放出了承に県内から懸念の声 福島第一原発の処理水<岩手県> mit 2022/05/19 TOP
福島第一原発で増え続けている処理水を海に放出する東京電力の計画について、原子力規制委員会は5月18日、事実上の合格を出した。これについて、岩手県内の漁業関係者からは風評被害などへの不安の声が上がっている。福島第一原発から発(後略)

 
[2022_05_18_02]
福島原発処理水の“海洋放出"安全性問題なし 原子力規制委が了承 仙台放送 2022/05/18 TOP
福島第一原発で増え続けている処理水の海洋放出について原子力規制委員会は5月18日、東京電力が策定した計画を「安全性の問題ない」として1了承しました。「事実上の合格」が示された形です。東京電力はトリチウムなどの放射性物質を含(後略)

 
[2022_05_18_01]
[原発処理水の海洋放出]許可されても福島県や自治体の了承が必要 FTV 2022/05/18 TOP
福島第一原発で増え続ける処理水の海洋放出に関して、原子力規制員会は東京電力の計画に安全性の問題はないとする審査書案を了承した。放出に関する設備を整備するためには、原子力規制委員会の認可が必要で事実上の合格が示された形とな(後略)

 
[2022_05_16_03]
原発避難4訴訟が結審 最高裁、夏前にも統一判断へ 東京新聞 2022/05/16 TOP
東京電力福島第一原発事故で福島県から愛媛県に避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた集団訴訟の上告審弁論が16日、最高裁第二小法廷(菅野博之裁判長)で開かれ、原告側と国側が意見を述べて結審した。最高裁に係属中の同種訴訟4(後略)

 
[2022_05_16_02]
処理水放出に向け、海底掘削を開始 東京新聞 2022/05/16 TOP
東京電力は、福島第一原発の汚染水を浄化処理後も放射性物質トリチウムが主に残る水の海洋放出に向けて、沖合1キロに放出口を造るため海底掘削を5月5日から始めた。40メートル四方の範囲を最大深さ10メートル掘って整地し、地盤を安定さ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 43 >  記事番号[211]〜[215] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_16_01]
15000人の命を奪った島原大変肥後迷惑から230年_福和伸夫 ヤフー 2022/05/16 TOP
火山と津波今年の1月15日にトンガの海底火山が巨大噴火しました。噴火による空気振動が潮位変動をもたらしたとみられ、津波のような現象が日本の太平洋岸で観測されました。火山と津波は一見関係ないように見えますが、津波のうち、1割(後略)

 
[2022_05_15_01]
葛尾村の帰還困難区域の一部 来月に避難指示解除へ 住民説明会で方針示す TUF 2022/05/15 TOP
葛尾村の帰還困難区域のうち特定復興再生拠点について、15日住民説明会があり、来月中に避難指示解除を目指す方針が示されました。住民説明会には、国や村の担当者のほか、21世帯26人の住民が参加しました。葛尾村では野行地区が原発事故(後略)

 
[2022_05_14_02]
浜岡原発の警備、関心高まる 周辺11市町 ウクライナ攻撃受け 静岡新聞 2022/05/14 TOP
静岡新聞社が中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)から半径31キロ圏内(緊急防護措置区域内)の11市町長を対象に行ったアンケートでは、ロシア軍によるウクライナの原発への軍事攻撃を機に、複数の首長が浜岡原発の警備態勢に関心を高めた実(後略)

 
[2022_05_14_01]
デブリの取り出し計画を早急に中止すべき 東京電力への質問書(2022年5月) 民間規制 2022/05/14 TOP
原子力民間規制委員会・東京では、東京電力をはじめとする電力会社に対し、原発の安全性に対する勧告を随時行ってきました。 現在東京電力には、東電本店合同抗議の際、毎回申し入れをしています。5月は読み上げず、申し入れ書を提出し(後略)

 
[2022_05_13_05]
「福島県産品を購入しようと思わない」韓国、7割以上が調査に回答 BUZZFEED 2022/05/13 TOP
「福島県産品を購入しようと思わない」ーー。韓国で7割以上がそのような抵抗感を示していたことが、復興庁の調査でわかった。2023年春頃に東京電力福島第一原発の「処理水」の海洋放出を控える中、日本を含む10か国・地域を対象に、復興(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 44 >  記事番号[216]〜[220] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_13_04]
浜岡原発を襲う最大津波高を22.7mに引き上げ 南海トラフ地震で TV静岡 2022/05/13 TOP
再稼働に向けて審査が続く静岡県御前崎市の浜岡原発について、中部電力は南海トラフの地震で発生する最大の津波の高さの想定をさらに引き上げ、22.7mとしたことを明らかにしました。中部電力は去年12月に、浜岡原発の3号機と4号機の再(後略)

 
[2022_05_13_03]
有効期限の書き換えを行った 島根原子力発電所構内への入域について 中国電力 2022/05/13 TOP
(お知らせ) 2022年05月13日 中国電力株式会社 島根原子力本部(後略)

 
[2022_05_13_02]
"鳥の巣の撤去の下見" 有効期限を書き換えた公的身分証 島根県松江市 山陰放送 2022/05/13 TOP
5月10日に島根県松江市にある中国電力・島根原子力発電所の構内に、有効期限を自ら書き換えた公的身分証を使って、民間業者の作業員1人が入っていたことが分かりました。作業員は、中国電力の協力会社が依頼した鳥の巣の撤去作業を下見(後略)

 
[2022_05_13_01]
多摩川下流部の地下に軟弱な「沖積層」 島村英紀 2022/05/13 TOP
「沖積層(ちゅうせきそう)」が厚いところは関東地震(1923年、マグニチュード=M=7.9)で木造家屋の被害が大きかったところと、例外なしに一致していた。海岸近くを含む三次元の詳細な地図が作られたのは今回が初めてだ。多摩川下流の流(後略)

 
[2022_05_12_05]
新潟県知事選が告示 現職、新人2氏届け出 原発再稼働も争点に 毎日新聞 2022/05/12 TOP
任期満了に伴う新潟県知事選が12日に告示された。再選を目指す現職の花角英世氏(64)=自民支持=と建築会社副社長の新人、片桐奈保美氏(72)=共産、社民推薦=の2人が立候補を届け出た。投開票は29日。花角氏は政党の推薦を受けず、(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 45 >  記事番号[221]〜[225] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_12_04]
原子力規制委の審査効率化を提言 自民特別委「遅延している」 東京新聞 2022/05/12 TOP
自民党の原子力規制に関する特別委員会(委員長・鈴木淳司衆院議員)は12日、原発再稼働の前提となる原子力規制委員会の審査効率化など求める提言をまとめ、山口壮環境相に手渡した。16日には岸田文雄首相にも提出するとしている。提言は(後略)

 
[2022_05_12_03]
原発事故の国連報告者が訪日へ 9〜10月、初の避難者調査 福島民報 2022/05/12 TOP
東京電力福島第1原発事故の避難者調査のため再三訪日を求めていた国連のセシリア・ヒメネスダマリー特別報告者(国内避難民の権利担当)に対し、政府が9月下旬〜10月中旬の受け入れを打診したことが12日分かった。外務省が明らかにした(後略)

 
[2022_05_12_02]
除染開始「24年度めど」 福島・双葉町、復興拠点の区域外 共同通信 2022/05/12 TOP
東京電力福島第1原発事故で全ての住民が避難を続ける福島県双葉町で12日、住民説明会が開かれ、政府は帰還困難区域のうち、特定復興再生拠点区域(復興拠点)の外側の地域について、2022年夏にも帰還意向確認の調査を始め「24年度をめ(後略)

 
[2022_05_12_01]
宮城県の津波浸水想定 女川原発の避難ルートが含まれる 住民から不安の声 khb 2022/05/12 TOP
宮城県が10日に公表した最大クラスの津波の浸水想定では、女川原発で事故が起きた場合の避難ルートが浸水の範囲に含まれました。原発の敷地内は浸水しない想定ですが、万が一の時に逃げられるのか。周辺の住民からは不安の声が上がってい(後略)

 
[2022_05_10_04]
裁判の証拠に「故郷の現状は…」 津島地区の住民が自ら放射線量測定(福島県) TUF 2022/05/10 TOP
福島県浪江町の帰還困難区域、津島地区の住民が国と東京電力を訴えている裁判に関連し、住民が地区全体の放射線量の測定を始めました。初日となる10日は、午前10時に、帰還困難区域の津島地区に、住民などおよそ10人が集まって、測定の方(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 46 >  記事番号[226]〜[230] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_10_03]
15日告示の石川・珠洲市長選…元市議・小谷内氏が出馬の意向 石川TV 2022/05/10 TOP
5月15日に告示される石川県の珠洲市長選挙に元市議の小谷内毅さんが出馬する意向を固めました。任期満了に伴い、5月15日に告示される珠洲市長選挙に出馬する意向を固めたのは、元市議で農林業を営む小谷内毅さん(61)です。小谷内さん(後略)

 
[2022_05_10_02]
茨城・東海第2 安全対策工事を視察 原子力首長懇 住民説明求める 茨城新聞 2022/05/10 TOP
日本原子力発電(原電)東海第2原発(茨城県東海村白方)の再稼働判断を巡り、「実質的事前了解権」を持つ同村と周辺5市の首長でつくる原子力所在地域首長懇談会(座長・山田修村長)が9日、同所の東海テラパークで開かれた。東海第2の安全対(後略)

 
[2022_05_10_01]
「原発やめさせたい」元京大助教・小出さんが危険性訴え 茨城新聞 2022/05/10 TOP
長野県在住で、元京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さん(73)の講演会が7日、茨城県常陸太田市中城町の市民交流センターで開かれた。長年、原発の危険性を訴える活動に取り組む小出さんが「日本の原子力開発と東海第2原発の再稼働」と(後略)

 
[2022_05_09_04]
東海村村長などが東海第2原発を視察 再稼働に向けた安全対策工事の状況を確認 日テレ 2022/05/09 TOP
茨城県東海村とその周辺自治体のトップが再稼働に向けて工事が進む東海第2原発を視察しました。視察をしたのは東海村の山田村長と、日立市など、村の周辺にある5市の市長で、東海第2原発の再稼働に向けた安全対策工事の状況を確認しまし(後略)

 
[2022_05_09_03]
日本製鋼所で検査不正 平成10年からデータ書き換え 産経新聞 2022/05/09 TOP
日本製鋼所は9日、子会社の日本製鋼所M&E(北海道室蘭市)が製造した火力発電所など向けの部材の一部で、品質検査の不正があったと発表した。複数の検査でデータの書き換えなどが確認され、顧客と合意した品質基準を満たしているかのよ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 47 >  記事番号[231]〜[235] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_09_02]
【新潟県知事選挙】立候補予定の花角氏と片桐氏がそれぞれ政策発表 TeNY 2022/05/09 TOP
県知事選挙が5月12日に告示され、選挙戦に入ります。現職と新人の一騎打ちが予想される中、5月9日、立候補の予定者がそれぞれ政策を発表しました。支援者に囲まれ、政策発表に臨んだのは、新人の片桐奈保美氏(72)です。〈片桐奈保美氏〉(後略)

 
[2022_05_09_01]
川内原発運転延長「周辺自治体の了解を」脱原発グループ 県へ申し入れ 南日本新 2022/05/09 TOP
脱原発を目指す市民団体が9日、鹿児島県庁を訪れ、川内原発の運転延長について、周辺7市2町の「事前了解」を必要とする体制を整えるよう県に要請しました。(鳥原会長)「住民の安全確保のため、30キロ圏内自治体の事前了解は不可欠であ(後略)

 
[2022_05_08_01]
再生可能エネルギーに出力制御 北海道電力 STV 2022/05/08 TOP
北海道電力は8日、太陽光や風力発電の事業者の一部に一時的に発電停止を指示する「出力制御」を行いました。北海道エリアでの出力制御は初めてです。出力制御は、再生可能エネルギーの発電量が増えすぎて電力の需給バランスが崩れると大(後略)

 
[2022_05_07_02]
上里恵子著『上関原発計画はどんな姿をしているか』のご紹介 中村泰子 たんぽぽ 2022/05/07 TOP
◎本書は、上関原発計画の進め方がいかに強引で非合理的か、そして計画地の地質・地盤がいかに“病んでいる"かについて、中国電力・山口県・国の提出した手続き文書をもとに解説し、これからどうするべきかについての重要な提言がなされ(後略)

 
[2022_05_07_01]
川内原発の運転延長 反対50%賛成47% 賛否が接近 鹿児島県民世論調査 南日本新 2022/05/07 TOP
南日本新聞社が4月に実施した電話世論調査によると、原則40年の運転期限が迫る九州電力川内原発(薩摩川内市)の運転延長について、反対の回答は50.4%(前回比9.3ポイント減)で、賛成の47.5%(12ポイント増)を2.9ポイント上回(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 48 >  記事番号[236]〜[240] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_06_01]
「ウラン処理工場」関連疑う指摘・アメリカ高校118人卒業生 脳腫瘍を発症 TBS 2022/05/06 TOP
アメリカ東部、ニュージャージー州にある高校で40年間に100人を超える卒業生らが脳腫瘍を発症していたことがわかりました。極めて稀な病気であるため波紋が広がっています。妻を脳腫瘍で亡くしたジェイソン・ウィシンスキさん「これは全(後略)

 
[2022_05_05_02]
「処理水」海洋放出に向け、海底トンネル掘削開始…福島第一原発沖合1キロで 読売新聞 2022/05/05 TOP
東京電力福島第一原子力発電所にたまり続ける「処理水」の海洋放出に向け、東電は5日、沖合約1キロ・メートルに整備する海底トンネルの放出口の掘削工事を始めた。掘り出した土砂は回収し、専用船に載せて同原発敷地内に運ぶ。東電による(後略)

 
[2022_05_05_01]
泊原子力発電所停止から10年 再稼働か?それとも再生エネルギーの可能性は? HBC 2022/05/05 TOP
北海道電力の泊(とまり)原子力発電所が停止してから5日で10年です。この10年、北電が一貫して「再稼働ありき」を訴える一方、エネルギーを巡る社会情勢は大きく変わっています。東日本大震災のあと泊原発に造られた高さ16.5メート(後略)

 
[2022_05_03_02]
核燃税収192億円 青森県が全国突出 東奥日報 2022/05/03 TOP
原子力施設が立地する12道県が事業者に課す核燃税で、2020年度の税収(決算ベース)を比較すると、青森県が192億6千万円と全国最多だったことが各自治体への取材で分かった。2位の福井県91億6千万円の2倍超で、約100億円多かった。20年(後略)

 
[2022_05_03_01]
核燃税収 全国突出 20年度192億円 2位福井の2倍超 サイクル立地で 東奥日報  2022/05/03 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 49 >  記事番号[241]〜[245] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_05_02_05]
いずれ襲ってくる南海トラフ地震 すででに予感させる直下型地震は起きている 島村英紀 2022/05/02 TOP
「南海トラフ地震」が恐れられている。死者は東日本大震災の10倍を超える予測もある。南海トラフ地震が、いずれ襲って来ることは確かだ。地震の元凶「フィリピン海プレート」は年4.5センチメートルで、年々日本列島を押してきている。今(後略)

 
[2022_05_02_04]
脱炭素踏まえた電力確保を 東京都、東電に株主提案 産経新聞 2022/05/02 TOP
東京都は2日、今夏と今冬は厳しい電力需給が予想されるとして、東京電力ホールディングスに安全が確認された場合の原発再稼働を含め、脱炭素化を踏まえた電力の安定確保を求める株主提案をした。6月の株主総会で議論される。都は東電株(後略)

 
[2022_05_02_03]
原発事故対応の医師3人 全国へ派遣、国は早期拡充を要求 共同通信 2022/05/02 TOP
原発事故時に作業員の初期治療や健康管理に当たるため発電所に派遣される医師は全国で3人にとどまることが2日、電気事業連合会(電事連)への取材で分かった。電事連は「事故から1カ月程度は医師を常駐させられる」と説明しつつ、202(後略)

 
[2022_05_02_02]
浪江町・吉田町長が任期満了で引退する意向 FCT 2022/05/02 TOP
浪江町の吉田町長が、次の町長選挙には出馬せず、任期満了をもって退任する意向を明らかにした。浪江町の吉田数博町長75歳は2018年に初当選し現在1期目。2日に町役場で会見を開いた吉田町長は「年齢を考えると健康上に不安がある」として(後略)

 
[2022_05_02_01]
京都府 亀岡市で震度4 津波の心配なし NHK 2022/05/02 TOP
2日午後10時21分ごろ、京都府で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震度4の揺れを観測したのは京都府亀岡市。震度3の揺れを京都市北区、上京区、左京区、中京区、下京区、南区、右京区、伏見(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 50 >  記事番号[246]〜[250] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_30_02]
福島のイノシシ 帰還困難区域内外で放射性セシウム濃度に差 毎日新聞 2022/04/30 TOP
東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域に生息するイノシシの体内の放射性セシウム濃度が、区域外のイノシシと比べて高い値であることが県環境創造センターなどの研究グループの調査で初めて明らかになった。2016年1月から5年間にわた(後略)

 
[2022_04_30_01]
撤去進まないまま2カ月、工法変更を検討 汚染配管 甘い想定と準備不足がたたる 東京新聞 2022/04/30 TOP
東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)で、1、2号機間にある高濃度の放射性物質で汚染された配管撤去が難航し、東電は工法の変更に入った。配管の切断作業はトラブル続きで、開始から2カ月たっても一度も切れないまま。想定の甘(後略)

 
[2022_04_29_02]
柏崎刈羽原発、非常用発電機で故障続く 6号機・同一箇所、復旧できず 新潟日報 2022/04/29 TOP
東京電力柏崎刈羽原発6号機の重大事故に備える非常用ディーゼル発電機1台が、3月から同じ箇所の故障を繰り返し、復旧できていないことが28日、分かった。2回にわたって修理し、試運転を行ったが、白煙が上がったり油が漏れたりして停止(後略)

 
[2022_04_29_01]
発見された3800年前の巨大地震の跡 島村英紀 2022/04/29 TOP
世界最大の地震はどのくらいだろう。大きな地震はあるが、日本中の家が倒れたり、地球が半分に割れるような地震はない。それはプレートの厚さが30〜150キロメートルと限られているからだ。プレートが地震を起こす。地球の半径は6370(後略)

 
[2022_04_28_02]
多摩川下流部の地下に軟弱な「沖積層」 羽田周辺は厚さ70mも 読売新聞 2022/04/28 TOP
多摩川下流域の地下に広がる「 沖積層 」と呼ばれる軟らかい地層の分布地図を、産業技術総合研究所が公開した。この地層の深度(厚さ)が40〜50メートルに及ぶ川崎市の一部地域は関東大震災(1923年)で木造家屋の被害率が60%を超えた(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 51 >  記事番号[251]〜[255] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_28_01]
福島県推計人口、戦後初180万人割れ 5年半で10万人減 福島民友 2022/04/28 TOP
県が27日発表した1日現在の県推計人口は179万6497人(男性88万6170人、女性91万327人)となり、戦後初めて180万人を下回った。190万人を割った2016年11月から5年5カ月で10万人減少した。少子高齢化や若い世代の県外流出など人口減に歯止(後略)

 
[2022_04_27_08]
米エネルギー省、老朽原発支援プログラムを開始、総額60億ドル ジェトロ 2022/04/27 TOP
ニューヨーク発2022年04月27日米国エネルギー省は4月19日、老朽化した原子力発電所の運営支援のための資金援助プログラムの募集開始を発表した。現在、米国では55カ所において93基の原子炉が稼働し、米国の電力供給全体の19%を占めているが、(後略)

 
[2022_04_27_07]
ロシア軍の占拠「非常に危険だった」 IAEAトップ、チェルノブイリ訪問 時事通信 2022/04/27 TOP
【ベルリン時事】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は26日、専門家チームとともにウクライナ北部チェルノブイリ原発を訪問した。AFP通信によると、グロッシ氏は記者団に、ロシア軍が1カ月以上にわたり同原発を占拠していた際は「(後略)

 
[2022_04_27_06]
経団連「脱炭素実現に原発再稼働と巨額投資必要」 テレ朝 2022/04/27 TOP
経団連は、2050年の脱炭素社会の実現に向けて「原発の再稼働や新増設、総額400兆円に上る投資が必要」とする提言を発表しました。経団連・十倉雅和会長:「原子力をはじめとする既存の技術の最大限の活用が不可欠。着実な再稼働、運転期(後略)

 
[2022_04_27_05]
規制委「柏崎刈羽固有の問題」 テロ対策不備で中間報告 共同通信 2022/04/27 TOP
原子力規制委員会は27日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で発覚したテロ対策不備を巡り、東電に対して行っている検査の中間報告を公表した。一連の問題は「柏崎刈羽原発に固有の問題と判断される」と認定、東電の原因分析には不十分な点(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 52 >  記事番号[256]〜[260] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_27_04]
九州電力の玄海原発4号機、30日から定期検査 時事通信 2022/04/27 TOP
九州電力は27日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町、出力118万キロワット)の定期検査を30日から実施すると発表した。約3カ月の予定で、燃料の取り換え工事などを行い、8月上旬には営業運転を再開する。(後略)

 
[2022_04_27_03]
デブリ取り出しで新会社 設備開発へIHIと共同出資 東電 時事通信 2022/04/27 TOP
東京電力ホールディングスは27日、福島第1原発の溶け落ちた核燃料(デブリ)を取り出すのに必要な設備を開発する新会社を、IHIと共同出資で設立すると発表した。日立造船とは廃炉関連製品を製造する会社を設立。東電は、新会社とともに(後略)

 
[2022_04_27_02]
処理水タンク満杯、23年秋に 第1原発、放出時期は維持 共同通信 2022/04/27 TOP
政府と東京電力は27日、福島第1原発の汚染水を浄化した処理水の保管タンク計約137万トンが満杯になる時期を、従来の「2023年春ごろ」から「同年秋ごろ」に先延ばしできる見通しとなったと発表した。21年度の汚染水発生量が1日当たり約1(後略)

 
[2022_04_27_01]
柏崎刈羽原発、核物質管理の責任者が別の仕事兼務…防護業務の比率は「5分の1」 読売新聞 2022/04/27 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)のテロ対策に重大な不備が見つかった問題で、原因や改善状況を調べてきた原子力規制委員会は27日、中間報告書をまとめた。報告書は、核物質防護管理の責任者が別の仕事を兼務し、防護業務の比率が(後略)

 
[2022_04_26_08]
1回目認可にめど 原燃MOX工場設工認審査 東奥日報 2022/04/26 TOP
日本原燃・MOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料工場(青森県六ケ所村)の安全対策工事に必要な認可審査で、原子力規制委員会は25日の審査会合で建屋の耐震設計方針に関し、「技術的論点は残っていない」(田中知委員)として原燃(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 53 >  記事番号[261]〜[265] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_26_07]
初回補正へ主要議論終了 原燃MOX工場設工認審査 デリ東北 2022/04/26 TOP
原子力規制委員会は25日、MOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料加工工場(六ケ所村)の安全対策工事に向けた設計認可(設工認)の審査会合を開き、重大事故対処の前提となる日本原燃の耐震設計方針を了承した。主要な議論が終了した形で、(後略)(後略)

 
[2022_04_26_06]
海側作業区域に「浮き」設置 東京電力、処理水設備の準備着手 福島民友 2022/04/26 TOP
東京電力は25日、福島第1原発で発生する処理水の海洋放出方針を巡り、放出設備の設置に向けた海側の準備作業に着手したと発表した。処理水の「放水口」を整備するため、海上の作業区域を示す浮き(浮標)を設置した。29日にも工事を始(後略)

