トップ > 柏崎刈羽原発
 
<<志賀 東京電力 柏崎刈羽原発
運転状況と記事一覧(時系列逆順
泊>>
 
 
[1] 運転状況 最新情報は ココ
 
発電炉名 炉型 出力(万kW) 運転開始 運転年数
※1
事故時の状況 ※2 事故時の状況詳細 現在の状況 ※3
柏崎刈羽1 BWR 110 1985/09/18 32年 運転中 運転中 停止中
柏崎刈羽2 BWR 110 1990/09/28 27年 停止中 定期検査中 2007.7.16以降停止中
柏崎刈羽3 BWR 110 1993/08/11 24年 停止中 定期検査中 停止中
柏崎刈羽4 BWR 110 1994/08/11 23年 停止中 定期検査中 停止中
柏崎刈羽5 BWR 110 1990/04/10 28年 運転中 運転中 停止中
柏崎刈羽6 ABWR 135.6 1996/11/07 21年 運転中 運転中 停止中
柏崎刈羽7 ABWR 135.6 1997/07/02 20年 運転中 運転中 停止中
 
※1:運転開始から現在(2018.6.15)までの年数
※2:事故とは2011.3.11福島第一原発事故の意味
※3:現在とは2020/7/3とする。
 
 
[2] 記事一覧 Wikipedia
 
 ・当一覧は全記事を 時系列逆順 に表示しています。
 ・全記事(時系列昇順)を読みたい場合は 全記事(時系列昇順) をクリックして下さい。
 ・各記事の記事番号・見出しをクリックすると記事全文を表示します。
 

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2021_02_20_06]
福島原発千葉訴訟控訴審判決−東京高裁で東電と国の責任を認める たんぽぽ  2021/02/20 TOP
(前略)住民ら17世帯43人が、国と東電への損害賠償請求訴訟控訴審判決で、東電にだけ賠償を命じた一審の千葉地裁判決を覆し、国の法的責任をも認める逆転判決を下した。(後略)

 
[2021_02_19_07]
柏崎原発 侵入検知設備を損傷東電発表、核防護規定違反か 新潟日報  2021/02/19 TOP
東京電力は19日未明、柏崎刈羽原発の侵入検知に関わる核物質防護設備を1カ所誤って損傷させたと発表した。損傷は1月27日で、既に代替措置を講じ、原子力規制庁に報告した。(後略)

 
[2021_02_19_03]
福島第2原発でID紛失 柏崎刈羽では防護設備破損 東電 時事通信  2021/02/19 TOP
東京電力は19日、福島第2原発(福島県)で社員がIDカードを紛失したと発表した。16日に社員から届け出があった。中央制御室を除く建屋に入るために必要なものだが、無くしたカードは無効化されており、使用できない状態という。(後略)

 
[2021_02_18_06]
「安全対策工事の未了が把握されていなかった」ことのほうがはるかに重大で危険性がある たんぽぽ  2021/02/18 TOP
(前略)さらに2月15日には7号機の安全対策工事が終わっていない箇所が「総点検」によって新たに発覚したことが報じられた。(後略)

 
[2021_02_17_03]
情報連絡・共有体制の不備を指摘され、強化したはずの東京電力がどうしたのか たんぽぽ  2021/02/17 TOP
東京電力は、責任(ID不正使用入室の件)を明確にして再発を防ぐため、2月15日付けで◎小早川社長を厳重注意◎牧野茂徳原子力立地・本部長をけん責◎石井武生柏崎刈羽原子力発電所長を1か月間の減給とする(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2021_02_17_02]
考えよう原発クイズにチャレンジ  だから止めよう!東海第二原発 たんぽぽ  2021/02/17 TOP
問1:葛飾区に一番近い原子力発電所は次のアイウエのどれ?ア.福島第一原発イ.東海第二原発ウ.浜岡原発エ.柏崎刈羽原発問2:東海第二原子力発電所が運転を開始して何年?(後略)

 
[2021_02_16_08]
ID不正使用問題 「“東電の適格性"再審査を」市民団体が規制庁に申し入れ 新潟総合テレビ  2021/02/16 TOP
柏崎刈羽原発でのID不正使用問題を受け16日、市民団体が規制庁に対し再審査などを求める申し入れを行いました。(後略)

 
[2021_02_15_06]
柏崎刈羽原発7号機 未完了の工事が新たに見つかる テレビ新潟  2021/02/15 TOP
東京電力は当初、完了したと発表していた柏崎刈羽原発7号機の安全対策工事について終了していない工事がさらに見つかったと明らかにしました。(後略)

 
[2021_02_15_04]
東日本大震災の余震とされる地震 震度4の女川市(宮城県)で問題発生 山崎久隆 たんぽぽ  2021/02/15 TOP
◎東日本大震災の余震とされる地震が2月13日23時08分に福島県沖を震源として発生した。この地震は、最大震度6強(宮城県蔵王町、福島県相馬市、国見町、新地町)気象庁マグニチュード7.3(モーメント・マグニチュード7.1)(後略)

 
[2021_02_14_15]
宮城、福島で震度6強  福島沖M7・1、津波なし 河北新報  2021/02/14 TOP
13日午後11時7分ごろ、宮城県南部、福島県の中通りと浜通りで震度6強の地震があった。両県の消防によると、30人超が負傷した。集合住宅での火災や落石、電線の断線といった情報も相次ぎ(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2021_02_14_14]
震度6強:原発への影響まとめ(4:00) 日テレ  2021/02/14 TOP
13日午後11時8分ごろ、宮城県と福島県で震度6強を観測する地震がありました。地震による各原発への影響です。政府は、福島第一・第二原発、女川原発について、異常はないと発表しました。(後略)

 
[2021_02_13_06]
不正入室問題は「報道で知った」東電新潟本社橘田代表 新潟放送  2021/02/13 TOP
2020年9月に起きた東京電力社員による中央制御室への不正入室問題について東電新潟本社の橘田代表は1月のメディアの報道をきっかけにこの問題を把握していたことが明らかになりました。(後略)

 
[2021_02_13_05]
「本質的な安全文化に関わる」と苦言 東電不正入室問題で県技術委座長 新潟日報  2021/02/13 TOP
(前略)同原発所員が原発中央制御室に不正入室した問題について、中島健座長(京都大教授、日本原子力学会長)は「本質的な安全文化に関わる問題」と東電に苦言を呈した。(後略)

 
[2021_02_10_07]
タガが外れている東京電力 中央制御室管理の甘さが露呈 たんぽぽ  2021/02/10 TOP
読売新聞が1月23日付け朝刊で「原発中枢 他人IDで入る…柏崎刈羽所員 規定違反の恐れ」とスクープした。(後略)

 
[2021_02_10_05]
原子力規制庁トップが謝罪 不正ID侵入公表遅れで テレ朝news  2021/02/10 TOP
東京電力の柏崎刈羽原発で職員がIDを不正に使って中央制御室に侵入したことが4カ月も原子力規制委員会に公表されなかったことについて、原子力規制庁のトップが初めて謝罪しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2021_02_10_03]
東電の適格性 花角知事「事案考慮のうえで評価を」 テレビ新潟  2021/02/10 TOP
柏崎刈羽原発のIDカード不正使用問題で、花角知事は2月10日、原発を運転する事業者としての“東京電力の適格性"に関わる“保安規定"について「事案を考慮した上で評価がなされるべき」と述べた。(後略)

 
[2021_02_10_02]
柏崎刈羽原発不正行為問題 規制委、安全審査はやり直さず 毎日新聞  2021/02/10 TOP
(前略)更田(ふけた)豊志・規制委委員長は10日の定例記者会見で「セーフティー(原発の安全性)と(核物質の)セキュリティーは(問われている本質が)異なる」と述べ、審査をやり直さない考えを示した。(後略)

 
[2021_02_09_01]
ID不正使用20代社員 東電説明会に不満の声 新潟テレビ21  2021/02/09 TOP
東京電力は8日夜、長岡市で柏崎刈羽原発の7号機に関する住民説明会を開きました。IDカードの不正使用問題については多くは説明せず、参加者からは不満の声が上がりました。(後略)

 
[2021_02_08_02]
他人IDで原発進入、警報鳴ったのに警備担当がデータ書き換え 読売新聞  2021/02/08 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)の所員が他人のIDカードで中央制御室に不正進入した問題で、警備担当者らが所員のデータを書き換えていたことが8日、原子力規制委員会の検査で分かった。(後略)

 
[2021_02_06_02]
東電社員の原発不正入室 9月に報告受けた規制庁で情報止まる NHK  2021/02/06 TOP
東京電力・柏崎刈羽原子力発電所の中央制御室に社員が不正に入った問題で東京電力は入室があった次の日の去年9月21日には原子力規制庁に報告していたことを明らかにしました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2021_02_06_01]
柏崎原発「合格」前に規制庁把握か不正入室 昨年9月、規制委に報告せず 新潟日報  2021/02/06 TOP
(前略)原子力規制委員会が昨年9月に同原発の保安規定変更案の「合格」を認める前に、規制委の事務局である原子力規制庁がこの問題を把握していた可能性があることが5日、分かった。(後略)

 
[2021_02_05_04]
東電不祥事に批判続出「管理甘い」 新潟・柏崎刈羽原発 毎日新聞  2021/02/05 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の安全性などを住民が議論する「原発の透明性を確保する地域の会(地域の会)」が3日夜あり、原発推進派、反対派の双方からID不正入室や安全対策工事未完了問題に批判的な意見や疑問が相次いだ。(後略)

 
[2021_02_04_03]
柏崎刈羽原発 再稼働は「四面楚歌」 東電失態、推進派も批判 毎日新聞  2021/02/04 TOP
東京電力柏崎刈羽原発で、ID不正入室や安全対策工事未完了などの失態が相次いだことを巡り、再稼働の推進派からも批判が出始めた。(後略)

 
[2021_02_04_01]
電気事業連合会がむつ市RFSへ「原発を持つ各社の共同利用」を提起 たんぽぽ  2021/02/04 TOP
項目紹介1.はじめに2.むつ市RFSと東京電力との関係3.むつ市RFSの共同利用計画(後略)

 
[2021_02_03_02]
「大きな失望」 原発推進派の柏崎商工会議所 東京電力に異例の申し入れ 新潟総合テレビ  2021/02/03 TOP
柏崎刈羽原発を巡っては、所員が他人のIDカードを使い中央制御室に不正に入っていた問題や、完了したと発表していた7号機の安全対策工事の一部が完了していないことが明らかになりました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2021_01_30_05]
東電柏崎刈羽原発、不祥事相次ぐ 地元に不信感、再稼働遅れも 時事通信  2021/01/30 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で不祥事が相次いでいる。社員による中央制御室への不正入室や、終了したと発表した安全対策工事の一部未完了が発覚。(後略)

 
[2021_01_30_03]
大雪で原発から避難できるのか 柏崎刈羽近くの住民「実効性ある計画を」 毎日新聞  2021/01/30 TOP
今冬の記録的な大雪で、厳冬期に東京電力柏崎刈羽原発からの避難ができるのかという疑問が、原発近くの住民から出ている。(後略)

 
[2021_01_29_05]
原発再稼働の議論について自民党新潟県連幹部「年内の予定は立てられない」 TENYテレビ新潟  2021/01/29 TOP
東京電力は1月29日、柏崎刈羽原発での社員によるIDの不正利用など一連の問題について自民党新潟県連に報告し謝罪した。小野幹事長は再稼働の議論について「年内の予定は立てられない」と批判した。(後略)

 
[2021_01_28_08]
失態続きの東京電力に柏崎市長「度を過ぎてる」 BSN新潟放送  2021/01/28 TOP
柏崎刈羽原発でのIDカードの不正使用や、安全対策工事の一部未完了など、失態続きの東京電力に対し28日、新潟県柏崎市の桜井市長は「度を過ぎてる」と不快感を示しました。(後略)

 
[2021_01_27_03]
柏崎刈羽7号機の安全対策工事 東電「完了」、実は終わらず 毎日新聞  2021/01/27 TOP
東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発7号機で、東電が「完了した」としていた再稼働に必要な安全対策工事が、まだ終わっていなかったことがわかった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2021_01_27_01]
東電・柏崎刈羽の不正ID問題で規制委員長が厳正に対処する考え TBS_NEWS  2021/01/27 TOP
東京電力の柏崎刈羽原発で社員が他人のIDカードを使って発電所に入っていた問題で、原子力規制委員会の更田委員長は、「東電のセキュリティ教育はどうなっているのか」(後略)

 
[2021_01_26_05]
冬季の原発事故 除雪は?避難の課題山積み BSN  2021/01/26 TOP
冬場に地震が発生し、柏崎刈羽原発で事故が起きたことを想定した避難訓練が26日、新潟県で初めて実施されました。(後略)

 
[2021_01_26_04]
〈柏崎刈羽原発〉“ID不正使用"“避難"に批判・不安の声相次ぐ【新潟】 NST  2021/01/26 TOP
柏崎刈羽原発をめぐっては7号機が国の審査にすべて合格し、安全対策工事も完了。再稼働に向けて地元の同意が焦点となっています。(後略)

 
[2021_01_25_04]
柏崎原発再稼働に住民反対相次ぐ 東電が地域説明会 共同通信  2021/01/25 TOP
東京電力は25日、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)7号機に関する地域説明会を同県柏崎市で開いた。原子炉の起動前検査の概要などを示し、再稼働に向けた理解を求めた。(後略)

 
[2021_01_25_03]
原発ID不正使用「再稼働 根幹揺るがす」 BSN新潟放送  2021/01/25 TOP
新潟県の柏崎刈羽原発で、東京電力の社員が他人のIDを利用し、中央制御室に不正に入っていた問題です。問題の発覚を受け地元からは、原子力事業者としての適格性を問う声が上がっています。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2021_01_24_01]
原発安全協定で研究会が初の素案 NHK  2021/01/24 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働にあたって、原発からおおむね30キロ圏内の自治体にも事前の了解を必要とする新たな協定の締結をめざす市や町の議員による研究会が23日に見附市で開かれ(後略)

 
[2021_01_23_05]
他人IDで原発制御室へ不正入室 東電柏崎刈羽所員、規制委に報告 福島民報  2021/01/23 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の所員が昨年9月、他の所員のIDカードを使って不正に中央制御室に入っていたことが23日、関係者への取材で分かった。(後略)

 
[2021_01_22_07]
花角県政下“初の総括委"で知事と委員長の意見対立 先行き不透明に NST  2021/01/22 TOP
福島第一原発事故に関する県の3つの検証委員会を総括する委員会が22日、3年ぶりに開かれました。花角知事のもとで初めて開かれた検証総括委員会には、7人の委員がオンラインで出席。(後略)

 
[2021_01_22_05]
「県は安全担保の姿勢欠落」技術委不再任問題で立石氏 新潟日報  2021/01/22 TOP
県技術委は現在、東電福島第1原発事故の原因検証結果を踏まえ、柏崎刈羽原発の安全性が確保されているかの確認を進めている。(後略)

 
[2021_01_20_04]
原発訴訟、「本丸」高裁判決の行方 判決次第では、国の原発政策は行き詰まりも 東洋経済  2021/01/20 TOP
東京高等裁判所で予定されている2つの民事訴訟の判決が、日本の原子力行政に根本的な見直しを迫ることになるかもしれない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2021_01_20_01]
新潟県が原発の安全性を議論する技術委員7人を再任せず 高齢などを理由 新潟テレビ21  2021/01/20 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所の安全性を検証している、新潟県の技術委員会の一部の委員に対して、県が高齢などを理由に「再任しない」と通知したことがわかりました。通知された委員からは反発の声もあがっています。(後略)

 
[2021_01_19_02]
県 技術委で一部委員再任せず NHK  2021/01/19 TOP
柏崎刈羽原子力発電所の安全性を議論している県の技術委員会の一部の委員が、高齢を理由に来年度は再任されないことが分かりました。(後略)

 
[2021_01_18_01]
新潟の原発技術委 「再稼働慎重派」2人交代へ 「恣意的な人事」疑問も 毎日新聞  2021/01/18 TOP
新潟県が東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の可否判断の前提にする検証委員会で、県が、再稼働慎重派の委員2人を3月末で交代させることがわかった。別の慎重派1人も辞任しており、今後の議論への影響は必至だ。(後略)

 
[2021_01_17_01]
社説 柏崎刈羽原発 「再稼働ありき」では困る 新潟日報  2021/01/17 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の再稼働への地ならしともいえる動きが目立っている。心配なのは、多くの県民のあずかり知らぬところで、着々と準備が進んでいるのではないかということだ。(後略)

 
[2021_01_14_02]
柏崎刈羽原発“再稼働"へ理解求める 東京電力が25日から住民説明会を開催 NST新潟放送テレビ  2021/01/14 TOP
東京電力は、柏崎刈羽原発7号機の再稼働に向け住民の理解を得るため1月25日以降、柏崎市・刈羽村など5つの会場で説明会を開催すると発表しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2021_01_13_01]
東京電力柏崎刈羽原発7号機安全対策工事が完了 再稼働へ着々…地元同意が焦点に UX新潟テレビ21  2021/01/13 TOP
東京電力は、柏崎刈羽原原子力発電所7号機の安全対策工事が完了したと発表しました。起動前の検査が終わる春以降に、再稼働への同意を求める考えです。東京電力によりますと、柏崎刈羽原発7号機の安全対策工事は、12日夜完了しました。(後略)

 
[2021_01_12_04]
原発事故めぐる避難生活に関する検証 取りまとめを知事に報告 テレビ新潟  2021/01/12 TOP
福島第一原発事故にともなう避難生活について調べてきた県の検証委員会の生活分科会の取りまとめが1月12日、花角知事に報告された。(後略)

 
[2021_01_12_03]
原発安全対策工事を自治体に報告 NHK  2021/01/12 TOP
東京電力新潟本社の橘田代表と柏崎刈羽原子力発電所の石井所長が柏崎市の桜井市長と刈羽村の品田村長を年始のあいさつで訪ね、柏崎刈羽原発7号機の安全対策工事が早ければ12日にも終了することなどを報告しました。(後略)

 
[2021_01_01_01]
崩れた安全神話 「脱原発依存」で新産業創出を 会田・前新潟県柏崎市長 毎日新聞  2021/01/01 TOP
中越沖地震と東日本大震災。柏崎刈羽原発の立地市長として二つの災害を経験した前新潟県柏崎市長の会田洋さん(73)に、当時の対応や、原発に対する考えを聞いた。(後略)

 
[2020_12_24_10]
規制委員長「東電の姿勢は受け身」福島事故の調査停滞も指摘 新潟日報  2020/12/24 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は23日の定例会見で、東京電力の小早川智明社長と行った21日の意見交換を振り返り、福島第1原発や柏崎刈羽原発に対する東電の姿勢が「受け身という印象だ」と改めて不満を示した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_12_24_02]
柏崎刈羽、対策工事完了は越年へ 7号機の再稼働で東電 共同通信  2020/12/24 TOP
東京電力新潟本社(新潟県)の橘田昌哉代表は24日、新潟市内で記者会見を開き、柏崎刈羽原発7号機(同県)の再稼働に向けた実質的な安全対策工事の完了時期が2021年1月上旬にずれ込む見通しになったと明らかにした。(後略)

