2021年:詳細
 
戻る 新聞記事一覧表(2021年:1953件) 戻る
記事IDまたは見出しクリックで記事が表示されます。

【記事一覧(年単位)】
_ _ _ _ _ 2022年
2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年以前

HP内検索エンジン help

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_31_01]
廃炉、新たな局面 22年にはデブリの試験的な取り出し 福島民友 2021/12/31 TOP
東日本大震災、東京電力福島第1原発事故から10年の節目を迎えた2021年は、政府が第1原発で発生する処理水の海洋放出方針を決定するなど、廃炉に向けて新たな局面に入った1年でもあった。東電は今月、海洋放出関連設備を整備するための実(後略)

 
[2021_12_29_02]
福島第1 処理水放出の問題点共有 反対派招き、学習会 水戸 茨城新聞 2021/12/29 TOP
茨城平和擁護県民会議(鈴木博久代表)は23日、水戸市千波町のザ・ヒロサワ・シティ会館で「トリチウム汚染水の海洋放出に反対する学習会」を開いた。24人が参加し、東京電力福島第1原発事故に絡み処理水の海洋放出に反対する運動に関わる(後略)

 
[2021_12_29_01]
中国、日本の原発汚染水放出に「一方的な決定、早急に撤回を」 中央日報 2021/12/29 TOP
日本政府が28日の閣議で福島第1原発の放射能汚染水処分に関する行動計画を決定したことに対し、中国が撤回を要求した。中国外務省の趙立堅報道官はこの日の定例記者会見で日本政府の決定について「中国は日本が一方的に放射能汚染水放出(後略)

 
[2021_12_28_02]
政府、処理水風評被害に賠償基準 福島原発で行動計画 共同通信 2021/12/28 TOP
政府は28日、東京電力福島第1原発の処理水処分に関する関係閣僚会議を首相官邸で開き、今後1年間で、地域や業種の実情に応じた風評被害への賠償基準を策定するとの行動計画を決定した。2021年度補正予算に300億円を計上した、風評被害対(後略)

 
[2021_12_28_01]
風評対策基金を年度内に整備 福島第1原発処理水、政府が行動計画 河北新報 2021/12/28 TOP
政府は28日、東京電力福島第1原発にたまる処理水の海洋放出に向けた関係閣僚会議を開催し、風評被害対策の中長期的な行動計画を決定した。放出に伴って需要が急速に減少した水産物を一時的に買い取る基金は、本年度中に体制を整えて運用(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_27_04]
立民 泉代表 福島第一原発視察 処理水放出 政府方針説明不十分 NHK 2021/12/27 TOP
立憲民主党の泉代表は、東京電力福島第一原子力発電所を視察し、処理水を国の基準を下回る濃度に薄めて海に放出する政府の方針について、県民や国民への説明が不十分で、処理水に含まれる放射性物質のトリチウムを取り除く技術の実現を追(後略)

 
[2021_12_27_03]
自民に6.3億円献金 原子炉メーカー・鉄鋼・ゼネコン… 赤旗 2021/12/27 TOP
「安全最優先の再稼働」を掲げ、2022年度政府予算案に91・2億円を計上するなど原発依存を続ける岸田政権。電力会社や原子力関連の企業、研究機関、原発立地地域の自治体などでつくる一般社団法人「日本原子力産業協会」(原産協会)の会(後略)

 
[2021_12_27_02]
プルサーマル同意で交付金 来年度、原発立地自治体へ 沖縄タイ 2021/12/27 TOP
原発の使用済み核燃料を再処理して取り出したプルトニウムを再利用する「プルサーマル発電」を推進するため、経済産業省がプルサーマル導入に新たに同意した原発立地自治体への交付金制度を、2022年度に設けることが27日、同省への取材(後略)

 
[2021_12_27_01]
「日本、韓国のCPTPP加盟条件として水産物輸入禁止の解除を求める可能性」 朝鮮日報 2021/12/27 TOP
日本が韓国に対し、CPTPP(環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定)への加盟条件として福島産水産物の輸入禁止の解除を求める可能性があるとの分析が示された。先ごろ韓国政府がCPTPP加盟を申請する意向を明らかに(後略)

 
[2021_12_26_01]
吸着塔保管庫 完成遅れ 福島第1 地震対策 設計見直し 東奥日報 2021/12/26 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_25_06]
地震評価「過少」と指摘 核燃サイクル訴訟 東奥日報 2021/12/25 TOP

 
[2021_12_25_05]
処理水対策に190億円 22年度予算案、補正含め600億円超へ 福島民友 2021/12/25 TOP
政府は24日、2022年度予算案を閣議決定した。幅広い政策のお金を管理する一般会計の歳出(支出)総額は、10年連続で過去最大となる107兆5964億円。高齢化で年金や医療といった社会保障費が大幅に膨らみ、借金返済の負担も重くなった。5(後略)

 
[2021_12_25_04]
公聴会では明確に反対する意見がほとんど 汚染水処理に関連して 山崎久隆 たんぽぽ 2021/12/25 TOP
5.国の委員会の報告書はあくまでも参考意見に過ぎない3P「はじめに」『国の多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会は、2020年2月に報告書をとりまとめ、5つの処分方法案については、モニタリングの実現可能性をも含む多角的な(後略)

 
[2021_12_25_03]
柏崎刈羽原発7号機でも74か所の手抜き工事 新潟 新潟放送 2021/12/25 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の7号機で24日、新たに消火設備の配管74か所で工事の不備が見つかったことが分かりました。これは24日に東電が行った会見で明らかになりました。東電によりますと、手抜き工事があったのは再稼働を目指す7号機で、(後略)

 
[2021_12_25_02]
東電刑事裁判 東京高裁に証人尋問と現場検証求め集会 TUF 2021/12/25 TOP
原発事故をめぐり東京電力の旧経営陣3人が強制起訴された裁判の控訴審で、裁判を続ける告訴団が東京高裁に現場検証を求める集会を開きました。福島県郡山市で開かれた集会には、告訴団とその支援者などおよそ30人が参加しました。東京電(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_25_01]
7号機でも手抜き溶接74カ所柏崎刈羽原発 1580カ所の作業やり直し 新潟日報 2021/12/25 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)6号機の消火配管で30カ所の手抜き溶接工事が発覚した問題で、東電は24日、再稼働を目指す7号機でも74カ所で同様の手抜きが見つかったと発表した。施工した一部の下請け会社が必要な手順を省いたにもかかわ(後略)

 
[2021_12_24_11]
初めて太陽に接近した探査機 島村英紀 2021/12/24 TOP
12月に米国の西海岸で開かれる米国地球物理学連合大会は地球物理学の世界最大の学会である。発表数が9000、審査を受けた研究ポスター数は10000にも及ぶ。世界中から地球物理学者が集まるので知られていて、共同研究をした欧州などからの(後略)

 
[2021_12_24_10]
女川原発2号機の安全対策工事計画を認可 原子力規制委員会 khb 2021/12/24 TOP
東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機について、原子力規制委員会は23日、安全対策工事の計画を認可しました。原子力規制委員会は23日、原発事故を受けて作られた新しい規制基準の適合性審査で、防潮堤の強度など詳細な設計を盛り込ん(後略)

 
[2021_12_24_09]
海洋放出、本格審査開始 福島第1原発の処理水 規制委 時事通信 2021/12/24 TOP
東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出計画について、原子力規制委員会は24日、東電側から説明を受けるなど本格的な審査を始めた。東電は21日、海洋放出に必要な措置などの計画を盛り込んだ申請書を規(後略)

 
[2021_12_24_08]
署名提出"原発再稼働是非問う住民投票を" 米子市の市民団体 NKT 2021/12/24 TOP
12月24日、島根原発2号機再稼働の是非を問う住民投票を目指して、米子市の市民団体は署名を市の選挙管理委員会に提出した。署名を提出したのは「島根原発稼働の是非を問う住民投票を実現する会・米子」で、先月から署名を集めていた。結(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_24_07]
伊方原発所員ら「感染警戒期」に22人で飲酒伴う会食 itv 2021/12/24 TOP
四国電力は、今年10月に伊方原発の所員ら22人が飲酒を伴う会食をしていたことを明らかにしました。当時、県は会食ルールについて10人以下とするよう呼びかけていました。四国電力によりますと今年10月5日、伊方原発の所員10人と協力会(後略)

 
[2021_12_24_06]
柏崎刈羽原発7号機、消防設備1537カ所を再施工 溶接に不備 毎日新聞 2021/12/24 TOP
東京電力は24日、柏崎刈羽原発(新潟県)の7号機の消火設備で消火剤を流す配管の溶接工事をした3846カ所のうち、約4割に当たる1537カ所で再施工すると発表した。工事は施工会社6社が実施していたが、1社は酸化防止に必要な処置をしてい(後略)

 
[2021_12_24_05]
もんじゅ廃炉作業 ナトリウム抜き取り困難(福井県) 福井放送 2021/12/24 TOP
廃炉作業が進む敦賀市の高速増殖炉もんじゅで、原子炉容器や配管などに残っている冷却材のナトリウム1665トンのうち77トンが既存の設備では抜き取れないことが分かった。(12月24日)内訳は放射性物質を含む1次系が約905トンのうち5(後略)

 
[2021_12_24_04]
原発事故後初 福島県産のコメをアメリカに輸出 TUF 2021/12/24 TOP
原発事故後初めての輸出です。福島県会津若松市で行われたアメリカに輸出する県産のコメの発送式。発送したのは「極上の会津米天のつぶ」など2種類です。原発事故後アメリカは県産のコメの輸入を規制していましたが、今年9月、その規制(後略)

 
[2021_12_24_03]
原発処理水放出 萩生田氏、福島県漁連と会談 「説明尽くしたい」 毎日新聞 2021/12/24 TOP
東京電力福島第1原発にたまり続ける処理水の海への放出などの課題を巡り、萩生田光一経済産業相と石井正弘副経産相が23日、それぞれ福島県を訪れた。萩生田氏はいわき市で県漁連の野崎哲会長らと意見交換した。萩生田氏は、富岡町の帰還(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_24_02]
女川原発2号機の「工事計画」認可 東北放送 2021/12/24 TOP
東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機について、原子力規制委員会は23日、設備の設計などを盛り込んだ「工事計画」を認可しました。東北電力によりますと、認可を受けたのは女川原発2号機の再稼働の前提となる新規制基準のうち、2段(後略)

 
[2021_12_24_01]
福島第一原発事故による汚染水対策は破綻状態にある 山崎久隆同代表) たんぽぽ 2021/12/24 TOP
項目紹介1.汚染水処理対策の失敗を認め組み立て直すべき汚染水対策は破綻状態にある2.タンク貯蔵は限界と言うが敷地はある3.福島第一原発事故の放射能の影響を総合的に検証すべき(後略)

 
[2021_12_23_11]
関電側の弁護士2人を訴訟排除 大阪高裁、中立性問題視 東奥日報 2021/12/23 TOP

 
[2021_12_23_10]
鹿児島県 運転延長 県の分科会で検証へ 原発に批判的?委員4人を選定 KKB 2021/12/23 TOP
原発の安全性などを話し合う県の専門委員会が開かれ、運転延長について検証する分科会の特別委員に原子力政策に批判的とされる4人が委嘱されました。しかし人選には異論も出ています。専門委員会では新たに分科会を設け、塩田知事が選ん(後略)

 
[2021_12_23_09]
ナトリウム77トン抜き取れず もんじゅ、新機器開発必要 共同通信 2021/12/23 TOP
日本原子力研究開発機構が高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市、廃炉作業中)の原子炉容器や配管などに保有している1660トン超の冷却材ナトリウムのうち、計約77トンは既存設備で抜き取れないことが23日、機構への取材で分かった。機構(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_23_08]
韓国市民団体、日本大使館前で…「韓国政府は汚染水海洋放出阻止に積極的努力を」 中央日報 2021/12/23 TOP
韓国の市民社会団体が、日本政府が推進している福島の放射性汚染水海洋放出計画を批判しながら韓国政府の積極的な阻止を促した。韓国市民団体「日本の放射性汚染水放流阻止共同行動」は23日午前、ソウルの日本大使館前で記者会見を行い、(後略)

 
[2021_12_23_07]
福島県内のPCB廃棄物 室蘭市内の施設で処理受け入れへ NHK 2021/12/23 TOP
原発事故のあと、福島県内で発生した高濃度PCB廃棄物を室蘭市内で処理する計画について、市と道は22日、環境省に対して「妥当と判断した」と伝えるとともに、事故や異常が発生した場合の対応計画の策定などを求めました。環境省は、東京(後略)

 
[2021_12_23_06]
福島のPCB受け入れ 北海道と室蘭市、環境省に方針伝達 時事通信 2021/12/23 TOP
環境省は23日、東京電力福島第1原発周辺で回収された高濃度ポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物を北海道室蘭市で処理する計画について、市と道から受け入れる方針が伝えられたと明らかにした。今後、必要な安全対策を講じた上で、2024(後略)

 
[2021_12_23_05]
柏崎原発で相次いだ不祥事うけ 第三者委員会が初会合 委員からは厳しい声も TeNY 2021/12/23 TOP
柏崎刈羽原発で相次いだ核セキュリティーにからむ不祥事を受け、その改善状況を分析する第三者委員会が12月23日、初めての会合を開きました。委員からは厳しい声が上がっています。12月23日、初会合を開いたのは「核セキュリティ専門家評(後略)

 
[2021_12_23_04]
島根原発再稼働の是非…住民投票めざし市民団体が約3200人分の署名を提出 TSK 2021/12/23 TOP
境港の未来を考える会黒目伸一郎会長:「署名を提出させていただきます」島根原発2号機の再稼働についてその是非を問う住民投票の条例制定を目指し、署名を集めていた境港市の市民団体がきょう、署名簿を提出しました。住民の直接請求に(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_23_03]
県原子力専門委に4人の特別委員 市民団体は反発 MBCMBC 2021/12/23 TOP
川内原発に関する鹿児島県の専門委員会に運転延長の対応について話し合う分科会が設けられ、4人の特別委員が加わりました。反原発団体などが推薦した専門家も含まれていますが、反原発団体は反発しています。23日の委員会で特別委員とし(後略)

 
[2021_12_23_02]
美浜1、2号機の廃炉作業公開 第1段階大詰め 関西電力 時事通信 2021/12/23 TOP
関西電力は23日、廃炉作業中の美浜原発(福井県美浜町)1、2号機のタービン建屋を報道陣に公開した。2017年に始まった廃炉作業の第1段階は大詰めを迎え、22年度からは原子炉周辺設備の解体など第2段階への移行を計画している。この日は、(後略)

 
[2021_12_23_01]
伊方3号機定検終了20日間延期 復水器清掃で1月24日に 四国電力(愛媛) 愛媛新聞 2021/12/23 TOP
四国電力は23日、当初来年1月4日に予定していた伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の定期検査終了を20日間延期し1月24日とすると発表した。タービンを回した蒸気を水に戻す設備「復水器」内の細管の清掃作業に時間がかかるのが原因。201(後略)

 
[2021_12_22_07]
原発事故影響、考慮せず 「地震で緊急停止」前提 日本・千島海溝地震 時事通信 2021/12/22 TOP
東日本大震災では、東京電力福島第1原発事故が救助・復旧活動に大きく影響したが、日本海溝・千島海溝地震の被害想定は「原発は地震発生と同時に運転を停止する」と表記し、具体的な影響が考慮されていない。内閣府の担当者は「原子力規(後略)

 
[2021_12_22_06]
政府、水産物ネット販売を支援 原発処理水放出による風評対策 共同通信 2021/12/22 TOP
東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の海洋放出を巡り、水産物の風評被害に対応するため、政府が設ける基金による支援の概要が22日、分かった。漁業者団体が新たに水産物のインターネット販売を始める際に必要な電子商取引(EC)サ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_22_05]
処理水タンク増設議論を 規制委員長「緊急避難的」 産経新聞 2021/12/22 TOP
原子力規制委員会の更田豊志(ふけた・とよし)委員長は22日の記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水海洋放出の開始時期が、東電の目標とする令和5年春ごろよりずれ込む可能性を視野に、敷地内で保管するタンクの増設議論を始める必(後略)

 
[2021_12_22_04]
東海第二原発のテロ対策施設設置を正式許可 日テレ 2021/12/22 TOP
原子力規制委員会は、茨城県東海村にある東海第二原発について、テロ対策などに必要な施設の設置計画を正式に許可しました。福島第一原発と同じ「沸騰水型」の原発で許可を受けたのは初めてです。この対策施設は、原子炉建屋に大型の航空(後略)

 
[2021_12_22_03]
中国、処理水海洋放出の撤回要求「重大な懸念」を表明 時事通信 2021/12/22 TOP
【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は22日の記者会見で、東京電力が21日に福島第1原発処理水の海洋放出計画を原子力規制委員会に申請したことに「重大な懸念」を表明した。その上で「日本は周辺国を含む国際社会の懸念に真剣に耳(後略)

 
[2021_12_22_02]
規制委員長「数回の会合で終わるのでは」 処理水の審査 異例のパブコメ実施も 東京新聞 2021/12/22 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は22日の記者会見で、東京電力が申請した福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の汚染水を浄化処理した後の水(処理水)を海洋放出する設備計画の審査について、来年3月末までに結果を取りまとめる方(後略)

 
[2021_12_22_01]
室蘭PCB処理 53団体が抗議書 市長宛て 道新 2021/12/22 TOP
【室蘭】室蘭市の市民団体「原発廃炉金属の再利用を監視する市民の会」は21日、東京電力福島第1原発周辺で出た高濃度ポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物を室蘭市内で処分する環境省の計画について、市が受け入れたことに抗議する文書を(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_21_10]
千島・日本海溝で巨大地震と津波被害の新たな想定を公表 NHK 2021/12/21 TOP
北海道から岩手県にかけての沖合にある「千島海溝」と「日本海溝」で、巨大地震と津波が発生した場合の国の新たな被害の想定がまとまりました。最悪の場合、死者は10万人から19万9000人に達し、津波から逃れても低体温症となり死亡する危(後略)

 
[2021_12_21_09]
最悪19万9000人死亡 日本海溝・千島海溝地震被害想定 毎日新聞 2021/12/21 TOP
日本海溝沿いと千島海溝沿いで起きる二つの巨大地震を巡り、内閣府は21日、被害想定を発表した。最悪のケースで、日本海溝地震の場合は約19万9000人が死亡し、建物約22万棟が全壊・焼失し、経済的被害額は約31兆3000億円に上る。千島海溝(後略)

 
[2021_12_21_08]
『東電福島第一原発事故は何を教訓として残したか』 山崎久隆ゼミ たんぽぽ 2021/12/21 TOP
福島第一原発事故を契機に原子力規制委員会が作られ、新規制基準を満たせば福島事故を繰り返さないとして再稼働が進められている。しかし老朽原発を始めとする原発の本質的危険性は何ら変わっていない。新規制基準を満たせば同様の事故は(後略)

 
[2021_12_21_07]
日本海溝・千島海溝地震で経済被害31・3兆円 企業、事業継続力の高度化図る 産経新聞 2021/12/21 TOP
政府は21日、北海道から東北地方の太平洋沖にある日本海溝・千島海溝沿いでマグニチュード9級の巨大地震が起きた際、経済被害は最大の場合、全国で31兆3千億円に及ぶとの推計を公表した。南海トラフ巨大地震や首都直下地震のリスクもあ(後略)

 
[2021_12_21_06]
九州電力玄海原発の事故想定「原子力防災図上訓練」 KBCNEWS 2021/12/21 TOP
九州電力玄海原発での事故を想定し、自治体や国の機関などが参加した「原子力防災図上訓練」が21日、唐津市で行われています。訓練は、玄海原発で緊急事態が起きた場合の対策拠点となる、唐津市の「佐賀県オフサイトセンター」で21日午(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_21_05]
「防波堤よりも50センチ高い津波が…」 浜岡原発 中部電力が新たな想定を示す CBCテレビ 2021/12/21 TOP
中部電力が再稼働を目指す「浜岡原子力発電所」。防波堤を超える巨大津波の想定が示されました。「津波評価に影響の大きい条件を厳しく見て、海抜22.5メートルの 津波評価を提示した」(中部電力林欣吾・社長)現在、運転を停止している(後略)

 
[2021_12_21_04]
発生1日後の想定避難者数は139万人 千島・日本海溝地震 毎日新聞 2021/12/21 TOP
北東北沖の日本海溝沿いとその北に連なる千島海溝沿いで起きる二つの巨大地震について、内閣府は21日、被害想定を発表した。大勢の犠牲者が生じ、多数の建物が壊れ、甚大な経済的被害に見舞われる。そうした大地震が発生すれば、一人一人(後略)

 
[2021_12_21_03]
島根原発再稼働の是非 市長判断は…松江市議会は再稼働容認方針 住民団体は抗議 TSK 2021/12/21 TOP
中国電力が再稼働をめざす島根原発2号機について21日、立地自治体である松江市の市議会が賛成陳情を採択し、議会として再稼働を容認する方針を示しました。松江市の12月定例市議会最終日の21日。議員が討論を行い審議したのは、2号機再(後略)

 
[2021_12_21_02]
東電 処理水海洋放出計画を申請 福島県いわき市長「遺憾の意」 TUF 2021/12/21 TOP
福島第一原発の処理水について東京電力は、海へ放出するための実施計画を原子力規制委員会に21日、申請しました。福島県いわき市の内田市長は「まだ地元の合意が得られていない」として遺憾の意を表しました。東京電力は、福島第一原発の(後略)

 
[2021_12_21_01]
原発処理水の海洋放出 進む4つの設備整備と判断が難しい"地元の理解" FTV 2021/12/21 TOP
海洋放出に関わる施設や設備の建設には、原子力規制委員会の認可を受ける必要があり、東京電力は12月21日に計画を申請した。東京電力が申請した計画の内容について、取材を担当する記者の解説【福島テレビ・小野田明記者の解説】(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_20_05]
原発処理水の海洋放出に向け手続き進む…東京電力が変更許可申請を提出 FTV 2021/12/20 TOP
福島第一原発の処理水について国と東京電力は沖合1キロまで整備した海底トンネルから放出する計画で現在は海底の地質調査が進められている。今後、処理水の放出に必要な設備を建設するには原子力委員会による認可が必要で東京電力は新た(後略)

 
[2021_12_20_04]
中国、ペブルベッド型高温ガス原子炉が稼働 CNNCが開発 ロイター 2021/12/20 TOP
[上海20日ロイター] - 中国の山東省で、中国核工業集団公司(CNNC)が開発したペブルベッド型高温ガス炉(PBR)の原子力発電所が稼働した。CNNCが20日、明らかにしたところによると、Shidaowan原子炉事業の1号基は、中国華能集団、清(後略)

 
[2021_12_20_03]
浜岡原発“災害時広域避難"は?「車で避難が原則」御前崎市が説明会 静岡朝日 2021/12/20 TOP
浜岡原子力発電所で災害が起きた際の広域避難に関する説明会が御前崎市で行われました。19日の説明会では、市危機管理課の担当者から避難先について、▼原子力災害が単独で発生した場合は浜松市、▼大規模地震とあわせて複合的に発生した(後略)

 
[2021_12_20_02]
川内原発1号機 20日午後6時に発電再開 定期検査2カ月、燃料集合体32本を交換 南日本新 2021/12/20 TOP
定期検査中の九州電力川内原発1号機(薩摩川内市)は19日、核分裂反応が安定的に続く「臨界」に到達した。20日午後6時に発電を再開し、来年1月17日の性能検査実施後に、通常運転に復帰する見通し。九電によると、1号機は18日午後5時半(後略)

 
[2021_12_20_01]
茨城・東海村 原発、六つの提案議論 情報共有や避難計画 村民、最後の会合 茨城新聞 2021/12/20 TOP
日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村白方)の再稼働問題を巡る住民意向把握の一環で、村民が原発問題を議論する同村主催「自分ごと化会議」の最後の会合が19日、同村舟石川駅東の村産業・情報プラザ(アイヴィル)で開かれた。原発に関(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_18_02]
定期検査の川内原発1号機 再稼働 MBC 2021/12/18 TOP
九州電力は、定期検査中の川内原発1号機について、18日午後5時半に原子炉を起動し、再稼働させました。川内原発1号機は今年10月から定期検査に入っていましたが、九州電力は、原子炉を予定通り18日午後5時半に起動し、再稼働させたと発表(後略)

 
[2021_12_18_01]
子どもたちの健康づくりに向き合う鍼灸師<原発事故で肥満傾向に> FTV 2021/12/18 TOP
福島県福島市で毎週土曜日に行われている子どもたちの運動教室。主催する伊藤彰彦さんは震災後子どもたちに起きた変化を心配していた。ITO total health care伊藤彰彦代表「震災後肥満の子どもたちが増えたっていうところで、何かできる(後略)

 
[2021_12_17_04]
東通原発1号機 東北電が補正書 標準スペクトル反映 東奥日報 2021/12/17 TOP

 
[2021_12_17_03]
GP「東京電力の汚染水海洋放出、韓国への被害影響考慮していない」 ハンギョ 2021/12/17 TOP
「福島原発の影響評価報告書」の「IAEA基準下回る」という内容に反論「IAEA指針の一部だけを都合よく借用した問題あり総合的汚染経路の最新研究結果を反映すべき」東京電力、18日まで外部意見募集し、最終報告書発表する予定国際環境団体(後略)

 
[2021_12_17_02]
津波は「最大22.5m」防波壁の高さ超える新たな想定を提出【浜岡原発】 SDT 2021/12/17 TOP
防波壁の高さを超える津波の想定となった。中部電力は、静岡・浜岡原発で想定される津波の高さについて、最大で22.5mとする想定をまとめ、17日、審査会合に提出した。浜岡原発の再稼働をめぐっては現在、原子力規制委員会の新規制基準(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_17_01]
豪雨が引き起こした火砕流 島村英紀 2021/12/17 TOP
インドネシア・ジャワ島の最高峰スメル火山(標高3676メートル)の噴火がここ2週間続いている。死者行方不明者はすでに50名以上に上っている。一部の報道では「溶岩流」にのみこまれたとあるが、間違いなく「火砕流」だ。溶岩ではない。(後略)

 
[2021_12_16_06]
女川原発、来年2月に住民参加の避難訓練 河北新報 2021/12/16 TOP
内閣府は15日、来年2月上、中旬に予定する東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の原子力総合防災訓練で、住民避難を実施する計画を明らかにした。政府が2020年6月にまとめた避難計画の実効性を検証する。原子力規制委員会の定例会(後略)

 
[2021_12_16_05]
特別点検は引き続き実施 川内原発1号機 20日に発電再開 鹿児島県 KKB 2021/12/16 TOP
九州電力は、定期検査中の鹿児島県の川内原発1号機で今月20日に発電を再開すると発表しました。九州電力によりますと、川内原発1号機は18日に原子炉を起動し、20日に発電を再開します。来月中旬に通常運転に入る予定です。1号機は20(後略)

 
[2021_12_16_04]
「20年代全員帰還」調査事業、来年度予算に計上へ 政府 時事通信 2021/12/16 TOP
政府は16日、東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域のうち避難指示解除の見通しの立っていない地域について、2020年代中の希望者全員の帰還実現に向け、22年度予算案に調査事業費14億円を計上する方針を固めた。復興庁の22年度予算案(後略)

 
[2021_12_16_03]
伊方原発の運転差し止め求める裁判 原告団が約4万人の署名提出 TOS 2021/12/16 TOP
愛媛県の伊方原発の運転差し止めを巡る裁判で大分県内の原告団などが裁判所に迅速な審理を求める約3万9000人の署名を提出しました。伊方原発は大分市佐賀関から45キロの距離にあり12月に3号機が再稼働しました。大分地裁に約3万900(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_16_02]
東通原発 地震の揺れの強さ想定 従来より約1割下回る NHK 2021/12/16 TOP
東北電力は、東通村の東通原子力発電所について、国が示した新たな計算方法で想定される地震の揺れの強さを算出した結果、従来の想定よりもおよそ1割下回ったことを明らかにしました。東北電力は、この結果を16日原子力規制委員会に提出(後略)

 
[2021_12_16_01]
来年2月の神恵内村長選挙に現職の高橋昌幸氏が立候補表明 NHK 2021/12/16 TOP
いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり文献調査が行われている後志の神恵内村の高橋昌幸村長は、16日、来年2月に行われる村長選挙に立候補する意向を表明しました。これは神恵内村の高橋昌幸村長が、16日の村議会のあと記者会(後略)

 
[2021_12_15_07]
15日曲技飛行訓練 三沢基地上空/県、市など中止要請 東奥日報 2021/12/15 TOP
米軍三沢基地は14日、F16戦闘機1機が15日に25分ずつ2回、デモフライト(曲技飛行)訓練を実施すると三沢防衛事務所に伝えた。連絡を受けた県や三沢市、東北町は14日、「危険」「ごう音が響き市民に不安や苦痛を与える」などとして、米軍(後略)

 
[2021_12_15_06]
川内原発1号機 特別点検のデータサンプル採取終了 20日に発電再開 南日本新 2021/12/15 TOP
九州電力は14日、定期検査で運転停止中の川内原発1号機(薩摩川内市)の原子炉を18日に起動し、20日に発電を再開すると発表した。来年1月17日に性能検査を実施し、通常運転に復帰する。原則40年の運転期間を延長するために必要で、定検(後略)

 
[2021_12_15_05]
東京電力「地質調査」開始 海底トンネル、処理水海洋放出巡り 福島民友 2021/12/15 TOP
東京電力は14日、福島第1原発の処理水海洋放出方針を巡り、新設する海底トンネルのルートや形状の検討に反映するために台船を使った海上でのボーリングによる地質調査を始めたと発表した。調査は同日午後2時ごろ、岸壁から約700メー(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_15_04]
調査事業費14億円 政府復興予算案、復興拠点外の避難指示解除 福島民友 2021/12/15 TOP
東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域のうち、特定復興再生拠点区域(復興拠点)から外れた地域を巡り、政府が2022年度予算案で、避難指示解除に向けた調査事業費などに14億円を盛り込む方向で調整していることが14日、分かった(後略)

 
[2021_12_15_03]
市民団体が島根原発2号機再稼働に関するアンケート実施 中間集計を発表 山陰放送 2021/12/15 TOP
島根原発2号機の再稼働を巡って、島根県松江市の市民団体が独自にアンケートを行い、14日、中間集計の結果を明らかにしました。アンケートを行ったのは、原発の廃止などを訴えている「原発ゼロを目指す島根の会」です。11月、独自に松(後略)

 
[2021_12_15_02]
市民団体が川内原発運転延長問題めぐり専門委に「適切な運営を」 KTS 2021/12/15 TOP
川内原発の運転延長問題をめぐり有識者らで組織する専門委員会について、15日、市民団体が適切な運営を県に申し入れました。鹿児島県薩摩川内市にある九州電力川内原子力発電所は、1号機が2024年7月に40年の運転期限を迎えますが、現在、(後略)

 
[2021_12_15_01]
2万カ所の点検進める柏崎刈羽原発7号機 産経新聞 2021/12/15 TOP
核物質防護の不備や安全対策工事の未完了など不祥事が相次ぐ東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)7号機。このうち、床や壁の貫通部での安全対策工事の未完了は計94カ所見つかり、施工を行うとともに、貫通部や貫通部に見える箇(後略)

 
[2021_12_14_08]
玄海原発で相次ぐ火災、事故 玄海町が九州電力に再発防止申し入れ】 サガTV 2021/12/14 TOP
玄海原子力発電所で、火災や事故が相次いでいることから、玄海町は13日、九州電力に再発防止などを文書で申し入れました。玄海町の脇山伸太郎町長は13日、九州電力玄海原子力総合事務所の篠原雅道所長を役場に呼び、申し入れ書を手渡しま(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_14_07]
相模湾で軽石を初めて確認 3管、真鶴岬から17キロ沖 神奈川 2021/12/14 TOP
小笠原諸島南方の海底火山・福徳岡ノ場の噴火で発生したとみられる大量の軽石が沖縄などに漂着している問題で、第3管区海上保安本部(横浜)は14日、軽石とみられる漂流物を相模湾で初めて確認したと発表した。神奈川県内沿岸での確認は(後略)

 
[2021_12_14_06]
北極海内部にセシウム到達 福島原発事故の8年後 共同通信 2021/12/14 TOP
2011年の東京電力福島第1原発事故で海に流出するなどした放射性物質セシウム134が約8年後、北極海内部に到達していたとの研究結果を海洋研究開発機構の熊本雄一郎主任研究員が14日までにまとめた。北極海の縁海を越え内部で検出されたの(後略)

 
[2021_12_14_05]
F16無断飛行再開「日米連携不足が要因」 東北防衛局長、青森県知事に陳謝 東奥日報 2021/12/14 TOP
米軍三沢基地のF16戦闘機が青森県深浦町に燃料タンクを投棄した後、米軍側が県などに説明しないまま、同基地のF16の飛行を再開した問題で、東北防衛局の市川道夫局長は14日、防衛省と米軍の連携不足が要因との認識を示した。同日、県庁(後略)

 
[2021_12_14_04]
九電、川内原発1号機を20日に発電再開 時事通信 2021/12/14 TOP
九州電力は14日、定期検査中の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の発電を20日に再開すると発表した。再開後は徐々に出力を高めた上で総合負荷性能検査を実施し、2022年1月中旬に通常運転に復帰する予定。(後略)

 
[2021_12_14_03]
原発「即禁止」はリアリティある国の運営 『れいわ新選組の脱原発戦略』 たんぽぽ 2021/12/14 TOP
○最近地震が多い。我家も6畳間の天井の一部が半分こわれた。(少し前の地震で)地震のとき、いつも思う。「原発は大丈夫か?」と。10年前の東電福島第一原発事故を考えれば、「原発は大丈夫」ととても思えない。原発がとても危ない!と思う。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_14_02]
燃料タンク投棄問題 東北防衛局長が深浦町長らと面会 NHK 2021/12/14 TOP
アメリカ軍三沢基地のF16戦闘機が飛行中に燃料タンクを投棄し、青森空港に緊急着陸したトラブルで、東北防衛局の市川道夫局長は県庁を訪問したあと、タンクが落下した深浦町を訪れ、吉田町長と町議会の小野議長とも面会しました。この中(後略)

