トップ > 六ヶ所再処理工場
 
<<東通(東電) 日本原燃 六ヶ所再処理工場等
施設概要と記事一覧(時系列逆順
女川>>
 
 
[1] 日本原燃施設概要 日本原燃トピックスは ココ
 
施設 工期 建設費
再処理工場 工事開始:1993年 しゅん工時期:2018年度上期 約2兆1,930億円
高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター 工事開始:1992年 操業開始:1995年 約1,250億円
MOX燃料工場 工事開始:2010年 しゅん工時期:2019年度上期 約2,100億円
ウラン濃縮工場 工事開始:1988年 操業開始:1992年 約2,500億円
低レベル放射性廃棄物埋設センター 工事開始:1990年 操業開始:1992年 約1,600億円
 
 
上記の表は日本原燃HPの原子燃料サイクル施設概要より作成。
※施設名のリンクをクリックすると該当施設の詳細情報が表示されます。
 
 
[2] 記事一覧 Wikipedia
 
 ・当一覧は記事を時系列逆順に表示しています。
 ・全記事(時系列昇順)を読みたい場合は 全記事(時系列昇順) をクリックして下さい。
 ・各記事の記事番号・見出しをクリックすると記事全文を表示します。
 

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_08_06_02]
「米軍軍事訓練」と「核のゴミ」 小熊ひと美(「原発なくそう!核燃いらない! あおもり金曜日行動」) たんぽぽ  2021/08/06 TOP
青森市の小熊ひと美と申します。「原発なくそう! 核燃いらない! あおもり金曜日行動」から、官邸前の「原発いらない金曜日行動」に向けて連帯のメッセージをお送りします。JR青森駅前で毎週行われている「あおもり金曜日行動」は、今日7月16日で467回目になります。(後略)

 
[2021_07_21_05]
「エネルギー基本計画」再生可能エネルギー割合36〜38%に NHK  2021/07/21 TOP
国のエネルギー政策の方針「エネルギー基本計画」について経済産業省が素案をまとめました。脱炭素に向けて再生可能エネルギーの割合を「36%から38%」として、今の計画から10ポイント以上、引き上げることにしています。(後略)

 
[2021_07_19_03]
原燃・低レベル埋設施設、21日にも正式合格 東奥日報  2021/07/19 TOP
(前略)低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ケ所村)の新規制基準適合性審査で、原子力規制委員会は19日、原燃が2018年8月に申請した事業変更許可について21日の定例会合で審議することを明らかにした。(後略)

 
[2021_07_16_03]
「原発コスト、廃炉含むと天文学的な数字に」 オルタナ  2021/07/16 TOP
梶山弘志・経産相は(中略)試算について、「原子力は太陽光発電とそん色ない。太陽光発電はバックアップ電源を用意するコストも掛かる」と話し、原子力の位置づけを変えないことを強調した。(後略)

 
[2021_07_10_08]
1時間未満の作業で 性能低いマスク使用 原燃・再処理工場 東奥日報  2021/07/10 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_07_10_07]
オスプレイ訓練 防衛省が事前通告要請へ 東奥日報  2021/07/10 TOP
米軍横田基地(東京都)の輸送機CV22オスプレイが、青森県東北町の小川原湖上空で事前通告なく訓練した問題で、防衛省は9日の東奥日報の取材に対し「小川原湖上空で訓練実施の際には、米軍に事前の情報提供を求める考えだ」と明らかにした。(後略)

 
[2021_07_09_07]
オスプレイ訓練、米軍「適切」 東奥日報  2021/07/09 TOP
在日米空軍横田基地(東京都福生市など)は8日、東奥日報取材に対し、同基地所属のCV22オスプレイが4月15日と6月30日、7月1日の3日間、小川原湖上空で、水中に入った隊員の引き上げ訓練を行ったことを初めて公式に認めた。(後略)

 
[2021_07_09_03]
プルトニウム保有量46.1トン 3年ぶり増加 国際社会は懸念 毎日新聞  2021/07/09 TOP
内閣府は9日、日本が2020年末時点で国内外に保有するプルトニウムの総量が約46・1トンだったと国の原子力委員会に報告した。前年より約0・6トン増えていた。(後略)

 
[2021_07_06_05]
オスプレイ小川原湖飛行に知事「心外なこと」 東奥日報  2021/07/06 TOP
在日米空軍の輸送機CV22オスプレイが6月30日と7月1日に青森県東北町の小川原湖上空で行った訓練とみられる飛行に関し、三村申吾知事は6日、「事実関係は調査中だが、心外なこと」と所感を述べた。(後略)

 
[2021_07_06_04]
小川原湖上空の低空飛行を受け 社民党がオスプレイ訓練中止を青森県に申し入れ ABA  2021/07/06 TOP
在日アメリカ軍所属とみられる輸送機オスプレイが、小川原湖上空で低空飛行をしたことについてです。社民党青森県連が、14日から始まる訓練の中止を求め、青森県に申し入れをしました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_07_06_03]
岸防衛相「安全配慮を」 オスプレイ小川原湖飛行 RAB  2021/07/06 TOP
アメリカ軍のオスプレイが小川原湖で低空飛行していた問題について、岸防衛大臣は「事実関係を確認中」とした上で「米軍機の運用は安全への配慮が大前提だ」と述べました。(後略)

 
[2021_07_05_01]
米軍機低空飛行 小川原湖漁協が在日米軍に抗議文提出へ ABA  2021/07/05 TOP
地元の小川原湖漁協は5日、理事会を開き、今後の対応を協議しました。三沢防衛事務所を通じて、在日アメリカ軍などに抗議文を提出することを決めました。(後略)

 
[2021_07_02_06]
在日米空軍機オスプレイ、小川原湖上で訓練か 漁協に予告なく 東奥日報  2021/07/02 TOP
在日米空軍の輸送機CV22オスプレイが6月30日と7月1日の夕方、1時間以上にわたり青森県東北町の小川原湖の上空を飛行した。湖面ぎりぎりまで高度を下げて飛んだり、上空を繰り返し旋回したりしたほか、機体の下方で人のようなものが上下するなど訓練とみられる動きもあった。(後略)

 
[2021_06_30_08]
3年ぶり減収減益 原燃20年度決算 東奥日報  2021/06/30 TOP

 
[2021_06_26_08]
5000億円増で14兆円超える 膨らみ続ける使用済み核燃料の再処理事業費 東京新聞  2021/06/26 TOP
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の事業費が、工場の完成が遅れることで2020年より5000億円増えることになった。再処理事業を担う国の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)が精査し、25日に公表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_06_26_01]
汚染土積み替え場所 検査せず雨水を排出 六ケ所の処理施設 東奥日報  2021/06/26 TOP

 
[2021_06_23_01]
原燃・低レベル埋設センターが事実上の合格 東奥日報  2021/06/23 TOP
原子力規制委員会は23日、東京都内で開いた定例会合で、日本原燃・低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ケ所村)が新規制基準を満たすとする事実上の合格証「審査書案」を了承した。(後略)

 
[2021_06_20_01]
【見えぬ廃炉 第二原発】県外搬出めど立たず 原子力政策行き詰まり 使用済み核燃料 福島民報  2021/06/20 TOP
東京電力福島第二原発1〜4号機の全基廃炉は、県と立地町の事前了解により、今月下旬にも始まる。(後略)

 
[2021_06_19_04]
「8つの柱」を中心に引き続き原発のない社会をめざします たんぽぽ舎2021年活動方針 たんぽぽ  2021/06/19 TOP
4.日本核武装・核兵器技術の蓄積を絶つ 国際情勢は近年緊迫度を増しています。特に米中の対立は、トランプ政権からバイデン政権に変わってもそのまま続いています。(後略)

 
[2021_05_28_01]
ベリリウム 効率的に精製 六ケ所核融合研が開発 東奥日報 2021/05/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_05_26_05]
プルサーマル加速へ自治体支援検討/経産相 デリ東北  2021/05/26 TOP
使用済み核燃料から取り出すプルトニウムを原発で再利用するプルサーマル発電を巡り、梶山弘志経済産業相は25日、「政府としてもプルサーマルを新たに推進する自治体向けの支援を検討する」との方針を示した。(後略)

 
[2021_05_26_01]
高線量区域に2300機器 原燃 過去の記録で検査可能 東奥日報 2021/05/26 TOP

 
[2021_05_20_11]
本県10施設「目的を満足」 原子力規制庁 年間検査結果を公表 東奥日報 2021/05/20 TOP

 
[2021_05_20_10]
火災は化学反応原因 六ケ所・核物質管理センター 東奥日報 2021/05/20 TOP

 
[2021_04_29_01]
再処理 MOX工場 設工認2回目申請 1カ月程度ずれ込み 東奥日報  2021/04/29 TOP
 日本原燃の増田尚宏社長は28日、昨年審査合格した六ヶ所再処理工場とMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料工場の2回目の「設計・工事計画の認可(設工認)」の申請時期について、当初予定していた5月から1カ月程度ずれ込むとの認識を示した。同日、青森市の青森地域共生本社で開いた定例会見で明らかにした。

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_04_27_09]
「汚染水」と言うか「処理水」と言うか どう呼ぼうと放射性廃液に違いはない 山崎久隆 たんぽぽ  2021/04/27 TOP
◎原発からの排水現在、東電福島第一原発敷地内に存在する水は、そのままでは海洋投棄はできない「汚染水」だ。この水と原発(大事故を起こしていない)から放出される排水が同一視されているが、それは間違っている。(後略)

 
[2021_04_27_02]
梶山経産相 福井県知事と40年超原発再稼働巡り会談 知事、28日同意 福井新聞  2021/04/27 TOP
運転開始から40年を超える関西電力美浜原発3号機と高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の再稼働を巡り、福井県の杉本達治知事は4月27日、梶山弘志経済産業相、森本孝関電社長とそれぞれオンラインで面談した。(後略)

 
[2021_04_16_08]
汚染水海洋放出 何が問題か 高橋千鶴子衆院議員に聞く 赤旗  2021/04/16 TOP
政府が漁業関係者をはじめ地元の強い反対の声を無視して、東京電力福島第1原発で増え続ける放射能汚染水を処理した後の高濃度のトリチウム(3重水素)を含む汚染水の海洋放出方針を決定しました。(後略)

 
[2021_04_15_06]
汚染水「放出ありき」の非道。政府と東電の“密約"が炙り出す大嘘 MAG2_NEWS  2021/04/15 TOP
あの忌まわしき福島第一原発事故から10年、ついに処理水の海洋放出を決めた菅政権。首相は「政府を挙げて風評対策を徹底する」としていますが、そもそも処理水の安全性は完全に担保されるのでしょうか。(後略)

 
[2021_04_15_01]
使用済み核燃料の1000年保管は可能である 平宮康広 たんぽぽ  2021/04/15 TOP
◎日本とイギリス、フランス以外の国々、たとえばアメリカやドイツに使用済み核燃料再処理工場はない。アメリカやドイツは、再処理=再加工を施すことなく使用済み核燃料を地層処分=直接処分するつもりでいる。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_04_14_24]
東電と政府が答えるべき3つの疑問 福島第一原発の汚染水問題 東京新聞  2021/04/14 TOP
東京電力福島第一原発の事故収束作業の大部分を占めてきた汚染水問題は、13日の政府方針決定で浄化処理した水の海洋放出へ踏み切ることになった。(後略)

 
[2021_04_11_03]
原子力政策を先送りした本当の「犯人」が決めないといけないこと デーリー毎日×エコノミスト  2021/04/11 TOP
(前略)東京電力・福島第一原子力発電所事故から10年経った。この間に日本では、エネルギー政策をめぐって、不思議な「まだら模様」が定着してしまった。(後略)

 
[2021_04_03_03]
ボイラー周辺水漏れ 原燃・再処理工場 東奥日報  2021/04/03 TOP
 日本原燃は2日、六ヶ所再処理工場(六ヶ所村)前処理建屋で、蒸気をつくるボイラーに純水を供給する系統が破損し、水40リットル超が漏えいした発表した。現場は放射線管理区域外で、放射性物質による汚染はないとしている。

 
[2021_03_31_09]
原燃委託費1483億円 再処理機構2021年度 東奥日報  2021/03/31 TOP
経済産業省の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は30日、2021年度の収支予算や事業計画について経産相から認可を受けた。(後略)

 
[2021_03_31_08]
「あってはならない」/東電不祥事で原燃社長 東奥日報  2021/03/31 TOP
日本原燃の増田尚宏社長は30日、青森市の青森地域共生本社で開いた定例会見で、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で核物質防護不備など不祥事が相次いでいることに対し「同じ原子力事業者としてあってはならないことであり、大変重く受け止めている」(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_03_21_06]
宮城で震度5強、石巻などで9人けが M6.9、一時津波注意報 河北新報  2021/03/21 TOP
20日午後6時9分ごろ、宮城県で最大震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は宮城県沖(牡鹿半島の北東20キロ付近)で、震源の深さは59キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・9と推定される。(後略)

 
[2021_03_18_09]
核物質管理施設で火災 職員に放射性物質付着 青森・六ケ所村 毎日新聞  2021/03/18 TOP
公益財団法人「核物質管理センター」(東京都)は16日、管理する「六ケ所保障措置分析所」(青森県六ケ所村)で、放射性物質を扱う設備内の容器が燃える火災があったと発表した。(後略)

 
[2021_03_18_05]
原子力規制委、玄海原発の「乾式貯蔵」を了承 使用済み核燃料保管 佐賀新聞  2021/03/18 TOP
九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の使用済み核燃料の保管量を増やすため、乾式貯蔵施設を敷地内に設置する九電の計画に関し、原子力規制委員会は17日、規制基準に適合しているとする「審査書案」を了承した。(後略)

 
[2021_03_17_08]
再処理「中期計画」 経産省に認可申請/機構 東奥日報  2021/03/17 TOP
国の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は16日までに、日本原燃に委託する使用済み核燃料の再処理量や時期などを示した「実施中期計画」の認可を経済産業省に申請した。(後略)

 
[2021_03_17_07]
原子炉本体が含む放射性核種の量を開示していない 平宮康広 たんぽぽ  2021/03/17 TOP
◎2月16日に共同通信社が配信した記事によれば、廃炉=解体埋設処分が決まった国内の老朽商用原発は18基である。16万トン以上の低レベル放射性廃棄物が生じるとの予想であるが、「低レベル」は「安全レベル」なのか。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_03_11_08]
広瀬隆「即刻、全原発廃炉しかない」 除染作業が続く現実 アエラ  2021/03/11 TOP
(前略)広瀬隆さん(78)は、福島第一原発事故10年に何を思うのか。本誌で連載した「原発破局を阻止せよ!」スペシャル版として、寄稿してもらった。(後略)

 
[2021_03_06_04]
ドキュメンタリー映画『地球で最も安全な場所を探して』 たんぽぽ  2021/03/06 TOP
ドキュメンタリー映画『地球で最も安全な場所を探して』は原発から出る「核のごみ」=使用済み核燃料の安全な処分場所を探す核物理学者で廃棄物貯蔵問題専門家のチャールズ・マッコンビー(英国出身スイス在住)とともにエドガー・ハーゲン監督が世界の処分候補地を巡った記録だ。(後略)

 
[2021_03_04_03]
ポンプ油漏えい 部品の損傷原因/原燃 東奥日報  2021/03/04 TOP
日本原燃は3日、六ケ所再処理工場構内(屋外)で昨年11月に発生した水中ポンプ油圧作動油の漏えいについて、原因と対策をとりまとめ、公表した。(後略)

 
[2021_02_18_11]
共同利用、関電のみ意欲 むつ市の核燃料中間施設 時事通信  2021/02/18 TOP
青森県むつ市の使用済み核燃料の中間貯蔵施設を電力大手各社が共同利用する案について、現時点で活用に意欲を示しているのが関西電力だけであることが18日、分かった。(後略)

 
[2021_02_18_09]
プルトニウム抽出 六ヶ所再処理 数値変遷なぜ 識者「根拠のデータ示せ」 東奥日報  2021/02/18 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_02_14_18]
福島第一原発など東日本の原発「異常なし」原子力規制委 東京新聞  2021/02/14 TOP
宮城、福島で13日夜に最大震度6強の揺れを観測した地震で、原子力規制委員会は14日、東日本にある原発や原子力施設で異常は確認されていない、と発表した。(後略)

 
[2021_02_13_08]
『放射能で汚染された水で海を汚染するな!』 −国と東電の責任は重い− たんぽぽ  2021/02/13 TOP
◎「トリチウム問題の核心」〜その人体への影響遠藤順子 (健生病院非常勤医師)◎「福島第一原発汚染水を海洋投棄しないで!」(後略)

 
[2021_02_04_04]
乾式貯蔵「一時的保管」 四電本部長が強調 県議会特別委 愛媛新聞  2021/02/04 TOP
愛媛県議会は3日、防災減災・エネルギー対策特別委員会を開いた。(後略)

 
[2021_01_30_01]
23年度再処理「未定」原燃が使用計画提出 東奥日報  2021/01/30 TOP

 
[2021_01_29_06]
関電社長、中間貯蔵施設の候補地表明は「未定」 原発再稼働の見通し立たず 産経新聞  2021/01/29 TOP
関西電力の森本孝社長は29日の定例会見で、使用済み核燃料の中間貯蔵施設の候補地表明について「現時点では未定としかいえない」と説明した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_01_29_02]
RFS燃料貯蔵計画3年間で169トンを搬入/規制委に届け出 東奥日報  2021/01/29 TOP
リサイクル燃料貯蔵(青森県むつ市、RFS)は28日、使用済み核燃料中間貯蔵施設で受け入れる燃料の貯蔵計画を原子力規制委員会に届け出た。(後略)

 
[2021_01_29_01]
再処理工場 次回申請「計画通り」原燃社長 現場の情報共有徹底 東奥日報  2021/01/29 TOP

 
[2021_01_28_03]
高浜原発40年超再稼働、町長同意へ高浜原発40年超再稼働、町長同意へ 福井新聞  2021/01/28 TOP
福井県高浜町の野瀬豊町長は、運転開始から40年を超える関西電力高浜原発1、2号機の再稼働に同意する意向を固めたことが1月28日分かった。(後略)

 
[2021_01_26_08]
使用済み核燃料 プールの容量限界  議論先送り続く 福島民報  2021/01/26 TOP
深さ十一メートルの使用済み核燃料プールに収納用のラックが規則正しく並ぶ。作業員は水面の上にある取り扱い機から、長さ四・五メートルの使用済みの核燃料棒を慎重に移動させる。(後略)

 
[2021_01_23_02]
再処理変更許可取り消し求め 新たな訴訟提起 1万人原告団 東奥日報  2021/01/23 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2021_01_23_01]
「耐震補強は困難」核燃裁判で原告団 東奥日報  2021/01/23 TOP

 
[2021_01_22_06]
審査合格取り消し求め提訴、青森 核燃サイクル阻止原告団 東京新聞  2021/01/22 TOP
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)が本格稼働の前提となる原子力規制委員会の審査に合格したことを受け、核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団(同県八戸市)は22日、合格取り消しを求めて青森地裁に提訴した。(後略)

 
[2021_01_21_07]
再処理工場 「汚染セルの耐震困難」 東電、07年内部資料に見解 東奥日報  2021/01/21 TOP

 
[2021_01_19_03]
電事連 プルサーマル30年度12基 目標達成 道のり険しく 東奥日報  2021/01/19 TOP

 
[2021_01_09_01]
50年以上再送りした「核のゴミ」最終処分場問題を自分事として考えるには ハルメクWEB  2021/01/09 TOP
北海道の寿都町と神恵内村でいいのか?原子力政策が始まった1950年代から問題が先送りにされてきた「核のゴミ」の最終処分場の選定が進んでいます。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_12_26_03]
六ヶ所の模擬弾 回収断念 米軍三沢 落下位置特定できず 東奥日報  2020/12/26 TOP

 
[2020_12_25_03]
中間貯蔵施設の県外候補地 年内提示を断念 関西電力が陳謝 福井テレビ  2020/12/25 TOP
原発から出る使用済み核燃料を、一時的に保管する中間貯蔵施設について、関西電力は25日、福井県が求めていた年内の候補地の提示を断念することを県に伝えた。(後略)

 
[2020_12_24_09]
新工程表に規制庁「到底無理」/むつ中間貯蔵 東奥日報  2020/12/24 TOP
青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を運営するリサイクル燃料貯蔵(RFS)は23日、安全対策工事に必要な認可を2021年3月末にも得ると想定した新たな工程表を示した。(後略)

 
[2020_12_24_08]
二又川と尾鮫沼 流出油の回収作業終了へ 原燃 東奥日報  2020/12/24 TOP

 
[2020_12_20_01]
核のごみ最終処分地 岩手は根強い警戒感 関心度 濃淡あらわ 河北新報  2020/12/20 TOP
高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定を巡る河北新報社のアンケートでは、国の積極姿勢を求める意見が目立つ一方、一部の県には最終処分問題への関心の低さがうかがわれた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_12_19_06]
電事連が中間貯蔵構想を説明 共用検討「積極的に参画」 関電社長 利用の意向言及せず 東奥日報  2020/12/19 TOP

 
[2020_12_19_05]
むつ中間貯蔵 市長反発「共用ありき」 電事連が説明 知事「聞き置く」 東奥日報  2020/12/19 TOP

 
[2020_12_19_02]
中間貯蔵施設共用化 むつ市長「必然性がない」 青森知事「聞置くだけ」 河北新報  2020/12/19 TOP
大手電力でつくる電気事業連合会(電事連)の清水成信副会長(中部電力副社長)は18日、青森県とむつ市を訪れ、同市の使用済み核燃料中間貯蔵施設について、原発を持つ各社による共同利用の検討に着手する方針を三村申吾知事と宮下宗一郎市長に説明した。(後略)

 
[2020_12_18_03]
福井・美浜町議長「美浜原発内に使用済み核燃料を」 毎日新聞  2020/12/18 TOP
(前略)福井県美浜町の竹仲良広・同町議会議長は18日、記者団に、個人の意見とした上で「むつ市の施設では関電の使用済み核燃料は収まり切らず、美浜原発サイト内で乾式貯蔵を推進していきたい」と述べた。(後略)

 
[2020_12_18_02]
共同利用案に青森・むつ市長が反発 「核のゴミ捨て場ではない」 毎日新聞  2020/12/18 TOP
大手電力でつくる電気事業連合会の清水成信副会長と経済産業省の幹部が18日、青森県むつ市を訪問し、同市の使用済み核燃料の中間貯蔵施設を電力各社で共同利用する案を宮下宗一郎市長に説明した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_12_18_01]
電事連「地元理解まで説明」 貯蔵共用案、むつ市長は不快感 共同通信  2020/12/18 TOP
電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は18日、東京都内で開いた記者会見で、電力各社で青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を共同利用する案について「理解いただけるまで(地元に)説明する」(後略)