 
[2020_12_14_06]
東電、50年にCO2排出ゼロ 新再建計画、原発再編推進 共同通信  2020/12/14 TOP
東京電力ホールディングスが策定を進める新たな経営再建計画の原案が14日、判明した。柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働や再生可能エネルギーの発電量増加で、2050年に二酸化炭素(CO2)排出の実質ゼロを打ち出すのが柱。(後略)

 
[2020_12_14_02]
東京商工会議所の幹部 柏崎刈羽原発を視察 三村会頭「原発は絶対必要」 TeNYテレビ新潟  2020/12/14 TOP
柏崎刈羽原子力発電所を14日、東京商工会議所の幹部などが視察した。三村明夫会頭は「原子力発電は日本経済にとって絶対に必要」などと述べた。(後略)

 
[2020_12_11_01]
地元からも海外からも「汚染水流すな!」のタンク保管汚染水 浜島高治 たんぽぽ  2020/12/11 TOP
◎アベが、福島第一原発は「アンダーコントロール」と白を切ってオリンピックを誘致しましたが、当初から福島第一原発の汚染水はコントロール出来なくて漏れ漏れ。せっかくの「凍土壁」も更田委員長自らが「氷の簾(すだれ)」と言い(後略)

 
[2020_12_08_03]
大阪地裁により規制委の違法行為が断罪される大飯原発は直ちに廃炉に 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表) たんぽぽ  2020/12/08 TOP
◎2020年12月4日、大阪地裁の森健一裁判長は3.11後の行政訴訟としては初めて原発の設置許可を取り消す判決を下しました。判決の意義と思いを以下に書き留めておきます。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_12_08_02]
関電はあかんでえ、原発稼働を断念せよ! 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク) たんぽぽ  2020/12/08 TOP
12月4日の大飯3,4号機設置許可取消判決(大阪地裁、森鍵裁判長)を、原発にとどめを刺す一撃にしよう。裁判の主な争点は最大想定「基準地震動」856ガルにあるそうだ。勝利を導いた訴訟団に敬意を表する。(後略)

 
[2020_12_05_05]
原子力規制委の問題点を指摘した−柏崎差し止め訴訟原告 新潟日報  2020/12/05 TOP
関西電力大飯原発3,4号機の設置許可を取り消した4日の大阪地裁判決について、新潟地裁で係争中の東京電力柏崎刈羽原発運転差し止め訴訟の和田光弘・原告弁護団長は「全国の原発訴訟に影響する大きな判断だ」と歓迎した。(後略)

 
[2020_11_28_03]
規制委臨時会議(対日本原燃)は、さながら「原子力ムラ」三者会談 木村雅英 たんぽぽ  2020/11/28 TOP
11月18日の第39回臨時会議を是非ご覧いただきたい、後半30分だけでも。(後略)

 
[2020_11_27_01]
柏崎刈羽原発の安全性巡る論点−県民から広く意見募集を 新潟日報  2020/11/27 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の安全性を議論する県技術委員会は25日、新潟市中央区で会合を開いた。柏崎刈羽原発の安全性を確認する事項に「火山・竜巻対策」を追加して計21項目とした。(後略)

 
[2020_11_20_01]
「特重」とは「テロ対策」のみに対応する設備ではない 山崎久隆 たんぽぽ  2020/11/20 TOP
「特定重大事故等対処施設」とは何か(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_11_18_03]
残された課題 “避難計画の実効性" 専門家「福島の教訓忘れ去られている」 KHB東日本放送  2020/11/18 TOP
今年2月の審査合格から約9カ月。再稼働をめぐる地元同意の手続きは完了しましたが、どのような課題を残したのでしょうか。(後略)

 
[2020_11_17_07]
東電「柏崎刈羽」原電「東海第二」原発は、もはや再稼働断念しかない 現代ビジネス  2020/11/17 TOP
早く合意に取り付けた「(政府の)再稼働方針について了解することにした」――。こう述べて、宮城県の村井嘉浩・知事は先週(11月11日)、東北電力・女川原子力発電所2号機の運転再開を容認する考えを表明した。(後略)

 
[2020_11_17_01]
柏崎市長再選 「再稼働」独り歩きは困る 新潟日報  2020/11/17 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題は県民全体にとっての課題である。選挙結果を受け、「再稼働容認」が独り歩きすることを懸念する。(後略)

 
[2020_11_16_03]
柏崎市長選、桜井氏が再選 再稼働反対の近藤氏破る 新潟日報  2020/11/16 TOP
任期満了に伴う新潟県柏崎市長選は15日投票が行われ、即日開票の結果、いずれも無所属で、原発再稼働を容認する現職の桜井雅浩氏(58)が、再稼働に反対する弁護士で新人の近藤正道氏(73)=立民、共産、社民推薦=との一騎打ちを制し、再選を果たした。(後略)

 
[2020_11_11_11]
(再稼働に同意)私たちのような目に合わせたくない…福島の原発事故避難者の思い 福島テレビ  2020/11/11 TOP
宮城県の女川町と石巻市に立地する東北電力・女川原子力発電所。福島県で最も近い新地町まで、直線で約75キロ。東日本大震災を引き起こした地震の震源には、東京電力・福島第一原発より近い位置にある。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_11_08_01]
柏崎市長選、現新一騎打ちに 新潟日報  2020/11/08 TOP
任期満了に伴う柏崎市長選が8日、告示された。いずれも無所属で再選を目指す現職の桜井雅浩氏(58)と、弁護士で新人の近藤正道氏(73)=立民、共産、社民推薦=が立候補を届け出て、一騎打ちの選挙戦となった。(後略)

 
[2020_11_06_04]
“国の審査すべて合格"の柏崎刈羽原発7号機 再稼働予定時期を“来年6月" NST新潟総合テレビ  2020/11/06 TOP
10月、原子力規制委員会による、すべての審査に合格した柏崎刈羽原発7号機。東京電力はこれまで安全対策工事を12月中に終え、来年4月には原子炉を起動する前の検査が完了するとの工程表を示していました。(後略)

 
[2020_10_30_05]
新潟・柏崎刈羽原発 国の審査にすべて合格 原子力規制委員会が“保安規定"を認可 NST新潟総合テレビ  2020/10/30 TOP
柏崎刈羽原発7号機は、これまで原子力規制委員会の“新規制基準"と“工事計画"について認可を受けていました。(後略)

 
[2020_10_26_04]
議論開始から約8年 "再稼働の是非“判断へ加速する動き 新潟県技術委が『事故原因』の報告書を提出 NST新潟総合テレビ  2020/10/26 TOP
県が柏崎刈羽原発の再稼働の是非を判断する材料としている3つの検証委員会の一つ、技術委員会が報告書を花角知事に手渡しました。(後略)

 
[2020_10_26_01]
福島原発事故の検証、知事に報告 新潟日報  2020/10/26 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の安全性を議論する新潟県技術委員会は26日、原発に関する県独自の「三つの検証」の一つ、東電福島第1原発事故の原因検証に関する報告書を正式に取りまとめ、花角英世知事に提出した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_10_24_02]
原発での重大事故を想定した住民避難訓練 新潟県の広域避難計画に沿って実施(新潟県) TENYテレビ新潟  2020/10/24 TOP
柏崎刈羽原発で重大な事故が起きた想定で10月24日、新潟県の広域避難計画に沿った大規模な住民避難訓練が行われた。(後略)

 
[2020_10_20_05]
柏崎刈羽原発での事故を想定した防災訓練 保護者への児童引き渡しなど緊急時の対応を確認(新潟県) TeNYテレビ新潟  2020/10/20 TOP
柏崎刈羽原発での事故を想定した防災訓練が20日から始まった。原発が立地する柏崎市では小学校で児童を保護者へ引き渡す訓練が初めて行われ、緊急時の対応を確認した。県庁での訓練には、県や東京電力の職員など約230人が参加した。(後略)

 
[2020_10_18_01]
子どもの安定ヨウ素剤服用で課題指摘 原子力災害時・保護者と連絡取れない場合 NST新潟総合テレビ  2020/10/18 TOP
(前略)安定ヨウ素剤。原発から5キロから30キロ圏内では事前に配布されていませんが、事故の際、幼稚園などから保護者に子どもの引き渡しができなかった場合、保護者の同意なしには安定ヨウ素剤を飲ませられないという課題が指摘されました。(後略)

 
[2020_10_10_05]
柏崎刈羽原発の核燃料装着、規制委が疑問「再稼働 めど立たない」 新潟 毎日新聞  2020/10/10 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の原子炉に来春にも核燃料を装着する東電の計画に、原子力規制委員会が疑問を示している。(後略)

 
[2020_10_04_03]
柏崎7号機核燃料 来春の装填検討 東電、地元合意前でも 新潟日報  2020/10/04 TOP
東京電力が再稼働を目指している柏崎刈羽原発7号機(新潟県)で、2021年3〜4月に核燃料を原子炉に装填する検討をしていることが3日、東電関係者への取材で分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_10_03_03]
地元同意前でも核燃料装填を検討 来春、東電柏崎刈羽原発7号機 共同通信  2020/10/03 TOP
東京電力が再稼働を目指している柏崎刈羽原発7号機(新潟県)で、2021年3〜4月に核燃料を原子炉に装填する検討をしていることが3日、東電関係者への取材で分かった。(後略)

 
[2020_09_29_02]
柏崎刈羽の「7つの約束」の猿芝居終了 木村雅英 たんぽぽ  2020/09/29 TOP
9月23日にとうとう原子力規制委員会が定例会議で東電柏崎刈羽6,7号機の「合格」を認めた。(後略)

 
[2020_09_26_01]
東京電力に柏崎刈羽原発を再稼働する「適格性」など皆無だ! たんぽぽ  2020/09/26 TOP
◎福島第一原発事故から9年半、東電経営陣は事故の責任をとっていない。それなのに原子力規制委員会の更田豊志委員長は、東電が柏崎刈羽原発を再稼働する資格があるとお墨付きを与えた。(後略)

 
[2020_09_24_05]
東電に花角知事 「制約しっかり履行して」(新潟県) テレビ新潟  2020/09/24 TOP
柏崎刈羽原発7号機について、原子力規制委員会は23日、運転管理のルールなどを定めた「保安規定」を了承した。(後略)

 
[2020_09_24_02]
近藤正道元参院議員擁立へ柏崎市長選 市民団体が最終調整 新潟日報  2020/09/24 TOP
任期満了に伴う新潟県の柏崎市長選で、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に反対する複数の市民団体が、柏崎高校出身の弁護士で元参院議員の近藤正道氏(73)=新潟市西区=の擁立に向けて最終調整していることが23日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_09_23_01]
柏崎刈羽原発7号機の審査終了 原子力規制委員会 テレ朝news  2020/09/23 TOP
原子力規制委員会は柏崎刈羽原発の保安規定について了承し、東京電力が再稼働を目指す6、7号機のうち7号機に関する国の審査が大筋で終了しました。(後略)

 
[2020_09_22_01]
リニア新幹線建設の残土と核のゴミ六ヶ所村に押し付けられるのか 鎌田慧 東京新聞  2020/09/22 TOP
山梨県都留市の見学センターで、リニア新幹線が目の前を疾走するのを眺めたことかある。時速500キロ、風のように通り過ぎた、と思いきやすぐまた引き返してくるのが不思議だった。(後略)

 
[2020_09_12_02]
福島事故教訓、133点−県技術委 新潟日報  2020/09/12 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の安全性を議論する新潟県技術委員会は11日、独自の視点で検証を行ってきた福島第1原発事故に関する報告書案を大筋で了承した。(後略)

 
[2020_09_11_03]
安定ヨウ素剤の事前配布 今年度初の実施(新潟県) TeNYテレビ新潟  2020/09/11 TOP
新潟県にある柏崎刈羽原発での重大事故発生に備えて9月11日、原発から半径5キロ圏内の住民を対象に、今年度初めての安定ヨウ素剤の事前配布が行われた。(後略)

 
[2020_09_07_04]
関東の落雷停電で柏崎刈羽原発の使用済核燃料冷却ポンプが停止!菅井益郎 たんぽぽ  2020/09/07 TOP
(前略)8月13日(木)午後3時頃、東電柏崎刈羽原発1、2、3、6号機の使用済核燃料プールの冷却用ポンプが停止した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_09_04_06]
むつ中間貯蔵施設の操業反対!規制委の合格おかしい 中道雅史 たんぽぽ  2020/09/04 TOP
◎原子力規制委員会は9月2日、青森県むつ市のリサイクル燃料貯蔵(RFS)が運営する使用済み核燃料中間貯蔵施設が、(核燃サイクル)新規制基準に適合すると認める「審査書案」を了承した。(後略)

 
[2020_09_02_04]
青森・むつの中間貯蔵施設 安全基準「適合」 原発敷地外で初 規制委 毎日新聞  2020/09/02 TOP
(前略)周辺の八雲町、長万部町、今金町、せたな町の首長4人が2日、寿都町の片岡春雄町長と面会し、「北海道は農業・漁業など1次産業が基本でイメージが損なわれる。性急な応募検討に反対する」と申し入れた。(後略)

 
[2020_08_31_04]
柏崎刈羽原発 「当事者になった意味大きい」 周辺自治体議員が研究会 東京新聞  2020/08/31 TOP
(前略)東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)の周辺自治体の議員らが三十日、同様の協定締結を首長らに求めるための研究会を設立。総会では、東海第二の協定に先鞭(せんべん)をつけた村上達也・前東海村長が講演(後略)

 
[2020_08_30_02]
柏崎原発の安全協定拡大へ研究会 30キロ圏の地方議員が新設 共同通信  2020/08/30 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)から30キロ圏内にある自治体の地方議員らが30日、東電と結ぶ安全協定の対象拡大に向け、研究会を設立した。(後略)

 
[2020_08_26_01]
小野有五講演会が明らかにする原子力規制委員会の愚かで巧妙な再稼働推進 木村雅英 たんぽぽ  2020/08/26 TOP
8月22日に青森で開催された小野有五先生(北海大学名誉教授)の講演会「高レベル放射性廃棄物地層処分の問題点〜青森県を高レベル放射性廃棄物の最終処分地としてはならない!」(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_08_20_02]
柏崎原発の保安規定変更案を提示 東電、社長の法的責任を明記 共同通信  2020/08/20 TOP
東京電力は20日、柏崎刈羽原発(新潟県)での事故対応に関する社長の法的責任を明記した保安規定変更案を原子力規制委員会の審査会合に提示した。(後略)

 
[2020_08_18_03]
9年ぶりに使用済み核燃料を別号機に輸送 柏崎刈羽原発 UX新潟テレビ21  2020/08/18 TOP
東京電力は18日、柏崎刈羽原発6号機に保管されている使用済み核燃料を3号機に移す、号機間輸送をしたと発表しました。(後略)

 
[2020_08_15_02]
共同通信アンケート 高レベル最終処分場受け入れ 本県など23道府県 否定的 法成立20年、選定進まず 東奥日報 2020/08/15 TOP

 
[2020_08_13_05]
柏崎刈羽原発の冷却ポンプ一時停止 使用済み核燃料プール用 影響なし 毎日新聞  2020/08/13 TOP
13日午後3時ごろ、関東圏で電気系統にトラブルが発生し、その影響で、運転停止中の東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)1〜3号機と6号機の計4基の使用済み核燃料プールの冷却ポンプが停止した。(後略)

 
[2020_08_08_02]
柏崎刈羽再稼働の事前同意「30キロ圏内」に拡大を 8市町議員が研究会 新潟 毎日新聞  2020/08/08 TOP
東京電力柏崎刈羽原発から30キロ圏(UPZ)の議員有志が7日、再稼働について事前に同意を得る自治体の拡大を目指す研究会を30日に設立すると発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_08_05_02]
全国初 使用済み核燃料“増税" 柏崎市長「核燃料サイクルは破綻に近い状況」 新潟放送  2020/08/05 TOP
新潟県の柏崎刈羽原発をめぐり、使用済み核燃料の新しい課税制度導入を総務省が同意したことについて、柏崎市の桜井市長は制度の導入に22年費やした(後略)

 
[2020_08_04_03]
使用済み核燃料の累進課税同意 柏崎刈羽原発に 総務省 時事通信  2020/08/04 TOP
総務省は4日、新潟県柏崎市が東京電力柏崎刈羽原発に課している使用済み核燃料税について、保管年数に応じて税率を上げる「経年累進課税」の導入に同意した。(後略)

 
[2020_08_04_02]
柏崎刈羽原発の再稼働 「立地自治体以外からも事前了解を」 超党派の研究会設立へ BSN新潟放送  2020/08/04 TOP
新潟県の柏崎刈羽原発をめぐり、「再稼働の際には立地自治体以外の市町村からも事前に了解を求めるべきだ」として、30キロ圏内にある自治体の議員が研究会を立ち上げることが、関係者の話で分かりました。(後略)

 
[2020_07_30_05]
高速道路パーキングエリアでは初 原発事故に備え“スクリーニング"訓練【新潟・魚沼市】 新潟総合テレビ  2020/07/30 TOP
29日魚沼市で行われたのは、原発事故の際に避難してきた車に放射性物質が付着していないかどうかを調べるスクリーニング検査の訓練です。(後略)

 
[2020_07_28_04]
議論開始から8年「ようやくスタートラインに」 新潟県技術委が福島原発“事故原因"報告書案を提示 新潟総合テレビ  2020/07/28 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を判断する前提として、県の技術委員会ではこれまで福島第一原発の『事故原因』『健康・生活への影響』『避難方法』の3つの検証を進めてきました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_07_23_02]
柏崎刈羽原発 要配慮者の避難 東京電力が支援へ【新潟】 NST新潟総合テレビ 2020/07/23 TOP
柏崎刈羽原発で事故が起きた際、原発から半径5キロ圏内の福祉施設の入所者の避難について、東京電力が支援することが決まりました。(後略)

 
[2020_07_17_07]
中越沖地震13年 記憶の風化防ごう 津波も想定し避難訓練 柏崎で80人参加 毎日新聞  2020/07/17 TOP
中越沖地震から13年となった16日、大きな被害を受けた柏崎市では、記憶の風化を防ごうと、市内一斉の防災訓練のほか、地域や学校単位で地震・津波に備えた避難訓練があった。(後略)

 
[2020_07_16_03]
中越沖地震13年で防災訓練 新潟・柏崎市、800世帯参加 東京新聞  2020/07/16 TOP
2007年に最大震度6強を観測し、15人が亡くなった新潟県中越沖地震の発生から13年となった16日、多くの犠牲者が出た柏崎市で防災訓練が行われた。(後略)