 
[2021_12_14_01]
柏崎刈羽原発核セキュリティ問題 東京電力・規制委員会の在り方は UXTV 2021/12/14 TOP
柏崎刈羽原発の核セキュリティ問題をめぐって今年2月に原発内部で侵入者を検知する設備が故障した時に、東京電力が壊れた設備の代わりに「不十分な代替措置」を講じていたことがわかり、批判を集めました。この時は原発をチェックする原(後略)

 
[2021_12_13_04]
宙づりの放射性廃棄物を下ろし終える、クレーン復旧 福島第一原発 東京新聞 2021/12/13 TOP
東京電力は13日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の4号機南側にある建屋内で起きたクレーンの故障が復旧し、つり上げたままだった汚染水の浄化処理で使った「吸着塔」を11日に地上に下ろしたと発表した。放射性廃棄物の吸着塔は9(後略)

 
[2021_12_13_03]
凍土壁の解けた部分に鋼管8本打ち込み終える 地中温度0度以下に 東電福島第一原発 東京新聞 2021/12/13 TOP
東京電力は13日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)1〜4号機周囲の地中に造った凍土遮水壁(全長約1.5キロ)の解けた部分に、地下水の流入を止めるため地中に鋼管8本を打ち込む作業を終えた。東電によると、今月6日から作業を開始(後略)

 
[2021_12_13_02]
原発は「危険」だけど「必要」? 福井県内の高校生、同世代調査 毎日新聞 2021/12/13 TOP
原発は「危険」、だけど「必要」?福井県内の高校に通う同世代の若者たちが原発にどのような意識を持っているのかを調べるアンケート調査を、福井南高(福井市)の生徒たちが実施した。約1800人の回答からは、原発が集中立地する福井の若(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_13_01]
1日も早い運転差し止めの判決を/富山 tulip 2021/12/13 TOP
北陸電力の株主が会社の取締役4人に対し、志賀原発の再稼動差し止めを求めている裁判です。13日の口頭弁論で原告団の団長は、「事故が起きれば全ての命が危険にさらされる」と、1日も早い運転差し止めの判決を求めました。北陸電力の取(後略)

 
[2021_12_12_04]
原発廃止 講演で訴え 最終処分場拒否 「県民の会」集会 東奥日報 2021/12/12 TOP

 
[2021_12_12_03]
当時は小学生 原発事故被災者が長崎市で講演 長崎放送 2021/12/12 TOP
小学生のとき原発事故にあい現在、福島県の原子力災害伝承館で働く女性が12日、長崎市の原爆資料館で講演しました。講演を行ったのは小学3年生の時に南相馬市で被災した渡邉舞乃さんです。この講演会は福島県にある原子力災害伝承館が原(後略)

 
[2021_12_12_02]
京都にあった原子炉計画 住民抵抗「世界初の反原子炉運動」書籍に 京都新聞 2021/12/12 TOP
1950年代に京都府宇治市木幡と京都市伏見区にまたがる地域で研究用原子炉の設置が計画され、住民らの反対で撤回された歴史を研究した書籍「京都宇治原子炉」を、地元の男性が出版した。当時の新聞記事や公文書を探し出して豊富な一次史料(後略)

 
[2021_12_12_01]
玄海原発工事で作業員2人負傷 クレーンから鉄筋落下 佐賀新聞 2021/12/12 TOP
九州電力は11日、玄海原発(東松浦郡玄海町)構内の工事現場で鉄筋が高さ約4メートルから落下し、請負会社の作業員2人が負傷する事故があったと発表した。2人とも病院に搬送され、いずれも軽傷だった。九電によると、事故は緊急時対策棟(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_11_06]
周辺3市に交付金の一部充当 島根原発2号機めぐり県表明 時事通信 2021/12/11 TOP
島根県は11日、中国電力島根原発2号機(松江市)再稼働に関し、原発から30キロ圏内の出雲市、安来市、雲南市との意見交換会を開いた。3市が避難所などの施設整備への財政支援を求めたのに対し、県は独自に課税する核燃料税を財源とする(後略)

 
[2021_12_11_05]
島根原発 周辺3市 安全協定「前進回答なし」 山陰放送 2021/12/11 TOP
島根原発2号機の再稼働をめぐり、島根県知事と出雲、安来、雲南の周辺3市の市長が意見を交わす会議が11日開かれました。3回目となる11日の会議では島根県松江市や島根県と同等の事前了解権を含んだ安全協定を求める3市の要望に中国電力が(後略)

 
[2021_12_11_04]
住民投票で再稼動の是非…3つの市民団体が共同会見(島根・松江市) TSK 2021/12/11 TOP
島根原発2号機の再稼働に向けた賛否を住民投票で問おうと署名活動などをしている3つの市民団体が、きょう共同で会見を開きました。どうする島根原発?みんなで決める松江の会:「私たちの未来を左右する重大な選択を私たちは人任せにでき(後略)

 
[2021_12_11_03]
福島原発 水素爆発した1号機の内部映像 日テレ 2021/12/11 TOP
2011年の福島第一原発事故で原子炉がメルトダウンし水素爆発を起こした1号機・内部の新たな映像が公開されました。公開された映像は、先月26日、原子力規制委員会が撮影した福島第一原発1号機の原子炉建屋・内部のもので、水素爆発が起(後略)

 
[2021_12_11_02]
柏崎・刈羽原発の6号機の大物搬入建屋の基礎杭が真っ二つ 山崎久隆 たんぽぽ 2021/12/11 TOP
△脱原発スピーチ…1山崎久隆さん(たんぽぽ舎・共同代表)※その1の続き柏崎・刈羽原発、東電ですね。検査対象となっている会社であり、原発を動かす資格などない会社ですが、そこが新規制基準適合性審査をした柏崎・刈羽原発の6号機の(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_11_01]
英国が輸入規制撤廃へ着手 原発事故後の日本産食品 共同通信 2021/12/11 TOP
農林水産省は10日、英国政府が東京電力福島第1原発事故後の日本産食品に対する輸入規制撤廃に向け、国内手続きに入ったと発表した。健康へのリスクを評価した結果、撤廃しても英国の消費者に影響はないと判断した。来年2月までパブリッ(後略)

 
[2021_12_10_12]
(お知らせ)伊方発電所3号機 第15回定期検査の状況について 四国電力 2021/12/10 TOP
伊方発電所3号機(定格電気出力89万キロワット)は、現在、各種試験を行いながら定格電気出力にて調整運転を実施しております。この調整運転において、蒸気タービンに係るパラメータの一つである「復水器の水室内(細管)の入口と出口に(後略)

 
[2021_12_10_11]
インド亜大陸が元凶で起こる大地震 島村英紀 2021/12/10 TOP
中央アジアのタジキスタンで7月にマグニチュード(M)5.9の地震があり、当局によると少なくとも5人が死亡した。このほか3人が重傷、53人が軽傷を負い、家屋が倒壊する被害も出た。地震で送電線が寸断されて広い範囲で停電になった。9月(後略)

 
[2021_12_10_10]
当時現場で交通誘導 2人に警察が感謝状 田中さん、葛西さん 東奥日報  2021/12/10 TOP

 
[2021_12_10_09]
台湾の海域でも軽石 沖縄タイ 2021/12/10 TOP
【台北共同】台湾政府の海洋委員会は9日までに、小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場(ふくとくおかのば)」の噴火で発生した可能性がある軽石が北部の新北市や基隆市、東部の花蓮県、北東部の宜蘭県などの港や沖合の海域で確認されたと発(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[110] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_10_08]
トカラ列島近海 “当分は震度5強程度の地震に注意"地震調査委 NHK 2021/12/10 TOP
9日午前、鹿児島県の十島村で震度5強の揺れを観測した地震について政府の地震調査委員会は「この地域では当分の間、震度5強程度の地震に注意が必要だ」とする見解を示しました。政府の地震調査委員会は定例の会合を開き、9日午前11時(後略)

 
[2021_12_10_07]
緊急着陸の空自F35 システムに不具合 東奥日報 2021/12/10 TOP
東奥日報2021年12月09日18時20分航空自衛隊三沢基地は9日、F35A最新鋭ステルス戦闘機が8日に函館空港へ緊急着陸した原因は、機体に搭載されているコンピューターシステムの一部に不具合が生じたためと発表した。コンピューター交換を含む(後略)

 
[2021_12_10_06]
緊急着陸のF35A、三沢帰投 東奥日報 2021/12/10 TOP
コンピューターシステムの不具合のため8日、函館空港に緊急着陸していた航空自衛隊三沢基地所属のF35A戦闘機は機体の整備を終え、10日午前9時57分、随伴機を含めた2機が同基地に帰投した。(後略)

 
[2021_12_10_05]
米軍F16タンク投棄、情報開示粗さ露呈 東奥日報 2021/12/10 TOP
米軍三沢基地F16戦闘機による青森県深浦町内への燃料タンク投棄を巡り、東北防衛局が11月30日夜、米側からの情報として「燃料タンクを北緯40度37分6291、東経139度55分5842付近で投棄した」と県内自治体に伝えていたことが、関係機関へ(後略)

 
[2021_12_10_04]
1F廃炉最前線…‘使用済み燃料取り出し’ FCT 2021/12/10 TOP
11日で震災から10年と9ヶ月になるが、福島第一原発では廃炉作業が粛々と進められている。事故当時、稼働中だった1号機から3号機の底には、溶け落ちた核燃料=燃料デブリがあり、この取り出しが、最も困難とされている。一方で、建屋の上(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 23 >  記事番号[111]〜[115] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_10_03]
福島第一原発の「処理水」 IAEAが来年「中間報告」を公表へ TBS 2021/12/10 TOP
IAEA=国際原子力機関のグロッシー事務局長は萩生田経済産業大臣とオンラインで会談し、福島第一原発から海に放出される予定の「処理水」の安全性などについて2022年中に中間報告書をとりまとめることを確認しました。当初の予定では来週(後略)

 
[2021_12_10_02]
米軍機に燃料タンクを投棄された青森・深浦町の議会が東北防衛局に要請文を提出 米軍に再発防止など求める ABA 2021/12/10 TOP
アメリカ軍のF16戦闘機が、深浦町に燃料タンクを投棄した問題についてです。町議会が東北防衛局を訪れ、原因究明と再発防止を求めました。【深浦町議会小野文之議長】「私たち深浦町議会の議員の総意として、きょうは要請文を持参してお(後略)

 
[2021_12_10_01]
日本原電は「原発をやる資格があるのか」… 規制委員会が疑っている 山崎久隆 たんぽぽ 2021/12/10 TOP
△司会:久保清隆さん(首都圏連絡会)「日本原電は多くの問題を抱えながらも我々の問いかけにいっさい答えようとしない。本日も申入書の受け取りを対面ではできない、と言ってきた。さすがにコロナを理由にできないから今、どういう風に(後略)

 
[2021_12_09_15]
未点検の杭が約1800本 損傷が地震の影響か調査 柏崎刈羽原発 新潟放送 2021/12/09 TOP
新潟県にある柏崎刈羽原発で、地中の杭に損傷が見つかり中越沖地震の影響が指摘されている問題で、そもそも原発には地震以降、一度も詳細な点検をしていない杭がおよそ1800本あることが分かりました。東京電力は「点検の必要はない」と判(後略)

 
[2021_12_09_14]
地下500メートルで掘削準備/原子力機構・幌延深地層研究センター 電気新聞 2021/12/09 TOP
◆地層処分技術、高度化を追求高レベル放射性廃棄物の地層処分技術の研究開発を実施する、日本原子力研究開発機構幌延深地層研究センター(北海道幌延町)では、地下500メートルでの調査研究に向けた準備が進められている。同センターは(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 24 >  記事番号[116]〜[120] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_09_13]
青森沖地震計など障害 緊急地震速報遅れ NHK 2021/12/09 TOP
北海道から関東にかけての沖合に整備されている地震計と水圧計が一体となった観測システムのうち、北海道と青森県の海底のデータが8日昼すぎから受信できなくなっていることがわかりました。気象庁の緊急地震速報の発表が最大で15秒ほ(後略)

 
[2021_12_09_12]
米軍タンク投棄の夜、2次被害を防いだ町民 東奥日報 2021/12/09 TOP
謎の金属片、鼻を突く臭い、道路に広がる不気味な液体…。米軍三沢基地所属のF16戦闘機が青森県深浦町内に燃料タンク2個を投棄したトラブルは、当初は事件か事故か分からず、住民は不安に包まれた。たまたま居合わせた男性2人が暗闇の(後略)

 
[2021_12_09_11]
空自F35Aが緊急着陸 函館空港、訓練中に不具合 防衛相が陳謝 道新 2021/12/09 TOP
12/09 02:17 更新 【函館】8日午後0時20分ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35A1機が訓練飛行中に機体の不具合が発生し、函館空港(函館市)に緊急着陸した。空自によると、操縦士1人にけがはなく(後略)

 
[2021_12_09_10]
放射性廃棄物を宙づりのまま…クレーン故障 復旧見通せず 福島第一原発 東京新聞 2021/12/09 TOP
東京電力は9日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の4号機南側にある建屋内で、汚染水の浄化処理で使った「吸着塔」という装置を搬出する途中に、クレーンが故障して動かなくなったと発表した。吸着塔を床から4メートルつり上げた状(後略)

 
[2021_12_09_09]
福島第1、セシウム吸着塔宙づり 高さ4メートルで停止 共同通信 2021/12/09 TOP
東京電力は9日、福島第1原発の汚染水から放射性セシウムを取り除く設備がある建屋で、セシウムの吸着材などが入った金属製の「吸着塔」の搬出作業中にクレーンが故障し、吸着塔が床から高さ4メートルで宙づりになっていると発表した。東(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 25 >  記事番号[121]〜[125] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_09_08]
鹿児島県 十島村で震度5強 津波の心配なし NHK 2021/12/09 TOP
9日午前11時すぎ、鹿児島県のトカラ列島近海を震源とする地震があり十島村の悪石島で震度5強の強い揺れを観測しました。気象庁は地震のマグニチュードを6.1に震源の深さを14キロにそれぞれ更新し「明らかな津波は観測されなかった」と発(後略)

 
[2021_12_09_07]
「機体システムに不具合」 函館に緊急着陸のF35A機 道新 2021/12/09 TOP
井筒俊司航空幕僚長は9日の記者会見で、函館空港に緊急着陸した最新鋭ステルス戦闘機F35Aについて、「機体のコンピューターシステムに不具合が生じた」と明らかにした。部品交換などの整備点検を進めており、同機は早ければ10日にも所(後略)

 
[2021_12_09_06]
函館空港に緊急着陸のF35 コンピューターの不具合が原因 NHK 2021/12/09 TOP
8日、航空自衛隊三沢基地のF35戦闘機1機が函館空港に緊急着陸したトラブルで、航空自衛隊は9日、機体のコンピューターシステムの一部に不具合が起きたことが原因だったと明らかにしました。この機体のコンピューターは交換したということ(後略)

 
[2021_12_09_05]
米軍、燃料流入の融雪溝を洗浄/深浦 東奥日報 2021/12/09 TOP
米軍三沢基地のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県深浦町内に投棄した問題で、米軍関係者が9日、1個目のタンクが見つかった町役場近くの現場で、燃料が入り込んだ融雪溝を洗浄した。三沢基地内で下水処理に使われる、吸引機能がある大型の(後略)

 
[2021_12_09_04]
F16無断飛行再開に抗議/青森県議会が決議 東奥日報 2021/12/09 TOP
青森県議会は9日、米軍三沢基地F16戦闘機による燃料タンク投棄事案の再発防止を求めるとともに、無断での飛行再開に抗議する決議案を自民党、立憲民主党など全6会派の連名で発議し、全会一致で可決した。決議では、深浦町内へのタンク投(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 26 >  記事番号[126]〜[130] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_09_03]
原子力施設誘致、具体性乏しく 巨額税収への思惑透ける 青森・風間浦村 河北新報 2021/12/09 TOP
青森県風間浦村が原子力施設の誘致に向けた検討に着手するのは、立地自治体が受け取れる交付金や税収など巨額の財源を見込んでいるからだ。ただ村に誘致できる施設は限定的とみられ、構想は具体性に乏しいとみる向きもある。2020年国(後略)

 
[2021_12_09_02]
空自三沢F35A 緊急着陸 函館空港 訓練中に不具合 東奥日報 2021/12/09 TOP

 
[2021_12_09_01]
深浦・米軍タンク投棄 強烈な異臭、燃料で滑る路面 夜の現場、住民が交通誘導 東奥日報 2021/12/09 TOP

 
[2021_12_08_18]
韓国側「福島放射能影響評価は短期間に集中しており、事故への備えもない」 ハンギョ 2021/12/08 TOP
3日、韓日実務ブリーフィングセッションで指摘日本政府による福島第一原発の放射能汚染水の海洋放流と関連して、3日に開かれた韓日間での実務ブリーフィングセッションに参加した韓国の専門家たちは、日本側の放射線影響評価シミュレー(後略)

 
[2021_12_08_17]
復興庁住民意向調査、「帰還考える」微増 福島・双葉11.3%、富岡9.5% 福島民友 2021/12/08 TOP
復興庁は7日、東京電力福島第1原発事故で避難指示が出ている福島県双葉町と富岡町の住民意向調査の結果を発表した。結果は【グラフ】の通りで「(将来の希望も含め)戻りたいと考えている」と答えた割合は、全町避難が続く双葉が11.3(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 27 >  記事番号[131]〜[135] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_08_16]
続発する地震、噴火…「スーパー南海地震」との戦慄の関係 フライデ 2021/12/08 TOP
不気味な揺れが頻発している――。12月3日午前6時37分に山梨県東部・富士五湖で震度5弱、午前9時28分には和歌山県の紀伊水道でやはり震度5弱の地震が発生。翌4日からは鹿児島県奄美地方・トカラ列島近海で、震度1以上を記録する群発地震(後略)

 
[2021_12_08_15]
ステルス戦闘機「F35」が函館空港に緊急着陸…訓練中、機体に不具合か 読売新聞 2021/12/08 TOP
防衛省航空幕僚監部によると、8日午後0時18分頃、航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属のステルス戦闘機「F35」が北海道函館市の函館空港に緊急着陸した。同基地によると、同機は訓練中で、機体に不具合が生じたとみて調べている。今(後略)

 
[2021_12_08_14]
自衛隊の戦闘機1機 函館空港に緊急着陸 一時滑走路を閉鎖 NHK 2021/12/08 TOP
8日昼過ぎ、函館空港に航空自衛隊三沢基地所属の戦闘機1機が緊急着陸しました。航空自衛隊によりますと、8日午後0時18分ごろ、青森県の三沢基地に所属するF35戦闘機1機が、函館空港に緊急着陸したということです。緊急着陸の理由は分か(後略)

 
[2021_12_08_13]
風間浦村 冨岡村長「原子力関連施設などの誘致検討で調査へ」 NHK 2021/12/08 TOP
風間浦村の冨岡宏村長は、原子力関連施設などの村内への誘致を検討するにあたっての調査を始めると明らかにしました。冨岡村長は7日の村議会で議員からの質問に対し、今後、原子力関連施設などの村内への誘致を検討するにあたっての調査(後略)

 
[2021_12_08_12]
原因と防止策、県民に示せ/米軍F16タンク投棄 東奥日報 2021/12/08 TOP
米軍三沢基地所属のF16戦闘機が、深浦町に燃料タンク2個を投棄した問題で、当の米軍や日本政府からトラブルの発生原因など地元に対する説明は、いまだ不十分なままである。人的被害がなかったから、被害が比較的軽微に済んだから、あるい(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 28 >  記事番号[136]〜[140] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_08_11]
F16飛行再開容認 防衛相「米軍が安全確認」 東奥日報 2021/12/08 TOP
青森県深浦町内に燃料タンクを投棄した米軍三沢基地F16戦闘機の飛行再開を巡り、岸信夫防衛相は7日に防衛省で開いた閣議後記者会見で、ラップ在日米軍司令官から「全機体を点検し安全を確認したとの説明があった」と述べ、同型機の飛行再(後略)

 
[2021_12_08_10]
日本原電敦賀事業本部を訪れ 7つの質問文を渡す 柳田真 たんぽぽ 2021/12/08 TOP
◎12月5日(日)の「老朽原発このまま廃炉!大阪集会」の後、大阪市内に一泊し、翌日6日(月)13時に、福井県敦賀市内にある日本原電敦賀事業本部を東京を中心に8人で訪れた。日本原電本店(東京のJR秋葉原駅近く)は、「新型コロナ」を口実に(後略)

 
[2021_12_08_09]
風間浦村長、原子力施設誘致構想を表明 災害復旧の財源に 最終処分場は除外 東奥日報 2021/12/08 TOP
青森県風間浦村に原子力関連施設を含む企業誘致構想があることが7日分かった。冨岡宏村長が同日の定例村議会一般質問で、誘致検討に向け調査を進めると表明した。施設の具体名には言及しなかった。村は誘致で得られる交付金や税収を災害(後略)

 
[2021_12_08_08]
F16飛行再開に…三沢市長が岸大臣に再発防止要請 テレ朝 2021/12/08 TOP
アメリカ空軍の戦闘機が燃料タンクを投棄し、安全対策の説明もないまま飛行を再開したことについて、青森県三沢市の小檜山市長が岸防衛大臣に対して再発防止を求める申し入れを行いました。青森県三沢市・小檜山市長:「原因究明と再発防(後略)

 
[2021_12_08_07]
鹿児島県 十島村の悪石島で震度4 津波の心配なし NHK 2021/12/08 TOP
午後10時44分ごろ、鹿児島県で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。この地震で震度4の揺れを鹿児島県十島村の悪石島で、震度2を十島村の小宝島で観測しました。気象庁の観測によりますと震源(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 29 >  記事番号[141]〜[145] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_08_06]
鹿児島・トカラ列島近海で地震 十島村・悪石島で震度4 被害なし MBC 2021/12/08 TOP
8日、午後10時44分ごろ、トカラ列島近海を震源地とする地震がありました。震源の深さはおよそ20キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.3と推定されます。この地震による津波の心配はありません。鹿児島県内では、震度4を十島村の悪(後略)

 
[2021_12_08_05]
福島県沖が震源の地震 階上町で震度2(16:22) NHK 2021/12/08 TOP
8日午後4時22分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、県内では階上町で震度2を観測しました。この地震による津波の心配はありません。各地の震度は、震度2が階上町、震度1が八戸市、五戸町でした。震源地は福島県沖で震源の深さはおよ(後略)

 
[2021_12_08_04]
福島県・宮城県で震度3の地震発生 ウエザー 2021/12/08 TOP
12月08日 16時22分頃、福島県・宮城県で最大震度3を観測する地震がありました。震源地:福島県沖マグニチュード:5.0震源の深さ:約50kmこの地震による津波の心配はありません。(後略)

 
[2021_12_08_03]
函館空港に空自F35が緊急着陸 滑走路一時閉鎖 時事通信 2021/12/08 TOP
8日午後0時20分ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが函館空港(北海道函館市)に緊急着陸した。訓練飛行中に機体に異常が発生したとみられ、空自が詳しい原因を調べている。空自によると、緊急着陸(後略)

 
[2021_12_08_02]
自衛隊F35A 函館空港に緊急着陸…機体故障で、滑走路を一時閉鎖 HBC 2021/12/08 TOP
8日午後、青森県の三沢基地に所属するF‐35戦闘機1機が函館空港に緊急着陸しました。けが人はいません。航空自衛隊と函館空港を管理・運営する北海道エアポートによりますと、8日午後0時15分ごろ、青森県の航空自衛隊三沢基地に所属する(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 30 >  記事番号[146]〜[150] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_08_01]
岸防衛相 青森 三沢市長と会談 空自F35戦闘機の緊急着陸を陳謝 NHK 2021/12/08 TOP
岸防衛大臣は青森県三沢市の小桧山市長と会談し、航空自衛隊三沢基地のF35戦闘機が函館空港に緊急着陸したことを陳謝したうえで、再発防止に努める考えを伝えました。岸防衛大臣は8日午後、防衛省で三沢市の小桧山吉紀市長と会談しまし(後略)

 
[2021_12_07_05]
F16燃料タンク投棄 深浦町議会が防衛省へ要請書提出へ NHK 2021/12/07 TOP
アメリカ軍三沢基地のF16戦闘機が飛行中に燃料タンクを投棄して緊急着陸したトラブルをめぐって、タンクが投棄された深浦町の深浦町議会は、アメリカ軍にF16の飛行訓練のコースから深浦町などの住宅地の上空をはずすよう要請することな(後略)

 
[2021_12_07_04]
中間貯蔵施設 むつ市議会が説明を求める 東京電力HD 具体的な計画示されず ABA 2021/12/07 TOP
むつ市議会は、使用済み核燃料中間貯蔵施設に関する調査検討特別委員会を開催しました。事業者の親会社から参考人を招致し、説明を求めましたが、具体的な事業計画は示されませんでした。調査検討特別委員会では、リサイクル燃料貯蔵の親(後略)

 
[2021_12_07_03]
汚染水海洋放出巡る2国間協議体設置 韓国提案に日本「まだ検討中」 総合 2021/12/07 TOP
【ソウル聯合ニュース】東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水の海洋放出問題を議論するため、韓国が日本に提案した2国間協議体の設置について、韓国の外交部当局者は7日、記者団に「まだ日本側でも内部協議を通じ検討していると(後略)

 
[2021_12_07_02]
原発再稼働是非 住民投票へ向け署名集まる 条例制定目指す市民団体 NKT 2021/12/07 TOP
中国電力が再稼働を目指す島根原発2号機。一部地域が島根原発から30キロ圏内となる米子市では再稼働の是非を問う住民投票条例制定を直接請求するための署名が集まった。住民投票条例の制定に向けて署名活動を行っているのは、市民団体「(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 31 >  記事番号[151]〜[155] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_07_01]
島根原発 地元経済団体が早期稼働を要望 住民投票求める活動など関心高まる TSK 2021/12/07 TOP
島根原発2号機の再稼働について、県内8市の商工会議所でつくる連合会が、再稼働に向けた手続きを迅速に進め早期稼働をめざすよう丸山知事に直接要望しました。この要望は、島根県商工会議所連合会の代表2人が島根県庁に丸山知事を訪ねて(後略)

 
[2021_12_06_03]
「新規制基準への適合は安全を意味しない」更田規制委員長 上岡直見 たんぽぽ 2021/12/06 TOP
◎現時点では全国で8基の原発が稼働している。脱原発の立場からみると規制委員会は何だかんだと審査したあげく結局は「合格」を出してしまうので「規制委員会は再稼働推進委員会だ」という批判もある。しかし福島第一原発事故のその年の(後略)

 
[2021_12_06_02]
F16戦闘機が燃料タンク2個を地上投棄 「居住地を避け投下」はウソ 浅野健一 たんぽぽ 2021/12/06 TOP
◎米軍三沢基地に所属するF16戦闘機が11月30日午後6時10分ごろ、飛行中に燃料タンク2個を投棄し、そのうち1個が青森県深浦町の住宅地から約20メートルの道路上に落下した。近くに町役場、中学校、寺などがある。もう1個は2日、日本海沿(後略)

 
[2021_12_06_01]
米軍F16が青森空港を離陸 燃料タンク投棄 河北新報 2021/12/06 TOP
2021年12月06日 06:00青森空港に駐機しているF16戦闘機=3日、青森市青森県深浦町に燃料タンク2個を投棄し、青森空港(青森市)に緊急着陸した米軍三沢基地(三沢市)所属のF16戦闘機が5日、機体の整備を終えて離陸し、帰還した。東北防(後略)

 
[2021_12_05_15]
F-16 燃料タンク投下のワケ 海上では高価なミサイルを投棄するケースも のりもの 2021/12/05 TOP
三沢基地所属のF-16が緊急着陸 投下した燃料タンクが住宅地近くに落下2021年11月30日(火)、青森県にあるアメリカ空軍三沢基地に所属するF-16戦闘機2機が、日本海側から太平洋方面に向かって飛行していたところ、その内の1機がエンジ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 32 >  記事番号[156]〜[160] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_05_14]
電事連 磯崎官房副長官にワイシャツ仕立て券を就任祝いに贈る 憲法新聞 2021/12/05 TOP
憲法便り#5844:大手電力会社の業界団体・電気事業連合会(会長、九州電力池辺社長)が、磯崎官房副長官に、ワイシャツ仕立て券を就任祝いに贈る。磯崎氏は原発を推進する経産省の副大臣や政務官を務めてきた!2021年12月5日(日)((後略)

 
[2021_12_05_13]
社説:辺野古巡る対立 「移設ありき」のままでは 京都新聞 2021/12/05 TOP
沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、県と政府の対立が改めて激化しそうだ。防衛省沖縄防衛局が埋め立て予定海域の軟弱地盤に対応するため昨年4月に申請していた設計変更について、玉城デニー知事が(後略)

 
[2021_12_05_12]
韓国政府、日本政府との席で「福島原発処理水の海洋放出を懸念」 WOW!KOR 2021/12/05 TOP
韓国政府が日本政府の福島原発処理水の海洋放出に遺憾の意を示した。韓国政府は3日、日本の東京電力が先月発表した「福島原発処理水海洋放出時の放射線影響評価報告書」の素案について、日韓政府間のブリーフィングセッションを行った。(後略)

 
[2021_12_05_11]
菅直人元首相が原発回帰を“利権がらみ"と批判 東スポ 2021/12/05 TOP
立憲民主党の菅直人元首相(75)が5日、ツイッターを更新。衆議院の原子力問題調査特別委員会の理事を頼まれたことを報告した。菅氏は「馬淵新国対委員長から、希望した経産委と原子力委の委員に指名され、原子力委では理事を頼まれた」(後略)

 
[2021_12_05_10]
玄海原発事故に備え訓練 住民避難の流れ確認 長崎県と4市 長崎新聞 2021/12/05 TOP
長崎県は4日、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)での災害発生を想定した原子力防災訓練を実施した。原発から30キロ圏内の松浦、佐世保、平戸、壱岐4市や関係機関と、災害対策本部の設置運営や迅速な情報共有・伝達、新型コロナウイルス(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 33 >  記事番号[161]〜[165] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_05_09]
インドネシア ジャワ島で火山噴火 死者14人に 行方不明者も NHK 2021/12/05 TOP
インドネシアのジャワ島で4日に起きた火山の噴火で、インドネシア政府は死亡した人がこれまでに14人にのぼると発表しました。現地には行方がわからない人がいて、捜索活動が続いています。インドネシアの国家災害対策庁などによりますと(後略)

 
[2021_12_05_08]
巨大な噴煙上がる…ジャワ島で大規模噴火 1人死亡 テレ朝 2021/12/05 TOP
インドネシアのジャワ島にある火山で大規模な噴火があり、1人が死亡し41人がけがをしたほか、2人の行方が分からなくなっています。灰色の巨大な噴煙が空に広がっていくなか、全速力で逃げる人たちの姿が映っています。インドネシアの国家(後略)

 
[2021_12_05_07]
青森空港のF16戦闘機 整備・点検続く 東奥日報 2021/12/05 TOP
米軍三沢基地のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県深浦町内に投棄した問題で、先月30日夜、青森空港に緊急着陸した機体は4日もエプロン(駐機場)から移動することなく、米軍関係者による整備が続けられた。空港では朝から断続的に雪が降(後略)

 
[2021_12_05_06]
鹿児島・悪石島で震度4 地震相次ぐ 東京新聞 2021/12/05 TOP
5日午前11時14分ごろ、鹿児島県の悪石島で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地はトカラ列島近海で、震源の深さは約20キロ。地震の規模はマグニチュード(M)4・8と推定される。津波の心配はない。悪石島では4日午後以降、震度(後略)

 
[2021_12_05_05]
週刊地震情報 2021.12.5 1日で2度の震度5弱 山梨県と紀伊水道で発生 ウエザー 2021/12/05 TOP
2021/12/05 10:15 ウェザーニュースこの1週間に国内で観測された地震回数は前週に比べると大幅に多くなりました。関東から東北の内陸部の地震が目立っており、4日(土)からはトカラ列島で群発地震が発生しています。この期間に震度3以上(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 34 >  記事番号[166]〜[170] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_05_04]
研究者「これまでもたびたび地震の活発化がみられる領域」 NHK 2021/12/05 TOP
4日から続く鹿児島県のトカラ列島近海を震源とする地震について、研究者は「これまでもたびたび地震の活発化がみられる領域だ」として、当分の間、注意が必要だと話しています。南西諸島北部の地震活動に詳しい鹿児島大学南西島弧地震火(後略)

 
[2021_12_05_03]
鹿児島 悪石島で震度3 地震相次ぎ4日から震度1〜3は計87回に NHK 2021/12/05 TOP
5日午前5時14分ごろ鹿児島県十島村の悪石島で震度3の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。気象庁の観測によりますと、震源地はトカラ列島近海で震源の深さは20キロ、地震の規模を示すマグニチュード(後略)

 
[2021_12_05_02]
燃料タンク投棄のF16戦闘機 青森空港を離陸 三沢基地に戻る NHK 2021/12/05 TOP
2021年12月5日 17時16分青森県のアメリカ軍三沢基地のF16戦闘機が飛行中に燃料タンクを投棄し、青森空港に緊急着陸したトラブルで、このF16が、エンジンを取り替えたうえで5日午後、青森空港を離陸し、三沢基地に戻りました。先月30日(後略)

 
[2021_12_05_01]
タンク投棄のF16、三沢基地に帰還 東奥日報 2021/12/05 TOP
先月30日夜、燃料タンクを青森県深浦町に投棄後、青森空港(青森市)に緊急着陸した米軍三沢基地(三沢市)のF16戦闘機は5日午後、同空港を離陸し、基地に帰還した。米軍関係者が同日午前10時ごろから同空港のエプロン(駐機場)で最終整(後略)