 
[2022_04_26_05]
現職戸田氏が公約発表/六ケ所村長選 デリ東北 2022/04/26 TOP
6月7日告示、12日投開票の六ケ所村長選で、3選出馬を表明した現職の戸田衛氏(75)が25日、選挙公約を発表した。核燃料サイクル事業と国際核融合エネルギー研究事業の推進、防災対策の強化、新型コロナウィルス対策の3分野を示し、(後略)(後略)

 
[2022_04_26_04]
首相「できるだけ可能な原発は動かしていきたい」…再稼働に前向きな考え 読売新聞 2022/04/26 TOP
岸田首相は26日のテレビ東京の番組で、原子力発電所の再稼働を巡り、「原子力規制委員会の審査の合理化・効率化を図り、審査体制も強化しながら、できるだけ可能な原発は動かしていきたい」と述べ、再稼働に前向きな考えを示した。首相は(後略)

 
[2022_04_26_03]
チェルノブイリ原発事故から36年 「核の被害者を出さない」誓いの座り込み TSS 2022/04/26 TOP
ロシアの侵攻で世界不安が高まる中、ウクライナのチェルノブイリ原発事故から36年を迎えた26日、広島県原水禁などが新たな核の被害者を出さないことを誓い座り込みを行いました。広島市中区の平和公園では雨の中、原爆慰霊碑を背景に県原(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 54 >  記事番号[266]〜[270] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_26_02]
原発に頼らないカーボンニュートラル実現を KNB 2022/04/26 TOP
6月に開かれる予定の北陸電力の株主総会を前に、脱原発を求める株主の団体が26日、北陸電力に対し、原発に頼らないカーボンニュートラルの実現などを求める株主提案書を提出しました。株主提案書を提出したのは、富山・石川の北陸電力の(後略)

 
[2022_04_26_01]
原発事故めぐる最大規模の「生業訴訟」 最高裁で結審 夏にも統一判断へ TUF 2022/04/26 TOP
福島第一原発の事故をめぐり、国と東京電力に賠償を求めている裁判で、最大規模の集団訴訟いわゆる「生業(なりわい)訴訟」の上告審が25日開かれ、結審しました。最高裁判所は夏にも統一判断を出すとみられています。原発事故の集団訴訟(後略)

 
[2022_04_25_03]
処理水放出の海底トンネル掘るシールドマシン設置 認可も自治体の了承もまだ 東京新聞 2022/04/25 TOP
東京電力は25日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の汚染水を浄化処理後に海へ放出する計画を巡り、沖合1キロの放出口まで海底トンネルを掘る「シールドマシン」を発進場所に設置した。放出に向けた設備計画は原子力規制委員会の認(後略)

 
[2022_04_25_02]
鹿児島県原子力専門委分科会・川内原発劣化状況の評価方法など議論 KTS 2022/04/25 TOP
鹿児島県の川内原発の運転延長に関わる検証を行う県原子力専門委員会の3回目の分科会が25日開かれ、原発の劣化状況の評価方法について議論が交わされました。元原発設計技術者・後藤政志委員「例えば劣化があったり、事故、トラブルの時(後略)

 
[2022_04_25_01]
福島第一原発事故 「国の責任」巡り最高裁で弁論 テレ朝 2022/04/25 TOP
福島第一原発の事故を防ぐことはできなかったのか。国の責任を巡り、最高裁で弁論が開かれました。東京電力福島第一原発の事故で生活基盤を失ったとして、福島県などの住民ら約3500人が国と東電に賠償を求めた裁判で一、二審は国の責任を(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 55 >  記事番号[271]〜[275] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_24_01]
中韓の反対にも関わらず…海底トンネルの工事を開始 WOW!KOR 2022/04/24 TOP
韓国と中国はもちろん、日本の漁民団体まで反対している福島原発処理水の放流のために、東京電力が海底トンネルの工事を本格化する。23日(きょう)付の産経新聞によると、東京電力は25日に海底トンネル出口部分の防水口整備工事に着手す(後略)

 
[2022_04_23_01]
東電が4月25日から海底の掘削準備に着手 福島第一原発の処理水放出で 東京新聞 2022/04/23 TOP
東京電力は22日、福島第一原発の汚染水を浄化処理後に海へ放出する計画を巡り、25日から沖合1キロの海底に設ける放出口の掘削に向けた作業を始めると発表した。原発が立地する福島県と大熊、双葉の両町の了解が必要ない範囲の工事を先行(後略)

 
[2022_04_22_07]
もんじゅ、核燃料取り出し完了 廃炉作業で計370体 東京新聞 2022/04/22 TOP
日本原子力研究開発機構は22日、廃炉作業中の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の原子炉内にあった核燃料計370体の取り出しを終えたと発表した。2019年9月以降、数回に分けて取り出し作業をしており、今年3月30日から最後の124(後略)

 
[2022_04_22_06]
遠隔ではなく「人が作業」 落下リスクある汚染配管をロープで固定 福島第一原発 東京新聞 2022/04/22 TOP
東京電力は21日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の1、2号機間にある放射性物質で汚染された配管の落下を防ぐため、現場に作業員が入りワイヤロープで固定したことを明らかにした。本社の広報担当者は20日の取材に「全て遠隔操作で(後略)

 
[2022_04_22_05]
三菱電機、検査不正の変圧器 高浜など3原発 神戸新聞 2022/04/22 TOP
三菱電機による変圧器の検査不正問題で、不正が行われた変圧器が関西電力の原子力や火力など12発電所で約30台が稼働していることが22日、分かった。JR西日本も27台を使用。いずれの施設でも不具合などは出ておらず、関西電力は「直ちに問(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 56 >  記事番号[276]〜[280] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_22_04]
処理水海洋放出 認可前に海側の環境整備へ 海底の掘削などを行う予定 FCT 2022/04/22 TOP
福島第一原発の「処理水」の海洋放出について、東京電力は来週にも、放出先になる海側の環境整備に入る。環境整備では、国の認可が得られたあとに設備を設置できるよう、海底の掘削などを行う予定。東京電力が提出した計画は、処理水を沖(後略)

 
[2022_04_22_03]
原発除染廃棄物 実証実験を環境省検討チームが視察 宮城・丸森町 khb 2022/04/22 TOP
福島第一原発事故に伴う除染作業によって発生した土などの処分に向け、環境省が設けた検討チームのメンバーが、宮城県丸森町で行われている埋め立て処分の実証実験の現場を視察しました。丸森町には、町内25カ所の仮置き場に除染作業で発(後略)

 
[2022_04_22_02]
原発避難者、国の責任訴え 最高裁、群馬訴訟結審 産経新聞 2022/04/22 TOP
東京電力福島第1原発事故で群馬県内に避難した住民らが国に損害賠償を求めた訴訟の上告審弁論が22日、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)で開かれ、国の責任を否定した2審東京高裁判決を取り消すよう原告側が求めて結審した。国の責任を(後略)

 
[2022_04_22_01]
石垣島を壊滅させた日本最大の大津波 島村英紀 2022/04/22 TOP
政府の地震調査委員会が南西諸島から日本海南西部の地震活動について、新たな見解を3月末に発表した。だが南西諸島南部の八重山諸島では不明点が多いので確率評価の対象外になった。それは、ある地震津波が元だ。1771年の「八重山地震(後略)

 
[2022_04_21_02]
中電 安全協定改定応じず 安来市に回答 出雲市、雲南市と同様の措置 島根県 NKT 2022/04/21 TOP
島根原発2号機の再稼働をめぐり、立地自治体と同様の安全協定の改定を求めていた安来市。中国電力は、4月21日立地自治体と同様の安全協定改定の締結は認めないと回答した。原発再稼働を容認した島根県側の周辺自治体、出雲市、雲南市、安(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 57 >  記事番号[281]〜[285] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_21_01]
三菱電機 兵庫 赤穂の工場でも変圧器試験で約40年間不正と発表 NHK 2022/04/21 TOP
国内の複数の工場で検査不正が明らかになっている三菱電機は、新たに兵庫県赤穂市の工場でも発電所向けの変圧器の試験で、およそ40年にわたって不正があったと発表しました。三菱電機によりますと、新たに製品の試験で不正が見つかったの(後略)

 
[2022_04_20_03]
切れかけの汚染配管をワイヤロープで固定へ 東電福島第一原発 東京新聞 2022/04/20 TOP
東京電力は20日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の1、2号機間にある高濃度の放射性物質で汚染された配管が、切断中の複数回のトラブルでもろくなっているため、ワイヤロープで近くの別の配管に固定すると発表した。汚染配管は一部(後略)

 
[2022_04_20_02]
原発避難、東京電力に賠償命令 国への請求は棄却、さいたま地裁 共同通信 2022/04/20 TOP
東京電力福島第1原発事故で福島県から埼玉県などへ避難した住民ら96人が、国と東電に計11億円の損害賠償を求めた訴訟で、さいたま地裁(岡部純子裁判長)は20日、東電に賠償を命じる判決を言い渡した。国への請求は棄却した。弁護団によ(後略)

 
[2022_04_20_01]
原発の土砂処分工事で「コンプライアンス違反」 関電が新たに指摘受ける ABC 2022/04/20 TOP
関西電力は20日、金品受領問題を受けて社内に設置していたコンプライアンス委員会から、原子力発電所の土砂処分工事について「コンプライアンス違反があった」と、新たに指摘を受けたことを明らかにしました。関西電力によりますと、「コ(後略)

 
[2022_04_19_04]
本質的な安全保障の第一歩は脱原発・核物質の撤去 上岡直見 たんぽぽ 2022/04/19 TOP
◎日本の核施設武力攻撃リスク評価の改訂版を提供します。http://sustran-japan.eco.coocan.jp/datafile/20220418.pdf ※国内全原発と東海・六ヶ所再処理について試算しました。※甲状腺等価線量等の指標を追加しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 58 >  記事番号[286]〜[290] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_19_03]
「核抑止論」は核拡散につながる すべての核を廃絶することが生きのびる道 渡辺寿子 たんぽぽ 2022/04/19 TOP
※(上)は、4/13【TMM:No4456】にて掲載。6.今や核戦争の危機が現実に迫っている2020年8月17日にたんぽぽ舎のメールマガジン【TMM:No4004】に世界の核(兵器)状況について投稿しました(後略)

 
[2022_04_19_02]
立地自治体と同様の安全協定の締結は認めず 中国電力が出雲市などに回答 NKT 2022/04/19 TOP
島根原発2号機の再稼働を巡り、立地自治体と同様の安全協定の締結を求めていた出雲市など周辺自治体に対し、中国電力は、4月19日“安全協定の締結は認めない"と回答した。原発再稼働を容認した出雲市、雲南市、安来市は、付帯意見とし(後略)

 
[2022_04_19_01]
福島県などが賠償見直しを要望 国の中間指針を上回る賠償の判決確定を受け FTV 2022/04/19 TOP
原発事故で避難した住民などが損害賠償を求めた3件の集団訴訟は、3月に最高裁が東京電力の上告を退け、総額で約11億円の賠償の支払いを命じる判決が確定した。福島県の鈴木副知事などは、4月19日に東京電力の小早川社長に対し、迅速な賠(後略)

 
[2022_04_18_04]
処理水海洋放出 「地元と合意進まず」8割 福島県内首長アンケート 福島民報 2022/04/18 TOP
東京電力福島第一原発の放射性物質トリチウムを含んだ処理水について、政府が福島県沖での海洋放出方針を決定して1年に合わせ、福島民報社は県内59市町村長にアンケートを実施した。福島県沖での海洋放出開始まで残り1年となる中、政府(後略)

 
[2022_04_18_03]
立地首長、核燃サイクル推進要請 経産相「責任もって進める」 共同通信 2022/04/18 TOP
青森県の原発や再処理施設が立地する4市町村長が18日、萩生田光一経済産業相とオンラインで面談し、核燃料サイクル政策の推進などを求めた。萩生田氏は「責任を持って進めていく」と応じた。面談は、再処理施設などを抱える六ケ所村の戸(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 59 >  記事番号[291]〜[295] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_18_02]
【知事選】片桐奈保美氏が事務所開き 脱・原発を訴え[新潟] TeNY 2022/04/18 TOP
5月の県知事選挙に向けて出馬を表明している片桐奈保美さんが4月17日、事務所開きを行いました。新潟市のホテルで行われた事務所開きには片桐さんを支援する社民党県連や共産党県委員会の関係者のほか野党系の国会議員などが出席しました(後略)

 
[2022_04_18_01]
<社説>北電泊停止10年 原発担える組織なのか 道新 2022/04/18 TOP
北海道電力泊原発が全基停止してから来月5日で10年になる。この間、北電は2度の大幅値上げを行い、道民は全国一高い水準の電気料金に苦しんできた。再稼働後に値下げを目指すと言うが、原子力規制委員会の審査は異例の9年近くも続く。慎(後略)

 
[2022_04_17_01]
核のごみ、町を静かに分断 北海道・寿都 最終処分地巡りあつれき 河北新報 2022/04/17 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定を巡り、原子力発電環境整備機構(NUMO)が北海道寿都(すっつ)町などで進めてきた全国初の文献調査が大詰めを迎えている。2020年11月の調査開始以降、町内は推進派と反対(後略)

 
[2022_04_16_05]
原発処理水の放出審査、ほぼ終了 規制委、結果取りまとめへ 河北新報 2022/04/16 TOP
原子力規制委員会は15日、東京電力福島第1原発処理水の海洋放出計画の安全性を確認する審査を、ほぼ終了した。今後、審査結果を取りまとめた「審査書案」を作成し、5月中に委員会に諮る。東電は近く、審査会合での議論を反映した補正申(後略)

 
[2022_04_16_04]
小型原発、高まる関心と懸念 先端の開発現場、英国の現状探る 道新 2022/04/16 TOP
小型モジュール炉(SMR)や、次世代技術を用いた先進モジュール炉(AMR)と呼ばれる新しい小型原発が注目されている。背景は喫緊の課題となっている気候変動だ。原発は発電時に温室効果ガスを排出せず、小型炉は大型炉に比べて1基当たり(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 60 >  記事番号[296]〜[300] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_16_03]
電力需給、制御難しく 再エネ、出力制御相次ぐ 燃料高で法人の新規契約停止 時事通信 2022/04/16 TOP
送配電会社が再生可能エネルギーの受け入れを一時停止する「出力制御」が続出している。晴天で太陽光による発電量が増え、電気を使い切れないためだ。半面、来冬には冷え込みが厳しいと多くの地域で電力が逼迫(ひっぱく)する恐れがある(後略)

 
[2022_04_16_02]
海外処理検討対象5万トン、原発 放射性廃棄物の大型機器3種類 共同通信 2022/04/16 TOP
原発の廃炉後などに放射性廃棄物となる大型機器3種類について、経済産業省は海外業者に処理を委託できるよう制度見直しを検討している。その3種類は現在使用中を含め、全国の原発に計5万7230トン(3月末時点)あることが16日、電力各(後略)

 
[2022_04_16_01]
六ヶ所再処理工場を止めるという政治的な決断を 山田清彦 たんぽぽ 2022/04/16 TOP
「Atoms for peace」は、1953年国際連合の第8回総会において、米国アイゼンハウワー大統領が行なった原子力の平和利用を提案した演説「原子力を平和のために」である。あれから、69年経過したが、まさかそれが覆されるとは、世界中が思っ(後略)

 
[2022_04_15_07]
柏崎原発7号機フィルターベント、配管接続部で不適合 柏崎日報 2022/04/15 TOP
東京電力は14日、柏崎刈羽原発7号機の重大事故時に放射性物質を減らして排気し、原子炉格納容器の破損を防ぐ設備「フィルター付きベント」で、不適切な配管接合部が7カ所あったと発表した。配管同士をつなぐ「フランジ」と呼ばれる箇所(後略)

 
[2022_04_15_06]
難問続出の「津波避難タワー」 島村英紀 2022/04/15 TOP
2011年の東日本大震災以後、全国で500棟余りの「津波避難タワー」が整備された。震災前には45棟にとどまっていたから、11倍に増えたことになる。ほとんどは海岸沿いで、近くに高台がないところだ。その7割が関東以西の太平洋側で、最多(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 61 >  記事番号[301]〜[305] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_15_05]
大手電力会社 企業向け契約の新規受け付け 一部停止の動き拡大 NHK 2022/04/15 TOP
燃料価格の高騰によっていわゆる新電力の事業撤退が相次ぐ中、大手電力会社が企業向けの契約の新規受け付けを一部停止する動きが広がっています。政府は電力の安定供給は最終的に確保されることなど周知の徹底を図ることにしています。電(後略)

 
[2022_04_15_04]
ウラン容器封印ワイヤ切断される 人形峠センター、NRAに報告 山陽新聞 2022/04/15 TOP
日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センター(岡山県鏡野町上斎原)は15日、ウラン濃縮施設に保管している放射性物質・六フッ化ウランの貯蔵容器が未開封であることを示す封印用のワイヤが切断されているのが見つかり、原子力規制委員(後略)

 
[2022_04_15_03]
位置付け揺らぐ火力発電 技術・人材維持に「黄信号」 産経新聞 2022/04/15 TOP
火力発電の位置づけが揺らいでいる。昨冬以降の発電能力不足に伴う需給バランスの混乱局面や再生可能エネルギーの大量導入が進む中、安定・大量に発電可能な「縁の下の力持ち的な存在」として重要性への認識は深まる。ただ、温室効果ガス(後略)

 
[2022_04_15_02]
原発処理水の海洋放出、規制委が審査終了…安全性への大きな疑問なし 読売新聞 2022/04/15 TOP
原子力規制委員会は15日、東京電力福島第一原子力発電所の「処理水」海洋放出の実施計画についての審査を終えた。放出の安全性に対する大きな指摘や疑問はなく、計画はおおむね了承された。規制委は早ければ5月中に審査書案をまとめ、意(後略)

 
[2022_04_15_01]
全ての施設を閉鎖して少なくても放射能が拡散しないように 山崎久隆 たんぽぽ 2022/04/15 TOP
◎こういった状況はチェルノブイリ原発が動いていない原子力施設であっても大量の放射性物質を抱えていることから起こるわけですね。これは日本で言うなら福島第一原発に相当するわけです。このエリアに武力衝突が起きればチェルノブイリ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 62 >  記事番号[306]〜[310] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_14_04]
「防護区域」見直し数年 柏崎刈羽原発 対テロ不備改善で 東奥日報  2022/04/14 TOP

 
[2022_04_14_03]
第1原発1号機の大型カバー設置工事開始 遠隔操作で作業 福島民友 2022/04/14 TOP
東京電力は13日、福島第1原発1号機の建屋を覆う大型カバーの設置工事を始めた。がれき撤去に伴う放射性物質の飛散や雨水の流入防止を目的とした工事で、作業員の被ばく防止のため、遠隔操作で作業を進める。来年度中の完成を目標としてい(後略)

 
[2022_04_14_02]
東北電の沼畑青森支店長会見、東通原発再稼働に向け安全工事の令和6年度完了に全力 産経新聞 2022/04/14 TOP
1日付で就任した東北電力青森支店の沼畑秀樹支店長(59)が14日、記者会見し、東通原発1号機(東通村)の再稼働の前提となる安全対策工事の令和6年度完了に向けて全力で取り組む考えを強調した。同原発は現在、原子力規制委員会による新(後略)

 
[2022_04_14_01]
再処理稼働に期待 六ケ所巡りIAEA幹部 東奥日報 2022/04/14 TOP
原子力関連の企業などでつくる日本原子力産業協会の年次大会で13日、国内外の専門家らが「核燃料サイクルの意義と期待」をテーマに議論した。国際原子力機関(IAEA)でサイクル関連部門の部長を務めるクリストフ・グゼリ氏は、日本でサイ(後略)

 
[2022_04_13_07]
汚染水の海洋放出に反対する抗議声明 青ネット 2022/04/13 TOP
2022 年 4 月 13 日内閣総理大臣 岸田文雄 殿経済産業大臣 萩生田光一 殿環境大臣 山口壮 殿(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 63 >  記事番号[311]〜[315] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_13_06]
ロシアの侵攻で明らかになった原発の危険性 渡辺寿子(原発いらない!ちば) たんぽぽ 2022/04/13 TOP
大見出しの紹介1.原発・核施設への攻撃は過酷な核事故を起こす2.日本の原発にミサイル攻撃があれば大規模な核事故となる3.警察力でミサイルを防げるのか4.ロシアの侵攻を口実に原発再稼働推進の動き(後略)

 
[2022_04_13_05]
交戦状態の中で原子力施設を運転するということは極めて危険 山崎久隆 たんぽぽ 2022/04/13 TOP
◎たんぽぽ舎の山崎です。今日もウクライナでは戦争が続いてまして原発が交戦地帯のど真ん中に残されたままです。ウクライナは電力需要もありましてこのザポロジエやリウネなどの原発を稼働させたままです。15基のうち8基を動かしていま(後略)

 
[2022_04_13_04]
福島第1処理水放出決定1年 「海に県境ない」 茨城漁連、対応の差に不信感 茨城新聞 2022/04/13 TOP
政府が東京電力福島第1原発の処理水海洋放出の方針を決定してから1年が経過した。茨城県内の沿海10漁協などでつくる茨城沿海地区漁業協同組合連合会(茨城漁連)など関係団体は「海に県境はない」として、風評被害対策に関し福島県と同等の(後略)

 
[2022_04_13_03]
「見切り発車」、募る不信 放出強行に警戒 福島第1処理水 時事通信 2022/04/13 TOP
東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出をめぐり、漁業者ら地元関係者が不信感を募らせている。理解が十分に進んでいないのに、政府が「見切り発車」的に方針を決定したためで、識者からも批判の声が上(後略)

 
[2022_04_13_02]
「“脱原発"政策の破棄」は険しい道…使用後核燃料保管施設が「飽和状態」=韓国 WOW!KOR 2022/04/13 TOP
来月10日に発足する韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)政権の政策構想を描いている政権引き継ぎ委員会は、現在70%台の「国内原子力発電所の稼働率 "引き上げ"」を公式化したが、これを推進するにあたっては「険しい道」が予想されている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 64 >  記事番号[316]〜[320] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_13_01]
福島第一原発の処理水海洋放出決定から1年 漁業者などから根強い反対の声 TUF 2022/04/13 TOP
福島第一原発にたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水の処分方法について、政府が海に放出する方針を決めてから13日で1年です。さらなる風評被害を懸念する漁業者などの反対の声が根強い中、政府と東京電力は、放出の計画を進め(後略)

 
[2022_04_12_02]
【ベトナム】16年の原発計画中止は賢明な選択、国会議長 NNA 2022/04/12 TOP
ベトナムのブオン・ディン・フエ国会議長は、共産党政治局が2016年に中南部ニントゥアン省での原子力発電所の建設計画を白紙撤回したことについて、16年以降のニントゥアン省の著しい経済成長にかんがみると、賢明な選択だったと説明した(後略)

 
[2022_04_12_01]
処理水放出関連430億円見通し 福島第1原発、東電が見積もり 共同通信 2022/04/12 TOP
東京電力は12日、福島第1原発の処理水海洋放出の関連費用が、2021〜24年度の4カ年で計約430億円に上る見通しだと明らかにした。費用全体の見積もりを示すのは初めて。経済産業省は同日、廃炉や汚染水対策にかかる費用として、22年度に(後略)

 
[2022_04_11_04]
東日本大震災から11年1か月 レスキュ 2022/04/11 TOP
4月11日、東日本大震災が発生してから11年1か月◆人的被害・避難者数・2011年3月11日、国内最大規模となるM9.0の地震が発生し、大津波により東北地方の太平洋沿岸に大きな被害(後略)