 
[2020_12_16_01]
青森「MOX燃料工場」完成2年延期へ 24年4〜9月に 7回目の変更 毎日新聞  2020/12/16 TOP
日本原燃は16日、原発で使い終わった核燃料を再利用して新しい核燃料に加工する「MOX(モックス)燃料工場」(青森県六ケ所村)の完成が2年遅れて、2024年4〜9月になると発表した。延期は7回目。(後略)

 
[2020_12_15_01]
MOX合格に抗議 核燃サイクル阻止原告団 東奥日報  2020/12/15 TOP

 
[2020_12_13_01]
県外候補地はどこに? 知事「関電の返答待ちたい」 福井テレビ  2020/12/13 TOP
使用済み核燃料を一時的に保管する中間貯蔵施設について杉本知事は13日、福井テレビのタイムリーふくいに出演し「現時点で関西電力から日程の報告はないが県外候補地を示すとする返答を待ちたい」(後略)

 
[2020_12_12_06]
青森・階上で震度5弱の地震 津波の心配なし 毎日新聞  2020/12/12 TOP
12日午後4時19分ごろ、青森県で地震5弱を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は岩手県沖で、震源の深さは約50キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.5と推定される。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_12_12_05]
六ケ所の模擬弾落下今後の見通し示さず/米軍三沢司令官 東奥日報  2020/12/12 TOP
米軍三沢基地司令官兼第35戦闘航空団司令官のジェシー・J・フリーデル大佐が11日、7月の司令官着任後初めて同基地内で会見を開いた。(後略)

 
[2020_12_12_02]
社説:核燃貯蔵の共用 再稼働ありきの奇策だ 京都新聞  2020/12/12 TOP
大手電力10社でつくる電気事業連合会が、原発から出る使用済み核燃料の中間貯蔵施設(青森県むつ市)の共同利用を検討していることが明らかになった。(後略)

 
[2020_12_11_13]
むつ中間貯蔵 共用検討 燃料保管「特効薬」なく 原発プール逼迫、白羽の矢 東奥日報  2020/12/11 TOP

 
[2020_12_11_12]
中間貯蔵施設 県は関電の回答待つ姿勢強調 FBC福井放送  2020/12/11 TOP
原発に溜まり続ける使用済み核燃料を保管する中間貯蔵施設をめぐり、青森県の施設を共同利用する案が浮上していて、県は「何も聞いていない」としたうえで、関西電力の回答を待つと強調した。(後略)

 
[2020_12_11_08]
むつ・中間貯蔵施設に共同利用案 電事連が検討、関電支援狙う 河北新報  2020/12/11 TOP
大手電力でつくる電気事業連合会が、原発の使用済み核燃料を一時保管する青森県むつ市の中間貯蔵施設について、原発を持つ各社による共同利用を検討していることが10日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_12_11_07]
核燃中間貯蔵共同利用案は「筋違い」 青森・むつ市長反発 河北新報  2020/12/11 TOP
(前略)電気事業連合会が大手電力会社による共同利用を検討していることについて、宮下宗一郎市長は10日、報道各社の取材に「電事連などから、何ら市にアプローチはない中で、話が進んでいるとしたら筋違いではないか」と反発した。(後略)

 
[2020_12_11_03]
RFS中間貯蔵施設共用 「筋違い」むつ市長不快感 東奥日報  2020/12/11 TOP
青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を巡り、電気事業連合会(電事連)が原発を持つ各社による共同利用を検討していることについて、むつ市の宮下宗一郎市長は10日、「筋違いだ」と不快感を示した。(後略)

 
[2020_12_10_05]
MOX工場、新規制基準に正式合格 原燃主要施設全て審査通過 河北新報  2020/12/10 TOP
原子力規制委員会は9日の定例会合で、日本原燃のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料工場(青森県六ケ所村)が新規制基準に適合していると認める「審査書」を委員5人の全会一致で決定した。(後略)

 
[2020_12_10_01]
核燃料中間貯蔵の共用を検討 電事連、青森むつの施設で 共同通信  2020/12/10 TOP
大手電力でつくる電気事業連合会が、原発の使用済み核燃料を一時保管する青森県むつ市の中間貯蔵施設について、原発を持つ各社による共同利用を検討していることが10日、分かった。(後略)

 
[2020_12_09_01]
六ヶ所村 核燃料工場 合格示す審査書取りまとめ 原子力規制委 NHK  2020/12/09 TOP
使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを使って新しい燃料を作る国内初の商業用の核燃料工場について、原子力規制委員会は規制基準の審査に合格したことを示す審査書を取りまとめました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_12_08_09]
六ケ所MOX工場完工、2年延期へ 建屋建設や安全対策工事要因 東奥日報  2020/12/08 TOP
日本原燃が2022年度上期としている青森県六ケ所村のMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料工場の完工目標を、「24年度上期」に2年程度延期する方向で最終調整していることが7日、複数の関係者への取材で分かった。(後略)

 
[2020_12_08_04]
美浜町内デモ、美浜町役場前集会、関電原子力事業本部包囲集会 木原壯林 たんぽぽ  2020/12/08 TOP
(前略)「老朽原発うごかすな!実行委員会」の呼びかけに応えたリレーデモは、11月23日の関電包囲大集会(大阪、550名が結集)を旅立ちとして、美浜町を目指していましたが、明日12月9日(水)が最終日となります。(後略)

 
[2020_11_30_03]
【原発漂流】第3部 共生の宿命(7完)福井・敦賀 夢の炉に幕、次の道模索 河北新報  2020/11/30 TOP
切り立つ半島の隅で「夢の原子炉」が眠る。福井県敦賀市白木地区にある日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」。相次ぐ事故やトラブルで満足に稼働できず、2016年12月に廃炉が決まった。(後略)

 
[2020_11_28_02]
トラブル事例集を改定 東奥日報  2020/11/28 TOP

 
[2020_11_28_01]
原燃、油流出を陳謝 再処理工場 量は「30」リットル 東奥日報  2020/11/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_11_27_02]
コロナ禍、ピースサイクル2020の取り組み 吉野信次 たんぽぽ  2020/11/27 TOP
再処理工場、25回目の完工延期!六ヶ所村行動の最終行動は、24日に行った六ヶ所村、日本原燃本社、青森県での申し入れ行動であった。(後略)

 
[2020_11_26_03]
再稼働同意の知事判断、越年も 福井、40年超原発 共同通信  2020/11/26 TOP
福井県の杉本達治知事は25日の記者会見で、運転開始から40年を超えた関西電力の原発3基の再稼働同意を巡り「無為に遅らせるつもりもないが焦ってやるものでもない。時間を取って確認する必要がある」と述べ(後略)

 
[2020_11_25_01]
「死に体」RETFに巨費を投じて維持するのは何故か 渡辺寿子 たんぽぽ  2020/11/25 TOP
マスコミが報道しなかった施設がやっと脚光を浴びた!?(後略)

 
[2020_11_19_06]
六ケ所・睦栄風力発電所の風車から油漏れ、飛散 dmenuニュース_東奥日報  2020/11/19 TOP
青森県六ケ所村の睦栄(むつさかえ)風力発電所で今月4日、風車から潤滑油が最大160リットル漏れ、一部が周辺の畑や住家、自動車などに飛散していたことが18日、風車を製造した日立製作所への取材で分かった。(後略)

 
[2020_11_19_05]
放射性廃液 半量固化へ 再処理工場 原燃、工程始動までに 東奥日報  2020/11/19 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_11_18_07]
原燃 二又川(六ケ所)に油流出 ポンプ確認中、最大250リットルか 東奥日報  2020/11/18 TOP

 
[2020_11_17_04]
取水ポンプの油、川に流出 再処理工場の事故対処用 日本原燃 時事通信  2020/11/17 TOP
二又川で、重大事故時に使用する取水ポンプの作動試験を実施したところ、油圧用の油が流出したと発表した。流出量は最大250リットルで、同社は吸着マットなどで回収を進めるとともに、原因を調べている。(後略)

 
[2020_11_16_05]
反原発・反核燃掲げ 県内外の団体が集会 青森 東奥日報  2020/11/16 TOP

 
[2020_11_13_02]
「死の谷」を埋めて「死の灰」(負の遺産)を増やす原子力規制委員会 木村雅英 たんぽぽ  2020/11/13 TOP
11月11日の規制委定例会議でむつ市の「リサイクル燃料貯蔵株式会社リサイクル燃料備蓄センターにおける使用済燃料の貯蔵の事業の変更許可」を決定した。(後略)

 
[2020_11_12_09]
再処理工場での漏水 規制庁が継続検査へ 東奥日報  2020/11/12 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_11_12_08]
再処理「ガラス固化進めた分だけ」 規制委員長が見解 東奥日報  2020/11/12 TOP

 
[2020_11_12_07]
むつ中間貯蔵 正式合格 使用済み核燃料 最長50年 東奥日報  2020/11/12 TOP

 
[2020_11_11_09]
核燃料中間貯蔵施設が審査に合格 原発敷地外で唯一、規制委 共同通信  2020/11/11 TOP
原子力規制委員会は11日の定例会合で、東京電力と日本原子力発電が出資する「リサイクル燃料貯蔵」(RFS)の使用済み核燃料中間貯蔵施設(青森県むつ市)が、新規制基準に適合しているとする「審査書」を決定した。(後略)

 
[2020_11_10_02]
海外再処理のガラス固化体 返還再開で調整 東奥日報  2020/11/10 TOP

 
[2020_11_09_05]
運転開始から43年が過ぎた「美浜原発3号機」、安全対策工事が完了 報道陣に公開 関西テレビ  2020/11/09 TOP
再稼働を目指す「老朽原発」で、安全対策工事が完了し、報道陣に公開されました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[110] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_11_06_02]
北海道寿都町は最終処分場調査応募を撤回せよ 「10万年後」に誰も責任は取れない 日本学術会議が提言「火山列島に安定した地層はない」 大今歩(高校講師・農業) たんぽぽ  2020/11/06 TOP
◎8月13日、北海道寿都町は、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物の、最終処分場の調査への応募を検討していることを明らかにした。片岡春雄町長は、10月8日に応募を表明した。(後略)

 
[2020_11_03_08]
仏で運転員訓練 原燃「来春から」 六ヶ所再処理工場 東奥日報  2020/11/03 TOP

 
[2020_10_30_01]
MOX工場 「完工時期含め精査」 原燃社長、延期改めて示唆 東奥日報  2020/10/30 TOP

 
[2020_10_24_10]
「時間外」過少申告20人が376時間 原燃、役員ら減給・降格 東奥日報  2020/10/24 TOP

 
[2020_10_23_11]
原発は「コストが高すぎて採算がとれなくなった」の衝撃……原発産業はこのまま滅びてしまうのか サンデー毎日  2020/10/23 TOP
国内で稼働中の原子力発電所の原子炉は、9月18日時点で3基しかない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 23 >  記事番号[111]〜[115] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_10_22_02]
核燃サイクル協 国、政策堅持を確約 電事連「プル計画 早期に」 最終処分「国が前面に」官房長官 東奥日報  2020/10/22 TOP

 
[2020_10_21_08]
核燃サイクル、打開策見えず 青森県と10年ぶり協議 政府 時事通信  2020/10/21 TOP
政府と青森県は21日、首相官邸で開いた「核燃料サイクル協議会」で、使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクル政策を推進する方針を確認した。(後略)

 
[2020_10_21_05]
核燃料サイクル協議会、青森県が政策維持求める TBS系  2020/10/21 TOP
原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出して再利用する核燃料サイクル政策について、政府と青森県の協議会が開かれ、青森県の三村知事はサイクル政策の堅持を求めました。(後略)

 
[2020_10_17_07]
トラック火災 原因は鳥の巣 六ケ所・再処理事業所 東奥日報  2020/10/17 TOP

 
[2020_10_09_08]
関電“倍返し"金品受け取り問題発覚から1年 新旧経営陣いまだ対立〈週刊朝日〉 アエラ  2020/10/09 TOP
(前略)関西電力役員らが、原発のある福井県高浜町の元助役(故人)から多額の金品を受け取っていた問題の発覚から約1年。すでに新体制となった関電だが、新経営陣と旧経営陣が対立し、いまだにゴタゴタが続く。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 24 >  記事番号[116]〜[120] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_10_08_11]
再処理工場工事認可 今月中の申請「困難」 規制庁が厳しい見立て 東奥日報  2020/10/08 TOP

 
[2020_10_08_10]
MOX工場「合格」 規制委審査 国内初の「商業用」 東奥日報  2020/10/08 TOP

 
[2020_10_08_09]
サイクル なお前途多難 原燃MOX工場「合格」 プル消費体制 不十分 東奥日報  2020/10/08 TOP

 
[2020_10_07_04]
MOX燃料加工工場 事実上合格(青森県) RAB青森放送  2020/10/07 TOP
原子力規制委員会は六ヶ所村に建設中のMOX燃料加工工場の安全対策などをまとめた審査書案を7日了承しました。(後略)

 
[2020_10_05_02]
MOX工場の合格、7日に議論 規制委、核燃サイクル関連施設 共同通信  2020/10/05 TOP
原子力規制委員会は5日、日本原燃のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料加工工場(青森県六ケ所村)について、安全対策が新規制基準に適合しているとする「審査書案」を7日の定例会合で議論すると発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 25 >  記事番号[121]〜[125] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_10_03_05]
新理事長に佐藤氏 再処理機構発表 東奥日報  2020/10/03 TOP

 
[2020_10_03_04]
再処理機構 理事長に佐藤敏秀氏 河北新報  2020/10/03 TOP
使用済み核燃料再処理事業の実施主体を担う国の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は2日、井上茂理事長(70)が退任し、後任に東北電力顧問の佐藤敏秀氏(66)を充てる人事を内定したと発表した。(後略)

 
[2020_09_30_06]
反核の県内外6団体 原燃に質問状提出 東奥日報  2020/09/30 TOP

 
[2020_09_28_01]
北海道寿都町「文献調査の受け入れ検討」について 山崎久隆 たんぽぽ  2020/09/28 TOP
8月31日、高レベル放射性廃棄物の最終処分場について、北海道寿都町が立地調査の第1段階である文献調査の受け入れを検討していることが明らかになった。(後略)

 
[2020_09_22_01]
リニア新幹線建設の残土と核のゴミ六ヶ所村に押し付けられるのか 鎌田慧 東京新聞  2020/09/22 TOP
山梨県都留市の見学センターで、リニア新幹線が目の前を疾走するのを眺めたことかある。時速500キロ、風のように通り過ぎた、と思いきやすぐまた引き返してくるのが不思議だった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 26 >  記事番号[126]〜[130] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_09_19_06]
再処理運転業務 原燃「地元発注」 県議会に説明 東奥日報  2020/09/19 TOP

 
[2020_09_10_02]
査察用ワイヤ破断 規制庁が厳重注意 原燃・再処理工場 東奥日報  2020/09/10 TOP

 
[2020_09_10_01]
再処理工場完工延期 六ケ所村議会に説明 原燃社長ら 東奥日報  2020/09/10 TOP

 
[2020_09_08_04]
中間貯蔵 現状と課題 佐藤正知北大名誉教授に聞く 多分野の技術者が監視を 東奥日報  2020/09/08 TOP

 
[2020_09_06_02]
中間貯蔵 現状と課題 乾式」施設 震災時も安全機能維持 保管「永久化」に警戒感 東奥日報  2020/09/06 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 27 >  記事番号[131]〜[135] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_09_04_09]
三村知事 核燃サイクル協「延期」 首相退陣で早期開催断念 東奥日報  2020/09/04 TOP

 
[2020_09_04_08]
中間貯蔵 現状と課題誘致 財政難打開の切り札 交付金、寄付を見込む 東奥日報  2020/09/04 TOP

 
[2020_09_04_07]
中間貯蔵 現状と課題「第2再処理」 搬出先の議論進まず 「核燃料置き去り」懸念も 東奥日報  2020/09/04 TOP

 
[2020_09_04_06]
むつ中間貯蔵施設の操業反対!規制委の合格おかしい 中道雅史 たんぽぽ  2020/09/04 TOP
◎原子力規制委員会は9月2日、青森県むつ市のリサイクル燃料貯蔵(RFS)が運営する使用済み核燃料中間貯蔵施設が、(核燃サイクル)新規制基準に適合すると認める「審査書案」を了承した。(後略)

 
[2020_09_04_04]
社説:中間貯蔵「合格」 核ごみ議論ごまかさず 京都新聞  2020/09/04 TOP
「一時的な保管」で済むのだろうか。原発から出る使用済み核燃料を再処理するまでの間保管する中間貯蔵施設(青森県むつ市)が原子力規制委員会の審査に事実上、合格した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 28 >  記事番号[136]〜[140] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_09_03_07]
中間貯蔵「合格」 規制委 原発敷地外で国内初 審査書案了承 東奥日報  2020/09/03 TOP

 
[2020_09_02_07]
原燃・増田社長 設公認申請「予定通り来月」 六ケ所再処理工場の完工 東奥日報  2020/09/02 TOP

 
[2020_09_02_04]
青森・むつの中間貯蔵施設 安全基準「適合」 原発敷地外で初 規制委 毎日新聞  2020/09/02 TOP
(前略)周辺の八雲町、長万部町、今金町、せたな町の首長4人が2日、寿都町の片岡春雄町長と面会し、「北海道は農業・漁業など1次産業が基本でイメージが損なわれる。性急な応募検討に反対する」と申し入れた。(後略)

 
[2020_09_01_05]
再処理工場認可審査 全体計画 「相当の改善必要」 規制委 東奥日報  2020/09/01 TOP

 
[2020_09_01_04]
22年度上半期の完成に自信 再処理工場、原燃社長 共同通信  2020/09/01 TOP
(前略)日本原燃の増田尚宏社長は1日、青森市で共同通信のインタビューに応じ、工場の完成目標について「2022年度上半期は高望みではなく現実的な数字だ」と自信を示した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 29 >  記事番号[141]〜[145] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_08_27_09]
青森県が核燃料サイクル協議会の開催要請/10年間「空白」 経産省「調整する」 東奥日報  2020/08/27 TOP
柏木司副知事は26日、東奥日報取材に、知事ら県幹部と関係閣僚が意見を交わす「核燃料サイクル協議会」の開催を経済産業省に要請したことを明らかにした。(後略)

 
[2020_08_27_08]
高レベル貯蔵 正式合格 原燃、11月再開目指す 六ケ所 東奥日報 2020/08/27 TOP

 
[2020_08_27_06]
完工21年度上期に延期 原燃高レベル貯蔵 耐震工事に時間 東奥日報 2020/08/27 TOP

 
[2020_08_27_05]
完工21年度上期に延期/原燃・高レベル貯蔵センター(六ケ所) 耐震工事に時間 東奥日報  2020/08/27 TOP
日本原燃は26日、海外返還のガラス固化体を一時保管している高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター(六ケ所村)の完工(安全対策工事の完了)時期を、今年11月から「2021年度上期」に延期すると発表した。(後略)

 
[2020_08_26_04]
「北海道寿都を呼び水に」の思惑 梶山経産相、不安払拭に躍起 核ごみ発言 道新  2020/08/26 TOP
(前略)後志管内寿都町が文献調査への応募を検討していることを巡り、梶山弘志経済産業相が25日の閣議後会見で知事の同意なく先の調査に進まないことを断言したのは、地域住民らの不安を払拭(ふっしょく)する狙い。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 30 >  記事番号[146]〜[150] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_08_25_06]
核燃サイクル撤退を ピースサイクル 六ヶ所村に要請 東奥日報 2020/08/25 TOP

 
[2020_08_25_05]
MOX工場補正提出 規制委に原燃 東奥日報 2020/08/25 TOP

 
[2020_08_24_07]
核のごみ処分 根本から見直すべきだ 東京新聞  2020/08/24 TOP
高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定に手を挙げそうな北海道寿都町。町内に不安が広がり、道や隣接自治体との亀裂も深まっている。巨額の交付金で誘致を促す手法。このままでいいのだろうか。(後略)

 
[2020_08_23_04]
「核のごみ」最終処分地を拒否 青森の有志が県民の会結成 河北新報  2020/08/23 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を巡り、使用済み核燃料再処理工場が立地する青森県を最終処分地にさせないよう、県内有志は22日、「条例制定を求める県民の会」を結成した。(後略)

 
[2020_08_21_11]
青森県からの満州国移民 実数2万2100人/林業1万3123人 下北が9割 東奥日報  2020/08/21 TOP
1932(昭和7)年に建国された満州国(現中国東北部)には、45年の終戦までに多くの日本人移民が入植した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 31 >  記事番号[151]〜[155] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_08_21_08]
日本原燃、再処理工場の完成時期を1年先送り…延期は25回目 読売新聞  2020/08/21 TOP
日本原燃は21日、使用済み核燃料再処理工場(青森県六ヶ所村)の完成時期を、2022年度上期に1年延期すると発表した。(後略)

 
[2020_08_21_07]
核燃料再処理工場、完成1年延期 日本原燃、22年上半期へ 共同通信  2020/08/21 TOP
日本原燃(青森県六ケ所村)は21日、取締役会を開き、同村に建設中の使用済み核燃料再処理工場の完成目標を2021年度上半期から22年度上半期へ1年延期すると決めた。(後略)

 
[2020_08_21_02]
再処理工場の完成1年延期 NHK  2020/08/21 TOP
六ヶ所村にある原発から出る使用済み核燃料の再処理工場について、事業者の日本原燃は完成時期を1年延期し、再来年度上期とすることを決めました。(後略)

 
[2020_08_20_07]
六ケ所再処理工場 審査に合格したけれど… 日本は既にプルトニウムを大量保有、これ以上必要? 47NEWS  2020/08/20 TOP
(前略)原子力規制委員会の新規制基準に基づく審査に合格した。操業に向けた大きなハードルを越えたが、安全対策工事の審査は今後も続き、本格稼働の時期はまだ見通せない。(後略)

 
[2020_08_15_02]
共同通信アンケート 高レベル最終処分場受け入れ 本県など23道府県 否定的 法成立20年、選定進まず 東奥日報 2020/08/15 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 32 >  記事番号[156]〜[160] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_08_13_06]
六ヶ所再処理工場 審査やり直し要請 廃棄物阻止実行委 東奥日報 2020/08/13 TOP

 
[2020_08_12_01]
再処理完工1年延期 原燃 22年度上期で調整 東奥日報  2020/08/12 TOP

 
[2020_08_08_04]
研磨作業が不十分 シート誤用も判明 原燃、火災原因公表 東奥日報  2020/08/08 TOP

 
[2020_08_07_02]
若手の成長が「財産」 原燃再処理工場 審査責任者の越智氏 事故対策で安心感醸成 東奥日報  2020/08/07 TOP

 
[2020_08_06_04]
経産相 一問一答 「地域の雇用、産業支える」 再処理の利点強調 東奥日報  2020/08/06 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 33 >  記事番号[161]〜[165] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_08_03_04]
[インタビュー]「原発汚染水、ひとまず地上のタンク保管が最も現実的で安全」 ハンギョレ新聞  2020/08/03 TOP
松久保肇・日本原子力資料情報室事務局長原発周辺の広大な土地を活用すべきタンクに入れた後、コンクリートで固める案も日本国民も同意しない(後略)