 
[2021_12_04_12]
F16投棄のタンク、重さは210キロ 東奥日報 2021/12/04 TOP
青森県深浦町内に燃料タンク2個を投棄後、1日夜に青森空港へ緊急着陸したF16戦闘機は、3日もエプロン(駐機場)から移動することなくエンジンを交換するなど、米軍関係者による整備が続いた。一方、関係者によると、投棄された燃料タンク(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 35 >  記事番号[171]〜[175] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_04_11]
深浦で投棄タンク2個目回収作業が終了 東奥日報 2021/12/04 TOP
米軍三沢基地所属のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県深浦町中心部に投棄した問題で、米軍側は3日、同町深浦大館の山林で見つかった2個目のタンクの回収作業を終えた。2個目のタンクが見つかった野菜集出荷施設近くの現場では、鯵ケ沢署(後略)

 
[2021_12_04_10]
三沢空港の灯火停電 米軍に再発防止要請/三沢 東奥日報 2021/12/04 TOP
米軍と航空自衛隊、民間航空が滑走路を共用している三沢空港で11月30日夕、滑走路の航空灯火が一時停電して日本航空(JAL)2便が欠航したのを受け、青森県三沢市は3日、米軍側に再発防止を要請した。市によると、滑走路の航空灯火は米軍(後略)

 
[2021_12_04_09]
韓国政府、日本に対し「福島第一原発汚染水の海洋放出に遺憾」重ねて表明 ハンギョ 2021/12/04 TOP
日本の「放射線影響評価報告書」のブリーフィングで日本政府の福島第一原発の放射性汚染水の海洋放出と関連し、韓国と日本政府が向かい合った。韓国側は日本政府の海洋放出方針に対し、重ねて懸念を表明した。(後略)

 
[2021_12_04_08]
県原子力安全専門委 現地調査終える 北陸朝日 2021/12/04 TOP
県原子力安全専門委員会による志賀原発の現地調査は、3日、敷地周辺の断層を調べ、2日間の日程を終えました。県原子力安全専門委員会が調査したのは、北陸電力が活断層とみている福浦断層です。福浦断層は、志賀原発の周囲にある4つの活(後略)

 
[2021_12_04_07]
玄海原発トラブル頻発で町長、九電に苦言 「住民の安心につながらない」 佐賀新聞 2021/12/04 TOP
九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)で火災などのトラブルが相次いでいることに関して、玄海町の脇山伸太郎町長は3日、九電に対して「住民の安心につながらないことは大変遺憾」と苦言を呈した。同日の定例記者会見で脇山町長は「事象が(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 36 >  記事番号[176]〜[180] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_04_06]
韓日が福島汚染水会議…韓国政府「海洋放出前提の報告書は遺憾」 中央日報 2021/12/04 TOP
福島原発を運営する東京電力が汚染水の放出に関連して最近公開した放射線影響評価報告書をめぐり、3日、韓日政府間の課長級オンライン会議が開かれた。政府は東京電力が海洋放出を前提に報告書を発表したことに改めて遺憾を表し、追加の(後略)

 
[2021_12_04_05]
「浜岡 最大津波高22.5m提示へ」中部電力防潮堤越える想定 「今さら言うな!」 沖基幸 たんぽぽ 2021/12/04 TOP
11月29日「浜岡 最大津波高22.5メートル提示へ」と大きな見出しが地元紙の一面を飾った。中部電力(以下、中電)が原子力規制委員会の審査会合に提示することを決めた。福島第一原発震災を受けた政府の運転停止要請による全炉停止から1(後略)

 
[2021_12_04_04]
玄海原発での事故を想定し防災訓練 コロナで規模縮小 TV長崎 2021/12/04 TOP
佐賀県の玄海原子力発電所で事故が起きたことを想定した防災訓練が4日、ありました。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、訓練の参加人数や規模は2020年に続いて2021年も縮小して実施されました。 「先ほど、原子力緊急事態宣言を(後略)

 
[2021_12_04_03]
山梨県東部・富士五湖と和歌山県・紀伊水道のW地震は南海トラフの前触れか ゲンダイ 2021/12/04 TOP
日本列島で立て続けに起こった地震。3日午前6時37分に山梨県東部・富士五湖、午前9時28分に和歌山県・紀伊水道でそれぞれ震度5弱の揺れが襲った。関東と関西で起きた地震だが、専門家によれば、いずれも「南海トラフの前兆」だという。◇◇◇(後略)

 
[2021_12_04_02]
緊急着陸のアメリカ軍F16戦闘機 整備作業続く 青森県青森空港 青森放送 2021/12/04 TOP
11月30日に青森空港に緊急着陸したアメリカ軍三沢基地のF16戦闘機は機体の整備や点検が続けられており、終わり次第、三沢市の三沢基地に向けて飛行するものと見られています。アメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機は11月30日、飛(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 37 >  記事番号[181]〜[185] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_04_01]
陸自と米海兵隊による日米共同訓練始まる 八戸など全国各地で 三沢にオスプレイ 東奥日報 2021/12/04 TOP
陸上自衛隊と米海兵隊による日米共同訓練「レゾリュート・ドラゴン21」が4日、青森県八戸市など国内各地で始まった。陸自第9師団(青森市)の第5普通科連隊を中心とした約1400人、米海兵隊員約2650人が参加。17日まで、対艦戦闘や空中機(後略)

 
[2021_12_03_14]
地球外生命をどうやって見つけるか 島村英紀 2021/12/03 TOP
人類のような高等生物が地球だけにたまたま生まれたのだろうか.。昔は地球だけは特別だと思われていたが、現在では水があり、温度も適当ならば生物が生まれることが分かってきている。だとすれば、この広い宇宙には地球とは別に生命が生(後略)

 
[2021_12_03_13]
社説(12/3):米軍機タンク投棄/原因究明し再発防止徹底を 河北新報 2021/12/03 TOP
一歩間違えれば、大惨事になっていた。米軍三沢基地(三沢市)所属のF16戦闘機が先月30日、青森県上空で投棄した燃料タンク2個のうち1個が落下した場所は、同県深浦町の住宅街から数十メートルしか離れていなかった。付近の住民は、ドー(後略)

 
[2021_12_03_12]
深浦・投棄 タンク2個目 学校近く 住民「情報開示が雑」 東奥日報 2021/12/03 TOP

 
[2021_12_03_11]
日立・GE、小型原子炉を受注 カナダで3000億円規模 日経新聞 2021/12/03 TOP
日立製作所と米ゼネラル・エレクトリック(GE)の原子力合弁会社、GE日立ニュークリア・エナジーは2日、次世代原子力の「小型モジュール炉(SMR)」をカナダで受注したと発表した。日本勢の小型の商用原子炉の受注は初めて。既存の原発(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 38 >  記事番号[186]〜[190] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_03_10]
F16飛行再開は遺憾と防衛相 青森知事、信頼崩れると懸念 共同通信 2021/12/03 TOP
青森県の米軍F16戦闘機の燃料タンク投棄で、岸信夫防衛相は3日、オースティン米国防長官と電話会談し、中止を要請していた三沢基地のF16の飛行が再開されたことに遺憾の意を伝え、円滑な事故対応を強く申し入れた。記者団に明らかにした(後略)

 
[2021_12_03_09]
知事「米軍との関係崩れる」 F16飛行再開 東奥日報 2021/12/03 TOP
米軍三沢基地のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県深浦町内へ投棄した問題で、岸信夫防衛相は3日、同型機の飛行中止を要請した翌日に米軍側が飛行再開したことに対し、「極めて遺憾」と述べた。リッキー・ラップ在日米軍司令官に説明を求(後略)

 
[2021_12_03_08]
F16タンク投棄「極めて遺憾」 岸防衛相、米国防長官と電話会談 時事通信 2021/12/03 TOP
岸信夫防衛相は3日、オースティン米国防長官と電話会談し、米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が燃料タンク2個を投棄したことについて「住民の安全に関わる極めて遺憾な事案だ」と抗議した。その上で、安全を最大限優先するよ(後略)

 
[2021_12_03_07]
“F16の飛行訓練再開 極めて遺憾" 深浦町長 防衛省に中止要請 NHK 2021/12/03 TOP
青森県三沢市のアメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機が、飛行中に燃料タンクを投棄して緊急着陸したトラブルで、タンクが投棄された青森県深浦町の吉田満町長は、アメリカ軍が2日にF16の飛行訓練を再開したことは極めて遺憾だとして、(後略)

 
[2021_12_03_06]
青森空港のF16戦闘機 エンジン交換後 三沢基地に飛行か NHK 2021/12/03 TOP
アメリカ軍三沢基地のF16戦闘機が飛行中に燃料タンクを投棄し、青森空港に緊急着陸したトラブルで、アメリカ軍は3日、空港の駐機場に停止したままとなっているF16のエンジンを交換しました。機体の点検を終えたあと三沢基地に向けて飛行(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 39 >  記事番号[191]〜[195] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_03_05]
山梨、和歌山で相次ぎ震度5弱 関連ある? 専門家の見解は 毎日新聞 2021/12/03 TOP
3日午前、山梨県と和歌山県で最大震度5弱を観測する地震が相次いで発生した。地震の規模を示すマグニチュード(M)は、山梨の地震が4・8。和歌山の地震が5・4だった。山梨県は活火山でもある富士山に近い。一方、和歌山県は、近い将来に(後略)

 
[2021_12_03_04]
山梨県東部で震度5弱 津波なし NHK 2021/12/03 TOP
3日、山梨県東部・富士五湖を震源とする地震があり、山梨県大月市で震度5弱の揺れを観測したほか、関東甲信越の広い範囲や東海の各地で震度4から1の揺れを観測しました。この地震による津波はありませんでした。気象庁は今後1週間程度は(後略)

 
[2021_12_03_03]
富士山「データに目立った変化なし」 山梨県で震度5弱 気象庁 NHK 2021/12/03 TOP
気象庁の束田進也地震津波監視課長は午前8時40分から記者会見を開き、「今回の地震は北西や南東の方向に押される逆断層と呼ばれるタイプで、フィリピン海プレートの沈み込みに伴うものと考えられる」と述べました。また、山梨県東部・富(後略)

 
[2021_12_03_02]
震度5弱 御坊市役所 耐震基準満たさず 職員が建物外に避難 NHK 2021/12/03 TOP
2021年12月3日 11時33分御坊市によりますと市役所の建物は安全性の確認が必要だとして、午前10時半現在、ほとんどの職員が建物の外に避難しているということです。このため、防災担当の職員など10数人が建物内に残り、情報収集などにあた(後略)

 
[2021_12_03_01]
和歌山県北部 震度5弱 けが人などの情報なし(10:30) NHK 2021/12/03 TOP
2021年12月3日 10時55分NHKが警察や消防に取材したところ、午前10時半現在、けが人などの情報は入っていないということです。引き続き確認を進めています。御坊市役所 窓ガラス割れるもけが人なし(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 40 >  記事番号[196]〜[200] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_02_16]
米軍三沢基地所属機の近年の燃料タンク等の落下・投棄 東奥日報 2021/12/02 TOP

 
[2021_12_02_15]
「極めて重大な事態」共産党地区委が抗議文 東奥日報 2021/12/02 TOP

 
[2021_12_02_14]
F16タンク投棄 米軍機 国内各地でトラブル 安全軽視か 対中戦略に影響も 東奥日報 2021/12/02 TOP

 
[2021_12_02_13]
伊方原発1年11カ月ぶりに再稼働 トラブル発覚で遅れも…6日には送電開始へ 岡山放送 2021/12/02 TOP
トラブルの発覚で運転再開が遅れていた愛媛県の伊方原発3号機が、11月2日、1年11カ月ぶりに再稼働しました。伊方原発3号機を巡っては、宿直の社員が無断外出を繰り返していた問題が発覚したため、四国電力が再発防止策を示し、11月、(後略)

 
[2021_12_02_12]
愛媛・伊方原発3号機 まもなく再稼働 高知県内団体が再稼働に抗議 KUTV 2021/12/02 TOP
伊方原発3号機は現在、原子炉の起動に向けた準備が進められていて、まもなくおよそ2年ぶりに再稼働する見通しです。伊方原発3号機はおととし12月に定期検査のため停止した後、制御棒を誤って引き抜く重大トラブルや、社員が無断外出する(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 41 >  記事番号[201]〜[205] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_02_11]
福島で除染土から漏水、外部流出 中間貯蔵施設 共同通信 2021/12/02 TOP
環境省は2日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染土を福島県大熊町の中間貯蔵施設に搬入した際、袋から漏れ出た放射性物質を含む恐れのある水を排水路に流すルール違反があったと発表した。川を通じて施設外に流出したが、放射線量の上昇(後略)

 
[2021_12_02_10]
石川県の専門委員会が志賀原発の現地調査 断層の活動性の有無調べる TV金沢 2021/12/02 TOP
11月、国の原子力規制委員会が石川県の志賀原子力発電所の現地調査を行ったことを受け、2日から県の専門委員会が原発敷地内の断層の現地調査に入った。2日、志賀原発を訪れたのは外部の有識者でつくる県の原子力安全専門委員会だ。北陸(後略)

 
[2021_12_02_09]
茨城と栃木で震度4 津波の心配なし NHK 2021/12/02 TOP
2021年12月2日 2時49分2日午前1時58分ごろ、茨城県と栃木県で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震度4の揺れを観測したのは、茨城県筑西市、栃木県の鹿沼市、下野市、それに高根沢町です。(後略)

 
[2021_12_02_08]
茨城、栃木で震度4 M5・0 東京新聞 2021/12/02 TOP
2日午前1時58分ごろ、茨城、栃木両県で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は茨城県南部で、震源の深さは約60キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・0と推定される。各地の震度は次の通り。震度4=筑西、筑西二木成(茨城)(後略)

 
[2021_12_02_07]
米軍三沢のF16、基地上空を飛行 東奥日報 2021/12/02 TOP
米軍三沢基地のF16戦闘機が2日、基地周辺の上空を飛行するのが確認された。燃料タンク落下事故を受けて防衛省が1日、在日米軍に対し、安全が確認されるまで国内での飛行を見合わせるよう要請していた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 42 >  記事番号[206]〜[210] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_02_06]
「我々は人でないのか」憤る住民 深浦・米軍F16タンク投棄 東奥日報 2021/12/02 TOP
家に落ちていたら命を落としていた−。米軍三沢基地所属のF16戦闘機による燃料タンクの投棄から一夜明けた1日朝、青森県深浦町中心部の現場周辺には燃料が残り、異臭が漂い続けた。降って湧いたトラブルに、近隣住民の表情には動揺と困惑(後略)

 
[2021_12_02_05]
戦闘機の燃料タンク投棄 米軍“油圧低下の警告出たため投棄" NHK 2021/12/02 TOP
青森県三沢市のアメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機が11月30日、飛行中に燃料タンクを投棄し、一部が住宅地近くに落下したトラブルで、アメリカ軍が三沢市に対し、訓練に向かう際エンジンの油圧が下がり続けているという警告が出たた(後略)

 
[2021_12_02_04]
米軍三沢のF16飛行訓練再開、知事は「遺憾」 東奥日報 2021/12/02 TOP
米軍三沢基地(青森県三沢市)所属の複数のF16戦闘機が2日、基地周辺で飛行訓練を再開した。同基地のF16は先月30日、飛行中に燃料タンクを深浦町内へ投棄しており、防衛省は1日、在日米軍に対し安全が確認されるまで国内での飛行を見合(後略)

 
[2021_12_02_03]
伊方原発3号機 運転再開へ NHK 2021/12/02 TOP
相次ぐトラブルなどの影響で運転の停止が続いていた愛媛県伊方町にある伊方原子力発電所3号機について四国電力は、2日中に原子炉を起動させます。運転停止の期間はおよそ1年11か月に及んだことから四国電力は、手順の確認や点検の体制を(後略)

 
[2021_12_02_02]
F16戦闘機燃料タンク投棄で共産党が青森県に申し入れ ABA 2021/12/02 TOP
共産党県委員会の齋藤美緒書記長たちは、青森県防災危機管理課の東宗武課長代理に要請文を手渡しました。要請文では、事故原因の究明とF16戦闘機の飛行停止と撤去、それに、4日から始まる日米共同訓練の中止を求めています。これに対し東(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 43 >  記事番号[211]〜[215] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_02_01]
海洋放出、23年春「苦しい」 処理水巡り規制委員長 河北新報 2021/12/02 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は2日、東京電力福島第1原発の処理水海洋放出を2023年春ごろに開始するとの政府や東電の方針について「(目標達成には)かなり苦しい時期に来ている」との認識を示した。第1原発を視察後、報道陣(後略)

 
[2021_12_01_20]
防衛相 米軍機燃料タンク投棄 “安全確認まで飛行中止求める" NHK 2021/12/01 TOP
11月30日、青森県のアメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機1機が、飛行中に燃料タンクを投棄したあと、青森空港に緊急着陸したことを受けて、防衛省は12月1日、幹部を集めた会議を開きました。この中で岸防衛大臣は、アメリカ側に対し、(後略)

 
[2021_12_01_19]
青森空港 民間機は通常運航 防衛省“タンク投棄"確認進める NHK 2021/12/01 TOP
11月30日、青森市の青森空港に緊急着陸したアメリカ軍の戦闘機は、12月1日未明滑走路から駐機場に移動し、青森空港を発着する民間機は1日は通常どおり運航しています。一方、アメリカ軍は戦闘機が飛行中に緊急事態に陥り人が住んでいな(後略)

 
[2021_12_01_18]
地震情報(千葉県東方沖で2021年12月01日15時05分ごろ) 神戸新聞 2021/12/01 TOP
2021年12月01日15時05分ごろ地震がありました。震源地は、千葉県東方沖震源の深さは、30 km地震の規模(マグニチュード)は、4.9と推定されます。この地震による津波の心配はありません。(後略)

 
[2021_12_01_17]
地震情報(12月1日2時43分ごろ埼玉県北部で地震) 南日本新 2021/12/01 TOP
12月1日2時43分ごろ、埼玉県北部で地震がありました。震源の深さは約70km、地震の規模(マグニチュード)は3.0と推定されます。この地震による津波の心配はありません。震度1【埼玉県】東松山市(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 44 >  記事番号[216]〜[220] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_01_16]
原発事故で東電役員の責任追及 株主代表訴訟 9年半を経て結審 TBS 2021/12/01 TOP
福島第一原発の事故をめぐり、東京電力の株主らが旧経営陣の責任を追及してきた裁判が30日、提訴からおよそ9年半を経て結審しました。判決は来年7月に言い渡される予定です。この裁判は、東京電力の株主ら49人が勝俣恒久元会長(81)ら(後略)

 
[2021_12_01_15]
米軍機 燃料タンク投棄 青森県知事 米軍に再発防止要請へ NHK 2021/12/01 TOP
11月30日、青森県のアメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機1機が、飛行中に燃料タンクを投棄したあと、青森空港に緊急着陸した問題で、燃料タンクの一部が県内の住宅地の近くで見つかりました。青森県の三村知事は、アメリカ軍に対して、(後略)

 
[2021_12_01_14]
住民「よく生きていたな」 米軍機投棄の燃料タンク、民家近くに 毎日新聞 2021/12/01 TOP
米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が11月30日に県内で燃料タンク2個を投棄し、うち1個とみられる部品は民家から約20メートル離れた国道で発見されたことが判明した。燃料タンクが見つかったのは、深浦町役場に近く、JR五能(後略)

 
[2021_12_01_13]
防衛相、F16の飛行中止要請を指示 共同通信 2021/12/01 TOP
青森県の米軍F16戦闘機の燃料タンク投棄に関し、岸信夫防衛相は1日に同省の幹部会議を開催し、米側に安全が確認されるまでF16の飛行中止と、地元への十分な情報提供を要請するよう指示を出した。(後略)

 
[2021_12_01_12]
青森空港1日朝から運用再開へ/F16を移動 東奥日報 2021/12/01 TOP
青森空港に緊急着陸し、滑走路にとどまっていた米軍三沢基地所属のF16戦闘機1機について、青森県は1日、滑走路からエプロンへの移動が完了したと発表した。1日午前2時50分までに、滑走路の運用に支障がないことを確認。最終チェックを行(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 45 >  記事番号[221]〜[225] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_01_11]
F16タンク落下、民家の20m先 米軍三沢、深浦町に陳謝 東奥日報 2021/12/01 TOP
米軍三沢基地所属のF16戦闘機1機が飛行中に燃料タンク2個を青森県深浦町内と岩木山付近に投棄した問題で、町中心部で見つかった金属製物体がタンクの1個と判明し、民家から約20〜30メートルしか離れていなかったことが1日、防衛省など(後略)

 
[2021_12_01_10]
東海第二原発のテロ対策施設設置計画 原子力規制委が了承 NHK 2021/12/01 TOP
茨城県にある東海第二原子力発電所で設置が義務づけられているテロ対策に必要な施設について原子力規制委員会は、運営している日本原子力発電の設置計画を了承しました。テロ対策施設に関する審査に事実上合格したことになります。原発の(後略)

 
[2021_12_01_09]
「玄海原発3号機」放射性ヨウ素濃度が上昇 九電が“監視体制"強化 RKB 2021/12/01 TOP
佐賀県の玄海原発3号機で、放射性ヨウ素濃度が通常より若干上昇したため、九州電力は監視体制を強化すると発表しました。九州電力が玄海原発3号機の原子炉格納容器内で一次冷却水の放射性ヨウ素濃度を測定したところ、11月29日まで(後略)

 
[2021_12_01_08]
復興拠点の立ち入り規制緩和 拠点全域で申請不要に 福島県大熊町 福島民報 2021/12/01 TOP
政府と福島県大熊町は3日から始まる準備宿泊に伴い、東京電力福島第一原発事故による町内の帰還困難区域のうち、特定復興再生拠点区域(復興拠点)に指定されている下野上、小入野、熊、夫沢の一部の立ち入り規制を30日、緩和した。午(後略)

 
[2021_12_01_07]
カリフォルニア州最後の原発、閉鎖計画見直しも=エネルギー長官 ロイター 2021/12/01 TOP
[ワシントン30日ロイター] - グランホルム米エネルギー長官は30日、カリフォルニア州が州内に唯一残るディアブロ・キャニオン原発の閉鎖計画を見直す可能性があると述べた。低炭素電源として存続を求める声が市民の間で広がっていると(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 46 >  記事番号[226]〜[230] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_01_06]
東海第二原発 テロ対策施設が事実上の“合格" テレ朝 2021/12/01 TOP
原子力規制委員会は茨城県東海村にある東海第二原発のテロ対策施設が新規制基準に適合しているとして、審査書案を取りまとめました。今後、経済産業大臣などの意見聴取を経て正式合格します。合格すれば、沸騰水型と呼ばれる原発のテロ対(後略)

 
[2021_12_01_05]
愛媛 伊方3号機「再稼働」前に 反原発団体が抗議活動 itv 2021/12/01 TOP
伊方原発3号機が2日再稼働するのを前に反原発団体が1日、愛媛県松山市内で街頭活動を行い、「10年半前の惨事を二度と繰り返してはならない」と伊方原発の廃炉をあらためて訴えました。松山市駅前で行われた街頭活動には、「伊方原発をと(後略)

 
[2021_12_01_04]
ため池の放射性物質濃度、郡山市が再調査へ 豪雨で流入の恐れ 河北新報 2021/12/01 TOP
郡山市が東京電力福島第1原発事故の影響を確認する目的で、市内のため池で放射性物質濃度の再調査に乗り出す。福島県内のため池で基準値(1キログラム当たり8000ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された事態を受けた。原発事故で(後略)

 
[2021_12_01_03]
中間貯蔵 最終申請の審査開始 規制庁 RFS工程疑問視 東奥日報  2021/12/01 TOP

 
[2021_12_01_02]
米軍F16 タンク投棄 深浦と岩木山付近 青森空港に緊急着陸 東奥日報  2021/12/01 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 47 >  記事番号[231]〜[235] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_12_01_01]
深浦住民「ぞっとする」 民家近く 米軍タンク落下か 三沢空港一時停電 JAL2便が欠航 東奥日報  2021/12/01 TOP

 
[2021_11_30_08]
過去の地震情報(2021/11/30) 読売新聞 2021/11/30 TOP
2021年11月30日 18時02分発表地震発生時刻 2021年11月30日 17時58分ごろ震源地(震央) 東京都23区 深さ 約70km緯度・経度 北緯35.7度 東経139.9度 地震の規模 M3.4(後略)

 
[2021_11_30_07]
青森空港に米軍機が緊急着陸 燃料タンク2個投棄 TBS 2021/11/30 TOP
アメリカ軍の戦闘機が燃料タンクを投棄し、緊急着陸です。青森県によりますと、30日午後6時すぎ、アメリカ軍三沢基地所属のF16戦闘機1機が青森空港に緊急着陸しました。これまでのところ、けが人は確認されていません。機体は滑走路から(後略)

 
[2021_11_30_06]
米軍機が燃料タンク投棄 青森、住宅近くに金属製物体 日経新聞 2021/11/30 TOP
11月30日午後6時10分ごろ、米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が青森空港(青森市)に緊急着陸、滑走路が閉鎖された。米軍や防衛省などによると、着陸前に燃料タンク2個を岩木山(弘前市など)周辺に投棄、山頂から約30キロ(後略)

 
[2021_11_30_05]
福島県知事が福島第一原発を視察 燃料デブリの取り出しへの取り組みなどを確認 FTV 2021/11/30 TOP
福島県の内堀知事が福島第一原発を訪れ、廃炉作業の最難関である燃料デブリの取り出しに向けた取り組みなどを確認。処理水の海洋放出に向けて、12月3日以降に行われる海底ボーリング調査について説明を受けた。一方で、汚染水対策として(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 48 >  記事番号[236]〜[240] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_30_04]
東電株主代表訴訟が結審 提訴から9年8カ月 2022年7月判決 毎日新聞 2021/11/30 TOP
東京電力福島第1原発事故を巡り、東電の株主が勝俣恒久元会長(81)ら旧経営陣5人に総額約22兆円を東電に賠償するよう求めた株主代表訴訟は30日、東京地裁(朝倉佳秀裁判長)で株主側と旧経営陣側の双方が意見陳述し、2012年3月の提(後略)

 
[2021_11_30_03]
伊方原発 使用済み燃料の乾式貯蔵施設が着工 itv 2021/11/30 TOP
伊方原発で使用済み燃料を冷やすプールの容量がひっ迫する中、四国電力は、水を使わない新たな保管方法、乾式貯蔵の施設の建設を始めました。四国電力によりますと、乾式貯蔵施設は、伊方原発の敷地内にある高台に建設され、30日工事が(後略)

 
[2021_11_30_02]
浜岡原発 巨大地震を想定した訓練 水素爆発防ぐ訓練も 静岡放送 2021/11/30 TOP
中部電力は南海トラフ巨大地震に備えた防災訓練を行いました。浜岡原発が被害を受けた想定で水素爆発を防ぐために窒素を供給する手順も確認しました。11月30日の訓練には中部電力の全社で約1万人、浜岡原発では350人が参加しました。4号(後略)

 
[2021_11_30_01]
玄海原発3号機 ヨウ素濃度が上昇 外部に放射能の影響は出ず 毎日新聞 2021/11/30 TOP
九州電力は30日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)で、原子炉格納容器内の1次冷却水の放射性ヨウ素濃度が通常より上昇したと発表した。燃料棒に微小な穴などが発生し放射性物質が漏れ出している可能性もあるとして、週3回の検査を毎日1回(後略)

 
[2021_11_29_04]
鹿児島県の原子力専門委員会 原子力政策に批判的な専門家など 4人追加へ KTS 2021/11/29 TOP
鹿児島県議会12月議会が29日開会し、塩田知事は川内原発の安全性などを検証する県の専門委員会に、原子力政策に批判的な立場の学識経験者など4人を「特別委員」として加える考えを示しました。塩田知事「年内に原子力政策に批判的な方を(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 49 >  記事番号[241]〜[245] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_29_03]
中部電力 浜岡原発の防波壁を超える高さの津波想定まとめる NHK 2021/11/29 TOP
静岡県にある浜岡原子力発電所について、中部電力が、巨大地震による津波の高さが最大で22.5メートルに達する可能性があるとの想定をまとめたことがわかりました。これは、「防波壁」の高さを超える想定となっています。静岡県の浜岡原発(後略)

 
[2021_11_29_02]
ペルーでM7.5の地震、けが2人 津波のおそれなし TBS 2021/11/29 TOP
南米ペルーで28日、マグニチュード7.5の地震が起きました。津波のおそれはないということですが、これまでに2人のけが人が報告されています。アメリカ地質調査所によりますと、地震が起きたのは現地28日午前5時52分ごろ、震源は北部の内(後略)

 
[2021_11_29_01]
<社説>軟弱地盤15年把握 直ちに辺野古を断念せよ 琉球新報 2021/11/29 TOP
名護市辺野古への新基地建設は不可能であることを示す資料が明らかになった。共同通信が情報公開請求で入手した文書によると、埋め立てを始める3年前の2015年、防衛省は地質調査した業者から地盤の問題や沈下の懸念を伝える報告を受けて(後略)

 
[2021_11_28_04]
週刊地震情報 2021.11.28_東北の沖で震度3の地震が2日連続発生 ウエザー 2021/11/28 TOP
2021/11/28 10:48 ウェザーニュースこの1週間で国内で観測された地震回数は前週に比べると若干少なくなりました。特に地震が集中している地域は見られず、北海道から南西諸島まで広い範囲で発生しています。この期間に震度3以上の地震は(後略)

 
[2021_11_28_03]
辺野古沈下の懸念把握、防衛局 埋め立て3年前、業者が報告 共同通信 2021/11/28 TOP
沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先となる名護市辺野古沿岸に軟弱地盤が広がる問題を巡り、埋め立てが始まる3年前の2015年の段階で、地質調査した業者から地盤に問題があると防衛省沖縄防衛局が報告を受けていたことが27日(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 50 >  記事番号[246]〜[250] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_28_02]
ペルーでM7.4の地震 日本への津波の心配なし NHK 2021/11/28 TOP
ハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の28日午後7時52分ごろ、南米西部のペルー北部を震源とするマグニチュード7.4の大きな地震がありました。気象庁によりますと、この地震による日本への(後略)

 
[2021_11_28_01]
福島原発・凍土壁温度上昇 鋼管埋め地下水遮断 東奥日報  2021/11/28 TOP

 
[2021_11_27_05]
処理水放出で27日にも海洋調査 福島第1原発 FNN 2021/11/27 TOP
福島第1原発で増え続けている処理水の海洋放出について、東京電力は、海底トンネルの新設に向けた海洋調査を27日にも開始すると発表した。トリチウムなどの放射性物質を含む処理水について、東京電力は、基準以下の濃度に薄め、海底トン(後略)

 
[2021_11_27_04]
柏崎刈羽原発 貫通部の総点検、2月に完了 作業を初公開 毎日新聞 2021/11/27 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の稲垣武之所長は25日の定例記者会見で、7号機の安全対策工事で未完了が判明した問題を受けて火災や浸水の防護措置を取らなければならない「貫通部」の総点検を、2022年2月に完了する方針を明らかにした。同日、点(後略)

 
[2021_11_27_03]
東電、処理水放出で海底調査開始 トンネル新設に向け 共同通信 2021/11/27 TOP
東京電力福島第1原発の処理水海洋放出を巡り、東電は27日、放出用の海底トンネル新設に向けた周辺海域での調査を始めたと明らかにした。東電によると、海底に支障物がないか確認する磁気探査を同日午前6時から始めた。12月以降に、台(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 51 >  記事番号[251]〜[255] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_27_02]
【島根原発】PAZ内の小中学校で事故を想定した避難訓練 山陰放送 2021/11/27 TOP
島根県松江市の島根原子力発電所の周辺地域にある小中学校などで、27日、事故を想定した避難訓練が行われました。松江市が3年に1回行っている訓練は、原発事故で原子炉損傷に至る可能性があり、市が緊急退避指示を出したとの想定で始まり(後略)

 
[2021_11_27_01]
原発の安全性めぐる“3つの検証" 新潟県が初の住民説明会 TeNY 2021/11/27 TOP
柏崎刈羽原発の安全性をめぐって、新潟県が独自に進めている3つの検証について初めとなる住民説明会が27日、柏崎市で開かれました。県が3つの検証に関する住民説明会を開くのは初めてで、会場には約60人が集まりました。県の担当者は3(後略)

 
[2021_11_26_11]
海底噴火で軽石が出続けた可能性 島村英紀 2021/11/26 TOP
この8月に噴火した福徳岡ノ場の噴火は戦後最大の噴火になった。本州から離れた海底噴火だったために、犠牲者もけが人も出さずにすんだ。8月13〜15日が一番激しい噴火で、噴煙の高さは1万6000メートルに達した。ジェット気流に乗って世界(後略)

 
[2021_11_26_10]
原子力広報紙、1年ぶり「第2号」 運転差し止め判決 記述なく 東京新聞 2021/11/26 TOP
日本原子力発電東海第二原発(東海村)を巡る県の取り組みを発信する広報紙「原子力広報いばらき」の第二号が今月一日、発行された。昨年十一月の第一号から一年が経過しているが、県の有識者会議の活動などを詳しく紹介する一方、東海第(後略)

 
[2021_11_26_09]
福島第一原発1号機の格納容器内部調査 2022年1月中旬に開始 TUF 2021/11/26 TOP
東京電力は福島第一原発1号機の原子炉格納容器の内部調査を2022年1月中旬から開始すると発表しました。東京電力は福島第一原発1号機で溶け落ちた核燃料燃料デブリの取り出しに向け、格納容器の内部に遠隔操作で動く6種類の水中ロボットを(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 52 >  記事番号[256]〜[260] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_26_08]
福島第1原発処理水 海洋放出の風評対策に300億円 補正予算案 毎日新聞 2021/11/26 TOP
東京電力福島第1原発でたまり続ける処理水の海洋放出を巡り、経済産業省は26日、水産物の風評被害に対応する基金のために、2021年度補正予算案に300億円を計上すると発表した。水産物の販路の拡大などを支援する。原発事故による風評被(後略)