 
[2020_07_14_05]
女川2号機工事計画審査、来年6月に説明完了想定 東北電 河北新報  2020/07/14 TOP
(前略)詳細設計に関する「工事計画」について、東北電が2021年6月までに説明を終える想定であることが13日分かった。(後略)

 
[2020_07_14_03]
原発避難検証委員会 “スクリーニング検査" 課題を議論「シミュレーション実施で体制改善へ」【新潟】 NST新潟総合テレビ  2020/07/14 TOP
原発事故について、県が進める3つの検証委員会のうち13日は避難方法に関する委員会が開かれました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[110] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_07_09_02]
事故時の社長過失責任の明示を 規制委、柏崎原発巡り要求 東京新聞  2020/07/09 TOP
東京電力は9日、柏崎刈羽原発(新潟県)の安全管理事項を定めた保安規定の変更案を原子力規制委員会の会合で示した。(後略)

 
[2020_06_25_03]
原発依存が大手電力の経営圧迫 株主総会、脱原発提案は全否決 共同通信  2020/06/25 TOP
東京電力ホールディングスなど大手電力9社が25日に開いた株主総会は、脱原発を求める株主提案を全て否決して終了した。(後略)

 
[2020_06_12_04]
東京電力 柏崎刈羽原発職員の5都道府県の往来制限を継続 新潟テレビ21  2020/06/12 TOP
東京電力は、柏崎刈羽原発の職員の感染拡大防止のため、東京など5都道県との往来の制約が解除される今月19日以降も、移動を禁止することを明らかにしました。(後略)

 
[2020_06_03_04]
柏崎刈羽6・7号機を不合格にせよ、「あれはあれ、これはこれ」を止めろ 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク) たんぽぽ  2020/06/03 TOP
5月28日(木)の原子力規制委員会の議題2「東京電力ホールディングス株式会社柏崎刈羽原子力発電所発電用原子炉施設保安規定の審査状況について」では、結構まともな議論がなされた。(後略)

 
[2020_06_03_02]
東電と東芝、原発工事で新会社 柏崎刈羽6号機が対象 時事通信  2020/06/03 TOP
東京電力ホールディングスは3日、東芝子会社の東芝エネルギーシステムズ(川崎市)と折半出資し、柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)6号機の安全対策工事を担う新会社を今月中旬に設立すると発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 23 >  記事番号[111]〜[115] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_05_29_06]
柏崎原発保安規定 東電に再検討要求 規制委「社長の責任不明確」 新潟日報  2020/05/29 TOP
原子力規制委員会は28日、東京電力柏崎刈羽原発の保安規定に東電が盛り込んだ「同原発の安全対策に必要な資金を確保する」など7項目の「決意」について、実質的な審査を始めた。(後略)

 
[2020_05_28_02]
柏崎刈羽原発の規定再検討を要求 規制委「責任が明確でない」 共同通信  2020/05/28 TOP
原子力規制委員会は28日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の安全管理事項を定めた保安規定に「福島第1原発の廃炉をやり遂げる」などとする基本姿勢を盛り込んだ東電の変更案について、守られない場合の対応が不明確(後略)

 
[2020_05_27_01]
新型コロナ巨大災害下で「不要不急」の原発再稼働工事を進める日本原電 ハーバービジネスオンライン  2020/05/27 TOP
電力会社と原発を襲い始めた新型コロナ不気味なほどに高い感染力を持つ新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が、とうとう電力会社や原発までを襲い始めた。(後略)

 
[2020_05_01_06]
新型コロナ対策で原発を止めず、保安活動を手抜きし 「新検査制度」を弾力的事業者任せ たんぽぽ  2020/05/01 TOP
原子力規制委員会は、新型コロナ対策に力を入れていて、テレワークを進め、規制委定例会議も隔週に間引き、傍証を排除している。(後略)

 
[2020_05_01_05]
東京電力でコロナ感染者はなぜ多発したのか 合計22人の感染が判明、電力供給に不安も 東洋経済  2020/05/01 TOP
東京電力グループで、新型コロナウイルスの感染者が相次いで発生している。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 24 >  記事番号[116]〜[120] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_04_27_01]
<新型コロナ>東電が柏崎刈羽で工事の8割中断、社員らの感染相次ぎ 東京新聞  2020/04/27 TOP
東京電力は4月27日、新潟県柏崎市に住む社員とその家族計5人が新型コロナウイルスに感染したことを受けて、柏崎刈羽原発(柏崎市、刈羽村)で実施している工事の約8割を5月10日まで中断すると明らかにした。(後略)

 
[2020_04_25_01]
東電社員1人感染 県内66人に NHK  2020/04/25 TOP
新潟県は、東京電力の柏崎市内の事業所に勤める50代の男性社員が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。これで県内の感染者は66人になりました。(後略)

 
[2020_04_24_01]
柏崎市で新たに30代男性の感染を確認 東電社員 UX新潟テレビ21  2020/04/24 TOP
新潟県は、柏崎市では東京電力社員の男性(30代)が新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表しました。男性は柏崎刈羽原発に勤務しています。これで県内の感染者は65人となりました。(後略)

 
[2020_04_21_07]
本社や原発でコロナ感染、電力会社が重大局面 東洋経済  2020/04/21 TOP
新型コロナウイルスの脅威が、電力業界に押し寄せている。東京電力では4月20日までに、子会社の役員や社員など8人の感染が確認された。(後略)

 
[2020_04_19_01]
原発の運営「影響ない」東電 新潟日報MORE  2020/04/19 TOP
東京電力柏崎刈羽原発に勤める30代男性社員の新型コロナウイルス感染が確認されたことを受け、東電は18日、この社員が防災業務を担当する技術系社員であることを明らかにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 25 >  記事番号[121]〜[125] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_04_18_01]
【速報】柏崎刈羽原発勤務の“東京電力"社員も感染 新潟県内56人に 新潟総合テレビ  2020/04/18 TOP
新潟県は18日、県内で新たに3人が新型コロナウイルスに感染したことを発表しました。(後略)

 
[2020_04_17_02]
条例は再稼働容認ではない 柏崎市長が協調 UX新潟テレビ21  2020/04/17 TOP
原発の使用済み核燃料への課税を上乗せする条例について、柏崎市の桜井市長は、条例の成立により原発の再稼働容認とはならないことを強調しました。(後略)

 
[2020_03_31_03]
原子力規制委員会はプルサーマル発電を止めるべき 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク) たんぽぽ  2020/03/31 TOP
プルサーマル発電の危険性と規制委の審査の重要性を高浜を例に「その149」(2017年11月10日)で述べた。しかしながら、その後も原子力規制委員会は次々にプルサーマル発電をも容認する合格を出している。(後略)

 
[2020_03_30_04]
東電「安全より経済優先せず」 3原発の保安規定変更 共同通信  2020/03/30 TOP
東京電力は30日、福島第1と福島第2、柏崎刈羽(新潟県)の3原発について、安全管理のルールを定めた保安規定に「第1原発の廃炉をやり遂げる」「安全性より経済性を優先しない」ことなどを盛り込み、(後略)

 
[2020_03_28_01]
東電と東芝、原発で新会社 柏崎刈羽の安全対策で 共同通信  2020/03/28 TOP
東京電力ホールディングス(HD)と東芝が共同で、東電柏崎刈羽原発6号機(新潟県)の安全対策工事を請け負う新会社を設立する方針であることが28日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 26 >  記事番号[126]〜[130] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_03_23_01]
柏崎市長 「経年累進課税」制度の条例案提出(新潟県) TENYテレビ新潟  2020/03/23 TOP
柏崎市の桜井市長は23日、柏崎刈羽原発の使用済み核燃料への課税額が保管期間の長さに応じて増えていく「経年累進課税」制度の条例案を市議会に提出した。柏崎市議会では4月20日ごろまでに採決したい考えだ。(後略)

 
[2020_03_20_02]
使用済み核燃料、保管長期で増税 全国初、東電と合意 新潟県柏崎市 時事通信  2020/03/20 TOP
新潟県柏崎市の桜井雅浩市長は20日、東京電力柏崎刈羽原発(同県)の使用済み核燃料に対する課税について、保管期間が長いほど税率が上がる「経年累進化」の導入で東電と合意したと明らかにした。(後略)

 
[2020_03_19_03]
「将来は全て廃炉」4割 東電原発でアンケート 新潟県柏崎市 時事通信  2020/03/19 TOP
新潟県柏崎市は19日、東京電力柏崎刈羽原発(同県)の今後の在り方を聞く住民アンケートを実施した結果、「将来は全て廃炉」との回答が最多で約4割に上ったと明らかにした。(後略)

 
[2020_03_07_03]
再稼働する最初のBWRは「女川2号機」か 時期左右する「地元との関係」 J-CAST  2020/03/07 TOP
東日本大震災で被災した東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市、出力82.5万キロワット)の再稼働に、原子力規制委員会のOKが出た。(後略)

 
[2020_02_28_02]
広瀬副会長退任し参与へ 東京電力人事、第2原発所長に三嶋氏 福島民友  2020/02/28 TOP
東京電力ホールディングスは27日、広瀬直己副会長(67)が退任し4月1日付で参与に就任する人事を発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 27 >  記事番号[131]〜[135] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_02_26_10]
女川2号機 正式合格 規制委 再稼働は20年度以降 東奥日報  2020/02/26 TOP

 
[2020_02_22_06]
女川原発2号機 26日にも新規制基準合格 規制委、審査書決定見通し 河北新報  2020/02/22 TOP
原子力規制委員会は21日、東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)について、新規制基準への適合を認める「審査書」を26日の定例会合で議論することを明らかにした。(後略)

 
[2020_02_20_01]
女川原発再稼働を許さない 規制委は被災原発の「審査書」は撤回すべき 東北電力の経理的基礎を問うべき たんぽぽ  2020/02/20 TOP
ところが規制庁側が女川原発2号機についてはまだ審査が終わっていないことを理由に、回答を拒否、当日は具体的な問題点については一切答えなかった(後略)

 
[2020_02_05_06]
花角知事 環境相の発言に「趣旨確認したい」(新潟県) TeNYテレビ新潟  2020/02/05 TOP
小泉環境相が4日、原発事故の際に被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤について「原発から30キロ圏内の住民への事前配布を推進する」考えであることを明らかにした。(後略)

 
[2020_01_18_01]
伊方3号機運転差し止め−県内慎重派、評価と期待感 新潟日報  2020/01/18 TOP
伊方原発3号機の運転差し止め決定を受けて、原発再稼働に慎重な立場の県内関係者から評価する声が上がり、東京電力柏崎刈羽原発の運転差し止め訴訟への後押しとなることへの期待感も広がった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 28 >  記事番号[136]〜[140] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2020_01_15_04]
東電に核燃料「累進課税」を要請 新潟県柏崎市長 共同通信  2020/01/15 TOP
柏崎刈羽原発が立地する新潟県柏崎市の桜井雅浩市長は15日、東京電力の小早川智明社長と市役所で面会した。使用済み核燃料税の課税方法を変更し、保管期間の長さに応じて税額を増やす「経年累進課税」導入への合意を求めた。(後略)

 
[2020_01_14_02]
<東海村議選 東海第二原発の現場から>(下) 村民の声すくえるか 東京新聞  2020/01/14 TOP
「再稼働に賛成する議員たちから働き掛けがあって、あのような発言をしたと受け取られかねない」東海村に立地する日本原子力発電(原電)東海第二原発の再稼働に賛成する村議は、山田修村長が雑誌で再稼働に前向きと取られる発言をしたことに、そう話し顔をしかめる。(後略)

 
[2020_01_08_01]
経年累進課税を原発再稼働の前提条件に(新潟県) テレビ新潟  2020/01/08 TOP
新潟県柏崎市は使用済み核燃料への課税をめぐり、保管している期間に応じて税額が上がる制度を導入しようと東京電力と協議している。柏崎市長は8日、合意がなければ原発の再稼働はありえないとの考えを示した。(後略)

 
[2019_12_23_01]
柏崎市・刈羽村への発注は1割 東京電力が公表 UX新潟テレビ21 2019/12/23 TOP
東京電力は、柏崎刈羽原発内で行われる工事のうち、立地自治体など地元企業への発注額を調査したところ、その割合が全体の1割程度であると23日に発表しました。(後略)

 
[2019_12_12_02]
「東京電力のラストマン」川村会長が引退を宣言 プレジデントオンライン 2019/12/12 TOP
■大規模停電の長期化、原発作業にミス相次ぐ東電2011年に福島第一原子力発電所で事故が起きた、(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 29 >  記事番号[141]〜[145] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_12_01_01]
福島原発刑事裁判無罪判決と特重施設の問題はつながっている 市民の意見_177号 2019/12/01 TOP
世界でも例のない「3基の原発の同時炉心溶融」を引き起こした福島第一原発事故。その責任を誰が取るのか。(後略)

 
[2019_11_28_04]
原子力規制委、女川2号機「合格」 東北の原発で初、再稼働時期見通せず 地元同意や避難計画焦点 河北新報 2019/11/28 TOP
原子力規制委員会は27日の定例会合で、東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)が原発の新規制基準に適合していると認める「審査書案」を了承した。(後略)

 
[2019_11_27_02]
女川2号機「適合」 新規制基準 被災原発2基目 東京新聞  2019/11/27 TOP
原子力規制委員会は二十七日の定例会合で、東北電力女川(おながわ)原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働に必要な安全対策をまとめた審査書案を了承した。(後略)

 
[2019_11_16_04]
東海村長 再稼働めぐる発言 「行き過ぎた表現」村長陳謝 東京新聞 2019/11/16 TOP
東海村の山田修村長が原子力業界誌の対談で、村に立地する日本原子力発電東海第二原発の再稼働を容認すると受け取れる発言をしたことを巡り、山田村長は15日、公の場で初めて口を開いた。(後略)

 
[2019_11_16_01]
柏崎刈羽原発 五輪期間作業中止 NHK 2019/11/16 TOP
東京電力は、来年開かれる東京オリンピック・パラリンピックの開催期間中、柏崎刈羽原子力発電所で進められている安全対策工事などで火を使う作業は原則、中止とすることを決めました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 30 >  記事番号[146]〜[150] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_11_09_03]
原発否定なら「自宅から出るな」 東海第二の再稼働 村長が容認発言か 東京新聞 2019/11/09 TOP
沸騰水型原子炉(BWR)を備える日本原子力発電(原電)東海第二原発が立地する茨城県東海村の山田修村長が、雑誌の対談で「安定的な電力の供給は絶対に欠かせない。BWRについてもしっかりと再稼働していく必要がある」(後略)

 
[2019_11_09_01]
新潟県で原子力防災訓練、船を使った訓練も実施 TBSニュース 2019/11/09 TOP
新潟県では、県独自の原子力防災訓練が行われています。大規模地震により柏崎刈羽原発で事故が起きた想定で、海上自衛隊や第9管区海上保安部の船を使った避難訓練も初めて行われました。(後略)

 
[2019_11_06_01]
パブコメにもかけずに「リラッキング貯蔵」を容認する原子力規制委員会 たんぽぽ舎 2019/11/06 TOP
原子力規制委員会は10月23日の定例会議で、九州電力の玄海3,4号炉のリラッキングの容認をパブコメ無しで決めた。(後略)

 
[2019_10_18_09]
柏崎刈羽原発 敷地内のボイラー電源盤から発火 UX新潟テレビ21  2019/10/18 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所で、敷地内のボイラー建屋の電源盤から出火する火事がありました。この火事によるけが人や周辺での異常はありません。(後略)

 
[2019_10_09_06]
原発事故の理不尽、悲惨を物語る3・11の犠牲者 孤児になった子どもたちに公共の援助、東電の賠償を! たんぽぽ  2019/10/09 TOP
6.原発に反対した人たちの無念の死放射能事故の理不尽、悲惨木幡ますみさんは3・11の地震が起きた時、国道6号線を軽トラックで走っていました。津波で流された人が水に浮かんで助けを求めているのが見えましたが、どうすることもできませんでした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 31 >  記事番号[151]〜[155] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_10_08_02]
石橋克彦さん「内陸地震に対する原子力発電所の安全性は確保されていない」 たんぽぽ  2019/10/08 TOP
岩波科学2019年8月号の特集「新たな安全神話を生まないために」は、5サイト9基の原発が稼働している状況でタイムリーな企画。特に、石橋克彦さんの「内陸地震にたいする原子力発電所の安全性と理学・工学問題」(9頁)が興味深いので紹介する。(後略)

 
[2019_10_02_03]
関電会見 「先送りが招いた」「言い訳終始で残念」関連自治体から不満や懸念の声 産経新聞  2019/10/02 TOP
関西電力の会見を受け、関係自治体からは相次いで関電に対する不満や懸念の声が上がった。高浜原発が立地する福井県高浜町の野瀬豊町長は2日、関電の対応を「課題の先送りがこんなことを招いたという印象だ」(後略)

 
[2019_09_28_12]
<女川2号機>審査 実質終了 規制委 年内にも「合格」 河北新報  2019/09/28 TOP
原子力規制委員会は27日、東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の新規制基準適合性審査会合を開き、地震・津波分野と設備分野で計36の審査項目の実質的な審議を終えた。(後略)

 
[2019_09_25_01]
「福島第一原発は津波が来る前に壊れていた」元東電社員“炉心専門家"が決意の実名告発 文春  2019/09/25 TOP
「文藝春秋」9月号の特選記事を公開します。(初公開2019年8月13日)福島第一原発事故から8年。大事故を受けて、一時は「稼働中の原発はゼロ」という状態にもなったが、新しい安全基準(「新規制基準」)が定められ、現在、国内で7基の原発が稼働中だ(後略)

 
[2019_09_23_02]
[大弦小弦]「東電無罪」の論理 沖縄タイムス  2019/09/23 TOP
福島産のブドウをいただいた。農家の男性は福島第1原発事故後、「毒を作って売っている」という中傷に傷ついた経験を持つ。苦悩しながら作り続けたブドウはとても甘かった▼ちょうど新聞が前日19日の東京地裁判決を伝えていた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 32 >  記事番号[156]〜[160] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_09_21_04]
<虚像の「15.7m」>東電強制起訴・無罪判決(上)白紙化の夏/経営懸念 対策先送り 河北新報  2019/09/21 TOP
東京電力福島第1原発事故の刑事責任を巡り、東京地裁は19日の判決で「大津波は予測できなかった」として強制起訴された旧経営陣を免責した。(後略)

 
[2019_09_21_01]
<虚像の「15.7m」>東電強制起訴・無罪判決(上)白紙化の夏/経営懸念 対策先送り 河北新報  2019/09/21 TOP
東京電力福島第1原発事故の刑事責任を巡り、東京地裁は19日の判決で「大津波は予測できなかった」として強制起訴された旧経営陣を免責した。(後略)

 
[2019_09_20_01]
東電裁判 “見えた新事実" NHK  2019/09/20 TOP
9月19日。未曾有の被害をもたらした福島第一原発の事故について東京電力の旧経営陣の責任を問う刑事裁判の判決の日。被告は勝俣恒久 元会長(79)、武黒一郎 元副社長(73)、武藤栄 元副社長(69)の3人。(後略)