 
[2020_08_02_03]
核燃サイクル Q&A解説(4) 総事業費13.9兆円 原資電気代 負担増も 東奥日報  2020/08/02 TOP

 
[2020_07_31_06]
核燃サイクル Q&A解説(2) 原発と異なる事故想定 審査の長期化懸念 東奥日報  2020/07/31 TOP

 
[2020_07_31_05]
審査合格 安全への信頼高まる 橋本勲さん 稼働させる理由ない 平野良一さん 東奥日報  2020/07/31 TOP

 
[2020_07_31_04]
再処理工場ガラス固化工程 「完工前に動作確認」 原燃社長 東奥日報  2020/07/31 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 34 >  記事番号[166]〜[170] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_07_31_01]
女川2号機、宮城知事ら視察立ち会い「重要な機会」 東北電社長会見で 河北新報  2020/07/31 TOP
東北電力の樋口康二郎社長は30日の定例記者会見で、再稼働を目指す女川原発2号機(宮城県女川町、宮城県石巻市)を巡り、8月6日に予定される村井嘉浩宮城県知事、須田善明女川町長、亀山紘石巻市長の現地視察に立ち会う意向を明らかにした。(後略)

 
[2020_07_30_09]
一問一答 目標「今変える必要ない」 原燃・増田社長 21年度完工「容易でない」 規制委・更田委員長 東奥日報  2020/07/30 TOP

 
[2020_07_30_08]
再処理工場 規制委審査書要旨 東奥日報  2020/07/30 TOP

 
[2020_07_30_07]
識者談話 再処理の意義大きい 奈良林直 サイクルの矛盾 凝縮 上澤千尋・原子力資料情報室安全問題担当 東奥日報  2020/07/30 TOP

 
[2020_07_29_06]
再処理工場 正式合格 規制委、審査書を決定 完工時期は不透明 東奥日報  2020/07/29 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 35 >  記事番号[171]〜[175] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_07_29_04]
再処理工場審査書決定に抗議する・たんぽぽ舎声明 たんぽぽ  2020/07/29 TOP
日本原燃(以下、原燃)再処理事業所における再処理事業の変更許可について、規制委員会(以下、規制委)は変更許可案を決定した。これにより形式的には再処理工場の操業が可能となる設置変更が許可された。(後略)

 
[2020_07_29_03]
減らないプルトニウムに懸念 「消費先」プルサーマル進まず 時事通信  2020/07/29 TOP
再処理工場で使用済み核燃料から取り出されるプルトニウムは核兵器の原料にもなり得るため、必要量以上の保有は許されない。(後略)

 
[2020_07_29_02]
六ヶ所再処理工場 正式合格(青森県) RAB青森放送  2020/07/29 TOP
六ヶ所再処理工場が原子力規制委員会の適合審査に正式に合格しました。これで6年半にわたる審査が終わり操業に向け一歩前進しました。(後略)

 
[2020_07_29_01]
共同声明 六ヶ所再処理工場の許可に抗議する 核燃サイクル阻止  2020/07/29 TOP
本日、原子力規制委員会は、日本原燃が青森県六ヶ所村で建設中の再処理工場の事業指定変更申請に許可を下した。私たちはこれに強く抗議する。(後略)

 
[2020_07_28_05]
MOX工場 安全対策 原燃、説明一通り終了 規制委「大きな論点ない」 東奥日報  2020/07/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 36 >  記事番号[176]〜[180] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_07_22_05]
「原燃資格ない」県議会委で批判 再処理工場不適切保管 東奥日報  2020/07/22 TOP

 
[2020_07_17_02]
六ヶ所再処理工場で高レベル廃棄物「放置」 それでも規制基準は満たすから 原子力規制委員長−「合格」に支障なし? 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表) たんぽぽ  2020/07/17 TOP
◎六ヶ所再処理工場の新規制基準適合性審査が「パブコメ」も終わり、今月中に「決定」する見通しだそうです。(後略)

 
[2020_07_17_01]
核燃料再処理、29日にも合格 六ケ所村、規制委会合で議論へ 東京新聞  2020/07/17 TOP
原子力規制委員会は17日、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の審査合格証となる「審査書」について、29日の定例会合で議論するとの見通しを示した。(後略)

 
[2020_07_16_06]
再処理工場 不適切保管 原燃の是正遅れ批判 規制委員長 審査合格に影響なし 東奥日報  2020/07/16 TOP

 
[2020_07_16_01]
原燃六ケ所再処理工場 放射性廃棄物の管理不備 赤旗  2020/07/16 TOP
(前略)高レベル放射性廃棄物を含む廃棄物が長期にわたり不適切な管理が続けられ、原子力規制委員会に提出した是正措置計画もほとんど実施されていなかったことが、15日までに分かりました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 37 >  記事番号[181]〜[185] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_07_15_07]
核燃料の再処理工場 災害や事故に備えた対策工事公開 青森 NHK  2020/07/15 TOP
本格操業を目指している青森県にある使用済み核燃料の再処理工場で、災害や事故に備えた対策工事の様子が公開されました。(後略)

 
[2020_07_15_03]
六ヶ所村再処理工場“最速来週"正式合格か 日テレ  2020/07/15 TOP
原発で使った核燃料を再処理する、青森県の六ヶ所再処理工場について、原子力規制委員会の更田委員長は、早ければ来週にも新しい規制基準に正式合格したことを判断する見通しを示しました。(後略)

 
[2020_07_15_01]
核燃料再処理工場 今月中にも正式合格の見通し 原子力規制委 NHK  2020/07/15 TOP
青森県にある再処理工場の本格操業の前提となる審査の正式合格を判断する時期について原子力規制委員会の更田豊志委員長は、15日の記者会見で「作業は順調に進んでいる。(後略)

 
[2020_07_14_07]
原燃再処理工場 廃棄物を不適切管理 最長19年、高レベルも 是正進んでいるかと 東奥日報  2020/07/14 TOP

 
[2020_07_14_06]
懲りない原子力政策 青森県六ヶ所村核燃料再処理工場は廃止すべき 鎌田 慧(ルポライター) 東京新聞  2020/07/14 TOP
声を大きくして言うしかない。わが故郷・青森県に建設されている、県内最大の工場のことだ。建設開始から27年たったが、竣工式はまだ一度も行われていない。竣工しないからだ。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 38 >  記事番号[186]〜[190] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_07_13_04]
原燃、放射性廃棄物を不適切保管 再処理工場で19年間、高線量も 東京新聞  2020/07/13 TOP
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)で、過去の試験運転で発生した放射性廃棄物が最長で約19年間、所定外の場所に置いたままになるなど不適切に扱われている(後略)

 
[2020_07_09_04]
再処理中止働き掛けを 反核実行委、県へ要望 署名活動に合わせ 東奥日報  2020/07/09 TOP

 
[2020_07_03_04]
再処理敷地内でごみ運搬車火災 NHK  2020/07/03 TOP
3日朝、六ヶ所村にある再処理事業所の敷地内で、ごみなどを運搬するトラックのエンジンルームの一部が燃える火事がありましたが、火はすぐに消し止められ、けが人はいませんでした。(後略)

 
[2020_07_02_07]
再処理工場敷地内で作業員のけが相次ぐ 青森朝日放送  2020/07/02 TOP
1カ月半で作業員6人がけがをしています。六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場の敷地内で1日、60代の男性作業員が足場から転落し、足の骨を折るけがをしました。(後略)

 
[2020_07_02_06]
経産相「再処理完工極めて重要」 東奥日報  2020/07/02 TOP
梶山弘志経済産業相は1日、安全審査の正式合格が近づいている日本原燃・六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)を視察した。幹部、社員ら約100人に行った訓示では「政府としては核燃料サイクルの方針を堅持していく。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 39 >  記事番号[191]〜[195] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_06_30_09]
破綻した「核燃料サイクル」先延ばし「乾式貯蔵」を容認するな! トラブル続き四国電力にヒノマル原発「乾式貯蔵」を認めると40年後にどうなる? 原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その227 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク) たんぽぽ  2020/06/30 TOP
(前略)規制委は四国電力が提案した使用済燃料「乾式貯蔵」施設設置を認めることを確認し、初の乾式貯蔵なのでとパブリックコメント募集を開始した。(後略)

 
[2020_06_30_03]
最終試運転 再計画せず/再処理工場 東奥日報  2020/06/30 TOP
(前略)原燃は29日の審査会合で、2013年までにほぼ終了したアクティブ試験(最終試運転)について、完工前に必要な使用前事業者検査であらためて実施する計画はないとの見解を示した。(後略)

 
[2020_06_29_02]
鋼鉄製の台が接触 作業員けが NHK  2020/06/29 TOP
六ヶ所村にある使用済み核燃料の再処理工場で26日、重さおよそ700キロの鋼鉄製の台が動いて、20代の男性作業員に接触し、作業員が足を打つけがをしました。(後略)

 
[2020_06_27_04]
使用済み核燃料の再処理工場 意見公募に心配や慎重な声 青森 NHK  2020/06/27 TOP
青森県にある使用済み核燃料の再処理工場について、原子力規制委員会が行ったパブリックコメントには700を超える意見が寄せられ、事故のリスクや政策の課題などを指摘する声が多かったということです。(後略)

 
[2020_06_26_07]
再処理工場 設公認全体計画 来月にも 原燃、規制側の説明後に 東奥日報  2020/06/26 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 40 >  記事番号[196]〜[200] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_06_26_02]
次世代にツケ「使用済みMOX燃料」という新たな矛盾 毎日新聞  2020/06/26 TOP
核燃料サイクルは、原発から出た使用済み核燃料を青森県六ケ所村の日本原燃の工場で再処理し、取り出したウランとプルトニウムを「ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料」に加工して、既存の原発で「プルサーマル発電」として使う(後略)

 
[2020_06_24_08]
知事と鹿内県議は「良い関係」? 核燃サイクル巡り応酬 東奥日報  2020/06/24 TOP

 
[2020_06_24_07]
六ケ所再処理工場 事業費20億円増額 4年連続 東奥日報  2020/06/24 TOP

 
[2020_06_24_03]
伊方原発「乾式貯蔵施設」計画 原子力規制委員会で了承【愛媛】 テレビ愛媛  2020/06/24 TOP
伊方原発の敷地のなかで使用済み核燃料を保管する「乾式貯蔵施設」の設置計画が、原子力規制委員会で24日に了承されました。(後略)

 
[2020_06_16_08]
再処理工場パブリックコメント 応募低調 760件 規制委審査「内容複雑?」 東奥日報  2020/06/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 41 >  記事番号[201]〜[205] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_06_16_07]
核燃再処理工場稼働「国のエネルギー基本計画と整合」経産相 毎日新聞  2020/06/16 TOP
原子力規制委員会は16日、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の安全審査で国の新規制基準に事実上適合しているとした判断について、梶山弘志経済産業相に意見を求めたところ「異存はない」との回答があったと明らかにした。(後略)

 
[2020_06_12_02]
六ヶ所村、核燃再処理工場ゴーサインに疑問符 航空機墜落事故の評価と対策は甘すぎる 岡田広行 東洋経済  2020/06/12 TOP
原子力発電所で発生した使用済み核燃料を再処理する工場は、日本が国策として推進する核燃料サイクルの要だ。(後略)

 
[2020_06_11_05]
完工目標「安易に変えない」 再処理巡り原燃社長 六ケ所村議会に説明 東奥日報  2020/06/11 TOP

 
[2020_06_10_07]
六ケ所再処理の凍結 核燃政策見直し要請 脱原発団体、経産省に 東奥日報  2020/06/10 TOP

 
[2020_06_10_01]
六ヶ所再処理工場パブコメをやり直せ 原燃資料表示不備、「核のゴミ」どこに記載? 木村雅英 たんぽぽ  2020/06/10 TOP
原子力規制委員会は、5月13日(水)の緊急事態宣言下の傍聴無し、定例会議で火事場泥棒の様に「日本原燃株式会社再処理事業所再処理事業変更許可申請書」の合格案を認め、今パブコメ募集中である。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 42 >  記事番号[206]〜[210] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_06_06_04]
核燃料サイクル政策「米で道理合わず」 担当官、見解の相違示唆 東奥日報  2020/06/06 TOP

 
[2020_06_04_02]
使用済み核燃料再処理工場 安全審査「努力しないと数年」規制委委員長が長期化示唆 毎日新聞  2020/06/04 TOP
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の安全審査について、原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は3日の定例記者会見で「原燃と規制委双方が努力しないと数年オーダー」と述べ、審査次第で長期化する可能性があるとの考えを示した。(後略)

 
[2020_06_03_06]
MOX工場 安全対策確認 県懇話会 オンラインで専門家会合 東奥日報  2020/06/03 TOP

 
[2020_06_03_05]
サイクル協議会 「しかるべき時期に要求」 再処理工場「合格」で知事 東奥日報  2020/06/03 TOP

 
[2020_06_02_04]
原子力委が六ヶ所再処理の平和利用担保を「妥当」、規制委審査の意見照会で 原子力産業新聞  2020/06/02 TOP
原子力委員会は6月1日、原子力規制委員会より新規制基準適合性審査の中で意見を求められていた日本原燃六ヶ所再処理工場(青森県六ヶ所村)で行われる事業の平和利用の担保について、「妥当」とする答申を決定した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 43 >  記事番号[211]〜[215] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_06_02_03]
再処理工場「合格」妥当 原子力委 規制委の判断追認 東奥日報  2020/06/02 TOP

 
[2020_05_30_05]
サイクル事業受け入れ 県に「同意取り消しを」 県反核実行委 東奥日報  2020/05/30 TOP

 
[2020_05_30_04]
再処理工場「全体の工程精査」 原燃 来年度上期完工は堅持 東奥日報  2020/05/30 TOP

 
[2020_05_29_03]
核燃再処理工場 もはや合理性がない 東京新聞  2020/05/29 TOP
原子力規制委員会が、国の核燃料サイクルの重要拠点である再処理工場に、規制適合との判断を示した。だが、そのことに本質的な意味はない。核燃料計画そのものが、すでに破綻しているからだ。(後略)

 
[2020_05_21_05]
曲折の6年 再処理「合格」 (7)激変 核燃サイクル混迷 稼働制限の可能性も 東奥日報  2020/05/21 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 44 >  記事番号[216]〜[220] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_05_20_04]
曲折の6年 再処理「合格」 (6)地元は 工事増で活性化期待 安全性の懸念消えず 東奥日報  2020/05/20 TOP

 
[2020_05_20_03]
六ケ所再処理分含むプルトニウム 「時間かけて消費可能」 経産省 サイクル撤退検討せず 東奥日報  2020/05/20 TOP

 
[2020_05_18_04]
曲折の6年 再処理「合格」 (5)地震審査 断層評価慎重に 追加調査求める声も 東奥日報  2020/05/18 TOP

 
[2020_05_18_02]
六ヶ所再処理の「事実上合格」で「死のサイクル」を復活するな たんぽぽ  2020/05/18 TOP
原子力規制委員会は、5月13日(水)の緊急事態宣言下の傍聴無し定例会議で「日本原燃株式会社再処理事業所再処理事業変更許可申請書」の合格案を認めた。(後略)

 
[2020_05_17_01]
曲折の6年 再処理「合格」 (4)設備審査 不安残る事故対応 自覚、理解不足が露見 東奥日報  2020/05/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 45 >  記事番号[221]〜[225] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_05_16_02]
再処理「合格」に抗議 県反核実行委 東奥日報  2020/05/16 TOP

 
[2020_05_16_01]
曲折の6年 再処理「合格」 (3)長期化 互いに「試行錯誤」 序盤で議論立ち往生 東奥日報  2020/05/16 TOP

 
[2020_05_15_04]
曲折の6年 再処理「合格」 (2)トラブル 安全意識に「甘さ」 原燃、改善活動道半ば 東奥日報  2020/05/15 TOP

 
[2020_05_15_03]
社説:核燃再処理工場 破綻認め政策の転換を 京都新聞  2020/05/15 TOP
日本原燃が建設中の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の安全対策が、原子力規制委員会の審査に事実上合格した。政府が推進する「核燃料サイクル政策」の中核施設であり、合格は稼働に向けた一歩となる。(後略)

 
[2020_05_14_12]
曲折の6年 再処理「合格」 (1)悲願 出発点 高揚感なし 稼働時期見通せず 東奥日報  2020/05/14 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 46 >  記事番号[226]〜[230] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_05_14_11]
規制委に抗議文 県内外7団体 東奥日報  2020/05/14 TOP

 
[2020_05_14_10]
東通、大間原発「対応が必要」 国の地震想定で規制委 東奥日報  2020/05/14 TOP

 
[2020_05_14_09]
東京大大学院教授 山口彰氏 安定操業が最大の使命 長崎大教授 鈴木達治郎氏 「第二のもんじゅ」化懸念 東奥日報  2020/05/14 TOP

 
[2020_05_14_08]
14兆円政策に利点なし 核燃再処理工場が新基準「適合」 東京新聞  2020/05/14 TOP
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場は稼働へのハードルを一つ越えた。だが、再処理を要とする政府の「核燃料サイクル政策」は破綻しており、工場稼働の利点はない。(後略)

 
[2020_05_14_07]
「前例なく手探り」 規制委・更田委員長一問一答 再処理工場「合格」 河北新報  2020/05/14 TOP
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場が新規制基準の適合性審査に事実上「合格」したことに関し、原子力規制委員会の更田豊志委員長は13日の記者会見で「前例がなく、手探りだった」と審査が長期化した理由を述べた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 47 >  記事番号[231]〜[235] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_05_14_03]
韓国は不可能だが日本は核燃料再処理で前進…工場内の安全審査「合格」 中央日報  2020/05/14 TOP
日本原子力規制委員会が13日、日本原燃が運営する青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場に対する安全対策審査で事実上の合格判定に該当する「審査書案」を処理したと、日本経済新聞など日本メディアが一斉に報じた。(後略)

 
[2020_05_14_01]
原爆6000発分保有するが…プルトニウムをまた抽出するという日本 中央日報  2020/05/14 TOP
日本の原子力規制委員会が13日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場に対する安全対策審査で事実上の合格判定を出したことをめぐり、日本メディアは14日、「再処理工場は必要なのか」という本質的な疑問を投げかけた。(後略)

 
[2020_05_13_08]
再処理「審査書案」審議 全国210団体が中止要望 規制委に 東奥日報  2020/05/13 TOP

 
[2020_05_13_07]
規制委 再処理工場審査「合格」 申請から6年4カ月 東奥日報  2020/05/13 TOP

 
[2020_05_13_06]
青森・六ケ所村 核燃再処理 新基準「適合」 規制委了承 稼働は見通せず 東京新聞  2020/05/13 TOP
原子力規制委員会は十三日の定例会合で、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の事故対策が新規制基準に適合しているとする「審査書案」を了承した。本格稼働の前提となる新基準に事実上適合した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 48 >  記事番号[236]〜[240] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_05_13_05]
再処理工場の審査手探り、長期化6年超 特有の論点次々 時事通信  2020/05/13 TOP
日本原燃が使用済み核燃料再処理工場の稼働に必要な審査を原子力規制委員会に申請したのは2014年1月。審査実績がある通常の原発と違い、海外でもあまり例がない再処理工場の審査は規制委、原燃双方が手探りの状態から始まった。(後略)

 
[2020_05_13_03]
再処理工場「合格」、首長歓迎 薄い関心、嘆く反対派 青森・六ケ所村 時事通信  2020/05/13 TOP
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場について、原子力規制委員会が「新規制基準に適合」とする審査書案を了承したのを受け、立地する青森県六ケ所村の戸田衛村長は13日、「合格に向けて大きく前進した」などとするコメントを出した。(後略)

 
[2020_05_13_01]
21年度上期完工「不可能」 再処理工場で規制庁 東奥日報  2020/05/13 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は13日、日本原燃・六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)の安全審査を事実上合格とした会合後の記者会見で、今後控える工事認可の審査や完成前の検査を念頭に「極めて長い時間がかかる懸念を持っている」と述べた。(後略)

 
[2020_05_11_04]
六ケ所・高レベル廃棄物貯蔵センター 審査終盤 近づく「合格」 原燃、11月操業再開目指す 東奥日報  2020/05/11 TOP

 
[2020_05_11_02]
再処理工場合格へ13日に議論 規制委、核燃サイクルの中核施設 共同通信  2020/05/11 TOP
原子力規制委員会は11日、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)が新規制基準に適合しているとする「審査書案」を、13日の定例会合で議論すると発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 49 >  記事番号[241]〜[245] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_05_01_06]
新型コロナ対策で原発を止めず、保安活動を手抜きし 「新検査制度」を弾力的事業者任せ たんぽぽ  2020/05/01 TOP
原子力規制委員会は、新型コロナ対策に力を入れていて、テレワークを進め、規制委定例会議も隔週に間引き、傍証を排除している。(後略)

 
[2020_04_22_05]
県内原子力施設 事業者想定超えず 東奥日報  2020/04/22 TOP

 
[2020_04_21_08]
原発の浸水深さ示さず M9地震津波想定 「地元と調整必要」 東京新聞  2020/04/21 TOP
内閣府の有識者会議が二十一日に公表した日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震に伴う津波想定では、各地の原子力施設が浸水する深さなど具体的なデータは示されなかった。(後略)

 
[2020_04_15_03]
規制委が再々提出要請 再処理工場補正書 原燃不備に苦言 東奥日報  2020/04/15 TOP

 
[2020_04_14_03]
再処理工場審査、最終補正を提出 東奥日報  2020/04/14 TOP
日本原燃は13日、六ケ所再処理工場の事業変更許可申請に関する補正書を原子力規制委員会に再提出した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 50 >  記事番号[246]〜[250] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_04_06_01]
宗教者らが再処理工場の稼働差し止め求め提訴 週刊金曜日  2020/04/06 TOP
仏教、キリスト教、神道など宗教を超えた全国の宗教者と信仰者211人が原告となり、日本原燃株式会社の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ヶ所村)が稼働しないよう求める訴えを3月9日、東京地裁に起こした。(後略)

 
[2020_04_02_02]
六ケ所再処理工場安全審査 大型連休前「合格」も 規制委 東奥日報  2020/04/02 TOP

 
[2020_03_31_05]
原燃・六ケ所再処理工場 補正書 来月上旬提出 東奥日報  2020/03/31 TOP

 
[2020_03_31_03]
原子力規制委員会はプルサーマル発電を止めるべき 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク) たんぽぽ  2020/03/31 TOP
プルサーマル発電の危険性と規制委の審査の重要性を高浜を例に「その149」(2017年11月10日)で述べた。しかしながら、その後も原子力規制委員会は次々にプルサーマル発電をも容認する合格を出している。(後略)