 
[2022_04_11_03]
素手で放射性物質 ロシア兵、チェルノブイリで相当量の被ばくか 毎日新聞 2022/04/11 TOP
ウクライナのチェルノブイリ原発で立ち入り制限区域を管理する当局は10日、撤退したロシア軍が原発の研究施設に保管していた放射性物質を持ち去ったとフェイスブックで発表した。露軍の撤退後に原発周辺に入った欧米メディアの報道では、(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 65 >  記事番号[321]〜[325] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_11_02]
“133個の放射性物質盗んだ" チョルノービリ原発でロシア軍 FNN 2022/04/11 TOP
ウクライナ当局は、ロシア軍がチョルノービリ原発から、極めて危険な放射性物質を盗んだと発表した。ウクライナ当局は、ロシア軍が、チョルノービリ原発の2つの研究所から、133個の放射性物質を盗んだと発表した。これらの物質の放射線量(後略)

 
[2022_04_11_01]
原発再稼働の是非に“県民の声"を 市民団体が署名提出 TeNY 2022/04/11 TOP
柏崎刈羽原発の再稼働の是非をめぐり、市民団体が集めた署名が県に提出されました。県民の声を反映させるよう知事に求めています。〈磯貝潤子共同代表〉「原発再稼働の是非を判断する際には県民の信を問うという(花角知事の)公約を必ず(後略)

 
[2022_04_10_03]
福島第一原発 廃炉への道 最大の難関「デブリ」取り出し 日テレ 2022/04/10 TOP
福島第一原発では廃炉への作業が進められています。その中でも最大の難関が溶け落ちた核燃料「デブリ」の取り出しです。2号機は年内にデブリの試験的な取り出しが、1号機では最近、デブリとみられる堆積物が確認されたばかりです。そして(後略)

 
[2022_04_10_02]
【避難指示解除3年】福島・大熊/古里再生へ橋渡し 元東電社員の覚悟 福島民友 2022/04/10 TOP
東京電力福島第1原発事故で大熊町に出された避難指示が大川原、中屋敷の両地区で解除されてから10日で3年となる。古里の復興を願う町民の姿を追った。「もしかしてキイ子さん?久しぶりじゃない」。大熊町大川原地区に昨年10月開所した(後略)

 
[2022_04_10_01]
浜岡原発から7.6キロに放射線防護施設が完成 静岡・牧之原市 静岡朝日 2022/04/10 TOP
原子力災害の発生時に、高齢者などが避難する放射線防護施設が静岡県牧之原市に完成しました。愛称の公募により「サーボ」と名づけられたこの施設は、浜岡原発から7・6キロ離れた牧之原市須々木に建設されました。総事業費6億円の施設は(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 66 >  記事番号[326]〜[330] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_09_04]
原子力依存脱却を 県反核実行委 県に申し入れ 東奥日報  2022/04/09 TOP

 
[2022_04_09_03]
東北電ネット、きょう初の「出力制御」 再生エネ事業者に発電停止を指示 河北新報 2022/04/09 TOP
東北電力ネットワークは9日、電力の供給過多による大規模停電を避けるため、再生可能エネルギー事業者に発電の一時停止を指示する「出力制御」を10日に実施すると発表した。東北電ネット管内の東北6県と新潟県での出力制御は初。時間は(後略)

 
[2022_04_09_02]
核ごみ議事録訴訟、控訴せず 地裁判決で北海道寿都町 東京新聞 2022/04/09 TOP
原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた第1段階の文献調査が進む北海道寿都町は9日までに、住民が情報公開請求した町議会全員協議会の議事録の非開示決定を取り消した函館地裁判決について、控訴しない方針を(後略)

 
[2022_04_09_01]
試運転9年、やっと合格 汚染水浄化設備ALPS 新潟日報 2022/04/09 TOP
東京電力福島第1原発で汚染水を浄化する多核種除去設備(ALPS)が今年3月、原子力規制委員会の検査に合格した。2013年3月に試運転を始めたが、トラブルが続発し丸9年かかった。東電は浄化した処理水の海洋放出を来春ごろ始める計画で、滑(後略)

 
[2022_04_08_07]
トンガ噴火津波 高くなった要因「複合的」 気象庁の報告書 NHK 2022/04/08 TOP
ことし1月、南太平洋・トンガの海底火山で起きた大規模噴火の影響で東北を含む各地の沿岸で潮位変化が観測されたことを受け、気象庁は、専門家による会合でメカニズムについて報告書をまとめました。潮位変化が起きたのは噴火の衝撃によ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 67 >  記事番号[331]〜[335] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_08_06]
元三沢市議山田氏、出馬を正式表明 反核燃訴え/六ケ所村長選 デリ東北 2022/04/08 TOP
6月7日告示、12日投開票の六ケ所村長選で、元三沢市議の山田清彦氏(65)=同市在住=が8日、青森市で記者会見し、出馬を正式に表明した。(後略)(後略)

 
[2022_04_08_05]
原子力施設稼働中止など青森県に要請 県反核実行委 デリ東北 2022/04/08 TOP
青森県反核実行委員会(今村修委員長)などは8日、県に対し、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)をはじめとする下北半島の原子力関連施設の稼働や建設の中止を国や事業者に求めるよう要請した。(後略)(後略)

 
[2022_04_08_04]
四国電力、9日に太陽光発電「出力制御」 発電事業者に送電停止要求 毎日新聞 2022/04/08 TOP
四国電力送配電は8日、太陽光発電事業者に一時的な送電停止を求める「出力制御」を9日に実施すると発表した。四国では初となる。発電事業者から買い取る電力が需要を上回る可能性があるためだ。10日も続けて実施する可能性がある。同社に(後略)

 
[2022_04_08_03]
中間貯蔵施設の搬入完了達成ならず (福島) 福島放送 2022/04/08 TOP
除染で出た土などの中間貯蔵施設への搬入計画について、国が当初の目標を達成できなかったことが分かりました。原発事故の発生後国は県内各地で除染を進め、除染で出た土などについて帰還困難区域を除き2021年度末までに中間貯蔵施設への(後略)

 
[2022_04_08_02]
原子炉の運転停止求める「措置要求権」も 鳥取県等と中国電力が安全協定を改定 NKT 2022/04/08 TOP
8日、島根原発の原子炉の運転停止を求めることができる権利などを盛り込んだ新たな安全協定を鳥取県、米子市、境港市と中国電力が結んだ。安全協定は2011年に締結されていたが、鳥取県などは立地自治体並みの扱いを求めて中国電力と協議(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 68 >  記事番号[336]〜[340] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_08_01]
ミャンマーの危険なヒスイ採掘 島村英紀 2022/04/08 TOP
ウクライナのニュースの陰に隠れてしまったが、昨年の軍のクーデターで話題のミャンマー。知る人ぞ知るヒスイの世界的な産地だ。ヒスイを知っているだろうか。緑色に輝く宝石だ。5月の誕生石にエメラルドとともに数えられている。非常に(後略)

 
[2022_04_07_07]
侵入検知器、ネズミかじり故障? 東電福島第1原発 共同通信 2022/04/07 TOP
東京電力は7日、福島第1原発で昨年10月、原子炉建屋など重要施設の周辺にある「周辺防護区域」で、複数の侵入検知器や監視カメラが正常に動作しなくなる核物質防護不備があったと発表した。痕跡からネズミとみられる小動物がケーブルをか(後略)

 
[2022_04_07_06]
東海第二原発は日本一事故や故障が多い原発です 日本原電本店への申し入れ文 たんぽぽ 2022/04/07 TOP
※4/6(水)日本原電本店抗議行動は、57名の参加でおこなわれました。報告は、後ほど掲載できる予定です。本日は、2つの申し入れ文の1つを紹介します。2022年4月6日(後略)

 
[2022_04_07_05]
「気圧波」で津波到達時刻を予想 トンガ噴火を教訓に気象庁が運用変更 東京新聞 2022/04/07 TOP
気象庁は7日、大規模火山噴火に伴い津波が想定される際には、津波に先行して大気中を伝わる「気圧波(ラム波)」と呼ばれる波動の速度から到達時刻を予想し、発表するよう運用を改めた。今年1月の南太平洋・トンガ沖の海底火山噴火で、(後略)

 
[2022_04_07_04]
処理水「速やかに放出」15% 風評対策求める声多数 河北新報社世論調査 河北新報 2022/04/07 TOP
河北新報社が宮城県内の有権者を対象に実施した原発に関する世論調査で、東京電力福島第1原発の構内にたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水の処分方法を尋ねたところ、「十分な風評被害対策が示されるまで放出しない」が45・(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 69 >  記事番号[341]〜[345] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_07_03]
英、原子力発電を拡大 エネルギー高騰で新戦略 時事通信 2022/04/07 TOP
【ロンドン時事】英政府は、2030年までに原子力発電を大幅に拡大することを柱とする新たなエネルギー戦略を7日までに発表した。ロシアのウクライナ侵攻や世界的なエネルギー価格高騰を背景に、電力の自給を高めることを目指す。原発新設(後略)

 
[2022_04_07_02]
島根原発 中国電力が鳥取県の条件受け入れ方針 NKT 2022/04/07 TOP
再稼働に向けた動きが加速する島根原発2号機。鳥取県は島根原発2号機の再稼働に同意する上で・最新の知見を反映した安全対策を取ること・万全の汚染水対策を実施することなど中国電力に対し7つの条件を提示している。(後略)

 
[2022_04_07_01]
原発事故の健康被害「なかったことにするな」 立民・阿部氏がEU書簡への政府対応で批判 神奈川 2022/04/07 TOP
小泉純一郎氏ら首相経験者5人が欧州連合(EU)に送った「福島第一原発の事故で多くの子どもが甲状腺がんに苦しんでいる」などとした書簡を巡り、岸田文雄首相、山口壮環境相らが「不適切」と断じたことについての議論が7日の衆院原子力(後略)

 
[2022_04_06_07]
ウラン濃縮工場の廃棄物保管建屋新設へ 東奥日報  2022/04/06 TOP

 
[2022_04_06_06]
政府、数十年かけ風評対策 処理水海洋放出方針、基金積み増しも 福島民友 2022/04/06 TOP
東京電力福島第1原発で発生する処理水の海洋放出方針を巡り、政府は数十年の長期にわたる風評対策の実施や漁業継続を支援する方針を固めた。既に予算化した水産物の風評被害に対応する300億円規模の基金の積み増しに加え、別の枠組みで(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 70 >  記事番号[346]〜[350] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_06_05]
島根原発2号機再稼働問題 丸山知事が周辺3市と会合(島根・松江市) TSK 2022/04/06 TOP
島根原発2号機をめぐって島根県の丸山知事は6日、既に再稼働を容認している安来、出雲、雲南3市の市長と意見を交わしました。今後は、県議会などの意見も聞き、再稼働に同意するかどうかの最終判断を示すことにしています。この問題をめ(後略)

 
[2022_04_06_04]
特別点検中の川内原発 薩摩川内市の調査部会が初視察 MBC 2022/04/06 TOP
川内原発の運転延長についての賛否などを巡って情報収集を行う、鹿児島県薩摩川内市の調査部会が、6日に初めて川内原発に入り、特別点検を視察しました。6日は、薩摩川内市の田中良二市長が、市の「原子力政策調査部会」の担当者11人(後略)

 
[2022_04_06_03]
1カ月で終わるはずが...切断進まない高濃度汚染配管 福島第一原発 東京新聞 2022/04/06 TOP
東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)で、1、2号機間にある高濃度の放射性物質で汚染された配管の撤去が難航している。現場は建屋の外では構内で最も放射線量が高く、遠隔操作による切断はトラブルが続発。背景には、東電の甘い(後略)

 
[2022_04_06_02]
青森・六ケ所村で爆発音か 通報複数、原因不明 東奥日報 2022/04/06 TOP
青森県六ケ所村尾駮地区などで5日、複数の住民から「爆発音のような大きな音がした」などと村、北部上北広域事務組合消防本部、野辺地署に通報が相次いだ。村などが調べたが、音の発生原因は不明。建物の被害などは報告されていない。村(後略)

 
[2022_04_06_01]
ロシア兵多数が被ばくか 一時制圧のチェルノブイリ原発 河北新報 2022/04/06 TOP
【ワルシャワ共同】ウクライナのハルシチェンコ・エネルギー相は5日、ロシア軍が一時制圧したチェルノブイリ原発近くでロシア兵が被ばくし、75人前後がベラルーシの病院で治療を受けているなどと述べた。事実だとすれば、重大な被ばくが(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 71 >  記事番号[351]〜[355] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_05_07]
「東北新幹線 脱線 "深刻な被害"で問われる地震対策」(時論公論) NHK 2022/04/05 TOP
2022年04月05日 (火)中村幸司 解説委員2022年3月16日、東北地方で震度6強を観測した地震で、東北新幹線が脱線しました。JR東日本は、東北新幹線の復旧について、4月14日に全線の運転を再開すると発表しました。一方で、脱線や高架橋な(後略)

 
[2022_04_05_06]
東京など列島で相次ぐ地震 またも「2度揺れ」一体なぜ? FNN 2022/04/05 TOP
4月4日午後10時半ごろ、東京23区や千葉県などで最大震度3を観測した地震が起きた。都内に住む11歳の女の子「結構揺れて、ちょっと怖かったんですよ」千葉県に住む6歳の女の子「よう揺れた。ママと一緒に寝た」特徴的だったのは、揺れが(後略)

 
[2022_04_05_05]
山田氏(元三沢市議)出馬へ 六ケ所村長選 東奥日報 2022/04/05 TOP
反核燃サイクル・反原発派の市民団体「六ケ所村の新しい風」は4日、青森市内で会合を開き、任期満了に伴う六ケ所村長選(6月7日告示、12日投開票)に、元三沢市議の山田清彦氏(65)=三沢市=を擁立する方針を決めた。山田氏は社民党籍(後略)

 
[2022_04_05_04]
「絶対反対はいささかも変わらない」全漁連会長 処理水海洋放出で経産相と面会 東京新聞 2022/04/05 TOP
東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の汚染水を浄化処理した水の海洋放出を巡り、萩生田光一経済産業相は5日、東京都中央区の全国漁業協同組合連合会(全漁連)を訪れ、岸宏会長らと面会した。政府と東電は2023年春ごろか(後略)

 
[2022_04_05_03]
原子力人材足りぬ 苦慮する業界 除染や解体、深刻さ増す 茨城新聞 2022/04/05 TOP
東京電力福島第1原発事故後、原発への逆風がやまず、原子力業界が人材確保に苦慮している。国内は「廃炉時代」を迎え、原発関連の東海再処理施設も廃止が決まっている。施設を畳むには長期間を要する中、担い手の先細りが懸念される。脱(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 72 >  記事番号[356]〜[360] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_05_02]
京都大原子炉、2026年に運転終了へ「使用済み燃料行き先見えない状況」 京都新聞 2022/04/05 TOP
京都大は5日、複合原子力科学研究所(大阪府熊取町)に設置されている研究用原子炉「KUR」(出力5千キロワット)の運転を2026年5月で終了し、廃炉にする、と発表した。今後、国との間で施設解体に必要な費用負担など、廃炉作業に向けた(後略)

 
[2022_04_05_01]
政府 原発処理水放出の風評被害対策で「超大型基金」創設へ テレ朝 2022/04/05 TOP
原発の「処理水」が海に放出された後も安心して漁業を続けられるよう基金を創設する考えを示しました。萩生田経済産業大臣:「たとえ今後、数十年の長期にわたろうとも必要な対策を講じて参りたい」福島第一原発にたまる処理水の海への放(後略)

 
[2022_04_04_06]
再稼働を焦る東電の「ずさんな経営・管理体制」はとどまる所をしらない 菅井益郎 たんぽぽ 2022/04/04 TOP
◎世界最大の原発は世界一危険1969年9月東電は柏崎市と刈羽村にまたがる砂丘地420万平方mに100万kw級原発6−8基の大発電所建設計画を発表した。地元工作は1年ほど前から始まるが、同時に住民や革新団体などによる反対運動も起こった。(後略)

 
[2022_04_04_05]
米国の核ごみ処分地はどこに? 中間貯蔵の候補地2カ所とも反対 東京新聞 2022/04/04 TOP
世界最大の原発大国・米国で、高レベルの核ごみである使用済み核燃料の中間貯蔵施設計画が、地元州や議会などの強い反対に直面している。米国の使用済み核燃料は日本の3倍以上あり、なし崩しで最終処分地になりかねないとの懸念からだ。(後略)

 
[2022_04_04_04]
「なし崩しで最終処分地に」 核のごみ、米国でも日本と同じ懸念 解決策は見えず 東京新聞 2022/04/04 TOP
世界最多の原発が稼働する米国で解決策を見つけられない「核のごみ」処分問題。使用済み核燃料の暫定的な保管場所とされる中間貯蔵施設だが、最終処分のめどが立たない中で「このまま最終処分地となるのでは」との不安は日本と同じ構図だ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 73 >  記事番号[361]〜[365] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_04_03]
石川県珠洲市で震度4の地震 津波の心配なし NHK 2022/04/04 TOP
4日午前10時26分ごろ、石川県で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震度4の揺れを観測したのは▽石川県珠洲市でした。また(後略)

 
[2022_04_04_02]
村井知事「東北電力に適切な情報提供」求める 2024年2月に原発再稼働 仙台放送 2022/04/04 TOP
女川原発2号機の再稼働の時期を2024年2月とした東北電力に対し、村井知事は、「適切な情報提供」などを求めたことを明らかにしました。宮城県 村井 知事「安全を最優先にした結果ということで、私は了とした」東北電力は3月30日の会見(後略)

 
[2022_04_04_01]
女川原発2024年再稼働方針 村井知事「工事の安全性検証」 東北放送 2022/04/04 TOP
東北電力が、3月30日、女川原子力発電所2号機を2024年2月に再稼働させる方針を明らかにしたことについて、村井宮城県知事は、4日に「工事の安全性などの検証が県の役割」との認識を示しました。東北電力が、女川原発2号機の再稼働の時(後略)

 
[2022_04_02_01]
開発費に8億500万円 原発防災アプリ、全国に先駆け鹿児島で運用開始 住民避難を支援 南日本新 2022/04/02 TOP
鹿児島県は1日、九州電力川内原発(薩摩川内市)の重大事故に備え、住民避難の円滑化を支援する原子力防災アプリの運用を、全国に先駆けて開始した。QRコードの読み取りで避難所の受け付け手続きなどを簡略化し、自治体が出す避難指示や(後略)

 
[2022_04_01_06]
日本で地熱発電を大きく稼働させるには 世界では10位に後退・・ 島村英紀 2022/04/01 TOP
私は研究のために大西洋の中央にあるアイスランドを13回、訪れたことがある。アイスランドへ行って悔しかったこと、それは地熱発電だった。アイスランドで地熱発電所を訪れてみると、動いているのは日本製の発電装置であった。じつは同国(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 74 >  記事番号[366]〜[370] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_04_01_05]
川内火力発電所きょう廃止 九電 1号機は48年稼働、老朽化進む 南日本新 2022/04/01 TOP
九州電力は1日、火力発電の川内発電所(薩摩川内市港町)を廃止する。南九州を中心に九州一円に電力を送ってきた発電所は48年の歴史に幕を下ろす。川内発電所は1号機が1974年7月、2号機は85年9月に運転開始。ともに重油を主な燃料にし、(後略)

 
[2022_04_01_04]
ロシア軍が原発から撤退 “赤い森"に塹壕を堀り…放射線で「病気の兆候」 テレ朝 2022/04/01 TOP
ロシアのプーチン大統領が、ウクライナとの停戦協議について初めて口を開き、「条件はまだ整っていない」と述べました。■プーチン氏首脳会談「その時はまだ」(後略)

 
[2022_04_01_03]
米高速炉開発、技術協力に意欲 原子力機構の小口新理事長 共同通信 2022/04/01 TOP
日本原子力研究開発機構の理事長に就任した、元三菱重工業副社長の小口正範氏(66)が1日、記者会見し、新たな高速炉を開発中の米企業テラパワーとの技術協力について「高速炉は将来性がある。技術的課題もあり、ブレークスルーするため(後略)

 
[2022_04_01_02]
「救済に向け弾み」 原発避難者訴訟、東電の賠償確定で原告 愛媛 毎日新聞 2022/04/01 TOP
2011年3月の東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県から愛媛県に避難した住民ら22人が国と東電に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)が東電の上告を退けて賠償が確定したことについて1日、原告側が愛媛県庁で記者(後略)

 
[2022_04_01_01]
ロシア軍、チェルノブイリ原発から撤退 ウクライナ原子力企業が発表 CNN 2022/04/01 TOP
ウクライナ・リビウ(CNN) ウクライナの原子力発電所を監督する国営企業、エネルゴアトムは31日、ロシア軍がチェルノブイリ原発と周辺施設から撤退したと明らかにした。エネルゴアトムはテレグラムで発表した声明で、「チェルノブイリ原(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 75 >  記事番号[371]〜[375] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_31_12]
宮城、福島で震度6強 新幹線脱線 状況次第で大事故に 島村英紀 東奥日報  2022/03/31 TOP
 宮城、福島両県で3月16日深夜に最大震度6強を観測した地震の規模はマグニチュード(M)7・4だった。2011年に起きた東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の本震の震源域の中で起きた大きな余震とみていい

 
[2022_03_31_11]
玄海原発「テロ対策施設」完成5カ月遅れ KBCNEWS 2022/03/31 TOP
九州電力は30日、玄海原子力発電所の「テロ対策施設」の完成が、5か月ほど遅れる見通しになったと発表しました。玄海原発ではテロ対策などのための特定重大事故等対処施設の建設が進んでいて、設置期限が定められています。九電によりま(後略)

 
[2022_03_31_10]
日本列島を縦断する高圧直流送電技術 蓮池透 たんぽぽ 2022/03/31 TOP
◎仮に、前倒しで300万キロワット増強(3/30発信【TMM:No4444】★1(上)参照)が完成していたならば、今回の電力逼迫はおそらく防止できたであろう。そして、増強の費用は約1800億円と見積もられている。原発再稼働のための安全対策費が、電(後略)

 
[2022_03_31_09]
福島第1原発2号機炉心を24年度に初調査 共同通信 2022/03/31 TOP
東京電力は31日、福島第1原発2号機の原子炉圧力容器内部に遠隔操作のカメラを入れ、溶けた核燃料の状況を撮影する調査を2024年度に実施する方針を明らかにした。事故でメルトダウンした1〜3号機で圧力容器内部を調べるのは初。(後略)

 
[2022_03_31_08]
新幹線脱線現場の揺れ大震災以上 JR東日本、対策協議会で報告 北国新聞 2022/03/31 TOP
最大震度6強の地震による東北新幹線の脱線事故を受け、国土交通省とJR各社などが31日、同省で「新幹線脱線対策協議会」を開いた。JR東日本は、脱線現場近くの地震計の数値が2011年の東日本大震災を上回っていたと報告。国交省は「今回の(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 76 >  記事番号[376]〜[380] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_31_07]
第15回「新幹線脱線対策協議会」の結果概要 国交省 2022/03/31 TOP
令和4年3月31日今回の協議会では、令和4年福島県沖を震源とする地震による東北新幹線被害状況等について情報共有及び意見交換を行いました。(後略)

 
[2022_03_31_06]
電通が受注「ALPS処理水は安全チラシ」学校配布に福島の保護者が困惑 女性自身 2022/03/31 TOP
「学校にまでこんなチラシを配ろうとするなんて……。“ゆるキャラ"のトリチウムで大炎上したことを忘れたのでしょうか。このチラシには〈知ることが大事〉と書かれているけど、安全のアピールばかり。トリチウムは、ここまで“安全"と(後略)