 
[2019_09_19_22]
福島同型「合格」3基のみ=廃炉15基、再稼働なし 時事通信  2019/09/19 TOP
東京電力福島第1原発事故から8年半が経過し、九州電力や関西電力などの加圧水型原子炉(PWR)の再稼働が進む中、福島第1原発と同型の沸騰水型原子炉(BWR)の再稼働は1基もない。(後略)

 
[2019_09_17_01]
【9・19判決 東電旧経営陣強制起訴裁判】証言から見えてきた津波対策  福島テレビ  2019/09/17 TOP
福島原発告訴団の団長武藤類子さん。原発事故の翌年、福島県内の被災者とともに東京電力旧経営陣の刑事責任を求め告訴・告発した。「ここまでようやく辿り着いたという感じですね」(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 33 >  記事番号[161]〜[165] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_09_13_02]
『たんぽぽ舎30年−歩みと展望』 反原発の歩み 1988─2019 たんぽぽ  2019/09/13 TOP
1988 広瀬隆『東京に原発を!』本ブーム/ 伊方原発、出力調整実験に市民怒る/ 世界で原発反対運動 1989 福島第二・再循環ポンプ事故/ 米国ショーラム原発が市民の反対により解体決定 1990 湾岸危機/ 福島第二・再循環ポンプ事故、運転差止提訴/(後略)

 
[2019_09_05_03]
柏崎市、「廃炉」の言質得たと判断 東電廃炉計画を大筋了承へ 新潟日報  2019/09/05 TOP
新潟県柏崎市の桜井雅浩市長が4日、東京電力柏崎刈羽原発1〜5号機の廃炉計画を巡り、東電の回答を大筋で了承する方針を示した背景には、「6、7号機の再稼働後5年以内」「1基以上」と一定のめどが示されたことで「廃炉」の言質を取ったと判断したことがあるとみられる。(後略)

 
[2019_08_31_02]
“地域の会"が柏崎刈羽原発6、7号機視察(新潟県) テレビ新潟  2019/08/31 TOP
柏崎刈羽原発の安全性などを地元住民の立場から議論している“地域の会"が31日、東京電力が再稼働を目指している6号機と7号機を視察した。(後略)

 
[2019_08_28_02]
「柏崎刈羽原発6,7号機再稼働後5年後」では既に1号機は廃炉のはず たんぽぽ  2019/08/28 TOP
桜井柏崎市長の「2年以内に1〜5号機についての廃炉計画を時期を明記して提出すること」との要請により、小早川東電社長は8月26日に「6、7号機の再稼働後、5年以内に1基以上の廃炉も想定したステップに入る」と表明(後略)

 
[2019_08_27_04]
たんぽぽ舎のフィールドワーク 根尾谷断層、浜岡、東海、足尾銅山(鉱毒事件)を歩く たんぽぽ  2019/08/27 TOP
◎たんぽぽ舎の活動には現地を訪ね、地元の人々の話を聞くフィールドワークがある。それは会員間の相互理解と連帯を強めたといえる。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 34 >  記事番号[166]〜[170] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_08_27_03]
再稼働固執 住民憤り 柏崎刈羽 新増設難しく原発温存 東京新聞  2019/08/27 TOP
新潟県柏崎市長が、柏崎刈羽6、7号機=写真=再稼働の条件として東京電力に求めていたのは1〜5号機の廃炉計画。だが、東電は二十六日の回答で、廃炉の確約を避けた。(後略)

 
[2019_08_27_01]
反原発市民が柏崎市長に申し入れ UX新潟テレビ  2019/08/27 TOP
柏崎刈羽原発6・7号機の再稼働後に、廃炉の検討を想定するとした東京電力の回答を拒否するよう、再稼働に反対する市民が柏崎市の桜井市長に申し入れました。(後略)

 
[2019_08_26_01]
東電、再稼働5年以内に廃炉判断 柏崎刈羽原発1−5号機、「1基以上想定」 新潟日報  2019/08/26 TOP
東京電力の小早川智明社長は26日、柏崎市役所で桜井雅浩市長と面会し、柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働の条件として市長から提出を求められていた1〜5号機の廃炉計画について、「6、7号機の再稼働後、5年以内に1基以上の廃炉も想定したステップに入る」と回答した。(後略)

 
[2019_08_24_01]
「地震・環境・原発研究会」と私 たんぽぽ舎30周年記念に寄せて 杉森弘之 (茨城県牛久市議会議員) たんぽぽ  2019/08/24 TOP
◎戦後50年の1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)は、死者6,434人と戦後最も大きな死者を出し、しかもその約9割が建物崩壊による圧死であった(後略)

 
[2019_08_23_01]
廃炉要請、具体的回答せず 柏崎刈羽で東電、地元に 共同通信  2019/08/23 TOP
東京電力が、新潟県柏崎市の桜井雅浩市長から求められていた柏崎刈羽原発1〜5号機の廃炉計画について、具体的な回答を避ける方向で検討していることが23日、関係者への取材で分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 35 >  記事番号[171]〜[175] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_08_22_03]
福島第一原発は津波の前に、地震の直後に壊れた 「文芸春秋」最新9月号 たんぽぽ  2019/08/22 TOP
◎著者の木村俊雄さんは、東電学園出身ながら武藤社長に認められた炉心運転管理専門。・あの日、津波が来る前の地震直後=1分40秒後に、炉心圧力容器の水の流れが止まりました。(後略)

 
[2019_08_21_02]
柏崎市長が東電の改善策了承 柏崎刈羽原発巡る連絡ミス 早ければ月内にも廃炉計画提出へ 毎日新聞  2019/08/21 TOP
6月の新潟・山形地震で柏崎刈羽原発に「異常あり」と東京電力が新潟県柏崎市などに伝達ミスした問題で、桜井雅浩市長は21日、「全所員が大きな責任を担っていることを自覚し不断の改善と継続的な取り組みに努めてほしい」と述べ、東電の改善策を了承した。(後略)

 
[2019_08_09_01]
柏崎刈羽原発・伝達ミス問題 全所員が4万1000軒訪問、改善策など説明へ 毎日新聞  2019/08/09 TOP
6月の新潟・山形地震で東京電力柏崎刈羽原発に「異常あり」と東電が新潟県柏崎市などに伝達ミスした問題で、同原発の設楽親所長は8日、全所員が28日から店舗兼住宅を含む柏崎市・刈羽村の全約4万1000軒を戸別訪問すると発表した。(後略)

 
[2019_07_29_04]
東海第二原発は老朽・被災で危険なだけでなく経済性もない たんぽぽ  2019/07/29 TOP
とにかく異常である。誰もが分かっているのに誰もが問い質さず、誰もが不合理と思っているのに、それが前提となって物事が進む。(後略)

 
[2019_07_27_05]
柏崎刈羽が再稼働1兆円超 テロ対策、安全費倍増 東京新聞  2019/07/27 TOP
東京電力が、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)の安全対策費として約一兆一千六百九十億円がかかるとする新たな試算をまとめたことが二十六日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 36 >  記事番号[176]〜[180] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_07_23_02]
内閣府特命大臣が原発事故の避難経路を視察(新潟県) テレビ新潟  2019/07/23 TOP
原子力防災を担当する内閣府の原田義昭特命大臣が23日、新潟県柏崎市を訪れ、原発事故が起きた際の避難経路などを視察した。原田義昭特命大臣は柏崎刈羽原発の関連施設などを視察するため、初めて柏崎市を訪れた。(後略)

 
[2019_07_19_05]
規制委回答に柏崎市長「不誠実だ」 連絡ミス問題で所感 新潟日報  2019/07/19 TOP
新潟・山形地震発生後に東京電力が柏崎刈羽原発に「異常あり」と新潟県柏崎市などに誤って連絡した問題で、桜井雅浩市長は18日、原子力規制委員会から17日に届いた回答書について「不誠実だ。今まで規制委の方向性を支持してきただけに本当にがっかりした」とする所感を発表した。(後略)

 
[2019_07_17_04]
足元でかすむ「再稼働」求める声 世界最大級の柏崎刈羽原発 東京新聞  2019/07/17 TOP
東京から215キロ、日本海に面する新潟県中央部の柏崎市には、首都圏に電気を送ってきた東京電力柏崎刈羽原発がある。平日午後5時すぎ、市内中心部のJR柏崎駅前の通りはシャッターを下ろした空き店舗が目立ち、歩く人はまばら。5(後略)

 
[2019_07_17_03]
原子力規制委「東電指導する」 6月地震時の原発誤情報で 共同通信  2019/07/17 TOP
新潟県で6月に最大震度6強を観測した地震の際、東京電力が柏崎刈羽原発に「異常がある」との誤情報を地元の新潟県柏崎市などに伝えた問題で、原子力規制委員会は17日、「東電に事情の確認や指導をしていく」とする回答書を同市に提出した。(後略)

 
[2019_07_16_01]
新潟・柏崎で避難訓練 中越沖地震12年 共同通信  2019/07/16 TOP
2007年に最大震度6強を観測した新潟県中越沖地震の発生から12年となった16日、多くの犠牲者が出た同県柏崎市で避難訓練が行われた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 37 >  記事番号[181]〜[185] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_07_11_01]
「特定重大事故等対処施設」の基本計画は? たんぽぽ  2019/07/11 TOP
京電力ホールディングス株式会社代表執行役社長小早川智明 様(後略)

 
[2019_07_09_01]
テロ対策施設の準備工事で重機が宙づりに けが人なし 柏崎刈羽原発 毎日新聞  2019/07/09 TOP
東京電力は9日、柏崎刈羽原発(新潟県)で、テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特定施設)の準備工事のため、クレーンで地下に掘削用の重機(約15トン)をつり下ろす作業をしていたところ、重機が反転して宙づりになったと発表した。(後略)

 
[2019_07_03_03]
規制委員長、柏崎原発に意見 「連絡ミス影響しない体制を」 共同通信  2019/07/03 TOP
新潟県で6月に最大震度6強を観測した地震の際、東京電力が柏崎刈羽原発に異常があるとの誤情報を地元の柏崎市などに伝えたことについて、原子力規制委員会の更田豊志委員長は3日の記者会見で(後略)

 
[2019_07_02_01]
柏崎原発の誤連絡、住民団体が東電に抗議 柏崎日報  2019/07/02 TOP
東京電力が新潟・山形地震発生後、立地自治体などへ柏崎刈羽原発に「異常がある」との誤った情報を連絡した問題をめぐり(後略)

 
[2019_07_01_01]
新潟・山形地震の震源一帯、過去にM7級4度も…恐るべきその正体 アエラ  2019/07/01 TOP
新潟と山形を襲った地震の震源地一帯は、過去にも大地震が繰り返し起きてきた“ひずみ"が集中している場所だった。専門家が解説する。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 38 >  記事番号[186]〜[190] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_06_27_03]
東電、地震時の連絡ミスを謝罪 都内で株主総会 脱原発の株主提案は否決 新潟日報  2019/06/27 TOP
東京電力ホールディングスは26日、東京都内で株主総会を開いた。新潟県村上市で最大震度6強を観測した新潟・山形地震で、柏崎刈羽原発の使用済み燃料プールを冷却する電源に異常がないのに、自治体に「異常あり」と誤った連絡をした(後略)

 
[2019_06_27_02]
柏崎市長「到底納得できない」 東電ミス「重要視せず」規制事務所長の発言が波紋 新潟日報  2019/06/27 TOP
新潟・山形地震の発生後、東京電力が柏崎刈羽原発に「異常あり」と自治体などに誤って連絡した問題で、原子力規制庁の現地事務所長が「重要視はしていない」と発言した(後略)

 
[2019_06_26_03]
東電の誤連絡「重要視せず」 柏崎原発 規制事務所長が認識 共同通信  2019/06/26 TOP
新潟・山形地震が発生した18日深夜、東京電力が柏崎刈羽原発の使用済み燃料プールを冷却する電源に異常がないのに「異常あり」と連絡した問題について(後略)

 
[2019_06_22_01]
繰り返す東電柏崎刈羽原発の過ちと不祥事 6/18新潟・山形沖地震(仮称)東電の誤報問題 たんぽぽ  2019/06/22 TOP
6月18日に発生した新潟・山形沖地震(仮称)に対して、東電柏崎刈羽原発から地元自治体に「実際には異常がない」のに「異常あり」と誤報したことが問題になっている。(後略)

 
[2019_06_21_01]
元東電社員の蓮池透氏も驚愕! あまりにも無防備な「伊方発電所」 ハーバービジネスオンライン  2019/06/21 TOP
前回「蓮池透氏と見る四国・伊方発電所。蓮池氏も驚愕したその立地とは?」に引き続き、去る6月11日に八幡浜市で開催された蓮池透氏講演会についてお届けします。

 
 
 ▲5戻る  < 39 >  記事番号[191]〜[195] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_06_20_08]
6月18日に発生した山形県沖地震(仮称)と柏崎刈羽原発 柏崎刈羽原発でまたもや東電の不祥事 たんぽぽ  2019/06/20 TOP
◎東電柏崎刈羽原発から地元自治体に対する状況報告の中で、燃料プールを冷却する電源に実際には異常がないのに「異常あり」と記載していた。原子力災害対策指針では「警戒事態」の条件の一つとして「使用済燃料貯蔵槽の水位が一定の水位まで低下すること」という項目がある。(後略)

 
[2019_06_20_03]
[2019/6/20 19:15]原発情報で伝達ミス 柏崎市長「会社の資質が問われる問題」 BSN新潟放送  2019/06/20 TOP
今回の地震で東京電力が柏崎刈羽原発の情報を自治体に伝える際に、あってはならないミスを犯していました。柏崎市の桜井市長は「会社の資質が問われる問題」として、現状では廃炉計画も受け入れられないとしています。(後略)

 
[2019_06_20_02]
[2019/6/20 23:58]原発廃炉計画の議論凍結 地震の最中に連絡ミス 新潟テレビ21  2019/06/20 TOP
山形沖を震源とする18日夜の地震で、東京電力が柏崎刈羽原発の設備に「異常あり」とする誤った連絡を、柏崎市などにしていました。柏崎市の桜井市長は、これを問題として19日に廃炉計画の議論を凍結する考えを示しました。(後略)

 
[2019_06_20_01]
[2019/6/20 23:59]原発情報の誤発信で市長、東電へ改善策求める 柏崎日報 2019/06/20 TOP
東京電力が18日夜、新潟・山形地震で柏崎刈羽原発の状況を柏崎市など立地自治体に伝えるファクスの内容に誤りがあったことをめぐり、桜井市長は19日午後、同原発の設楽親所長を市役所に呼び、原因の解明や改善策を求める申し入れを行った。(後略)

 
[2019_06_19_17]
新潟・村上 震度6強 M6.8 5人けが、停電9000戸超 酒田など微弱な津波到達 東奥日報  2019/06/19 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 40 >  記事番号[196]〜[200] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_06_19_16]
[2019/6/19 00:30]新潟・村上で震度6強=日本海側で微弱な津波観測−気象庁 時事通信  2019/06/19 TOP
18日午後10時22分ごろ、山形県沖を震源とする地震があり、新潟県村上市で震度6強の揺れを観測した。気象庁は山形県、新潟県上中下越と佐渡、石川県能登に津波注意報を発令。新潟・粟島などで微弱な津波が観測された。(後略)

 
[2019_06_19_15]
[2019/6/19 01:45]新潟・村上で震度6強=転倒で負傷相次ぐ−新潟市で10センチ津波・気象庁 時事通信  2019/06/19 TOP
18日午後10時22分ごろ、山形県沖を震源とする地震があり、新潟県村上市で震度6強の揺れを観測した。気象庁は山形県、新潟県上中下越と佐渡、石川県能登に津波注意報を発表。新潟市で10センチ、佐渡などで微弱な津波が観測された。(後略)

 
[2019_06_19_14]
[2019/6/19 02:18]東京電力柏崎刈羽原発など原発は新潟地震の影響なし 日刊スポーツ  2019/06/19 TOP
原子力規制庁は18日、震源地を山形県沖とする新潟県で最大震度6強を観測した地震により、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)など全国各地の原発に影響はなかったと発表した。規制庁などによると、最大震度6強を観測した新潟県の柏崎刈羽原発、最大震度4を観測した宮城県の東北電力女川原発で地震による影響はなかった。(後略)

 
[2019_06_19_13]
[2019/6/19 02:24]新潟・山形地震、村上市で震度6強 新潟県内6市町で2800人超避難 新潟日報  2019/06/19 TOP
18日午後10時22分ごろ、新潟県などで震度6強の地震があった。新潟地方気象台によると、震源は山形県沖で震源の深さは約14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7と推定される。(後略)

 
[2019_06_19_11]
[2019/6/19 13:59]「柏崎刈羽の原子炉設備に異常」 東電、自治体に誤連絡 朝日新聞  2019/06/19 TOP
東京電力が18日夜、山形県沖地震の発生直後に柏崎刈羽原発(新潟県)の状況について地元自治体にファクスで速報した際、原子炉全7基の一部設備で「異常あり」と誤記していた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 41 >  記事番号[201]〜[205] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_06_19_10]
[2019/6/19 17:41]東電柏崎刈羽原発、18日夜の地震で「異常あり」と誤送信 柏崎市長が激怒 毎日新聞  2019/06/19 TOP
山形県沖を震源とする18日夜の地震で、東京電力が、柏崎刈羽原発に異常がないのに「異常がある」とする誤ったファクスを新潟県や立地する柏崎市に送っていたことが分かった。(後略)

 
[2019_06_19_09]
[2019/6/19 18:04]東電がファックス記載ミスで謝罪 NHK  2019/06/19 TOP
18日夜の地震で、新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の状況を東京電力が自治体にファックスで知らせる際、誤って使用済み燃料プールの冷却の電源に異常があると記載するミスがあり、東京電力は19日、柏崎市などに謝罪しました。柏崎市は、あってはならないミスだとして抜本的な改善を求めています。(後略)

 
[2019_06_19_08]
[2019/6/19 19:41]原発の地震被害情報 東電が誤送信 異常「有」通報 柏崎市長が抗議 新潟日報  2019/06/19 TOP
新潟・山形地震が発生した18日深夜、東京電力が新潟県の柏崎刈羽原発の状況を自治体などに連絡した文書に記載ミスがあった。柏崎市の桜井雅浩市長は19日、同原発の設楽親所長を市役所に呼び、徹底的な原因解明と抜本的な改善を求める申し入れをした。(後略)

 
[2019_06_19_07]
[2019/6/19 20:37]申し入れ書を手渡す柏崎市長 時事通信  2019/06/19 TOP
誤った情報の伝達に抗議し、東京電力柏崎刈羽原発の設楽親所長(右)に申し入れ書を手渡す新潟県柏崎市の桜井雅浩市長=19日午後、同市役所(後略)