 
[2020_03_30_01]
補正書を4月にも再提出 原燃 NHKWEB  2020/03/30 TOP
日本原燃は、六ヶ所村にある使用済み核燃料の再処理工場の安全審査で、主要な審議が終わったことを受けて提出した書類について、国の原子力規制委員会から書類の不備を新たに指摘され、4月上旬にも再提出する考えを示しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 51 >  記事番号[251]〜[255] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_03_27_10]
原燃への委託費 4662億円に 再処理機構 東奥日報  2020/03/27 TOP

 
[2020_03_27_08]
規制委、補正書修正58カ所 再処理工場安全審査 東奥日報  2020/03/27 TOP

 
[2020_03_24_08]
規制委 原発耐震基準 強化へ 未知の震源再評価求める 東奥日報  2020/03/24 TOP

 
[2020_03_23_01]
柏崎市長 「経年累進課税」制度の条例案提出(新潟県) TENYテレビ新潟  2020/03/23 TOP
柏崎市の桜井市長は23日、柏崎刈羽原発の使用済み核燃料への課税額が保管期間の長さに応じて増えていく「経年累進課税」制度の条例案を市議会に提出した。柏崎市議会では4月20日ごろまでに採決したい考えだ。(後略)

 
[2020_03_22_01]
溶接作業中にビニール燃える 原燃、漏えいなし 東奥日報  2020/03/22 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 52 >  記事番号[256]〜[260] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_03_20_06]
原燃会長に池辺氏 東奥日報  2020/03/20 TOP

 
[2020_03_20_04]
再処理工場 補正書再提出求める 規制委「不備相当ある」 東奥日報  2020/03/20 TOP

 
[2020_03_14_06]
勝野会長が退任 日本原燃 東奥日報  2020/03/14 TOP

 
[2020_03_14_05]
原燃・再処理工場安全審査 規制委に補正書提出 東奥日報  2020/03/14 TOP

 
[2020_03_07_01]
「テロ対策は不十分」核燃訴訟で原告主張 青森地裁 東奥日報  2020/03/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 53 >  記事番号[261]〜[265] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_03_06_02]
火山の巨大噴火前兆は「定義困難」 原発の停止基準見送り 原子力規制委 毎日新聞  2020/03/06 TOP
原子力規制委員会は6日、火山の巨大噴火に備えた原発の対処法を議論する部会を開き、報告書をまとめた。(後略)

 
[2020_02_28_04]
補正書提出「3月中旬」 原燃再処理 目標半月先送り 東奥日報  2020/02/28 TOP

 
[2020_02_23_02]
原燃・再処理工場ガラス固化技術 運転長期停止で経験者減 東奥日報  2020/02/23 TOP

 
[2020_02_22_08]
操業への道のり遠く 遅れれば他施設に影響も 東奥日報  2020/02/22 TOP

 
[2020_02_22_07]
再処理安全審査 最終盤も「合格」視界不良 「原燃対応 信頼度薄い」 東奥日報  2020/02/22 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 54 >  記事番号[266]〜[270] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_02_20_08]
更田規制委員長、六ヶ所再処理工場他の「審査書案」取りまとめ見通しを述べる 原子力産業新聞  2020/02/20 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は、2月19日の定例記者会見で、大詰めを迎えている日本原燃の六ヶ所再処理工場などの新規制基準適合性審査の状況について質疑に応じた。(後略)

 
[2020_02_16_01]
国内の全原発を「廃炉に」 脱原発求める首長らが声明 共同通信  2020/02/16 TOP
脱原発を求める全国の市区町村長やその経験者らでつくる「脱原発をめざす首長会議」は16日、福井県敦賀市で記者会見し、核燃料サイクルを柱とする原子力政策を見直し、国内の全原発を廃炉にするよう求める緊急声明を発表した。(後略)

 
[2020_02_13_02]
核燃料サイクル施設 事故時避難は南へ(青森県) RAB青森放送  2020/02/13 TOP
5キロ圏内の住民は村の南側に避難することになります。県は六ヶ所村の核燃料サイクル施設で重大事故が起きた場合に備え、住民の避難について基本的な考え方をまとめました。(後略)

 
[2020_02_06_08]
建屋の排風機故障 原燃、保安規定違反 規制庁検査結果 東奥日報  2020/02/06 TOP

 
[2020_01_31_01]
裁判官自らが語った「原発停止を決めるまで」その恐るべき苦悩と葛藤 現代ビジネス  2020/01/31 TOP
裁判官。日本の中枢にいる彼らの生態について、私たちはほとんど知らない。彼らは普段、何を考え、何を求め、何に悩んでいるのか――。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 55 >  記事番号[271]〜[275] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2020_01_25_06]
原発政策議論 リスクないがしろ 電力供給、産業、立地に力点 明大教授分析 東京新聞  2020/01/25 TOP
(前略)議事録の発言を分析すると、自然災害や事故、原発から出る放射性廃棄物などの議論が乏しく、テーマが偏っていたとの研究結果を、勝田忠広明治大教授(原子力政策)がまとめた。(後略)

 
[2019_12_25_05]
六ケ所再処理工場の事故時 5キロ圏住民 南方に避難 県、基本的考え方提示 東奥日報  2019/12/25 TOP

 
[2019_12_21_04]
六ケ所再処理工場の安全審査 断層関連、規制委「妥当」 東奥日報  2019/12/21 TOP

 
[2019_11_20_02]
原子力規制委、九電玄海原発の核燃料プール増強を許可 毎日新聞 2019/11/20 TOP
原子力規制委員会は20日、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の核燃料プールに保管する使用済み核燃料の間隔を詰める工事の計画を正式に許可した。「リラッキング」と呼ばれ、全体の保管容量を増やす目的がある。(後略)

 
[2019_11_18_02]
福島第1汚染処理水 25年処分開始なら16万トン分タンク不足 東電が試算 毎日新聞 2019/11/18 TOP
東京電力福島第1原発の敷地内の貯蔵タンクにたまり続けている汚染処理水について、東電は18日、2025年以降に処分し始めた場合、時期によって約16万〜66万トン分のタンクが不足するという試算結果を初めて明らかにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 56 >  記事番号[276]〜[280] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_11_18_01]
<佐賀県民世論調査>玄海原発運転継続、反対46.5% 賛成44.6% 2年ぶり賛否逆転 佐賀新聞 2019/11/18 TOP
佐賀新聞社が実施した県民世論調査で、2018年3〜6月に再稼働した玄海原発(東松浦郡玄海町)3、4号機の運転継続に対する考え方を尋ねたところ、反対46・5%、賛成44・6%で、2年ぶりに反対が賛成を上回った。(後略)

 
[2019_11_13_01]
田中俊一<日本の原発はこのまま「消滅」へ>と 島崎邦彦<葬られた津波対策…> たんぽぽ舎 2019/11/13 TOP
田中俊一前原子力規制委員長が月刊「選択」11月号の巻頭インタビュー<日本の原発はこのまま「消滅」へ>はなかなか強烈だ。(後略)

 
[2019_11_12_01]
「核のごみ、最終処分地にしないで」青森県知事が経産相に要請 河北新報 2019/11/12 TOP
三村申吾青森県知事は11日、経済産業省で梶山弘志経産相と会談し、県内を原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地としない確約を改めて求めた。(後略)

 
[2019_11_11_02]
経産相「推進方針に変わりない」 核燃料サイクル政策巡り 共同通信  2019/11/11 TOP
梶山弘志経済産業相は11日、青森県の三村申吾知事と経産省で会談し、原発の使用済み核燃料を再処理してウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料に加工し、再利用する「核燃料サイクル政策」について「推進する方針に変わりはない」(後略)

 
[2019_11_07_01]
進まぬ「最終処分地」選定 高レベル放射性廃棄物搬入開始から24年 NUMO 東奥日報  2019/11/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 57 >  記事番号[281]〜[285] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_11_01_03]
新基準「まとめ資料」今月中旬までに提出 原燃 東奥日報  2019/11/01 TOP

 
[2019_11_01_02]
資料改善を原燃に苦言 基本的理解足りない/責任者 自覚あるのか 規制庁、再提出を要求 東奥日報  2019/11/01 TOP

 
[2019_11_01_01]
部品誤発注、協力会社の指摘無視… 原燃 ミス重複「反省」 排風機故障の原因公表 東奥日報  2019/11/01 TOP

 
[2019_10_31_02]
99%体内に取り込まれるトリチウム水 たんぽぽ舎 2019/10/31 TOP
原発や使用済み核燃料再処理施設から世界中で大量に垂れ流されているトリチウムは、人体にどのような影響を与えるのか。トリチウムによる被ばくは無視出来るほど少ないのであろうか?。(後略)

 
[2019_10_25_05]
日本原燃会長に勝野氏 時事通信  2019/10/25 TOP
日本原燃(青森県六ケ所村)は25日、同社会長に電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)が就任したと発表した。岩根茂樹関西電力社長が自身を含む関電幹部らによる金品受領問題を受け、9日付で電事連と日本原燃の会長職を辞任したため。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 58 >  記事番号[286]〜[290] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_10_18_06]
核のごみ最終処分、青森県外を確認=三村知事が菅原経産相と会談 時事通信  2019/10/18 TOP
青森県の三村申吾知事は18日、菅原一秀経済産業相と経産省内で会談し、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地を青森県外とする従来の方針を確認した。菅原氏は会談で「青森県を最終処分地にしない約束を順守したい」と語った。(後略)

 
[2019_10_17_06]
原燃の資料提出 「審査時間左右」 規制委員長が見解 東奥日報  2019/10/17 TOP

 
[2019_10_17_04]
東電・福島第1原発処理水 他電力は見解表明を 規制委員長が問題提起 東奥日報  2019/10/17 TOP
 原子力規制委員会の更田豊志委員長は16日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発でたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水について、各地の原発でトリチウムを含む水を海に流している他の電力会社が見解を表明するべきだとの考えを示した。「東電を応援するのなら、放出基準の中身や福島での放出に同意できるかどうかなど、同業者として言ってもよいのでは」と述べた。

 
[2019_10_10_03]
関電の岩根社長 原燃会長を退任 東奥日報  2019/10/10 TOP

 
[2019_10_10_02]
規制委が追加調査指示 六ヶ所再処理工場 鷹架沼南岸の地層 東奥日報  2019/10/10 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 59 >  記事番号[291]〜[295] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_10_05_03]
「疑問は公開の場で議論」 六ヶ所再処理工場・出戸西方断層 規制委、現地調査を終了 東奥日報  2019/10/05 TOP

 
[2019_10_01_10]
原燃「完工時期守る」 再処理工場 社員を仏派遣へ 東奥日報  2019/10/01 TOP

 
[2019_10_01_02]
「襟正し臨む」関電・金品授領で原燃社長強調 河北新報  2019/10/01 TOP
関西電力の役員ら20人が高浜原発がある福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題で、青森県六ケ所村に使用済み核燃料再処理工場などを構える日本原燃の増田尚宏社長は9月30日、定例会見で「地元との信頼関係を損なうことのないように襟を正す必要がある」と述べた。(後略)

 
[2019_09_14_01]
対F35の防護設計 原告側が問題指摘 核燃サイクル訴訟 東奥日報  2019/09/14 TOP

 
[2019_09_05_07]
仕様外の部品 排風機に使用 再処理工場、停止原因 東奥日報  2019/09/05 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 60 >  記事番号[296]〜[300] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_08_27_05]
再処理事業「撤退を」 反核団体、県に要請 東奥日報  2019/08/27 TOP

 
[2019_08_26_04]
再処理工場 排風機故障 日本原燃 東奥日報  2019/08/26 TOP

 
[2019_08_19_01]
六ヶ所再処理工場 廃止求め緊急声明 「脱原発」首長会議 東奥日報  2019/08/19 TOP
 全国の市区町村長やその経験者らでつくる「脱原発をめざす首長会議」は18日、むつ市の「むつ来さまい館」で記者会見し、六ヶ所再処理工場の廃止を求める緊急声朋を発表した。文書を経済産業相宛てに提出する。

 
[2019_08_15_01]
青森で震度4の地震 北海道東部から東北南部も揺れ 共同通信  2019/08/15 TOP
15日午後2時33分ごろ、青森県八戸市、三沢市、東北町で震度4の地震があった。午後3時6分ごろにも、八戸市や三沢市、南部町などで震度3の地震があった。(後略)

 
[2019_08_10_02]
鉄筋切断の火花原因 原燃敷地内 枯れ草火災 東奥日報  2019/08/10 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 61 >  記事番号[301]〜[305] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_08_10_01]
出戸西方断層評価 原燃「変わらない」 規制委、秋にも調査 東奥日報  2019/08/10 TOP

 
[2019_08_08_08]
製造工程で鉄粉付着 浜岡原発のドラム缶 中部電力 東奥日報  2019/08/08 TOP

 
[2019_08_02_01]
原発に課される新「耐震」評価基準 影響を受けるのは川内、玄海、そして... J-CAST  2019/08/02 TOP
原子力規制委員会が打ち出した、耐震対策の強化を求める方針。規制委が設置した検討チームが、「基準地震動」(想定される最大の地震の揺れ)の計算方法の見直し案を打ち出し、近く、規制委が正式に決める。(後略)

 
[2019_08_01_02]
最大保管容量変更へ 規制委に補正書提出 原燃、廃棄物貯蔵建屋 東奥日報  2019/08/01 TOP

 
[2019_07_31_01]
<福島第2原発廃炉>「県外搬出」は口約束 実現の担保なく 河北新報  2019/07/31 TOP
福島県と楢葉、富岡両町は30日、使用済み核燃料の県外搬出を条件に東京電力福島第2原発の全基廃炉を了承した。第1原発事故以前からの基本姿勢を改めて示したが、現時点では東電との間の口約束にとどまり、実現の担保はない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 62 >  記事番号[306]〜[310] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_07_30_03]
事業者対応方針 改善効果を確認 原燃、活動に区切り 東奥日報  2019/07/30 TOP

 
[2019_07_27_08]
女川1号機廃炉に34年 東北電作業計画を公表、29日規制委提出 河北新報  2019/07/27 TOP
東北電力は26日、運転停止中で廃炉を決めた女川原発1号機(宮城県女川町、石巻市)の廃炉作業の工程を示す「廃止措置計画」を公表した。(後略)

 
[2019_07_27_06]
<女川1号機廃止措置計画>廃棄物処分が焦点に 河北新報  2019/07/27 TOP
東北電力が女川原発1号機の廃止措置計画をまとめ、廃炉作業の輪郭が浮かび上がった。30年以上に及ぶ廃炉の過程では、東北電が使用済み核燃料や放射性廃棄物を責任を持って搬出し、確実に処分できるかどうかが大きな焦点となる。(後略)

 
[2019_07_18_03]
核燃料の中間貯蔵施設を現地調査 規制委、審査終了見通せず 共同通信  2019/07/18 TOP
原子力規制委員会の山中伸介委員は18日、青森県むつ市で、原発から出た使用済み核燃料の中間貯蔵施設を現地調査した。規制委による新規制基準への適合性審査は長期化しており、具体的な操業開始時期は見通せていない。(後略)

 
[2019_07_05_05]
出戸西方断層 追加調査終了 原燃 東奥日報  2019/07/05 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 63 >  記事番号[311]〜[315] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_07_03_01]
原子力規制委、再処理工場の安全審査に「相当な時間」 日経新聞  2019/07/03 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は3日の記者会見で、日本原燃が青森県六ケ所村で建設中の使用済み核燃料再処理工場の安全審査について「(敷地周辺の)断層の調査に相当な時間を要する」と述べた。(後略)

 
[2019_06_26_04]
全17原発に検査不正製品 規制委集計、もんじゅも 日経新聞  2019/06/26 TOP
神戸製鋼所や日立化成などのメーカーで2017年ごろから製品の検査不正が相次いだ問題を受け、原子力規制委員会は26日、これらのメーカーから全国の原発への納入状況を集計して公表した。(後略)

 
[2019_06_24_02]
18年度電源三法交付金、7年ぶり増・青森県内合計137億円 デリ東北  2019/06/24 TOP
原発や核燃料サイクル施設の立地に伴う電源三法交付金で、2018年度の青森県と県内市町村分を合わせた交付実績は137億431万円(前年度比2億6250万円増)だったことが24日、県のまとめで分かった。(後略)

 
[2019_06_19_20]
再処理工場 総事業費100億円増 青森・六ケ所 河北新報  2019/06/19 TOP
国の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は18日、日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)の総事業費が、これまでの積算より約100億円多い13兆9400億円になると発表した。(後略)

 
[2019_06_11_01]
原発・カネ食い虫 六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場(建設費2兆9000億円) 東京新聞  2019/06/11 TOP
毎年のように完工日を繰り延べして、計画時から35年、工事が始まってから26年がたった。それでもさっぱり完成の見通しがたっていない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 64 >  記事番号[316]〜[320] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_06_08_03]
規制委の補正書審査 原告側「中立性欠く」 青森地裁・核燃訴訟弁論 東奥日報  2019/06/08 TOP

 
[2019_06_04_02]
再処理資金1.6兆円不足 原発減で、市民団体試算 共同通信  2019/06/04 TOP
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村、建設中)の建設や運転、廃止措置などに必要な資金が少なくとも1兆6千億円不足するとの試算結果をNPO法人の原子力資料情報室が4日、公表した。(後略)

 
[2019_05_25_04]
行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず 毎日新聞 2019/05/25 TOP
原発保有国の課題である高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分について、政府は各国の知見を共有する会議の設置方針を明らかにした。(後略)

 
[2019_05_24_07]
核燃税交付金 定額30億円に 県「減らさないよう考慮」 自治体「増額に応じず」不満 東奥日報  2019/05/24 TOP

 
[2019_05_14_01]
青森知事選、16日告示 原発争点、現職に新人挑む 共同通信 2019/05/14 TOP
任期満了に伴う青森県知事選が16日告示される。5選を目指す現職三村申吾氏(63)=公明推薦=と、新人の歯科医師佐原若子氏(65)の無所属2人による一騎打ちになる見通しだ。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 65 >  記事番号[321]〜[325] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_05_10_05]
原燃再処理工場の水漏れ原因発表 点検前の排水が不十分 共同通信  2019/05/10 TOP
日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)で昨年11月、使用済み核燃料プールの水を浄化するポンプの分解点検中に、微量の放射性物質を含む水約20リットルが漏れた問題で、同社は10日、点検前の排水が不十分だったことが原因だと発表した。(後略)

 
[2019_04_27_02]
再処理工場周辺の断層追加調査へ 原燃社長 河北新報 2019/04/27 TOP
日本原燃の増田尚宏社長は26日の定例記者会見で、使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)周辺の活断層などに関する追加の地質調査を実施すると発表した。原子力規制委員会が3月の審査会合でデータの拡充を求めたことに対応する。(後略)

 
[2019_04_26_01]
地に落ちた原子力規制委の信頼回復目的の猿芝居 『特重』遅延→運転停止」に騙されるな!木村雅英 たんぽぽ 2019/04/26 TOP
4月24日(水)の原子力規制委の定例会議が行われている途中に、NHKはウェブに次を掲載し、他メディアも大きく報道した。「原発 テロ対処施設遅延なら運転停止へ 川内は停止の可能性」(後略)

 
[2019_04_12_02]
玄海原発の使用済み核燃料、21年度に容量の9割に 佐賀新聞 2019/04/12 TOP
九州電力は11日、玄海原発(佐賀県東松浦郡玄海町)の使用済み核燃料の貯蔵量の見通しについて、運転継続に必要な容量に占める割合が2021年度に9割を超える試算を原子力規制委員会に示した。(後略)

 
[2019_04_04_05]
運転期間の「起点」は商業利用スタート時 再処理で規制委員長 東奥日報  2019/04/04 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 66 >  記事番号[326]〜[330] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_04_01_02]
九電、未計画の事業費を料金転嫁 第2再処理工場 共同通信  2019/04/01 TOP
九州電力は1日、原発の使用済み核燃料を再利用する再処理事業に関し、青森県六ケ所村に建設中の再処理工場の費用に加えて、具体的な計画がないプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を扱う別の再処理工場(第2工場)の事業費について、電気料金への転嫁を始めた。(後略)

 
[2019_03_31_01]
乾式貯蔵技術を米国とはまったくの別物に変えたヒノマル原発産業の宿痾_牧田寛 ハーバービジネス  2019/03/31 TOP
根本的な再検討を要するヒノマルゲンパツ乾式貯蔵2月に八幡浜PA集会で説明を聞くまで、私は、日本が導入するであろう乾式貯蔵キャスクは、合衆国の長期保管向けコンクリートキャスクまたはそれに匹敵するものを屋内管理することになるであろうと考えていました。(後略)

 
[2019_03_30_02]
規制委、30項目超の追加論点提示 再処理工場審査が再開 デリ東北  2019/03/30 TOP
原子力規制委員会は29日、事実上の合格証(審査書案)草案を取りまとめた使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の新規制基準への適合性審査を再開し、航空機落下や火山の対策など原燃に追加で確認する30項目余りの論点を提示した。(後略)

 
[2019_03_29_06]
六ヶ所再処理事業所を直ちに不合格にせよ! 木村雅英 たんぽぽ  2019/03/29 TOP
3月20日(水)の原子力規制委員会定例会議がなかなか面白い。(中略)議題4「日本原燃株式会社再処理事業所における再処理の事業の変更許可申請に関する審査についての討議」で、昨年に審査が終わっていたはずなのに(後略)

 
[2019_03_28_04]
県内原子力施設 計画破棄を要請 市民団体、県などに 東奥日報  2019/03/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 67 >  記事番号[331]〜[335] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_03_28_01]
計画ないのに事業費だけ料金上乗せ?六ケ所村のツケ テレ朝  2019/03/28 TOP
原発の使用済み核燃料の処理を巡って、具体的な計画がない「第二再処理工場」の事業費を来月から九州電力が電気料金に上乗せします。(後略)

 
[2019_03_25_02]
関電、未計画核燃事業を料金転嫁 消費者に説明なく負担増 共同通信  2019/03/25 TOP
原発の使用済み核燃料を再利用する再処理費用を巡り、関西電力が、青森県六ケ所村に建設中の再処理工場の事業費に加え、具体的な計画がないプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を扱う別の再処理工場の費用も電気料金へ転嫁し始めたことが25日、分かった。(後略)

 
[2019_03_20_04]
再処理工場、審査会合を再開へ いったん終了も“合格証"草案に疑問続々 産経新聞  2019/03/20 TOP
原子力規制委員会は20日の定例会合で、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)について、稼働に向けた事実上の審査合格証に当たる「審査書案」の草案を公開し、内容の妥当性を議論した。(後略)