 
[2022_03_31_05]
原発避難者訴訟、夏前に統一判断へ 愛媛の原告に期日指定 最高裁 毎日新聞 2022/03/31 TOP
2011年3月の東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県から愛媛県に避難した住民ら22人が国と東電に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は3月30日付で、国の賠償責任の有無について、国と住民側の双方から意(後略)

 
[2022_03_31_04]
他企業との連携具体化を推進 日本原電 産経新聞 2022/03/31 TOP
日本原子力発電は31日、令和4年度の経営の基本計画を発表し、電力各社など他企業との連携の具体化に向けた取り組みを進める方針を新たに盛り込んだ。記者会見した村松衛社長は、東日本大震災後の平成23年以降、自前のすべての原発の運転(後略)

 
[2022_03_31_03]
チェルノブイリ原発からロシア軍退却か 共同通信 2022/03/31 TOP
【キエフ共同】ウクライナの原子力企業エネルゴアトムは31日、大半のロシア軍が、北部チェルノブイリ原発から退却したと通信アプリに投稿した。少数はまだとどまっているとしている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 77 >  記事番号[381]〜[385] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_31_02]
チェルノブイリの呼称「チョルノービリ」に 共同通信 2022/03/31 TOP
外務省は、ウクライナの地名の呼称変更に関し、ロシア語に由来する「チェルノブイリ」を、ウクライナ語の「チョルノービリ」に変更したと発表した。(後略)

 
[2022_03_31_01]
原発の火災感知器に不正 計9千台、検査時隠蔽 東京新聞 2022/03/31 TOP
火災警報システム製造の日本フェンオール(東京)は31日、火災感知器など9633台で製造・検査に不正行為があったと発表した。型式承認時とは異なる部品を一部使用し、その事実を検査時に隠蔽していた。東京電力は、このうち4025台が福(後略)

 
[2022_03_30_10]
“海洋放出以外の方法を" 18万人分の署名を提出 NHK 2022/03/30 TOP
福島第一原子力発電所にたまるトリチウムなどの放射性物質を含む処理水を、基準を下回る濃度に薄めて海に放出する東京電力の計画について、宮城や福島の生活協同組合などが、関係者や国民の理解が得られていないなどとして別の方法での処(後略)

 
[2022_03_30_09]
原発の電気使い水素製造 新年度 嶺南で実証事業 敦賀で共創会議 中日新聞 2022/03/30 TOP
国と原発が立地する市町、県、電力事業者が嶺南地域の将来像を話し合う「共創会議」が二十九日、敦賀市であった。各機関が二〇二二年度から始める新たな取り組みが四十項目近く示され、経済産業省は原子力で得た電気を活用する大規模な水(後略)

 
[2022_03_30_08]
柏崎刈羽原発 テロ対策の設備費に200億円 今後3年で 東電 毎日新聞 2022/03/30 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)でテロ対策の不備が相次いで発覚した問題で、東電は30日、改革の進捗(しんちょく)状況を発表した。原発敷地内の出入りを監視するシステムの更新や侵入検知器の改良などテロ対策の設備を整備するため、今(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 78 >  記事番号[386]〜[390] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_30_07]
女川原発の再稼働24年2月想定 東北電、完工時期の見直しで 共同通信 2022/03/30 TOP
東北電力は30日、女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)について、2024年2月の再稼働を想定していると発表した。これまでは22年度以降を目指していたが、安全対策工事の完了を23年11月に延期したことで見直した。東北電が再稼働の具体的(後略)

 
[2022_03_30_06]
なぜ「停電の恐れ」か? 50ヘルツと60ヘルツの壁 蓮池透 たんぽぽ 2022/03/30 TOP
◎それにしても、福島第一原発事故後、計画停電などが発生しないよう電力インフラを強化・拡充するよう声高に叫ばれたのに、11年を経てもなお実現せず、脆弱のままであることは嘆かわしいばかりだ。とりわけ、広域融通体制が、依然として(後略)

 
[2022_03_30_05]
丸い地形はクレーター? 島村英紀 2022/03/30 TOP
中国北東部の山の中で世界一大きなクレーターが発見された。直径は1.85キロ。発見地の名前を取って「依蘭(いらん)クレーター」と名付けられた。いままで最大のものとされてきたのは、米国・アリゾナ州の「バリンジャー・クレーター」で(後略)

 
[2022_03_30_04]
IAEA事務局長がウクライナ訪問、原発安全確保へ支援 日経新聞 2022/03/30 TOP
【ウィーン=細川倫太郎】国際原子力機関(IAEA)は29日、グロッシ事務局長がロシア軍の侵攻が続くウクライナを訪問していることを明らかにした。原子力発電所の事故回避に向けた技術支援をめぐり、政府高官らと協議する。具体的にはIA(後略)

 
[2022_03_30_03]
原発攻撃「自衛隊対応を」 全国知事会、政府に要請 共同通信 2022/03/30 TOP
全国知事会長の平井伸治鳥取県知事らは30日、首相官邸で磯崎仁彦官房副長官と面会し、国内の原発がミサイル攻撃される事態になった場合は「自衛隊による迎撃態勢、部隊の配備に万全を」と自衛隊による対応を要請した。ウクライナに侵攻し(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 79 >  記事番号[391]〜[395] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_30_02]
高浜3号機の伝熱管損傷か 運転再開遅れる見通し 関電 時事通信 2022/03/30 TOP
関西電力と福井県は30日、高浜原発3号機(同県高浜町、定期検査中)の蒸気発生器内で伝熱管4本が損傷した可能性があると発表した。6月中旬に予定していた営業運転再開は遅れる見通し。環境への影響はないという。県によると、3台ある蒸(後略)

 
[2022_03_30_01]
福島第1処理水 海底工事、4月中旬着手へ 産経新聞 2022/03/30 TOP
東京電力福島第1原発の汚染水を浄化した処理水の海洋放出をめぐり、東電が原発の沖合約1キロで放出に使う海底トンネルの出口部分にあたる放水口の整備工事を、4月中旬ごろにも開始する方針を固めたことが30日、分かった。東電は令和5年(後略)

 
[2022_03_29_07]
カメラの中に水が入り、1号機調査の水中ロボット故障 東電福島第一原発 東京新聞 2022/03/29 TOP
東京電力は29日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の1号機原子炉格納容器内の調査で使っている水中ロボットが故障したと明らかにした。搭載されているカメラ4台のうち2台に水が入り込み、映像が曇る状態となった。予備機を使うかを(後略)

 
[2022_03_29_06]
東海村の出身者として思う 東海第二原発の再稼働はいやだ 横関彩子 たんぽぽ 2022/03/29 TOP
2月26日(土)、日本教育会館8Fで開催されたたんぽぽ舎33周年記念講演の講師資料を紹介します。2人目の講師・横関彩子氏(たんぽぽ舎会員)の資料です。目次1.東海村基本情報2.東海村内の原子力関連事業所(後略)

 
[2022_03_29_05]
社説 日向灘の巨大地震 リスク重視し備えに生かしたい 愛媛新聞 2022/03/29 TOP
政府の地震調査委員会が、宮崎県沖の日向灘や、鹿児島から沖縄にかけての南西諸島で、マグニチュード(M)8級の巨大地震3タイプが起きる危険性があると新たに指摘した。公表されたのは30年間の「長期評価」で、データが足りず具体的な確(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 80 >  記事番号[396]〜[400] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_29_04]
国が検討「海洋放出が確実」 福島第一原発の処理水 風評対策は県が主導へ 仙台放送 2022/03/29 TOP
福島第一原発の処理水に関する会議が開かれ、「海への放出」以外の検討を求める県に対して、国は「海洋放出がより確実」と回答しました。この会議は、福島第一原発の事故で生じた放射性物質を含む処理水の海への放出について、県や国など(後略)

 
[2022_03_29_03]
首相、福島の高校生と面会 原発事故教育に意欲 産経新聞 2022/03/29 TOP
岸田文雄首相は29日、官邸で、東京電力福島第1原子力発電所の廃炉や処理水の海洋放出などについて学ぶ「ふくしま浜通り高校生会議」の高校生らと面会した。生徒らは、学校教育の中で原発事故などについて学んだり、対話したりする機会を(後略)

 
[2022_03_29_02]
チェルノブイリ原発占拠のロシア兵「大量被曝」の可能性 フォビス 2022/03/29 TOP
ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所を掌握したロシア軍の兵士たちは、放射線防護服を着用せずに現地に入り、軍用車両で汚染された土をかき回し、きわめて危険な量の放射線にさらされていた模様だ。ロイターが3月29日の記事で報じ(後略)

 
[2022_03_29_01]
鹿児島県 川内原発 運転延長を検証 県の分科会が特別点検視察 KKB 2022/03/29 TOP
鹿児島県の川内原発の運転延長に関するニュースです。運転延長について議論する県の分科会が川内原発を視察しました。視察に訪れたのは塩田知事と川内原発の運転延長を議論する分科会のメンバー6人です。分科会は川内原発の安全性や避難(後略)

 
[2022_03_28_03]
「妊婦・乳幼児らは5〜30キロ圏内も優先避難を」避難計画で鹿児島県に要請 KTS 2022/03/28 TOP
鹿児島県薩摩川内市の川内原発の避難計画を巡り、鹿児島県内の生活協同組合の団体が、原発から5〜30キロ圏内についても、妊婦や乳幼児らを優先的に避難させるよう、県に要請しました。要請したのは、グリーンコープかごしま生活協同組合(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 81 >  記事番号[401]〜[405] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_28_02]
福島県外の除染土、仮置き場の解消遠く 宮城・丸森では諦めの声 毎日新聞 2022/03/28 TOP
2011年の東京電力福島第1原発の事故後、福島県外でも大量の除染土や廃棄物が発生した。しかし県境で対応は線引きされ、宮城県丸森町では、事故から11年が過ぎても処分方法は定まらないままだ。今も仮置き場から動かすことができず、保管(後略)

 
[2022_03_28_01]
賠償指針見直し申し入れ 原告ら、東電敗訴確定で 避難者訴訟 時事通信 2022/03/28 TOP
東京電力福島第1原発事故の避難者らが、国と東電に損害賠償を求めた3件の集団訴訟で、東電に賠償を命じた二審判断が最高裁で確定したのを受け、原告団などは28日、賠償指針の見直しを国に働き掛けるよう、福島県に申し入れた。3訴訟は福(後略)

 
[2022_03_27_01]
核の恐怖、今さら気付いた「有事には原発が攻撃対象となる」現実 時事通信 2022/03/27 TOP
◆時事総合研究所代表取締役・村田純一◆ロシア軍によるウクライナの原子力発電所への攻撃に、世界は震撼(しんかん)した。ロシア軍は2月24日、ウクライナへの侵攻を開始し、1986年に爆発事故を起こした北部のチェルノブイリ原発をいち(後略)

 
[2022_03_26_04]
処理水の海洋放出 津波注意報などで一時停止を検討・福島 FCT 2022/03/26 TOP
福島第一原発の「処理水」の海洋放出をめぐり、東京電力は、津波注意報などが発令された場合、処理水の放出を一時停止することなどを検討している。福島第一原発では、来年にも、放射性物質=トリチウムを含む、いわゆる「処理水」の海洋(後略)

 
[2022_03_26_03]
次世代型「小型原子炉」設計加速、三菱電機が担う役割 工業新聞 2022/03/26 TOP
米エネルギー技術大手と契約締結三菱電機は、米エネルギー技術大手のホルテック・インターナショナル(フロリダ州)と、小型原子炉「SMR―160」向けの計装制御システムの設計契約を結んだ。同システムは原子力発電所の安全運転を支える制(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 82 >  記事番号[406]〜[410] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_26_02]
ウクライナの事態に原発・航空管制センターなどサイバー保安特別点検=韓国 WoW!Korea 2022/03/26 TOP
韓国国家情報院は外交・安保省庁と原子力発電など核心基盤施設を対象にサイバー保安特別点検に乗り出した。年間計画に基づいて行われる定期点検ではなく、最近のウクライナ事態を契機に行われるものだ。国家情報院は21日、サイバー危機(後略)

 
[2022_03_26_01]
火力が緊急停止するような地震であれば原発も自動停止する 上岡直見 たんぽぽ 2022/03/26 TOP
2022年3月22〜23日の東京電力管内の電力逼迫警報に関して「原発が動いていれば電力不足はなかった」との説が流布されているが、停電の不安に便乗して再稼働を促進するためのデマである。電力不足は3月16日の地震による火力発電の停止(後略)

 
[2022_03_25_10]
広島・庄原市議会 再稼働反対を決議 避難計画 実効性など言及 山陰中央 2022/03/25 TOP
中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)で事故が起きた場合、松江市民の避難先となる広島県庄原市の市議会(定数20人)は23日、2号機の再稼働に反対する委員会発議の決議案を賛成多数で可決した。決議案...(後略)(後略)

 
[2022_03_25_09]
「巨大地震」最新の研究結果公表 新たに3か所で“要警戒" テレ朝 2022/03/25 TOP
南海トラフの想定震源域に含まれる日向灘や、南西諸島周辺でマグニチュード8クラスの巨大地震が起きる可能性があるという最新の研究結果が公表されました。政府の地震調査委員会は四国と九州の間の日向灘や、九州から沖縄に連なる南西諸(後略)

 
[2022_03_25_08]
新潟県技術委 “東電の管理体制"の甘さ問う 協力企業などの不備受け NST 2022/03/25 TOP
25日、新潟市中央区で開かれた、柏崎刈羽原発の安全性を議論する県の技術委員会。協力企業が実施した6・7号機の消火設備の配管工事で不備や虚偽申告があったことに対し、委員から東京電力の管理体制の甘さを問う声が上がりました。【技術(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 83 >  記事番号[411]〜[415] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_25_07]
全国から25万人分 島根原発2号機再稼働反対の署名を提出 TSK 2022/03/25 TOP
島根原発2号機の再稼働に反対する市民団体の代表が、全国から集めた約25万人分の署名を島根県に提出しました。25日は、市民団体「平和フォーラムしまね」の代表が島根県庁を訪れ、今年1月から2月にかけて全国から集めた約25万人分の反(後略)

 
[2022_03_25_06]
福島原発処理水の海洋放出、IAEAの原子力規制委への調査終了 読売新聞 2022/03/25 TOP
東京電力福島第一原子力発電所の処理水の海洋放出計画を巡り、国際原子力機関(IAEA)の調査団は25日、原子力規制委員会に対する調査を終えたと発表した。記者会見したIAEA原子力安全・核セキュリティー局のリディ・エブラール次長は「2(後略)

 
[2022_03_25_05]
関電、再エネ国内で1兆円投資 原発「重要な役割」 産経新聞 2022/03/25 TOP
関西電力は25日、2040(令和22)年までに国内で再生可能エネルギーの増強に1兆円規模の投資を行い、発電能力を500万キロワット増やすことを盛り込んだ「ゼロカーボンロードマップ」を発表した。2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロ(後略)

 
[2022_03_25_04]
大阪市長が脱原発提案を翻す? 脱原発を願う民意に対する背信行為 木原壯林 たんぽぽ 2022/03/25 TOP
◎昨日3月24日の「電気新聞」は、「関電の発行済み株式の7.64%を保有する、自治体として最大の株主である大阪市の松井市長は23日、関西電力の定時株主総会で行ってきた脱原発提案について内容を改める考えを示唆した」と報じています。(後略)

 
[2022_03_25_03]
チェルノブイリ原発の立ち入り禁止区域で森林火災が発生 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/25 TOP
チェルノブイリ原発の立ち入り禁止区域、事故時に大量の放射性物質が蓄積した「赤い森」など、汚染土壌と森林が広がる広大な区域で、火災が多発しています。そのうえロシア軍が、敷地内にある「研究所」を破壊しているとも報告されていま(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 84 >  記事番号[416]〜[420] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_25_02]
日向灘・南西諸島M8級地震の恐れ 今後30年長期評価 政府調査委 毎日新聞 2022/03/25 TOP
政府の地震調査委員会(委員長=平田直(なおし)・東京大名誉教授)は25日、日向(ひゅうが)灘(なだ)と南西諸島海溝周辺で今後30年以内に起きる可能性がある地震の長期評価を公表した。マグニチュード(M)7級の規模の地震について、(後略)

 
[2022_03_25_01]
玄海原発乾式貯蔵施設、佐賀県が事前了解 25年度着工、27年度運用開始へ 佐賀新聞 2022/03/25 TOP
佐賀県は24日、九州電力が玄海原発(東松浦郡玄海町)の使用済み核燃料の貯蔵能力強化のために計画している乾式貯蔵施設について、事前了解した。南里隆副知事は、原子力規制委員会が設置変更許可を出していることを念頭に「法令上の要求(後略)

 
[2022_03_24_04]
知事 島根原発2号機再稼働手続きを条件つけ容認 NHK 2022/03/24 TOP
松江市にある島根原子力発電所2号機について、鳥取県の平井知事は一定の条件を設けた上で、中国電力が再稼働への手続きに進むことを容認する意向を示しました。再稼働に向けた国の審査に合格した島根原発2号機をめぐっては、鳥取県内で(後略)

 
[2022_03_24_03]
原発サイバー対策強化へ、規制委 違反なら行政処分も 河北新報 2022/03/24 TOP
原子力規制委員会が原発を標的としたサイバー攻撃に備え、セキュリティー対策の規制を強化する方針を固めたことが24日、分かった。電力会社が実施すべき具体的な対策をガイドラインの形で示していたが、審査基準に格上げして法律上の強制(後略)

 
[2022_03_24_02]
福島第一原発1号機 格納容器内の堆積物の映像を新たに公開 NHK 2022/03/24 TOP
福島第一原子力発電所の事故で水素爆発を起こした1号機の調査で、東京電力は最新の映像を公開し、溶け落ちた「燃料デブリ」の可能性がある堆積物を、格納容器の底部や配管の入り口近くで、新たに確認したことを明らかにしました。東京電(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 85 >  記事番号[421]〜[425] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_24_01]
東通原子力発電所敷地内における地質調査の実施について 東北電力 2022/03/24 TOP
当社は、東通原子力発電所の敷地内において、特定重大事故等対処施設※など、将来的な安全対策設備を設置するための候補地の検討に必要な地質調査を、2022年4月から実施いたします。本調査は、将来的な安全対策設備の配置計画の検討に必(後略)

 
[2022_03_23_12]
活火山「十和田」 警戒レベルを「1、4、5」の3段階で運用へ ABA 2022/03/23 TOP
青森と秋田にまたがる活火山「十和田」の噴火警戒レベルについてです。気象庁は24日から、一般的な5段階ではなく3段階の区分で運用を始めます。十和田火山は、国内に50ある「常時観測火山」の一つで、気象庁が24時間体制で監視・観測を(後略)

 
[2022_03_23_11]
柏崎刈羽原発で発電機の潤滑油漏れ 規制事務所「安全上の問題ないか注視」 NST 2022/03/23 TOP
柏崎刈羽原発6号機の非常用ディーゼル発電機の運転試験を実施した際、潤滑油が漏れ出したトラブルを受け、柏崎刈羽原子力規制事務所は22日、「安全上の問題がないか注視していく」と話しました。東京電力は17日に柏崎刈羽原発6号機の非(後略)

 
[2022_03_23_10]
最終処分場「拒否」条例求める「県民の会」、県の回答に抗議 東奥日報  2022/03/23 TOP

 
[2022_03_23_09]
珠洲市で震度4 津波の心配なし 日テレ 2022/03/23 TOP
気象庁によりますと23日午前9時23分ごろ、地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震度4を観測したのは、珠洲市となっています。震源地は石川県能登地方。震源の深さは10キロ。地震の規模を示すマグニチュードは4.3と推定されます。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 86 >  記事番号[426]〜[430] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_23_08]
境港市長も同意 県判断は最終局面 島根原発再稼働 日本海新 2022/03/23 TOP
中国電力島根原発2号機(松江市鹿島町)の再稼働を巡り、鳥取県境港市の伊達憲太郎市長は22日の市議会全員協議会で「安全を第一に同意する」と表明した。鳥取県の原発30キロ圏では、18日に米子市の伊木隆司市長が再稼働に同意。県は23(後略)

 
[2022_03_23_07]
福島第1原発、地震で天井クレーン故障 共用プール建屋 サンスポ 2022/03/23 TOP
東京電力は22日、震度6強を観測した地震で、福島第1原発の共用プール建屋にある天井クレーンが故障したと発表した。共用プールでは、6号機原子炉建屋から取り出す使用済み核燃料の受け入れスペースを確保する作業を月内に始める予定で、(後略)

 
[2022_03_23_06]
福島第一原発1号機 燃料デブリ冷やす格納容器の水位 40cm低下 NHK 2022/03/23 TOP
東京電力は、福島第一原子力発電所の1号機で溶け落ちた「燃料デブリ」を冷やすために水を入れている格納容器内部の水位が、およそ40センチ低下していると発表しました。3月16日の地震で格納容器の損傷部分が広がった可能性があるという(後略)

 
[2022_03_23_05]
格納容器の水位低下、地震で損傷拡大か 福島第一原発1号機 東電発表 福島民報 2022/03/23 TOP
東京電力は、福島県沖を震源とした最大震度6強の地震の発生前後で、福島第一原発1号機の原子炉格納容器内の汚染水の水位が約40センチ低下したと22日、発表した。格納容器の損傷箇所が地震の影響で広がり、原子炉建屋内に漏れ出る水量が増(後略)

 
[2022_03_23_04]
福島第1原発 1号機注水増加 地震後の水位低下対策 産経新聞 2022/03/23 TOP
東京電力は23日、福島第1原発1号機で、溶け落ちた核燃料(デブリ)を冷やす原子炉への注水量を、毎時3・5トンから毎時5・5トンに増やしたと発表した。16日に宮城、福島両県で最大震度6強を観測した地震以降、原子炉格納容器の水位が約4(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 87 >  記事番号[431]〜[435] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_23_03]
田原総一朗「東日本大震災から11年も廃炉作業の非現実的な工程」 アエラ 2022/03/23 TOP
原発事故から11年。ジャーナリストの田原総一朗氏は、廃炉への道筋がいかにあやふやかを指摘する。東日本大震災で東京電力福島第一原発が大事故を起こしてから、今年の3月11日で12年目に入った。私は11日の東京新聞の社説を読み、暗然た(後略)

 
[2022_03_23_02]
再生エネの不確実性、原発再稼働… 電力逼迫警報が突き付けた課題 産経新聞 2022/03/23 TOP
東京電力と東北電力の管内で発令されていた電力需給逼迫警報が23日、全面解除された。16日の福島県沖の地震の影響で電力の供給力が落ちていたところに悪天候や気温低下が重なり、一時は広範囲での停電が懸念された。今回は急場をしのいだ(後略)

 
[2022_03_23_01]
電力逼迫警報を全面解除 東電、太陽光発電で需給緩和 中日新聞 2022/03/23 TOP
経済産業省は23日、東京電力ホールディングスの管内1都8県に21日から発令していた電力需給逼迫警報を午前11時で解除した。東北電力の管内は22日に解除されており、これで全面解除となった。経産省は東電管内の状況について、日射量が増え(後略)

 
[2022_03_22_08]
高浜原発訴訟で住民側控訴 運転停止命令求め 日経新聞 2022/03/22 TOP
関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)を巡り、火山の噴火想定が見直されたのに安全対策が不十分として、高浜町などの住民9人が国に運転停止命令を出すよう求めた訴訟で、住民側は22日、請求を棄却した名古屋地裁判決を不服として名(後略)