 
[2021_11_26_07]
福島処理水を防ぐ「凍土壁」が溶ける…13.4度まで上昇=韓国報道 WOW!KOR 2021/11/26 TOP
福島第一原子力発電所の建物周辺の地盤を凍らせて地下水の流入を防ぐ凍土壁の一部が溶けたことが明らかになった。原発の近くで地下水が湧き上がってきたことが原因としてみている。NHKによると26日、福島第1原発運営会社の東京電力が原発(後略)

 
[2021_11_26_06]
福島第一原発 凍土遮水壁に地下水流入か FCT 2021/11/26 TOP
福島第一原発の「凍土遮水壁」の一部の温度が上昇している問題で、東京電力は、地下水の流れが影響しているとみて調査を進めることになりました。「凍土遮水壁」は、建屋地下の周囲を氷の壁で囲み、地下水の流入を防ぐものです。この「凍(後略)

 
[2021_11_26_05]
東北電力“原発再稼働へ"戸別訪問 2年ぶり 安全対策の状況を説明〈宮城〉 仙台放送 2021/11/26 TOP
東北電力は女川原子力発電所2号機の再稼働に向け、安全対策の状況を説明する戸別訪問を、11月26日から始めました。戸別訪問は、女川町の全世帯などおよそ3800戸を対象に実施され、26日は所員2人が女川町役場近くの住宅を訪問しました。(後略)

 
[2021_11_26_04]
関西電力旧経営陣9人、金品受領の特別背任など不起訴 金曜日 2021/11/26 TOP
関西電力旧経営陣9人が、原発立地の福井県高浜町の元助役から多額の金品を受領したり、役員報酬減額分を密かに補填されたりしていた問題で、大阪地検特捜部は強制捜査をしないまま11月9日、「嫌疑不十分」で全員不起訴にした。市民団体(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 53 >  記事番号[261]〜[265] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_26_03]
島根原発2号機再稼働の是非は?立地自治体の松江市で住民投票への署名活動始まる TSK 2021/11/26 TOP
島根原発2号機の再稼働について、その賛否を住民投票で問おうという市民団体による署名活動が、立地自治体の松江市でも始まることになりました。活動の開始を発表した市民団体では、新たな住民投票条例制定を求めるのに必要な有権者の5(後略)

 
[2021_11_26_02]
27日から海底トンネル建設に向けた調査へ 処理水海洋放出の準備が本格化 福島第一原発 東京新聞 2021/11/26 TOP
東京電力は26日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の汚染水を浄化処理後の水を海へ放出する計画を進めるため、27日から沖合1キロの放出口までをつなぐ海底トンネルの建設に向けた調査を始めると発表した。12月には処理水を一時的に(後略)

 
[2021_11_26_01]
6号機くい損傷「確認 時間要した」 柏崎刈羽原発所長 公表遅れで釈明 新潟日報 2021/11/26 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の稲垣武之所長は25日の定例記者会見で、同原発6号機の一部建屋で見つかったくいの損傷の事実公表までに数カ月かかったことについて、「詳細な事実確認に時間を要した」と釈明した。自身を含め東電幹部がくいの鉄筋(後略)

 
[2021_11_25_11]
原発処理水 海への放出 風評被害対策の政府基金300億円規模に NHK 2021/11/25 TOP
東京電力福島第一原子力発電所にたまる処理水の海への放出をめぐって、水産物の需要が落ち込んだ場合、一時的に買い取るために政府が創設する基金の規模が、およそ300億円になる見込みであることが経済産業省などへの取材で分かりました(後略)

 
[2021_11_25_10]
RFS親会社参考人招致へ、むつ議会特別委 東奥日報 2021/11/25 TOP
むつ市議会は24日、使用済燃料中間貯蔵施設に関する調査検討特別委員会を開いた。リサイクル燃料貯蔵(RFS、本社青森県むつ市)が事業計画を示さず、市が独自に課税する「市使用済燃料税(核燃新税)」の減免協議が進まないことから、R(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 54 >  記事番号[266]〜[270] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_25_09]
福島第一原発、凍土遮水壁の一部が解けた可能性 鋼管を地中に打ち込み地下水を止水へ 東京新聞 2021/11/25 TOP
東京電力は25日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の1〜4号機周囲の地中に地下水流入を防ぐために造った凍土遮水壁の一部が解けている可能性があるとして、鋼管を複数本打ち込んで壁にして止水を試みると発表した。早ければ12月初(後略)

 
[2021_11_25_08]
原子力災害時の対応確認 福島県内、浜通りで震度6強想定訓練 福島民友 2021/11/25 TOP
県原子力防災訓練が24日、県庁危機管理センターや南相馬原子力災害対策センターなどで行われた。国や県、市町村、関連機関の参加者が原子力災害を想定した訓練で有事の対応を確認した。122機関から430人が参加した。訓練は、浜通りで最大(後略)

 
[2021_11_25_07]
現代建設、小型モジュール原子炉事業に本格進出 KOR ECO 2021/11/25 TOP
現代建設は24日、原子力分野のリーディングカンパニーである米ホールテックインターナショナルと小型モジュール原子炉の開発と事業の同伴進出に向けた協力契約を締結したと発表した。米ニュージャージー州のホルテック本社で行われた契約(後略)

 
[2021_11_25_06]
「安全最優先」所長が呼びかけ 柏崎刈羽原発で決起大会【新潟】 NST 2021/11/25 TOP
テロ対策の不備や安全対策工事が未完了だった問題などにより、安全に対する意識が厳しく問われている東京電力・柏崎刈羽原子力発電所で24日、安全決起大会が開かれました。大会には東京電力と協力企業39社から計155人が参加。稲垣武之所(後略)

 
[2021_11_25_05]
川内原発の緊急時対策棟が完成 運用開始 MBC 2021/11/25 TOP
九州電力の川内原発で重大事故の際の拠点となる新たな緊急時対策棟が25日夕方、国の検査に合格して完成し、運用が始まりました。原子力規制委員会の使用前検査で、25日午後5時前に合格し、運用が始まったのは川内原発の緊急時対策棟です(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 55 >  記事番号[271]〜[275] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_25_04]
海洋放出の風評対策などに300億 FCT 2021/11/25 TOP
内堀知事は25日、経済産業省などを訪問し、14項目にわたる要望書を手渡した。要望の中では浜通りに整備予定の「国際教育研究拠点」の具体化などを求めている。一方、政府は福島第1原発にたまる放射性物質を含む処理水の海洋放出をめぐり(後略)

 
[2021_11_25_03]
伊方原発12月再稼働を受け市民団体が申し入れ「公開討論会で高知県の考え説明を」【高知】 KSS 2021/11/25 TOP
四国電力は愛媛県の伊方原発3号機について、12月2日に運転を再開すると発表しています。運転再開はおよそ1年11ヵ月ぶりとなります。東日本大震災以降、太陽光など再生可能エネルギーへの切り替えを求めている「原発をなくす会高知」は2(後略)

 
[2021_11_25_02]
柏崎刈羽原発 「総点検」を公開 UXTV 2021/11/25 TOP
工事「未完了」問題を受けて柏崎刈羽原発7号機の安全対策工事が一部未完了だった問題を受けて、東京電力が工事の総点検の様子を公開しました。公開されたのは6・7号機の中央制御室などが入るコントロール建屋内部、ケーブルなどを通す「(後略)

 
[2021_11_25_01]
福島第一原発 1号機原子炉内調査を実施へ テレ朝 2021/11/25 TOP
東京電力は福島第一原発1号機の格納容器の内部調査を来年1月中旬に実施すると発表しました。1号機のロボットによる内部調査は2017年3月以来、3回目となります。東電は前回の調査では自走式のロボットを格納容器内に投入し、作業用の足場(後略)

 
[2021_11_24_09]
岩手県で震度3の地震発生 ウエザー 2021/11/24 TOP
11月24日 17時06分頃、岩手県で最大震度3を観測する地震がありました。震源地:岩手県沖マグニチュード:4.7震源の深さ:約50kmこの地震による津波の心配はありません。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 56 >  記事番号[276]〜[280] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_24_08]
関西電力 美浜町にある原子力事業本部で取締役会開く NHK 2021/11/24 TOP
関西電力は24日、美浜町にある原子力事業本部で、榊原定征会長などが出席する取締役会を開きました。旧経営幹部らによる金品受領問題で閉鎖的だと指摘された組織体質の見直しに向けた取り組みの一環で、ことしで2回目となります。関西電(後略)

 
[2021_11_24_07]
東海第2原発事故想定 茨城・那珂市が住民避難訓練 茨城新聞 2021/11/24 TOP
■広域避難計画策定に向け 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村白方)で重大事故を想定した広域避難計画策定に向け、那珂市は23日、住民参加型の避難訓練を実施した。同市が原子力災害に対応した防災訓練に取り組むのは初めて。東海(後略)

 
[2021_11_24_06]
問題が相次いだ柏崎刈羽原発で安全決起大会 稲垣所長「不安を与えない状況を」 TeNY 2021/11/24 TOP
柏崎刈羽原発で11月24日、安全な作業を誓い合う安全決起大会が開かれました。核セキュリティーの不備など深刻な問題が相次いだ柏崎刈羽原発。稲垣所長は「地域に不安を与えない状況をつくり出すことが重要だ」と述べました。安全決起大会(後略)

 
[2021_11_24_05]
島根原発再稼働 協議会で住民意見など報告 知事「判断の材料にしたい」 NKT 2021/11/24 TOP
24日に松江市で開催された島根原発周辺環境安全対策協議会には、島根原発の立地自治体や周辺自治体、市民団体、島根県議会議員などから構成されるおよそ60人の委員が参加した。協議会ではまず、島根原発30キロ圏内の6市で7回に渡って開(後略)

 
[2021_11_24_04]
川内原発“緊急時対策棟"報道陣に公開 KYT 2021/11/24 TOP
九州電力は重大な事故が起きた時に指揮をとる緊急時対策棟を報道陣に公開した。九州電力は福島第一原発の事故後に作られた新たな規制基準に対応しこれまでよりもさらに機能を充実させた緊急時対策棟を設置し報道陣に公開した。緊急時対策(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 57 >  記事番号[281]〜[285] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_24_03]
宮城県、産業振興の基金創設要望 東電福島第1処理水放出で 時事通信 2021/11/24 TOP
東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出をめぐり、宮城県は24日、政府に風評被害対策の要望を伝えた。村井嘉浩知事らが県庁で、関係省庁担当者らと意見交換した。村井知事は政府が打ち出した水産業支援(後略)

 
[2021_11_24_02]
関電「法令順守で経営」 金品受領問題受け(福井県) 福井放送 2021/11/24 TOP
関西電力は24日、美浜町の原子力事業本部で取締役会を開き、旧経営陣による金品受領問題などを受けた改革について、榊原定征会長が「経営の核となる取締役会の基本強化に力を注ぎ、従業員との会話を重ねる中で風通しのよい健全な企業風土(後略)

 
[2021_11_24_01]
「避難計画の実効性は?」島根原発 島根県安全対策協で委員が県の考え質す TSK 2021/11/24 TOP
島根原発2号機の再稼働を巡る動きが進む中、島根県の安全対策協議会が24日に開かれ、これまでの住民説明会での声を踏まえ委員が改めて県の考えなどを質しました。この協議会は、島根原発立地に伴う県民の健康と安全の確保などを目的に、(後略)

 
[2021_11_23_05]
宮城県沖で地震 岩手県・宮城県で震度3 津波の心配なし ウエザー 2021/11/23 TOP
2021/11/23 18:54 ウェザーニュース11月23日 18時48分頃、岩手県・宮城県で最大震度3を観測する地震がありました。震源地:宮城県沖マグニチュード:5.0震源の深さ:約50km(後略)

 
[2021_11_23_04]
海抜29メートル そびえる防潮堤 東北電力女川原発2号機 再稼働へ進む安全工事 東奥日報  2021/11/23 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 58 >  記事番号[286]〜[290] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_23_03]
福島第一原発で作業中 社員2人が内部被ばくか テレ朝 2021/11/23 TOP
東京電力は福島第1原発で設備の修理をしていた40歳代の男性社員2人が内部被ばくをした可能性があると発表しました。東電によりますと、社員2人は19日午前10時すぎからおよそ1時間半、暖房や空気を循環させる装置がある施設内で配管の交換(後略)

 
[2021_11_23_02]
原子力災害に備え 2年ぶりに住民が参加して訓練 北陸朝日 2021/11/23 TOP
地震により、志賀原子力発電所から放射性物質が放出されたことを想定した訓練が志賀町で実施されました。県の原子力防災訓練には内閣府や原子力規制委員会、自衛隊、海上保安庁、石川県など、240の機関からおよそ1400人が参加しました。(後略)

 
[2021_11_23_01]
志賀原発で事故想定訓練、石川 住民ら1400人参加 共同通信 2021/11/23 TOP
石川県は23日、北陸電力志賀原発2号機(同県志賀町)が震度6強の地震で外部電源を喪失し、放射性物質が外部に放出されたとの想定で防災訓練を実施した。国や自衛隊など約240機関の関係者と原発から30キロ圏内の住民ら計約1400人が参(後略)

 
[2021_11_22_04]
震源地は東京23区 首都直下地震との関係は? 「めざまし8」で解説 JCAST 2021/11/22 TOP
一昨日の土曜日(2021年11月20日)朝、東京都を中心とする最大震度3の地震があったが、その震源地は東京23区、杉並区西荻窪の真下、約100キロであることが分かった。首都直下地震の前触れか?22日の「めざまし8」が、その関連を探った。(後略)

 
[2021_11_22_03]
新規制基準の適合を受けて説明 島根原発2号機 鳥取県などの周辺自治体に説明 NKT 2021/11/22 TOP
11月17日に島根原発2号機を"新規制基準"に適合していると鳥取県に報告した県の原子力安全顧問。22日には米子市と境港市にその経緯などについて説明した。22日に米子市で行われた原子力安全対策合同会議には、島根原発の周辺自治体であ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 59 >  記事番号[291]〜[295] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_22_02]
伊方原発再稼働 四国電力がスケジュール公表 「とめる会」は知事に質問状 EBC 2021/11/22 TOP
伊方原発3号機は12月2日に再稼働することになりました。愛媛県が最終判断として同意したことを受けて、四国電力がスケジュールを公表しました。約1年11か月ぶりの運転再開になります。四国電力によりますと、伊方原発3号機は12月2日(後略)

 
[2021_11_22_01]
東電の男性社員2人が放射性物質吸い込む 福島第一原発 適切な防護措置されず 東京新聞 2021/11/22 TOP
東京電力は22日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)で配管の交換作業をした40代の男性社員2人が放射性物質を吸い込んだと発表した。健康に異常は確認されておらず、内部被ばくの可能性はあるが、汚染の程度は軽微という。顔全体を覆(後略)

 
[2021_11_21_01]
週刊地震情報 2021.11.21 東京都23区と神奈川県西部で最大震度3の地震 ウエザー 2021/11/21 TOP
この1週間で国内で観測された地震回数は前週に比べると若干少なくなりました。東北から九州にかけて、震央が陸域の地震がやや目立ちます。この期間に震度3以上の地震は2回発生し、いずれも関東を震源とする地震です。(11月15日〜2(後略)

 
[2021_11_20_08]
東京都23区で地震 伊豆市、東伊豆町で震度3など 静岡放送 2021/11/20 TOP
11月20日午前8時57分頃、地震がありました。津波の心配はありません震源は東京都23区 深さは約100km規模はM4.6 最大震度は3(後略)

 
[2021_11_20_07]
「ふげん」で微量の放射性物質含む水漏れる 敦賀市 NHK 2021/11/20 TOP
廃炉作業が進む敦賀市の研究用の原子力発電所「ふげん」で、放射性廃液を処理する設備につながる配管から微量の放射性物質を含む水が漏れるトラブルがありました。原子力研究開発機構によりますと外部への漏えいはなく、作業員の被ばくな(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 60 >  記事番号[296]〜[300] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_20_06]
福浦断層「データ不足」 志賀原発現地調査で規制委、北電は追加説明へ準備 北日本新 2021/11/20 TOP
原子力規制委員会は19日、北陸電力志賀原発2号機の新規制基準適合性審査(安全審査)の現地調査を18日に続き実施した。全2日間の日程を終え、規制委の石渡明委員は敷地近くの活断層「福浦断層」のデータ不足を指摘。北電による追加調査(後略)

 
[2021_11_20_05]
福島原発、軽石漂着備え対策 燃料冷却影響の恐れ 産経新聞 2021/11/20 TOP
東京電力は、小笠原諸島の海底火山の噴火で発生したとみられる軽石が福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)に漂着すれば、燃料貯蔵プールの冷却に影響する恐れがあるとして対策に着手した。漂着する時期や量は予測しづらいため、状況に応(後略)

 
[2021_11_20_04]
原発事故を想定した訓練 美浜原発から30km圏内の住民ら参加 滋賀・長浜市 関テレ 2021/11/20 TOP
福井県の美浜原発から30km圏内の地域がある滋賀県長浜市で、原発事故を想定した訓練が行われました。訓練は、福井県の関西電力美浜原発から放射性物質が放出される事故が起きたという想定で行われました。原発事故の際に避難や屋内退避が(後略)

 
[2021_11_20_03]
鳥取県米子市 住民投票にむけた署名活動はじまる 中海TV 2021/11/20 TOP
島根原発2号機の再稼働の是非を問う住民投票を実施しようと米子市の市民団体が20日にキックオフ集会を開き署名集めをスタートしました。この日は、集会を前にゴスペルグループが歌を披露し機運を盛り上げました。そして、署名集めの協力(後略)

 
[2021_11_20_02]
<海洋放出へ>福島第一原発の処理水【地元自治体などに進捗説明】 FTV 2021/11/20 TOP
福島第一原発で溜まり続ける処理水の海洋放出に向けて、国と東京電力が地元自治体などに進捗状況を説明した。処理水について国と東京電力は再来年春ごろを目途に原発の沖合1キロの海底から放出する計画。その中で処分開始に向けいわき市(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 61 >  記事番号[301]〜[305] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_20_01]
美浜原発の事故を想定した原子力防災訓練 コロナ禍での対応も確認 滋賀・長浜市 MBS 2021/11/20 TOP
福井県美浜町にある美浜原発の事故を想定した原子力防災訓練が、11月20日に滋賀県長浜市で行われました。長浜市は、運転開始から40年を超えた原発として初めて今年再稼働した美浜原発3号機から30km圏内に位置しています。20日の訓練(後略)

 
[2021_11_19_07]
敷地近くの断層の活動性等確認…志賀原発 規制委等の現地調査終了 引き続き議論へ 石川TV 2021/11/19 TOP
北陸電力志賀原発の安全性を確認する原子力規制委員会による現地調査が、19日も行われました。18日は敷地周辺に存在する10本の断層について「活断層ではない」とする北陸電力の主張の妥当性を確かめました。2日目は発電所に求められる耐(後略)

 
[2021_11_19_06]
IAEA、調査団を12月派遣 福島原発の処理水放出で 共同通信 2021/11/19 TOP
東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を巡り、経済産業省は19日、安全性を検証する国際原子力機関(IAEA)の調査団を、12月中旬に派遣することでIAEAと合意したと発表した。調査団は東電から放出の手順や放射線の影響予測を聞き取り、(後略)

 
[2021_11_19_05]
石川 志賀原発2号機 原子力規制委による断層の調査が終了 NHK 2021/11/19 TOP
石川県にある志賀原子力発電所2号機の敷地内を通る断層などを確認する、原子力規制委員会の調査が終わり、石渡明委員は「北陸電力の説明は納得できた部分もあったが、データ不足を感じる箇所もあった」と述べ、調査を踏まえ、活断層かど(後略)

 
[2021_11_19_04]
島根原発再稼働の可否判断に 住民投票を 松江市の市民団体が署名活動開始へ TSK 2021/11/19 TOP
中国電力が再稼働を目指す島根原発2号機について、松江市の市民団体が19日再稼働の可否判断には住民投票が必要だとして署名集めを始めると発表しました。住民投票を求める市民団体・岡崎由美子共同代表:「松江市民の意思・意向を反映さ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 62 >  記事番号[306]〜[310] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_19_03]
いまだナゾ多い「深発地震」 小笠原諸島西方沖で震源が世界一深い751キロメートル観測 島村英紀 2021/11/19 TOP
世界で一番深い地震が精密な解析でこの夏に分かった。深さは751`b。これは余震で、本震は深さは680`bでマグニチュード(M)は7.9。本震の深さもいままでの記録を塗り替えた。震央(震源の真上の地点)は小笠原諸島西方沖だった。本震は(後略)

 
[2021_11_19_02]
伊方原発再稼働 中村知事が“同意"を四電に通知 「信頼回復」など条件 EBC 2021/11/19 TOP
伊方原発で宿直職員の無断外出などが問題になり、注目された3号機の再稼働の是非。中村知事が19日に同意の最終判断です。四国電力は週明けに運転再開に向けたスケジュールを示す予定です。中村知事:「無条件ではありません。要請を基に(後略)

 
[2021_11_19_01]
志賀原発2号機 敷地内の断層 規制委が現地調査開始 NHK 2021/11/19 TOP
石川県にある志賀原子力発電所2号機の敷地内にある断層を調べるため、原子力規制委員会は18日、現地調査を始めました。北陸電力は「活断層ではない」と主張していますが、原子炉建屋の真下を通る断層が活断層だと評価された場合、志賀原(後略)

 
[2021_11_18_04]
福島原発事故「強制起訴裁判」控訴審始まる 「責任逃れ」は再び通じるか 金曜日 2021/11/18 TOP
東京電力福島第一原発の事故について、旧経営陣3人の刑事責任を問う強制起訴裁判の控訴審が11月2日、東京高裁で始まった。控訴審最大の争点は、国の機関である地震調査研究推進本部の専門家らがまとめた地震と津波の予測「長期評価」の信(後略)

 
[2021_11_18_03]
北陸電力が100億円かけ調査し説明…志賀原発で原子力規制委等が“断層"の確認開始 石川TV 2021/11/18 TOP
北陸電力が再稼働を目指す志賀原子力発電所2号機。再稼働が可能となるか見極めるための現地調査が18日から始まりました。志賀原発を訪れたのは原子力規制委員会のメンバーなど14人。石渡明委員:(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 63 >  記事番号[311]〜[315] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_18_02]
処理水放出の影響「極めて軽微」 東電がシミュレーション 河北新報 2021/11/18 TOP
東京電力は17日、福島第1原発の放射性物質トリチウムを含む処理水を海洋放出した場合の沖合への広がり方や環境への影響をシミュレーションした結果を公表した。海水中に含まれる自然由来のトリチウム濃度を超えるのは第1原発の周辺2〜(後略)

 
[2021_11_18_01]
玄海原発火災 佐賀県が九電に原因究明を要請 KBCNEWS 2021/11/18 TOP
佐賀県の玄海原子力発電所で16日未明に火災が発生したことを受けて、佐賀県が九州電力に対し、原因を究明するよう求めました。佐賀県の南里隆副知事は、17日、九州電力の豊嶋直幸常務に、「度重なるトラブルの発生は県民の信頼を損なう」(後略)

 
[2021_11_17_10]
玄海原発構内また火災 特重施設工事現場、けが人、放射性物質放出なし 佐賀新聞 2021/11/17 TOP
16日午前2時ごろ、東松浦郡玄海町の九州電力玄海原発3、4号機のテロ対策施設「特定重大事故等対処施設(特重施設)」の工事現場で、電源ケーブルを巻き取る電工ドラムの付近から出火、電工ドラムや周辺のケーブルが焼損した。約1時間後(後略)

 
[2021_11_17_09]
山梨県・東京都・神奈川県で震度3 震源は神奈川県西部 津波の心配なし ウエザー 2021/11/17 TOP
11月17日(水)2時54分頃、山梨県・東京都・神奈川県で最大震度3を観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震源地:神奈川県西部マグニチュード:4.4震源の深さ:約20km(後略)

 
[2021_11_17_08]
神奈川県西部でM4・4の地震 横浜や川崎などで震度3 神奈川 2021/11/17 TOP
17日午前2時54分ごろ、神奈川県と東京都、山梨県で震度3を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は神奈川県西部。震源の深さは約20キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は4・4と推定される。神奈川県内では、横浜、川崎、(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 64 >  記事番号[316]〜[320] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_17_07]
Sクラス施設がM6.8(中越沖地震)で破壊 再稼働どころの話ではない 山崎久隆 たんぽぽ 2021/11/17 TOP
11/15発信【TMM:No4343】「★1.東電柏崎刈羽原発の基礎杭が折損していた」の続きです。◎柏崎刈羽原発6号機建屋の地下の基礎杭で損傷が見つかり、原子力規制委員会は11月10日の定例会合で、中越沖地震の影響でくい内部の鉄筋が破断し、(後略)

 
[2021_11_17_06]
「MOX燃料」高浜原発に到着 国内への搬入は約4年ぶり 福井 NHK 2021/11/17 TOP
使用済み核燃料のプルトニウムを再利用した「MOX燃料」が専用の輸送船で、フランスから福井県高浜町にある関西電力高浜原子力発電所に到着し、燃料の搬入作業が始まりました。このMOX燃料は高浜原発で使用するために製造されたもので、(後略)

 
[2021_11_17_05]
高浜原発にMOX燃料到着 フランスから、福島事故後3回目 共同通信 2021/11/17 TOP
関西電力は17日、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を積み、9月にフランスを出港した輸送船1隻が、福井県高浜町の関電高浜原発に到着したと明らかにした。高浜3、4号機で使う予定で、使用時期は未定。国内にMOX燃料が到着し(後略)

 
[2021_11_17_04]
進まぬ「核燃サイクル」 文献調査、残り1年 時事通信 2021/11/17 TOP
北海道寿都町と神恵内村で実施されている高レベル放射性廃棄物(核のごみ)処分地選定の第1段階「文献調査」が、残り1年程度で終了を迎える。政府は両町村の文献調査を契機に調査を他自治体に広げたい考えだが、他に受け入れの表明はな(後略)

 
[2021_11_17_03]
玄海原発「リラッキング」一部完了 使用済み燃料112体移す 4号機から3号機へ 佐賀新聞 2021/11/17 TOP
玄海原発(東松浦郡玄海町)の3号機で実施している、使用済み核燃料貯蔵プール内の燃料の間隔を詰めて保管量を増やす「リラッキング」工事に関連して、九州電力は16日、工事の一部完了に伴って4号機にある使用済み燃料112体を3号機(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 65 >  記事番号[321]〜[325] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_17_02]
島根原発 住民説明会の在り方について要望 米子市の住民団体 NKT 2021/11/17 TOP
住民投票・とっとり県民連絡会松本薫共同代表:「市民、住民は原発が稼働されることについてそれがどう考えていいのかまだわからない方が、たくさんいらっしゃると思うんだが、出来るだけ多くの情報を私達住民に与えていただきたい。」島(後略)

 
[2021_11_17_01]
韓国原子力安全委 海洋放出前提「遺憾」=東電の影響調査に 聯合NEWS 2021/11/17 TOP
【ソウル聯合ニュース】韓国原子力安全委員会は17日、東京電力が福島第1原子力発電所の処理済み汚染水を海洋放出した場合の影響をシミュレーションした結果を公表したことについて、「海洋放出を前提とした報告書を出したことに遺憾を表(後略)

 
[2021_11_16_05]
福島第一「凍土壁」の温度再び上昇 東電「機能保たれている」 NHK 2021/11/16 TOP
福島第一原子力発電所からの汚染水を減らす対策として、建屋の周囲の地盤を凍らせて地下水の流入を抑える「凍土壁」の一部で地中の温度が上昇している問題で、一時低下していた温度が再び10度を超えたことが分かりました。東京電力は「凍(後略)

 
[2021_11_16_04]
玄海原発の施設工事で火災 鎮火確認、運転影響なし 共同通信 2021/11/16 TOP
16日午前2時ごろ、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)3、4号機に新設するテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の工事現場で火災が発生した。九電によると、消防が約1時間後に鎮火を確認。3、4号機の運転に影響はなく、放(後略)

 
[2021_11_16_03]
浜岡原発の点検にドローン導入 作業員の被ばく減らす効果 中部電力 TV静岡 2021/11/16 TOP
中部電力は浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の放射線管理区域内にあるタンクの点検に、11月からドローンの活用を始めたと発表しました。中部電力はこれまでタンクの点検について人の目による目視試験で行ってきましたが、作業員の被ば(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 66 >  記事番号[326]〜[330] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_16_02]
「信頼を失っている」 伊方原発再稼働で県議会特別委 四国電力幹部が出席 EBC 2021/11/16 TOP
伊方原発で当直の社員が無断外出を繰り返し延期されている3号機の再稼働について、県議会の特別委員会が16日に開かれ、四国電力の幹部に議員から厳しい注文が相次ぎました。石川稔県議:「信頼を失うことになりかねないのではなく、僕自(後略)

 
[2021_11_16_01]
玄海原発の工事現場で火災 テロ対策施設 九州電力 時事通信 2021/11/16 TOP
九州電力は16日、玄海原発(佐賀県玄海町)3、4号機で建設工事中のテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)で、火災が発生したと発表した。九電によると、3、4号機の運転に影響はなく、放射性物質の放出もないという。九電に(後略)

 
[2021_11_15_05]
東電柏崎刈羽原発の基礎杭が折損していた 中越沖地震から14年後に見つかる損傷 山崎久隆 たんぽぽ 2021/11/15 TOP
◎はじめに柏崎刈羽原発6号機の大物搬入口で、基礎杭8本の内1本が地中で破損していたことが明らかになった。このことは、新規制基準適合性審査を通っている原発の「耐震Sクラス」の設備で発生していたことで、極めて重大な欠陥である。(後略)

 
[2021_11_15_04]
玄海原発2号機 計算機室の焦げ跡はショート原因 KBCNEWS 2021/11/15 TOP
今年8月、佐賀県玄海町の玄海原発2号機の原子炉補助建屋にある空調装置でみつかった焦げ跡について、九州電力は変圧器がショートして熱を持ったことが原因とみられると発表しました。九州電力によりますと、今年8月7日午後、玄海原発2号(後略)

 
[2021_11_15_03]
美浜3号機は「活断層の巣の中」 老朽原発の廃炉訴え、井戸弁護士が講演 京都新聞 2021/11/15 TOP
老朽原発の廃炉を訴える集会が13日、大津市梅林1丁目の滋賀県教育会館であった。裁判官時代に原発の運転差し止めを認める判決を言い渡した井戸謙一弁護士(滋賀弁護士会)が講演し、「設計や材料、技術が古い上、劣化を把握するのが困難(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 67 >  記事番号[331]〜[335] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_15_02]
島根原発2号機 住民投票への動き 米子市の市民団体 NKT 2021/11/15 TOP
中国電力が再稼働を目指す島根原発2号機。一部地域が島根原発から30キロ圏内となる米子市では市民団体が、再稼働の是非を問うための住民投票の準備を進めている。住民投票条例の制定に向けて申請書を提出したのは、市民団体「島根原発稼(後略)

 
[2021_11_15_01]
硫化水素流出事故を受け2度目の立ち入り調査 宮城・女川原発 khb 2021/11/15 TOP
宮城県にある女川原発で7月、作業員7人が硫化水素による中毒症状で搬送された事故を巡り、県などが15日に2度目の立ち入り調査を行い再発防止策の進捗状況を確認しました。調査は県と立地自治体の女川町、石巻市のほか、原発から30キロ(後略)

 
[2021_11_14_03]
週刊地震情報 2021.11.14 11日(木)に沖縄の南でM6.5も津波の発生はなし ウエザー 2021/11/14 TOP
2021/11/14 10:16 ウェザーニュースこの1週間で国内で観測された地震回数は前週とほぼ同じ水準です。関東から東北にかけての太平洋側では引き続き地震回数が多く、西日本では散発的に発生しています。この期間に震度3以上の地震は5回発(後略)

 
[2021_11_14_02]
「韓国産と偽った」日本産水産物の特別取り締まりに着手=韓国報道 WOW!KOR 2021/11/14 TOP
韓国政府が大々的な水産物原産地特別取り締まりに乗り出す。キムジャン(冬の前にキムチを漬けておくこと)の季節を迎え、材料となる水産物の流通管理を厳しくするためだ。日本政府が福島原発処理水の海洋放流を決定したが、日本産を韓国(後略)

 
[2021_11_14_01]
青森・六ヶ所村で低レベル放射性廃棄物埋設センター3号埋設施設の本格工事開始 ABA 2021/11/14 TOP
六ケ所村では、低レベル放射性廃棄物埋設センターの3号埋設施設の本格工事が始まりました。3号埋設施設の本格工事は12日から始まり、掘削工事を終えた場所から岩盤にコンクリートを流す作業が実施されました。六ケ所村にある日本原燃の施(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 68 >  記事番号[336]〜[340] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_13_04]
兵庫・淡路島で震度3の地震 神戸新聞 2021/11/13 TOP
2021年11月13日08時49分ごろ地震がありました。震源地は、播磨灘震源の深さは、10 km地震の規模(マグニチュード)は、4と推定されます。この地震による津波の心配はありません。(後略)

 
[2021_11_13_03]
原発事故を想定 住民参加の原子力防災訓練 海からの避難に備える TeNY 2021/11/13 TOP
3日間にわたって行われた原発事故を想定した県の原子力防災訓練。最終日の13日は住民が海からの避難に備えました。訓練は震度6強の地震が起き、柏崎刈羽原発で重大な事故が発生したという想定で行われました。13日は住民が自衛隊の輸送(後略)

 
[2021_11_13_02]
第1原発タンク巡回を公開 東電「情報発信、分かりやすく」 福島民友 2021/11/13 TOP
東京電力は12日、廃炉作業が続く福島第1原発で、地震直後に行う現場パトロールの様子などを報道陣に公開した。東電の地震対応を巡っては、2月に最大震度6強を観測した本県沖地震の際、処理水を保管するタンクにずれが見つかる被害があっ(後略)