 
[2019_03_20_01]
使用済み核燃料の再処理工場 審査合格の時期の見通し不透明に NHK  2019/03/20 TOP
青森県六ヶ所村にある使用済み核燃料の再処理工場について、本格操業の前提となる審査が長期化していることから、原子力規制委員会は20日、審査に事実上合格したことを示す審査書案の素案を元に議論する異例の会合を開きました。(後略)

 
[2019_03_14_05]
再処理工場審査書 20日にも草案公開 規制委 東奥日報  2019/03/14 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 68 >  記事番号[336]〜[340] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_03_10_01]
青森の再処理工場の即時廃止を 市民団体が集会 共同通信  2019/03/10 TOP
原発や核燃料サイクル政策に反対する青森市の市民団体は10日、市内で集会を開き、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の即時廃止を求めた。(後略)

 
[2019_03_01_02]
前原子力規制委員長、国策に異論 「核燃サイクル、やらない方が」 共同通信  2019/03/01 TOP
2011年3月の東京電力福島第1原発事故を教訓に発足した原子力規制委員会の初代委員長を務めた田中俊一氏が1日、東京都内で開かれた地方新聞エネルギー研究会の会合で講演した。(後略)

 
[2019_02_19_01]
<再処理工場>補正書、今月中にも提出 原燃社長が意向 河北新報 2019/02/19 TOP
日本原燃の増田尚宏社長は18日、使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の稼働に向けた安全対策を原子力規制委員会と東京都内で意見交換した。(後略)

 
[2019_02_13_05]
1981年レーガン政権発足時 日本の核再処理促す 米有力者、秘密文書を作成 東奥日報 2019/02/13 TOP

 
[2019_02_07_03]
RFS中間貯蔵・安全審査 容器の密封性重視 「建屋」から論点変更 東奥日報 2019/02/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 69 >  記事番号[341]〜[345] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2019_02_07_02]
再処理工場安全審査 重大事故対策を了承 規制委「合格証」作成へ 東奥日報 2019/02/07 TOP

 
[2019_01_29_03]
規制委 追加の審査会合終結 六ケ所再処理「合格」へ作業加速 東奥日報 2019/01/29 TOP

 
[2019_01_26_06]
使用済み核燃料の長期保存 玄海町長、容認発言を陳謝 「半永久とは思ってない」 佐賀新聞 2019/01/26 TOP
東松浦郡玄海町の脇山伸太郎町長は25日、九州電力玄海原発で建設の手続きが進む使用済み核燃料の乾式貯蔵施設を巡り、「税収としては長期間の方がいい」と、(後略)

 
[2019_01_23_01]
玄海原発に「乾式貯蔵」申請 使用済み核燃料 九電、保管能力拡大 西日本新 2019/01/23 TOP
九州電力は22日、玄海原発(佐賀県玄海町)の使用済み核燃料を金属容器に入れて保管する乾式貯蔵施設の敷地内への新設を、原子力規制委員会に申請した。(後略)

 
[2019_01_11_03]
仏ASTRID凍結 日本の核燃サイクル完全破綻 今こそ核燃サイクルを止めて原発推進政策を放棄 たんぽぽ舎  2019/01/11 TOP
1.頼みのASTRID開発中止の衝撃11月30日衆院第二議員会館で「止めよう核燃サイクル政策」省庁vs議員と市民の院内集会が持たれました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 70 >  記事番号[346]〜[350] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_12_21_05]
社長交代を決定 原燃 東奥日報  2018/12/21 TOP

 
[2018_12_10_01]
関電「原発ごみ」の中間貯蔵先が福井知事選も絡んで迷走する事情 ダイアモンドオンライン  2018/12/10 TOP
現状、関電を含め電力各社は使用済み核燃料を各原発施設内の使用済み核燃料プールに貯蔵している。政府の方針でこれらの使用済み燃料は青森県六ヶ所村の再処理工場で加工してリサイクルすることが決まっているが、まだ本格稼動していない。(後略)

 
[2018_12_08_03]
六ヶ所村核燃料サイクル訴訟 裁判の進行状況 再処理工場・高レベル放射性廃棄物貯蔵施設 伊東良徳 2018/12/08 TOP
(前略)2018年12月7日の第104回口頭弁論では、現在の規制基準が設計基準上想定すべき事象から故意によるもの(テロ等)を除外していることや、「可搬型」の設備による対処に依存していること、(後略)

 
[2018_12_08_02]
<原燃>新社長に増田氏 工藤社長は相談役に 河北新報 2018/12/08 TOP
日本原燃(青森県六ケ所村)は7日開いた取締役会で、工藤健二社長(65)が相談役に退き、増田尚宏特別顧問(60)が社長に就く来年1月1日付の人事を内定した。(後略)

 
[2018_12_08_01]
六ケ所MOX工場「原燃が先行発注」市民団体に告発状 東奥日報  2018/12/08 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 71 >  記事番号[351]〜[355] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_11_29_04]
仏の核融合実験装置を遠隔操作 プラズマ発生成功 青森・六ケ所核融合研究所 デリ東北 2018/11/29 TOP
国際熱核融合実験炉(ITER)の関連研究を行う量子科学技術研究開発機構などは28日、青森県六ケ所村の六ケ所核融合研究所で、フランスの核融合実験装置「WEST」を遠隔操作し、プラズマを発生させる実験を成功させた。(後略)

 
[2018_11_28_04]
核燃料再処理工場「合格」は越年 徳島新聞  2018/11/28 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は28日の定例記者会見で、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の稼働の条件となっている審査で、事実上の合格証の「審査書案」をまとめる時期について「年内は難しい」との見解を示した。(後略)

 
[2018_11_27_01]
放射性物質含む水漏れ、青森 原燃の再処理工場、20リットル 共同通信  2018/11/27 TOP
日本原燃は27日、青森県六ケ所村の再処理工場で、使用済み燃料プールの水を浄化するポンプの点検作業中に放射性物質を含む水約20リットルが漏れたと発表した。(後略)

 
[2018_11_22_02]
再処理工場の中止要請 市民団体、県などに 東奥日報  2018/11/22 TOP
 反原発・反核燃を掲げる市民団体「なくそう原発・核燃、あおもリネットワーク」が21日、日本原燃の六ヶ所再処理工場の操業計画中止を求める要請文を県、六ヶ所村、日本原燃に提出した=写真。三村申吾知事宛ての要請文では、原子力規制委員会が新規制基準の審査会合で正しい評価をしているのか疑問がある上、審査が長引いていることで原燃側の緊張感が欠如しており、再処理工場が操業されれば重大事故に発展することが推測される−などとして同工場の操業計画中止を要請することを求めた。

 
[2018_11_06_01]
<関西電力>中間貯蔵施設、候補地選定が難航 決定越年も 毎日新聞  2018/11/06 TOP
原子力発電所から出る使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設について、関西電力の候補地選定が難航している。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 72 >  記事番号[356]〜[360] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_11_03_02]
<廃炉の課題 女川原発1号機>(上)廃棄物/行き場なしに現実味 河北新報  2018/11/03 TOP
東北電力が女川原発1号機(宮城県女川町、石巻市)の廃炉を決めた。来年度上期にも原子力規制委員会に廃止措置計画を申請する。解体作業は30〜40年かかる長い道のりだ。(後略)

 
[2018_10_24_01]
核再処理工場の審査合格、年明け以降に 規制委員長 日経新聞  2018/10/24 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は24日の記者会見で、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の稼働の前提となる安全審査について、合格は年明け以降になるとの認識を示した。(後略)

 
[2018_10_23_01]
放射能濃度測定ミス 低レベル廃棄物2本、伊方原発に返送 デリ東北  2018/10/23 TOP
日本原燃は22日、2015年に四国電力伊方原発(愛媛県)から六ケ所村の埋設施設に受け入れた低レベル放射性廃棄物(200リットルドラム缶)1120本のうち2本を同日、同原発へ返送したと発表した。(後略)

 
[2018_09_28_03]
2月の排風機停止 原因は機器不具合 原燃・再処理工場 東奥日報  2018/09/28 TOP

 
[2018_09_15_04]
再処理工場「合格」へ 規制委が審査終了 原燃、補正書の作成急ぐ 「完工に向け前進」「あまりに無責任」地元受け止め 東奥日報  2018/09/15 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 73 >  記事番号[361]〜[365] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_09_06_45]
機器故障で通信障害 六ケ所再処理工場 東奥日報  2018/09/06 TOP

 
[2018_09_06_43]
自衛隊2万5千人態勢 全道停電 市民生活まひ 加速度1504ガル 安平町 6強程度の地震 1週間は注意を 東奥日報  2018/09/06 TOP

 
[2018_09_06_23]
北海道震度6強 泊原発 外部電源は全面復旧 毎日新聞  2018/09/06 TOP
原子力規制委員会などによると、北海道電力泊原発(北海道泊村)では地震による停電で一時外部電源を喪失した。非常用ディーゼル発電機6台を起動して電気を供給し、燃料プール内の核燃料の冷却を維持した。(後略)

 
[2018_09_06_09]
北海道震度6強 泊原発、非常電源で冷却 7日間稼働可能 毎日新聞  2018/09/06 TOP
原子力規制委員会などによると、北海道電力泊原発(北海道泊村)では地震による停電で外部電源を喪失した。非常用ディーゼル発電機6台を起動して電気を供給し、燃料プール内の核燃料の冷却を維持しているという。(後略)

 
[2018_09_06_06]
泊原発、外部電源6回線喪失、非常用DG6台起動中。 おしどりポータルサイト  2018/09/06 TOP
泊発電所、6時半状況。(10時時点続報無し)・外部電源6回線喪失(275kV泊幹線、275kV後志幹線、66kV泊幹線の6回線)(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 74 >  記事番号[366]〜[370] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_09_05_01]
プルトニウム製造装置としての「原子力発電所」 小出裕章さん(元京都大学原子炉実験所) たんぽぽ  2018/09/05 TOP
安倍政権が世論を無視して原発再稼働を進めている。一方で、プルトニウムの保有量は約47トン。長崎型原爆4000発分に相当し、日本はプルトニウム大国になっている。(後略)

 
[2018_09_04_02]
経産相、MOXで政策変更なし 再処理断念報道で 東京新聞  2018/09/04 TOP
プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の再処理に備えた費用計上を電力会社10社が2016年度以降中止し、事実上のMOX再処理断念となるとの共同通信の報道について、世耕弘成経済産業相は4日、記者会見で「全く事実と異なり大変遺憾。(後略)

 
[2018_09_03_03]
MOX燃料、再処理せず 電力10社が費用計上中止 東京新聞  2018/09/03 TOP
通常の原発でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を燃やすプルサーマルを巡り、原発を持つ電力会社十社が、一度使ったMOX燃料を再処理して再び燃料として利用するための費用の計上を、二〇一六年度以降中止していたことが二日、分かった。(後略)

 
[2018_08_29_03]
燃料プールの冷却配管から水漏れ 青森再処理工場、18年点検せず 共同通信  2018/08/29 TOP
日本原燃再処理工場(青森県六ケ所村)の使用済み核燃料プールの配管が腐食して水漏れしていたことが29日、同社への取材で分かった。放射性物質は漏れておらず、核燃料の冷却に影響はない。原燃社員が6日の巡視で発見した。(後略)

 
[2018_08_01_05]
原子力委、プルトニウム削減で新指針 具体的方法・数値示さず 東京新聞  2018/08/01 TOP
国の原子力政策を審議・決定する原子力委員会(委員長=岡芳明・元早大理工学術院特任教授)は三十一日、原発の使用済み核燃料から発生するプルトニウムの利用指針を十五年ぶりに改定し、公表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 75 >  記事番号[371]〜[375] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_08_01_01]
<柏崎市>桜井市長「核燃料サイクル見直すべき時期」 毎日新聞  2018/08/01 TOP
新潟県柏崎市の桜井雅浩市長は1日の定例記者会見で、内閣府の原子力委員会が改定したプルトニウムの利用指針で保有量の削減に初めて踏み込んだことについて「現状を考えれば当然のことで遅きに失した」と述べ(後略)

 
[2018_07_31_03]
<原子力委>プルトニウム削減明記 再処理工場の運転制限へ 毎日新聞  2018/07/31 TOP
内閣府原子力委員会は31日、プルトニウムの利用指針を15年ぶりに改定し、日本の保有量を減少させると初めて明記した。新指針では、建設中の再処理工場(青森県六ケ所村)でのプルトニウム製造を原発で使う分までしか認めず、運転を制限する。(後略)

 
[2018_07_31_02]
<プルトニウム削減指針>核燃サイクル、袋小路 道筋険しく 毎日新聞  2018/07/31 TOP
内閣府原子力委員会がプルトニウムの利用指針を改定し、保有量を減らすと初めて明記した。しかし具体的な削減策を巡っては政府と電力会社間で温度差もあり、実現への道筋は険しい。(後略)

 
[2018_07_31_01]
日本原燃(株)六ケ所再処理工場からの質問状回答・説明会のまとめ報告 三陸の海・岩手の会  2018/07/31 TOP
日本原燃(株)六ケ所再処理工場からの質問状回答・説明会のまとめ報告 2018.7.31(後略)

 
[2018_07_18_02]
廃炉の燃料を大飯3、4号で使い回し 国内初、規制委了承 福井新聞  2018/07/18 TOP
原子力規制委員会は7月18日の定例会合で、関西電力が廃炉を決めた大飯原発1、2号機(福井県おおい町)で使用した核燃料の集合体629体のうち、まだ使える264体を同3、4号機(同、再稼働済み)で再利用するとした申請について議論し、手続きを進めることを承認した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 76 >  記事番号[376]〜[380] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_07_16_01]
<プルトニウムの行方>再処理の減速 不可避 河北新報  2018/07/16 TOP
原子力発電所で使用した核燃料からプルトニウムを取り出す「再処理」を、米国が例外的に日本に認めた日米原子力協定が16日に満期を迎える。協定は自動延長され、日本が所持する約47トンのプルトニウムと再処理の権利に国際的関心が高まる。(後略)

 
[2018_07_10_01]
「下北のこと考えているのか」原子力立地、首長から不満 デーリー東北  2018/07/10 TOP
大手電力による青森市への事務所開設が相次いでいる。中部電力、関西電力の後を追うように、9日に東京電力ホールディングスの子会社が年内の事務所開設を表明。(後略)

 
[2018_06_14_03]
<原子力委>プルトニウム削減明記へ 電力間で消費融通促す 毎日新聞  2018/06/14 TOP
原子力委員会は今月中にも、日本が保有するプルトニウムの削減を目指し利用指針を改定する。原発の再稼働が遅れている電力会社が海外に保有する分を、再稼働済みの原発をもつ他社へ譲渡させるなどして消費を促す。(後略)

 
[2018_06_13_04]
<再処理工場>総事業費700億円増 完成延期が影響 河北新報  2018/06/13 TOP
国の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は12日、日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)の総事業費が、これまでの積算より700億円多い13兆9300億円になると発表した。(後略)

 
[2018_06_07_01]
規制委 再処理工場を現地視察 NHK  2018/06/07 TOP
六ヶ所村にある使用済み核燃料の再処理工場で、重大事故の対策や保守管理の体制を確認する国の原子力規制委員会の現地調査が行われました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 77 >  記事番号[381]〜[385] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_06_01_02]
六ヶ所再処理工場 耐震補強工事申請 原燃、規制委に 東奥日報  2018/06/01 TOP

 
[2018_05_26_01]
社説 伊方原発乾式貯蔵施設 国策破綻のツケ 地元に負わすな 愛媛新聞  2018/05/26 TOP
四国電力伊方原発でたまり続ける使用済み核燃料の問題で、四電は、敷地内での「乾式貯蔵施設」の設置に向け、安全協定に基づく事前協議を県と伊方町に申し入れた。(後略)

 
[2018_05_23_03]
東京電力の東通原発計画再始動をとめよう 山崎久隆 たんぽぽ  2018/05/23 TOP
_

 
[2018_05_17_03]
靴に放射性物質付着 原燃で保安規定違反 規制庁検査結果 東奥日報  2018/05/17 TOP
_

 
[2018_04_27_03]
再処理工場審査再開 「改善軌道に乗った」 原燃社長会見 東奥日報  2018/04/27 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 78 >  記事番号[386]〜[390] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_04_26_01]
原燃、補正申請書に欠落 44ページ分追加へ デリ東北  2018/04/26 TOP
設備点検漏れ問題などに起因して中断していた新規制基準適合性審査の再開に向け、日本原燃が原子力規制委員会に16日に提出した補正申請書の一部が欠落していたことが25日分かった。(後略)

 
[2018_04_16_01]
新基準適合の7原発14基 稼働10年で核燃プール満杯 東京新聞  2018/04/16 TOP
東京電力福島第一原発事故後に策定された原発の新規制基準に適合済みの七原発十四基は、いずれも稼働後十年以内に使用済み核燃料を保管するプールが満杯になることが、電力各社への取材で分かった。(後略)

 
[2018_04_10_07]
凝縮器設置を申請 原燃・再処理工場 県と六ケ所村に 東奥日報  2018/04/10 TOP
_

 
[2018_04_10_06]
非常用電源装置停止 電子部品故障が原因 原燃発表 東奥日報  2018/04/10 TOP
_

 
[2018_04_07_01]
ふた土台、壁の間にすき間 再処理工場で浸水 原燃、「原因」示す 東奥日報  2018/04/07 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 79 >  記事番号[391]〜[395] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_04_05_02]
六ケ所再処理工場・審査再開へ トラブル続けば「致命的」 規制委 東奥日報  2018/04/05 TOP
_

 
[2018_04_04_01]
規制委、再処理工場の審査再開へ=青森・六ケ所村 時事通信  2018/04/04 TOP
原子力規制委員会は4日、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の審査再開を認めた。建屋への雨水流入などトラブルが相次ぎ、中断していた。(後略)

 
[2018_04_02_03]
再処理工場 21年度完工 ハードル高く 原燃、国の使用前検査が鍵 東奥日報  2018/04/02 TOP
_

 
[2018_03_31_01]
<日本原燃>再処理工場規制委審査 再開申し入れへ 河北新報  2018/03/31 TOP
日本原燃の工藤健二社長は30日の定例記者会見で、原子力規制委員会の審査が中断している使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)について、審査再開を規制委に申し入れることを表明した。(後略)

 
[2018_03_23_03]
原燃「再開申し入れる」 再処理工場審査 社長、県議会で表明 東奥日報  2018/03/23 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 80 >  記事番号[396]〜[400] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_03_20_06]
再処理工場 審査再開申し入れへ 原燃、来月にも規制委に 東奥日報  2018/03/20 TOP
_

 
[2018_03_20_02]
進退窮まる核燃サイクル/大間原発建設差し止め請求棄却 デリ東北  2018/03/20 TOP
電源開発(Jパワー)が青森県大間町で建設中の大間原発を巡り、函館市の市民団体が同社や国に建設差し止めなどを求めた訴訟の判決で、函館地裁は19日、建設差し止めの請求を棄却した。(後略)

 
[2018_03_14_03]
止水措置なし200カ所 再処理・雨水流入 原燃が再調査結果 東奥日報  2018/03/14 TOP
_

 
[2018_03_10_03]
配管室の上部に穴 再処理工場・雨水流入 「恒久対策」で見逃す 東奥日報  2018/03/10 TOP
_

 
[2018_03_10_02]
直下の六ケ所断層「新調査結果ある」 核燃サイクル訴訟原告 東奥日報  2018/03/10 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 81 >  記事番号[401]〜[405] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_03_07_02]
21年度上期完工 社長「何としても」 原燃、経産省委で説明 東奥日報  2018/03/07 TOP

 
[2018_03_03_01]
配管室また雨水流入 原燃再処理工場 「恒久対策」に不備 東奥日報  2018/03/03 TOP

 
[2018_03_01_03]
作業員の靴底に放射性物質 六ヶ所・再処理工場 試料入りの袋開封 デリ東北  2018/03/01 TOP
使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の低レベル放射性廃棄物処理建屋で2月15日、協力会社作業員の右足靴底から微量の放射性物質が検出されていたことが28日、原子力規制庁が公開した日本原燃との面談録で分かった。(後略)

 
[2018_02_27_05]
再処理工場審査中断 「安全確保を優先」 経産相 東奥日報  2018/02/27 TOP

 
[2018_02_27_04]
再処理工場の改善活動 原燃社長「着実に進捗」 東奥日報  2018/02/27 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 82 >  記事番号[406]〜[410] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_02_27_03]
迅速な審査など求め 六ケ所村議会に請願 商工4団体 東奥日報  2018/02/27 TOP

 
[2018_02_15_02]
原燃の改善強化策 「適切に機能せず」 規制庁・保安検査結果 東奥日報  2018/02/15 TOP

 
[2018_02_15_01]
むつに原子力広報拠点 経産相が新設方針示す 東奥日報  2018/02/15 TOP

 
[2018_02_10_04]
六ケ所再処理工場排風機1系列故障 日本原燃が発表 東奥日報  2018/02/10 TOP

 
[2018_02_07_04]
再処理完工延期 「今回で最後に」 原子力委で意見 東奥日報  2018/02/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 83 >  記事番号[411]〜[415] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_02_02_05]
敷地内の雪上に軽油200リットル漏えい 原燃再処理工場 東奥日報  2018/02/02 TOP

 
[2018_02_01_04]
核燃料受け入れゼロ 六ケ所再処理工場、20年度末まで 東奥日報  2018/02/01 TOP

 
[2018_02_01_03]
設備点検完了を延期 原燃・再処理工場 東奥日報  2018/02/01 TOP

 
[2018_02_01_02]
低レベル廃棄物検査不具合 294本 データ欠落か 電力4社 東奥日報  2018/02/01 TOP

 
[2018_01_27_03]
誰も審査しないプルサーマル原発の安全性  原子力規制委も投げ出しているプルサーマル計画 たんぽぽ  2018/01/27 TOP
目次1.現状…燃やすあてがないプルトニウム利用計画核燃料再処理をやめよ2.帳尻あわせも不可能3.原子力規制委の怠慢、過酷事故対策として追加した設備類を調査審議すべき4.プルサーマルの安全審査をやり直せ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 84 >  記事番号[416]〜[420] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_01_26_07]
共同事業化「前に進める」 東通原発 東電社長、村長を訪問 東奥日報  2018/01/26 TOP

 
[2018_01_24_09]
再処理点検完了 「月内は厳しい」 原燃社長が認識示す 東奥日報  2018/01/24 TOP

 
[2018_01_20_04]
原発の新増設必要 電事連会長、エネ計画で フクナワ  2018/01/20 TOP
電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は19日の記者会見で、政府のエネルギー基本計画の見直しに関し、2030年度の電源構成に占める原子力の目標比率20〜22%を達成するため「原発の新増設はおのずと必要になる」との見方を示した。(後略)