 
[2022_03_22_07]
東京・東北電力管内に電力需給ひっ迫警報 節電呼びかけ 政府 NHK 2022/03/22 TOP
政府はきょう(22日)の電力需給が極めて厳しい状況だとして、東京電力の管内に加えて東北電力の管内にも初めてとなる「電力需給ひっ迫警報」を出し、家庭や企業に節電を呼びかけています。しかし、目標としている節電量には届いておらず(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 88 >  記事番号[436]〜[440] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_22_06]
日本海溝・千島海溝地震で防災報告書 国などに住民の備え確認促す 毎日新聞 2022/03/22 TOP
日本海溝沿いと千島海溝沿いで起きる二つの巨大地震を巡り、政府の中央防災会議の作業部会は22日、防災対策に関する報告書を公表した。積雪や寒さで避難が遅れたり、体調が崩れたりしないよう対策を求め、マグニチュード(M)7以上の地(後略)

 
[2022_03_22_05]
日本・千島海溝、M7級以上で注意喚起 巨大地震の後続警戒 中央防災会議報告書 時事通信 2022/03/22 TOP
政府の中央防災会議の作業部会が22日公表した報告書は、日本海溝・千島海溝沿いでマグニチュード(M)7クラス以上の地震が起きた場合、続いて起きる恐れがある巨大地震への注意を促す情報の必要性を訴えた。南海トラフ地震の際の「臨時情(後略)

 
[2022_03_22_04]
11年前からわかっている電力広域融通体制をつくれ 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/22 TOP
◎3月22日の電力受給体制について、経産省は21日夜、東電管内について「電力需給逼迫警報」を出した。2011年の東日本太平洋沖地震を除けば初めて。22日の東電管内の電力需給の見通しが「供給予備率」3%以下になる見通し。気象庁などは(後略)

 
[2022_03_22_03]
寒冷地対策強化を提言 日本・千島海溝地震、被害最小化へ報告書 時事通信 2022/03/22 TOP
政府の中央防災会議の作業部会は22日、北海道から東北地方の太平洋沖の日本海溝・千島海溝沿いを震源域とするマグニチュード(M)9クラスの地震対策に関する報告書を公表した。積雪による津波避難の遅れや低体温症への対応など、寒冷地特(後略)

 
[2022_03_22_02]
日本海溝 千島海溝で想定される巨大地震で国の検討会が報告書 NHK 2022/03/22 TOP
関東でも津波の被害が出ると想定される、岩手県から北海道の沖合の「日本海溝」と「千島海溝」の巨大地震について、国の検討会が防災対策の報告書を公表しました。想定される巨大地震より一回り小さなマグニチュード7クラスの地震が起き(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 89 >  記事番号[441]〜[445] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_22_01]
笑止千万! 自民の原発再稼働論 古賀茂明〈週刊朝日〉 アエラ 2022/03/22 TOP
ロシアのプーチン大統領が常軌を逸した行動に出た。核兵器使用の可能性をちらつかせ、チェルノブイリ原子力発電所を占拠。さらには、欧州最大のザポロジエ原発への攻撃で火災を起こし、世界中を震え上がらせた。大事には至らなかったが、(後略)

 
[2022_03_21_04]
福島の火力発電所、損壊相次ぐ 東電の供給力に打撃 河北新報 2022/03/21 TOP
福島県沖で16日に起きた最大震度6強、マグニチュード(M)7・4の地震で、同県浜通り地方に立地する火力発電所が相次いで被災した。震源域に最も近い相馬共同火力発電の新地発電所(新地町)は石炭を陸揚げする巨大な設備が損壊、復旧の見(後略)

 
[2022_03_21_03]
IAEA 処理水放出計画を審査する規制委員会と意見交換 NHK 2022/03/21 TOP
福島第一原子力発電所にたまり続けるトリチウムなどの放射性物質を含む処理水についてIAEA=国際原子力機関は訪日し、基準以下に薄めて海に流す東京電力の計画の審査について原子力規制委員会と意見交換しました。IAEAは、日本政府の要(後略)

 
[2022_03_21_02]
東電、工場に操業抑制や時間変更を要請 初の電力需給逼迫警報 毎日新聞 2022/03/21 TOP
経済産業省は21日夜、東京電力管内で22日に電力需給が極めて厳しくなるとして、初の電力需給逼迫(ひっぱく)警報を出した。対象の地域は東電管内の1都8県(群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、静岡)。経産省によると2(後略)

 
[2022_03_21_01]
チェルノブイリ原発、放射能監視システム機能不全=ウクライナ当局 ロイター 2022/03/21 TOP
[リビウ(ウクライナ)/ウィーン21日ロイター] - ウクライナ原子力発電公社のエネルゴアトムは21日、ロシア軍に制圧されたチェルノブイリ原子力発電所の放射能監視システムのほか、周辺の森林消防隊が機能しておらず、放射線量が上昇(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 90 >  記事番号[446]〜[450] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_19_04]
東海第二差し止め判決1年 原告団に聞く 東京新聞 2022/03/19 TOP
日本原子力発電東海第二原発(東海村)の運転差し止めを命じた水戸地裁判決から、18日で1年を迎えた。判決は、実効性のある広域避難計画など防災体制の不備を理由としていたが、東海第二の30キロ圏内にある14市町村でこの1年、新たに避(後略)

 
[2022_03_19_03]
伊方原発3号機 一次冷却水で放射性物質“よう素"濃度上昇 南海放送 2022/03/19 TOP
愛媛県は18日、通常運転中の伊方原発3号機で、一次冷却水に含まれる放射性物質濃度が、通常の約3倍に上昇したことを確認したと発表した。周辺の放射線モニタなどの値に異常は無いということで、四国電力では今後、監視体制を強化するとし(後略)

 
[2022_03_19_02]
原発攻撃のロシア軍、核知識なし ウクライナ運営企業トップ 新潟日報 2022/03/19 TOP
ウクライナの原子力企業エネルゴアトムのトップ、ペトロ・コティン総裁代理は19日までに共同通信のオンラインのインタビューに応じ、南部ザポロジエ原発を制圧したロシア軍は「砲撃の危険性に対する知識が全くなかった」と明らかにした。(後略)

 
[2022_03_19_01]
地震 気象庁会見「今後の地震活動や降雨・降雪に十分注意を」 NHK 2022/03/19 TOP
2022年3月19日 1時41分今回の地震について、気象庁の宮岡一樹 地震情報企画官は午前1時25分から記者会見を開き「低気圧が三陸沖を急速に発達しながら北上する。揺れの強かった地域では地盤が緩んでいる可能性があり、少ない雨でも土砂災(後略)

 
[2022_03_18_13]
慶長の大津波は東日本大震災なみの規模だった 島村英紀 2022/03/18 TOP
京都や奈良など西日本では、書かれた地震の歴史は、長ければ3000年以上。しかし東北日本や北海道では、わずか200年あまりしかたどれない。これはもっぱら、文字を持たなかった先住民族が住んでいたせいだ。たとえば、1611年の慶長奥(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 91 >  記事番号[451]〜[455] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_18_12]
チェルノブイリ原発の外部電源が不安定に 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/18 TOP
◎現在最も深刻な問題は、チェルノブイリ原発で211名と言われる現地の技術者と警備担当者の交代勤務が認められていないことです。チェルノブイリ原発は周囲30キロ圏が現在も立ち入り禁止ゾーンで、この原発の管理と監視任務に当たる職員(後略)

 
[2022_03_18_11]
もし東海再処理施設が攻撃されたら…廃液20%放出で死者40万人と試算 東京新聞 2022/03/18 TOP
日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(東海村、廃止措置中)が武力攻撃を受け、保管されている高レベル放射性廃液の一部が外部に放出された場合、首都圏を中心に最悪で40万人の死者が出ると試算したリポートを、環境経済研究所(東京(後略)

 
[2022_03_18_10]
脱線 大惨事は回避 東北新幹線 橋脚・電柱の耐震化課題 東奥日報 2022/03/18 TOP

 
[2022_03_18_09]
地震 宮城 福島で震度6強 3人死亡 226人けが(18日・00:00) NHK 2022/03/18 TOP
2022年3月18日 1時16分NHKが自治体への取材をもとにまとめたところ、この地震でこれまでに宮城県で2人、福島県で1人の合わせて3人が死亡しました。また少なくとも合わせて226人がけがをしているということです。このうち震度6強の揺れ(後略)

 
[2022_03_18_08]
震度6強の震源、昨年2月と近接 専門家「エネルギーは2倍」 河北新報 2022/03/18 TOP
2022年3月18日 6:00宮城、福島両県で震度6強、マグニチュード(M)7・4を観測した16日夜の地震は、昨年2月13日に福島県沖であったM7・3の地震と同じ太平洋プレート(岩板)内部で発生し、震源も非常に近かった。東北大の松沢暢教授(地震(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 92 >  記事番号[456]〜[460] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_18_07]
保管タンク85基ずれる 福島第1、冷却一時停止 河北新報 2022/03/18 TOP
2022年3月18日 6:0016日深夜に最大震度6強を観測した地震は、原発にも影響を及ぼした。東京電力によると、福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)2号機の使用済み核燃料プールの冷却が止まり、約7時間半後に再開。5号機と第2原発の1、3(後略)

 
[2022_03_18_06]
東北新幹線「やまびこ223号」の脱線について_梅原淳(鉄道ジャーナリスト) ヤフー 2022/03/18 TOP
2022年3月18日 6時1分【図1】JR東日本、「福島県沖で発生した地震による東北新幹線の被災状況について」より東北地方をまたしても大地震が襲った。2022(令和4)年3月16日23時36分に福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生(後略)

 
[2022_03_18_05]
コンテナ倒れ、タンク横ずれ 増える放射性廃棄物が地震でリスクに 東電福島第一原発 東京新聞 2022/03/18 TOP
2022年3月18日 08時01分福島県沖で起きた震度6強の地震で、東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)では17日、2号機の使用済み核燃料プールで水位が低下し、東電が冷却を一時停止した。4号機原子炉建屋では鉄骨の落下も確認された(後略)

 
[2022_03_18_04]
東北新幹線の脱線現場で復旧に向け調査が始まる 宮城・白石市 khb 2022/03/18 TOP
3/18 (金) 10:05東北新幹線が脱線した宮城県白石市の現場周辺では、復旧に向けた作業が始まっています。JR白石蔵王駅から南に2キロの新幹線が脱線した現場です。16日の地震の影響で、周辺では橋脚が破損したり、レールがゆがんだりする(後略)

 
[2022_03_18_03]
社説:東北で震度6強 リスク低減を進めねば 京都新聞 2022/03/18 TOP
2022年3月18日 16:05東北地方を強い地震が襲った。16日深夜に宮城・福島両県で最大震度6強を記録、関東地方なども含め、広範囲に被害が出た。これまでに死者3人、負傷者は180人を超える。崖崩れや道路の亀裂、住宅の損壊などが報告されて(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 93 >  記事番号[461]〜[465] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_18_02]
脱線の東北新幹線 架線の断線などの被害が新たに見つかる 日テレ 2022/03/18 TOP
2022年03月18日17時24分宮城や福島を襲った地震の影響で脱線した東北新幹線についてJR東日本は、架線の断線などの被害が新たに見つかったと発表しました。数日中にも脱線した車両を現場から動かし復旧作業を進めていくとしています。JR(後略)

 
[2022_03_18_01]
震度=気象庁発表(18日23時36分) :地震(小規模) 東奥日報 2022/03/18 TOP
2022/3/1823時36分18日午後11時25分ごろ地震がありました。気象庁によると、震源地は岩手県沖北緯40.0度、東経142.1度で、震源の深さは約20キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.5と推定される。(後略)

 
[2022_03_17_86]
「老朽原発このまま廃炉!」「関西、若狭での闘いと今後」 木原壯林 たんぽぽ 2022/03/17 TOP
2月26日(土)、日本教育会館8Fで開催されたたんぽぽ舎33周年記念講演の講師資料を連載でご紹介します。まず、木原壯林氏(若狭の原発を考える会.老朽原発うごかすな!実行委員会)の資料です。1コマ目には、以下のことばが記されています。(後略)

 
[2022_03_17_85]
脱原発望む46%、容認は18% 川内原発「運転延長控えて」は4割 地方紙合同アンケート 南日本新 2022/03/17 TOP
南日本新聞社は全国の地方紙16社と合同で今後の原発政策を問うアンケートを実施した。廃炉を求めるなど「脱原発」を望む回答が46.6%、運転延長や増設、建て替えなど「原発容認」が17.9%だった。鹿児島県内に限ると「脱原発」33.8(後略)

 
[2022_03_17_84]
宮城・福島 震度6強 新幹線脱線 福島ー白石蔵王 東奥日報 2022/03/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 94 >  記事番号[466]〜[470] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_83]
震度4の羽田空港 滑走路を封鎖 被害がないか点検中 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時02分震度4を観測した羽田空港を所管する東京空港事務所は、滑走路を封鎖して被害がないか点検しているということです。これまでのところ被害は確認されていませんが、空港事務所が詳しい状況を調べています。(後略)

 
[2022_03_17_82]
茨城 東海第二原発 地震による影響確認中 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時03分茨城県東海村にある東海第二原子力発電所は、現在、運転を停止していて、日本原子力発電は地震による影響がないか確認を進めています。(後略)

 
[2022_03_17_81]
東海道新幹線 一部運転見合わせ NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時06分JR東海道新幹線は、東京駅と掛川駅の間で送電が停止したため、午後11時40分ごろから上り線の新横浜駅と東京駅の間、下り線の熱海駅と三島駅の間で運転を見合わせています。(後略)

 
[2022_03_17_80]
高速道路 東北道 常磐道 磐越道 一部通行止め(16日2350現在 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時08分日本道路交通情報センターによりますと地震の影響で東北地方を中心に午後11時50現在、安全点検のため通行止めとなっている区間があります。通行止めとなっているのは▼東北自動車道の白河インターチェンジと花巻南インターチェンジの間(後略)

 
[2022_03_17_79]
関東全域 およそ209万8340軒が停電(午前0時現在) 日テレ 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0:08東京電力によりますと、午前0時現在、関東全域でおよそ209万8340軒が停電しています。<各県の停電軒数>茨城県22万4430軒(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 95 >  記事番号[471]〜[475] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_78]
JR東日本の各新幹線 運転見合わせ(16日2354) NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時12分JR東日本のホームページによりますと、16日午後11時54分現在、▼東北新幹線、▼山形新幹線、▼秋田新幹線、(後略)

 
[2022_03_17_77]
震度4の成田空港 滑走路点検し異常なし NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時15分成田空港会社によりますと、気象庁の震度計で震度4を観測した成田空港では、滑走路を点検した結果、異常はなかったということです。(後略)

 
[2022_03_17_76]
東京メトロ日比谷線 一時緊急停止するも運転再開 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時16分東京メトロ日比谷線の走行中の車内では、午後11時半ごろ、ガタッとした揺れを感じたあと、停止しました。車内では「地震を感知した影響で、電車が緊急停止しました。現在、安全確認のため、運転を見合わせています(後略)

 
[2022_03_17_75]
仙台市営地下鉄 全線で運転見合せ NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時23分仙台市交通局によりますと、仙台市営地下鉄は東西線・南北線のいずれも地震の影響で全線で運転を見合わせています。運転再開の見込みはたっていないということです。(後略)

 
[2022_03_17_74]
震度6弱の宮城県石巻市に避難指示 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時29分震度6弱を観測した宮城県石巻市は16日午後11時39分、沿岸部に避難指示を出しました。この地域に日中いる人の数、昼間人口はおよそ3800人ということです。市は市内7カ所に避難所を開設することにしています。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 96 >  記事番号[476]〜[480] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_73]
【動画】宮城 JR名取駅 展示物飾るケースのガラス割れる NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時46分震度6弱を観測した宮城県名取市にあるJR名取駅で午前0時すぎに撮影された動画では駅の通路や展示物を飾るケースのガラスがほとんど割れ、床にガラスの破片が散らばっているのが確認されました。この動画を撮影した(後略)

 
[2022_03_17_72]
甲府市で停電 マンションが断水 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時50分甲府市上下水道局によりますと、停電の影響で電気で水をくみ上げている受水槽がついている、甲府市住吉3丁目のマンションで受水槽が止まり断水しているということです。(後略)

 
[2022_03_17_71]
秋田県横手市で女性が転倒しけが 命に別状なし NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時53分秋田県内の各消防本部によりますと、17日午前0時半現在、横手市の50代の女性が自宅の中で転倒して後頭部をぶつけるけがをしたということです。救急車で病院に搬送され、手当てを受けていますが、意識はあり、命に別(後略)

 
[2022_03_17_70]
松野官房長官「宮城、福島中心に通報多数」 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時55分松野官房長官は、午前0時半ごろから臨時の記者会見を行い「震度6強を観測した宮城県と福島県を中心に110番と119番通報が多数寄せられており、現在、被害情報の収集と把握に全力であたっている」と述べました。また(後略)

 
[2022_03_17_69]
震源・震度=気象庁発表(17日0時56分) 岩手日報 2022/03/17 TOP
2022年3月17日0時56分17日午前0時52分ごろ地震がありました。気象庁によると、震源地は福島県沖北緯37.8度、東経141.8度で、震源の深さは約50キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.6と推定される。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 97 >  記事番号[481]〜[485] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_68]
【津波観測】 宮城 石巻港で20cm NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 0時58分気象庁によりますと、宮城県の石巻港では17日午前0時29分に20センチの津波を観測しました。場所によっては観測された高さより、さらに大きな津波が到達している可能性があります。津波注意報が出ている沿岸では、海(後略)

 
[2022_03_17_67]
東京 六本木ヒルズ エレベーター停止 一時閉じ込めもけがなし NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時00分東京消防庁によりますと地震の直後、東京・港区の六本木ヒルズでエレベーターが停止し、中に1人が閉じ込められたという通報がありましたが、かけつけた救急隊員がまもなく救助しけがはないということです。東京都(後略)

 
[2022_03_17_66]
震度6強 宮城県の自治体は NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時00分震度6強の揺れを観測した宮城県内では、停電や断水などの被害の情報が入っています。震度6強 蔵王町 停電や断水も(17日 0:20現在)(後略)

 
[2022_03_17_65]
令和4年3月16日23時36分頃の福島県沖の地震について 気象庁 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時報道発表日令和4年3月17日本文地震の概要(後略)

 
[2022_03_17_64]
津波注意報発表 宮城県(予想高さ1m)福島県(予想高さ1m) NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時02分さきほど東北地方で震度6強の揺れを観測する地震があり、気象庁は、津波注意報を宮城県と福島県の沿岸に発表しました。▽予想される津波の高さは1メートルです。宮城県と福島県では、すでに津波が到達しているとみられます。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 98 >  記事番号[486]〜[490] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_63]
【動画】福島 JR福島駅東口にあるホテル壁の一部が崩れる NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時03分震度6弱を観測した福島市のJR福島駅の東口にあるビジネスホテルでは、地震のあと壁の一部が崩れていました。現場では、ホテルや近くの建物から道路に出てきた人たちが不安そうに周囲の建物を見上げていました。停電(後略)

 
[2022_03_17_62]
福島 広野火力発電所 5・6号機稼働停止 大規模停電要因の1つか NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時17分東京電力管内に電気を送る火力発電事業者JERAによりますと、地震の影響で福島県広野町にある広野火力発電所の5号機と6号機が稼働を停止しているということです。出力はいずれも60万キロワットです。JERAにより(後略)

 
[2022_03_17_61]
【動画】宮城 仙台市青葉区のビル8階にある事務所で大きな揺れ NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時18分午後11時半ごろ、仙台市青葉区のビルの8階にある事務所で撮影された映像です。大きな揺れが30秒ほど続いて机やいすが大きく動き、揺れの影響で棚の扉が開いたり、閉じたりしていました。机の上に置いてあった資料は(後略)

 
[2022_03_17_60]
大規模停電「周波数低下リレー」が作動か 日テレ 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1:21東京電力では、大規模停電の原因は供給力が大きく減ったために需要を緊急で遮断する仕組み「周波数低下リレー」が作動したものとみて調べています。電気を供給する際には、周波数を一定に保つことが重要ですが、需要と(後略)

 
[2022_03_17_59]
宮城県・福島県で震度4 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時24分17日午前0時52分ごろ地震がありました。震源地は福島県沖で震源の深さは50キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.6と推定されます。各市町村の震度は以下のとおりです。震度4が、(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 99 >  記事番号[491]〜[495] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_58]
最大震度6強 福島県各地の地震発生時の様子などは NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時37分震度6強を観測した福島市など福島県の各自治体に入っている被害などの情報や、地震発生時の様子です。震度6強 国見町職員「ブロック塀が倒れているのを目撃」(後略)

 
[2022_03_17_57]
【動画】東京 江東区「ゆりかもめ」車内 つり革真横に振れる NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時38分地震発生時に東京 江東区にある「ゆりかもめ」の東京国際クルーズターミナル駅に止まっていた車内で撮影された映像です。車体全体が大きく横に揺れ、つり革も真横に振れている様子が確認できます。撮影した男性は「(後略)

 
[2022_03_17_56]
震度4の神奈川県 3人けが(午前1時10分) NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時40分神奈川県内で、震度4の揺れを観測した横浜市や川崎市、それに相模原市など11の市や町を管轄する各消防に取材したところ、午前1時10分の時点で、合わせて3人がけがをしているということです。このうち川崎市では40(後略)

 
[2022_03_17_55]
山形 米沢の工場 エアコン室外機落ち 男性1人搬送 意識あり NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時47分消防によりますと、震度5弱を観測した山形県米沢市にある工場で、エアコンの室外機が背中に落ちた50代の男性が病院に搬送されたということです。消防によりますと、男性は意識はあるということです。(後略)

 
[2022_03_17_54]
宇都宮 アパートの部屋で家具倒れ 女性一時閉じ込め けがなし NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時50分宇都宮市消防局によりますと、17日午前0時15分ごろ、宇都宮市下岡本町で、アパートの1階の部屋に住む女性から「地震で家具が倒れてアパートから出られない」との119番通報がありました。消防がアパートに向かって女(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 100 >  記事番号[496]〜[500] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_53]
東北電力 火力発電所の発電機3機が運転停止 停電の原因の1つか NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 1時57分東北電力によりますと、地震のあと、火力発電所の発電機3機が運転を停止したということです。具体的には、▼福島県南相馬市にある原町火力発電所の1号機と、▼仙台市宮城野区にある新仙台火力発電所3号系列の1号機と2号機で、(後略)

 
[2022_03_17_52]
秋田新幹線など3本の列車が停車 乗客全員タクシーに乗り換え NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 2時08分JR東日本秋田支社によりますと、17日午前1時20分現在、秋田新幹線と奥羽本線で合わせて3本の列車が途中駅などで停車したままになっていますが、乗客はすべてタクシーに乗り換えたということです。このうち秋田新幹(後略)

 
[2022_03_17_51]
宮城県内震度6強 女川原発1号機の使用済燃料プールのポンプが一時停止したが復旧 仙台放送 2022/03/17 TOP
3/17(木) 2:11東北電力によりますと、女川原発の状況について、廃止が決定している1号機では地震後に使用済燃料プールの冷却用の水を循環させるポンプが停止しましたが、地震からおよそ45分後に復旧し、冷却に影響はないということです。(後略)

 
[2022_03_17_50]
東北新幹線が脱線 乗客の救出方法を検討 日テレ 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 2:21JR東日本によりますと、東京駅を16日午後9時44分に出発した下りの東北新幹線「やまびこ223号」が福島と白石蔵王の間で脱線しました。車内には乗務員のほか乗客96人が取り残されていますが、ケガ人の情報はないというこ(後略)