 
[2021_11_13_01]
「核のごみ」問題 様々な立場で意見交換 札幌でフォーラム開催 HTB 2021/11/13 TOP
原子力発電所から出る「核のごみ」の問題について理解を深めてもらおうと、札幌でフォーラムが開かれています。前札幌市長・上田文雄弁護士「とにかく(核のごみ処分を)やらなきゃいけないということが前提になってしまい、法律で固めて(後略)

 
[2021_11_12_03]
福島第1原発処理水海洋放出 十分な風評対策要望 銚子で意見交換会 千葉日報 2021/11/12 TOP
東京電力福島第1原発の処理水海洋放出を巡り、銚子市内の水産関連団体などを対象にした意見交換会が11日、同市で開かれた。海洋放出方針が決定後初となる意見交換会で、国や東電の担当者が安全性や風評対策を説明。参加者からは海洋放出(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 69 >  記事番号[341]〜[345] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_12_02]
社説:関電旧幹部不起訴 実態解明さらに進めよ 京都新聞 2021/11/12 TOP
関西電力の金品受領や役員報酬補てん(ほてん)などの問題で、大阪地検特捜部は、会社法違反などの疑いで告発された旧経営陣9人全員を嫌疑不十分で不起訴にした。金品を贈与したとされる福井県高浜町の元助役が死亡していることなどが捜(後略)

 
[2021_11_12_01]
いつどの程度か分からない磁気嵐 島村英紀 2021/11/12 TOP
日本人の大部分は知らなかったが、先月30日から31日にかけて磁気嵐が地球を襲った。幸い大した悪影響はなく、ふだんは見られない場所でオーロラが見えたくらいですんだ。しかし電力会社や無線を使う航空会社など多くの会社は要員を配置し(後略)

 
[2021_11_11_06]
沖縄県で震度3 多少の潮位変化の可能性 津波被害の心配なし NHK 2021/11/11 TOP
2021年11月11日 1時05分11日午前0時45分ごろ、沖縄県で震度3の揺れを観測する地震がありました。この地震で多少の潮位の変化があるかもしれませんが、津波の被害の心配はありません。各地の震度は▽震度3が沖縄県宮古島市(後略)

 
[2021_11_11_05]
沖縄・宮古島で震度3 震源地は沖縄本島南方沖 沖縄タイ 2021/11/11 TOP
2021年11月11日 06:50気象庁によると11日午前0時45分ごろ、沖縄県宮古島で震度3の地震があった。震源地は沖縄本島南方沖で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・6と推定される。各地の震度は次の通り。【震度3】(後略)

 
[2021_11_11_04]
30年以内に巨大地震が起きる確率70%!? 地震学者が「津波のメカニズム」を解説 東京FM 2021/11/11 TOP
手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「防災FRONT LINE」。11月6日(土)の放送では、津波防災に詳しい、東北大学 災害科学国際研究所所長の今村文彦さんに、「津波のメカニズム」についてお伺いしました。11(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 70 >  記事番号[346]〜[350] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_11_03]
花角知事も参加の「地域の会」 東電社長が不祥事を謝罪 TeNY 2021/11/11 TOP
柏崎刈羽原発の安全性について住民が議論する「地域の会」に知事などが加わった会議が10日に開かれました。出席した東京電力の小早川智明社長は、一連の不祥事について改めて謝罪しました。「地域の会」は原発の安全性について、賛成・反(後略)

 
[2021_11_11_02]
県議ら川内原発を視察 特別点検など説明受ける KKB 2021/11/11 TOP
県議会議員らが11日、原則40年の運転期限が迫る川内原発を視察しました。川内原発の視察は県議会常任委員会の行政視察の一環として行われたもので、総務警察委員会などの8人が施設内の燃料タンクや防災設備などを見学しました。九州電力(後略)

 
[2021_11_11_01]
むつ中間貯蔵施設 安全工事、手続き停滞 東奥日報 2021/11/11 TOP
青森県むつ市に立地するリサイクル燃料貯蔵(RFS)の使用済み核燃料中間貯蔵施設が、原子力規制委員会の安全審査に合格して11日で1年。追加の安全工事に必要な「設計・工事計画の変更認可」(設工認)の手続きが進められているが、当初(後略)

 
[2021_11_10_06]
福島原発事故で海洋流出・・・7〜8年後 セシウム 北回りで回帰 「既に北極海到達も」 東奥日報  2021/11/10 TOP

 
[2021_11_10_05]
柏崎刈羽原発6号機のくい損傷 中越沖地震が影響か 規制委 NHK 2021/11/10 TOP
柏崎刈羽原子力発電所6号機の施設の1つで、建物を支える地中の「くい」が損傷していた問題で、原子力規制委員会は、2007年の新潟県中越沖地震の影響も考えられるとして、年明けにも現地調査するなどして原因などを確認することになりまし(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 71 >  記事番号[351]〜[355] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_10_04]
くい損傷は中越沖地震影響 柏崎刈羽原発、規制委見解 共同通信 2021/11/10 TOP
原子力規制委員会は10日の定例会合で、東京電力柏崎刈羽原発6号機(新潟県)で見つかった建屋地下のくいの損傷について、2007年の新潟県中越沖地震の影響でくい内部の鉄筋が破断、変形したとの見方を示した。今後、現場を確認し、対策な(後略)

 
[2021_11_10_03]
フランス、原発新設を再開へ マクロン大統領が発表 AFP 2021/11/10 TOP
【11月10日 AFP】フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は9日、エネルギーや環境の分野で増大する課題に対処するため、原子力発電所の新設を再開すると発表した。マクロン氏は国民向け演説で、「フランスのエネルギ(後略)

 
[2021_11_10_02]
「住民への説明は不十分」国に追加回答を求める 島根原発再稼働問題(松江市) TSK 2021/11/10 TOP
島根原発2号機について島根県と原発30キロ圏内の3市でつくる会議が9日に開かれ、県は住民説明会での国の説明は不十分として国へ追加の回答を求めることを報告しました。この会議は、2号機の再稼働に関して島根県が出雲、安来、雲南の原(後略)

 
[2021_11_10_01]
東海第二 自治体計画 「避難所の面積拡大を」 市民団体、県と水戸市に申し入れ 東京新聞 2021/11/10 TOP
日本原子力発電東海第二原発(東海村)の事故に備えた自治体の広域避難計画を巡り、茨城県内外の市民団体は、新型コロナウイルスなど感染症対策の観点から一人当たりの避難所面積を拡大するよう県と水戸市に申し入れた。水戸市からの避難(後略)

 
[2021_11_09_11]
能登地方の地震 依然活発 「活動続くおそれ 備えを」気象庁 NHK 2021/11/09 TOP
石川県の能登地方では、ことし9月に震度5弱の揺れを観測する地震が起きましたが、その後もやや西側の地域で活発な地震活動が続いています。気象庁は「今後も活動が続くおそれがあり家具の固定など強い揺れへの備えを進めてほしい」と呼び(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 72 >  記事番号[356]〜[360] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_09_10]
女川原発 住民は2021年9月に東北電力を被告として再稼働差止め訴訟 上岡直見 たんぽぽ 2021/11/09 TOP
◎女川原発2号機は、2020年2月に規制委員会が設置変更許可(いわゆる「合格」)を出したのに続き、同年11月に宮城県が再稼働同意を表明している。これより以前、住民は2019年11月に宮城県と石巻市に対して「再稼働の同意の差止め」を求め(後略)

 
[2021_11_09_09]
萩生田経産大臣が青森県を訪問 六ヶ所再処理工場で操業を推進と訓示 山崎久隆 たんぽぽ 2021/11/09 TOP
◎NHKなどによると、萩生田光一経産大臣は11月8日に青森県庁を訪問、三村申吾知事、その後に再処理工場と六ヶ所村役場を訪れ戸田衛村長と会談したそうです。大臣は「原子力政策の中核の1つである核燃料サイクルを着実に進めて参りたい。(後略)

 
[2021_11_09_08]
関電旧経営陣9人を不起訴 金品、報酬問題で特捜部 共同通信 2021/11/09 TOP
関西電力の金品受領や役員報酬補填の問題を巡り、大阪地検特捜部は9日、会社法違反(特別背任、収賄)などの疑いで告発された関電の八木誠前会長(72)、岩根茂樹前社長(68)、森詳介元会長(81)ら旧経営陣9人について嫌疑不十分で不(後略)

 
[2021_11_09_07]
関西電力 金品受領問題で旧経営幹部ら不起訴 大阪地検特捜部 NHK 2021/11/09 TOP
関西電力の旧経営幹部らの金品受領問題などをめぐって刑事告発されていた八木前会長や岩根前社長ら9人について大阪地検特捜部は9日いずれも嫌疑不十分で不起訴にしました。関西電力の八木誠前会長(72)や岩根茂樹前社長(68)ら旧経(後略)

 
[2021_11_09_06]
セシウム、北回りでも回帰 福島事故、北極海に到達も 共同通信 2021/11/09 TOP
2011年の東京電力福島第1原発事故で、海洋に流出するなどした放射性物質セシウム137が米西海岸到達後に一部が北上、太平洋最北部のベーリング海を経由し約7〜8年後に日本の東北沿岸に戻ったとの研究結果を、筑波大の青山道夫客員教授が9(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 73 >  記事番号[361]〜[365] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_09_05]
関電前会長ら9人全員不起訴 報酬補てん・金品受領問題で大阪地検 毎日新聞 2021/11/09 TOP
関西電力の歴代幹部を巡る一連の問題で、大阪地検特捜部は9日、役員の報酬補てん(ほてん)や金品受領に関する会社法の特別背任など全ての告発容疑について、八木誠前会長(72)や森詳介元会長(81)ら旧経営陣の9人全員を容疑不十分で(後略)

 
[2021_11_09_04]
核燃サイクルで六ケ所村長反発 「代替策や金で解決できない」 共同通信 2021/11/09 TOP
原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場など「核燃料サイクル」の主要施設が集中する青森県六ケ所村の戸田衛村長(74)が9日、共同通信のインタビューに応じ、サイクル政策見直しの議論に反発し「撤退は考えられない(後略)

 
[2021_11_09_03]
柏崎刈羽原発 重大事故発生想定 児童避難 自治体間の連携確認 県の原子力防災訓練 TeNY 2021/11/09 TOP
柏崎刈羽原発での重大事故発生を想定した新潟県の原子力防災訓練が11月9日から始まりました。訓練は3日間に分けて実施され、延べ約18万人が参加します。訓練は震度6強の地震で柏崎刈羽原発7号機の炉心が損傷し、放射性物質が放出される想定で行われました。(後略)

 
[2021_11_09_02]
志賀原発の現地調査 今月18日・19日 KNB 2021/11/09 TOP
北陸電力が再稼働をめざす石川県の志賀原子力発電所2号機について、原子力規制委員会は9日、原発敷地内の断層の現地調査を今月18日と19日に行うと発表しました。東日本大震災の後につくられた新規制基準では、原子炉など重要施設の真下に(後略)

 
[2021_11_09_01]
関電問題「幕引き許さない」 告発の団体、前会長ら不起訴に憤り 毎日新聞 2021/11/09 TOP
関西電力の歴代幹部を巡る一連の問題で、大阪地検特捜部の結論は告発された八木誠前会長(72)ら9人全員の不起訴だった。電気利用者を裏切り、原発事業への信頼も揺らいだ問題の表面化から約2年。元幹部らの責任を厳しく非難した関電の(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 74 >  記事番号[366]〜[370] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_08_07]
多士才々 科学史家 杉山滋郎さん 「基本押さえて」の一念 東奥日報  2021/11/08 TOP

 
[2021_11_08_06]
経済産業相 核燃料サイクル政策推進の方針 知事に説明 NHK 2021/11/08 TOP
六ヶ所村で建設中の使用済み核燃料の再処理工場を視察するため、就任後初めて県内を訪れている萩生田経済産業大臣は、8日午前、三村知事と会談し、再処理工場を中核とする国の核燃料サイクル政策を引き続き推進していく方針を説明しまし(後略)

 
[2021_11_08_05]
経産相来県、サイクル政策で知事と会談 東奥日報 2021/11/08 TOP
萩生田光一経済産業相が8日、青森県庁を訪れ、三村申吾知事と会談した。「本県を高レベル放射性廃棄物の最終処分地にしない」とする県と国の確約について、萩生田氏は「引き続き順守する」と強調。核燃料サイクル政策を堅持し、国が前面(後略)

 
[2021_11_08_04]
福島第1原発の処理水を考える 漁師や専門家ら28日に対話集会 毎日新聞 2021/11/08 TOP
東京電力福島第1原発の処理水を考える材料にしてもらおうと、NPO法人「福島ダイアログ」(福島県いわき市)は28日、「処理水をめぐる課題を福島で考える、世界と考える」と題した対話集会を開催する。浜通りの漁師や観光業者、国内外の専(後略)

 
[2021_11_08_03]
福島原発周辺の「PCB廃棄物」を室蘭市で処理する計画の説明会 住民から不安の声 HTB 2021/11/08 TOP
古い電気器具などに「PCB」という有害物質が含まれているのですが、その廃棄物をめぐって室蘭市が揺れています。福島原発周辺の「PCB廃棄物」を室蘭市で処理する計画に住民から不安の声があがっています。【説明会参加者は…】(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 75 >  記事番号[371]〜[375] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_08_02]
「避難計画は合理的」東北電力 争う姿勢 石巻市住民 女川原発2号機 再稼働差し止め 仙台放送 2021/11/08 TOP
女川原発2号機について、宮城県石巻市の住民が東北電力に対し、再稼働の差し止めを求めている裁判です。11月8日、仙台地裁で開かれた口頭弁論で、避難計画に実効性がないとする住民側に対し、「避難計画は合理的」と東北電力は争う姿勢(後略)

 
[2021_11_08_01]
原発政策の将来を福島県の学生と寿都町長が意見交換 UHB 2021/11/08 TOP
「なぜ文献調査を受け入れたのか」。先週、北海道後志地方の寿都町に、福島県内の高校や大学に通う学生が訪れ、片岡町長に投げかけました。今も原発事故の影響に悩まされる学生たちに片岡町長が伝えたのは、「議論」を深めることの大切さ(後略)

 
[2021_11_07_04]
週刊地震情報 2021.11.7 茨城県震源で震度4の地震発生 能登半島の地震活動も続く ウエザー 2021/11/07 TOP
2021/11/07 10:38 ウェザーニュースこの1週間で国内で観測された地震回数は前週とほぼ同じ水準です。普段から地震が多い、関東から東北にかけての太平洋側で地震回数が多くなっています。この期間に震度3以上の地震は5回発生ました。((後略)

 
[2021_11_07_03]
岸田首相 核燃料サイクル 認識の甘さ 「止めるとプルトニウムが積み上がってしまう」 東京新聞 2021/11/07 TOP
政府が原発の核燃料を繰り返し使えるかのように宣伝してきた「核燃料サイクル」政策は破綻が明らかにもかかわらず、巨額が投じられ続けている。(小川慎一)9月の自民党総裁選ではその是非が争点となったものの、政策の維持を主張した岸(後略)

 
[2021_11_07_02]
伊方原発原発運転差止認めず(広島地裁)に対する樋口英明元裁判官のメッセージ 樋口英明 2021/11/07 TOP
大竹進大竹整形外科@青森市です。元裁判官の樋口英明さんからのメッセージが届きました。(拡散歓迎です)----------私が実質的に関与した初めての原発差止め仮処分は、11月4日広島地裁で却下されました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 76 >  記事番号[376]〜[380] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_07_01]
行き詰まった核燃料サイクル 施設の廃止作業は遅れ、工場完成は見通せず 東京新聞 2021/11/07 TOP
政府が原子力政策の柱とする「核燃料サイクル」が行き詰まっている。中核を担う原発の使用済み核燃料からプルトニウムなどを取り出す再処理工場は完成が見通せない。稼働した施設の廃止作業も放射性物質を含む廃液処理すら進まない。岸田(後略)

 
[2021_11_06_02]
「最終処分地にしない」確約 青森県、経産相に8日確認 東奥日報 2021/11/06 TOP
経済産業省は5日、萩生田光一経産相が8日に来県すると発表した。三村申吾知事、戸田衛・六ケ所村長とそれぞれ面会し、同村の核燃料サイクル施設を視察する。青森県側は、萩生田氏との面会で、「本県を高レベル放射性廃棄物の最終処分地に(後略)

 
[2021_11_06_01]
基準地震動 上方修正へ/大間原発の審査会合開始 東奥日報 2021/11/06 TOP
大間原発(青森県大間町)の稼働へ向けた原子力規制委員会の審査会合が5日開かれ、設計や安全確認の目安となる地震の揺れ「基準地震動」を決める本格的な審議がスタートした。電源開発(Jパワー)は従来の最大加速度650ガルを上回る(後略)

 
[2021_11_05_09]
「搬入1基目は柏崎刈羽」 RFS社長、むつ市に釈明 東奥日報  2021/11/05 TOP

 
[2021_11_05_08]
13年の間に26個 落下頻度高くなってきた巨大隕石 島村英紀 2021/11/05 TOP
中国で生まれて日本に入ってきた言葉がある。「杞憂(きゆう)」。中国古代の杞の人が天が落ちてきはしないかと毎日心配して、食事ものどを通らなかったことから出来た言葉だ。心配する必要のないことをあれこれ心配することや、取り越し(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 77 >  記事番号[381]〜[385] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_05_07]
23か国が新たに「脱石炭」宣言、日本や中国は加わらず…COP26 読売新聞 2021/11/05 TOP
【グラスゴー(英北部)=照沼亮介】英グラスゴーで開催中の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で4日、46か国・地域が石炭火力発電の廃止を目指すことで合意した。これまで石炭火力の全廃を宣言していた英仏などに加え、ポ(後略)

 
[2021_11_05_06]
原発避難、保険料免除を縮小へ 解除区域の医療・介護、政府検討 共同通信 2021/11/05 TOP
東京電力福島第1原発事故による避難者らを対象に医療や介護の保険料などを全額免除している特例措置について、政府が早ければ2023年度に見直す検討に入ったことが5日、関係者への取材で分かった。国が自治体を通じて免除分を肩代わりし(後略)

 
[2021_11_05_05]
柏崎刈羽原発 核関連の周辺防護区域に誤進入 搬入業者車両 毎日新聞 2021/11/05 TOP
東京電力は4日、柏崎刈羽原発で物品を搬入する業者の車両が誤った車両通行証を使用して核セキュリティーに関わる周辺防護区域に入る事案があったと発表した。稲垣武之所長は同日の定例記者会見で陳謝し「(原因は)悪意というよりヒュー(後略)

 
[2021_11_05_04]
島根原発安全協定で中電「立ち入り調査権」鳥取県にも 周辺自治体で全国初 日本海新 2021/11/05 TOP
中国電力島根原発(島根県松江市鹿島町)を巡り、同社と鳥取県、境港、米子両市が締結している原子力安全協定の改定に向けた協議が4日、オンラインで行われた。中電は立地自治体(島根県、松江市)のみ認めている事故時などの原発への「(後略)

 
[2021_11_05_03]
遮水壁と交差する排水路に亀裂 凍土遮水壁の一部が溶けた原因調査で確認 FTV 2021/11/05 TOP
福島第一原発では、1号機から4号機の建屋周辺の地中に氷の壁を作り、建屋の流れ込む地下水を抑えて汚染水の発生を減らす「凍土遮水壁」が設置されている。東京電力によると、一部で温度が上昇し溶けていたことから原因を調査した結果、遮(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 78 >  記事番号[386]〜[390] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_05_02]
「予見できなかった」作業員7人が硫化水素を吸った事故 東北電力 仙台放送 2021/11/05 TOP
宮城県女川町の女川原発で、作業員7人が有毒の硫化水素を吸った事故について、東北電力は原因と再発防止策を示しました。この事故は今年7月、女川原発2号機の制御建屋内に、硫化水素の有毒ガスが漏れ出し、吐き気などを訴えた作業員7人(後略)

 
[2021_11_05_01]
伊方原発の低レベル放射性廃棄物 専用運搬船への積み込み 六ヶ所村の埋設施設へ EBC 2021/11/05 TOP
伊方原発で発生した低レベルの放射性廃棄物を青森県の埋設施設に送るため、専用の運搬船への積み込み作業が5日から始まりました。この低レベルの放射性廃棄物は、伊方原発の原子炉周辺で発生した使用済みの金属などを200リットルのド(後略)

 
[2021_11_04_05]
伊方原発3号機の運転差し止め認めず 広島地裁仮処分決定 毎日新聞 2021/11/04 TOP
四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを広島、愛媛両県の住民7人が求めた仮処分申し立てで、広島地裁は4日、差し止めを認めない決定を出した。住民側が主張した耐震設計を上回る地震の発生について、吉岡茂之裁判長は「(後略)

 
[2021_11_04_04]
「闘い続ける」住民ら落胆と怒り 広島地裁、伊方原発差し止め認めず 毎日新聞 2021/11/04 TOP
午後2時過ぎ。広島地裁前で「伊方3号機差止ならず」と書かれた旗が掲げられると、集まった約30人の住民や支援者らの間に落胆の声が広がった。住民側弁護団長の河合弘之弁護士(77)が「粛々と闘いを進めていきたい」と広島高裁に即時抗告(後略)

 
[2021_11_04_03]
原発事故賠償過少算出問題 東電 果樹農家への賠償額見直し TUF 2021/11/04 TOP
原発事故の賠償をめぐり、東京電力が福島県内の一部の果樹農家に対し適正な賠償額を支払っていなかった問題で、東電が賠償額の算定に使う変動係数を見直しました。この問題は、東京電力がおととしから去年に渡り、県内の個人で請求したブ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 79 >  記事番号[391]〜[395] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_04_02]
むつ市長 使用済み核燃料の中間貯蔵施設の事業者に「事業計画示せ」 青森放送 2021/11/04 TOP
むつ市に建設中の使用済み核燃料の中間貯蔵施設を巡り話し合いが紛糾しました。宮下市長は事業者に対し誘致したときの事業計画が根幹から崩れているとして新しい事業計画を示すよう求めました。★むつ市宮下宗一郎市長「安全協定の締結ま(後略)

 
[2021_11_04_01]
柏崎刈羽原発 テロ対策にまた問題 別車両の通行証で通過 新潟放送 2021/11/04 TOP
新潟県にある柏崎刈羽原発について、核物質防護上の区域の出入口で、別の車両の通行証を提出した車をそのまま通していたことが分かりました。発生したのはテロ対策の一連の問題を受けて、改善措置計画を提出した1週間後でした。4日に開(後略)

 
[2021_11_03_03]
石川能登の地震 収まる兆し見えず、今後も要注意 ウエザー 2021/11/03 TOP
能登北部を震源とする地震回数(震度1以上)ヒストグラム2021/11/03 11:01 ウェザーニュース昨日2日(火)19時6分頃、石川県能登地方を震源とするマグニチュード(M)3.9の地震があり、石川県珠洲市で震度3を観測しました。能登地方の北部で(後略)

 
[2021_11_03_02]
小川原湖訓練 枠組み明示を 米軍へ知事要望 根拠説明は評価 東奥日報  2021/11/03 TOP

 
[2021_11_03_01]
ルーマニアが米製小型原子炉導入 中国メーカーとの協定破棄 産経新聞 2021/11/03 TOP
【グラスゴー(英北部)=塩原永久】バイデン米政権は2日、ルーマニア政府と協力し、同国に次世代原子炉である「小型モジュール炉(SMR)」を導入する計画を進めると発表した。海外で米国製の導入実績を作り、SMR開発の国際競争で先行す(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 80 >  記事番号[396]〜[400] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_02_04]
地震情報2021/11/2 tenki.jp 2021/11/02 TOP
発生時刻 2021年11月02日 19時06分頃震源地 石川県能登地方最大震度 震度3位置 緯度 北緯 37.5度(後略)

 
[2021_11_02_03]
敦賀原発「申請取り下げたほうがいい」 断層データ書き換え問題 規制委員長 東京新聞 2021/11/02 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は2日の定例会合で、地質データに関する審査資料の不適切な書き換えが判明した日本原子力発電(原電)の敦賀原発2号機(福井県)について「(審査の)申請を取り下げた方がいいのではないか」と述べ、(後略)

 
[2021_11_02_02]
川内原発 運転延長 鹿児島県知事「専門委委員追加は2〜3人 MBC 2021/11/02 TOP
九州電力が3年後に運転期限の40年を迎える川内原発1号機の運転延長に必要な特別点検を進める中、鹿児島県の塩田知事は、対応を協議する県の専門委員会に、原子力政策に批判的な委員を新たに加える方針ですが、その委員を2、3人とする考(後略)

 
[2021_11_02_01]
地震予測の信頼性、民事でも判断割れる 東電強制起訴控訴審 毎日新聞 2021/11/02 TOP
東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴され、1審で無罪判決を受けた東電の勝俣恒久元会長(81)ら旧経営陣3人の控訴審第1回公判が2日、東京高裁(細田啓介裁判長)であった。◇東電旧経営陣の公判は、控訴審でも(後略)

 
[2021_11_01_05]
茨城県で早朝に震度4の地震 4日前にも震度4が発生したばかり ウエザー 2021/11/01 TOP
2021/11/01 09:39 ウェザーニュース11月1日(月)早朝に茨城県北部を震源とする地震が発生し、最大震度4を観測しました。10月28日(木)にも茨城県では震度4の地震が起きており、相次ぐ発生です。茨城県で震度4の地震が相次ぐ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 81 >  記事番号[401]〜[405] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_11_01_04]
福島 茨城 栃木で震度4 津波なし NHK 2021/11/01 TOP
1日午前6時すぎ、茨城県北部を震源とする地震があり、福島県と茨城県と栃木県で震度4を観測したほか、関東と福島県の広い範囲で震度3の揺れを観測しました。この地震による津波はありませんでした。気象庁によりますと、1日午前6時1(後略)

 
[2021_11_01_03]
進まぬ原発再稼働 このままでは原子力の火≠ェ消える Wedge 2021/11/01 TOP
その発電所の内部は、静まり返っていた。「稼働している原子炉がない中で、熱や音から異常を見つけるための肌感覚を若手社員へ伝承していくことは、なかなか難しい」緊急事態宣言が明けた10月上旬、中部電力・浜岡原子力発電所(静岡県御(後略)

 
[2021_11_01_02]
韓国政府、小型原発は国内建設せず輸出のみ方針 KOREA_EC 2021/11/01 TOP
韓国政府が、小型モジュール原発(SMR)商用化技術を開発しても、輸出用だけとし、韓国国内にはSMR原発を建設しないことを決めた。脱原発政策基調を従来の原発だけでなくSMRにも適用することにしたのだ。原子力業界は「自分は使わないで(後略)

 
[2021_11_01_01]
東京電力旧経営陣強制起訴裁判 2日に控訴審 TUF 2021/11/01 TOP
原発事故の刑事責任を追及する裁判が、新たな段階に入ります。東京電力の旧経営陣3人が強制起訴された裁判は、2日から控訴審が始まります。初公判を前に、経営陣を告訴した女性が、「事故の責任を明確にすべき」と訴えました。この裁判(後略)

 
[2021_10_30_01]
原発は耐震性が住宅より低く 大地震が起きると大事故が起きます 小若順一 たんぽぽ 2021/10/30 TOP
三井ホーム 5,115ガル川内原発620ガル玄海原発620ガルもっとも安全性が求められる原発の耐震性は、住宅の2分の1から8分の1以下でした。三井ホームの市販住宅は5,115ガルに耐えられるのに、九州電力の川内原発と玄海原発の耐震性は620ガルしか(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 82 >  記事番号[406]〜[410] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_29_02]
阿蘇山「カルデラ噴火」の脅威 「大噴火」の400倍以上 島村英紀 2021/10/29 TOP
阿蘇山が「また」噴火した。このところ、毎年のように噴火している。2019年4月から始まった噴火は翌2020年まで続いたし、2016年には噴煙が高度11000メートルまで上がった。今回は3500メートルだったから、噴火はそれほど大きいものでは(後略)

 
[2021_10_29_01]
プルサーマル発電 電事連に推進要望 六ケ所村と村議会 東奥日報  2021/10/29 TOP

 
[2021_10_28_10]
最終処分地なお不透明 寿都町長選 調査推進の現職6選 調査進展「意義ある」六ケ所村長 東奥日報  2021/10/28 TOP

 
[2021_10_28_09]
長谷川健一さん死因は「甲状腺がん」…福島原発事故と戦った飯舘村の酪農家が投げかけたもの ゲンダイ 2021/10/28 TOP
大手メディアはほとんど取り上げていないが、26日付の東京新聞朝刊の社会面に衝撃的な記事が掲載されていた。<長谷川健一さん死去 「原発事故被害者団体連絡会」共同代表>という訃報記事だ。長谷川さんは福島県飯舘村で酪農を営んでい(後略)

 
[2021_10_28_08]
F35Aを2機追加 空自三沢、27機に 東奥日報  2021/10/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 83 >  記事番号[411]〜[415] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_28_07]
最終処分地なお不透明 寿都町長選 調査推進の現職6選 東奥日報  2021/10/28 TOP

 
[2021_10_28_06]
小川原湖上空で米軍オスプレイ訓練か 東奥日報 2021/10/28 TOP
青森県東北町の小川原湖上空に27日夜、オスプレイとみられる機体が飛来した。米軍横田基地(東京都)の輸送機CV22オスプレイが飛行訓練を行った可能性が高いとみられる。小川原湖上空での訓練は、事前通告なしで7月1日に実施して以来、約(後略)

 
[2021_10_28_05]
再処理工場の完成時期「工程維持が難しい」 NHK 2021/10/28 TOP
使用済み核燃料の再処理工場を運営する日本原燃の増田尚宏社長は28日、原子力規制委員会の審査に必要な書類の提出が予定よりも遅れることを明らかにしたうえで、来年度の上期としている工場の完成時期について、「工程を維持するのが非常(後略)

 
[2021_10_28_04]
福島第一原発 汚染水対策「凍土壁」一部で温度上昇 10度以上も NHK 2021/10/28 TOP
福島第一原子力発電所からの汚染水を減らす対策として、建屋の周囲の地盤を凍らせて地下水の流入を抑える「凍土壁」の一部で、先月中旬以降、地中の温度が0度を上回り、最高で10度以上に達していたことが分かりました。東京電力は「地下(後略)

 
[2021_10_28_03]
「核のごみ」の最終処分に関する説明会【岩手・盛岡市】 岩手朝日テレビ 2021/10/28 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物いわゆる「核のごみ」の最終処分について説明会が開かれました。説明会は、2017年から国と「NUMO」原子力発電環境整備機構が全国で開いていて、岩手県内では3回目です。27日は「科学的特性マップ」と呼(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 84 >  記事番号[416]〜[420] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_28_02]
「大型台風上陸時に原発事故」泊原発で原子力防災訓練 STV 2021/10/28 TOP
コロナ禍で北海道・後志地方に台風が上陸するなか泊原発で事故が起きたという想定で、原子力防災訓練が実施されています。28日の訓練は大型の台風が上陸し、泊原発3号機から放射性物質が漏れ出したという想定で行なわれています。参加し(後略)

 
[2021_10_28_01]
志賀原発再稼働に向け北陸電力・松田社長「1日も早く」 規制委が来月にも現地調査 tulip 2021/10/28 TOP
国の原子力規制委員会による現地調査が来月にも行われる志賀(しか)原子力発電所について、北陸電力の松田光司(まつだ・こうじ)社長は、「敷地内の断層が活断層ではないと説明できるよう準備をしていきたい」と述べました。松田光司社(後略)

 
[2021_10_27_09]
原発検査官身分証、11枚紛失 携行義務違反例も―規制委 時事通信 2021/10/27 TOP
原子力規制委員会は27日、事務局の原子力規制庁の職員が検査などで原発に立ち入る際に身分を証明する検査官証など計11枚を紛失したと発表した。原子炉等規制法は、立ち入り検査時の検査官証携行を義務付けているが、不携行の例もあった。(後略)

 
[2021_10_27_08]
北海道寿都町長選 現職の片岡氏当選 僅差での勝利 産経新聞 2021/10/27 TOP
任期満了に伴う北海道後志(しりべし)管内寿都(すっつ)町長選は26日、投開票が行われ、即日開票の結果、無所属で現職の片岡春雄氏(72)が無所属新人の元町議越前谷由樹氏(70)を破り、6選を果たした。20年ぶりとなった町長選挙は、(後略)

 
[2021_10_27_07]
軽石漂着、原発に注意喚起 海底火山噴火で規制委員 共同通信 2021/10/27 TOP
原子力規制委員会の石渡明委員は27日の定例会合で、小笠原諸島の海底火山噴火で生じたとみられる大量の軽石が原発に漂着した場合、原子炉の冷却に使う海水の取水設備に影響が出る恐れがあるとして、関係する電力会社などに注意喚起するよ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 85 >  記事番号[421]〜[425] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_27_06]
社説:原発政策 福島の10年に向き合え <衆院選10・31> 京都新聞 2021/10/27 TOP
東京電力福島第1原発事故から10年。今なお3万人近くが福島県外に避難を強いられ、廃炉の見通しも立たない。原発は電力の安定供給に役立つとされる一方で、取り返しのつかない災禍をもたらすことを、多くの国民は思い知ったはずだ。衆院選(後略)

 
[2021_10_27_05]
大間原発の周辺3町村 有事に備え避難道路の整備を要望 ABA 2021/10/27 TOP
大間町に建設中の大間原発についてです。近隣3町村でつくる協議会が、防災避難道路の整備促進を青森県に要望しました。要望したのは、大間町と風間浦村、佐井村の3町村でつくる「大間原発三ヶ町村協議会」で、会長を務める大間町の野ア(後略)