 
[2018_01_20_02]
更田委員長が自信満々で露呈させた 「原子力規制委員会は被ばく強要委員会」 たんぽぽ  2018/01/20 TOP
更田委員長が1月17日の規制委定例会議と記者会見で露骨に福島の人たちに被ばくを強要した。(後略)

 
[2018_01_20_01]
「見切り発車の付け、孫の時代に」むつ・中間貯蔵施設巡り、諏訪青森県議が批判 デリ東北  2018/01/20 TOP
「見切り発車の付けを孫の時代に残してしまう」。リサイクル燃料貯蔵(RFS)が2018年後半を目指す使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)の操業開始を巡り、19日の青森県議会商工労働観光エネルギー委員会で、再処理の進展を見通せない現状に委員から懸念が示された。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 85 >  記事番号[421]〜[425] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_01_19_05]
プルトニウム政策の見直し? 原子力委員会が改定議論を開始か たんぽぽ  2018/01/19 TOP
1月16日、NHK、毎日新聞、京都新聞などが一斉に「原子力委、プルトニウム削減促す新たな指針策定へ」「プルトニウム利用方針15年ぶり改定議論へ」等と報道している。(後略)

 
[2018_01_19_02]
福井・おおい 関電提案で町幹部研修 青森の原子力施設・観光地 旅費も一部負担 赤旗  2018/01/19 TOP
大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をすすめる関西電力が、おおい町に青森県の原子力施設などの見学を提案し、昨年10月に町幹部職員20人の研修旅行を実現していたことが18日、本紙の調べでわかりました。(後略)

 
[2018_01_18_05]
RFS「再処理完工前でも操業」 六ヶ所村長「影響ない」 東奥日報  2018/01/18 TOP

 
[2018_01_18_04]
再処理工場の点検 屋外は依然進まず 原燃、悪天候で 東奥日報  2018/01/18 TOP

 
[2018_01_17_05]
むつ・中間貯蔵施設 「再処理」完工前でも操業 RFS社長 東奥日報  2018/01/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 86 >  記事番号[426]〜[430] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_01_15_02]
操業開始に不透明感 RFS中間貯蔵、審査申請4年 デリ東北  2018/01/15 TOP
リサイクル燃料貯蔵(RFS)が、使用済み核燃料中間貯蔵施設(青森県むつ市)の操業開始に向けた審査を原子力規制委員会に申請して15日で丸4年となる。(後略)

 
[2018_01_15_01]
日米原子力協定 自動延長確定へ 日米、見直し議論せず 毎日新聞  2018/01/15 TOP
日本の核燃料サイクル事業を認める日米原子力協定は16日、自動延長が確定する。原子力政策の現状維持で日米の思惑が一致した結果だが、日本の核燃料サイクル政策は事実上破綻。(後略)

 
[2018_01_11_02]
原燃 村内企業への発注 年間200億円を継続 東奥日報  2018/01/11 TOP

 
[2018_01_09_03]
日本原燃への支援縮小 電力8社 経営環境厳しく 東京新聞  2018/01/09 TOP
原発の使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル事業」を担う日本原燃(青森県)に対し、関西電力や中部電力など大手電力計八社が経営支援を縮小したことが八日、関係者への取材で分かった。(後略)

 
[2018_01_07_04]
使用済み核燃料 関電、むつ搬入検討 中間貯蔵施設で保管 近く県などに要請 東奥日報 2018/01/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 87 >  記事番号[431]〜[435] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2018_01_07_03]
関電核燃料委搬入 RFS「受け入れ考えず」 むつ市と県、寝耳に水 東奥日報 2018/01/07 TOP

 
[2018_01_07_02]
関電、青森へ使用済み核燃料集約 むつ中間貯蔵施設に 東京新聞  2018/01/07 TOP
関西電力が福井県にある同社の3原発から出た使用済み核燃料を、青森県むつ市の中間貯蔵施設に搬入し一時保管する方針を固めたことが6日、関係者への取材で分かった。近く青森県など地元に要請する見通し。(後略)

 
[2018_01_07_01]
<関西電力>むつ市長「受け入れられない」 一時保管検討に 毎日新聞  2018/01/07 TOP
◇「原発の使用済み核燃料、中間貯蔵施設に」で記者会見関西電力が福井県内の同社の原発から出た使用済み核燃料を青森県むつ市の中間貯蔵施設で一時保管する方針を検討しているとされる問題について、むつ市の宮下宗一郎市長は7日、記者会見した。(後略)

 
[2018_01_06_03]
<再処理工場>審査申請から4年 異例の中断、再開見通せず 河北新報  2018/01/06 TOP
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の完工が見通せない状況が続いている。ずさんな設備管理が発覚し、原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査が昨年10月から中断しているためだ。(後略)

 
[2017_12_30_02]
東北の原子力施設で六ヶ所が独り勝ち 再処理完成延期で追加工事の需要が増大 河北新報  2017/12/30 TOP
日本原燃の核燃料サイクル施設がある青森県六ケ所村が好景気に沸いている。使用済み核燃料再処理工場の完成延期が繰り返され、追加の安全対策工事の需要が増大しているからだ。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 88 >  記事番号[436]〜[440] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_12_30_01]
<原子力施設東北この1年>ミス続き 核燃サイクル停滞(1) 河北新報  2017/12/30 TOP
東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で、本格工事や稼働がストップした東北の原子力関連施設にとって、2017年は前進よりも停滞の意味合いが濃い1年だった。(後略)

 
[2017_12_26_02]
落日の原発 ポンコツ東海第二原発の再稼働を止めたい 鎌田慧 東京新聞  2017/12/26 TOP
安倍政権は認めたがらないが、今年は原発行政終わりの始まりの年だった。夢の、とうたわれた「高速増殖炉もんじゅ」がなんの成果も上げないまま、あえない最後となって1年。今度は福井県の大飯原発1,2号機が廃炉、いよいよ日本も廃炉時代を迎える。(後略)

 
[2017_12_23_02]
日本原燃、再処理工場完成また延期 18年度上期から3年 東京新聞  2017/12/23 TOP
青森県六ケ所村で使用済み核燃料再処理工場を建設中の日本原燃は二十二日、工場完成の目標時期を、従来の「二〇一八年度上半期」から三年延期し「二一年度上半期」にすると明らかにした。(後略)

 
[2017_12_22_01]
<再処理工場>非常用電源装置故障 部品の長期使用が原因 河北新報  2017/12/22 TOP
日本原燃は21日、使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の制御建屋で11日に故障した非常用無停電電源装置の部品を、メーカーの推奨交換期間を超えて使用していたことを明らかにした。(後略)

 
[2017_12_20_02]
<道東沖M9予測>原発事業者は冷静 漁協は驚き隠せず 青森・下北 河北新報  2017/12/20 TOP
地震調査委員会が公表した長期評価によると、北海道東部沖の海溝型地震は原子力施設が集中する青森県下北半島への被害も想定される。各事業者は評価を冷静に受け止めるが、地元からは驚きの声が上がった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 89 >  記事番号[441]〜[445] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_12_17_01]
<沈滞 核のごみ最終処分>(中)矛盾 「全量再処理」見通せず 直接処分も研究進める 河北新報  2017/12/17 TOP
原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分が行き詰まっている。国は処分場の候補地となり得る地域を示した「科学的特性マップ」を公表し、意見交換会を全国で開いているが、運営を巡る不正が発覚。根本課題の説明も不十分なままだ。(後略)

 
[2017_12_09_02]
火山新規制適合でも 原告「立地自体不適」 核燃サイクル訴訟 東奥日報 2017/12/09 TOP

 
[2017_12_09_01]
再処理工場完工3年延期 21年度上期検討/原燃 デリ東北  2017/12/09 TOP
日本原燃が、2018年度上期を目指していた使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の完成時期を3年程度延期し、21年度上期とする方向で調整していることが8日、関係者への取材で分かった。(後略)

 
[2017_12_07_04]
安全上重要な設備 全数確認作業終了 原燃再処理工場 東奥日報 2017/12/07 TOP

 
[2017_12_07_03]
再処理工場トラブル 六ケ所村全戸で説明 東奥日報 2017/12/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 90 >  記事番号[446]〜[450] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_12_01_04]
重要施設の全数確認完了を今月に先送り 原燃再処理工場 東奥日報 2017/12/01 TOP

 
[2017_11_28_08]
中間貯蔵「不退転の決意」、関電社長 18年中に候補地 日経新聞  2017/11/28 TOP
関西電力は27日、大飯原子力発電所3、4号機(福井県)の再稼働に向けて福井県の西川一誠知事の同意を取り付けた。判断の決め手として西川知事が挙げたのが、使用済み核燃料の中間貯蔵施設について「2018年中に具体的な計画を示す」と説明した関電と国の姿勢だ。(後略)

 
[2017_11_16_04]
「管理責任強く認識を」 規制庁 原燃規定違反で指摘 東奥日報 2017/11/16 TOP

 
[2017_11_15_05]
未点検設備、大幅増か 4日現在194件 原燃、再処理工場を調査 東奥日報 2017/11/15 TOP

 
[2017_11_14_08]
靴底に放射性物質 施設送風で飛散か 原燃再処理工場 東奥日報 2017/11/14 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 91 >  記事番号[451]〜[455] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_11_08_02]
<日本原燃>作業員手袋から放射性物質 再処理工場、7年前の廃液漏えい汚染源か 河北新報  2017/11/08 TOP
日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の分離建屋内で作業をした協力会社の作業員の手袋から、放射性物質が検出されていたことが7日までに分かった。7年前に漏えいした放射性物質が汚染源の可能性が高いという。(後略)

 
[2017_11_07_03]
再処理工場 「もんじゅ」に続けて即刻廃止せよ 鎌田慧 東京新聞  2017/11/07 TOP
沖縄・辺野古の海に大量の砕石が投げ込まれるニュースをみた。この国は野蛮だと思う。県知事や県議会、市長、さらにほとんどの県民が反対しても、安倍政権は基地建設をやめようとしない。(後略)

 
[2017_11_07_02]
<再処理工場>完成延期見通し、通算24回目に 「地域の信頼失う」 河北新報  2017/11/07 TOP
青森県の大間町など原子力関連施設立地4市町村長は6日、むつ市で懇談会を開き、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の完成が通算24回目の延期見通しとなっていることについて「地域の信頼を失い、事業が成り立たなくなる」とする見解で一致した。(後略)

 
[2017_11_01_01]
低レベル廃棄物受け入れを延期 原燃、クレーン不具合 東奥日報  2017/11/01 TOP

 
[2017_10_26_01]
原燃敷地内の断層 活動性検証申し出 1万人訴訟原告団 東奥日報  2017/10/26 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 92 >  記事番号[456]〜[460] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_10_21_01]
冷却水漏えいセシウム検出 六ケ所再処理工場 東奥日報  2017/10/21 TOP

 
[2017_10_13_02]
原燃債務 追加保証を 東電に電力各社要請 東奥日報  2017/10/13 TOP

 
[2017_10_12_01]
「原燃の点検活動注視」規制委員長 安全管理問題で見解 東奥日報  2017/10/12 TOP

 
[2017_10_11_02]
審査対応中断を表明 原燃社長 安全管理問題で 保安規定違反4件 東奥日報  2017/10/11 TOP

 
[2017_09_22_03]
完成は20年遅れ、建設費は4倍! 原発再処理工場建設費がまた増えた アエラdot  2017/09/22 TOP
原発の再処理工場建設費用が約2兆9千億円になったという。なぜここまで膨らんだのか?毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、朝日新聞編集委員・上田俊英さんの解説を紹介しよう。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 93 >  記事番号[461]〜[465] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_09_22_01]
原燃また雨水流入 再処理工場、配管室に110リットル 「保安規定違反に該当」 規制庁 東奥日報  2017/09/22 TOP

 
[2017_09_21_03]
経産相が原燃に異例の訓示 再処理工場トラブル続発 デリ東北  2017/09/21 TOP
使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)などで長年の点検漏れに伴うトラブルが相次いだ問題を受け、世耕弘成経済産業相は20日、同村の日本原燃で工藤健二社長ら役員に訓示し、「安全管理体制上の問題が続いているのは大変遺憾。極めて深刻に受け止める必要がある」と厳しく指摘した。(後略)

 
[2017_09_18_01]
再処理工場・雨水流入 規制委 管理体制「信頼揺らぐ」 東奥日報  2017/09/18 TOP

 
[2017_09_14_03]
<日本原燃>再処理工場審査延長へ 規制委、雨水流入を問題視 河北新報  2017/09/14 TOP
原子力規制委員会は13日、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の新規制基準への適合性審査会合を開いた。規制委は同工場で8月、重要設備がある建屋への雨水流入が発覚した問題を重大視し、「猛省してほしい」と指摘。(後略)

 
[2017_09_13_03]
ウラン濃縮工場 生産運転一時停止 安全不十分の指摘受け 東奥日報  2017/09/13 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 94 >  記事番号[466]〜[470] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_09_11_05]
原発と核燃料サイクルは膨大な無駄遣い ほとんどが税金の投入と電力料金への上乗せでまかなわれています たんぽぽ  2017/09/11 TOP
膨大な経費を使っても稼働できない六ヶ所再処理工場原発の使用済み燃料を再処理する日本原燃の「六ケ所再処理工場」(青森県)の建設費が、新規制基準への対応(重大事故時に指揮所となる緊急時対策所や冷却水をためる貯水槽の新設など)で約7500億円増えて約2兆9千億円になることが分かりました(7月3日)。(後略)

 
[2017_09_09_03]
原告「電源対策不十分」 原燃の管理態勢を批判 核燃サイクル訴訟 東奥日報  2017/09/09 TOP

 
[2017_09_07_05]
雨水流入に 「何やってんの?」 規制委員長代理 原燃を問題視 東奥日報  2017/09/07 TOP

 
[2017_09_06_09]
トラブル続発に抗議 社民県連など3団体 原燃と村に申し入れ 東奥日報  2017/09/06 TOP

 
[2017_09_06_08]
14年間点検せず 再処理工場建屋雨水流入 対象の配管誤認 東奥日報  2017/09/06 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 95 >  記事番号[471]〜[475] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_08_22_04]
発電機に続き排気測定設備も 13年交換せず故障 原燃 東奥日報  2017/08/22 TOP

 
[2017_07_19_01]
情報発信「不十分」 再処理事業費増 機構が陳謝 東奥日報  2017/07/19 TOP

 
[2017_07_18_01]
<六ケ所村>核燃再処理13.9兆円 国想定の1.3兆円増 毎日新聞  2017/07/18 TOP
原発の使用済み核燃料の再処理事業を担う認可法人「使用済燃料再処理機構」は18日、日本原燃(青森県六ケ所村)の再処理工場の総事業費を精査した結果、2016年の国の想定額から約1兆3000億円の増額となると明らかにした。(後略)

 
[2017_07_17_01]
【報ステ】経産省“非公表"指示 再処理工場建設費 テレ朝日  2017/07/17 TOP
原発の使用済み核燃料を再処理する青森県六ケ所村の『再処理工場』の建設費が、約7500億円も増えたことが18日、正式に公表された。先月30日に国の認可が下りたが、再処理機構は建設費が増えたことを正式に公表していなかった。(後略)

 
[2017_07_15_05]
情報公開の在り方「適切に指導する」 経産相 東奥日報  2017/07/15 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 96 >  記事番号[476]〜[480] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_07_15_03]
再処理工場の“建設費非公表"問題 連休明け公表へ テレ朝  2017/07/15 TOP
原発から出る使用済み核燃料の再処理工場の建設費が膨大に増えたことを経済産業省の認可法人はこれまで正式に公表していませんでしたが、一転して連休明けに会見することを決めました。(後略)

 
[2017_07_05_01]
使用済み核燃料の再処理工場の建設費 当初の4倍に テレ朝  2017/07/05 TOP
原発から出る使用済み核燃料の再処理工場の建設費が安全基準への対応などで、当初見込みの約4倍の2兆9000億円に膨らむことが明らかになりました。青森県の六ケ所村で進められている再処理工場の建設工事は、これまでトラブルが相次ぎ、工期が20回以上、延期されていました。(後略)

 
[2017_07_04_03]
再処理事業費13.9兆円 機構発表 安全対策で1.3兆円増 MOX事業費2.3兆円 東奥日報  2017/07/04 TOP

 
[2017_07_04_01]
再処理工場の新基準対策費、7000億円増額 デリ東北  2017/07/04 TOP
使用済み核燃料の再処理事業などを担う国の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は3日、業務委託先の日本原燃が六ケ所村で運営する再処理工場について、新規制基準適合に要する対策費用が約7500億円に膨らむ見通しを明らかにした。(後略)

 
[2017_06_29_02]
補正書提出「7月中」あらためて方針説明 再処理工場で原燃社長 東奥日報  2017/06/29 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 97 >  記事番号[481]〜[485] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_06_14_06]
再処理審査 再び開催 規制庁方針 原燃が対策追加 東奥日報  2017/06/14 TOP

 
[2017_06_05_01]
日本中の使用済み核燃料が集まる「六ヶ所再処理工場」ってどんなところ? ダビィンチ 2017/06/05 TOP
もし、原子力発電所が事故に見舞われたら――2011年に起こった東日本大震災で福島第一原子力発電所が機能を停止。電源供給が絶たれたことで水素爆発や炉心融解が発生し、周囲が放射能に汚染され、防護服を着ないでは近づくことができない状態に。(後略)

 
[2017_05_25_04]
「原子力施設撤去を」 県、国などに要請文 市民団体 東奥日報  2017/05/25 TOP
反原発・核燃を掲げる市民団体「原発・核燃いらない、あおもリネットワーク」は24日、県と国、認可法人・使用済燃料再処理機構に対し、県内原子力施設の撤去を求める要請文を提出した。

 
[2017_05_17_01]
ウラン濃縮工場 審査合格 規制委が正式決定 東奥日報  2017/05/17 TOP

 
[2017_05_11_02]
再処理工場 軽微故障を未処理 「異常な状態」と規制庁 東奥日報  2017/05/11 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 98 >  記事番号[486]〜[490] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_05_10_02]
原燃が補正申請書出/再処理工場の適合性審査 デリ東北  2017/05/10 TOP
最終盤に差し掛かる使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の新規制基準適合性審査で、日本原燃は9日、これまでの審査会合の指摘事項を反映させた補正申請書を原子力規制委員会に提出した。(後略)

 
[2017_05_01_01]
搬出先未確定610トン=廃炉7基の使用済み燃料―作業に影響も 時事通信  2017/05/01 TOP
廃炉が決まった全国の原発17基のうち、東京電力福島第1原発などを除く7基で、使用済み核燃料計約610トンの搬出先が確定していないことが30日、電力各社や日本原子力研究開発機構への取材で分かった。(後略)

 
[2017_04_27_01]
再処理工場の安全対策工事費用、当初の10倍超の見方も デリ東北  2017/04/27 TOP
3年超に及んだ使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の新規制基準適合性審査が実質的に終了し、日本原燃(工藤健二社長)は近く、原子力規制委員会からの指摘事項を盛り込んだ「補正申請書」を提出する。(後略)

 
[2017_04_09_04]
青森で全国集会 県内外の1030人 核燃施設撤去を訴え 東奥日報  2017/04/09 TOP

 
[2017_04_08_04]
電流値上昇が原因 原燃・再処理工場発電機の動作不能 東奥日報  2017/04/08 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 99 >  記事番号[491]〜[495] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_03_28_06]
非常電源の故障原因 「ケーブル接触不良」 六ヶ所再処理工場 東奥日報  2017/03/28 TOP

 
[2017_03_18_09]
六ヶ所再処理 排気ダクトに穴 原燃、腐食放置か 東奥日報  2017/03/18 TOP

 
[2017_03_11_01]
原告「断層は活動的」 規制委調査を批判 核燃サイクル訴訟 東奥日報  2017/03/11 TOP

 
[2017_03_07_01]
貯蔵施設のさび問題 第1区域で調査開始 原燃・高レベル廃棄物 東奥日報  2017/03/07 TOP

 
[2017_02_15_06]
原燃に複数規定違反 規制庁指摘 きょう検査結果公表 東奥日報  2017/02/15 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 100 >  記事番号[496]〜[500] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_02_09_08]
再処理工場 浸水対策を 規制要求 東奥日報  2017/02/09 TOP

 
[2017_02_09_07]
安全管理の是正措置 「継続的に見ていく」 原燃で規制委員長 東奥日報  2017/02/09 TOP

 
[2017_02_08_05]
<規制委>10原子力施設で浸水の恐れ…大雨時、対策を指示 毎日新聞  2017/02/08 TOP
北陸電力志賀原発2号機(石川県)で昨年9月に起きた原子炉建屋内への雨水流入トラブルで、原子力規制委員会は8日、全国の原発や再処理工場など10施設の少なくとも655カ所でトラブルを防ぐ建屋の止水対策が未実施だったとする調査結果を公表した。(後略)

 
[2017_02_08_01]
「原子燃料サイクル施設を載せる六ヶ所断層」を無視する原子力規制委 たんぽぽ  2017/02/08 TOP
◎2月2日(木)に「なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク」が参議院議員会館に経産省(資源エネルギー庁)と原子力規制庁を呼んで中央省庁交渉を行った。青森からの訴えに対して、両省庁とも相変わらずの誠意のない通り一遍の回答であった。(後略)

 
[2017_02_01_05]
17年度受け入れゼロ 原燃・再処理工場 使用済み核燃料 東奥日報  2017/02/01 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 101 >  記事番号[501]〜[505] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2017_01_29_02]
安全管理のトップ交代 原燃検討 監視機関設置も 東奥日報  2017/01/29 TOP

 
[2017_01_25_01]
「もんじゅ」 核兵器製造能力保持のため核燃サイクルにしがみつく たんぽぽ  2017/01/25 TOP
1.国「もんじゅ」失敗認めず 政府は昨年12月21日原子力関係閣僚会議を開き、高速「増殖」炉「もんじゅ」を廃炉にすることを正式に決定しました。(後略)

 
[2017_01_13_01]
核燃料再処理施設の避難計画策定範囲は5kmでいいのか? たんぽぽ  2017/01/13 TOP
原子力災害対策が全く実効性がないことは各原発現地で確認され、再稼働反対の住民の声が高まっている。その原因は原子力規制委員会が発足直後に作成した「原子力災害対策指針」にある。にも拘らず、原子力規制委員会はこの指針をさらに改悪する。これを糾弾しよう。(後略)

 
[2017_01_07_01]
核燃料物質数トン 長期不適切保管 六ヶ所再処理 違反疑い 東奥日報  2017/01/07 TOP

 
[2016_12_27_03]
再処理工場 耐震審査終了 規制委、施設関係は継続 東奥日報  2016/12/27 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 102 >  記事番号[506]〜[510] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2016_12_23_02]
非常用の発電機 一時動作不能に 再処理工場の1系列 東奥日報  2016/12/23 TOP