 
[2019_06_19_06]
[2019/6/19 20:59]東電、柏崎原発「異常」と誤連絡 地震で地元など37自治体に 中日新聞  2019/06/19 TOP
山形県沖を震源とし、新潟県で最大震度6強を観測した地震で、東京電力は19日、発生直後の柏崎刈羽原発の状況について地元自治体などに連絡した際、1〜7号機全基の使用済み核燃料プールの設備に「異常あり」と誤記したファクスを送ったと明らかにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 42 >  記事番号[206]〜[210] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_06_19_05]
[2019/6/19 22:48]新潟・山形地震、東電が「原発異常あり」と誤送信 読売新聞  2019/06/19 TOP
山形県沖を震源とする地震で、東京電力が柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の状況を地元自治体に知らせる際、原子炉の一部設備に異常があるとするファクスを誤って送った。(後略)

 
[2019_06_19_04]
[2019/6/19 22:57]震源域は新潟地震と隣接 新潟・山形地震 政府調査委なお注意喚起 新潟日報  2019/06/19 TOP
新潟県村上市で最大震度6強を観測した新潟・山形地震を受け、政府の地震調査委員会は19日、臨時会合を開き、今回の地震活動は1964年の新潟地震の震源域に隣接した場所で発生しているとの見解を明らかにした。(後略)

 
[2019_06_19_03]
[2019/6/19 23:57]山形県沖地震(仮称)と柏崎刈羽原発 「原子力災害対策指針」は改正のたびに 自民党が内容を後退させた たんぽぽ  2019/06/19 TOP
2019年6月18日に発生した山形県沖地震(仮称)では、柏崎刈羽原発では「特に異状なし」で済まされてしまったが「ああよかった」では済まない。柏崎刈羽原発の原子炉は停止しているが、使用済燃料がプールにあるため、緊急時防護対策の対象になる。(後略)

 
[2019_06_19_02]
[2019/6/19 23:58]6月18日午後10時22分頃に発生した地震による当社設備への影響について 東京電力  2019/06/19 TOP
2019年6月19日東京電力ホールディングス株式会社6月18日午後10時22分頃、山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生しました。(後略)

 
[2019_06_19_01]
[2019/6/19 23:59]6月18日午後10時22分頃に発生した地震による当社設備への影響について(続報) 東京電力  2019/06/19 TOP
2019年6月19日東京電力ホールディングス株式会社6月18日午後10時22分頃、山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 43 >  記事番号[211]〜[215] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_06_18_04]
[2019/6/18 22:57]新潟震度6強 柏崎刈羽原発と志賀原発に異常なし 毎日新聞  2019/06/18 TOP
新潟県で震度6強を観測した地震について、原子力規制庁によると運転停止中の東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)、北陸電力志賀原発(石川県)では停電は発生しておらず、異常はないという。(後略)

 
[2019_06_18_03]
[2019/6/18 23:02]新潟・村上で震度6強=山形、新潟、石川に津波注意報−気象庁 時事通信  2019/06/18 TOP
18日午後10時22分ごろ、山形県沖を震源とする地震があり、新潟県村上市で震度6強の揺れを観測した。気象庁は山形県、新潟県上中下越と佐渡、石川県能登に津波注意報を出した。(後略)

 
[2019_06_15_02]
原発の安全性 報告に「3年かける」新潟県「三つの検証」委員長・池内了氏 新潟日報  2019/06/15 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題を考える講演会が14日夜、新潟県十日町市で開かれた。(後略)

 
[2019_06_13_04]
現在運転中の原発はテロ対策も「免震重要棟」もできていない たんぽぽ  2019/06/13 TOP
1.来年3月に川内原発が運転停止へ今年4月19日の朝日新聞に「対テロ施設、建設間に合わない原発9基が停止の可能性」という以下の記事が出ていました。(後略)

 
[2019_06_13_02]
新潟県、核燃料税の増収へ見直し 柏崎刈羽原発停止で 共同通信  2019/06/13 TOP
新潟県は13日、東京電力柏崎刈羽原発の立地に伴い東電に課している核燃料税について、運転停止中も原子炉の出力規模に応じて課税する割合を増やすことで東電と合意したと発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 44 >  記事番号[216]〜[220] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_05_18_03]
東京で流れぬ柏崎刈羽原発CM 上田義松(東京都江東区) 東京新聞 2019/05/18 TOP
連休中に新潟に行き、東京では見たことのない柏崎刈羽原発の安全性PRのテレビCMを見た。(後略)

 
[2019_05_18_01]
破綻した原発政策を国民に押し付ける経団連の「提言」。4・8経団連中西提言の核心と欠陥 ハーバービジネスオンライン 2019/05/18 TOP
4・8経団連会見、中西会長は質疑応答は何を語ったか(後略)

 
[2019_05_17_06]
特重施設の進捗状況「示せない」−柏崎刈羽原発所長が会見 金子通 たんぽぽ舎 2019/05/17 TOP
◆特重施設の進捗状況「示せない」−柏崎刈羽原発所長が会見東京電力柏崎刈羽原発の設楽所長は16日の定例会見で(後略)

 
[2019_05_10_01]
福島第一原発事故の現在と加速される原発再稼働の問題 山崎久隆 たんぽぽ舎 2019/05/10 TOP
1.津波地震の危険性福島第一原発の報道は、最近めっきりと減っており、依然として続く「原子力緊急事態」このことを含め、現状認識が被災者と為政者の間で巨大な解離が生じている。(後略)

 
[2019_05_08_01]
福島第一原発事故加害企業東京電力への質問書 東海第二原発(日本原電)への多額の援助について中止を 原子力民間規制委員会・東京 2019/05/08 TOP
2019年5月8日東京電力ホールディングス株式会社代表執行役社長小早川智明 様原子力民間規制委員会・東京代表岩田俊雄(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 45 >  記事番号[221]〜[225] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_05_02_02]
柏崎刈羽原発で作業員がやけど セメント付着、男性2人 共同通信  2019/05/02 TOP
東京電力は2日、柏崎刈羽原発(新潟県)で4月、敷地の液状化対策工事に使うセメントが付着し、50代と20代の男性作業員2人が手首や足にやけどを負ったと発表した。(後略)

 
[2019_05_02_01]
柏崎刈羽原発で作業員がやけど セメント付着、男性2人 共同通信 2019/05/02 TOP
東京電力は2日、柏崎刈羽原発(新潟県)で4月、敷地の液状化対策工事に使うセメントが付着し、50代と20代の男性作業員2人が手首や足にやけどを負ったと発表した。(後略)

 
[2019_04_27_03]
重大事故対処等施設が完成しない 福島第一原発事故の教訓はどこにいったのか! たんぽぽ 2019/04/27 TOP
1.川内原発などの現状最初に規制委が、川内原発1号機について特定重大事故対処等施設(特重施設)の許可を出したのは2018年5月7日の審査会合だ。2013年7月に施行された新規制基準で新たに設置が要求された。(後略)

 
[2019_04_25_02]
東電社長:東海第2支援、工期踏まえ経済性評価して適切に判断=テロ対策施設 時事通信 2019/04/25 TOP
東京電力ホールディングスの小早川智明社長は25日、決算会見の席上、日本原子力発電の東海第2原発(茨城県東海村)再稼働に向けた支援について、「テロ対策施設の工期も踏まえ、経済性を総合的に評価したい。適切に判断したい」と述べた。(後略)

 
[2019_04_18_03]
【報ステ】福島廃炉に『特定技能』外国人労働者 テレ朝 2019/04/18 TOP
東京電力は、今月から新たにできた在留資格『特定技能』の外国人労働者を福島第一原発の廃炉作業にも受け入れ可能とする方針を明らかにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 46 >  記事番号[226]〜[230] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_04_10_01]
柏崎刈羽の非常用発電機に不具合 一時出力ゼロ、東京電力 共同通信 2019/04/10 TOP
東京電力は10日、新潟県に立地する柏崎刈羽原発3号機で、電源の喪失に備えた非常用ディーゼル発電機の出力が一時ゼロになる不具合が定期試験中に起きたと発表した。(後略)

 
[2019_04_04_04]
<統一地方選>原発立地の10道県議候補 再稼働9割触れず 東京新聞  2019/04/04 TOP
統一地方選で七日に投開票される道府県議選のうち、原発が立地する十道県の候補者の九割が、選挙公報で原発の再稼働問題に言及していないことが本紙の調査で分かった。(後略)

 
[2019_04_03_02]
東電、原発トラブル情報33件放置…規制委検査 読売新聞  2019/04/03 TOP
原子力規制委員会は3日、東京電力本社(東京都)が、原子力発電所などから寄せられた計33件のトラブル情報を放置していたと発表した。原発の運転や管理のルールに違反していると認定し、改善を強く求めた。(後略)

 
[2019_04_01_01]
福島第一原発事故は終わらない 東電は被害者救済より日本原電延命を優先している たんぽぽ  2019/04/01 TOP
1.東京電力存続政策原発事故の賠償費用を原発で稼ぐ東電は被害者救済より日本原電延命を優先している東京電力福島第一原発事故から9年目に入ったが、事故は全く終わらない。(後略)

 
[2019_03_19_06]
柏崎刈羽原発差し止め訴訟『地震の揺れ想定不十分』原告側が指摘 新潟日報  2019/03/19 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の周辺住民らが東電を相手取り、全7基の運転差し止めを求めた訴訟の第26回口頭弁論が18日、新潟地裁であった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 47 >  記事番号[231]〜[235] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2019_03_15_07]
建屋全体を強固な構造で覆い上部をふさぐ工事が必要_山崎久隆 たんぽぽ  2019/03/15 TOP
(前略)3月3日のNHKスペシャル「黒い津波」では、対津波対策に重大な影響を与える新たな事実が明らかにされた。津波被災地では、最初は透明な海水が防潮堤を越えてきたがしばらくすると「黒い水」に変わったことが知られている。映像でも数多く残されている。 この「黒い津波」は、海底のヘドロなどが津波の潮流に押し流されて形成された。(後略)

 
[2019_03_13_04]
東電原発事故裁判結審 鍵握る人物 証言なく 調書に「対策先送り」 東奥日報  2019/03/13 TOP

 
[2019_03_04_01]
原発トラブル3件、対策検討せず 東電発表、福島第2と東通で 共同通信  2019/03/04 TOP
東京電力は4日、福島第2原発と東通原発(青森県、建設中)で過去にトラブル計3件が見つかったが、その際、他の自社原発で同種のトラブルが起きないような予防策の要否を検討していなかったと発表した。(後略)

 
[2019_02_06_03]
福島第一原発事故加害者東京電力への質問書 民間規制委・東京 2019/02/06 TOP
2019年2月6日 東京電力ホールディングス株式会社 代表執行役社長 小早川智明 様(後略)

 
[2019_01_26_01]
柏崎原発は「断層調査が不完全」 住民団体が東電に申し入れ 新潟日報 2019/01/26 TOP
東京電力柏崎刈羽原発に反対する住民団体「柏崎刈羽原発市民研究会」などは25日、東電に対し、同原発周辺の断層の活動性を評価するために掘削した「寺尾トレンチ」と呼ばれる断層面の調査結果を巡り、「東電の解釈に疑義がある」とする申し入れを行った。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 48 >  記事番号[236]〜[240] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_12_20_03]
柏崎刈羽原発でケーブル火災 非常用電源ケーブル焼損を深刻に捉えない東電は大問題 たんぽぽ舎  2018/12/20 TOP
2018年11月1日、東電柏崎刈羽原発でケーブルが焼けた。非常用電源設備から7号機に6900ボルトの電力を送るためのもので被覆材が焼け、内部の導体が露出した状態だった。(後略)

 
[2018_12_14_01]
原告側、地下水事故の危険性指摘 東電柏崎原発運転差し止め訴訟 新潟日報  2018/12/14 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の周辺住民らが東電を相手取り、全7基の運転差し止めを求めた訴訟の第25回口頭弁論が13日、新潟地裁であった。原告側は、地震で原発の建屋が壊れ、地下水が流れ込んで事故につながる恐れがあるなどと指摘した。(後略)

 
[2018_12_12_03]
見落し可能性を認めて「非常に難しい」と事業者の解析を鵜呑みし続ける原子力規制委員会 たんぽぽ  2018/12/12 TOP
◎12月5日の原子力規制委員会定例会議の終りに、次の資料とともに浜岡・柏崎刈羽・東通原発の耐震評価の誤りが報告された。(後略)

 
[2018_12_05_01]
県技術委、柏崎原発周辺の断層視察 刈羽 活動性検討で 新潟日報  2018/12/05 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の安全性を議論する県技術委員会の委員を務める立石雅昭・新潟大名誉教授(地質学)と山崎晴雄・首都大学東京名誉教授(地理学)は4日、同原発から北東約2キロの刈羽村にあり、東電が原発周辺の断層の活動性を評価(後略)

 
[2018_12_04_08]
東通・柏崎刈羽・浜岡 3原発 地震の力 9分の1に過小評価 NHK  2018/12/04 TOP
東北電力 東通原子力発電所など3つの原発で、原子炉に冷却水を送り込む非常用の配管の耐震性を示すデータに誤りがあり、地震でかかる力を半分から9分の1程度に小さく評価していたことがわかりました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 49 >  記事番号[241]〜[245] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_12_01_02]
東海第二原発には耐震性なし 免震装置に重大な欠陥が明らかに たんぽぽ  2018/12/01 TOP
(前略)油圧機器メーカーKYBの子会社カヤバシステムマシナリーが製作した免震及び制震装置の検査データで、少なくても1000台あまりの検査データが偽造されていた疑いのあることが明らかになった(後略)

 
[2018_11_29_01]
地質問題 公開の意見交換会要請 柏崎刈羽原発に反対する住民団体 新潟日報  2018/11/29 TOP
◆柏崎刈羽原発の地質問題−公開の意見交換、改めて申し入れ東京電力柏崎刈羽原発に反対する住民団体「柏崎刈羽原発市民研究会」は28日、同原発の地質問題について地元の専門家と公開で意見交換するよう、改めて東電に申し入れた。(後略)

 
[2018_11_26_02]
<志賀原発>事故訓練評価で最低 情報公開改善を 毎日新聞  2018/11/26 TOP
原発の昨年度の事故対応訓練について原子力規制委員会が今年7月に公表した評価結果で、北陸電力志賀原発(石川県志賀町)は全国18の原発中、「情報共有」の項目で東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)と並んで最低評価の「C」だった。(後略)

 
[2018_11_17_02]
柏崎刈羽原発ケーブル火災−所長、柏崎市長に謝罪 新潟日報  2018/11/17 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の敷地内で1日に発生した電気ケーブルの火災で、同原発の設楽所長は16日、柏崎市の桜井市長と面会し、情報伝達の不備などを謝罪した。桜井市長は「あまりにも初歩的なミスだ。改善に取り組んでもらいたい」と苦言を呈した。(後略)

 
[2018_11_16_04]
東電原発所長が市長に謝罪、新潟 共同通信  2018/11/16 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)で1日にケーブル火災が起きた際、東電から地元への情報伝達に不備があった問題で、同原発の設楽親所長が16日、柏崎市役所を訪れ、桜井雅浩市長に「市民をはじめ多くの方にご心配をお掛けしたことを改めておわびする」と謝罪した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 50 >  記事番号[246]〜[250] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_11_09_05]
柏崎市長「東京電力に説明求める」 柏崎刈羽原発での電力ケーブル火災で 新潟日報  2018/11/09 TOP
1日に東京電力柏崎刈羽原発の敷地内で起きた電力ケーブルの火災について、桜井雅浩市長は7日の定例会見で「重要な事象につながり得る。東電に説明を求めたい」と述べた。(後略)

 
[2018_11_08_02]
柏崎原発、火元正確に伝わらず ケーブル火災で消防対応に遅れ 東京新聞  2018/11/08 TOP
1日に東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)にあるトンネルでケーブルが焼けた火災で、火元の情報が東電から消防に正確に伝わらず、消防が火元を約1時間半にわたって探し、対応に遅れが出ていたことが8日、消防や東電への取材で分かった。(後略)

 
[2018_11_01_01]
社説:東電原発公判 旧経営陣の責任感疑う 京都新聞  2018/11/01 TOP
いったい、だれが安全責任を担っていたのか。東京電力の旧経営陣の供述に釈然としない。福島第1原発事故をめぐり業務上過失致死傷罪で強制起訴された勝俣恒久元会長と武藤栄、武黒一郎元副社長に対する、初めての被告人質問が東京地裁であった。(後略)

 
[2018_10_11_01]
クレーン不具合もトリチウム汚染水も無責任に批判し 糊塗する更田委員長 たんぽぽ  2018/10/11 TOP
2018年10月3日の規制委員会定例会議の議題2「東京電力福島第一原子力発電所3号機燃料取扱機等の不具合について」で、更田委員長は「ちゃんとやればできたはずのことができていないという話なので、私は、本件を重く見るべきだと思っています」(後略)

 
[2018_09_22_03]
東海第2、26日議論 原子力規制委 了承なら審査合格 茨城新聞  2018/09/22 TOP
原子力規制委員会は21日、日本原子力発電が再稼働と最長20年の運転延長を目指している東海第2原発(東海村白方)について、26日の定例会合で再稼働に関する議論をすると発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 51 >  記事番号[251]〜[255] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_09_06_46]
東通原発、設備耐震に誤り 東北電「健全性問題なし」 東奥日報  2018/09/06 TOP

 
[2018_09_06_06]
泊原発、外部電源6回線喪失、非常用DG6台起動中。 おしどりポータルサイト  2018/09/06 TOP
泊発電所、6時半状況。(10時時点続報無し)・外部電源6回線喪失(275kV泊幹線、275kV後志幹線、66kV泊幹線の6回線)(後略)

 
[2018_09_05_03]
緊急冷却配管の耐震性計算に誤り 東通、柏崎、浜岡の3原発 新潟日報  2018/09/05 TOP
東北電力の東通原発(青森県)、東京電力の柏崎刈羽原発1号機(新潟県)、中部電力の浜岡原発4号機(静岡県)で、緊急時に原子炉に冷却水を送る配管の耐震性の計算に誤りが見つかったことが5日、分かった。(後略)

 
[2018_08_31_02]
非常用発電機、試験中に手動停止 柏崎原発 出力なくなる 新潟日報  2018/08/31 TOP
東京電力は30日、柏崎刈羽原発1号機原子炉建屋地下1階で、電源喪失時に電源を供給する非常用ディーゼル発電機の試験中、出力がなくなったため、発電機を手動停止したと発表した。(後略)

 
[2018_08_29_05]
15.7メートル津波対策 10年前「白紙」に 「第三者に頼もう」常務、先送りを指示 東奥日報  2018/08/29 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 52 >  記事番号[256]〜[260] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_08_27_02]
<女川原発>再稼働審査大詰め 東北電、申請から4年8ヵ月 河北新報  2018/08/27 TOP
東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の原子力規制委員会による審査が終盤に入った。再稼働を目指す東北電は今年7月に新たなスケジュールを示し、来年1月中に全ての審査を終えたい方針を掲げる。(後略)