 
[2021_10_27_04]
核のごみめぐり調査推進派の現職勝利 住民の亀裂は修復されるのか 寿都町 UHB 2021/10/27 TOP
いわゆる核のごみをめぐりマチを二分する選挙戦が10月26日終わった北海道後志の寿都町。推進派の現職が勝利しましたが、住民の亀裂は修復されるのでしょうか。「ばんざーい、ばんざーい」20年ぶりに行われた寿都町長選。わずか235票差(後略)

 
[2021_10_27_03]
原子力規制庁の職員10人が身分証紛失 原発検査時に必要 毎日新聞 2021/10/27 TOP
原子力規制委員会は27日、委員会の事務局を担う原子力規制庁の職員10人が原発の検査の時などに必要な身分証を紛失していたと発表した。東京電力柏崎刈羽原発ではテロ対策の不備が相次ぎ、規制庁は監督する立場にもかかわらず職員の身分証(後略)

 
[2021_10_27_02]
軽石は11月に四国・静岡・千葉などに接近か…原発冷却水の取水に影響する可能性も 読売新聞 2021/10/27 TOP
沖縄県などに大量の軽石が漂着している問題で、軽石は今後、黒潮にのって北上し、来月にも四国や本州の沿岸に接近する可能性があることが海洋研究開発機構の分析でわかった。同機構の美山透・主任研究員(海洋物理学)が試算したところ、(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 86 >  記事番号[426]〜[430] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_27_01]
北海道・寿都町長6選の片岡氏 核のごみ問題「住民投票で意思確認」 毎日新聞 2021/10/27 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡って文献調査が進む北海道寿都町の町長選で、小差で6選を果たした現職の片岡春雄氏(72)が27日、町役場に登庁し、「核のごみを心配する方も相当いる。謙虚に受け止め(後略)

 
[2021_10_26_04]
原発を「実用段階にある脱炭素化の選択肢である」とする規定自体が間違い 山崎久隆 たんぽぽ 2021/10/26 TOP
5.原発を止めるのか進めるのかが特にあいまい◎「(3)電力部門に求められる取組」の、23頁「原子力における対応」について原発の現状は、極めて多くの問題が起きている。「安全を最優先し、経済的に自立し脱炭素化した再生可能エネルギ(後略)

 
[2021_10_26_03]
韓国の環境団体、岸田首相の汚染水放出方針表明に抗議 ハンギョ 2021/10/26 TOP
環境保健市民センターと環境運動連合海委員会日本政府に福島第一原発汚染水の放出計画の撤回を要求福島のイチゴ試食で安全性問題を糊塗した日本の首相を批判環境保健市民センターと環境運動連合海委員会のメンバーが25日午後、ソウルの(後略)

 
[2021_10_26_02]
島根原発 周辺自治体の米子市で住民説明会 2号機再稼働に向けて NKT 2021/10/26 TOP
中国電力が再稼働を目指している島根原発2号機。周辺自治体となる米子市で住民説明会が開かれた。松江市の島根原発2号機は、先月15日に原子力規制委員会の安全審査で正式合格となった。今月24日に米子市で行われた住民説明会は、鳥取県(後略)

 
[2021_10_26_01]
柏崎刈羽原発の核セキュリティー不備問題 規制委が東電の再発防止策などを現地で検証 TeNY 2021/10/26 TOP
柏崎刈羽原発の核セキュリティーの不備問題で、原子力規制委員会は10月26日から東京電力の再発防止策などを検証する本格的な追加検査を始めました。柏崎刈羽原発をめぐっては、IDカードの不正使用や核物質防護設備の一部機能喪失などが相(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 87 >  記事番号[431]〜[435] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_25_04]
台風を小さくする新技術の行方 冷たい海水を浮上させ 島村英紀 2021/10/25 TOP
日本ではようやく台風のシーズンが終わったが、台風のエネルギーは広島型原子爆弾1万8000個分に匹敵する。とても巨大なものだ。台風、サイクロン、ハリケーンはすべて同じもので、熱帯性で強い低気圧だ。地域別に名前が違う。いずれにせ(後略)

 
[2021_10_25_03]
柏崎刈羽原発、点検で焦げ跡見つかる…消防は「火災」と判断 読売新聞 2021/10/25 TOP
25日午後5時25分頃、東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の1号機タービン建屋近くで、排水ポンプの端子部分に焦げ跡が確認されたと、所員が柏崎市消防本部に通報した。同消防は現場を確認し、火災と判断した。外部への放射能漏れはな(後略)

 
[2021_10_25_02]
大事故の現場から見えたものは…松江市長が初めて福島第一原発を視察 (島根・福島) TSK 2021/10/25 TOP
島根原発2号機の再稼働に向けた動きが進む中、立地自治体である松江市の上定市長が先週初めて福島第一原発を視察しました。日本の原発に大きな転換をもたらした大事故の現場から何が見えたのか同行取材しました。松江市上定市長:「廃炉(後略)

 
[2021_10_25_01]
韓国海洋水産部、国際会議で「日本原発汚染水放出」議論を要求 中央日報 2021/10/25 TOP
韓国政府が国際会議で福島原発汚染水の海洋放出に関する議論を要求する。韓国海洋水産部は今日(25日)から29日までオンラインで進行されるロンドン条約・議定書締結国会議で、日本政府の福島原発汚染水海洋放出問題に関する議論を建議す(後略)

 
[2021_10_24_03]
防潮堤273億円と試算 東海再処理 建設せず、建物を防水 東奥日報  2021/10/24 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 88 >  記事番号[436]〜[440] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_24_02]
「美浜原発3号機」運転を停止 テロ対策の施設の設置が期限に間に合わず 関西電力 MBS 2021/10/24 TOP
関西電力は、今年6月に全国で初めて40年を超えて再稼働した美浜原発3号機の運転を停止しました。運転開始から44年が過ぎた関西電力の美浜原発3号機は、東京電力・福島第一原発事故をきっかけに設けられた“運転期間を原則40年に制限す(後略)

 
[2021_10_24_01]
震災遺構の請戸小が開館、福島 津波と原発事故伝承 共同通信 2021/10/24 TOP
東日本大震災、東京電力福島第1原発事故の被害と教訓を伝える震災遺構となった福島県浪江町立請戸小は24日開館し、一般公開が始まった。福島県では初の震災遺構。2011年3月11日、海岸から300メートルの請戸小は高さ約15メートルの津波(後略)

 
[2021_10_23_09]
核燃新税 むつ市が総務大臣協議表明 RFS「待ってと言えぬ」 東奥日報  2021/10/23 TOP

 
[2021_10_23_08]
小川原湖オスプレイ訓練、米軍「他に適地なし」 東奥日報 2021/10/23 TOP
米軍横田基地(東京都)の輸送機CV22オスプレイが青森県東北町の小川原湖上空で計画している飛行訓練に絡み、東北防衛局の職員が22日、県と東北町、三沢市、六ケ所村、小川原湖漁協を訪れ、米軍の認識を口頭で伝えた。米軍は訓練場所とし(後略)

 
[2021_10_23_07]
エネルギー政策の間違い エネルギーの転換回数増でロス(損失)拡大 小若順一 たんぽぽ 2021/10/23 TOP
6.風力発電風力発電は、台風で壊れたというニュースをよく見ます。風力発電が盛んなデンマークは、樺太より北にあるので台風のような熱帯低気圧は来ません。だから、電力を(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 89 >  記事番号[441]〜[445] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_23_06]
「新型原子炉」は幻想 10/14後藤政志さん講演会の報告 田中一郎 たんぽぽ 2021/10/23 TOP
去る10月14日(木)、水道橋のたんぽぽ舎におきまして、下記「新ちょぼゼミ」を開催致しました。簡単にご報告申し上げます。10/14オルタナティブな日本をめざして(第65回)「幻想の新型原子炉:高温ガス炉(HTGR)と小型原子炉」講師:後藤政志さん(後略)

 
[2021_10_23_05]
美浜原発3号機 23日から発電と送電を停止して定期検査に NHK 2021/10/23 TOP
原子力発電所の運転期間を原則40年に制限する制度のもとで、ことし6月、全国で初めて40年を超えて再稼働した関西電力の美浜原子力発電所3号機が23日から発電と送電を停止して定期検査に入りました。運転開始から44年が過ぎた関西電力の(後略)

 
[2021_10_23_04]
273億円の防潮堤、建設せず 東海再処理施設の津波対策 東京新聞 2021/10/23 TOP
日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(茨城県、廃止措置中)に防潮堤を建設する場合の総工事費は約273億円と同機構が試算していたことが23日、分かった。同施設では極めて強い放射線を出す廃液を保管中だが、同機構は津波対策として(後略)

 
[2021_10_23_03]
自民党の本音?岸田首相の「原発新増設」めぐる発言 毎日新聞 2021/10/23 TOP
今回の衆院選の争点の一つは原発をはじめとするエネルギー政策だ。東京電力福島第1原発の事故以降、脱原発を求める世論が高まる中、岸田文雄首相や自民党の甘利明幹事長ら与野党幹部の発言が注目されている。衆院選公示前日の10月18(後略)

 
[2021_10_23_02]
触れるのはタブー? 原発論議低調 川内原発抱える衆院選鹿児島3区 南日本新 2021/10/23 TOP
31日投開票の衆院選鹿児島3区では、同区の薩摩川内市に立地する九州電力川内原発1、2号機を巡る論議が低調だ。賛否が割れる原発の話自体がタブー視される地元の実情もあり、票が逃げるのを避けたいという候補者の思惑がのぞく。九電は公(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 90 >  記事番号[446]〜[450] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_23_01]
美浜原発3号が運転停止 テロ対策工事未了で 再稼働22年10月か 毎日新聞 2021/10/23 TOP
関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)は23日、運転を停止し、定期検査に入った。同機は今年6月、運転開始から40年を超える原発としては国内で初めて再稼働したばかりだが、テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重)の設置工事が(後略)

 
[2021_10_22_07]
エネルギー政策の間違い…「脱炭素」で原発推進 資源を浪費する自然エネルギー 小若順一 たんぽぽ 2021/10/22 TOP
項目紹介1.原発が「脱炭素」?2.陰に原子力業界3.CO2が原因でない地球温暖化4.製造や建設時から廃棄されるまでのトータルで評価する必要(後略)

 
[2021_10_22_06]
原発事故10年 指定廃棄物を搬出 栃木・那須塩原市 テレ朝 2021/10/22 TOP
福島第一原発の事故から10年、栃木県那須塩原市の指定廃棄物が農家から運び出されました。指定廃棄物は福島第一原発の事故で出た放射能濃度が1キロあたり8000ベクレルを超えるごみです。那須塩原市では53の農家が基準を超えた牧草や稲わ(後略)

 
[2021_10_22_05]
電事連会長、原発の新増設「記載してほしかった」 産経新聞 2021/10/22 TOP
電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は22日、東京都内での記者会見で、新たなエネルギー基本計画で原発の新増設や建て替えが盛り込まれなかったことについて「(温室効果ガス排出量を実質ゼロにする)カーボンニュートラルの達(後略)

 
[2021_10_22_04]
「回答の遅れは不誠実」島根原発の安全協定巡る中国電力の回答に鳥取県が強く反発 TSK 2021/10/22 TOP
島根原発をめぐる鳥取県側との安全協定改定について、中国電力は22日に開かれた協議会で具体的な改定案を示さず、県側が強く反発しています。鳥取県危機管理局・水中進一局長:「改定案を「出し渋りしているのか」と疑わざるを得ない。回(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 91 >  記事番号[451]〜[455] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_22_03]
電事連会長 定例会見要旨 (2021 年 10 月 22 日) 電事連 2021/10/22 TOP
電事連会長 定例会見要旨 (2021 年 10 月 22 日) 電事連会長の池辺です。よろしくお願いいたします。 本日、私からは「第 6 次エネルギー基本計画の決定」「今冬の供給力確保の取り組み」「東京電力ホールデ(後略)

 
[2021_10_22_02]
エネ計画「脱炭素の決意」 電事連会長が評価 47NEWS 2021/10/22 TOP
電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は22日の定例記者会見で、政府が閣議決定したエネルギー基本計画について「脱炭素化の施策を展開する国の強い決意が示され、大変意義があるものだ」と評価した。(後略)

 
[2021_10_22_01]
大間原発 地震の揺れが従来より3割増大の計算結果 電源開発 NHK 2021/10/22 TOP
大間町に建設中の大間原子力発電所について、事業者の電源開発は、国が示した新たな計算方法で想定される地震の揺れの強さを算出した結果、従来よりも3割あまり大きくなったことを明らかにしました。今後、この結果などを踏まえて安全審(後略)

 
[2021_10_21_03]
北海道寿都町長選に現新2氏立候補 核のごみ調査の是非、争点に 毎日新聞 2021/10/21 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡り、文献調査が進む北海道寿都(すっつ)町で21日、任期満了に伴う町長選が告示された。いずれも無所属で、新人の元町議、越前谷由樹氏(70)と6選を目指す現職の片岡(後略)

 
[2021_10_21_02]
40年超運転の美浜3号機、23日に停止 長期展望開けぬ原発政策 産経新聞 2021/10/21 TOP
運転開始から40年を超える関西電力の美浜原発3号機(福井県美浜町)が23日、運転を停止する。設置が義務付けられているテロ対策施設の工事が期限の25日までに完成しないため。足元では今冬の電力供給に一定のめどが立っているが、長期的(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 92 >  記事番号[456]〜[460] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_21_01]
“核のごみ"最終処分場の文献調査 是か非か…寿都町長選告示 全国注目の選挙戦スタート HBC 2021/10/21 TOP
冷たい秋の雨が降る後志の寿都町で“核のごみ"をめぐる、熱い町長選挙が始まりました。越前谷陣営「頑張れー、オー!頑張れー、オー!」片岡陣営「頑張ろう、オー!頑張ろう、オー!」(後略)

 
[2021_10_20_04]
対テロ不備、検査入り了承 柏崎刈羽原発で規制委 共同通信 2021/10/20 TOP
原子力規制委員会は20日の定例会合で、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)のテロ対策不備を巡り、近く始める本格的な検査の計画を了承した。福島第1原発事故後のコストダウンの取り組みが、核物質防護措置の質にどのような影響を与えたかに(後略)

 
[2021_10_20_03]
原子力規制委、検査計画を了承 柏崎刈羽原発対テロ不備 経費削減の影響も調査 新潟日報 2021/10/20 TOP
東京電力柏崎刈羽原発でテロなどを防ぐ核物質防護体制の不備が相次いだ問題を巡り、原子力規制委員会は20日の定例会合で、東電に対して行う検査計画を了承した。東電福島第1原発事故後の経営状況を踏まえた経費削減がこの問題にどう影響(後略)

 
[2021_10_20_02]
規制委 柏崎刈羽原発のセキュリティー不備問題で 26日から本格的な追加検査 TeNY 2021/10/20 TOP
柏崎刈羽原発の核セキュリティー不備問題を受け、原子力規制委員会は10月20日、東京電力の報告書を踏まえて追加検査を始めると通知しました。柏崎刈羽原発をめぐっては、核セキュリティーの不備が相次いで発覚し、規制委員会による追加検(後略)

 
[2021_10_20_01]
石川・志賀原発「9本の断層のうち4本が活断層」 北陸放送 2021/10/20 TOP
現地調査を控えた北陸電力・志賀原子力発電所の安全推進協議会が20日開かれました。北陸電力の担当者は今年度の原子力規制委員会の審査会合で、敷地から半径5キロの範囲内に分布する9本の断層のうち4本が活断層だと説明し、委員から一定(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 93 >  記事番号[461]〜[465] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_19_03]
仏、原発6基増設を年内発表か 大統領、方針転換に 共同通信 2021/10/19 TOP
【パリ共同】19日付の仏紙フィガロは、マクロン大統領が国内で新型の欧州加圧水型原子炉(EPR)を6基増設する計画を年内に発表する考えだと報じた。実際に発表すれば、EPR増設の判断は先送りするとしてきたマクロン政権の方針転換となる(後略)

 
[2021_10_19_02]
原発の重大事故に備えてドローンを遠隔操作 県と伊方町が連携して訓練 EBC 2021/10/19 TOP
大地震などで伊方原発で重大事故が発生した時に備え、愛媛県と伊方町の職員が19日、県庁からドローンを遠隔操作し、避難道路の状況を把握する訓練に取り組みました。県庁のドローン運行担当職員:「飛行させるドローンを所定の離陸場所に(後略)

 
[2021_10_19_01]
鹿児島知事、川内原発特別点検で情報提供要請 産経新聞 2021/10/19 TOP
鹿児島県の塩田康一知事は19日、九州電力本店(福岡市中央区)を訪れ、池辺和弘社長と面会。九電は18日から川内原発(鹿児島県薩摩川内市)について、原子炉等規制法上で定められた原則40年の運転期限を延長する申請の前提となる特別点検(後略)

 
[2021_10_18_02]
低廉で安定的に大規模電力を送ることが可能な直流送電システムの構築 山崎久隆 たんぽぽ 2021/10/18 TOP
◎5頁「日本のエネルギー需給構造の抱える課題の克服」については、大きな見当違いをしている。「高度成長期に構築されたエネルギー設備の高経年化が進む中にあって、自然災害の大規模化といった要因も重なり、高度成長期以降では類を見(後略)

 
[2021_10_18_01]
島根原発再稼働をめぐる情勢 再稼働に懐疑的な雰囲気がある 上岡直見 たんぽぽ 2021/10/18 TOP
◎島根原発は、1号機が廃止措置中、2号機が今年9月に設置変更許可、3号機が建設中で2018年8月に適合性審査を申請している。2号機の設置変更許可(いわゆる合格)を受けて再稼働への動きが始まっている。2021年10月16日(土)に島根県松(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 94 >  記事番号[466]〜[470] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_17_02]
地殻変動で沈没船が陸上に…小笠原諸島で噴火相次ぐ テレ朝 2021/10/17 TOP
日本の南で火山が相次いで噴火しています。一体何が起きているのか、朝日新聞社機で専門家と共に新たに誕生した島に向かいました。▽緊急取材小笠原諸島で相次ぐ火山活動8月13日海底火山「福徳岡ノ場」で大規模な噴火が発生。(後略)

 
[2021_10_17_01]
「核ごみ」調査、争点に 推進派と反対派一騎打ちへ 北海道寿都町長選 時事通信 2021/10/17 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定をめぐる文献調査が進む北海道寿都町で21日、任期満了に伴う町長選(26日投開票)が告示される。調査を推進する現職と、反対する新人の2人が立候補を表明。調査の是非を争(後略)

 
[2021_10_16_01]
島根原発から低レベル放射性廃棄物を搬出 TSK 2021/10/16 TOP
松江市の島根原発で15日、青森県六ヶ所村の埋設施設に向け低レベル放射性廃棄物の搬出作業が行われました。島根原子力発電所では稼働していない状態でも原子炉建物内で使われた設備や作業着、フィルターなど低レベル放射性廃棄物ができる(後略)

 
[2021_10_15_05]
カナリア諸島ラパルマ島で半世紀ぶりに噴火 島村英紀 2021/10/15 TOP
スペインもポルトガルも欧州本土には活火山はない。大西洋にポツンと離れた、それぞれの領土の島にあるだけだ。これらの島々はマグマの上にある火山島なのである。9月からスペイン領のカナリア諸島・ラパルマ島のクンブレビエハ火山(標(後略)

 
[2021_10_15_04]
島根原発2号機 松江市で安全対策協議会 市民団体などが原子力規制庁に質問 NKT 2021/10/15 TOP
島根原発2号機は先月、原子力規制委員会の安全審査に正式合格。現在は立地自治体(松江市・島根県)が再稼働に「同意」するかどうかの判断に注目が集まっている。15日は松江市で、医師会などの民間の団体や市民団体で構成される安全対策(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 95 >  記事番号[471]〜[475] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_15_03]
信頼回復に向けた取り組みを“要求" 双葉・大熊町長が東電社長に要求書提出 FTV 2021/10/15 TOP
東京電力の小早川社長に要求書を手渡したのは、福島県・双葉町の伊澤町長や大熊町の吉田町長など。双葉町・伊澤町長:「これは要望でなく、要求であることをお伝えし、概要の説明とします」信頼回復に向けた取り組みを“要求"した背景に(後略)

 
[2021_10_15_02]
海路避難住民乗船なく コロナで縮小 実効性に懸念 愛媛県原子力防災訓練 愛媛新聞 2021/10/15 TOP
愛媛県原子力防災訓練で、四国電力伊方原発(伊方町九町)の重大事故発生時に孤立が懸念される原発以西の住民を海路で町外に運ぶ訓練は、新型コロナウイルス感染防止のため地域住民が全く参加しない異例の光景となった。県や伊方町職員が(後略)

 
[2021_10_15_01]
伊方原発での事故を想定した搬送訓練 大分 TOS 2021/10/15 TOP
大分県内から直線距離で約45キロにある伊方原発。毎年、愛媛県が事故を想定した防災訓練を行っていて、大分県も参加している。県内では、ことし原発付近で操業していた漁師が放射性物質に汚染された可能性があるという想定で、県外の専門(後略)

 
[2021_10_14_03]
柏崎刈羽原発 侵入検知器で故障2件「監視機能は維持」 新潟放送 2021/10/14 TOP
東京電力は14日、新潟県にある柏崎刈羽原発に設置していた侵入検知器で2件の故障が見つかったと発表しました。東京電力によりますと、侵入検知器の故障は5日と6日に見つかりました。侵入者がいないにも関わらず検知反応が続くというもの(後略)

 
[2021_10_14_02]
川内原発が特別点検へ 稼働40年を前に運転延長の可否判断 毎日新聞 2021/10/14 TOP
九州電力は14日、2024年以降に稼働から40年を迎える川内原発1、2号機(鹿児島県)について、運転延長の可否を判断するため、特別点検を実施することを明らかにした。いずれも作業を効率化するため、原子炉を停止する定期検査(約3カ月間(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 96 >  記事番号[476]〜[480] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_14_01]
川内原発 特別点検を発表 九電「結果みて延長申請を判断」 南日本新 2021/10/14 TOP
九州電力は14日、40年の運転期限が迫った川内原発1・2号機について、運転延長に必要な特別点検を実施すると発表しました。川内原発は1号機が2024年、2号機が翌2025年に運転期限の40年を迎え、原子力規制委員会が認めれば最長で20年延長(後略)

 
[2021_10_13_07]
ムール貝の貝殻に潮汐と津波の記録 解明 高知大学 2021/10/13 TOP
この度、海洋コア総合研究センターの佐野有司センター長、奥村知世特任助教及び東京大学、富山大学、東北大学、大阪教育大学の研究チームが、岩手県大槌湾より採集されたムール貝の貝殻に、潮汐や 2011 年東日本大震災の津波の記録が刻ま(後略)

 
[2021_10_13_06]
「エネルギー基本計画」に対するパブリックコメント 山崎久隆 たんぽぽ 2021/10/13 TOP
項目紹介1.エネルギー基本計画とは…(その1)に掲載2.エネルギー基本計画の基本は何処に3.東電福島第一原発事故の反省はあるのか…(その2)に掲載4.日本の問題点の指摘は、ずれている…(その3)に掲載(後略)

 
[2021_10_13_05]
関西電力が美浜町長らと意見交換行う懇談会開催 美浜原発3号機再稼働への理解求める MBS 2021/10/13 TOP
関西電力は原子力発電所を再稼働した福井県美浜町で地元関係者との意見交換を行う懇談会を開き、再稼働への理解を求めました。運転開始から40年を超える関西電力・美浜原子力発電所3号機は、今年6月に10年ぶりに再稼働しています。10月(後略)

 
[2021_10_13_04]
相次ぐ不祥事 東電が新潟県議会で説明 厳しい声に「不退転の覚悟で臨む」 NST 2021/10/13 TOP
東京電力は13日、柏崎刈羽原発でテロ対策の不備が相次いで判明した問題を受け、原因や再発防止策を新潟県議会の各会派に説明しました。議員からの厳しい声に対し、東電は「これが最後だという覚悟。生まれ変わる」と応じました。【杉本一機キャスター】(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 97 >  記事番号[481]〜[485] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_13_03]
島根原発 境港市議会が中国電力に申し入れ 安全協定の改定も求め3度目 NKT 2021/10/13 TOP
島根原発に関わる安全協定の改定について、13日周辺自治体の境港市議会が中国電力に対し3度目の申し入れを行った。島根原発の安全協定について周辺自治体の鳥取県と境港市、米子市は中国電力に対して、立地自治体と同等のものに改定する(後略)

 
[2021_10_13_02]
経産省、太陽光・風力の小規模発電施設の規制強化 所有者届け出など 毎日新聞 2021/10/13 TOP
経済産業省は、太陽光や風力による小規模な発電施設に対する規制を強化する。使用前の安全確認や、所有者や委託業者に関する情報の国への届け出を義務付ける。再生可能エネルギーは政府の促進策で普及が進む一方、規制が緩い小規模発電施(後略)

 
[2021_10_13_01]
(核セキュリティー不備問題)“過去の指摘"生かせず 規制委「驚くような結果」 TeNY 2021/10/13 TOP
柏崎刈羽原発における核セキュリティーの不備の問題について、原子力規制委員会の更田委員長は10月13日、規制庁による指摘が生かされず「驚くような結果となった」と述べました。東京電力は柏崎刈羽原発をめぐる一連の問題を受け、ことし(後略)

 
[2021_10_12_02]
島根原発2号機 審査合格受け災害対応確認 中電が鳥取県、米子市、境港市に説明 NKT 2021/10/12 TOP
島根原発2号機の安全審査合格を受け周辺自治体への説明が進んでいる。12日は地震以外の災害を想定した対応の確認が行われた。会議では中国電力が鳥取県、米子市、境港市のそれぞれの担当者に対して島根原発2号機の周辺で火山が噴火した(後略)

 
[2021_10_12_01]
フランスが小型原発開発へ 温暖化対策で「原発維持」を明示 産経新聞 2021/10/12 TOP
【パリ=三井美奈】フランスのマクロン大統領は12日、2030年までの産業再生策について演説し、原子力産業に10億ユーロ(約1300億円)を投資し、小型モジュラー原子炉(SMR)開発を目指すと述べた。自身の再選をかけた来年4月の大統領選(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 98 >  記事番号[486]〜[490] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_11_05]
過去の破損、管理職に報告せず 福島第1原発の汚染水浄化設備 東京新聞 2021/10/11 TOP
東京電力は11日、福島第1原発の汚染水を浄化する多核種除去設備で排気フィルターが2年前に破損したのに、原因調査せずに交換で済ませたため再び破損した問題で、当時の担当者は破損状況を写真で確認していたのに管理職に報告していなかっ(後略)

 
[2021_10_11_04]
再稼働目ざす島根原発2号機 学識者が安全審査合格後初の視察 TSK 2021/10/11 TOP
中国電力が再稼働をめざす島根原発2号機について、学識者で構成される島根県の原子力安全顧問がきょう、国の安全審査合格後初めて現地を視察しました。島根県は原子力発電全般について様々な専門的助言を受ける為、県内外から放射線や地(後略)

 
[2021_10_11_03]
JR東日本変電所爆発火災事故と原発の心配 変電所火災はなぜ起きたか… 山崎久隆 たんぽぽ 2021/10/11 TOP
10月10日(日)午後0時55分頃、埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所で爆発と共に火災が発生、東京と埼玉を結ぶ埼京線などの他、山手線、常磐線も含む10路線が一時運転を停止する事態になり、東京東部から北部のJR鉄道網が大混乱に陥った。2(後略)

 
[2021_10_11_02]
JR東日本 「基幹変電所」火災 機器トラブルが出火原因か NHK 2021/10/11 TOP
2021年10月11日 17時59分10日、埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所で起きた火災で、警察と消防は11日、現場で火が出た詳しい状況を調べました。10日午後1時前、埼玉県蕨市にあるJR東日本の「蕨交流変電所」で火災が発生し、これによる停(後略)

 
[2021_10_11_01]
地震後に検査も…設備の故障?JR変電所火災の原因 テレ朝 2021/10/11 TOP
[2021/10/11 23:30]埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所の火災で、JR東日本は10路線で一時運転を見合わせ、23万6000人に影響が出ました。11日は、実況見分が行われました。なかでも、念入りに実況見分が行われたのが“トランス室"と呼ばれ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 99 >  記事番号[491]〜[495] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_09_05]
東電の入域管理や核物質防護担当者もずさん、柏崎刈羽原発の再稼働は不可能に 山崎久隆 たんぽぽ 2021/10/09 TOP
14.IDカードの定期更新をしていない報告書40頁には「IDカードの写真が古い、不鮮明等で人定確認しにくいことがあった。」との記載がある。およそ考えられない記述だ。(後略)

 
[2021_10_09_04]
震度5強の揺れは予兆か…“プレート跳ね上がり巨大地震"の年内列島直撃を専門家が危惧 ゲンダイ 2021/10/09 TOP
10/9(土) 14:02配信「とうとう来たか」とギョッとした人も多かったのではないか。首都圏で最大震度5強を記録した7日の地震。これまで50人を上回るケガ人が確認されている。気象庁の束田地震津波監視課長は「内閣府が想定する首都直下地(後略)

 
[2021_10_09_03]
首都圏 震度5強 M7級なら被害広範囲に 軟弱地盤、揺れやすく 東奥日報  2021/10/09 TOP

 
[2021_10_09_02]
<社説>首都圏震度5強 経験を備えに生かして 東京新聞 2021/10/09 TOP
2021年10月9日 07時34分千葉県北西部を震源とする七日夜の地震で、首都圏の一部では震度5強の揺れを観測した。地震の規模を示すマグニチュード(M)5・9の「中地震」だが、水道や交通機関などに被害が出た。弱点を補強し、将来起こり得(後略)

 
[2021_10_09_01]
社説 東京震度5強 首都直下型にどう備えるか 読売新聞 2021/10/09 TOP
2021/10/09 05:00深夜の首都圏を襲った強い揺れは、地震がいつどこで起きても不思議はないことを実感させた。発生が懸念される首都直下地震にどう備えるか、真剣に考えねばならない。7日の地震は東京都と埼玉県の一部で震度5強を記録し(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 100 >  記事番号[496]〜[500] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_08_34]
東京・埼玉で震度5強 23区「5強」震災以来 東奥日報  2021/10/08 TOP

 
[2021_10_08_33]
伊方原発3号機 配管バルブ閉まらず 放射性物質を含む水が漏れ続ける EBC 2021/10/08 TOP
伊方原発3号機で配管のバルブが閉まらず、わずかな放射性物質を含む水が漏れ続ける不具合が起きたことが分かりました。外部への放射線漏れの影響はありません。愛媛県などによりますと、不具合があったのは伊方原発3号機の原子炉格納容(後略)

 
[2021_10_08_32]
樋口英明 緊急講演会 −本当は誰にもわかる原発裁判− 伊方裁判 2021/10/08 TOP
広島地裁仮処分決定交付前に先立ち、樋口英明緊急講演会を開催しました。参加申込者は87名でした。(なお前日7日22時41分に関東圏でM5.7 の地震が発生、最大加速度は千葉の観測点「行徳」で179.9ガルでしたが、各地で水道管が破裂したり(後略)

 
[2021_10_08_31]
メルボルンで「まれ」な地震 島村英紀 2021/10/08 TOP
オーストラリアの第二の都市メルボルンで9月下旬にまれな地震があった。建物の外壁が崩れて路上に散乱した。地震に慣れていない住民はパニックにおちいった。震源は180キロほど離れたビクトリア州マンスフィールド付近。マグニチュード(後略)

 
[2021_10_08_30]
首都圏で最大震度5強 帰宅困難者への対応は何が問題だったのか 廣井悠 ヤフー 2021/10/08 TOP
10/8(金) 23:08千葉県北西部を震源として発生した最大震度5強の地震2021年10月7日(木)の22時41分に千葉県北西部を震源として発生した地震は,埼玉県宮代町や東京都足立区(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 101 >  記事番号[501]〜[505] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_08_29]
震度5強で浮き彫りになった「都市のインフラ問題」 報道ステ 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 22時首都圏を襲った震度5強の地震で、電車や新幹線が止まり「#帰宅困難者」が続出。各地で #エレベーター停止、 #漏水 など都市のインフラのもろさを浮かび上がらせました。【#エレベーター停止 生活に大きく影響】(後略)

 
[2021_10_08_28]
東京・埼玉で震度5強の地震 でも首都直下地震は“比べものにならない"被害 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 18時7日夜、人々がくつろぐ時間に突如首都圏を襲った地震から一夜明けた8日。震度5強を観測した埼玉県川口市では、住宅のブロック塀が崩れ、住民が後片づけに追われました。でも、首都圏で近い将来起きるとされている首都(後略)

 
[2021_10_08_27]
JR東日本 36万8100人に影響 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 17時12分7日の地震で、首都圏ではJRや私鉄に影響が出ています。JR東日本によりますと、今回の地震の影響で、7日夜から8日にかけて、東北・北陸・上越新幹線や、山手線や京浜東北線など首都圏の16の在来線に運休や遅れが発(後略)

 
[2021_10_08_26]
魚や鳥が地震に反応する様子を撮影 国交省 2021/10/08 TOP
午後2:15 2021年10月8日昨夜の千葉県北西部を震源とする地震発生時の映像を確認したところ、魚や鳥が地震に反応する様子が撮影出来ましたので紹介します。左上に見える茶色の建物は #江東区 の #中川船番所資料館 です。#震度5強( (後略)

 
[2021_10_08_25]
足立区や埼玉県で震度5強となったのは「軟弱地盤の影響」 気象庁 東京新聞 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 11時44分7日深夜、関東地方に強い揺れをもたらした地震の震源は、千葉市の直下で深さ約75キロとやや深いが、普段から地震活動が活発な「地震の巣」だ。最大震度5強を東京都足立区や埼玉県で観測したことについて、気象庁(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 102 >  記事番号[506]〜[510] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_08_24]
千葉 市原の水管橋破損 送水止め水の勢い収まる 復旧作業へ NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 11時40分7日夜の地震のあと、千葉県市原市で川にかかる水道管の橋、水管橋が破損して水が噴き出しましたが、8日朝、県が送水を止めると勢いは収まりました。この水管橋は設置されてから41年が経過しているということで、(後略)