 
[2022_03_17_49]
福島第一原発2号機 使用済み核燃料プール タンク水位一時低下 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 2時36分東京電力によりますと、17日午前0時すぎ、福島第一原子力発電所2号機で使用済み核燃料プールにつながるタンクの水位が一時、低下したということです。このため、タンクの水位が下がらないよう弁を閉める措置をとり(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 101 >  記事番号[501]〜[505] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_48]
気象庁会見「海岸に近づかず土砂災害や雪崩に警戒を」 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 2時47分宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測した地震について、気象庁の中村雅基地震火山技術・調査課長は、午前1時半すぎから記者会見を開きました。この中で「海の中や海岸付近は危険なため海岸から離れるとともに、津(後略)

 
[2022_03_17_47]
【動画】震度6弱の福島市 立っているのが難しいほど強い縦揺れ NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 2時49分震度6弱の揺れを観測した福島市の飲食店街にあるビルの2階にある店では、10秒ほど体が横に揺さぶられる揺れがあったあと、さらに踏ん張って立っているのが難しいほどの強い縦揺れが20秒ほど続きました。地震の揺れ(後略)

 
[2022_03_17_46]
宮城・福島で発生した地震の影響による停電について【3月17日3時時点】 東京電力 2022/03/17 TOP
2022/3/17 03:002022年3月17日東京電力ホールディングス株式会社3月16日23時34分に宮城・福島で発生した地震の影響等に伴う発電設備の停止により、電力システム全体を保(後略)

 
[2022_03_17_45]
震度6強 福島 相馬市で1人死亡 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 3時08分震度6強の揺れを観測した福島県相馬市によりますと、今回の地震で市内に住む男性1人の死亡が確認されたということです。(後略)

 
[2022_03_17_44]
福島・相馬市粟津の60代男性が死亡 地震避難で自宅2階窓から転落か 福島民友 2022/03/17 TOP
2022年03月17日 03時15分相馬市によると、同市粟津の60代男性の死亡が確認された。男性は避難する際、自宅2階の窓から転落したとみられる。このほか同市では17日午前3時現在、重傷者2人、軽傷者12人が確認されている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 102 >  記事番号[506]〜[510] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_43]
【津波観測】 宮城と福島の各地で数cm〜30cm(午前3時30分) NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 4時08分気象庁によりますと、今回の地震で宮城県と福島県の各地で津波を観測しています。▽宮城県の石巻港では午前2時14分に30センチの津波を観測しました。▽仙台港では午前1時46分に20センチ、▽宮城県の石巻市鮎川では(後略)

 
[2022_03_17_42]
令和4年3月 16 日 23 時 36 分頃の福島県沖の地震の震源要素更新について 気象庁 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 4時30分お 知 ら せ令和4年3月 17 日 04 時 30 分地 震 火 山 部(後略)

 
[2022_03_17_41]
東北道 下り線 白石IC〜国見SA間で約100mにわたりひび割れ NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 4時34分宮城県高速道路警察隊などによりますと、東北自動車道は、宮城県の白石インターチェンジと福島県の国見サービスエリアの間の下り線で、およそ100メートルにわたって地面がひび割れているということです。ひび割れ(後略)

 
[2022_03_17_40]
震度6強の地震 震源の深さとマグニチュードを更新 M7.4に NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 4時50分気象庁は、16日午後11時36分に発生した、宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測した地震について、▽震源の深さを60キロから57キロに、▽地震の規模を示すマグニチュードを7.3から7.4に、それぞれ更新しました。(後略)

 
[2022_03_17_39]
震度6強 宮城・福島の「津波注意報」解除 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 5時01分16日午後11時半ごろ、宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測する地震があり、宮城県と福島県の沿岸に津波注意報が発表されましたが、午前5時にすべて解除されました。気象庁は揺れの強かった地域では今後1週間程度(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 103 >  記事番号[511]〜[515] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_38]
【地震速報】使用済み燃料プールの冷却が停止 福島第一原発2、5号機 福島民報 2022/03/17 TOP
2022/03/17 05:02東京電力は17日午前0時ごろ、地震の影響で福島第一原発2号機の使用済み核燃料プールにつながるタンクの水位が一時低下したと発表した。このため、弁を閉めてタンクの水位低下を止めたが、プールの冷却ができない状況にな(後略)

 
[2022_03_17_37]
地震 東北新幹線 脱線は17両のうち計16両 乗客・乗員けがなし NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 5時14分6日夜、福島駅と白石蔵王駅の間で脱線した東北新幹線下りの「やまびこ223号」について、JR東日本は、17両編成のうち、13号車の1両を除く合わせて16両が脱線したことを明らかにしました。また、乗客は75人、乗務(後略)

 
[2022_03_17_36]
宮城と福島で震度6強 各地の原発の状況(午前4時) NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 5時34分原子力規制庁は、震度6弱の揺れを観測した福島県大熊町と双葉町にある東京電力福島第一原子力発電所と、福島県楢葉町と富岡町にある福島第二原発について、午前4時現在の状況を発表しました。それによりますと、福(後略)

 
[2022_03_17_35]
70代男性が自宅で倒れ死亡 震度6強の宮城 登米市 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 5時50分震度6強を観測した宮城県登米市の消防本部によりますと、市内の自宅にいた70代の男性が地震のあと意識をなくして倒れ、病院に運ばれましたが死亡したということです。消防によりますと、通報した家族の話では「地震(後略)

 
[2022_03_17_34]
東北新幹線が脱線 運転再開の見通し立たず 乗客らけがなし NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 6時22分16日夜の地震で、走行中の東北新幹線が宮城県内で脱線しました。17両編成のうちあわせて16両が脱線し、乗客と乗務員にけがはありませんでしたが、点検や復旧作業などに時間がかかることから運転再開の見通しは立っ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 104 >  記事番号[516]〜[520] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_33]
【ヘリ映像】脱線した東北新幹線「やまびこ223号」上空からの様子 日テレ 2022/03/17 TOP
3/17(木) 6:48最大震度6強の地震の影響で、東北新幹線のやまびこ223号が白石蔵王駅の約2キロ手前で脱線しました。JR東日本によりますと、17両中16両が脱線しましたが、乗客・乗員78人にケガはないということです。午前6時頃、宮城県白石(後略)

 
[2022_03_17_32]
【動画】東北新幹線脱線 車両の連結部分ずれや橋脚一部にひび NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 6時54分16日、福島駅と白石蔵王駅の間で脱線した東北新幹線下りの「やまびこ223号」について、NHKのヘリコプターが午前6時すぎに上空から撮影した映像では、線路上にとまっている新幹線のうち1両が大きく傾いていることや(後略)

 
[2022_03_17_31]
【動画】宮城 仙台城跡 石垣の一角が崩れ道路塞ぐ 通行できず NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 7時28分仙台市青葉区にある仙台城跡をNHKのヘリコプターで撮影した映像では、石垣の一角が崩れて道路に土砂や大きな石が流れ込み、道路を塞いでいるのが確認できました。道路は通行できなくなっていて、崩落した石垣の周辺(後略)

 
[2022_03_17_30]
【動画】宮城 白石市の東北自動車道 路面に大きな亀裂が入る NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 7時48分NHKのヘリコプターが午前7時すぎに宮城県白石市の東北自動車道を撮影した映像では、路面に大きな亀裂が入っている様子が確認できます。上下線ともに数十メートルにわたって何本も亀裂が入り、路肩の白線がずれてし(後略)

 
[2022_03_17_29]
2022年03月16日 福島県沖の地震による強震動 防災科学 2022/03/17 TOP
2022/03/17 07:53 2022年03月16日23時36分頃に福島県沖を震源(深さ60km、マグニチュード7.3、気象庁による暫定値)とする地震が発生し、宮城県の登米市、蔵王町、福島県の国見町、相馬市、南相馬市で震度6強を観測しました(気象庁発(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 105 >  記事番号[521]〜[525] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_28]
【動画】福島 国見町 建物の屋根の部分が倒れ 瓦が散乱 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 8時20分午前8時ごろに福島県国見町で撮影した映像には、大きく壊れた建物が確認できます。建物は屋根の部分が倒れ、はがれた瓦が隣の空き地に散乱していて、屋根がなくなった建物の中には壊れた家具などが見えます。倒れた(後略)

 
[2022_03_17_27]
地震 仙台城跡「伊達政宗騎馬像」傾く 馬の足が破断する被害 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 9時56分仙台市青葉区によりますと仙台市の観光名所・仙台城跡にある「伊達政宗騎馬像」が今回の地震で右方向に傾き、馬の足が破断する被害が出たということです。管理する区では、被害の拡大を防ぐため応急措置の方法を検(後略)

 
[2022_03_17_26]
福島県沖で発生した地震による東北新幹線の被災状況について JR東日本 2022/03/17 TOP
2022年3月17日10時2 0 2 2 年 3 月 1 7 日東 日 本 旅客 鉄 道株 式 会社(後略)

 
[2022_03_17_25]
2022年3月16日に発生した福島県沖の地震について 後藤浩之 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 11時(注意) 下記内容は速報です.内容が修正・更新されることがあります.リロードしてからご覧下さい.Notice: Following report will be updated. Please reload the Website prior to read it again.(後略)

 
[2022_03_17_24]
地震で“ひび割れ"東北道、常磐道で通行止め続く khb 2022/03/17 TOP
3/17 (木) 12:00新幹線が脱線した現場の近くにある東北自動車道では、道路にひびが入り通行止めが続いています。上空から報告です。(岩崎心平アナウンサー報告) 宮城県白石市にある東北自動車道の上空です。2時間ほど前から、道路の亀(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 106 >  記事番号[526]〜[530] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_23]
福島県沖M7.4地震 昨年2月と同じメカニズム 広大な「余震域」 東京新聞 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 12時24分東日本大震災から11年が経過しても、余震域では活発な地震活動が続く。16日深夜に発生し宮城県と福島県で最大震度6強を観測した今回の地震も、余震域内で起きた。今回の震源は、福島県北部の沿岸から東へ約60キ(後略)

 
[2022_03_17_22]
地震 福島 相馬 屋根の瓦落下 ブロック塀倒れる被害 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 14時08分震度6強を観測した、福島県相馬市では住宅の屋根の瓦が落ちたり、ブロック塀が倒れたりする被害が出ていて、住民が片づけに追われています。相馬市中野堂ノ前にある伊東隆雄さん(88)の木造2階建ての自宅は、今(後略)

 
[2022_03_17_21]
福島第一原発と第二原発 新たな異常ないか確認中 東京電力 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 15時50分東京電力によりますと、福島第一原発では、引き続きパトロールが行われていますが、11年前の事故で溶け落ちた燃料デブリがある1号機の格納容器では、圧力が今回の地震の前より低い状態になり、原因などを調べてい(後略)

 
[2022_03_17_20]
地震 コンサートホールの天井 一部崩れるなど被害 宮城 白石 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 16時17分震度5強を観測した宮城県白石市では、コンサートホールの天井が一部崩れるなどの被害が出ています。白石市の「文化体育活動センター・ホワイトキューブ」は体育施設やコンサートホールなどが併設されていて、新型(後略)

 
[2022_03_17_19]
地震 彼岸前に多くの墓石倒れる被害 福島 南相馬 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 16時40分震度6強の揺れを観測した福島県南相馬市の寺では、春の彼岸を前に多くの墓石が倒れる被害が出ました。南相馬市の宝蔵寺にある墓では、およそ20基の墓石が倒れました。中には東日本大震災で亡くなった人の墓石もあ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 107 >  記事番号[531]〜[535] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_18]
地震 宮城・福島の東北自動車道 通行可能に NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 16時49分宮城県警察本部によりますと、地震のため通行止めとなっていた東北自動車道の白石インターチェンジと福島県の国見インターチェンジの間の下り線は、午後3時半に通行止めが解除されました。これで宮城県、福島県内(後略)

 
[2022_03_17_17]
地震でエレベーター閉じ込め 1都6県で41件 khb 2022/03/17 TOP
3/17 (木) 17:1016日夜の地震でエレベータに人が閉じ込められた事案が1都6県で41件となっています。国土交通省が日本エレベーター協会を通じて情報収集した結果、16日夜の福島県沖で発生した地震でエレベーターが停止し、中に乗っていた(後略)

 
[2022_03_17_16]
地震 停電復旧直後に住宅全焼 “通電火災"可能性も 千葉 市川 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 17時18分17日未明、千葉県市川市で地震の影響による停電からの復旧直後に住宅1棟が全焼する火事がありました。住人は「電気が復旧したあとに火が燃え広がった」などと話しているということで、警察と消防は「通電火災」の(後略)

 
[2022_03_17_15]
地震 大規模停電 “発電所の停止で需給バランス崩れたか" NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 17時22分宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測した今回の地震では、東北をはじめ、関東でも大規模な停電が起きました。電力システムに詳しい専門家は「震源に近い発電所が地震によって運転を停止し、電力の需要と供給のバ(後略)

 
[2022_03_17_14]
地震【分析】一部で建物被害出やすい1秒以上の周期の揺れ NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 17時39分16日夜遅く、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震があり、宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測しました。今回観測された地震波を専門家が詳しく分析したところ、揺れが強かった地域では家具やブロック(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 108 >  記事番号[536]〜[540] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_13]
福島第一原発 1号機の格納容器圧力低下 放射線量に変化なし NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 18時07分福島第一原子力発電所では、11年前の事故で溶け落ちた燃料デブリがある1号機の格納容器の内部の圧力が今回の地震の前より低い状態になり、東京電力が原因などを調べています。建屋の外の放射性物質を測るダストモ(後略)

 
[2022_03_17_12]
地震で火力発電所12基が一時停止、電力融通も実施 日経新聞 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 18:11更新経済産業省は17日、16日夜に宮城県や福島県で震度6強を観測した地震の影響で、東北電力の原町火力発電所1号機(福島県南相馬市)など計12の火力発電所が一時停止したと発表した。出力は計約625万キロワットで、(後略)

 
[2022_03_17_11]
地震 去年2月の福島沖地震の余震か 活発な活動続き警戒必要 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 18時47分宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測した16日夜の地震について、地震活動に詳しい専門家は、去年2月に福島県沖で起きた地震の一連の活動とみられると分析しています。そのうえで、今回の震源の北側などで活発な(後略)

 
[2022_03_17_10]
地震 宮城 福島で震度6強 3人死亡 225人けが(19:00) NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 18時50分NHKが自治体への取材をもとにまとめたところ、この地震でこれまでに宮城県で2人、福島県で1人の合わせて3人が死亡しました。また、少なくとも合わせて225人がけがをしているということです。このうち震度6強の揺(後略)

 
[2022_03_17_09]
福島第1原発1号機、燃料デブリの調査を中断 震度6強 毎日新聞 2022/03/17 TOP
3/17 20:4416日夜に宮城、福島両県で震度6強を観測した地震で、原子力規制委員会の事務局を担う原子力規制庁は同日、警戒事態の態勢に入った。東北にある3原発では、廃炉作業中の原子炉建屋内の使用済み核燃料プールで一時、冷却機能が(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 109 >  記事番号[541]〜[545] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_08]
地震 宮城県と福島県で震度6強 今後1週間程度 警戒を NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 20時57分16日夜遅く、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震があり、宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測しました。その後も地震活動は続いていて、気象庁は揺れの強かった地域では今後1週間程度は最大震度6強程(後略)

 
[2022_03_17_07]
地震 東北新幹線脱線 3月中の運転再開厳しい見通し【詳しく】 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 21時13分16日夜の地震で宮城県内を走行中の東北新幹線が脱線した事故で、17日、新たにレールのゆがみが見つかったほか、架線を支える柱が折れるなど広い範囲で設備の被害が確認されました。JR東日本は復旧作業に時間がかか(後略)

 
[2022_03_17_06]
古村孝志・東大地震研教授「東日本とメカニズム異なる」 震度6強 毎日新聞 2022/03/17 TOP
3/17 21:2316日午後11時36分ごろ、宮城、福島両県で震度6強を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は福島県沖で、震源の深さは約57キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7・4と推定される。古村孝志・東京大地震研究所教授(地震学)の話(後略)

 
[2022_03_17_05]
【解説】宮城・福島で震度6強 “2分前"にも震度5弱 専門家に聞く 日テレ 2022/03/17 TOP
3/17(木) 21:4416日午後11時半ごろ、福島県沖を震源とした地震があり福島県と宮城県で震度6強を観測しました。大きな地震がわずか2分の間隔で発生したといいます。今後、地震は続くのでしょうか。地震のメカニズムに詳しい慶応義塾大学(後略)

 
[2022_03_17_04]
「人工地震ではありません」 専門家が解説 NHK 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 21時55分福島県沖を震源に発生したマグニチュード7.4の地震についてSNS上では「人工地震だ」という投稿があり、ツイッターでも一時トレンド入りしました。こうした「人工地震」に関する投稿について、専門家に詳しく聞いてみました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 110 >  記事番号[546]〜[550] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_17_03]
脱線、恐怖の70秒「車体も体も宙に浮いた」 新幹線客振り返る 河北新報 2022/03/17 TOP
2022年3月17日 22:12 更新16日深夜の地震で脱線した東北新幹線やまびこ223号には、78人の乗員乗客がいた。突然の激しい振動に驚き、必死に座席にしがみつく乗客たち。恐怖の70秒間を振り返り「地震を甘く見ていた」「死を覚悟した」と口(後略)

 
[2022_03_17_02]
立て続けに大きな揺れ なぜ?“長周期地震動"注意点は?専門家解説 khb 2022/03/17 TOP
3/17 (木) 23:3016日午後11時36分ごろに発生した福島県沖を震源とした地震。最大震度6強でしたが、広範囲で揺れを観測しました。そして、この2分前にも、ほぼ同じところで最大震度5弱の地震が起きています。元気象庁長官で東北大学大学院(後略)

 
[2022_03_17_01]
福島第1原発でプール冷却停止 敷地内タンクずれも 共同通信 2022/03/17 TOP
2022/3/17 3/17 08:19 updated宮城県と福島県で震度6強を観測した地震で、東京電力は17日、福島第1原発2号機の使用済み核燃料プールの冷却を停止した。プールには燃料が615体入っているが、東電は「冷却が止まっても、水温が運転管理上(後略)

 
[2022_03_16_07]
“ロシア軍 ザポリージャ原発で不発弾を爆破" IAEAが声明発表 NHK 2022/03/16 TOP
IAEA=国際原子力機関のグロッシ事務局長は15日、声明を発表し、ウクライナ南東部のザポリージャ原子力発電所の敷地内で、ロシア軍が原発の職員に知らせないまま攻撃の際に残した不発弾を爆破させていたことが確認されたと明らかにしまし(後略)

 
[2022_03_16_06]
チェルノブイリ原発の外部電源が復旧 しかし直後にまた遮断 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表) たんぽぽ 2022/03/16 TOP
【IAEA第20報】(2022/3/13)と【IAEA第21報】(2022/3/14)については、大きな状況の変化がないため、まとめて抄訳として紹介します。「1」【IAEA第20報】(2022/3/13)(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 111 >  記事番号[551]〜[555] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_16_05]
原発への武力攻撃「対策の議論は事実上無理」規制委更田委員長 NHK 2022/03/16 TOP
日本国内の原子力発電所が武力攻撃を受けた場合の備えについて、原子力規制委員会の更田豊志委員長は「直接的な武力攻撃については、軍事情報にアクセスする立場になく、対策についての議論は事実上無理だ」とする見解を示しました。更田(後略)

 
[2022_03_16_04]
準備開始 福島第一原発6号機・使用済み燃料取り出し作業に向けて <東京電力> FTV 2022/03/16 TOP
福島第一原発6号機では、使用済み燃料1456体と未使用の新しい燃料198体を保管している。このうち使用済み燃料について、東京電力は2022年の秋ごろから共用プールに運び出す計画。ただ、共用プールはほぼ満杯になっているため、あまり発熱(後略)

 
[2022_03_16_03]
規制委員長「安全に妥協は許されない」…原発早期再稼働求める自民議連決議に対し 読売新聞 2022/03/16 TOP
自民党の電力安定供給推進議員連盟が原子力発電所の速やかな再稼働を求める緊急決議を松野官房長官に提出したことに関連し、原子力規制委員会の 更田豊志 委員長は16日の定例会見で「安全に妥協は許されない」と述べ、特別な措置は取らな(後略)

 
[2022_03_16_02]
宮城県と福島県で震度5弱 NHK 2022/03/16 TOP
2022年3月16日 23時37分16日午後11時34分ごろ地震がありました。震度4以上が観測されている地域は以下のとおりです。▼震度5弱が、宮城県中部、福島県浜通り。▼震度4が、宮城県北部、宮城県南部、福島県中通り。(後略)

 
[2022_03_16_01]
宮城 東北電力女川原発は確認中 NHK 2022/03/16 TOP
2022年3月16日 23時57分宮城県石巻市と女川町にある女川原子力発電所は運転を停止していて、東北電力は異常がないか確認しています。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 112 >  記事番号[556]〜[560] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_15_07]
福島事故から11年 反原発の青森集会/鎌田慧さん講演 東奥日報 2022/03/15 TOP
東京電力福島第1原発事故から11年となったのに合わせ「さようなら原発・核燃『3.11』青森集会」が13日、オンラインで開かれた。六ケ所村のむつ小川原開発を長年にわたり取材してきた弘前市出身のルポルタージュ作家・鎌田慧さん(83)(後略)

 
[2022_03_15_06]
ザポロジエ原発で「弾薬爆発」 ロシアの仕業とウクライナ 時事通信 2022/03/15 TOP
ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムは14日、ロシア軍が制圧した南東部ザポロジエ原発の敷地内で「ロシアが弾薬を爆発させた」と発表した。エネルゴアトムは「(ロシア軍は)欧州最大級の施設でさらなる爆発を計画している」と強調。(後略)

 
[2022_03_15_05]
文献調査の応募に「ノー」 最終処分場、町議提案に町回答/野辺地 デリ東北 2022/03/15 TOP
高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分場選定を巡り、野辺地町議会の岡山義廣議員(71)が14日、町議会定例会の一般質問で、地域振興や将来の継続的な財源のため、町も文献調査に応募すべきだとーと提案した。町側は、青森県内を最(後略)

 
[2022_03_15_04]
チェルノブイリ原発、ロシア軍が再び送電線損傷…前日に送電再開したばかり 読売新聞 2022/03/15 TOP
【ベルリン=中西賢司】ウクライナの国営電力会社ウクルエネルゴは14日、首都キエフ北方にあるチェルノブイリ原子力発電所の送電線をロシア軍が再び損傷させたと発表した。13日に修理して送電を再開し、電力供給の完全復旧を待っていたと(後略)

 
[2022_03_15_03]
「全然違う 180度違う」 双葉町で準備宿泊を始めた男性の思い(福島) 福島放送 2022/03/15 TOP
【準備宿泊を始めた細沢靖さん】「1月20日から戻れるよっておれ、最初に申し込んだんだよ」「ここから避難した時から、帰りたいなっていつかは帰りたいと思っているのよ。」「思っているんだけど、帰って来た途端がっかりした。」(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 113 >  記事番号[561]〜[565] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_15_02]
チェルノブイリ原発の外部電源復旧確認できず 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/15 TOP
☆3月10日の【IAEA第17報】と3月11日の【第18報】を合わせて 紹介します。◎ザポリージャ原発は現在のところ二基が運転中で、電力も供給されていると見られます。しかしながらチェルノブイリ原発では、電力復旧はベラルーシの外部電源が(後略)