 
[2016_12_22_03]
もんじゅ廃炉 放射性物質含むナトリウム抜き取り 国内初の課題山積 東奥日報  2016/12/22 TOP

 
[2016_12_22_02]
福島沖地震が警告 燃料プールの怖さ M8余震100年続く予測 たんぽぽ  2016/12/22 TOP
(前略)11月22日未明福島沖を震源とするM7.4の地震が発生しました。福島県内で最大震度5弱を記録。地震は勿論原発のすべての設備にダメージを与えるものですが、今回の地震では使用済み燃料プールの危険性が改めて突き付けられました。(後略)

 
[2016_12_15_02]
原燃 安全管理で不適切対応 規制庁、合格判断できず 東奥日報  2016/12/15 TOP

 
[2016_12_07_03]
核燃料再処理しない場合 搬出先「施設外」は「県外」 県が見解 東奥日報  2016/12/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 103 >  記事番号[511]〜[515] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2016_11_25_07]
津波注意報の発令時 Lアラート作動せず 六ヶ所村 東奥日報  2016/11/25 TOP

 
[2016_11_23_06]
非常用電源が復旧 原燃再処理工場 東奥日報  2016/11/23 TOP

 
[2016_11_19_01]
再処理工場をめぐって「もんじゅ」の撤退とこれから ピース  2016/11/19 TOP
「もんじゅ」を廃炉にすれば 日本の原子力発電所の使用済み核燃料は、全量再処理される前提で、青森県六ヶ所村に再処理工場が建設されてきました。(後略)

 
[2016_11_18_01]
「高周波」無許可使用 再発防止へ新ルール 原燃、国に報告 東奥日報  2016/11/18 TOP

 
[2016_11_16_02]
非常電源また故障 六ヶ所再処理工場 東奥日報  2016/11/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 104 >  記事番号[516]〜[520] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2016_11_12_02]
噴火予測時 固化体を搬出 再処理工場 原燃が検討 東奥日報  2016/11/12 TOP

 
[2016_11_08_03]
ガラス固化体移動中 天井クレーンが故障 六ケ所の原燃施設 東奥日報  2016/11/08 TOP

 
[2016_11_03_02]
六ヶ所再処理工場 保安活動見直しを 規制庁、原燃に指摘 東奥日報  2016/11/03 TOP

 
[2016_10_29_04]
使用済み核燃料貯蔵割合98.9%に 東奥日報  2016/10/29 TOP

 
[2016_10_29_03]
再処理工場 工事申請書を誤記載 「保安規定違反」原燃陳謝 東奥日報  2016/10/29 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 105 >  記事番号[521]〜[525] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2016_10_27_03]
再処理工場停止を 県反核実行委 機構に要請文 東奥日報  2016/10/27 TOP

 
[2016_10_21_12]
ガラス固化建屋 排風機A系故障 六ケ所再処理工場 東奥日報  2016/10/21 TOP

 
[2016_10_19_06]
線量管理 10ミリシーベルトを基準 原燃、再処理事故の対応 東奥日報  2016/10/19 TOP

 
[2016_10_13_03]
再処理機構 運営委員長に近藤氏 原燃へ業務委託も確認 東奥日報  2016/10/13 TOP

 
[2016_10_04_02]
再処理機構スタート 理事長「サイクル推進を」 青森で開所式 東奥日報  2016/10/04 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 106 >  記事番号[526]〜[530] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2016_09_26_02]
「もんじゅ廃炉」受け原子力関係者 県内施設「支障なし」 東奥日報  2016/09/26 TOP

 
[2016_09_18_01]
基準地震動Ss策定フロー_六ケ所再処理工場 経産省  2016/09/18 TOP

 
[2016_09_06_02]
A系電源の警報作業ミスが原因 原燃再処理工場 東奥日報  2016/09/06 TOP

 
[2016_09_03_02]
再処理認可法人は事故責任負うべき 核燃訴訟で原告側 東奥日報  2016/09/03 TOP

 
[2016_08_09_03]
「サイクル推進に意義」 伊方原発再稼働で経産相 東奥日報  2016/08/09 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 107 >  記事番号[531]〜[535] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2016_07_29_06]
再処理工場 18年度上期完工変えず 原燃社長、資料流出を陳謝 東奥日報  2016/07/29 TOP

 
[2016_07_29_05]
原燃ウラン濃縮工場 防護措置区域は不要 規制委 東奥日報  2016/07/29 TOP

 
[2016_06_30_03]
「全く信頼できない」 規制庁、原燃を非難 東奥日報  2016/06/30 TOP

 
[2016_06_30_02]
ケーブル不適切敷設 再処理工場は「監視」 規制委判定 東奥日報  2016/06/30 TOP

 
[2016_06_28_02]
非常用電源また故障 原燃・再処理工場 東奥日報  2016/06/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 108 >  記事番号[536]〜[540] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2016_06_11_03]
中間貯蔵施設審査でRFS 11断層 活動性考慮 東奥日報  2016/06/11 TOP

 
[2016_06_04_01]
再処理工場稼働で余剰プルトニウム 核燃訴訟で原告指摘 東奥日報  2016/06/04 TOP

 
[2016_05_27_01]
九州縦断の大地震だ。原発が超危険だ! 日本人はノンビリしすぎ たんぽぽ  2016/05/27 TOP
「熊本大地震と原発− 唯一、稼働中の川内原発は大丈夫か?」−地震と原発連続講座第2回広瀬隆さん−が開かれました。(後略)

 
[2016_05_25_04]
規制勧告に対する四電の回答と聴聞_第1回議事録 民規制委  2016/05/25 TOP
【19】熊本・大分地震と再稼働 勧告 大災害をもたらした熊本・大分地震は中央構造線断層帯を震源とする群発地震と考えられる。これは熊本市付近で発生し、その加速度は1,500ガルを超えた。そして地震は阿蘇山を越えて別府市付近に東進した。この延長線としての海底断層は、伊方原発から5〜8kmのところを通っている。このような場所に原発を設置したことはそもそも間違いであった。伊方原発を再稼働してはならない。(後略)

 
[2016_05_25_02]
六ケ所再処理工場 非常用電源が復旧 東奥日報  2016/05/25 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 109 >  記事番号[541]〜[545] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2016_05_19_02]
本県を最終処分にしない確約 経産省 「約束は順守」 東奥日報  2016/05/19 TOP

 
[2016_05_17_06]
非常用電源が故障 再処理工場 東奥日報  2016/05/17 TOP

 
[2016_04_23_06]
原燃施設 クレーン故障相次ぐ 低レベル廃棄物 搬入延期 東奥日報  2016/04/23 TOP

 
[2016_04_22_06]
加速器研究第1段階 実験成功を祝い式典 六ケ所・核融合研究所 東奥日報  2016/04/22 TOP

 
[2016_04_09_02]
原燃・埋め込み金具 施工不良216カ所に 大林、熊川組JV担当 東奥日報  2016/04/09 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 110 >  記事番号[546]〜[550] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2016_04_07_10]
県・六ケ所村への財政支援 経産省「継続」認識 東奥日報  2016/04/07 TOP

 
[2016_03_29_01]
大地震時初動「対応不足」再処理工場審査で規制委 東奥日報  2016/03/29 TOP

 
[2016_02_20_01]
非常用電源故障 計器不良が原因 再処理工場分離建屋 東奥日報  2016/02/20 TOP

 
[2016_01_16_01]
再処理工場耐震審査 下北沖断層「活動性ない」 規制委が見解 東奥日報  2016/01/16 TOP

 
[2016_01_07_02]
ケーブルの火災対策 電力各社に確認要求 原子力規制委 東奥日報  2016/01/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 111 >  記事番号[551]〜[555] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2015_12_26_04]
高浜3号機 燃料装填 原燃「サイクル進展期待」 東奥日報  2015/12/26 TOP

 
[2015_12_26_01]
地震動538ガル「妥当」 出戸西方断層で規制委 再処理工場 東奥日報  2015/12/26 TOP

 
[2015_12_23_01]
地震動引き上げ 原燃社長が表明 再処理工場 東奥日報  2015/12/23 TOP

 
[2015_12_08_01]
過電圧対策の保安器 来年12月までに設置 原燃再処理工場 東奥日報  2015/12/08 TOP

 
[2015_12_05_01]
石炭備蓄基地火災 「影響を過小評価」 核燃訴訟で原告側 東奥日報  2015/12/05 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 112 >  記事番号[556]〜[560] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2015_12_04_01]
退室扉の封印を破損 規制庁から厳重注意 原燃再処理工場 東奥日報  2015/12/04 TOP

 
[2015_11_21_01]
6千トンの貯蔵場所確保 使用済み核燃料、電力会社が目標 東奥日報  2015/11/21 TOP

 
[2015_11_20_01]
原燃・埋め込み金具 施工不良146カ所に 東奥日報  2015/11/20 TOP

 
[2015_11_10_02]
六ヶ所再処理 非常用電源が故障 1系統は点検中 一時機能失う 東奥日報  2015/11/10 TOP

 
[2015_11_06_02]
「もんじゅ」規制委勧告 サイクル継続方針 経産相「影響ない」 東奥日報  2015/11/06 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 113 >  記事番号[561]〜[565] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2015_11_05_01]
ウラン工場 放射性廃棄物を不適切保管 違反8年間見過ごす 東奥日報  2015/11/05 TOP

 
[2015_10_23_01]
施工不良さらに53カ所 原燃・金具 大幅増の可能性も 東奥日報  2015/10/23 TOP

 
[2015_10_19_01]
「原発・核燃撤退を」 青森で市民団体集会 東奥日報  2015/10/19 TOP

 
[2015_10_16_02]
原燃機器故障 「原因は落雷」 対策に保安器設置 東奥日報  2015/10/16 TOP

 
[2015_10_09_03]
原燃機器トラブル 県が独自に検証を 社民県連申し入れ 東奥日報  2015/10/09 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 114 >  記事番号[566]〜[570] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2015_10_09_02]
金具14万3千枚 原燃、現品検査へ 浮き上がり問題 東奥日報  2015/10/09 TOP

 
[2015_10_06_01]
乾式貯蔵拡大で交付金 使用済み核燃料めぐり政府 東奥日報  2015/10/06 TOP

 
[2015_09_15_02]
福島第1地下水 まず838トン海洋へ 除去難しい「トリチウム」 東奥日報  2015/09/15 TOP
 東京電力福島第1原発の汚染水対策「サブドレン計画」で、くみ上げた地下水の海洋放出が14日、始まった。水は浄化処理しているが、放射性物質のトリチウムは除去できていない。トリチウムは、ろ過や蒸留などによる除去が難しいため、原発ごとに基準値を定め、海に放出することが認められている。第1原発事故以前からの制度で、世界的にも同様の措置が取られている。

 
[2015_09_10_01]
六ヶ所貯蔵施設さび 来年9月に最終報告 原燃 東奥日報  2015/09/10 TOP

 
[2015_09_05_01]
「福島原発事故後の対策・評価に誤り」 核燃訴訟・原告側主張 東奥日報  2015/09/05 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 115 >  記事番号[571]〜[575] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2015_09_04_01]
再処理工場機器故障 「的確な原因究明を」田中規制委員、原燃に要求 東奥日報  2015/09/04 TOP

 
[2015_09_03_01]
貯蔵施設部材のさび 原燃に原因調査指示 規制委 東奥日報  2015/09/03 TOP

 
[2015_09_02_01]
原燃の貯蔵施設 収納管にもさび 規制委きょう対応協議 東奥日報  2015/09/02 TOP

 
[2015_09_01_02]
使用済み核燃料搬入 貯蔵割合99.8% 再処理工場 東奥日報  2015/09/01 TOP

 
[2015_09_01_01]
故障機器すべて復旧 原燃 東奥日報  2015/09/01 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 116 >  記事番号[576]〜[580] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2015_08_03_01]
廃液漏れ検知計器が故障 六ヶ所「分離建屋」 雷影響の可能性 東奥日報  2015/08/03 TOP

 
[2015_07_18_01]
出戸西方断層 「長さ」審議が決着 原燃、11キロに評価見直し 東奥日報  2015/07/18 TOP

 
[2015_07_10_01]
岩手で震度5弱 八戸など「4」観測  東奥日報  2015/07/10 TOP

 
[2015_05_16_01]
再処理工場 原燃「大噴火可能性低い」 規制委、データ不足指摘 東奥日報  2015/05/16 TOP

 
[2015_03_28_02]
大間原発 考慮する活断層7つ 耐震審査本格化 東奥日報  2015/03/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 117 >  記事番号[581]〜[585] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2015_03_01_01]
「耐震偽装」再び 原発の耐震偽装は、なぜ問われないのか よせ新聞  2015/03/01 TOP

 
[2015_02_21_01]
六ヶ所村の活断層 工場側に100メートル延長 追加調査結果を審議 中日新聞  2015/02/21 TOP

 
[2015_02_17_01]
階上 震度5強 気象台 「余震に注意」 午前の地震「関連なし」 東奥日報  2015/02/17 TOP

 
[2014_11_22_01]
出戸西方断層 規制委が来月現地調査 原燃、長さの評価変えず 東奥日報  2014/11/22 TOP

 
[2014_11_16_01]
六ヶ所・再処理工場 延長コードから発煙 東奥日報  2014/11/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 118 >  記事番号[586]〜[590] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2014_11_13_01]
原発再稼働安全協定 県内自治体に拡大を 反核団体、県に申し入れ 東奥日報  2014/11/13 TOP

 
[2014_11_05_01]
知事 原発再稼働 同意得る範囲 「国の動向見て検討」 東奥日報  2014/11/05 TOP

 
[2014_10_08_01]
成功例評価も大事 元福島第1原発ユニット所長・吉澤氏 六ヶ所で 東奥日報  2014/10/08 TOP

 
[2014_09_20_01]
事業者から独立し審査 田中知氏、寄付の影響否定 規制委就任 東奥日報  2014/09/20 TOP

 
[2014_09_19_02]
断層調査半ば「残念」 規制委の島崎氏 退任会見 東奥日報  2014/09/19 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 119 >  記事番号[591]〜[595] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2014_09_06_01]
「石油基地火災 再処理に影響」 核燃訴訟で原告側 東奥日報  2014/09/06 TOP

 
[2014_08_24_01]
核燃事業廃止求め 六ヶ所でアピール ピースサイクル 東奥日報  2014/08/24 TOP

 
[2014_08_19_02]
非常用発電1機 一時動作不能に 原燃再処理工場 東奥日報  2014/08/19 TOP

 
[2014_06_26_01]
検討不足「審査できず」 規制委、原燃などに苦言 東奥日報  2014/06/26 TOP

 
[2014_06_10_01]
反核・菊川氏 出馬へ 六ヶ所村長選 告示まで1週間 一転、選挙戦に 東奥日報  2014/06/10 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 120 >  記事番号[596]〜[600] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2014_06_07_01]
大飯原発差し止め受け 「耐震基準見直せ」 核燃訴訟で原告側 東奥日報  2014/06/07 TOP

 
[2014_06_01_02]
県内関係者驚き 原燃・川井社長退任発表に 東奥日報  2014/06/01 TOP

 
[2014_05_21_04]
廃炉廃棄物 受け入れへ前向き 原燃副社長 「指示あればやる」 東奥日報  2014/05/21 TOP

 
[2014_05_13_01]
地下構造調査を視察 規制委島崎氏 下北半島できょうまで 東奥日報  2014/05/13 TOP

 
[2014_03_13_05]
エネルギー基本計画案は矛盾だらけ 東洋経済  2014/03/13 TOP
経済産業省が2月25日に最終計画案をまとめ、与党内協議を経て3月中に閣議決定される見通しのエネルギー基本計画。計画案では、焦点だった原子力発電の位置づけについて「エネルギー需給構造の安定性に寄与する重要なベースロード電源」とし、安倍晋三政権の原発推進方針を改めて確認するものとなった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 121 >  記事番号[601]〜[605] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2014_03_11_01]
再処理工場使用済み燃料 貯蔵割合98.3%に 東奥日報  2014/03/11 TOP

 
[2014_02_26_01]
エネ計画政府案 サイクル「推進」明記 将来見直しに含み 東奥日報  2014/02/26 TOP

 
[2014_01_08_03]
社説:再処理工場申請核燃政策の限界認めよ 毎日新聞  2014/01/08 TOP
日本は、使用済み核燃料を再処理し、取り出したプルトニウムを再び燃やす核燃料サイクルを国策としてきた。その要となる再処理工場(青森県六ケ所村)などについて、日本原燃が新規制基準に基づく安全審査を原子力規制委員会に申請した。今年10月の工場完成を目指すという。(後略)

 
[2013_12_20_02]
再処理と中間貯蔵 基準地震動1.3倍上げ 東奥日報  2013/12/20 TOP

 
[2013_12_20_01]
「七戸西方」は活断層 原燃が評価発表 施設に影響なし 東奥日報  2013/12/20 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 122 >  記事番号[606]〜[610] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2013_12_18_01]
下北沖・大陸棚外縁 活断層否定 見解変えず 原燃など4社が調査結果 東奥日報  2013/12/18 TOP

 
[2013_11_28_01]
安全保障上「必要」秘密保護法 原燃社長が見解 東奥日報  2013/11/28 TOP

 
[2013_11_16_02]
下北沖断層調査第三者会合 新たな評価手法を 東奥日報  2013/11/16 TOP

 
[2013_09_29_01]
社説 原子力規制委1年 信頼回復 独立貫いてこそ 東奥日報  2013/09/29 TOP
 一方で福島原発の放射性汚染水問題では規制委の関わりが弱かった。東電の管理体制を厳しくチェック、意思疎通を確実にしていればタンクからの漏れなどを防げた可能性はある。今後は汚染水にも厳しい目配りや指導が求められる。

 
[2013_09_11_01]
核燃再処理工場巡り規制委 最大級地震対応 新基準案を了承 日経新聞  2013/09/11 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 123 >  記事番号[611]〜[615] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2013_09_07_01]
下北調査と安全審査の関連性 規制庁と異なる見解 規制委代理人 東奥日報  2013/09/07 TOP

 
[2013_08_21_01]
下北の地下構造調査 規制庁、年度内に着手 東奥日報  2013/08/21 TOP

 
[2013_07_03_02]
再処理工場 最大地震 設計に反映 規制委が新基準骨子案 東奥日報  2013/07/03 TOP

 
[2013_02_03_01]
東通小田野沢 5弱 M6.4 十勝、釧路など5強 東奥日報  2013/02/03 TOP

 
[2012_12_24_01]
大陸棚外縁「適切な調査を」 東通原発断層問題 渡辺教授(東洋大) 東奥日報  2012/12/24 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 124 >  記事番号[616]〜[620] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2012_12_03_01]
六ヶ所再処理工場は廃止 大間原発など新増設禁止 2012年衆院選公約 東奥日報  2012/12/03 TOP

 
[2012_11_23_01]
下北半島沖「大陸棚断層」 きょうから追加調査 3社共同でデータ拡充 東奥日報  2012/11/23 TOP

 
[2012_11_14_02]
使用済み核燃料貯蔵 電力7社「代替」手つかず 北海道新  2012/11/14 TOP

 
[2012_10_10_02]
最終処分地「ノーと言えぬ」 六ヶ所村議「勉強会」今は封印 東奥日報  2012/10/10 TOP

 
[2012_10_02_01]
サイクル事業中止の場合の意見書 「慎重に検討すべき」 東奥日報  2012/10/02 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 125 >  記事番号[621]〜[625] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2012_09_08_01]
返還廃棄物拒否、使用済み燃料の村外搬出 六ヶ所村議会が意見書可決 東奥日報  2012/09/08 TOP

 
[2012_07_25_01]
脱原発に転じた東海村の真意 村上村長に聞く 編集委員 滝順一 日経新聞  2012/07/25 TOP
茨城県東海村は日本国内で最初に「原子の火」がともった発祥の地だ。昨年の東日本大震災では日本原子力発電の東海第2原子力発電所が津波に襲われたが、大事故には至らなかった。(後略)

 
[2012_03_03_01]
核燃訴訟 「安全審査 再処理も違法」 原告側、斑目氏発言受け 東奥日報  2012/03/03 TOP

 
[2012_02_28_03]
みんな気づいているだろうか 地震防災が原発の妨害を受けていることを よせ新聞  2012/02/28 TOP

 
[2012_02_17_01]
フクシマの教訓 「常識」どこまで通用 安全性の担保、道のり遠く 東奥日報  2012/02/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 126 >  記事番号[626]〜[630] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2012_02_16_03]
断層問題 安全委の追加調査困難 予算乏しく事業者頼み  東奥日報  2012/02/16 TOP

 
[2012_02_11_01]
断層問題 たわみか 3面の段丘か 六ケ所めぐり意見衝突  東奥日報  2012/02/11 TOP

 
[2012_01_12_02]
再処理工場 MOX燃料工場 核燃サイクル中核 批判の中 再開着々 東京新聞  2012/01/12 TOP

 
[2011_12_22_01]
フクシマの教訓 「濃縮工場 浸水の恐れ」 千年で5回、半島に大津波 東奥日報  2011/12/22 TOP

 
[2011_12_19_04]
県内施設安全性を問う 複数電源確保に奔走 余震でも東通も発電機停止 東奥日報  2011/12/19 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 127 >  記事番号[631]〜[635] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_12_16_01]
県内施設安全性を問う2 東通原発 免震棟なし 大間は免震構造を採用 東奥日報  2011/12/16 TOP

 
[2011_09_29_01]
県議会自民、民主がそれぞれに核燃サイクルで意見書案提出。前者は「責任ある見解の提示」、後者は「政策の継続」を求める内容。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/29 TOP
_

 
[2011_09_27_04]
原子力政策大綱の見直しはじまる。策定委員の三村知事は欠席。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/27 TOP
_

 
[2011_09_27_03]
六ヶ所村で、「原子力産業の将来展開を考えるシンポジウム」が開催され、“脱原子力"論調を批判。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/27 TOP
_

 
[2011_09_21_01]
青森県議会商工労働観光エネルギー常任委員会で、福島の廃炉廃棄物の受入れを否定。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/21 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 128 >  記事番号[636]〜[640] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_09_19_01]
東京明治公園で、さよなら原発5万人集会開催し、6万人が参加。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/19 TOP
_

 
[2011_09_17_01]
第7同県原子力安全対策検証委員会が開催され、報告書の取りまとめに異論出ず、安全対策了承の方針。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/17 TOP
_

 
[2011_09_13_03]
六ヶ所村商工会などが、村と村議会にサイクル推進要望書を提出。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/13 TOP
_

 
[2011_09_13_02]
原子力発電関係団体協議会が、国に防災体制の強化など要請した。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/13 TOP
_