 
[2018_08_08_03]
大飯判決 福井地裁元裁判長インタビュー 原発差し止め「迷いなし」 東京新聞  2018/08/08 TOP
関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止め訴訟で、二〇一四年の一審・福井地裁判決で運転差し止めを命じた裁判長の樋口英明氏(65)が本紙のインタビューに応じ、原発訴訟に対する思いを語った。(後略)

 
[2018_08_06_01]
新潟知事、原発事故検証で協力を 経産相に要望 沖縄タイムス  2018/08/06 TOP
東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働を巡り、同原発が立地する新潟県の花角英世知事は6日、経済産業省で世耕弘成経産相と会談し「県独自で行っている原発の安全性検証作業に協力してほしい」と要望した。(後略)

 
[2018_08_02_01]
<東電>柏崎刈羽原発1〜5号機「廃炉計画策定を検討」 毎日新聞  2018/08/02 TOP
◇小早川社長、柏崎市に歩み寄り東京電力の小早川智明社長は2日、新潟県柏崎市で桜井雅浩市長と面会し、東電柏崎刈羽原発(全7基)の1〜5号機について「廃炉計画の策定を社内で検討している」と報告した。(後略)

 
[2018_08_01_04]
柏崎原発の事故訓練「最低評価」に原子力規制委が改善計画求める 新潟日報  2018/08/01 TOP
原子力規制庁柏崎刈羽原子力規制事務所の水野大所長は31日の定例会見で、東京電力が柏崎刈羽原発での事故を想定して3月に実施した対応訓練で情報共有に関する評価が最低ランクだったことを受け、東電に対し改善計画の提出を求めていることを明かした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 53 >  記事番号[261]〜[265] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_08_01_01]
<柏崎市>桜井市長「核燃料サイクル見直すべき時期」 毎日新聞  2018/08/01 TOP
新潟県柏崎市の桜井雅浩市長は1日の定例記者会見で、内閣府の原子力委員会が改定したプルトニウムの利用指針で保有量の削減に初めて踏み込んだことについて「現状を考えれば当然のことで遅きに失した」と述べ(後略)

 
[2018_07_27_06]
「福島も止まったら、経営的にどうなのか、って話でね」刑事裁判傍聴記 福島原発刑事訴訟支援団  2018/07/27 TOP
「福島も止まったら、経営的にどうなのか、って話でね」 7月27日の第23回公判では、関係者の発言、別の原発が密かに実施していた津波対策など、「あっ」と驚くような事実が数多く開示された。(後略)

 
[2018_07_25_02]
柏崎原発、情報共有「C」評価=事故想定の訓練で―規制委 時事通信  2018/07/25 TOP
電力各社が行う原発事故を想定した訓練で、原子力規制委員会が東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)など3原発に対し、規制委との情報共有について「一層の改善が必要」とする3段階評価で最低の「C」評価としていたことが分かった。(後略)

 
[2018_07_25_01]
大飯原発訴訟の一審破棄は司法の判断放棄! 原発訴訟の"治外法権化"が始まった! 週プレ  2018/07/25 TOP
「原発の是非は司法の役割を超えている」。7月4日、そんな判決で原告側の求めを棄却した大飯原発訴訟が注目されている。なぜ裁判所は判断を投げ出したのか?(後略)

 
[2018_07_22_01]
原発テロ対策、敦賀に大型巡視船 海保が2隻配備へ 福井新聞  2018/07/22 TOP
原発のテロ対策を目的に、海上保安庁が2019年度から順次、15基の原発が集中立地する福井県に大型巡視船2隻を配備することが7月21日、関係者への取材で分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 54 >  記事番号[266]〜[270] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_07_21_02]
東海第二原発(茨城県東海村)の本質的問題 たんぽぽ  2018/07/21 TOP
 7月21日(土)に開催された『先月・今月・来月の原発問題』で山崎久隆さんより提起された「東海第二原発の本質的問題」(60項目)について、抜粋しながら順次連載したいと思います。(後略)

 
[2018_07_19_02]
7/11東電本店合同抗議主催「東電は責任をとれ」連続講座 たんぽぽ舎  2018/07/19 TOP
蓮池 透さん(元拉致被害者「家族会」事務局長)は元東京電力の社員で、長年原子燃料サイル部で働いてこられた方です。(後略)

 
[2018_07_18_04]
豪雨災害で原発にも影響 伊方原発(四国)、泊原発(北海道)で浸水 たんぽぽ舎  2018/07/18 TOP
◎豪雨災害により広島、岡山県など広範囲で大規模な土石流、洪水被害が発生し、200名以上が死亡、行方不明になりました。ご冥福をお祈りすると共に被災された方々に御見舞い申し上げます。(後略)

 
[2018_07_04_04]
東海第二、新基準「適合」 被災原発で初 規制委了承 東京新聞  2018/07/04 TOP
原子力規制委員会は四日の定例会合で、日本原子力発電(原電)の東海第二原発(茨城県東海村)が、新規制基準に「適合」したことを示す審査書案を了承した。東日本大震災で被災した原発の新基準適合は初めて。(後略)

 
[2018_06_27_03]
東海第2原発、来月「合格」へ 規制委の再稼働審査 共同通信  2018/06/27 TOP
原子力規制委員会が、日本原子力発電東海第2原発(茨城県)の再稼働に関する審査で、合格証に当たる「審査書案」を7月に決定する見通しであることが27日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 55 >  記事番号[271]〜[275] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_06_06_02]
東電柏崎刈羽原発の設置変更許可には液状化影響評価の誤りが判明 たんぽぽ  2018/06/06 TOP
滝谷紘一さんの「柏崎刈羽原発:液状化影響評価に誤りが判明した設置変更許可」(岩波科学5月号、検証・原発新規制基準適合性審査)を紹介する。(後略)

 
[2018_06_04_02]
柏崎原発、海水5400リットル漏れ=6号機タービン建屋―新潟 時事通信  2018/06/04 TOP
4日午後1時半ごろ、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)6号機のタービン建屋で、冷却用の海水が床に漏れているのを作業員が見つけた。流出量は約5400リットル。現場は放射性物質を扱わない非管理区域で、外部への放射能漏れはない。(後略)

 
[2018_05_23_03]
東京電力の東通原発計画再始動をとめよう 山崎久隆 たんぽぽ  2018/05/23 TOP
_

 
[2018_05_23_02]
7原発12基の換気系ダクトに腐食・穴 柏崎刈羽、機能異常も 東京新聞  2018/05/23 TOP
原子力規制委員会は二十三日、全国の原発などで空調換気系ダクトに腐食による穴などがないか調査した結果、一部に腐食や穴が見つかったのは七原発十二基だったと明らかにした。(後略)

 
[2018_05_19_03]
「炉心溶融」東電社長が不使用指示 福島事故検証報告 東京新聞  2018/05/19 TOP
東京電力福島第一原発事故の発生直後、当時の清水正孝社長が「炉心溶融(メルトダウン)という言葉を使うな」と社内に指示した問題に関し、柏崎刈羽原発を抱える新潟県と東電の合同検証委員会は(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 56 >  記事番号[276]〜[280] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_04_16_01]
新基準適合の7原発14基 稼働10年で核燃プール満杯 東京新聞  2018/04/16 TOP
東京電力福島第一原発事故後に策定された原発の新規制基準に適合済みの七原発十四基は、いずれも稼働後十年以内に使用済み核燃料を保管するプールが満杯になることが、電力各社への取材で分かった。(後略)

 
[2018_03_26_01]
核燃料サイクル政策の道筋へ協力 柏崎、むつ両市長が会談 新潟日報  2018/03/26 TOP
東京電力柏崎刈羽原発が立地する新潟県柏崎市の桜井雅浩市長は26日、使用済み核燃料の中間貯蔵施設がある青森県むつ市で宮下宗一郎市長と会談し、国に核燃料サイクル政策の道筋を付けさせるため両市が協力する方針を確認した。(後略)

 
[2018_03_08_04]
昨夏の電力余力 震災前の原発分上回る 東京新聞  2018/03/08 TOP
年間通じて最も電力が必要になる夏の発電状況について、電力の供給余力が昨年、東日本大震災前の二〇一〇年を大幅に上回っていたことが明らかになった。(後略)

 
[2018_03_08_01]
ベント設備に液状化の恐れ=柏崎刈羽原発、耐震強化へ―東電 時事通信  2018/03/08 TOP
東京電力は8日、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)で重大事故の際に格納容器内で高まった圧力を逃がす「フィルター付きベント」の基礎部分が地震による液状化で損傷する恐れがあるとして、耐震強化工事を行うことを明らかにした。(後略)

 
[2018_03_07_04]
柏崎刈羽原発に三菱マテリアル子会社の不適合品使用か TBS  2018/03/07 TOP
検査データを改ざんしていた「三菱マテリアル」の子会社の不適合品が、「東京電力」の柏崎刈羽原発に使われている可能性があることが分かりました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 57 >  記事番号[281]〜[285] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_02_23_05]
広報への批判、真摯に受け止める 東電広報部長、「ベント損傷の恐れ」で見解 新潟日報  2018/02/23 TOP
東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の重大事故時の排気設備「フィルター付きベント」の基礎部分が、地震で液状化が起きた場合に損傷する恐れがある問題で、同原発の一杉義美広報部長は22日の定例会見で、県や柏崎市などに早期に説明していなかったことについて「広報のやり方に批判があることは、真摯(しんし)に受け止めたい」と述べた。(後略)

 
[2018_02_22_02]
3割が指示待たずに避難 柏崎原発事故時 半径5〜30キロ圏 新潟日報  2018/02/22 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の重大事故時の対応などを周辺住民に尋ねた民間研究機関の意識調査で、原発から半径5〜30キロ圏の住民の3分の1が、国の避難指示が出る前に避難すると回答していたことが21日、分かった。(後略)

 
[2018_02_17_04]
東通原発共同事業化 「シェアの価値ある」 東電・小早川社長 東奥日報  2018/02/17 TOP

 
[2018_02_11_01]
米山知事「東電信用できない」 柏崎原発ベント地震で損傷の恐れで 新潟日報  2018/02/11 TOP
東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の重大事故時の排気設備「フィルター付きベント」の基礎部分が、地震で液状化が起きた場合に損傷する恐れがある問題で、米山隆一知事は10日、新潟日報社の取材に対し「聞いていない。そういう情報はきちんと出してもらえないと東電を信用できない」と話した。(後略)

 
[2018_02_10_01]
地震で液状化の場合 原発損傷の恐れ 柏崎刈羽 東電、地元に説明せず 新潟日報  2018/02/10 TOP
東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の重大事故時の排気設備「フィルター付きベント」が、地震で液状化が起きた場合にその影響で基礎を支えるくいが曲がるなど損傷する恐れがあることが9日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 58 >  記事番号[286]〜[290] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_02_08_02]
米山知事、雪で会場にたどり着けず 柏崎市で開催の柏崎原発意見交換 新潟日報  2018/02/08 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の安全性について地元住民が議論する「原発の透明性を確保する地域の会」の定例会が7日、柏崎市の市産業文化会館で開かれた。(後略)

 
[2018_01_27_03]
誰も審査しないプルサーマル原発の安全性  原子力規制委も投げ出しているプルサーマル計画 たんぽぽ  2018/01/27 TOP
目次1.現状…燃やすあてがないプルトニウム利用計画核燃料再処理をやめよ2.帳尻あわせも不可能3.原子力規制委の怠慢、過酷事故対策として追加した設備類を調査審議すべき4.プルサーマルの安全審査をやり直せ(後略)

 
[2018_01_24_03]
新潟知事、再稼働強行なら訴訟 柏崎原発巡り 共同通信  2018/01/24 TOP
東京電力柏崎刈羽原発を抱える新潟県の米山隆一知事は24日、東京都内で講演し、県独自の福島第1原発事故の検証作業について説明し「県知事には再稼働にものを言う権限がある。検証を待たずに再稼働をすれば、差し止め訴訟をすることになる」と述べた。(後略)

 
[2018_01_23_01]
強風で建屋の外壁はがれる 柏崎刈羽原発 新潟日報  2018/01/23 TOP
東京電力は23日、柏崎刈羽原発の水処理建屋の外壁が、強風によりはがれたと発表した。東電によると、同建屋は放射性物質を扱わない非管理区域で、外部への放射能の影響はない。(後略)

 
[2018_01_20_02]
更田委員長が自信満々で露呈させた 「原子力規制委員会は被ばく強要委員会」 たんぽぽ  2018/01/20 TOP
更田委員長が1月17日の規制委定例会議と記者会見で露骨に福島の人たちに被ばくを強要した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 59 >  記事番号[291]〜[295] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_01_18_06]
東電・東通原発 共同事業化 「複数社で協議の場」 小早川社長 東奥日報  2018/01/18 TOP

 
[2018_01_15_04]
柏崎刈羽原発でコードなど燃える NHK  2018/01/15 TOP
15日午後、東京電力柏崎刈羽原子力発電所3号機の非常用の電気設備が入った部屋で、コードなどが燃える火事があり、東京電力や消防が火事の詳しい原因を調べています。(後略)

 
[2018_01_15_03]
柏崎刈羽原子力発電所での火災の発生について 新潟県  2018/01/15 TOP
東京電力から、本日11時59分頃に、柏崎刈羽原子力発電所3号機海水熱交換器建屋地下1階の非常用電気品室(非管理区域)の電源盤において、設備の点検のために電源の停止操作を実施していたところ、受電用遮断器の内部から火花の発生と異臭を確認し、消防に通報したとの報告を受けました。(後略)

 
[2018_01_10_02]
エネ庁長官、新潟知事を訪問「柏崎再稼働、意義理解を」 日経新聞  2018/01/10 TOP
資源エネルギー庁の日下部聡長官は10日、新潟県庁を訪れ米山隆一知事と会談した。東京電力柏崎刈羽原子力発電所6、7号機の再稼働について政府の方針を説明し「意義について理解をいただきたい」と求めた。(後略)

 
[2018_01_09_04]
再稼働の議論“当面なし"新潟・米山知事が強調 テレ朝  2018/01/09 TOP
東京電力の小早川智明社長と新潟県の米山隆一知事が会談し、米山知事は「国から異を挟まれる立場にない」と述べ、当面は再稼働の議論は行わない考えを改めて強調しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 60 >  記事番号[296]〜[300] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2018_01_04_01]
原発検査 東電、他電力と提携検討 共同実施し作業効率化 東奥日報 2018/01/04 TOP

 
[2017_12_28_04]
新潟・柏崎刈羽原発 基準適合 再稼働、割れる地元 県は慎重、市と村は前向き 毎日新聞  2017/12/28 TOP
東京電力柏崎刈羽原発6、7号機が原子力規制委員会の新規制基準に適合した。しかし地元自治体の同意を巡っては、米山隆一・新潟県知事が再稼働に慎重な姿勢を崩していない。一方、原発が立地する柏崎市、刈羽村の両首長は再稼働に前向きで、地元自治体の姿勢は割れている。(後略)

 
[2017_12_28_02]
意見募集「東電に資格ない」 柏崎刈羽「適合」決定 再稼働は見通せず 東京新聞  2017/12/28 TOP
原子力規制委員会は二十七日の定例会合で、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)が、原発の新規制基準に「適合」するとした審査書を正式決定した。(後略)

 
[2017_12_27_02]
柏崎刈羽原発「適合」 規制委、福島同型で初 東京新聞  2017/12/27 TOP
原子力規制委員会は二十七日午前の定例会合で、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)が原発の新規制基準に「適合」しているとした審査書案を正式決定した。(後略)

 
[2017_12_21_04]
東電は巨額の費用を国民につけ回し6800億円も柏崎刈羽原発につぎ込んでいる たんぽぽ  2017/12/21 TOP
1.経理的基礎の欠如、2.技術的能力の欠如、3.耐震重要度分類の問題点4.外部火災に対する設計方針とテロ対策の矛盾、5.津波による損傷の防止は成立していない(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 61 >  記事番号[301]〜[305] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_12_20_03]
柏崎原発27日にも正式合格 東電 規制委に補正書提出 新潟日報  2017/12/20 TOP
東京電力は18日、原子力規制委員会の新規制基準適合性審査に事実上合格した柏崎刈羽原発6、7号機に関する審査申請の補正書を規制委に提出した。重大事故対策に関する規制委の規則改正などを反映した内容。(後略)

 
[2017_12_20_01]
<大飯原発>22日に廃炉決定 関電、運転延長採算取れず 毎日新聞  2017/12/20 TOP
関西電力が22日の臨時取締役会で、2019年に40年の運転期限を迎える大飯原発1、2号機(福井県おおい町)の廃炉を正式に決定することになった。再稼働するには安全対策に巨額の費用がかかり、運転を延長しても採算が取れないと判断したためだ。(後略)

 
[2017_12_19_02]
「伊方原発の運転差し止め」を決めたベテラン判事の本音を読み解く 現代ビジネス  2017/12/19 TOP
広島高裁の衝撃の判決広島高裁の野々上友之裁判長は12月13日、原子力発電所を持つ全国の電力会社を震え上がらせる決定を下した。(後略)

 
[2017_12_05_02]
柏崎原発運転差し止め訴訟で第21回口頭弁論 新潟日報  2017/12/05 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の周辺住民らが東電を相手取り、柏崎刈羽原発全7基の運転差し止めを求めた訴訟の第21回口頭弁論が4日、新潟地裁であった。原告側は、重大事故時に備えて周辺自治体が策定した避難計画の不十分さを指摘し、「周辺自治体には対処できない」と強調した。(後略)

 
[2017_12_05_01]
泉田氏 再稼働の賛否、なお不明 新潟で原発問題考える討論会 新潟日報  2017/12/05 TOP
原発問題を考える討論会が新潟市中央区で開かれ、先の衆院選新潟5区で初当選した自民党の泉田裕彦衆院議員が参加した。脱原発を訴える滋賀県の嘉田由紀子元知事、全国の原発運転差し止め訴訟に携わる河合弘之弁護士と意見を交わした(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 62 >  記事番号[306]〜[310] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_11_29_05]
新規制基準満たさぬ恐れも 柏崎原発 防火壁の穴 規制事務所長が見解 新潟日報  2017/11/29 TOP
東京電力柏崎刈羽原発で、防火壁の貫通部をふさがず建築基準法に違反していた問題で、原子力規制庁柏崎刈羽原子力規制事務所の平田雅己所長は28日、同問題が新規制基準の火災防護対策を満たさない可能性があると指摘した。(後略)

 
[2017_11_23_04]
柏崎刈羽原発 防火対策が不備 60か所余で NHK  2017/11/23 TOP
新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の原子炉建屋などで、法律で定められた防火対策が60か所余りで図られていなかったことがわかりました。東京電力では来年以降、できるだけ早く対策をとるとしています。(後略)