 
[2021_10_08_23]
帰宅困難者続々、思い出す大震災 真っ暗な改札前に数百人 毎日新聞 2021/10/08 TOP
2021/10/8 11:347日深夜に発生した地震は首都圏の交通網に大きなダメージを与え、電車の運転見合わせにより帰宅できなくなる人を生じさせた。8日も運休や駅への入場制限による混乱が続き、10年前の東日本大震災を思い返して不安を募らせ(後略)

 
[2021_10_08_22]
東京など震度5強「直下型の一種」 首都直下にある地震の巣 毎日新聞 2021/10/08 TOP
2021/10/8 11:277日夜に東京都と埼玉県で最大震度5強を観測した今回の地震は、千葉県北西部の地下約75キロという「首都直下」で発生した。いわゆる「首都直下地震」との関係はあるのだろうか。関東地方の地下では「北米プレート」の下に(後略)

 
[2021_10_08_21]
JRの駅で通勤時間帯に長蛇の列 地震影響で入場制限も NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 10時33分地震から一夜明けた8日もJRの多くの路線で運転見合わせや大幅な遅れが続き、JR川崎駅では駅員に見通しを尋ねたり、電光掲示板を確認したりする人の姿が見られました。JR川崎駅では(後略)

 
[2021_10_08_20]
地震 “長周期地震動" 階級2 千葉と東京23区で観測 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 10時25分今回の地震について、気象庁の束田地震津波監視課長は8日未明の記者会見で「今回の地震で千葉県北西部と東京23区では長周期地震動 階級『2』を観測した」と話しました。気象庁のホームページによりますと、長周期(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 103 >  記事番号[511]〜[515] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_08_19]
JR 多くの路線で大幅な遅れ 京葉線は運転再開 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 8時46分JRによりますと、昨夜の地震に伴う点検のため、運転を見合わせていた京葉線は午前8時40分現在、全線で運転を再開しています。一方、多くの路線で大幅な遅れが出ているということです。さらに、一部の駅で入場規制が(後略)

 
[2021_10_08_18]
【解説】都市部での大地震にどう備える NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 8時36分7日夜の東京 埼玉で震度5強の地震では水道管の漏水、ブロック塀や外壁の落下等の被害が出たほか、鉄道の運転見合わせなどで帰宅が困難になる人もいました。想定されている首都直下地震など都市部での地震被害に備え(後略)

 
[2021_10_08_17]
【記者解説】東京 埼玉で震度5強 首都直下地震との違いは NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 7時58分7日夜遅く、千葉県北西部を震源とする地震があり、東京足立区と埼玉県川口市、宮代町で震度5強の強い揺れを観測したほか、関東南部の各地で震度5弱の揺れを観測しました。この地震の特徴は、また想定される首都直下(後略)

 
[2021_10_08_16]
運転見合わせ続くJR武蔵野線 改札前に多くの人 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 7時45分千葉県松戸市のJR新松戸駅では武蔵野線が始発から運転を見合わせているため、8日午前6時ごろ、改札の前で立ち止まって運行情報を確認する人の姿が多く見られました。通勤客の女性は「昨夜は寝ててパニックになるく(後略)

 
[2021_10_08_15]
東京23区 計23か所で漏水も午前6時までに修理終わる NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 6時58分東京都によりますと、7日夜の地震のあと23区の合わせて23か所の漏水が確認されましたが、いずれも午前6時までに修理が終わりました。都の水道局は23区の合わせて30か所で漏水が確認されたとしていましたが、同じ現(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 104 >  記事番号[516]〜[520] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_08_14]
東京 埼玉で漏水の被害 千葉では水道管が破損 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 6時36分東京や埼玉では漏水の被害が出ています。▽東京都によりますと、地震のあと合わせて23か所で漏水が発生していましたが、午前6時までにすべての修理が終わったということです。▽埼玉県によりますと、午前2時現在、(後略)

 
[2021_10_08_13]
東京 足立区 帰宅困難者に小学校の体育館開放 30人以上訪れる NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 5時04分震度5強の揺れを観測した東京 足立区は電車が止まった影響で帰宅できない人が出たことから、朝までの滞在場所として小学校の体育館を開放し、体育館では30人以上が横になって体を休めていました。震度5強の揺れを(後略)

 
[2021_10_08_12]
日暮里・舎人ライナー 運転再開のめどたたず 緊急停車時に脱輪 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 4時53分警視庁によりますと、日暮里・舎人ライナーは足立区内の舎人公園駅と舎人駅の間で緊急停車した際に脱輪したということです。停車した際に車内で複数の人が転倒し、30代の女性2人と20代の女性1人の合わせて3人がけ(後略)

 
[2021_10_08_11]
舎人ライナー脱線の詳細、東京都交通局が明らかに 毎日新聞 2021/10/08 TOP
2021/10/8 03:29(最終更新 10/8 12:09)東京都交通局は8日未明、都営新交通システム「日暮里・舎人ライナー」が地震で脱線した状況について明らかにした。都によると、脱線したのは足立区内を走行していた日暮里発見沼代親水公園行き下(後略)

 
[2021_10_08_10]
東京ガス 安全装置作動した住宅 ガス漏れないか確認し復旧を NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 2時47分東京ガスによりますと、7日夜の地震に伴うガスの供給などへの影響は出ていないということです。一方で安全装置が作動してガスが使えない住宅などが出ている可能性があるとして、ガス漏れなどがないか確認したうえで(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 105 >  記事番号[521]〜[525] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_08_09]
気象庁は「首都直下地震との関連は低い」 関東震度5強 毎日新聞 2021/10/08 TOP
2021/10/8 02:40(最終更新 10/8 02:40)7日午後10時41分ごろに東京都と埼玉県で震度5強を観測した地震で、気象庁は8日未明に記者会見を開いた。束田進也・地震津波監視課長は「(震源は)精査すると変わるかもしれないが、今のところは(後略)

 
[2021_10_08_08]
埼玉 草加 住宅で火災 煙吸い1人病院搬送 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 2時32分7日夜遅く、震度5弱の揺れを観測した埼玉県草加市の住宅で火事があり、この住宅に住む50代の女性が煙を吸って病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。女性の夫はNHKの取材に対し「地震のあと熱帯魚(後略)

 
[2021_10_08_07]
【動画】突き上げるような揺れ 本棚倒れ500冊落下 東京 大田区 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 2時21分8日午前0時ごろ、東京・大田区で撮影された映像です。撮影した女性によりますと、7日午後10時40分すぎ、自宅で下から突き上げるような揺れを数秒感じたあと、強い横揺れが1分近く続いたということです。女性は、当(後略)

 
[2021_10_08_06]
東京 足立区と埼玉 川口 宮代町で震度5強 M5.9 津波なし NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 1時49分7日夜遅く、千葉県北西部を震源とする地震があり、東京足立区と埼玉県川口市、宮代町で震度5強の強い揺れを観測したほか、関東南部の各地で震度5弱の揺れを観測しました。この地震による津波はありませんでした。気(後略)

 
[2021_10_08_05]
岸田首相「帰宅困難者に対し事業者にできる限りの協力を要請」 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 1時47分岸田総理大臣は、午前1時半前、総理大臣官邸で、記者団に対し「都市部における地震により、帰宅困難者が生じているという報告を受けている。帰宅困難者に対しては、事業者にできる限りの協力を要請している。引き続(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 106 >  記事番号[526]〜[530] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_08_04]
【動画】地震直後 霞が関近くの首都高速道路 照明大きく揺れる NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 1時45分地震直後に霞が関近くの首都高速道路を走る車の中から撮影された映像です。道路の照明が大きく揺れ、走行中の車がハザードランプを点灯させて減速しているのが見えます。撮影した30代の男性は、「緊急地震速報が鳴(後略)

 
[2021_10_08_03]
松野官房長官「重傷者1人 程度不明の負傷者16人と報告」 NHK 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 1時42分松野官房長官は、午前1時すぎに記者会見し「人的被害については、現在のところ、重傷者1名のほか、程度が不明の負傷者が16名と報告を受けているが、詳細は鋭意、確認しているところだ」と述べました。「各地で漏水が多数との報告」(後略)

 
[2021_10_08_02]
令和3年10月7日22時41分頃の千葉県北西部の地震について 気象庁 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 00時50分地震の概要検知時刻(最初に地震を検知した時刻)10月7日22時41分発生時刻(地震が発生した時刻)(後略)

 
[2021_10_08_01]
「太平洋プレートとフィリピン海プレートの境目で起きたのでは」山岡教授 東京新聞 2021/10/08 TOP
2021年10月8日 00時49分 7日夜に千葉県北西部で起こったマグニチュード(M)6・1の地震について、名古屋大学の山岡耕春教授(地震学)は「2005年に発生した地震とそっくりだ」と指摘した。05年の地震も千葉市付近で発生し、深さ73キロ(後略)

 
[2021_10_07_10]
階上で震度5強 八戸、南部5弱 県内2人軽傷 東奥日報  2021/10/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 107 >  記事番号[531]〜[535] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_07_09]
規制委、敦賀2号業務体制の審査継続/「結論出す状況にない」 電気新聞 2021/10/07 TOP
原子力規制委員会は5日、日本原子力発電敦賀発電所2号機の審査資料作成に関わる業務プロセスを確認するために同社本店で実施していた2日間の検査を終えた。敦賀2号機の審査では昨年2月に原電が審査資料を不適切に書き換えていたことが発(後略)

 
[2021_10_07_08]
M7で後発地震注意喚起 日本・千島海溝で専門家委 日経新聞 2021/10/07 TOP
内閣府の専門家委員会は7日、日本海溝・千島海溝沿いでマグニチュード(M)7以上の地震が発生した場合に、より大きな後発地震への備えを住民に注意喚起するのが適切だとする報告書案をまとめた。ただ、震源域ではM7以上の地震が約2年に(後略)

 
[2021_10_07_07]
中央構造線断層群に注意せよ 伊方原発直下地震の危険性がある 山崎久隆 たんぽぽ 2021/10/07 TOP
1.和歌山市で水道橋の崩落事故紀の川に架かる水道橋の落橋と中央構造線断層帯和歌山市紀の川に架かる水道橋「六十谷(むそた)水管橋」が突如崩落した事故で、和歌山市の尾花正啓市長は(後略)

 
[2021_10_07_06]
新潟県が保管していた“放射性物質含む汚泥"の処分完了 費用は全額東電へ請求 NST 2021/10/07 TOP
東京電力福島第一原発事故により浄水場で発生した放射性セシウムを含む汚泥について、新潟県が保管していた分の処分が全て完了しました。処分されたのは、放射性セシウム濃度が1キロあたり8000ベクレル以下の汚泥で、おととしから9月ま(後略)

 
[2021_10_07_05]
原子力施設異常なし 規制庁 東京震度5強 毎日新聞 2021/10/07 TOP
10/7(木) 23:52配信原子力規制庁によると、7日午後10時41分ごろ、東京都と埼玉県で震度5強を観測した地震で、午後11時半現在、原子力施設の異常などの連絡は入っていないという。日本原子力発電の東海第2原発(茨城県東海村、運転停止中(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 108 >  記事番号[536]〜[540] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_07_04]
東海第二原発 地震による異常なし NHK 2021/10/07 TOP
2021年10月7日 23時10分震度3の揺れを観測した茨城県東海村にある東海第二原子力発電所は現在、運転を停止していて、日本原子力発電によりますと、今のところ地震による異常はないということです。また、原発周辺にある放射線量を測定す(後略)

 
[2021_10_07_03]
東京、埼玉で震度5強 首都圏で17人けが 23区では大震災以来 毎日新聞 2021/10/07 TOP
10/7(木) 22:49配信7日午後10時41分ごろ、東京都と埼玉県で震度5強を観測する地震があった。千葉県や神奈川県でも震度5弱を記録した。気象庁によると、東京23区で震度5強を観測するのは2011年の東日本大震災以来。震源地は千葉県北西部で(後略)

 
[2021_10_07_02]
東京・埼玉で震度5強 JR山手線など一時運転見合わせ 日経新聞 2021/10/07 TOP
2021年10月7日 22:48 (2021年10月8日 5:45更新)7日午後10時41分ごろ、東京都足立区、埼玉県の川口市と宮代町で震度5強を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は千葉県北西部で、震源の深さは約75キロ。地震の規模はマグニチュ(後略)

 
[2021_10_07_01]
震度情報(10月7日 午後 10時45分)埼玉県防災情報メール 埼玉県 2021/10/07 TOP
2021年10月07日22時41分頃埼玉県防災情報メール震度情報(後略)

 
[2021_10_06_06]
美浜3号機 非常用発電機の1台の警報作動、自動停止 毎日新聞 2021/10/06 TOP
関西電力は6日、運転中の美浜原発3号機(福井県美浜町、出力82・6万キロワット)で同日午前9時37分、定期試験のため非常用ディーゼル発電機を起動したところ、回転数が一定以上になったことを示す警報が作動し、自動停止したと発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 109 >  記事番号[541]〜[545] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_06_05]
金品受領を巡る訴訟 関電側は損害賠償求めるも 旧経営陣は全面的に争う姿勢 関西TV 2021/10/06 TOP
関西電力の旧経営陣が多額の金品を受け取っていた問題を受け、会社側が旧経営陣を訴えた裁判が始まりました。関西電力の岩根茂樹前社長ら旧経営陣は、原子力発電所がある福井県高浜町の元助役から、多額の金品を受け取っていたことなどが(後略)

 
[2021_10_06_04]
「周辺自治体」の鳥取県と米子・境港市の首長が「安全審査合格後」初の視察 TSK 2021/10/06 TOP
中国電力が再稼働をめざす島根原発2号機に関する動きで、鳥取県と米子・境港両市のトップが6日、国の審査合格後初めての現地視察を行い安全対策などを確認しました。島根原子力発電所を訪れ2号機を視察したのは、平井知事と米子市の伊木(後略)

 
[2021_10_06_03]
岩手 岩手町 信号機の支柱が折れて道路の一部をふさぐ NHK 2021/10/06 TOP
警察によりますと、震度4の揺れを観測した岩手県岩手町で、国道4号線にある信号機の支柱が折れて道路の一部をふさぎ、現場付近は片側通行になっているということです。警察が詳しい状況を確認しています。(後略)

 
[2021_10_06_02]
青森県で震度5強 気象庁「今後の地震に注意」 NHK 2021/10/06 TOP
青森県で震度5強の揺れを観測した地震について、気象庁の束田進也地震津波監視課長は午前4時50分から記者会見を開き「揺れの強かった地域では落石や崖崩れなどの危険性が高まっているので、今後の地震活動や雨の状況に十分注意してほしい(後略)

 
[2021_10_06_01]
青森県で震度5強 津波なし NHK 2021/10/06 TOP
6日午前2時46分ごろ、岩手県沖で地震があり、青森県で震度5強の強い揺れを観測したほか盛岡市などで震度5弱の揺れを観測しました。この地震による津波はありませんでした。気象庁はデータを詳しく解析した結果、(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 110 >  記事番号[546]〜[550] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_05_05]
東京電力に核物質を扱う資格はない 山崎久隆 たんぽぽ 2021/10/05 TOP
5.東電本店に核物質防護に係るマニュアルがない…報告書には重大な事実が記載されている。本店に核物質防護に係る基本マニュアル等が存在しないというのだ。(後略)

 
[2021_10_05_04]
高レベル放射性廃棄物 「ガラス固化体」の作業中止 原子力機構 NHK 2021/10/05 TOP
日本原子力研究開発機構は、茨城県東海村の再処理施設で進めている、高レベル放射性廃棄物の液体を長期保管するためにガラスで固める作業を中止し、今後、予定の見直しを検討すると発表しました。東海村にある原子力機構の再処理施設では(後略)

 
[2021_10_05_03]
東電社長に柏崎市長が原因分析の甘さ指摘 新潟放送 2021/10/05 TOP
新潟県柏崎市の桜井市長は5日、東京電力の小早川社長と面会していたことを明らかにしました。小早川社長は柏崎刈羽原発の一連の問題を謝罪し、改善計画を説明したということです。柏崎刈羽原発では侵入検知設備の故障といった核物質防護(後略)

 
[2021_10_05_02]
伊方原発3号機のテロ対策施設完成 再稼働は延期 愛媛新聞 2021/10/05 TOP
四国電力は5日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)のテロ対策施設の設置が完了し、運用を開始したと発表した。大型航空機が故意に衝突した際にも原子炉格納容器の破損を防ぐ機能などを備える。2011年3月の東京電力福島第1原発事故後に設け(後略)

 
[2021_10_05_01]
島根原発再稼働めぐり住民説明会 中国電力 時事通信 2021/10/05 TOP
中国電力は5日、島根原発2号機(松江市)が再稼働に必要な国の審査に合格したことなどを受け、松江市鹿島町で地元住民らへの説明会を開いた。合格後の説明会は初めてで、担当者が審査状況や安全対策などについて説明した。説明会は約1時(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 111 >  記事番号[551]〜[555] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_04_04]
原子力規制委が日本原電本店へ立ち入り検査 福井放送 2021/10/04 TOP
日本原電が敦賀原発2号機の安全審査に関する資料のデータを無断で書き換え、審査が中断している問題で、原子力規制委員会は4日朝、東京都台東区の日本原電本店への立ち入り検査を始めた。(10月4日)書き換えられたのは日本原電が規制委(後略)

 
[2021_10_04_03]
伊方原発周辺住民への訪問活動 コロナ禍で直接対話なくリーフレット投函だけに EBC 2021/10/04 TOP
四国電力は伊方原発周辺の住民への訪問活動を4日ら始めました。新型コロナ対策のため直接対話ではなく、リーフレット投函の形がとられています。これは原子力発電への理解を深めてもらうため、四国電力が毎年実施しているもので、伊方原(後略)

 
[2021_10_04_02]
核のごみ調査めぐり20年ぶり「町長選挙」候補2人の主張に揺れる町民 UHB 2021/10/04 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる"核のごみ"の最終処分場選定に向け文献調査が進む北海道寿都町。10月26日に町長選を控える中、立候補を予定する2人が語ったこととは。現職 片岡 春雄さん(72):「(Q:意気込みは?)平常心で(後略)

 
[2021_10_04_01]
柏崎刈羽原発のID不正使用と核物質防護設備の損傷放置について 山崎久隆 たんぽぽ 2021/10/04 TOP
項目紹介1.「報告をしない」背景を調べない2.核物質防護の欠落は運転停止命令が当然(後略)

 
[2021_10_03_02]
原発事故、追加賠償の相談増加 「時効10年」対象外も 河北新報 2021/10/03 TOP
東京電力福島第1原発事故によって大きな被害を受けた福島県南相馬市で、市民からの追加賠償の相談が増加傾向にある。避難時に家族が要介護認定を受けていた場合などは、賠償請求の時効(10年)にかかわらず、さかのぼって損害が認められ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 112 >  記事番号[556]〜[560] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_03_01]
寿都町長選へ「前哨戦」 立候補予定者、公約訴え 道新 2021/10/03 TOP
【寿都】任期満了に伴う後志管内寿都町長選(21日告示、26日投開票)の立候補予定者の政策発表会(北海道新聞社など主催)が2日、町内で開かれた。6選を目指す現職片岡春雄氏(72)と、前町議の新人越前谷由樹氏(69)が、原発から出る高(後略)

 
[2021_10_02_03]
帰還困難区域の2町道1・6キロで車両通行規制が解除 福島県双葉町 福島民報 2021/10/02 TOP
東京電力福島第一原発事故に伴う福島県双葉町の帰還困難区域で、政府は1日、町道101号(新山・鴻草線)と109号(鴻草・寺松線)合わせて約1・6キロの車両通行規制を解除した。同日午前9時に浪江町との境に設けられたゲートが開放された。(後略)

 
[2021_10_02_02]
福島第一原発の排気フィルター4割超破損…東電、2年前は公表も原因調査も行わず 読売新聞 2021/10/02 TOP
東京電力は9月30日、福島第一原発の汚染水浄化設備の排気フィルター全76か所のうち、4割超の32か所が破損していたと発表した。2年前にも同じフィルターの破損が判明したが原因調査をせず、公表もしていなかった。東電は不具合の公表に関(後略)

 
[2021_10_02_01]
乾式貯蔵施設の事前了解めぐり市民団体が要望質問書 サガTV 2021/10/02 TOP
九州電力が設置を目指す玄海原子力発電所の「乾式貯蔵施設」について、市民団体が1日県庁を訪れ、施設の安全性を確認することなどを求める質問要望書を提出しました。質問要望書を提出したのは「玄海原発の廃炉問題を考える会」です。要(後略)

 
[2021_10_01_04]
「詰め込み貯蔵」の実態 あふれる原発の核燃料プール、火災事故の危険性 岡田広行 東洋経済 2021/10/01 TOP
全国に33基ある原子力発電所のうち14基で使用済み核燃料を収納するプール施設が満杯に近い状態になっている。核燃料サイクル政策の下、使用済み核燃料は、青森県六ヶ所村の再処理工場に送ることになっているが、この工場が25回の完成延(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 113 >  記事番号[561]〜[565] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_10_01_03]
安全対策工事、完了1年先に 島根原発2号機 中国電力 時事通信 2021/10/01 TOP
中国電力は1日、島根原発2号機(松江市)の再稼働に必要な安全対策工事について、完了予定時期を2021年度内から22年度内に見直したと発表した。中国電によると、防波壁などで追加の対策工事が必要となったためで、原子力規制委員会に補正(後略)

 
[2021_10_01_02]
東電の姿勢に 梶山大臣「不信生んでいる」 日テレ 2021/10/01 TOP
梶山経済産業大臣は、1日朝の会見で、福島の復興に向けた東京電力の姿勢について、「不信を生んでいる」と厳しく指摘しました。自民党幹事長代行への就任が内定している梶山大臣は、ことし4月に福島第一原発の「処理水」を海洋放出する(後略)

 
[2021_10_01_01]
上関原発建設に向けたボーリング調査 準備作業を再開出来ず 山口放送 2021/10/01 TOP
中国電力は上関原発建設に向け計画している海のボーリング調査に向けた準備作業を1日、再開させようとした。しかし反対派住民が海域に集まるなどしたため作業に取りかかることができなかった。1日午前10時過ぎ、準備作業を行なうため中(後略)

 
[2021_09_30_05]
韓国水協会長、国際協同組合同盟に日本原発汚染水への共同対応を要請 中央日報 2021/09/30 TOP
国際協同組合同盟(ICA)水産委員会委員長のイム・ジュンテク韓国水産協同組合中央会長が、第33回世界協同組合大会の開催点検のために29日に来韓したブルーノ・ローランツICA事務局長に会い、日本政府の福島原発汚染水海洋放出問題や協(後略)

 
[2021_09_30_04]
新潟県の花角知事 原発の検証をめぐる総括委員会が開けないと説明 TeNY 2021/09/30 TOP
柏崎刈羽原発の再稼動議論の前提となる新潟県の3つの検証について、花角知事は9月30日の県議会で“委員長と共通の認識が持てない"ことを理由に、検証総括委員会を開けないと説明しました。柏崎刈羽原発をめぐって、新潟県は安全性などを(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 114 >  記事番号[566]〜[570] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_30_03]
伊方原発3号機の再稼働、延期の可能性 定例会見で四電社長が示唆 愛媛新聞 2021/09/30 TOP
四国電力の長井啓介社長は30日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働日程について、当初計画の10月12日から延期する可能性があるとの考えを改めて示した。高松市の本店で開かれた定例会見で「(運転再開)日程が動く可能性が十分ある(後略)

 
[2021_09_30_02]
2年前の破損で原因調査しなかった排気フィルター、またも破損 32か所 読売新聞 2021/09/30 TOP
東京電力は30日、福島第一原子力発電所の汚染水浄化設備の排気フィルター全76か所のうち、32か所が破損していたと発表した。2年前にも同じフィルターの破損が判明したが原因調査をせず、公表もしなかった。東電は内部の報告体制を見直す(後略)

 
[2021_09_30_01]
避難訓練を行わなければならないほど危険な施設は原発だけ 木原荘林 たんぽぽ 2021/09/30 TOP
◎政府や自治体は、原発重大事故を想定した避難訓練を行っています。それは、原発は重大事故を起こしかねないことを、政府や自治体が認めているからです。ただし、政府や自治体の「避難計画」では、わずかの期間だけ避難することになって(後略)

 
[2021_09_29_09]
二審も国と東電に賠償命令 原発避難巡る松山訴訟 共同通信 2021/09/29 TOP
東京電力福島第1原発事故で福島県から愛媛県に避難した住民ら23人が、国と東電に計約1億3200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、高松高裁(神山隆一裁判長)は29日、一審松山地裁判決と同様に国と東電の責任を認め、賠償額も上積(後略)

 
[2021_09_29_08]
日本海が震源の地震で「異常震域」 太平洋側が揺れた理由とは 毎日新聞 2021/09/29 TOP
29日午後5時37分ごろ、日本海中部を震源とする地震があり、北海道から関東の太平洋側の広い地域で震度3を観測した。気象庁によると、震源の深さは400キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・1と推定される。震源は日本海だったが、震(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 115 >  記事番号[571]〜[575] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_29_07]
廃炉が決まっている原発は24基 日本はすでに「大量廃炉時代」に入っている 沖基幸 たんぽぽ 2021/09/29 TOP
廃炉(廃止措置)とは、運転を終了した原発を解体撤去して更地にするまでの一連の工程をいう。建屋から全ての使用済み燃料を運び出した後、設備や配管を除染して解体し、最後に原子炉と建屋を解体する。プロセスは、主に4段階に分かれ、中(後略)

 
[2021_09_29_06]
追加検査に「1年前後」 柏崎原発のテロ対策不備 規制委 時事通信 2021/09/29 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)でテロ対策の不備が相次いだ問題で、原子力規制委員会の更田豊志委員長は29日の定例記者会見で、東電に対する追加検査の期間について、「大体1年前後だと思っている」との見通しを示した。同原発では、侵(後略)

 
[2021_09_29_05]
関西電力の元役員ら 大阪地検が不起訴の方針固める 金品受領問題と報酬補填問題で 関西TV 2021/09/29 TOP
刑事告発されていた関西電力の元役員らについて、大阪地検が不起訴にする方針を固めたことが分かりました。関西電力の八木誠前会長や岩根茂樹前社長ら9人は、原発が立地する福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取り、元助役の関係(後略)

 
[2021_09_29_04]
福島原発事故 国・東電に対し県内避難者への賠償命令 高松高裁が一審より賠償増額判決 EBC 2021/09/29 TOP
福島第一原発の事故を受けて、愛媛に避難している被災者が国と東京電力を訴えている控訴審で、高松高裁は29日、一審に続いて国と東京電力に損害賠償を命じました。この裁判では2011年の福島第一原発の事故を受け、愛媛に避難している福島(後略)

 
[2021_09_29_03]
浜岡原発 排気筒の解体作業進む 来年2月に撤去完了 静岡・御前崎市 TV静岡 2021/09/29 TOP
解体作業原発の象徴が解体されています。2009年に運転を終了した浜岡原子力発電所の1号機と2号機では、いま廃炉作業の一環として、排気筒を撤去するために解体作業が進められています。8月30日から解体が始まったのは1号機と2号機の共(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 116 >  記事番号[576]〜[580] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_29_02]
政府、24年度に除染開始 福島の帰還困難区域 時事通信 2021/09/29 TOP
政府は29日、東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域のうち、2022〜23年春の避難解除を目指す「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)以外の除染作業を、24年度をめどに始める方針を示した。帰還困難区域を抱える福島県内の7市町村のうち(後略)

 
[2021_09_29_01]
地下70mより深くに10万年 規制委、廃炉ごみ処分場の基準決定 毎日新聞 2021/09/29 TOP
原発の廃炉に伴って生じる汚染度の高い放射性廃棄物(廃炉ごみ)について、原子力規制委員会は29日の定例会合で、処分場の規制基準を決めた。電力会社などは、地下70メートルより深い場所に処分場を設けて約10万年間、地中で隔離しなけれ(後略)

 
[2021_09_28_05]
「千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見」山崎久隆 たんぽぽ 2021/09/28 TOP
◎1000年前の巨大津波が九十九里浜海岸に2011年3月11日以後、日本の沿岸各地において津波堆積物に関する調査が活発に行われるようになった。その成果の1つが、9月3日(日本時間)にネイチャー・ジオサイエンス誌に発表された。(後略)

 
[2021_09_28_04]
伊方原発3号機の火災感知器 140カ所で不適切設置 消防法施行規則満たさず 愛媛新聞 2021/09/28 TOP
四国電力伊方原発3号機(伊方町)で約140カ所の火災感知器が消防法施行規則を満たさない状態で設置されていたことが27日、分かった。東京電力福島第1原発事故後の新規制基準は、火災発生時に熱や煙を検知する火災感知器を規則に準じ設置(後略)

 
[2021_09_28_03]
中国、第2位の原発大国に 仏の発電量抜き、米に次ぐ 共同通信 2021/09/28 TOP
中国の原子力発電量が2020年に原発大国のフランスを抜き、米国に次ぐ世界第2位になったことが28日、国際チームが公表した「世界原子力産業現状報告21年版」で分かった。11年の東京電力福島第1原発事故を経て、世界全体の原子力発電量は(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 117 >  記事番号[581]〜[585] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_28_02]
動かせと言って原発を止める方法 古賀茂明〈週刊朝日〉 アエラ 2021/09/28 TOP
自民党の新総裁が9月29日で決まる。その結果によって大きく影響を受けるものがある。それは、原発政策だ。今回の総裁選では河野太郎氏の脱原発政策が揺らいだと話題になった。河野氏は、再生可能エネルギー最優先を唱えるが、再エネだけ(後略)

 
[2021_09_28_01]
「千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見」の抜粋 山崎久隆 たんぽぽ 2021/09/28 TOP
なお、論文の日本語解説は産総研のホームページに「千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見」https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2021/pr20210903/pr20210903.html として掲載されている。以下は、その抜粋。是非(後略)

 
[2021_09_27_03]
「核燃料サイクルは絶対必要」 日本原燃社長が強調 産経新聞 2021/09/27 TOP
自民党総裁選の争点の一つとなっているエネルギー問題をめぐり、日本原燃の増田尚宏社長は27日の定例会見で、原発の使用済み燃料を再処理して再び燃料として使う「核燃料サイクル」について、「原子力発電のメリットを生かすためにサイク(後略)

 
[2021_09_27_02]
韓国がIAEA議長国に選出 処理水問題へ影響か テレ朝 2021/09/27 TOP
韓国政府は27日、IAEA(国際原子力機関)の理事会で、次の議長国に選ばれたと発表しました。議長国の任期は来年9月までで、核問題や原子力の平和利用などを話し合うIAEAの理事会などでの調整役を担います。極東の国ではこれまで日本がほ(後略)

 
[2021_09_27_01]
福島農家への賠償過少に 団体と個人で差 東電 時事通信 2021/09/27 TOP
東京電力福島第1原発事故の影響による損害への賠償をめぐり、地元農家でつくる福島県農民運動連合会は27日、ナシやブドウの生産農家への賠償金が本来支払われるべき金額より過少だったとして、東京電力ホールディングスと経済産業省、文(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 118 >  記事番号[586]〜[590] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_26_02]
福島原発で原発水浄化装置にまた異常…追加破損の可能性あり=韓国報道 WOW!KOR 2021/09/26 TOP
福島第1原発の放射能水を処理する多核種除去設備(ALPS/アルプス)でフィルター破損が相次いで確認されている。今後、追加調査が予定されており、より多くの破損が確認される可能性がある。今月21日、共同通信によると、福島原発の運営会(後略)

 
[2021_09_26_01]
関電、不祥事後絶たず コンプラ改革道険し 金品問題2年 産経新聞 2021/09/26 TOP
関西電力を大きく揺るがした役員らによる金品受領問題は、27日で公表から2年がたつ。「内向きな企業体質」「コンプライアンス(法令順守)意識が欠落」−。旧経営陣に代わって登板した森本孝社長らは、外部有識者の監督を受けながら指弾(後略)

 
[2021_09_25_03]
六ヶ所再処理工場で放出されたトリチウムは福島第一原発の2.5倍〜5倍 山崎久隆 たんぽぽ 2021/09/25 TOP
◎福島第一原発からの汚染水海洋投棄が問題になっているが、もう一つ忘れてはならないのが再処理工場からの排出だ。再処理工場では使用済燃料を裁断し硝酸に溶かす。いわばデブリと同様に、ペレットや燃料被覆管の「壁」を壊してしまう。(後略)

 
[2021_09_25_02]
侵入者を検知する設備 長期間の機能喪失が111件 復旧まで最長で337日 NST 2021/09/25 TOP
柏崎刈羽原発で、侵入者を検知する設備が長期間機能を失っていた問題。東京電力が設置した第三者検証委員会の報告書によりますと、故障から復旧まで30日以上かかる事案が2018年度以降111件発生し、復旧までの期間は最長で337日に及ん(後略)

 
[2021_09_25_01]
1000年前「未知の巨大地震」が発生か、九十九里浜に大津波の跡 読売新聞 2021/09/25 TOP
千葉県・房総半島沖で1000年ほど前に未知の巨大地震があり、九十九里浜一帯が大津波に襲われた可能性があると、産業技術総合研究所などのチームが発表した。地震の規模はマグニチュード(M)8・5〜8・8で、当時の海岸線から3キロ・メー(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 119 >  記事番号[591]〜[595] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_24_03]
柏崎刈羽原発の通行証紛失 東電は詳細公表せず、誤廃棄も 新潟日報 2021/09/24 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)に出入りする協力会社2社が2019年、原発構内や、構内の核物質防護上重要なエリアに車両で入るための通行証を紛失したり、誤って廃棄したりしていたことが24日、東電などへの取材で分かった。東電によると(後略)