 
[2022_03_15_01]
チェルノブイリ原発の現状…電源復旧 非常用ディーゼル発電機の燃料が輸送された山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/15 TOP
3月12日の【IAEA第19報】を紹介します。日本時間12日土曜日の時点のIAEA声明から一部を紹介します。この段階では、チェルノブイリ原発に電力が戻り、それをIAEAが確認しています。ロシア側は現地に技術者を送ったとしていますが、接収し(後略)

 
[2022_03_14_07]
安全保障の第一歩は原発と核燃料の撤去 上岡直見 たんぽぽ 2022/03/14 TOP
◎ロシアによるウクライナ国内の核施設への武力攻撃が強く非難されることは当然であるが、ロシアとしてはウクライナが核物質を軍事目的で使用することを防ぐため事前に制圧したと説明している。その真偽は現時点で不明だが、実は核施設へ(後略)

 
[2022_03_14_06]
修理翌日、ロシア軍の仕業 チェルノブイリ送電線、再び損傷 愛媛新聞 2022/03/14 TOP
ウクライナの電力会社ウクルエネルゴは14日、北部チェルノブイリ原発の送電線をロシア軍が再び損傷させたと発表した。ロイター通信によると、外部からの電力供給は途絶し、ディーゼル発電機が稼働している。ウクライナ側は13日、電力供(後略)

 
[2022_03_14_05]
原発の警察警備、全国展開を検討 首相、ロシア軍の施設攻撃で 東京新聞 2022/03/14 TOP
岸田首相は14日の参院予算委員会で、ロシア軍によるウクライナの原子力施設に対する攻撃を受け、原発のある自治体で警察の警備専門部隊を配置できないか議論すると述べた。福井県警が既に設置している部隊に触れ「横展開できないかどうか(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 114 >  記事番号[566]〜[570] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_14_04]
福島第1原発で作業員ら22人がコロナ感染 デブリ取り出しに従事 毎日新聞 2022/03/14 TOP
東京電力は14日、福島第1原発2号機で溶融核燃料(燃料デブリ)の取り出しに向けた準備作業に従事する作業員ら少なくとも計22人が、新型コロナウイルスに集団感染したと発表した。原発構内へバスや車で移動する際、乗車人数を減らすルール(後略)

 
[2022_03_14_03]
燃料デブリとみられる堆積物が見つかった 福島第一原発1号機 FTV 2022/03/14 TOP
溶け落ちた核燃料と構造物が混ざった『燃料デブリ』の取り出しに向けて、東京電力・福島第一原発の1号機では原子炉格納容器の内部調査が進められている。2022年2月には、1号機で初めて燃料デブリの可能性がある堆積物が確認されていて、(後略)

 
[2022_03_14_02]
ザポロジエ原発で「ロシア軍が弾薬を爆発させた」 通信社報道 毎日新聞 2022/03/14 TOP
ロシア軍が制圧しているウクライナ南東部のザポロジエ原発で14日、「ロシア軍が弾薬を爆発させた」とインタファクス・ウクライナ通信が報じた。同通信によると、ウクライナ国営の原子力企業エネルゴアトムが「ザポロジエ原発敷地内の訓練(後略)

 
[2022_03_14_01]
ウクライナ西部基地攻撃 ロシア軍、NATO支援けん制 時事通信 2022/03/14 TOP
【ジェシュフ(ポーランド南東部)=蜘手美鶴】ウクライナに侵攻中のロシア軍は十三日、西部ヤボリウの軍事基地「国際平和維持・安全保障センター」を攻撃し、ウクライナメディアによると、ミサイル三十発以上が撃ち込まれ、三十五人が死(後略)

 
[2022_03_13_02]
チェルノブイリ原発の電力復旧=ウクライナ当局 ロイター 2022/03/13 TOP
[13日ロイター] - ウクライナ当局は13日、北部のチェルノブイリ原子力発電所の電力が復旧したと発表した。冷却システムが正常に作動し、バックアップ電源を使用する必要がないことを意味する。当局は当初、戦闘で損傷した高圧送電線が(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 115 >  記事番号[571]〜[575] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_13_01]
川内原発の運転延長に反対訴え 市民団体が集会 KKB 2022/03/13 TOP
福島第一原発の事故から11年です。反原発を訴える市民団体が13日、鹿児島市で抗議集会を開き、川内原発の運転延長に反対を訴えました。集会にはおよそ400人が参加し、東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげた後、稼働から40年の運転期(後略)

 
[2022_03_12_05]
チェルノブイリ原発、電力復旧へ修理作業開始 IAEA 時事通信 2022/03/12 TOP
国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は11日、声明を出し、ロシア軍に制圧されたウクライナ北部のチェルノブイリ原発で、外部からの電力供給復旧に向け、損傷した送電線の修理作業が10日夜に始まったと明らかにした。ウクライナ側か(後略)

 
[2022_03_12_04]
東北・ウクライナの苦悩 故郷を離れる境遇重ねる 沖縄県内の震災避難者 沖縄タイ 2022/03/12 TOP
東日本大震災から11年を迎えた11日、被災地から沖縄に避難した人など約30人が糸満市の寺に集まった。地震が発生した午後2時46分に手を合わせ、犠牲者を追悼。ロシアの侵攻を受けて故郷を追われるウクライナの人々に自らの姿を重ね、思い(後略)

 
[2022_03_12_03]
社説:福島原発の廃炉 難作業克服へ道筋示せ 京都新聞 2022/03/12 TOP
いまだ全容がつかめない事故の深刻さを改めて思い知らされる。東京電力福島第1原発事故から11年たったが、廃炉に向けた作業は険しさが続いている。東電は先月、1号機の原子炉格納容器内の調査で、溶け落ちた核燃料(デブリ)の可能性が(後略)

 
[2022_03_12_02]
原発のデータ送信、停止継続 チェルノブイリ、別原発は復活 新潟日報 2022/03/12 TOP
【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)は11日、ロシア軍が制圧したウクライナ南部のザポロジエ原発から、核物質監視システムのデータ送信が復活したことを声明で明らかにした。チェルノブイリ原発では送信停止が継続。南ウクライナ原発(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 116 >  記事番号[576]〜[580] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_12_01]
電源喪失の恐怖を11年目にチェルノブイリ原発で再現 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/12 TOP
原発とは、何という罪深い存在なのだろうか。11年前の3月11日から12日にかけて、私は福島第一原発で何が起きているのか、情報を取ろうとして様々なソースを探していた。電源喪失は報道されていたが、その後の状況はわからない。国と東電(後略)

 
[2022_03_11_13]
春先は気象津波「あびき」に注意 島村英紀 2022/03/11 TOP
東日本大震災から11年になる。津波の被害はいまだ記憶に残るが、原因は地震だけではない。春先に起きやすい気象津波がある。「あびき」といわれる。大きいものは津波の高さが3メートルにも達して、地震津波なみの被害を及ぼす。あびきの(後略)

 
[2022_03_11_12]
〈社説〉福島事故から11年 脱原発への道を描き直せ 信濃毎日 2022/03/11 TOP
人々の記憶が遠のくのを待っていたかのように、原発復権の声が存在感を増している。大義名分は「脱炭素化」だ。菅義偉前政権が温室効果ガス削減目標を打ち出した後、自民党に原発推進の議員連盟ができた。小さなタイプの新型原子炉の新設(後略)

 
[2022_03_11_11]
東京電力、原賠審指針上回る請求拒否 滞る賠償の支払い 福島民報 2022/03/11 TOP
東京電力福島第一原発事故に伴う損害賠償について、県は2012(平成24)年7月以降、一般会計分として総額約191億5293万円を東電に請求している。今年2月末までに原発事故に伴う損害賠償と認められ、支払いを受けたのは約110億9577(後略)

 
[2022_03_11_10]
「双葉町に戻ってきて」帰還意向の町民は0.4% FNN 2022/03/11 TOP
唯一の全域避難が続き、2022年6月の帰還を目指す福島・双葉町。2022年1月には、帰還に向けて長期宿泊を認める「準備宿泊」が始まった。谷津田陽一さん:やりたいことしながら、双葉の復興を見ていきたいっていう、そういう部分も大きな部(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 117 >  記事番号[581]〜[585] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_11_09]
福島第1原発の現状と処理水放出 収束へ、険しい道のり 産経新聞 2022/03/11 TOP
3月11日で事故から11年となる東京電力福島第1原発では、廃炉の障害となる「処理水」の海洋放出に向けた準備が進められている。廃炉実現に至る不可欠な段階だが、地元住民の合意形成など課題は多い。一方、溶融核燃料(デブリ)の除去など(後略)

 
[2022_03_11_08]
福島第一原発 見えない廃炉の最終形 ロードマップと「法的責任」 TUF 2022/03/11 TOP
30年から40年とされる福島第一原発の廃炉作業。しかし、どういう状態を廃炉の終わりなのか。その姿はいまも明らかになっていません。100年以上かかると指摘する専門家もいる中、東電の廃炉作業の最高責任者は…東電・小野明氏「30〜4(後略)

 
[2022_03_11_07]
福島第一原発事故から11年 東京電力本社前で原発反対の集会 NHK 2022/03/11 TOP
福島第一原子力発電所の事故から11年となった11日、都内にある東京電力の本社前では原発に反対する市民グループが集会を開きました。集会にはおよそ400人が参加し「福島原発事故は終わっていない」などと書かれたプラカードや横断幕を掲(後略)

 
[2022_03_11_06]
チェルノブイリ給電再開 隣国ベラルーシから 共同通信 2022/03/11 TOP
2022/3/11 00:08 (JST)3/11 00:26 (JST)updatedロシア・エネルギー省は10日、同国の軍事行動で9日から電源供給が途絶えていたウクライナ北部チェルノブイリ原発について、隣国ベラルーシからの供給を受けて電力が復旧したと明らかにした(後略)

 
[2022_03_11_05]
電力喪失のチェルノブイリ原発、全通信が途絶 IAEA CNN 2022/03/11 TOP
2022.03.11 Fri posted at 13:45 JST(CNN) 国際原子力機関(IAEA)は10日、ロシア軍に占拠されたウクライナのチェルノブイリ原子力発電所と一切の連絡が取れなくなったと発表した。同原発はこの前日、外部からの電源供給が途絶えていた(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 118 >  記事番号[586]〜[590] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_11_04]
東日本大震災から11年 今も福島県民3万3360人が避難生活…廃炉作業の見通しは 日テレ 2022/03/11 TOP
東日本大震災の発生から11日で11年です。東京電力福島第一原発の事故の影響などで、福島県民の3万3000人以上が今も避難生活を続けています。巨大な津波が東北を襲った11年前の東日本大震災では、1万5900人が死亡し、現在も2523人の(後略)

 
[2022_03_11_03]
原発事故“汚染土"「2045年までに福島県外で最終処分」の約束は守られるのか TBS 2022/03/11 TOP
東日本大震災から11年、被災地の今を見つめる「つなぐ、つながる」プロジェクト。福島第一原発事故の「除染」で出た土など「汚染土」の行方を考えます。「2045年までの福島県外での最終処分」に現実味はあるのでしょうか。山積みとなった(後略)

 
[2022_03_11_02]
保障措置システムの停止 チェルノブイリ原発は依然として交代不可状態 I山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/11 TOP
◎IAEAの「最新情報15−ウクライナ情勢に関するIAEA事務局長声明」が日本時間3月9日早朝にサイトに登録されましたので、その抄訳です。この報告では、チェルノブイリ原発の210名のスタッフ、放射性物質の管理と警備要員とされていますが(後略)

 
[2022_03_11_01]
ザポリージャ原発もデータ遮断され外部電源も一部損傷 IAEA第16報からの情報提供 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/11 TOP
◎チェルノブイリ原発では、IAEAの保障措置システムのデータ転送ができなくなり、使用済燃料を含む放射性物質の状態がつかめなくなりました。さらに、外部電源を喪失し、放射線測定システムや使用済燃料冷却系統などは非常用ディーゼル発(後略)

 
[2022_03_10_05]
チェルノブイリ原発 電源喪失 IAEA「安全性に致命的影響なし」 NHK 2022/03/10 TOP
2022年3月10日 1時23分ウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所について、ウクライナのクレバ外相は9日午後、電源が失われたとツイッターに投稿しました。IAEA=国際原子力機関はツイッターへの投稿でウクライナ側から報告を受けたと(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 119 >  記事番号[591]〜[595] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_10_04]
ザポリージャ原発でデータ送信停止 チェルノブイリに続き IAEA NHK 2022/03/10 TOP
IAEA=国際原子力機関のグロッシ事務局長は9日、声明を発表し、ウクライナ南東部のザポリージャ原子力発電所に設置された監視システムからのデータ送信が停止したことを明らかにしました。IAEAは8日には、ウクライナ北部のチェルノブイ(後略)

 
[2022_03_10_03]
チェルノブイリ原発で電力供給が停止 専門家「福島第一原発の状況と似ている」 日テレ 2022/03/10 TOP
ロシア軍によって制圧されたウクライナのチェルノブイリ原子力発電所で9日、電力の供給が停止したことが明らかになりました。放射性物質が大気に拡散される恐れもあり、“最悪のケース"はどういう状況が考えられるのでしょうか。専門家に話を聞きました。◇(後略)

 
[2022_03_10_02]
ハリコフで放射性物質を扱う研究所が攻撃される 3/8IAEA第14報の紹介 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/10 TOP
◎報道が錯綜し、現地情報も不足しています。ウクライナ国内の空間線量を確認できるWebサイトでは、大きな数値の動きは見られません。このサイトから東京の800倍を超える数値が確認された時は、大変危険な状態と思いました、現在は数(後略)

 
[2022_03_10_01]
高浜原発、運転停止を認めず 住民の請求棄却、名古屋地裁 河北新報 2022/03/10 TOP
関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)を巡り、火山の噴火想定が見直されたのに安全対策が不十分として、高浜町や名古屋市などの住民9人が国に対し、運転停止命令を出すよう求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は10日、請求を棄却した。(後略)

 
[2022_03_09_09]
むつ核燃新税、減免協議合意に至らず 東奥日報 2022/03/09 TOP
青森県むつ市が独自課税を目指す使用済燃料税(核燃新税)について、特定納税義務者であるリサイクル燃料貯蔵(むつ市、RFS)と約2年にわたり継続してきた減免協議が期限を迎えた。市は今年1月に税を大幅に減免する譲歩案を提示したが、(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 120 >  記事番号[596]〜[600] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_09_08]
パプアニューギニア噴火 日本への津波の影響なし 気象庁 NHK 2022/03/09 TOP
南太平洋のパプアニューギニアの火山で発生した大規模な噴火について、気象庁は日本への津波の有無について調べていましたが、「日本への津波の影響はない」と発表しました。気象庁によりますと、日本時間8日午後6時50分ごろ、南太平洋(後略)

 
[2022_03_09_07]
ウクライナ外相が原発電源復旧への停戦要求 共同通信 2022/03/09 TOP
2022/3/9 21:32 (JST)3/9 22:16 (JST)updatedロイター通信によると、ウクライナ外相はチェルノブイリ原発の電源復旧のため、ロシア側に停戦を呼び掛けた。(共同)(後略)

 
[2022_03_09_06]
チェルノブイリで放射性物質拡散の恐れ 時事通信 2022/03/09 TOP
2022年03月09日20時57分【イスタンブール時事】ウクライナ当局は9日、チェルノブイリ原発への供給電力が不足して冷却機能が働かなくなり、放射性物質が大気中に広がる恐れがあると述べた。(後略)

 
[2022_03_09_05]
原発攻撃「規制の範囲外」 更田委員長 共同通信 2022/03/09 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は9日の記者会見で、ロシア軍によるウクライナの原発攻撃に関連し、日本の原発での対策について「(新規制基準では)武力攻撃に耐えるようにという要求をしているわけではない。攻撃を前提とすべきかど(後略)

 
[2022_03_09_04]
チェルノブイリ原発で「ロシア軍が電力を切断」 電力会社が発表 毎日新聞 2022/03/09 TOP
ロシア軍の侵攻が続くウクライナの北部にあるチェルノブイリ原発で、ロシア軍が9日、外部からの電力供給を切断した。ウクライナ国営電力会社ウクルエネルゴが発表した。施設全体に電力が全く供給されない状態になっているという。同原発(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 121 >  記事番号[601]〜[605] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_09_03]
IAEAグロッシ事務局長声明 ロシア軍に制圧された原発との通信悪化 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/09 TOP
ウイーン時間3月6日付けのIAEA国際原子力機関の発表した情報を訳してお伝えします。最新情報13−ウクライナ情勢に関するIAEA事務局長声明◎本日、ウクライナ政府は国際原子力機関(IAEA)に、ザポロジェ原子力発電所の運転は通常スタッフが継続(後略)

 
[2022_03_09_02]
日本は2.7兆円から5.7兆円へと増額 24基の原発の安全対策費用、日本の1基より少ない ハンギョ 2022/03/09 TOP
韓国水力原子力(韓国の原発運営会社、略称「韓水原」)と政府は、日本の福島第一原発事故を機に1兆1000億ウォン(約1030億円)あまりの「原発安全強化対策」を立てたが、事故から11年を迎える現在までに執行した金額はその半分にも満た(後略)

 
[2022_03_09_01]
日本の原発は戦争「想定していない」 原子力規制委の更田委員長 東京新聞 2022/03/09 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は9日の衆院経済産業委員会で、日本国内の原発がミサイル攻撃を受けた場合、「放射性物質がまき散らされることが懸念される。現在の設備で避けられるとは考えていない」との見解を示した。ウクライナを(後略)

 
[2022_03_08_10]
原子炉本体よりも使用済み燃料プールのほうが脆弱 上岡直見 たんぽぽ 2022/03/08 TOP
安倍元首相に代表される右派勢力はウクライナ問題を核武装論に利用しているが、むしろ脱原発のチャンスではないか。3/4発信【TMM:No4420】でザポリージャ原発の被害予測を提供したが、原発はミサイルどころか少数の通常兵器の攻撃だけで(後略)

 
[2022_03_08_09]
ロシア軍は南ウクライナ原発も制圧しようとしている 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/08 TOP
◎南ウクライナ原発が攻撃対象に南ウクライナ原発には、旧ソ連製のVVER1000型が3基ある。ザポロジェ原発と同型だ。この原発にもロシア軍は迫っており、武力制圧される危険性が高まっている。プーチン大統領は、いち早くチェルノブイリ原(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 122 >  記事番号[606]〜[610] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_08_08]
ザポロジェ原発はロシア軍に攻撃され占領された 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/08 TOP
◎以下は、ザポロジェ原発の状況を伝える世界原子力協会(WNA)の記事の抄訳です。◇2022年3月3日夜半、ロシア軍は原発の城下町エネルゴダールの入口の検問所を突破し、ザポリージャ原発に向けて約100台からなる重装甲車で町に突入、原(後略)

 
[2022_03_08_07]
パプアニューギニアで大規模噴火 海外検潮所では潮位変化なし NHK 2022/03/08 TOP
8日午後6時50分ごろ南太平洋のパプアニューギニアの火山で発生した大規模な噴火について、気象庁は、日本とパプアニューギニアの間にある海外の検潮所ではこれまでに目立った潮位の変化は観測されていないと発表しました。日本への津波の(後略)

 
[2022_03_08_06]
「日本が終わると思った」 3.11原発事故、記者が会見場で感じた戦慄と重圧 西日本新 2022/03/08 TOP
あの時、記者としてどうすればよかったのか。この季節が巡るたびに自問する。2011年3月11日。東京報道部の記者だった私は、首相官邸前にある国会記者会館で激しい揺れに襲われた。外に飛び出すと、参院決算委員会で国会にいた菅直人首相(後略)

 
[2022_03_08_05]
東京電力福島第一原発事故から11年 変わらない東電の企業風土 福島放送 2022/03/08 TOP
2011年に起きた、福島第一原発の重大事故。あれから11年、みなさんは東京電力をどのように見てきましたか。あの事故が起きた背景には、東京電力の企業風土が影響していたのではないでしょうか。「時間が違っても、職場が違っても、この不(後略)

 
[2022_03_08_04]
福井県知事 原発への“武力攻撃"対策強化を要請 日テレ 2022/03/08 TOP
日本で最も多くの原子炉を有する福井県の杉本知事が、原発に対する武力攻撃への対策を強化するよう、山口原子力防災担当大臣に要請しました。原発のある自治体のトップがこうした要請を出すのは、これが初めてです。8日夕方、福井県の杉(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 123 >  記事番号[611]〜[615] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_08_03]
東電賠償さらに3件確定 原発避難訴訟 500人超に11億円 産経新聞 2022/03/08 TOP
東京電力福島第1原発事故で避難した福島県の住民らが東電に損害賠償を求めた3件の集団訴訟をめぐり、最高裁第3小法廷(林道晴裁判長)は、東電の上告を退ける決定をした。500人超に国の指針を上回る総額約11億円を支払うよう命じた2審判(後略)

 
[2022_03_08_02]
原発稼働延長、推奨せず 独、ウクライナ危機下でも 時事通信 2022/03/08 TOP
【ベルリン時事】ドイツの経済・気候保護省と環境省は8日、ウクライナ侵攻で制裁を受けるロシアからのエネルギー供給の混乱が懸念される中でも、国内の原発の稼働期間延長を「推奨しない」と結論付けた報告書を公表した。稼働中の3基の(後略)

 
[2022_03_08_01]
町山智浩『ウィンター・オン・ファイヤー: ウクライナ、自由への闘い』を語る TBS 2022/03/08 TOP
町山智浩さんが2022年3月8日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中でロシアのウクライナに対する侵攻についてトーク。ウクライナによる徹底抗戦の姿勢を理解するための映画『ウィンター・オン・ファイヤー: ウクライナ、自由への闘い』を紹(後略)

 
[2022_03_07_07]
廃炉できないなら「『石棺』で封じ込めるしかない」_小出裕章 アエラ 2022/03/07 TOP
東京電力福島第一原発事故からまもなく11年。国と東電は30〜40年後の廃炉完了を目指すロードマップに基づき、作業を進めている。だが、相次ぐトラブルから廃炉作業の計画は大幅に遅れている。廃炉は本当に可能なのか。AERA 2022(後略)

 
[2022_03_07_06]
処理水海洋放出の「理解広がらず」52.5% 福島県民世論調査 福島民報 2022/03/07 TOP
福島民報社は福島テレビと共同で福島県民世論調査(第36回)を実施した。東京電力福島第一原発の放射性物質トリチウムを含んだ処理水を海洋放出する政府方針について、国内外での理解が広がっているかを尋ねたところ、「全く広がっていな(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 124 >  記事番号[616]〜[620] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_07_05]
中国電力との「島根原発安全協定」改定案 市長が受け入れを表明 TSK 2022/03/07 TOP
境港市の伊達市長は、7日、中国電力から示された島根原発の安全協定の改定案を受け入れると表明しました。これで、県と米子市をあわせ、関係する鳥取県側周辺自治体の意見が出揃いました。市長の表明を前に、7日、境港市議会であった改(後略)

 
[2022_03_07_04]
処理水公文書 一時不開示に内堀知事が陳謝 TUF 2022/03/07 TOP
福島県が福島第一原発の処理水に関連する公文書を一時不開示としていた問題で、内堀知事は、「申し訳なく思っている」と陳謝しました。この問題は、去年12月、県が処理水関連の公文書について、不開示の決定をしたあと、中に公開の会議の(後略)

 
[2022_03_07_03]
玄海3号機で放射性物質の漏えい確認 燃料棒から、外部への影響なし 西日本新 2022/03/07 TOP
九州電力は7日、定期検査中の玄海原発3号機(佐賀県玄海町)で、燃料集合体1体から放射性物質が漏れているのを確認したと発表した。外部への影響はないという。3号機では昨年11月、原子炉を冷やす1次冷却水で放射性物質のヨウ素濃度が上(後略)