 
[2017_11_23_01]
<柏崎刈羽原発>違法な穴、新たに60カ所 防火処置せず 毎日新聞  2017/11/23 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の原子炉建屋から防火処置をしていない建築基準法違反の貫通部(穴)が見つかった問題で、東電は22日、新たに同法違反の穴60カ所を確認したと発表した。(後略)

 
[2017_11_22_02]
警告! 次の震災は国民の半数が被災者になる 東洋経済  2017/11/22 TOP
「こんなズブズブの土地に本社を建てちゃいけませんね」「家具止めもしないなんて、おバカさんです」――。こうした口調でズバズバと防災の不備を突く、名物教授をご存じだろうか。名古屋大学の福和伸夫教授である。(後略)

 
[2017_11_18_02]
東電に「適格性」も無ければ審査書も不合格 原子力規制庁担当が明らかにしたずさんな審査 たんぽぽ舎  2017/11/18 TOP
11月14日(火)の「集会&政府交渉STOP!柏崎刈羽原発の再稼働」(主催:原子力規制を監視する市民の会、FOEJapan)に参加して、東電に柏崎刈羽原発の再稼働を認められないことを再確認した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 63 >  記事番号[311]〜[315] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_11_14_10]
原発長期停止 運転経験 継承に懸念 規制委員長「安全上の問題」 東奥日報 2017/11/14 TOP

 
[2017_11_11_02]
東電の全戸訪問、4割しか会えず 日中を中心 不在多く 新潟日報  2017/11/11 TOP
東京電力は10日までに、柏崎刈羽原発の免震重要棟の耐震性不足を巡る問題などを説明するため、柏崎市と刈羽村で行っていた全戸訪問について、実際に住民に会えたのは約1万5千世帯で、約4割にとどまっていたと明らかにした。(後略)

 
[2017_11_07_01]
原子力規制委員会の5年間 規制委は「何をしなかった」のか 山崎久隆 たんぽぽ舎  2017/11/07 TOP
見出し1.認可取り消しをしなかった2.福島第一原発事故の原因究明をしなかった3.東京電力の責任を追及しなかった4.再稼働優先で安全性を重視しなかった(後略)

 
[2017_11_06_01]
東電へ 公開の意見交換会開催を要請 柏崎刈羽の反原発地元団体 新潟日報  2017/11/06 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に反対する地元団体「柏崎刈羽原発市民研究会」は6日、東電に対し、原発周辺の断層を巡り評価が食い違う専門家グループ「柏崎刈羽原発活断層問題研究会」と、公開の場で意見交換するよう要請した。(後略)

 
[2017_10_29_01]
柏崎原発審査やり直し要求へ−地質専門家、規制委に意見書 新潟日報  2017/10/29 TOP
東京電力柏崎刈羽原発周辺の断層を巡って東電の評価に疑義を示している地元の専門家グループは28日、同原発6、7号機に事実上の合格を出した原子力規制委員会の審査書案に対し、意見公募に応じて意見書を提出することを決めた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 64 >  記事番号[316]〜[320] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_10_25_06]
原子力規制委員長 更田豊志氏に聞く 福島民報  2017/10/25 TOP
原子力規制委員長に9月22日付で就いた更田(ふけた)豊志氏は24日、福島民報社のインタビューに応じた。東京電力福島第一原発で高濃度汚染水を浄化した後に残る放射性トリチウムを含んだ処理水について、「海洋放出が現実的に最善の選択肢。東電は風評対策を含めて具体的な提案をし、県民の理解を得るしかない」(後略)

 
[2017_10_20_02]
資格なき東電柏崎刈羽再稼働容認 (その3) 規制委員会の更田新体制も露骨な再稼働推進機関 たんぽぽ  2017/10/20 TOP
7.米山新潟県知事再稼働容認せず米山新潟県知事は規制委が審査書案を了承しても、柏崎刈羽の再稼働は容認しない方針です。米山知事は県が独自に委員会を設けて進める検証が終わるまでは、再稼働の議論はしないと明言しています。(後略)

 
[2017_10_19_04]
資格なき東電柏崎刈羽再稼働容認 (その1) 規制委員会の更田新体制も露骨な再稼働推進機関 たんぽぽ  2017/10/19 TOP
1.申請後も欠陥隠し次々発覚原子力規制委員会は10月4日東京電力柏崎刈羽6、7号機について新規制基準に「適合」するとの審査書案を了承し、事実上再稼働を容認しました。(後略)

 
[2017_10_19_03]
資格なき東電柏崎刈羽再稼働容認 (その2) 規制委員会の更田新体制も露骨な再稼働推進機関 たんぽぽ  2017/10/19 TOP
4.地下水くみ上げ用井戸水位計設定ミスでも「適格」柏崎刈羽原発の審査が大詰めを迎えていた9月28日福島第一の1から4号機周辺にある地下水くみ上げ用井戸(サブドレン)6本の水位計が誤って設定されていたことが発覚しました。(後略)

 
[2017_10_18_03]
大飯1・2号機廃炉へ 関電、大型原発で全国初 東奥日報  2017/10/18 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 65 >  記事番号[321]〜[325] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_10_18_02]
「沸騰水型」に新冷却装置 規制委 原発事故対策で義務化 東奥日報  2017/10/18 TOP

 
[2017_10_14_04]
原発30キロ圏に補助金拡大 経産省17年度予算 十日町市に8000万円 新潟日報  2017/10/14 TOP
経済産業省が2017年度予算で、原発の廃炉や長期停止によって経済的な影響を受ける地域を支援する補助金の対象を原発立地自治体から、原発から半径30キロ圏内の周辺自治体にも広げていたことが13日までに、分かった。(後略)

 
[2017_10_13_02]
原燃債務 追加保証を 東電に電力各社要請 東奥日報  2017/10/13 TOP

 
[2017_10_07_01]
東京電力柏崎刈羽原子力発電所6,7号機の審査書案についての申し入れ 小木曽茂子 (さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト) さようなら柏崎原発  2017/10/07 TOP
平成29年10月4日原子力規制委員会委員長更田豊志様東京電力柏崎刈羽原子力発電所6,7号機の規制基準適合審査について本日合格を発表されるとのことですが(後略)

 
[2017_10_06_02]
柏崎刈羽審査「合格」 衆院選 原発も争点 野党、対決姿勢鮮明 東奥日報  2017/10/06 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 66 >  記事番号[326]〜[330] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_10_05_05]
抗議声明 原子力規制委員会は柏崎刈羽原発の適合性審査書を取り消せ たんぽぽ  2017/10/05 TOP
10月4日、原子力規制委員会(規制委)は東京電力(東電)柏崎刈羽原発の新規制基準の適合性審査について事実上の審査合格となる「審査書案」を決定した。沸騰水型軽水炉としては初めての「合格」である。(後略)

 
[2017_10_05_02]
小池百合子が原発再稼働を容認すると発言! 希望の党の「原発ゼロ」公約はやっぱり嘘だった リテラ  2017/10/05 TOP
原子力規制委員会は昨日、新潟県の柏崎刈羽原発6・7号機について、東京電力が示した安全対策が新基準に適合しているとし、事実上の審査合格を出した。(後略)

 
[2017_09_27_01]
柏崎刈羽 事実上「合格」 原子力規制委 審査書案を掲示 適格性議論 矮小化するな 東奥日報  2017/09/27 TOP

 
[2017_09_25_01]
これまでの姿勢も方針も変えない更田新委員長体制をしっかり監視しよう たんぽぽ  2017/09/25 TOP
原子力規制委員会が発足して6年目を迎えるが、メディアは規制委に厳しい目を向けている。(産経新聞)満4年を迎えた昨年<「四方八方から石が飛んでくる」田中俊一委員長任期間近の原子力規制委が抱える火ダネとは>と報道した(後略)

 
[2017_09_22_05]
【社説】規制委新体制 審査に“安全哲学"も 東京新聞  2017/09/22 TOP
原子力規制委員長が交代した。柏崎刈羽原発の再稼働を急ぐかのようなドタバタ劇が、規制委の信頼を損なった。更田豊志新委員長には原点に立ち戻り、国民の命を守るための規制に努めてほしい。原子力規制委員会の仕事には、絶対の大前提があるはずだ。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 67 >  記事番号[331]〜[335] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_09_20_04]
柏崎刈羽、27日にも適合 規制委「安全第一」明記受け 東京新聞  2017/09/20 TOP
原子力規制委員会は二十日の定例会合で、東京電力の小早川智明社長を呼び、福島第一原発の廃炉をやり遂げ、柏崎刈羽原発(新潟県)を安全第一で運用する決意を、柏崎刈羽の運営方針などを定めた保安規定に盛り込むよう求めた。(後略)

 
[2017_09_20_02]
福島原発事故、原子炉に届いた冷却水は「ほぼゼロ」だったと判明 現代ビジネス  2017/09/20 TOP
官邸や東電本店の要請に従わず、海水注水を強行した吉田昌郎福島第一原発所長。日本中が喝采を送った「海水注入騒動」だが、事故から5年半経って原子炉にほとんど水が入っていなかったことが判明した。(後略)

 
[2017_09_20_01]
柏崎刈羽再稼働審査 保安規定に「安全文化」 東電、規制委に明記確約 東奥日報  2017/09/20 TOP

 
[2017_09_18_01]
再処理工場・雨水流入 規制委 管理体制「信頼揺らぐ」 東奥日報  2017/09/18 TOP

 
[2017_09_14_05]
【社説】原子力規制委 信頼なくして安心なし 東京新聞  2017/09/14 TOP
廃炉、汚染水、補償…。福島の事故を収束できない東京電力に、原発を動かす資格があるのだろうか−。原子力規制委員会の評価がぶれている。規制委が信用を失えば、私たちは安心を得られない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 68 >  記事番号[336]〜[340] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_09_14_04]
社説 東京電力の原発再稼働 決意表明だけで「適格」か 毎日新聞  2017/09/14 TOP
原子力規制委員会が柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の安全審査を巡り、東京電力に原発を運転する適格性があると条件付きで認めた。技術的な審査はほぼ終わっており、近く新規制基準に適合したことを示す審査書案も公表する。(後略)

 
[2017_09_14_02]
柏崎刈羽 東電に「適格性ある」 規制委員長、条件つき容認 東奥日報  2017/09/14 TOP

 
[2017_09_14_01]
東電の適格性認定 田中委員長が退任直前 規制委、正面突破図る 東奥日報  2017/09/14 TOP

 
[2017_09_13_02]
柏崎刈羽「合格」先送り 組織の未熟さ露呈 規制委 東奥日報  2017/09/13 TOP

 
[2017_09_12_03]
柏崎原発「合格」先送りへ 規制委、拙速批判に配慮か 東京新聞  2017/09/12 TOP
原子力規制委員会は、東京電力が再稼働を目指している柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査で、十三日に予定していた事実上の「合格証」に当たる審査書案の取りまとめを見送る方針を固めたことが十一日、関係者への取材で分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 69 >  記事番号[341]〜[345] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_09_11_04]
「汚染水処理」で剥げ落ちた「東電」「規制委」トップのメッキ 新潮社  2017/09/11 TOP
福島第1原子力発電所(フクイチ)事故で事実上破綻して6年、国有化されて5年――。そんな東京電力ホールディングスの「救世主」として、今年6月に鳴り物入りで迎えられた会長の川村隆(77)率いる新経営体制が、早くも壁に突き当たっている。(後略)

 
[2017_09_11_03]
柏崎刈羽審査書案、13日は示さず=東電の「適格性」議論継続―規制委 時事通信  2017/09/11 TOP
原発再稼働の前提となる新規制基準の適合性審査で、原子力規制委員会は11日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)について、13日の定例会合では事実上の合格証となる「審査書案」を提示しないことを決めた。(後略)

 
[2017_09_09_04]
節操なく柏崎刈羽原発の駆け込み合格(設置変更許可)を出す規制委 次期・更田(ふけた)規制委員長体制も全く信頼できない たんぽぽ  2017/09/09 TOP
9月7日の東京新聞第一面トップで<柏崎刈羽原発13日「適合」へ「東電資格ない」一転 規制委「決意」を評価 田中委員長の退任直前>と報道された。詳細は9月6日(水)の次の会合の速記録または動画を観ていただきたい。◇原子力規制委員会定例会議(後略)

 
[2017_09_07_04]
柏崎刈羽 13日合格 経営再建、楽観できず 東電、再稼働に課題山積 東奥日報  2017/09/07 TOP

 
[2017_09_07_02]
柏崎刈羽原発、13日「適合」へ 「東電資格ない」一転 東京新聞  2017/09/07 TOP
原子力規制委員会は六日の定例会合で、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)が耐震工事などをすれば原発の新規制基準に「適合」することを示す審査書案を、十三日に議論する方針を決めた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 70 >  記事番号[346]〜[350] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_09_06_11]
原子力規制委員会定例会議_速記録 規制委  2017/09/06 TOP
平成29年度原子力規制委員会 第35回会議議事録 平成29年9月6日(水)(後略)

 
[2017_09_06_10]
原子力規制委員会記者会見録 規制委  2017/09/06 TOP
原子力規制委員会記者会見録 ● 日時:平成29年9月6日(水)14:30〜 ● 場所:原子力規制委員会庁舎 記者会見室 ● 対応:田中委員長(後略)

 
[2017_09_06_06]
挙げた手を降ろして東電柏崎刈羽の退任前駆け込み判断をする田中規制委員長 たんぽぽ  2017/09/06 TOP
9月2日の東京新聞第一面で「柏崎刈羽適合固める、福島事故後東電で初、規制委員長退任前駆け込み判断」と報道された。(後略)

 
[2017_09_06_05]
<原子力規制委>柏崎刈羽、審査合格へ…東電、事故後初 毎日新聞  2017/09/06 TOP
原子力規制委員会は6日の定例会で、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)について、事業者としての適格性を議論した。適格性を否定する意見は出なかった。(後略)

 
[2017_09_06_03]
東電の「適格性」議論=結論は持ち越し―柏崎刈羽原発審査・規制委 時事通信  2017/09/06 TOP
東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に必要な審査に関連し、原子力規制委員会は6日、原子力発電を扱う事業者としての東電の適格性について議論した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 71 >  記事番号[351]〜[355] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_09_06_02]
<原子力規制委>柏崎刈羽、審査合格へ…東電、事故後初 毎日新聞  2017/09/06 TOP
原子力規制委員会は6日の定例会で、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)について、事業者としての適格性を議論した。適格性を否定する意見は出なかった。(後略)

 
[2017_09_05_03]
米山知事「柏崎原発検証に生かす」福島第1を初視察 新潟日報  2017/09/05 TOP
米山隆一知事は4日、就任後初めて、廃炉作業が行われている東京電力福島第1原発を視察した。県トップとして現地の状況を把握し、福島事故の原因など東電柏崎刈羽原発の再稼働問題に関して県が取り組む三つの検証に生かすのが狙い。(後略)

 
[2017_09_02_02]
柏崎6、7号の適合固める 規制委員長 退任前駆け込み判断 東京新聞  2017/09/02 TOP
原子力規制委員会が、東京電力が再稼働を目指している柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査で、適合とする審査書案を近く取りまとめる方針を固めたことが、関係者への取材で分かった。規制委の田中俊一委員長が退任する十八日までに結論を出すため、六日の定例会合で議論を始める。(後略)

 
[2017_09_01_02]
泉田前知事擁立の方針 衆院新潟補選 自民支部が調整 東奥日報  2017/09/01 TOP

 
[2017_08_24_02]
柏崎刈羽再稼働目指す東電 汚染水処分策示さず 東奥日報  2017/08/24 TOP
 東京電力が、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)の審査の一環として、原子力規制委員会から文書で回答を求められていた原発の安全確保に関する「基本的な考え方」に福島第1原発の汚染水の処分方法を盛り込まない方針を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。25日に回答文書を提出し、月内にも小早川智明社長が規制委を訪れて説明する。

 
 
 ▲5戻る  < 72 >  記事番号[356]〜[360] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_08_23_01]
米山知事、東電に不信感 柏崎原発「再稼働プロジェクト」受け 新潟日報  2017/08/23 TOP
東京電力が柏崎刈羽原発6、7号機の「再稼働プロジェクト」を社内に設けていたことについて、米山隆一知事は23日の記者会見で「(東電は)再稼働ありきではないと言っているわけだから、その通りに行動してほしい」と不信感をにじませた。(後略)

 
[2017_08_09_02]
東電の新事業計画が暗転、柏崎市長が廃炉を要請した事情 ダイヤ  2017/08/09 TOP
東京電力ホールディングスの先行きが、ますます見通せなくなっている。その主因は、東電柏崎刈羽原子力発電所が立地する新潟県柏崎市の櫻井雅浩市長。同市長はかねて柏崎刈羽原発6、7号機再稼働には1〜5号機の廃炉が条件だと発言していたが、7月25日、正式にその意向を東電の小早川智明社長に伝えたのだ。(後略)

 
[2017_07_28_03]
トリチウム汚染水を海に流すな、柏崎刈羽原発の再稼働を認めるな たんぽぽ  2017/07/28 TOP
この数週間の田中俊一委員長の記者会見の発言が奇異で記者たちも戸惑っている。3年以上前からトリチウム汚染水を海に流せと言ってきたのにそれを表明した東電はけしからんと怒り、柏崎刈羽原発6,7号機を優先審査して来たのに東電の安全文化を疑って再稼働を認める訳にはいかないと言う。(後略)

 
[2017_07_26_02]
柏崎原発の一部廃炉を正式に要望 市長、東電新社長と初会談 新潟日報  2017/07/26 TOP
東京電力の小早川智明社長ら新経営陣が25日、就任あいさつのため来県し、柏崎刈羽原発の立地自治体の2首長や、米山隆一知事と初めて会談した。(後略)

 
[2017_07_16_07]
中越沖地震では半数「通行止め」に_柏崎原発事故時の避難経路 新潟日報  2017/07/16 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の重大事故に備えた柏崎市の避難計画で、同原発から半径30キロ圏外に避難するまでの主な避難経路として市が示す157ルートのうち、ほぼ半数に当たる78ルートに2007年の中越沖地震時の通行止め箇所があることが15日、新潟日報社の調べで分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 73 >  記事番号[361]〜[365] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_07_16_06]
【社説】中越沖地震10年 「地域と原発」考える日に 新潟日報  2017/07/16 TOP
祝日の「海の日」の昼間、柏崎市などを震度6強の激しい揺れが突然襲った。2007年7月16日午前10時13分に発生した「中越沖地震」である。あの日から10年となった。地震で命を奪われた15人の遺族や周囲の人たちの心情を思うと、今でも切なさが胸に迫る。(後略)

 
[2017_07_16_05]
原発に依存しない地域づくり探る_新潟でシンポ_元首長や研究者ら意見交わす 新潟日報  2017/07/16 TOP
市町村長や首長経験者らでつくる「脱原発をめざす首長会議」と市民団体「原子力市民委員会」(いずれも事務局・東京)は15日、新潟市中央区でシンポジウムを開いた=写真=。元首長や研究者らが意見を交わし、原発に依存しない地域づくりの重要性を訴えた。(後略)