 
[2021_09_24_02]
新潟県 原発30キロ圏内の住民に「安定ヨウ素剤」を事前配布へ TeNY 2021/09/24 TOP
新潟県は柏崎刈羽原発から30キロ圏内の住民に対し「安定ヨウ素剤」を事前に配布すると発表しました。甲状腺の被ばくを抑える「安定ヨウ素剤」について、県は原発から5キロ圏内の住民を対象に事前に配布しています。一方、30キロ圏内に(後略)

 
[2021_09_24_01]
柏崎刈羽原発のテロ対策報告書 地元「東電、変わっていない」 毎日新聞 2021/09/24 TOP
東京電力が柏崎刈羽原発(新潟県)で相次いで発覚したテロ対策の不備に関する報告書を原子力規制委員会に提出したことを受け、同原発の地元関係者からは内容に対する厳しい見方が示された。「分析が甘い」といった指摘のほか、「東電は何(後略)

 
[2021_09_23_03]
核燃サイクル政策主張分かれる/河野氏「撤退」 岸田・高市氏「維持」 東奥日報 2021/09/23 TOP
自民党総裁選で、使用済み核燃料を再処理して原発で再び利用する「核燃料サイクル政策」が争点化している。河野太郎行政改革担当相が持論のサイクル撤退に踏み込んだ一方、岸田文雄前政調会長と高市早苗前総務相は総裁選を通じて政策の維(後略)

 
[2021_09_23_02]
柏崎刈羽7号機の安全対策工事 新たに5か所が未完了と発表 NHK 2021/09/23 TOP
柏崎刈羽原子力発電所7号機について、東京電力が終わったと発表していた安全対策工事の一部が完了していなかった問題で、東京電力は、新たに配管の貫通部で浸水を防ぐ工事が5か所、未完了だったと発表しました。東京電力は柏崎刈羽原発(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 120 >  記事番号[596]〜[600] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_23_01]
東京電力 「生まれ変わる」と強調も… 柏崎市長「認識がいまだ足りない」 NST 2021/09/23 TOP
東京電力は22日、柏崎刈羽原発の核物質防護の不備を巡る問題について、組織の風通しの悪さなどを原因にあげた報告書を、原子力規制委員会に提出しました。その後に開かれた会見で、幹部が何度も強調したのは…小早川智明 社長:「本気で(後略)

 
[2021_09_22_06]
東京電力 柏崎刈羽原発のテロ対策不備「意識の低さあった」 NHK 2021/09/22 TOP
新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所でテロ対策上の重大な不備が相次いだ問題で、東京電力は「原子力部門全体で核セキュリティーに対する意識の低さがあった」などとする報告書を原子力規制委員会に提出しました。柏崎刈羽原発では、社員に(後略)

 
[2021_09_22_05]
対テロ不備問題、東電社長を減給処分…原子力部門トップは解任 読売新聞 2021/09/22 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)のテロ対策に重大な不備が見つかった問題で、東電は22日、原因の調査結果や再発防止策をまとめた報告書を原子力規制委員会に提出した。幹部が現場の実態を把握できていなかったとして、小早川智明(後略)

 
[2021_09_22_04]
東京電力が改善措置報告書提出 社長は減給 原発所長は辞任 新潟放送 2021/09/22 TOP
新潟県にある柏崎刈羽原発でテロ対策不備が相次いでいた問題で東京電力は22日、改善措置報告書を原子力規制委員会に提出しました。柏崎刈羽原発では外部からの侵入を検知する設備が故障し、代替措置が不十分だった問題などが相次いで発覚(後略)

 
[2021_09_22_03]
「最後の機会」にじむ危機感 東電経営陣が記者会見 柏崎原発 時事通信 2021/09/22 TOP
「最後の機会を与えられたとの覚悟を持って取り組む」。原子力規制委員会への報告書提出後、東京都内で22日に記者会見した東京電力の小林喜光会長は厳しい口調で話した。原発を運転する資格があるのかが問われる事態に、危機感をにじませ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 121 >  記事番号[601]〜[605] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_22_02]
アメリカが福島県産品など輸入規制を撤廃 福島放送 2021/09/22 TOP
アメリカは、福島第一原発の事故以降続けていた、日本産食品の輸入規制を撤廃しました。県内では、コメなど35品目が輸出可能となりました。福島第一原発の事故が起きてから、アメリカは、福島や栃木など14県の100品目の輸入を停止してい(後略)

 
[2021_09_22_01]
火災感知器不備、さらに100台 不適正な場所に設置 東電 時事通信 2021/09/22 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で火災感知器が不適正な場所に設置されていた問題で、東電は22日、対象となる約2000台の感知器を調べた結果、新たに100台で不備が見つかったと発表した。(後略)

 
[2021_09_21_02]
伊方原発3号機 核燃料の装填完了(愛媛) 愛媛新聞 2021/09/21 TOP
四国電力は20日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の原子炉に核燃料を装填(そうてん)する作業が完了したと発表した。燃料装填はテロ対策施設の完成前検査を受けるのが目的で、今後原子力規制委員会が原子炉格納容器の気密性を検査する。(後略)

 
[2021_09_21_01]
川内原発20年延長 原子力専門委 構成見直しへ 南日本放 2021/09/21 TOP
鹿児島県の塩田知事は、今後、川内原発の運転延長について話し合うことになる県の専門委員会に原子力政策に批判的な学識経験者も加えるため、国や他の県の委員などから発言や研究内容を踏まえて検討を進めていることを明らかにしました。(後略)

 
[2021_09_20_03]
100カ所で不適正設置 柏崎刈羽原発7号機の火災感知器 新潟日報 2021/09/20 TOP
新潟県の東京電力柏崎刈羽原発7号機で、施設内の多数の火災感知器が適正な位置に設置されていないことが20日、分かった。約100カ所に上るとみられる。出火時に煙や熱の検知が遅れ、初動対応の遅れにつながる可能性がある。東電は施設内(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 122 >  記事番号[606]〜[610] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_20_02]
福島第一原発、ずさん管理相次ぐ 東電の危機意識に被災者は不信感 東京新聞 2021/09/20 TOP
東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)で最近、汚染水の浄化設備や廃棄物保管のずさんな管理が相次いで明らかになっている。過去のトラブル情報を社内で共有せず、場当たり的な対応をしてきた結果だ。事故から10年半が過ぎても(後略)

 
[2021_09_20_01]
日本の原発はどうなる?エネルギー基本計画の見直し案が示していること 東京新聞 2021/09/20 TOP
東京電力福島第一原発事故から10年半が過ぎ、日本の原発はどうなっていくのか−。菅義偉政権は見直しを進める政策の指針「第6次エネルギー基本計画案」で、原発を温室効果ガスの排出削減に必要な電源と位置付けて再稼働を推進する構想だ(後略)

 
[2021_09_19_01]
原発セキュリティー違反“自主管理に移行"も原因か テレ朝 2021/09/19 TOP
新潟県の柏崎刈羽原発で核セキュリティー上の違反が相次いだ問題で、東京電力がセキュリティー設備を自主管理に切り替えたことが原因の一つと分析していることが分かりました。この問題は、柏崎刈羽原発で侵入者を検知する設備の故障が見(後略)

 
[2021_09_18_04]
浜岡原発1.2号機の共用排気筒の解体工事を公開 静岡・御前崎市 静岡朝日 2021/09/18 TOP
静岡県御前崎市にある中部電力浜岡原子力発電所では17日、廃炉が決まった1・2号機のシンボル的な存在だった共用排気筒の解体工事が公開されました。浜岡原発では1.2号機の高さ100メートルある共用排気筒の解体工事が行われました。これ(後略)

 
[2021_09_18_03]
処理水海洋放出巡り宮城県連携会議「環境影響調査、早急に」 東北放送 2021/09/18 TOP
東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出を巡り、宮城県の連携会議が18日開かれ、漁業関係者から環境への影響調査に早急に取り組むべきとの意見が出されました。会議では、国と東電の担当者が再来年春の海洋放出開始に向けて、風評被害対(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 123 >  記事番号[611]〜[615] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_18_02]
伊方原発3号機 テロ対策施設の完成前に 原子炉に核燃料装荷 EBC 2021/09/18 TOP
四国電力は、伊方原発3号機のテロ対策施設の完成に向け、核燃料を原子炉に入れる作業を18日未明から開始しました。伊方原発3号機の原子炉に核燃料を入れる作業は、18日午前0時過ぎに始まりました。157体の核燃料を9月21日までに入れる(後略)

 
[2021_09_18_01]
漁業者から改めて「海洋放出」反対の声 福島第一原発「処理水」に関する宮城県連携会議 仙台放送 2021/09/18 TOP
福島第一原子力発電所の処理水を海洋放出するという政府決定を受け、9月18日、宮城県庁で県内の漁業関係者などに対する説明会が開かれ、出席者からは改めて、海洋放出に反対する声が聞かれました。18日の会議は、福島第一原発の処理水を(後略)

 
[2021_09_17_06]
房総半島を襲った未知の大津波 島村英紀 2021/09/17 TOP
いままで首都圏を襲ってきた房総沖の大地震の歴史は、房総半島の海岸段丘の隆起から分かっていると思われていた。海岸段丘が大地震のたびに飛び上がって土地が増えていったからである。大きな地震ほど段丘の面積が大きい。具体的には19(後略)

 
[2021_09_17_05]
島根原発について 鳥取県知事が国に要望 「30キロ圏内の緊張感知るべき」 NKT 2021/09/17 TOP
島根原発2号機が再稼働に必要な原子力規制委員会の審査に合格したのを受けて16日、国が鳥取県の平井知事に対して政府の方針を示した。平井知事は周辺自治体としての厳しい状況を訴えた。鳥取県平井伸治知事:「立地自治体(島根県・松江(後略)

 
[2021_09_17_04]
福島第一原発 地下水浄化処理設備の運転を再開 福島放送 2021/09/17 TOP
福島第一原発で停止した地下水の浄化設備は、設備のセンサーがずれていたことが原因でした。設備に異常はなく、運転が再開されました。福島第一原発では、16日地下水をくみ上げて放射性物質を取り除く浄化処理設備が、自動停止しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 124 >  記事番号[616]〜[620] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_17_03]
泊原発の非常用発電機の一部に損傷 “冷却機能に問題なし" NHK 2021/09/17 TOP
北海道電力は、運転を停止している泊原子力発電所2号機について、燃料プールを冷やすための電源を失った際に動かす非常用発電機の一部に損傷が確認されたと発表しました。北電は、発電機の運転に支障はなく、冷却機能に問題はなかったと(後略)

 
[2021_09_17_02]
福島第一原発 4カ月前の不適切な廃棄物保管を発表 福島放送 2021/09/17 TOP
東京電力福島第一原発で発生した放射性廃棄物が、不適切な状態で保管されていたことが分かりました。事故で、溶け落ちた核燃料に触れるなどして発生する汚染水は、ALPSという装置で、放射性物質が取り除かれますが、処理に使うフィルター(後略)

 
[2021_09_17_01]
「きれいな海を残したいだけなんだ」 処理水の放出方針、漁師の憤り 毎日新聞 2021/09/17 TOP
未明の大海原に浮かぶ小さな漁船の甲板で、福島県新地町の漁師、小野春雄さん(69)は引き上げた網に目をこらしていた。2011年3月の東日本大震災の津波で同じ漁師の弟常吉さん(当時56歳)を失い、東京電力福島第1原発事故で生きるよりど(後略)

 
[2021_09_16_09]
「与党有力議員がALPS処理水放出に反対する理由」 岡田広行記者 たんぽぽ 2021/09/16 TOP
【前書きより】自民党の山本拓・衆院議員(元農林水産副大臣)は、同党の総合エネルギー調査会会長代理を務める原子力発電推進派のベテラン議員だ。その山本氏が東京電力・福島第一原発事故で発生した汚染水を浄化処理した「ALPS処理(後略)

 
[2021_09_16_08]
「核燃料サイクル」中止は核武装疑惑を招く? 真逆の論を展開する産経新聞 山崎久隆 たんぽぽ 2021/09/16 TOP
産経新聞が9月14日に配信した記事「核燃料サイクル維持を 電事連が声明」に妙な指摘があったので紹介します。◎記事の主要な点は、電気事業連合会(電事連)が14日に、河野太郎氏がかねてから述べている「核燃料サイクル政策を見直すべき(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 125 >  記事番号[621]〜[625] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_16_07]
石川県珠洲市で最大震度5弱 今年これまでに震度1以上35回 石川TV 2021/09/16 TOP
16日午後6時42分ごろ、石川県珠洲市で最大震度5弱を観測する地震がありました。県によりますと、今のところケガ人など被害の情報は確認されていません。16日午後6時42分ごろ、能登地方を震源とする地震がありました。震源の深さは10キ(後略)

 
[2021_09_16_06]
50年の原発発電量予想引き上げ IAEA、福島事故後で初 時事通信 2021/09/16 TOP
【ベルリン時事】国際原子力機関(IAEA)は16日、2050年時点の世界の原発発電容量が、技術革新などが進む楽観的な想定の場合、昨年の実績からほぼ倍増して合計7億9200万キロワットになるとの見通しを発表した。前年の予想から7700万(後略)

 
[2021_09_16_05]
事故が起きた時、本当に避難できるのか? 女川原発を抱える牡鹿半島の住民たちの拭えぬ不安 ABEMA 2021/09/16 TOP
東京電力・福島第一原発事故の後、政府は全国の原発から30km圏内の自治体に対し、避難先や経路を盛り込んだ避難計画の策定を義務付けた。しかし今、その実効性が大きな課題になっている。宮城県が地元同意をし、再稼働が迫る東北電力女川(後略)

 
[2021_09_16_04]
福島 2号機上蓋で1100ミリシーベルト FCT 2021/09/16 TOP
福島第一原発事故について検証している原子力規制庁のチームが現地調査を行い、2号機で非常に高い放射線量を計測した場所の映像を公開した。映像は2号機の格納容器真上にある直径およそ12mのコンクリート製の蓋の部分を調査する際のも(後略)

 
[2021_09_16_03]
島根原発安全審査合格に島根・鳥取が反応さまざま TSK 2021/09/16 TOP
中国電力が再稼働を目指す島根原発2号機について、原子力規制委員会による安全審査で15日に正式合格したことを受け、関係自治体のトップがそれぞれの受け止めを述べました。島根県・丸山知事:「関係自治体などの意見を聞いて、総合的に(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 126 >  記事番号[626]〜[630] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_16_02]
福島第一原発でトラブル 地下水浄化設備が停止 福島放送 2021/09/16 TOP
東京電力福島第一原発でくみ上げている地下水の浄化装置が、停止しました。福島第一原発では、原子炉建屋近くの井戸から地下水をくみ上げ、建屋の内側と外部の汚染水の量をコントロールしていて、くみ上げた水は浄化した後、海に放出して(後略)

 
[2021_09_16_01]
福島第1、地下水の放射性物質の濃度を下げる装置が停止 警報ならず 毎日新聞 2021/09/16 TOP
東京電力は16日、福島第1原発の建屋周辺でくみ上げた地下水の放射性物質の濃度を下げる装置が停止したと発表した。近く復旧する見通し。地下水の流出はなく、周辺の放射線量に異常はなかった。東電は停止の原因を調べている。1〜3号機(後略)

 
[2021_09_15_07]
島根原発2号機、再稼働の審査に正式合格 規制委の会合で決定 中国新聞 2021/09/15 TOP
原子力規制委員会は15日の定例会合で、中国電力島根原発2号機(松江市)について、安全対策が新規制基準を満たすと認める審査書を決定した。再稼働の前提となる審査に正式に合格したことになる。事故を起こした東京電力福島第1原発と同(後略)

 
[2021_09_15_06]
「核燃サイクル必要」 電事連と経産相が見解 道新 2021/09/15 TOP
自民党総裁選の争点に、原発から出る使用済み核燃料を再処理する核燃料サイクル政策が浮上する中、大手電力でつくる電気事業連合会(電事連)は14日、「核燃サイクルは原発再稼働と不可分で、電力の安定供給に必要」との見解を公表した。(後略)

 
[2021_09_15_05]
原発廃炉「なます吹くようなもの」 建て替え議連で自民・細田氏 時事通信 2021/09/15 TOP
自民党の細田博之元幹事長は15日、政府の原発・エネルギー政策について、東京電力福島第1原発事故を念頭に「福島の原発で大変な事故が起きたために、原発をやめようという議論に結び付ける必要はない。事故に懲りてなますを吹くようなこ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 127 >  記事番号[631]〜[635] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_15_04]
“1時間で死亡"福島原発の建屋上部で致命的レベルの放射線を確認 WOW!KOR 2021/09/15 TOP
福島第1原発の格納容器から、1時間で人が死亡するレベルの放射線が測定された。これは当局の推算をはるかに上回る水準だ。福島原発処理水から放射性物質を除去するフィルターの大半が破損したのに続いてこのような発表が出たことを受け、(後略)

 
[2021_09_15_03]
島根原発2号機の正式合格受け市民団体が緊急集会(島根・松江市) TSKテレビ 2021/09/15 TOP
島根原発2号機の正式合格を受け、島根県庁前では再稼働に反対する市民団体が緊急集会を開きました。訴え:「福島での事故を思い出せば本当に廃炉にして欲しいという思いでいっぱいです」使用済み核燃料の処理問題や原発に代わる再生可能(後略)

 
[2021_09_15_02]
緊急寄稿 首都直下・南海トラフ・富士山噴火に備える 鎌田浩毅 W_ECONO 2021/09/15 TOP
日本列島は1000年ぶりの「大地変動の時代」に突入した―10年前の東日本大震災以降、日本は大地変動の時代に突入したという。首都圏に暮らす約3500万人を襲う「首都直下地震」や死者32万人超が想定される「南海トラフ巨大地震」など巨大災(後略)

 
[2021_09_15_01]
島根原発2号機 再稼働に必要な審査に合格 原子力規制委 NHK 2021/09/15 TOP
中国電力が再稼働を目指す島根原子力発電所2号機について、原子力規制委員会は再稼働に必要な審査に合格したことを示す審査書を正式に取りまとめました。原子力規制委員会はことし6月、島根原発2号機が規制基準に適合しているとする審査(後略)

 
[2021_09_14_07]
高レベル施設完工 22年度上期に延期 原燃 東奥日報  2021/09/14 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 128 >  記事番号[636]〜[640] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_14_06]
福島第一原発 汚染水処理のフィルター破損 2年前も同様の破損 NHK 2021/09/14 TOP
福島第一原子力発電所で出る汚染水を処理する設備のフィルターが破損していたことが分かりました。東京電力は同様の破損が2年前にもありましたが、原因分析や対策を行わないまま、運転を継続していたということで、原子力規制委員会は東(後略)

 
[2021_09_14_05]
ALPS空調系フィルターが全損 原因不明のまま、ALPS再稼働 山崎久隆 たんぽぽ 2021/09/14 TOP
福島第一原発で汚染水を処理する「多核種処理設備」通称ALPSの、排気フィルター「HIC排気ラインの排気フィルター」が損傷していることが明らかになった。8月24日、増設ALPSを設置している建屋内で、ALPS処理水の工程で発生するスラリー(後略)

 
[2021_09_14_04]
伊方原発に直下地震 中央構造線断層帯から600mにある伊方原発 小若順一 たんぽぽ 2021/09/14 TOP
周辺に活断層はないと広島高裁がいう伊方原発は、昨年の不祥事を省みず、6月17日に再稼働を発表。その2日後、M4.7の直下地震が襲いました。伊方原発3号機(後略)

 
[2021_09_14_03]
核燃料サイクル維持を 電事連が声明 産経新聞 2021/09/14 TOP
電気事業連合会は14日、使用済み核燃料を再処理して繰り返し使う「核燃料サイクル」を維持すべきだとする声明を発表した。同政策をめぐっては、自民党総裁選に立候補を表明している河野太郎ワクチン担当相が否定的な見解を示している。国(後略)

 
[2021_09_14_02]
中国で使用済み核燃料のガラス固化スタート、原発大国へ NEWSWEEK 2021/09/14 TOP
原発大国の道を進み続ける中国が、放射性廃棄物をガラス固化して廃棄する施設を稼働させた。この廃棄施設は9月11日、中国南東部の四川省広元市で稼働した。中国国営メディアの環球時報が、中国国家国防科技工業局の話として伝えた。中国(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 129 >  記事番号[641]〜[645] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_14_01]
河野氏「核燃サイクル不要」発言、青森県内に波紋 国会議員「不支持」の声も 東奥日報 2021/09/14 TOP
自民党総裁選の有力候補の一人、河野太郎氏の核燃料サイクル政策は止めるべきだとする発言が青森県内で波紋を広げている。再処理工場をはじめ関連施設が集中立地する青森県の関係者らは総裁選の動向を注視。青森県の自民党国会議員からは(後略)

 
[2021_09_13_02]
福島第一、認可外の廃棄物保管が急増…規制庁「マネジメントできていない」 読売新聞 2021/09/13 TOP
東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業で発生したがれきなどの固体廃棄物のうち、国の認可を得ていない方法による保管容量が7月時点で約6万立方メートルに達していると原子力規制庁が13日、発表した。東電は原則1年の仮置きと説明して(後略)

 
[2021_09_13_01]
「東電の管理極めて問題」規制委 福島原発の汚染水設備損傷で 共同通信 2021/09/13 TOP
東京電力福島第1原発の汚染水を浄化する多核種除去設備(ALPS)の排気フィルターが破損した問題を巡り、原子力規制委員会は13日の会合で、2年前にも同様の破損があったのに原因究明せずに運転を続けていたことを「東電の管理姿勢は極め(後略)

 
[2021_09_12_03]
「40年超」美浜原発3号機、過去には11人死傷する事故…140度の水が配管破り噴出 読売新聞 2021/09/12 TOP
運転開始から40年を超えた原発として6月に全国で初めて再稼働した関西電力美浜原子力発電所3号機(福井県美浜町)。この美浜3号機では2004年8月、放射性物質を含まない冷却水が通る「2次系配管」が破損して高温の蒸気が噴き出し、作業員(後略)

 
[2021_09_12_02]
除染土処分、議論深めて 中間貯蔵「対話フォーラム」に環境相ら 福島民友 2021/09/12 TOP
県内の除染で出た汚染土壌などを最大30年保管する中間貯蔵施設(大熊町、双葉町)を巡り、環境省は11日、県外での最終処分に向けた「対話フォーラム」の2回目をオンラインで開いた。小泉進次郎環境相は意見交換の中で、除染で出た土壌の(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 130 >  記事番号[646]〜[650] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_12_01]
伊方原発の緊急時対応要員、宿直中に無断外出繰り返す…再稼働遅れる可能性 読売新聞 2021/09/12 TOP
伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の緊急時対応要員の元社員が宿直中に無断外出を繰り返した問題で、四国電力は10日、再発防止策などをまとめた報告書を県、伊方町に提出した。中村時広知事は専門部会などで確認する意向を示し、四(後略)

 
[2021_09_11_03]
河野氏「核燃サイクルは手じまいすべきだ」「決断は一日も早い方がいい」 読売新聞 2021/09/11 TOP
自民党総裁選に出馬表明した河野行政・規制改革相は11日、原子力発電所の使用済み核燃料を再処理して燃料として使う「核燃料サイクル」について、「なるべく早く手じまいすべきだ」と述べた。「再処理をやめる決断は一日も早い方がいい」(後略)

 
[2021_09_11_02]
河野太郎氏 「核のごみをどうするか、テーブルに載せて議論しなければ」 東京新聞 2021/09/11 TOP
自民党総裁選に立候補表明している河野太郎行政改革担当相は11日の読売テレビ番組で、使用済み核燃料を再処理して繰り返し使う「核燃料サイクル」に否定的な見解を重ねて表明した。厚生労働省に関し所管業務の範囲が広いとして「かつての(後略)

 
[2021_09_11_01]
新総裁に「理解していただく」/原子力・サイクルで電事連会長が強調 東奥日報 2021/09/11 TOP
電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は10日の定例会見で、29日投開票の自民党総裁選で新総裁が選出されることを踏まえ「絶対に原子力は必要なので、徹底的に真剣に議論して理解していただく努力をする」と述べた。10日に出馬(後略)

 
[2021_09_10_04]
人工衛星の衝突がもたらすもの 島村英紀 2021/09/10 TOP
2009年以来22年ぶりに大規模な事故が起きた。といっても地上の話ではない。はるか上空の出来事だ。22年前の事件とはロシアの軍事衛星「コスモス2251号」が米国の通信衛星「イリジウム33号」と衝突して双方とも壊れたことだ。今回は「加害(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 131 >  記事番号[651]〜[655] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_10_03]
伊方3号機10月再稼働先延ばしも 宿直が無断外出、保安規定違反 毎日新聞 2021/09/10 TOP
四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)で宿直中の社員が無断外出した問題で、四電の長井啓介社長は10日、来月12日に予定される同原発3号機の再稼働について「スケジュールありきではなく県や町の理解を得ながら進める」と述べ、日程を先延ば(後略)

 
[2021_09_10_02]
愛媛 伊方3号機再稼働 延期の可能性 itv 2021/09/10 TOP
伊方原発で、宿直勤務にあたっていた元社員が無断で外出していた問題を受け、四国電力の長井啓介社長は来月12日に予定している3号機の再稼働が延期となる可能性を示しました。伊方原発では緊急時の対応要員となっていた50代の元男性社(後略)

 
[2021_09_10_01]
福島第一 2号機の高線量部分の映像公開 日テレ 2021/09/10 TOP
福島第一原発事故について検証している原子力規制庁のチームが現地調査を行い、2号機で非常に高い放射線量を計測した場所の映像を公開しました。2号機の格納容器真上にある、直径およそ12mのコンクリート製のふたの部分を調査する際の(後略)

 
[2021_09_09_06]
福島第1フィルターほぼ全て破損 原因究明せずに運転続ける 東京新聞 2021/09/09 TOP
東京電力は9日、福島第1原発の汚染水を浄化処理する多核種除去設備(ALPS)の排気フィルターに破損が見つかった問題で、全25カ所のうち24カ所で破損を確認したと発表した。2年前も同様の破損があり25カ所で交換していたが、原因を調べな(後略)

 
[2021_09_09_05]
MOX燃料が仏から日本へ出航 10週間かけ高浜原発へ テレ朝 2021/09/09 TOP
使用済み核燃料を再処理して作られたMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料を載せた船がフランスから日本に向けて出港しました。MOX燃料を載せた船は8日、フランス北西部のシェルブールを出発しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 132 >  記事番号[656]〜[660] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_09_04]
IAEA 福島第一原発の処理水放出で年内にも調査団派遣へ NHK 2021/09/09 TOP
東京電力福島第一原子力発電所で増え続ける処理水の海への放出について、IAEA=国際原子力機関は、年内にも調査団を日本に派遣し、透明性と客観性を重視しながら、国際基準に基づいて検証する考えを示しました。(後略)

 
[2021_09_09_03]
福島第1フィルターほぼ全て破損 原因究明せずに運転続ける 共同通信 2021/09/09 TOP
東京電力は9日、福島第1原発の汚染水を浄化処理する多核種除去設備(ALPS)の排気フィルターに破損が見つかった問題で、全25カ所のうち24カ所で破損を確認したと発表した。(後略)

 
[2021_09_09_02]
柏崎刈羽原発で電源ケーブル焼く火事 漏電が原因の可能性か TeNY 2021/09/09 TOP
9月6日に柏崎刈羽原発の構内で電源ケーブルを焼いた火事について、東京電力は漏電が原因の可能性があると発表しました。(後略)

 
[2021_09_09_01]
原発「処理水」海洋放出12月メドにIAEAが安全性評価を開始 TBSNEWS 2021/09/09 TOP
経済産業省は福島第一原発で増え続ける「処理水」を海に放出することについて、IAEA・国際原子力機関の専門家評価団が12月をメドに来日し本格的に安全性の調査を開始することで合意したと発表しました。(後略)

 
[2021_09_08_05]
柏崎刈羽原発3号機のタービン建屋から煙 たんぽぽ 2021/09/08 TOP
1.柏崎刈羽原発3号機のタービン建屋から煙9月6日、消防車5台、パトカー2台、救急車1台が柏崎刈羽原発の構内に入った。発電所から「火災発生」の通報があったのが午前11時3分、3号機タービン建屋の地下3階で発煙を認めたためだった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 133 >  記事番号[661]〜[665] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_08_04]
「風評被害リスクある限り放出の決断しない」 高市氏 東京新聞 2021/09/08 TOP
自民党の高市早苗前総務相は8日、総裁選への立候補を表明した記者会見で、東京電力福島第一原発で保管が続く汚染水を浄化処理した後の水の海洋放出について、「風評被害を広げる可能性がある。そのリスクがある限り放出の決断はしない」と述べた。(後略)

 
[2021_09_08_03]
浜岡原発で“放射性物質含む水"が作業員に…約4リットル漏れ出る 東海TV 2021/09/08 TOP
中部電力によりますと、7日午後5時過ぎ、停止中の浜岡原発3号機の原子炉建屋で、点検のため除染作業に使われた水を抜いたところ、およそ4リットルが漏れ、男性作業員1人の腹あたりにかかりました。(後略)

 
[2021_09_08_02]
福島原発事故後作業で労災認定 2人、咽頭がんは初 共同通信 2021/09/08 TOP
厚生労働省は8日、東京電力福島第1原発事故後の収束作業などに従事し、咽頭がんを発症した2人について、がんと作業による放射線被ばくとの因果関係を認め、労災認定したと発表。(後略)

 
[2021_09_08_01]
原因不明のまま 福島第一原発のALPSを再稼動 KFB福島 2021/09/08 TOP
東京電力は、フィルターの破損が見つかり停止させていたALPSを7日から稼働させました。フィルターは応急処置をしましたが、破損の原因はまだ分かっていません。(後略)

 
[2021_09_07_07]
処理水放出で情報提供求める 安全性担保巡りIAEA幹部 共同通信 2021/09/07 TOP
来日中の国際原子力機関(IAEA)で原子力安全局を担当するエブラール事務次長は7日、経済産業省を訪れ、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出について「安全性の担保には、詳細な情報に基づき放出計画を議論する必要がある」と述べ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 134 >  記事番号[666]〜[670] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_07_06]
原子力規制委が柏崎刈羽原発に立ち入り調査 NHK 2021/09/07 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所でテロ対策上の重大な不備が相次いだことを受けて、原子力規制委員会は7日、不備があった設備の確認などのため、発電所に立ち入り調査を行いました。(後略)

 
[2021_09_07_05]
政府の原子力防災会議 島根原発の避難計画などの対応策を了承 NHK 2021/09/07 TOP
政府の原子力防災会議は、松江市にある中国電力島根原子力発電所で原発事故が起きた場合に備えて、原発から30キロ圏内に含まれる、およそ46万人の避難計画などを盛り込んだ対応策を了承し、菅総理大臣は、円滑な避難に向けた施策を進めるよう関係閣僚に指示しました。(後略)

 
[2021_09_07_04]
島根原発の避難計画を了承 政府の原子力防災会議 河北新報 2021/09/07 TOP
政府は7日、原子力防災会議(議長・菅義偉首相)を官邸で開き、中国電力が再稼働を目指す島根原発(松江市)の事故に備えた住民避難計画を了承した。事実上の再稼働手続きの一環。(後略)

 
[2021_09_07_03]
原子力規制委員会が柏崎刈羽原発を現地調査 TeNY 2021/09/07 TOP
柏崎刈羽原発で発覚した核セキュリティーの不備など一連の問題をめぐり、東京電力は9月23日までに報告書を提出することになっています。それを前に、原子力規制委員会による現地調査が行われました。(後略)

 
[2021_09_07_02]
IAEA海洋放出めぐり協議…福島第一原発の処理水 テレ朝 2021/09/07 TOP
福島第一原発にたまり続ける処理水の海洋放出をめぐり、IAEA=国際原子力機関の幹部が、経済産業省を訪れ、安全性の評価について協議を始めました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 135 >  記事番号[671]〜[675] / 記事総数[1953]  5進む▼ 

[2021_09_07_01]
政府が島根原発の避難計画について了承 NKT 2021/09/07 TOP
菅義偉首相:「島根県と鳥取県合わせて46万人の人口を抱えており避難経路の確保や他県にまたがる広域的な避難など地域固有の課題に対応していく必要がある」(後略)

 
[2021_09_06_03]
柏崎原発でケーブル火災 外部への放射能漏れなし 新潟日報 2021/09/06 TOP
6日午前11時すぎ、新潟県の東京電力柏崎刈羽原発3号機のタービン建屋地下3階で煙が出たと東電社員から119番通報があり、機器の電源ケーブルを焼いた。けが人はいない。現場は放射性物質を扱わない非管理区域で、東電は外部への放射能の影(後略)

 
[2021_09_06_02]
柏崎刈羽原発から発煙、数分後に収まる…放射能漏れなどなし 読売新聞 2021/09/06 TOP
6日午前11時頃、新潟県柏崎市の東京電力柏崎刈羽原子力発電所3号機タービン建屋で、地下3階に設置されたヒーターから煙が発生したと、所員が119番した。数分後に煙は収まり、外部への放射能漏れやけが人はなかった。(後略)

 
[2021_09_06_01]
いったい何が 柏崎刈羽原発で発煙 電源ケーブルには焼けた跡 NST 2021/09/06 TOP
6日午前11時ごろ、新潟県の柏崎刈羽原子力発電所・3号機タービン建屋の地下3階で煙が発生しました。東京電力によりますと、建屋内の機器の弁などを動かす圧縮空気を除湿するために設置している電気ヒーターから発煙が確認されたということです。(後略)

 
[2021_09_05_01]
象潟地震の家屋倒壊、原因は地震動 津波襲来指摘のにかほ・関地区 河北新報 2021/09/05 TOP
秋田県にかほ市象潟町で江戸時代後期に発生した象潟地震で、津波被害の可能性が指摘されていた一部集落の家屋倒壊は地震動によるものだったことが、東北大災害科学国際研究所の蝦名裕一准教授(日本近世史)ら研究チームの調査で判明した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 136 >  記事番号[676]〜[680] / 記事総数[1953]  5進む▼