 
[2022_03_07_02]
IAEA、原発攻撃で「前例ない危険」 ロシア・ウクライナと協議の用意 時事通信 2022/03/07 TOP
【ベルリン時事】国際原子力機関(IAEA)の理事会が7日、ウィーンで5日間の日程で始まった。グロッシ事務局長は冒頭声明で、ロシア軍がウクライナの原発を攻撃、占拠した問題について「前例のない危険」が発生していると指摘。原発の安全(後略)

 
[2022_03_07_01]
人類史上初の運転中の原子力発電所への軍事攻撃は何を意味するか?_牧田寛 日刊SPA! 2022/03/07 TOP
原子力発電所が軍隊に攻撃された!3月4日午前、昼過ぎまで寝ている間も24時間流しっぱなしにしているCNN U.S.の夜の報道番組AC360°(Anderson Cooper 360 Degrees)で、ウクライナ共和国南部にあるザポロジエ原子力発電所(ZNPP)がロ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 125 >  記事番号[621]〜[625] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_06_04]
ロシア制圧のチェルノブイリ原発、職員の疲労で安全運用に懸念 CNN 2022/03/06 TOP
(CNN)侵攻したロシア軍が制圧したウクライナ北部のチェルノブイリ原発近くにあるスラブチッチ市の市長は5日、同原発の職員は10日間閉じ込められて疲労感が募っており、施設の運用で世界に危険を及ぼす事態になりかねないとの窮状を訴え(後略)

 
[2022_03_06_03]
福島第一原発「廃炉」の現場ルポ デブリ取り出し、容器の劣化…廃炉を阻む難題 アエラ 2022/03/06 TOP
未曽有の原発事故から11年。廃炉に向けた作業は続くが、見えてくるのは、 過酷な現実だ。そもそも廃炉は可能なのか。福島第一原発でみた実情は。AERA 2022年3月7日号から。***(後略)

 
[2022_03_06_02]
社説[原発避難] 東電賠償確定 国も救済責任免れない 沖縄タイ 2022/03/06 TOP
東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされた住民らが、国と東電に損害賠償を求めた集団訴訟のうち福島、群馬、千葉の3件で、最高裁は東電の上告を退ける決定をした。二審判決のうち、約3600人に総額約13億9千万円の支払いを命じた部(後略)

 
[2022_03_06_01]
武力攻撃時の緊急一時避難施設、鹿児島県内に1672カ所 地下避難できるのは1カ所だけ 南日本新 2022/03/06 TOP
ロシア軍によるウクライナ侵攻が続く中、日本でも有事の住民保護に関心が集まる。鹿児島県は他国からミサイル攻撃を受けた際の一時避難先となり得る頑丈な「緊急一時避難施設」として1672カ所を指定するが、地下に避難できる建物はかごし(後略)

 
[2022_03_05_04]
原告の断層評価 原告側が疑問視 核燃サイクル訴訟 東奥日報  2022/03/05 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 126 >  記事番号[626]〜[630] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_05_03]
露の原発攻撃は“自殺行為" 長大レクナ・鈴木副センター長 被爆者「不幸招く」 長崎新聞 2022/03/05 TOP
原発への攻撃は、もはや“自殺行為"だ−。ロシア軍がウクライナ南部のザポロジエ原発を砲撃した4日、長崎大核兵器廃絶研究センター(RECNA=レクナ)の鈴木達治郎副センター長は、核大国による暴挙に戸惑いつつ、強く非難した。原子炉(後略)

 
[2022_03_05_02]
ロシアの原発攻撃「国際法に明確に違反」 安保理で非難 日経新聞 2022/03/05 TOP
【ニューヨーク=吉田圭織】国連安全保障理事会は4日、ロシア軍によるウクライナの原子力発電所制圧を受けて緊急会合を開いた。原発など危険な力を内蔵する施設の攻撃は国際法で禁じられており、理事国によるロシア軍の原発攻撃への批判が(後略)

 
[2022_03_05_01]
“処理水"希釈放出へ 地元反発で開始時期は不透明 テレ朝 2022/03/05 TOP
福島第一原発の事故からまもなく11年です。汚染水を処理した「処理水」が増え続けていて国と東京電力は来年の春にも処理水を薄めて海に放出する計画を進めています。東京電力は去年12月、海水で薄めた処理水を海底のトンネルを通じておよ(後略)

 
[2022_03_04_14]
世界に3つ存在する「殺人湖」 島村英紀 2022/03/04 TOP
「殺人湖」と呼ばれる湖が世界に3つある。いずれもアフリカ東部のカメルーン北部のニオス湖とマヌーン湖とルワンダとコンゴ民主共和国にまたがるキブ湖だ。殺人湖と言われる理由は、この3つの湖がいずれも湖水中に二酸化炭素が満ちてい(後略)

 
[2022_03_04_13]
反原発、反核燃訴える金曜集会 青森市で500回目 反戦の呼び掛けも デリ東北 2022/03/04 TOP
青森県内の反核燃団体などが参加する「原発なくそう!核燃いらない!あおもり金曜日行動」は4日、JR青森駅前で500回目となる集会を行い、参加者約30人が使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の稼働中止などを訴えた。同行動は首相官邸(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 127 >  記事番号[631]〜[635] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_04_12]
“ザポリージャ原発 ロシア軍の攻撃受け火災" ウクライナ外相 NHK 2022/03/04 TOP
2022年3月4日 10時14分ウクライナのクレバ外相は4日、ツイッターでウクライナ南東部のザポリージャ原子力発電所がロシア軍の攻撃を受け、火災が起きているとして「ロシア側は直ちに攻撃をやめるべきだ」と訴えました。ウクライナ南東部、(後略)

 
[2022_03_04_11]
ザポリージャ原発火災、発電ユニットが被弾=RIA ロイター 2022/03/04 TOP
[4日ロイター] - ロシア通信(RIA)が4日にウクライナ原子力当局の話として伝えたところによると、欧州最大のザポリージャ原子力発電所の発電ユニット1基がロシア軍の攻撃で被弾し、発電所の一部が燃えている。消防隊が攻撃を受けてお(後略)

 
[2022_03_04_10]
欧州最大の原発で火災、ロシア軍の攻撃で=ウクライナ当局者 ロイター 2022/03/04 TOP
[4日ロイター] - ウクライナ南東部にある欧州最大規模のザポロジエ原子力発電所で4日未明、ロシア軍の攻撃により火災が発生している。原発に近いエネルゴダールの市長がオンラインの投稿で明らかにした。市長はこれより先、原発近隣で(後略)

 
[2022_03_04_09]
ザポロジエ原発火災、敷地外の訓練用建物で発生=ウクライナ当局 ロイター 2022/03/04 TOP
[4日ロイター] - ウクライナの緊急サービス当局は4日、欧州最大級のザポロジエ原子力発電所の火災について、ロシア軍の攻撃により敷地外の訓練用建物で起きたと発表した。また、原発の施設責任者は現地テレビ「ウクライナ24」に対し(後略)

 
[2022_03_04_08]
ロシア軍、欧州最大級の原発制圧 史上初の稼働中攻撃、施設損傷 共同通信 2022/03/04 TOP
【リビウ共同】ロシア軍は4日、ウクライナ南部にある欧州最大級のザポロジエ原発を砲撃し、制圧した。同国の原子力当局は、6基ある原子炉のうち1号機の関連施設が損傷したが、安全性には問題ないと発表した。原発は一部が運転中だったが(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 128 >  記事番号[636]〜[640] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_04_07]
韓国東部の大規模山火事 原発やLNGプラントに火の手迫る 聯合 2022/03/04 TOP
【蔚珍、三陟聯合ニュース】韓国東部の慶尚北道蔚珍郡で4日午前11時すぎに発生した山火事は強風にあおられて延焼範囲が拡大し、同郡の北に位置する江原道三陟市まで燃え広がっている。火災の影響が及ぶ範囲は同日午後8時の時点で約33(後略)

 
[2022_03_04_06]
原発避難者3訴訟 東電による14億円賠償確定 国の責任は4月弁論 毎日新聞 2022/03/04 TOP
2011年3月の東京電力福島第1原発事故に伴い、他県などに避難した福島県民らが国と東電に損害賠償を求めた3件の集団訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は2日付の決定で、東電側の上告を退けた。3件の2審が国の賠償基準(後略)

 
[2022_03_04_05]
ウクライナ ザポリージャ原発 “ロシア軍が掌握" NHK 2022/03/04 TOP
2022年3月4日 21時29分ウクライナ南東部にあるヨーロッパ最大規模の原子力発電所がロシア軍に掌握されたと、ウクライナの原子力規制当局が発表しました。攻撃で一時発生した火災はすでに鎮火し「放射線量の値に変化は確認されていない」(後略)

 
[2022_03_04_04]
規制委は初心に返れ 衆院議運委 笠井議員が質問 赤旗 2022/03/04 TOP
日本共産党の笠井亮議員は3日の衆院議院運営委員会で、政府が提示した国会同意人事案のうち山中伸介原子力規制委員会委員長候補が行った所信に対し、東京電力福島第1原発事故後に「安全神話」などへの反省から設置された規制委員会の初(後略)

 
[2022_03_04_03]
戦闘地域に15基の原子炉(ウクライナでは原発が9基稼働中) 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/04 TOP
◎原発に侵攻するロシア軍ロシアのウクライナ侵攻が続いている。この侵攻は、原発を紛争の最前線に置いてしまった。世界は、本格的な無制限の通常戦争が原子炉を破壊し破局的な事態を引き起こし、これまでにないほどの局地(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 129 >  記事番号[641]〜[645] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_04_02]
原発攻撃で基準改定不要 規制委員長候補の山中氏 産経新聞 2022/03/04 TOP
ロシア軍によるウクライナ南部のザポロジエ原発への砲撃に関連し、政府の国会同意人事案で原子力規制委員長候補となった山中伸介委員(66)は4日、「直ちに原発の新規制基準の改定が必要であるとは考えてない」との認識を示した。参院議(後略)

 
[2022_03_04_01]
5人の元首相の書簡が波紋を呼ぶ 甲状腺がん 先崎(まっさき)千尋 たんぽぽ 2022/03/04 TOP
◎東京電力福島第一原発の事故から11年経つ。事故を起こした原発は、放射能が高く、本体には未だに手が付けられないでいる。また、原発周辺の住民は避難先から戻れないでいる。その原発事故がもたらしたものの一つに汚染水の処理問題があ(後略)

 
[2022_03_03_04]
ザポリージャ原発付近で放射能レベル上昇─ウクライナ当局者=AP ロイター 2022/03/03 TOP
[ワシントン3日ロイター] - AP通信は、ウクライナのザポリージャ原子力発電所付近で放射能レベルの上昇を検知したとする同国政府当局者の情報を伝えた。また、クレバ外相はツイッターで、同原発で火災が起きており、ロシア軍が全方向か(後略)

 
[2022_03_03_03]
ウクライナ侵攻 対応迫られる九電・西部ガス 産経新聞 2022/03/03 TOP
ロシアによるウクライナ侵攻で日米欧を中心に各国が対露経済制裁を打ち出す中、九州企業も情勢分析を急ぐなど対応に追われている。欧米のエネルギーメジャーがロシア国内の権益を放棄する方針を発表するなど民間も呼応するが、資源小国の(後略)

 
[2022_03_03_02]
女川原発の避難道路“未整備区間"国事業候補に 国道398号線石巻バイパス 仙台放送 2022/03/03 TOP
東北電力女川原発で重大事故が起きた時の避難道路にもなる国道の未整備区間について、国土交通省は来年度に着手する新たな事業の候補地に追加しました。国の新たな直轄事業の候補地に追加されたのは、石巻市と女川町を結ぶ国道398号線(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 130 >  記事番号[646]〜[650] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_03_01]
原子力規制委 山中委員 衆院議運委で所信「100%の安全ない」 NHK 2022/03/03 TOP
3日の衆議院の議院運営委員会に、政府が原子力規制委員会の委員長に起用したいとしている山中伸介氏が出席し、「独立性と透明性を旨とする規制委員会の基本姿勢を堅持し、原子力施設に100%の安全はないことを肝に銘じながら、リスクを(後略)

 
[2022_03_02_09]
大間原発稼働時期 11年連続で「未定」/Jパワー供給計画 東奥日報 2022/03/02 TOP
電源開発(Jパワー)は1日、青森県大間町に建設している大間原発の運転開始時期を「未定」とする2022年度の供給計画を、電力広域的運営推進機関に提出した。「未定」の届け出は12年度から11年連続。電源開発送変電ネットワークも供給計画(後略)

 
[2022_03_02_08]
原子力規制委 更田委員長 後任に起用の山中氏は“適任“ NHK 2022/03/02 TOP
ことし9月で任期が切れる原子力規制委員会の委員長に、現在、委員の山中伸介氏を起用する政府の人事案が示されたことについて、更田豊志委員長は「委員長に極めてふさわしく、原子力規制の判断が揺らぐことは決してないと思う」と述べ、(後略)

 
[2022_03_02_07]
低レベル放射性廃棄物の輸送について 中部電力 2022/03/02 TOP
当社は、浜岡原子力発電所で保管している低レベル放射性廃棄物を青森県六ヶ所村の日本原燃株式会社低レベル放射性廃棄物埋設センターに向けて輸送します。このため、発電所から御前崎港の当社専用岸壁まで、低レベル放射性廃棄物の陸上輸(後略)

 
[2022_03_02_06]
東海第二事故対策工事の工期延長 地元地方議員 保守系「想定内」野党「廃炉を」 東京新聞 2022/03/02 TOP
日本原子力発電が東海第二原発(東海村)の再稼働に向けた事故対策工事の完了時期を二〇二四年九月まで延期すると発表してから一夜明けた一日、再稼働を求めてきた地元の保守系議員らは静観の構えを見せた一方、野党議員らはあらためて廃(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 131 >  記事番号[651]〜[655] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_02_05]
柏崎刈羽原発6号機のくい損傷 原子力規制庁が現地調査 [新潟] TeNY 2022/03/02 TOP
柏崎刈羽原発6号機の大物搬入建屋を地下で支えるくいが損傷していた問題で、3月1日、原子力規制庁の検査官が現地調査を行いました。くいが損傷していたのは、6号機の大物搬入建屋です。東京電力は建設工事で使われた人工の硬い土『セメ(後略)

 
[2022_03_02_04]
対ロシア制裁、韓国のエジプトへの原発輸出にも火の粉降りかかるか 中央日報 2022/03/02 TOP
国際社会のロシアに対する制裁水準が強まり、韓国が推進しているエジプトのエルダバ原子力発電所事業への参加にも支障が生じかねないとの懸念が出ている。エルダバ原発はエジプト原子力発電庁(NPPA)が発注したが、ロシア企業が事業全体(後略)

 
[2022_03_02_03]
女川原発2号機 住民参加見送りの防災訓練で避難計画の実効性は khb 2022/03/02 TOP
2022年度以降の再稼働を目指す宮城県の女川原発で、重大事故を想定した国の防災訓練が1月に行われました。住民の参加が見送られましたが、避難計画の実効性は高められたのか。訓練を検証します。岸田文雄総理大臣「女川原子力発電所にお(後略)

 
[2022_03_02_02]
福島第一原発の廃炉「終了時期を見通すことは不可能」原子力規制委 テレ朝 2022/03/02 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は福島第一原発の廃炉について、終了時期を見通すことは不可能だとの考えを示しました。原子力規制委員会・更田豊志委員長:「(廃炉について)現実的に、例えばさまざまな方面に対して約束できるような(後略)

 
[2022_03_02_01]
“最大の原発"ロシア軍が掌握か 運転はウクライナ側が継続 テレ朝 2022/03/02 TOP
IAEA(国際原子力機関)は、ロシア軍がウクライナ南部のザポリージャ原発周辺を管理下に置いたとロシア政府から通達があったと発表しました。ザポリージャ原発は、6基の原子炉を持つ国内最大の原発です。原発の運転については、引き続き(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 132 >  記事番号[656]〜[660] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_01_07]
規制委員長の更田氏が退任 政府、国会同意人事提示 共同通信 2022/03/01 TOP
政府は1日、原子力規制委員会の委員長に山中伸介委員(66)を充てるなど、国会同意が必要な13機関22人の人事案を衆参両院の議院運営委員会理事会に提示した。同意が得られれば、現規制委員長の更田豊志氏(64)は退任する。政府は、人事(後略)

 
[2022_03_01_06]
プーチンによる「核の威嚇」は許されない 山崎久隆 たんぽぽ 2022/03/01 TOP
2月27日にプーチン大統領は、NATOの首脳などが発した声明や各国が実施を決めた対ロシア経済制裁に対し、核戦力を含む核抑止部隊を「高度の警戒態勢に置く」よう軍司令部に命じたという。これは「戦略抑止戦力」すなわち戦略攻撃力と戦略(後略)

 
[2022_03_01_05]
福島第1、高線量配管の撤去開始 事故発生直後ベントで汚染 共同通信 2022/03/01 TOP
東京電力は1日、福島第1原発1号機と2号機の原子炉建屋から共用排気筒につながる配管の撤去を始めた。2011年3月の事故発生直後、1号機原子炉格納容器の圧力を下げるため放射性物質を含む気体を放出する「ベント」で汚染され、放射線量が非(後略)

 
[2022_03_01_04]
大熊町 住民意向調査「戻りたい」は13%(福島) 福島放送 2022/03/01 TOP
大熊町に戻りたいと考えている町民が、50世帯ほど増えた事がわかりました。国や県などが、原発事故当時、大熊町に住んでいた、5135世帯を対象に行った調査によりますと、町に「戻りたいと考えている」と答えたのは13%、約290世帯で、(後略)

 
[2022_03_01_03]
安来市長が「島根原発2号機再稼働を容認」表明 周辺自治体では初めて TSK 2022/03/01 TOP
安来市の田中市長は、1日の市議会本会議で、島根原発2号機の再稼動について容認する考えを表明しました。「安価で安定したエネルギー供給のため」と説明。一方、事前了解権については今後求めないことも明らかにしました。周辺自治体で2(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 133 >  記事番号[661]〜[665] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_03_01_02]
浜岡原発で訓練 原子炉の注水機能喪失を想定 静岡・御前崎市 TV静岡 2022/03/01 TOP
重大事故に備え、御前崎市の浜岡原発で1日、訓練が行われ、原子炉の注水機能がすべて失われるという緊急事態の対応について確認しました。訓練は4号機のタービン発電機の故障で原子炉が自動停止し、さらに機器の故障が相次いで、原子炉(後略)

 
[2022_03_01_01]
茨城の東海第2原発 安全工事を再延期 24年9月完了に 茨城新聞 2022/03/01 TOP
日本原子力発電(原電)は28日、東海第2原発(茨城県東海村白方)の再稼働の前提となる安全対策工事について、終了時期を現行の今年12月から1年9カ月延期し、24年9月に変更すると発表した。併せてテロ対策用の「特定重大事故等対処施設」((後略)

 
[2022_02_28_05]
除染土の搬入完了へ 環境省、再生利用を本格化 福島の中間貯蔵施設 時事通信 2022/02/28 TOP
東京電力福島第1原発事故に伴う除染で取り除いた土の中間貯蔵施設(福島県大熊町、双葉町)への搬入が3月末までにおおむね完了する見込みだ。除染土は2045年までに福島県外の最終処分場に移すことが法律で定められているが、受け入れ先は(後略)

 
[2022_02_28_04]
東海第二原発の安全対策工事、設計変更で完了2年遅れに 読売新聞 2022/02/28 TOP
日本原子力発電は28日、東海第二原子力発電所(茨城県東海村、運転停止中)の安全対策工事の完了時期について、予定より約2年遅い2024年9月とする工事計画の変更を原子力規制委員会に届け出た。重大事故対策用とテロ対策用で別々に設ける(後略)

 
[2022_02_28_03]
高レベル廃液固化6月再開 東海再処理施設 産経新聞 2022/02/28 TOP
日本原子力研究開発機構は28日、廃止措置中の東海再処理施設(茨城県)で、保管中の高レベル放射性廃液をガラスで固める作業を6月に再開すると発表した。令和3年10月に設備の不具合で中断していた。機構は、10年度末までにガラス固化体を(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 134 >  記事番号[666]〜[670] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_02_28_02]
ウクライナ原発 15基中9基運転中 戦闘による原発への危機が迫る 山崎久隆 たんぽぽ 2022/02/28 TOP
◎ウクライナには原発が4カ所、15基あります。それぞれの稼働状況を、ウクライナの電力会社エネルゴアトムのサイトで紹介しています。日本時間2月28日午前零時現在、運転中は9基です。1.ロシア軍の侵攻の最前線に一番近いと思われるザポリージャ原発(後略)

 
[2022_02_28_01]
条件によってはロシア本国側のモスクワまで被ばく 被害予測シミュレーション 上岡直見 たんぽぽ 2022/02/28 TOP
◎ウクライナ国内には多数の原発がある。ロシアは圧力をかけるためにライフラインの破壊も行っているとの報道もあり、意図的あるいは偶発的な事態による原発の過酷事故の可能性はある。このため被害シミュレーションを行った。チェルノブ(後略)

 
[2022_02_27_02]
調査受け入れの現職6選 神恵内村長選、核ごみで論戦―北海道 時事通信 2022/02/27 TOP
高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分地選定の文献調査が進む北海道神恵内村で27日、任期満了に伴う村長選の投開票が行われ、調査の受け入れを決めた無所属現職の高橋昌幸氏(71)が、脱原発活動に取り組む無所属新人で元会社社長の(後略)

 
[2022_02_27_01]
自主避難続ける女性が高校生に語ったこと「自分だったらどうする?」 神戸新聞 2022/02/27 TOP
東京電力福島第1原発事故から自主避難を続ける森松明希子さん(48)が、舞子高校(神戸市垂水区)の環境防災科1年生に向け授業を行った。東日本大震災から間もなく11年。「自分だったらどうする、と思いながら聞いてほしい」。生徒たち(後略)

 
[2022_02_26_04]
再エネ新規500万キロワット 洋上風力が軸 関電社長 産経新聞 2022/02/26 TOP
関西電力の森本孝社長は産経新聞のインタビューに応じ、再生可能エネルギー分野で大規模洋上風力発電を中心に、2040(令和22)年までに新たに国内で500万キロワットの電源開発を進める考えを明らかにした。原発およそ5基分に相当する発(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 135 >  記事番号[671]〜[675] / 記事総数[925]  5進む▼ 

[2022_02_26_03]
チェルノブイリで放射線量上昇 ロシア軍が占拠後 AFB時事 2022/02/26 TOP
【AFP=時事】ウクライナ当局は25日、ロシア軍が占拠したチェルノブイリ(Chernobyl)原発の立ち入り禁止区域で、放射線量が上昇したと明らかにした。ロシア軍による同原発の掌握は「恐ろしい結果」をもたらす恐れがあると警告している。(後略)

 
[2022_02_26_02]
チェルノブイリ原発、職員92人がロシア軍の人質に 駐米ウクライナ大使 CNN 2022/02/26 TOP
(CNN)マルカロワ駐米ウクライナ大使は25日、ウクライナ北部にあるチェルノブイリ原子力発電所の管理業務を行う職員92人がロシア軍の人質となっていると明らかにした。ワシントンでの記者会見で語った。職員が人質となっているため、シ(後略)

 
[2022_02_26_01]
玄海原発の事故を想定 佐賀・福岡で防災訓練 福岡放送 2022/02/26 TOP
佐賀県と福岡県では26日、地震による玄海原子力発電所の事故を