 
[2011_09_07_01]
六ヶ所村議会(むつ小川原エネルギー対策特別委員会)もサイクル推進要望決定。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/07 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 129 >  記事番号[641]〜[645] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_09_06_03]
再処理工場で、燃料プールの補給水約4,000リットルが漏えい。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/06 TOP
_

 
[2011_09_05_01]
六ヶ所村長が、村議会で、新政権下での再処理撤退について「容認できぬ」と答弁。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/05 TOP
_

 
[2011_08_30_02]
東北電力と日本原燃は、断層活動性否定評価は「有効」と国に報告。 「六ヶ所村の記録」  2011/08/30 TOP
_

 
[2011_08_29_01]
六ヶ所再処理工場に、使用済み核燃料約25トン搬入。 「六ヶ所村の記録」  2011/08/29 TOP
_

 
[2011_08_24_03]
衆院文部科学委員会が再処理工場等を視察し、田中真紀子委員長が、「脱原発」に異を唱えた。 「六ヶ所村の記録」  2011/08/24 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 130 >  記事番号[646]〜[650] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_08_22_01]
耐震安全性評価に誤入力があつた問題で、再処理工場には「誤りなし」と原燃が国に報告。 「六ヶ所村の記録」  2011/08/22 TOP
_

 
[2011_08_21_01]
県原子力安全対策検証委員会が、6回目の会合開催し、報告書とりまとめになお時間。 「六ヶ所村の記録」  2011/08/21 TOP
_

 
[2011_08_16_02]
再処理工場で主排気塔の排気ガスモニタ−が故障するトラブル発生。既に復旧済み。 「六ヶ所村の記録」  2011/08/16 TOP
_

 
[2011_08_15_01]
日本原燃は、ガラス固化体製造試験の再開に向けた準備が整ったことを明らかにした。ただし、再開時期についてはなお見通せない状態である。 「六ヶ所村の記録」  2011/08/15 TOP
_

 
[2011_08_08_03]
県の原子力防災対策検討委員会が原子力防災の見直しに着手。 「六ヶ所村の記録」  2011/08/08 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 131 >  記事番号[651]〜[655] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_08_04_02]
英MOX工場が閉鎖することが明らかになった。日本の核燃サイクルに影響出る可能性高まる。 「六ヶ所村の記録」  2011/08/04 TOP
_

 
[2011_07_29_02]
日本原燃ほ、再処理工場用に緊急時対策所を新設したと発表。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/29 TOP
_

 
[2011_07_29_01]
川井日本原燃社長は、定例会見で核燃サイクル見直し論をけん制。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/29 TOP
_

 
[2011_07_27_05]
細野原発事故担当相は、原子力大綱見直しの際に「再処理工場も議論」と述べた。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/27 TOP
_

 
[2011_07_27_04]
青森県は福島原発事故を受けて、下北縦貫道むつ一棟浜間、全線バイパス整備を国直轄での整備を要望する方針を決定。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/27 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 132 >  記事番号[656]〜[660] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_07_27_03]
細野原発事故担当相は、原子力大綱見直し「再処理工場も議論」と表明。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/27 TOP
_

 
[2011_07_22_03]
再処理工場で予備として設置している蒸気ボイラー2台故障。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/22 TOP
_

 
[2011_07_22_02]
保安院は、核燃サイクル施設でも安全評価を実施する方向で検討することを表明。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/22 TOP
_

 
[2011_07_14_05]
三村知事は菅首相の「脱原発」発言に、静観の態度を表明。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/14 TOP
_

 
[2011_07_14_04]
県民の意見聴取の第三弾として、各界・各層の意見聴取終了。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/14 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 133 >  記事番号[661]〜[665] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_07_13_02]
菅首相の「脱原発」宣言、青森県内に困惑広がる。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/13 TOP
_

 
[2011_07_12_02]
検証委員会は、第5回会合を東京都内で開催し、再処理工場の被害想定の甘さ指摘。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/12 TOP
_

 
[2011_07_11_02]
むつ市長選挙で再選された宮下市長は、原子力「慎重に判断」と表明。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/11 TOP
_

 
[2011_07_11_01]
県民説明会が県内7カ所で開催され、六ヶ所会場でも反対意見続出。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/11 TOP
_

 
[2011_07_08_03]
保安院は、再処理工場の過酷事故対策「適切」と評価。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/08 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 134 >  記事番号[666]〜[670] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_07_08_02]
県民の意見聴取の第二弾として、市町村長会議開催。ストレステストに不満続出。また、三村知事が、原子力利用の必要性に言及。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/08 TOP
_

 
[2011_07_07_02]
全国知事会特別委員会の初会合が東京都内で行われ、ストレステストに批判続出。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/07 TOP
_

 
[2011_07_07_01]
東北電力と日本原燃、電源開発は、開閉所設備、変圧器の地震対策を国に報告。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/07 TOP
_

 
[2011_07_05_02]
県原子力政策懇話会開催。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/05 TOP
_

 
[2011_07_03_01]
むつで原発・核燃サイクル反対集会。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/03 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 135 >  記事番号[671]〜[675] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_06_28_04]
日本原燃は、定例記者会見で、固化体製造試験の再開を、盆明けめどとした。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/28 TOP
_

 
[2011_06_26_02]
反原発シール事件で、新たに東京の男性逮捕。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/26 TOP
_

 
[2011_06_23_03]
日本原燃が過酷事故対策をまとめたことを受けて、保安院が2度目の再処理工場立ち入り検査。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/23 TOP
_

 
[2011_06_22_01]
日本原燃:再処理工場の過酷事故全対策として、ヨウ素除去設備配備を公表。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/22 TOP
_

 
[2011_06_20_02]
日本原燃:技能期限切れた社員が、再処理工場内で5カ月間作業続けていたことを明らかにした。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/20 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 136 >  記事番号[676]〜[680] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_06_17_01]
海江田万里経産相は、核燃サイクル政策の「堅持」を打ち消す発言。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/17 TOP
_

 
[2011_06_16_03]
下北半島の7市町村が設置した、「原発にかかる関係市町村連絡会議」の初会合開かれた。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/16 TOP
_

 
[2011_06_15_03]
六ヶ所村の核燃PR施設内で、反原発のシールを貼った2人が逮捕。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/15 TOP
_

 
[2011_06_09_01]
原子力安全・保安院は、県内3施設の電源対策を妥当と評価した。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/09 TOP
_

 
[2011_06_08_05]
原子力発電関係団体協議会(会長:三村青森県知事)は、国に対して、8項目の最優先取り組み課題を要請。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/08 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 137 >  記事番号[681]〜[685] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_06_08_04]
海江田万里経産相は、核燃サイクル事業を国策として推進していく考えを示した。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/08 TOP
_

 
[2011_06_07_03]
県原子力安全対策検証委が発足。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/07 TOP
_

 
[2011_06_06_01]
下北7首長が原発連絡会議初会合開催。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/06 TOP
_

 
[2011_06_05_01]
低投票率の中で、青森県知事選終了。三村氏3選。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/05 TOP
_

 
[2011_06_04_03]
青森市内で、脱原発、再処理中止訴え全国集会開催。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/04 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 138 >  記事番号[686]〜[690] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_06_01_04]
日本原燃:新会長に電事連会長の八木氏を選任。 「六ヶ所村の記録」  2011/06/01 TOP
_

 
[2011_05_30_03]
日本原燃:緊急時対策を国に報告。4年後を目処に非常用電源を増強する計画などを盛った。 「六ヶ所村の記録」  2011/05/30 TOP
_

 
[2011_05_18_02]
核燃サイクル見直し発言に「報道は間違い」と菅首相。 「六ヶ所村の記録」  2011/05/18 TOP
_

 
[2011_05_16_02]
菅首相:核燃サイクル政策の見直しの発言が波紋。 「六ヶ所村の記録」  2011/05/16 TOP
_

 
[2011_05_11_03]
原発への危惧が的中 天仰ぐ「冤罪」前知事 FACTA  2011/05/11 TOP
「そのとき」どうしていましたか。佐藤郡山の自宅の居間で、突然、携帯電話の緊急地震速報のアラームが鳴りました。家内と庭に飛び出したとたん、立っていられないほどの揺れとなり、隣家のブロック塀が大きくたわむのが見えました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 139 >  記事番号[691]〜[695] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_04_28_03]
青森県・三村申吾知事:福島第1原発の事故を受けて、県内の原子力関連施設の安全性などを検証する専門家委員会を設置する方針を正式表明。安全対策と規制を事業者、国に全面的に委ねる従来の姿勢を転換し、県が主体的に安全性などを検証する態勢を整える。 「六ヶ所村の記録」  2011/04/28 TOP
_

 
[2011_04_25_04]
日本原燃・川井吉彦社長:入社式で福島第1原発事故に触れ、「厳しい状況でも原子力の必要性や再処理の意義は変わらない」と述べ、核燃料サイクルの重要性をあらためて訴える。 「六ヶ所村の記録」  2011/04/25 TOP
_

 
[2011_04_21_02]
日本原燃:福島第1原発事故を受け、非常用を含めた全電源の喪失を想定した緊急時の安全対策訓練を、六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場で初めて行う。 「六ヶ所村の記録」  2011/04/21 TOP
_

 
[2011_04_11_02]
リサイクル燃料貯蔵(RFS):福島第1原発の事故後に建設を中断していたむつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の周辺工事を再開。 「六ヶ所村の記録」  2011/04/11 TOP
_

 
[2011_04_10_02]
「4・9」全国市民集会開催(青森市)。「今こそ反核燃、反原発の問いを」と参加者の熱気がみなぎる。 「六ヶ所村の記録」  2011/04/10 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 140 >  記事番号[696]〜[700] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_04_08_02]
建屋内で汚染水漏れ 女川原発 冷却一時停止 毎日新聞  2011/04/08 TOP

 
[2011_03_29_01]
日本原燃:六ヶ所村議員全員協議会で、地理的条件から「津波による影響は考えられない」と安全性を強調。 「六ヶ所村の記録」  2011/03/29 TOP
_

 
[2011_03_15_01]
日本原燃:再処理工場で使用済み核燃料貯蔵プールの冷却水循環ポンプを動かす2つの非常用発電機のうち、1つが停止したと発表。 「六ヶ所村の記録」  2011/03/15 TOP
_

 
[2011_03_12_07]
宮城震度7、死者数百 M8.8 国内史上最大 八戸舘鼻で津波被害 県全域が停電 東奥日報  2011/03/12 TOP
 11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源とするマグニチュード(M)8.8の巨大地震があった。気象庁によると、関東大震災のM7.9などを上回り、1923年に日本で近代的な地震観測が始まってから最大。東北から関東にかけての広い範囲で津波や火災が発生し、警察庁によると死者は71人、多数の不明者やけが人が出ている。

 
[2011_03_12_04]
日本原燃:再処理工場で、使用済み核燃料を貯蔵するプ−ルから約600リットルの水があふれ出たと発表。 「六ヶ所村の記録」  2011/03/12 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 141 >  記事番号[701]〜[705] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_03_12_03]
宮城震度7、死者数百 M8.8 国内史上最大 東奥日報  2011/03/12 TOP
11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源とするマグニチュード(M)8.8の巨大地震があった。気象庁によると、関東大震災のM7.9などを上回り、1923年に日本で近代的な地震観測が始まってから最大。東北から関東にかけての広い範囲で津波や火災が発生し、警察庁によると死者は71人、多数の不明者やけが人がでている。

 
[2011_02_25_02]
日本原燃:ガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)を製造する溶融炉の更新を見据え、固化技術を研究、開発する施設を建設.再処理工場南側に整備し、新型炉の実規模大試験炉を設置。各種試験のほか、運転員の技術訓練などを行う。3月に着工、2013年3月の完成を目指す。 「六ヶ所村の記録」  2011/02/25 TOP
_

 
[2011_02_25_01]
日本原燃・川井吉彦社長:再処理工場で中断しているガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)製造試験について、試験再開時期が「4月上旬になる」との見通しを示す。 「六ヶ所村の記録」  2011/02/25 TOP
_

 
[2011_02_23_01]
日本原燃と電気事業連合会:海外からの返還低レベル放射性廃棄物の受け入れと使用済み核燃料再処理工場の完成延期で、2011年度に地域振興策として六ヶ所村に5億円を寄付。 「六ヶ所村の記録」  2011/02/23 TOP
_

 
[2011_02_21_01]
日本原燃・川井吉彦社長:再処理工場の完成2年延期で、約2,000億円の負担増と発表。 「六ヶ所村の記録」  2011/02/21 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 142 >  記事番号[706]〜[710] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2011_01_21_01]
電事連:原子力関連施設の立地に関わる電源三法交付金の対象外となる青森県内25市町村の支援決定。 「六ヶ所村の記録」  2011/01/21 TOP
_

 
[2010_12_24_01]
日本原燃:再処理工場で長期中断しているガラス固化体の製造試験で、固化体を製造する溶融炉(A系統)の底にこびりついた金属の除去を終了したと発表。 「六ヶ所村の記録」  2010/12/24 TOP
_

 
[2010_12_10_01]
経産省原子力安全・保安院:再処理工場のガラス固化体製造試験の再開を認める方針を決定。 「六ヶ所村の記録」  2010/12/10 TOP
_

 
[2010_11_30_02]
原子力委員会(近藤駿介委員長):原子力政策大綱の見直しを正式決定。1年かけて議論。 「六ヶ所村の記録」  2010/11/30 TOP
_

 
[2010_11_16_01]
原子力発電施設等周辺地域交付金対象外の青森県内25市町村:電気事業連合会(清水正孝会長)に対して、原子燃料サイクル事業推進特別対策事業の充実、拡充を要望。 「六ヶ所村の記録」  2010/11/16 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 143 >  記事番号[711]〜[715] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2010_11_15_01]
核燃料サイクル協議会開催:三村青森県知事が、政府のサイクル政策への対応は従来通りの回答。 「六ヶ所村の記録」  2010/11/15 TOP
_

 
[2010_09_17_01]
電気事業連合会:再処理工場の完成時期2年延期で、プルトニウム利用計画の変更を発表。 「六ヶ所村の記録」  2010/09/17 TOP
_

 
[2010_09_11_01]
原子力委員会近藤駿介委員長:第2再処理工場について「これから10年で検討する」との見解を示す。 「六ヶ所村の記録」  2010/09/11 TOP
_

 
[2010_09_10_01]
日本原燃:再処理工場について、10月としていた完成時期(試運転終了)を2年延期し、2012年10月とする工事計画の変更を発表。18回目の延期。 「六ヶ所村の記録」  2010/09/10 TOP
_

 
[2010_09_09_01]
日本原燃:再処理工場で、作業ミスにより燃料貯蔵プールに冷却水を送る補給水設備のポンプが停止するトラブルが発生したと発表。 「六ヶ所村の記録」  2010/09/09 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 144 >  記事番号[716]〜[720] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2010_08_31_01]
むつ市のリサイクル燃料貯蔵(RFS、久保誠社長):使用済み核燃料中間貯蔵施設の起工式を開催。操業開始は2012年7月の予定。 「六ヶ所村の記録」  2010/08/31 TOP
_

 
[2010_08_10_01]
日本原燃:再処理工場で、ガラス固化体を製造する溶融炉のうち、耐火レンガが欠落した炉(A系統)とは別の溶融炉(B系統)内の点検を開始。 「六ヶ所村の記録」  2010/08/10 TOP
_

 
[2010_08_02_01]
日本原燃:再処理工場で高レベル放射性廃液を濃縮する装置から、微量の廃液が漏れた可能性があると発表。作業員1人に放射性物質が付着し被ばく。 「六ヶ所村の記録」  2010/08/02 TOP
_

 
[2010_07_22_01]
日本原燃:高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)貯蔵管理施設で、固化体検査室の換気設備が一時停止したと発表。 「六ヶ所村の記録」  2010/07/22 TOP
_

 
[2010_07_15_01]
日本原燃:再処理工場で中断しているガラス固化体の製造試験で、高レベル廃液を含むガラス溶液の抜き出し不調が発生した溶融炉(A系統)とは別の、使用していない溶融炉(B系統)で製造試験を再開する方針を、同日国に提出した溶融炉の運転方法改善報告書の中で示した。新方針は国の了解が必要。 「六ヶ所村の記録」  2010/07/15 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 145 >  記事番号[721]〜[725] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2010_07_02_02]
日本原燃:再処理工場で中断しているガラス固化体の製造試験で固化体を製造する溶融炉内に残っていたガラス溶液の抜き出しを終えたと発表。 「六ヶ所村の記録」  2010/07/02 TOP
_

 
[2010_06_22_01]
日本原燃:再処理工場で、ガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)を製造する溶融炉内から高レベル廃液を含むガラス溶液を抜き出す作業を開始。 「六ヶ所村の記録」  2010/06/22 TOP
_

 
[2010_06_17_01]
日本原燃:再処理工場のガラス固化体を製造する溶融炉の底から、欠け落ちた耐火レンガを回収。 「六ヶ所村の記録」  2010/06/17 TOP
_

 
[2010_05_19_01]
経済産業省:大間原発など青森県内3施設を対象に交付される核燃料サイクル交付金について、交付金を充てる事業をまとめた県の地域振興計画を承認。本年度からの交付が確定し、今後10年間で計180億円が交付される見通し。 「六ヶ所村の記録」  2010/05/19 TOP
_

 
[2010_05_15_01]
日本原燃:再処理工場のガラス固化体を製造する溶融炉の底に落ちた耐火レンガの回収作業を再開。 「六ヶ所村の記録」  2010/05/15 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 146 >  記事番号[726]〜[730] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2010_05_13_01]
経済産業省:日本原燃が六ヶ所村に計画しているMOX燃料加工工場と、リサイクル燃料貯蔵(RFS)がむつ市に予定している使用済み核燃料中間貯蔵施設について、それぞれ事業を許可。 「六ヶ所村の記録」  2010/05/13 TOP
_

 
[2010_04_12_01]
青森、茨城、大阪各労働局:再処理工場に労働者を二重派遣したとして、労働者派遣法に基づく事業改善命令を出した。 「六ヶ所村の記録」  2010/04/12 TOP
_

 
[2010_04_10_01]
「止めよう再処理!全国実行委員会」:「4・9反核燃の目」全国集会を開き、六ヶ所再処理工場の本格操業中止などを訴えた(青森市・青い森公園)。 「六ヶ所村の記録」  2010/04/10 TOP
_

 
[2010_04_05_01]
日本原燃:再処理工場のガラス溶融炉での耐火れんがの欠落で、耐火れんがの回収作業に着手。 「六ヶ所村の記録」  2010/04/05 TOP
_

 
[2010_03_17_01]
日本原燃:再処理工場の分析建屋で作業員がプルトニウム溶液を誤って別のタンクへ入れるミスがあったと発表。 「六ヶ所村の記録」  2010/03/17 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 147 >  記事番号[731]〜[735] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2010_03_16_01]
日本原燃:再処理工場の精製建屋内で、配管からプルトニウム溶液などが漏れていないか検知する装置2系統のうち1系統が動作不良を起こし、検知できなくなったと発表。 「六ヶ所村の記録」  2010/03/16 TOP
_

 
[2010_02_08_01]
日本原燃:再処理工場の使用済み核燃料貯蔵プールの冷却系統が約3時間にわたって止まるトラブルがあったと発表。屋外に出ている配管が凍結したことが原因。 「六ヶ所村の記録」  2010/02/08 TOP
_

 
[2010_01_09_01]
日本原燃:再処理工場精製建屋の放射線管理区域で、蒸気加熱設備の内部が過加熱し、安全装置が働き自動停止したと発表。 「六ヶ所村の記録」  2010/01/09 TOP
_

 
[2009_12_16_01]
原口一博総務相:青森県が日本原燃の六ヶ所再処理工場で貯蔵されている使用済み核燃料に課す核燃料物質等取扱税の税率を現行のウラン1キロ当たり1,300円から6.4倍の8,300円に引き上げることに同意。 「六ヶ所村の記録」  2009/12/16 TOP
_

 
[2009_11_26_03]
日本原燃:再処理工場の放射線管理区域で作業の協力会社の作業員延べ102人分の累積被ばく線量が実際の線量より高く誤計算と発表。 「六ヶ所村の記録」  2009/11/26 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 148 >  記事番号[736]〜[740] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2009_11_26_02]
総合資源エネルギー調査会:「六ヶ所再処理施設総点検に関する検討会」を開催。 「六ヶ所村の記録」  2009/11/26 TOP
_

 
[2009_11_19_01]
日本原燃:再処理工場低レベル放射性廃棄物処理建屋で、協力会社の30代男性作業員が誤って別の作業員の個人線量計を着用し、放射線管理区域内で作業をしたと発表。 「六ヶ所村の記録」  2009/11/19 TOP
_

 
[2009_11_18_01]
日本原燃:再処理工場高レベル廃液ガラス固化建屋で、廃ガス洗浄系の水循環ポンプ1台が故障。 「六ヶ所村の記録」  2009/11/18 TOP
_

 
[2009_11_16_01]
日本原燃:再処理工場使用済み燃料受け入れ・貯蔵建屋の非常用ディーゼル発電機が一時停止。 「六ヶ所村の記録」  2009/11/16 TOP
_

 
[2009_11_09_01]
経済産業省原子力安全・保安院:核燃料サイクル施設で、原子炉等規制法に基づく4件の保安規定違反が見つかったと発表。1月の発表に続き本年度2回目で違反件数は計9件。 「六ヶ所村の記録」  2009/11/09 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 149 >  記事番号[741]〜[745] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2009_11_08_02]
渡辺満久東洋大学教授:「日本活断層学会秋季大会」で再処理工場敷地直下の逆断層に起因する活撓曲構造の存在を、地質学的な側面からも裏付ける報告を行なう。 「六ヶ所村の記録」  2009/11/08 TOP
_

 
[2009_11_08_01]
核燃サイクル施設周辺2カ所 地殻変動の地層発見 六ケ所村 毎日新聞  2009/11/08 TOP

 
[2009_10_26_01]
日本原燃:再処理工場の漏えいがあった配管内に約100ミリリットルの液体が残留。 「六ヶ所村の記録」  2009/10/26 TOP
_

 
[2009_10_22_03]
日本原燃:再処理工場の高レベル廃液ガラス固化建屋で、高レベル放射性廃液を流す配管から液体約20ミリリットルが漏えいしたと発表。同配管からの液漏れは3度目。 「六ヶ所村の記録」  2009/10/22 TOP
_

 
[2009_10_21_01]
青森県と六ヶ所村:「再処理工場で臨界事故が発生し、周辺環境に放射性物質が放出された」との想定で原子力防災訓練。 「六ヶ所村の記録」  2009/10/21 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 150 >  記事番号[746]〜[750] / 記事総数[1109]  5進む▼ 

[2009_10_17_02]