 
[2017_07_16_04]
地元理解、遠い道のり=再稼働へ残る不安−免震棟問題、柏崎刈羽原発 時事通信  2017/07/16 TOP
2007年の新潟県中越沖地震では、東京電力柏崎刈羽原発(柏崎市、刈羽村)が想定を超える揺れに襲われて原子炉が緊急停止し、3号機の変圧器で火災が発生するなどの被害が出た。(後略)

 
[2017_07_16_01]
中越沖地震から10年、原発城下町は今 TBS  2017/07/16 TOP
15人が死亡した新潟県中越沖地震から16日で10年。これは、世界で初めて原発が被災した地震でもありました。10年が経ち、原発城下町は新たな問題に直面しています。地震発生時刻にあわせ、黙祷が捧げられた柏崎市。10年前、震度6強の揺れが襲います。(後略)

 
[2017_07_15_07]
中越沖の教訓生きず「福島事故に」_島崎・前原子力規制委員長代理語る 新潟日報  2017/07/15 TOP
原子力規制委員会の前委員長代理で、東京大の島崎邦彦名誉教授(71)=地震学=が2007年の中越沖地震から16日で10年となるのを機に、新潟日報社のインタビューに応じた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 74 >  記事番号[366]〜[370] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_07_13_03]
柏崎刈羽原発2号機の防火壁に穴 同日の代表会見で公表せず 新潟日報  2017/07/13 TOP
東京電力は12日、柏崎刈羽原発2号機原子炉建屋地下1階と地下5階の管理区域内2カ所で、建築基準法に違反し、配管を通すために開けた防火壁の貫通部をモルタルなどでふさがず、穴が開いたままになっていたと発表した。(後略)

 
[2017_06_23_02]
柏崎刈羽原発の耐震強度問題 東電社長を呼び出しへ テレ朝  2017/06/23 TOP
東京電力が柏崎刈羽原発の建物の耐震強度が想定より低いことを公表していなかった問題で、原子力規制委員会は広瀬直己社長から直接、事情を聴く方針を固めました。(後略)

 
[2017_06_21_02]
<原子力規制委>柏崎刈羽の安全審査 委員長が現地調査へ 毎日新聞  2017/06/21 TOP
原子力規制委員会の田中俊一委員長は21日、再稼働の前提となる安全審査中の東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)6、7号機について、近く自らが現地調査して東電の担当者らに安全に対する考え方などを聴取する意向を明らかにした。(後略)

 
[2017_06_16_01]
東電、柏崎刈羽再稼働へ再申請 説明の不備修正 日経新聞  2017/06/16 TOP
東京電力ホールディングスは16日、新潟県の柏崎刈羽原子力発電所6、7号機の再稼働に向けた安全審査申請の補正書を原子力規制委員会に提出した。(後略)

 
[2017_06_15_01]
柏崎刈羽原発の審査に関する補正書を16日に提出へ テレ朝  2017/06/15 TOP
東京電力は原子力規制委員会に対し、柏崎刈羽原発6、7号機の審査に関する補正書を16日に提出する方針を固めました。この原発を巡っては、東京電力が免震重要棟の耐震性が不足していたことを知りながら、約3年間、公表していなかったことが審査の終盤になって発覚しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 75 >  記事番号[371]〜[375] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_06_09_02]
新潟県知事「原発リスクの全体像把握なしに柏崎刈羽再稼働はない」 ダイア  2017/06/09 TOP
2016年10月に就任した米山隆一新潟県知事。東電は5月、新たな経営計画「新々総合特別事業計画」の中で、最短で19年度に柏崎刈羽原発を再稼働させる計画を示している。(後略)

 
[2017_06_03_01]
柏崎刈羽集中立地 新潟県知事が懸念 東電に対応要請か 東奥日報  2017/06/03 TOP

 
[2017_06_02_06]
6,7号機の再稼働 「5基どれか廃炉」 柏崎刈羽で市長条件 東奥日報  2017/06/02 TOP

 
[2017_06_02_02]
原発事故、国と東電に責任あり! 前橋地裁の判断は「事故は防げた」 ジアエラ  2017/06/02 TOP
福島の原発事故をめぐる裁判で、国と東京電力に責任があると初めて判決が出された。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された(後略)

 
[2017_06_01_04]
東京電力柏崎刈羽原発を動かしてはいけない!_田中三彦 生活者  2017/06/01 TOP
◎5月17日、関西電力の高浜原発4号機が再稼働した。たぶん6月には同3号機も動き出していると思われる。福島第一原発事故から6年と少しが経過したいま動いている日本の原発は、ほかに九州電力川内原発1、2号機、四国電電伊方原発3号機と、数はまだ少ない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 76 >  記事番号[376]〜[380] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_06_01_02]
柏崎市長 東電に廃炉要請へ 1〜5号機いずれか 新潟日報  2017/06/01 TOP
柏崎市の桜井雅浩市長は1日の定例記者会見で、原子力規制委員会で審査が進む東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働を認める条件として、「全7基を動かすことは私の頭にない」と述べ、1〜5号機のいずれかの廃炉と、2年以内の廃炉計画策定を東電に求める意向を示した。(後略)

 
[2017_05_31_04]
重要設備「ベント」事故時の運用 事前了解の記載削除 柏崎刈羽、審査申請書で 東奥日報  2017/05/31 TOP

 
[2017_05_31_01]
柏崎刈羽原発 東電、安全審査申請書修正へ ベント、自治体関与削除 毎日新聞  2017/05/31 TOP
東京電力ホールディングスの広瀬直己社長は30日県庁を訪れ、米山隆一知事に対し、原子力規制委員会に提出していた柏崎刈羽原発6、7号機の安全審査申請書を修正する方針を伝えた。(後略)

 
[2017_05_26_01]
東電、柏崎・刈羽両議会で謝罪 出席の議員から批判相次ぐ 新潟日報  2017/05/26 TOP
東京電力は26日、柏崎刈羽原発の免震重要棟(免震棟)の耐震性不足の問題と、県内の専門家が敷地内外に活断層がある可能性を指摘していることに関し、柏崎市、刈羽村の両議会に説明した。(後略)

 
[2017_05_14_03]
緊急時対策所の欠陥と被告の主張の信用性 伊東良徳  2017/05/14 TOP
免震重要棟耐震虚偽説明問題をきっかけに●本件原発(柏崎刈羽原発)の重大事故対策の欠陥が判明(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 77 >  記事番号[381]〜[385] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_05_12_01]
東通原発 他電力と連携へ 「説明ない」「先見えない」 地元に戸惑い広がる 東奥日報  2017/05/12 TOP

 
[2017_05_11_01]
「集中立地は問題」 柏崎刈羽で東電幹部 東奥日報  2017/05/11 TOP

 
[2017_05_05_01]
柏崎原発・活断層の可能性−食い違う火山灰堆積年代 新潟日報  2017/05/05 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の敷地内外にある断層が将来活動する可能性が浮上している。原子力規制委員会に活断層だと判断されれば、東電が原発を動かせなくなることも想定される。(後略)

 
[2017_04_26_03]
知事「規制委は合理的説明を」 柏崎原発敷地に活断層の可能性 新潟日報  2017/04/26 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の敷地内外の断層が火山灰分析結果によって活断層と見なされる可能性がある問題を巡り、米山隆一知事は25日の記者会見で、柏崎刈羽原発の審査を担う原子力規制委員会に対し「合理的な説明を求める」と述べた。(後略)

 
[2017_04_22_01]
柏崎刈羽 19年から稼働想定 東電、2年かけ順次4基 東奥日報  2017/04/22 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 78 >  記事番号[386]〜[390] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_04_21_07]
柏崎原発敷地に活断層か 専門家指摘 東電評価に疑義 新潟日報  2017/04/21 TOP
東京電力柏崎刈羽原発周辺の地層で見つかり、東電が約20万年前に堆積したとする火山灰「刈羽テフラ」が、柏崎市藤橋で見つかった約13万年前に堆積したとされる火山灰「藤橋40」とほぼ同じ成分であることが14日、専門家の調査で分かった。(後略)

 
[2017_04_21_06]
柏崎刈羽19年から稼働想定 東電、21年までに順次4基 東京新聞  2017/04/21 TOP
東京電力ホールディングスが検討中の収支見通しで、柏崎刈羽原発(新潟県)について、2019年4月から21年5月にかけて4基を順次再稼働させるスケジュールを想定していることが21日、分かった。(後略)

 
[2017_04_21_04]
東電社長謝罪 いまさら地元最優先とは 新潟日報  2017/04/21 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の免震重要棟の耐震性が不足していた問題で、東電ホールディングスの広瀬直己社長が県、柏崎市、刈羽村を訪れ、米山隆一知事ら首長に社内調査の結果を報告した。(後略)

 
[2017_04_21_01]
柏崎原発審査 責任者明確化求める 規制委 東電に対し 新潟日報  2017/04/21 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長代理は20日の審査会合で、東京電力の姉川尚史常務らに対し、東電柏崎刈羽原発6、7号機の審査申請書に関する補正書について責任者を明確にして作成するよう求めた。(後略)

 
[2017_04_20_02]
柏崎刈羽「自社都合優先」 免震問題 東電社長、新潟で謝罪 東奥日報  2017/04/20 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 79 >  記事番号[391]〜[395] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_04_19_03]
東電社長、米山知事に謝罪 免震棟問題 社内調査結果を報告 新潟日報  2017/04/19 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の免震重要棟(免震棟)の耐震性不足を巡る問題で、東電ホールディングスの広瀬直己社長が19日午前、県庁を訪れ、米山隆一知事に社内調査の結果を報告した。広瀬社長は「新潟県の皆さまへの説明が不十分で、懸念を与え申し訳ない」と謝罪。(後略)

 
[2017_04_19_02]
耐震性不足 東電社長が新潟県知事に謝罪 日テレ  2017/04/19 TOP
東京電力の広瀬社長は19日、新潟県の米山知事と面会し、柏崎刈羽原発の免震重要棟の耐震性不足を巡る問題について「積極的な説明が不足していた」と謝罪した。(後略)

 
[2017_04_19_01]
東電“免震"問題に米山知事「安全管理意味ない」 テレ朝  2017/04/19 TOP
柏崎刈羽原発の免震重要棟が耐震不足だった問題で、東京電力の広瀬直己社長らが新潟県を訪れ、謝罪するとともに理由を説明しましたが、米山知事の理解は得られませんでした。(後略)

 
[2017_04_18_02]
<柏崎刈羽原発>敷地内に活断層か 13万年前以降に活動 毎日新聞  2017/04/18 TOP
新潟県内の地質学者などで構成する「柏崎刈羽原発活断層問題研究会」(大野隆一郎代表)は17日、東京電力柏崎刈羽原発敷地内にある複数の断層について、約13万年前以降に活動した「活断層」の可能性があると発表した。(後略)

 
[2017_04_17_04]
柏崎刈羽原発「再稼働の必要性ない」 新潟知事が都内で講演 東京新聞  2017/04/17 TOP
新潟県の米山隆一知事が十六日、都内で講演し、県内に立地する東京電力柏崎刈羽原発について「地域経済の貢献が大きいという話があるが、なくてはならないものではない」と、再稼働の必要性がないことを強調した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 80 >  記事番号[396]〜[400] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_04_17_02]
東電社長 19日来県へ 知事に免震棟問題説明へ 新潟日報  2017/04/17 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の免震重要棟(免震棟)の耐震性不足を巡る問題について、東電ホールディングスの広瀬直己社長ら幹部が19日午前に県庁を訪れ、米山隆一知事に説明する方向で県と最終調整していることが11日、分かった。(後略)

 
[2017_04_15_02]
柏崎再稼働、最短で19年想定=収支見通し―東電再建計画 時事通信  2017/04/15 TOP
東京電力ホールディングスが、近く策定する新たな経営再建計画で柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働時期を最短で2019年4月と想定し、収支見通しを示す方針であることが14日、分かった。ただ、同県の米山隆一知事が再稼働への慎重姿勢を崩しておらず、実現は見通せない情勢だ。(後略)

 
[2017_04_15_01]
東電の火山灰年代に疑義 「柏崎原発に活断層か」 東京新聞  2017/04/15 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の敷地周辺の断層を巡り、東電が活断層ではないとの根拠にしていた火山灰の年代について、東電側の「約20万年前」との見解に対し、地元専門家は15日、「約13万年前の可能性がある」(後略)

 
[2017_04_13_05]
社内調査不十分なら再報告を要請 知事 柏崎原発・免震棟問題 新潟日報  2017/04/13 TOP
東京電力ホールディングスの広瀬直己社長ら幹部が19日に来県し、柏崎刈羽原発の免震重要棟(免震棟)の耐震性不足問題に関する社内調査結果を報告することについて、米山隆一知事は13日の記者会見で「(社内調査)体制が不十分なら、もう少し(調査を)お願いしますと言う」(後略)

 
[2017_03_30_07]
東電の対応に不信 柏崎刈羽原発 再稼働審査 規制委、異例の社長面会 東奥日報  2017/03/30 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 81 >  記事番号[401]〜[405] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_03_30_06]
東京電力に原発を動かす資格はない 「免震重要棟が基準地震動にさえ耐えられない」 たんぽぽ  2017/03/30 TOP
目次1.原子力規制委員会の怒り2.柏崎刈羽原発の「免震重要棟」の欠陥3.地震で揺れる「免震重要棟」4.2014年から隠ぺい(後略)

 
[2017_03_25_05]
免震重要棟問題 東電、継続使用に固執 「誤解させる説明」2年押し通し /新潟 毎日新聞  2017/03/25 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の「免震重要棟」問題が波紋を呼んでいる。同棟は事故対策拠点のはずだったが、東電は先月、事故時には原則として使わない方針を打ち出した。強い揺れ(基準地震動)に耐えられないことは、東電内で3年以上も前から分かっていたという。(後略)

 
[2017_03_02_04]
免震棟問題、東電に厳しい声 柏崎原発・地域の会で副所長が謝罪 新潟日報  2017/03/02 TOP
東京電力柏崎刈羽原発の安全性について地域住民が議論する「原発の透明性を確保する地域の会」の定例会が1日、柏崎市で開かれ、須永隆俊副所長が同原発の免震重要棟の耐震性不足を巡る問題について、「地域の皆さまにご心配を掛け、申し訳ありません」と謝罪した。(後略)

 
[2017_03_02_03]
柏崎市長、免震棟耐震問題で規制委に要請書 「東電の体質危惧」 産経新聞  2017/03/02 TOP
柏崎市の桜井雅浩市長は1日、東京電力が柏崎刈羽原発(柏崎市、刈羽村)の免震重要棟の耐震不足を示すデータを公表していなかった問題について「東電の『体質』ではないかと危惧している」と指摘(後略)

 
[2017_03_01_02]
「審査申請再提出を」 柏崎・免震棟問題 規制委、東電社長に要請 東奥日報  2017/03/01 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 82 >  記事番号[406]〜[410] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_02_28_07]
規制委、柏崎刈羽の再申請を要請 東電社長に 共同通信  2017/02/28 TOP
原子力規制委員会は28日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の免震重要棟の耐震性不足を巡り、東電の広瀬直己社長を呼び、臨時会合を開いた。(後略)

 
[2017_02_28_04]
柏崎刈羽原発 申請書の出し直し指示 規制委、東電社長に 毎日新聞  2017/02/28 TOP
東京電力が柏崎刈羽原発(新潟県)の免震重要棟の耐震性を過大に説明していた問題で、原子力規制委員会は28日、東電の広瀬直己社長を呼び、同原発の審査の申請書を総点検して出し直すよう指示した。(後略)

 
[2017_02_24_07]
またも東電が隠ぺい工作。柏崎刈羽原発の免震棟に浮上した大問題 まぐまぐ  2017/02/24 TOP
またも東電の隠蔽工作が明らかになりました。再稼働の審査が進む柏崎刈羽原発の免震重要棟の耐震性に問題があることを知りながら、3年もの間隠し続けてきたというのです。(後略)

 
[2017_02_24_03]
低レベル廃棄物の受け入れ4回延期 原燃・クレーン故障で 東奥日報  2017/02/24 TOP

 
[2017_02_24_02]
柏崎刈羽原発で火災発生 免震重要棟で規制庁に絞られている最中に たんぽぽ  2017/02/24 TOP
東京電力は、いったいいつになったら多少とも緊張感を持つ会社になるのだろうか。2月23日(木)午後3時半頃、柏崎刈羽原発6・7号機、サービス建屋2階の会議室、実はロッカー室らしいのだが、そこで火災が発生し1時間ほど燃えたという。この同じ日、東京では、原子力規制委員会の審査会合が開かれており、(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 83 >  記事番号[411]〜[415] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_02_24_01]
柏崎市長「再稼働を認めぬ可能性も」 免震棟耐震不足で 東京新聞  2017/02/24 TOP
東京電力が柏崎刈羽原発(新潟県)の免震重要棟の耐震性不足を把握していながら審査の場で事実と異なる説明を続けていた問題で、柏崎市の桜井雅浩市長は二十三日、「再稼働を認めないという立場に考えが変わる可能性もある」と話した。(後略)

 
[2017_02_23_07]
免震重要棟が使えない? 高山峰夫  2017/02/23 TOP
朝日新聞(2/21付け)に『柏崎刈羽の免震棟利用、東電が撤回耐震性の確保困難』という記事があった。東京電力は21日、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)に設置した免震重要棟を、重大事故時の対策拠点として使うことを取り下げる方針を原子力規制委員会に伝えた。(後略)

 
[2017_02_23_02]
柏崎刈羽原発でぼや=サービス建屋のロッカー室−新潟 時事通信  2017/02/23 TOP
23日午後3時25分ごろ、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)6、7号機サービス建屋の2階ロッカー室で、火災報知機が作動した。同原発消防隊などが出動。火は室内の書類などを焼き、約1時間後に消し止められた。けが人はいない。(後略)

 
[2017_02_22_03]
東電社長呼び「姿勢ただす」=柏崎刈羽の免震棟問題―規制委 時事通信  2017/02/22 TOP
原子力規制委員会は22日、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査で、事故時の対応拠点に予定していた免震重要棟の耐震試算で誤った説明を続けた問題について、東電の責任者を呼ぶことを決めた。(後略)

 
[2017_02_21_01]
免震棟、事故対応拠点とせず=柏崎刈羽原発、審査で表明―東電 時事通信  2017/02/21 TOP
東京電力は21日、再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の原子力規制委員会の審査で、耐震性について誤った説明をしていた免震重要棟について、審査の対象となる「緊急時対策所」(事故対応拠点)としては使わない方針を明らかにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 84 >  記事番号[416]〜[420] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_02_17_02]
緊急時対策所を調査=柏崎耐震性「東電に説明責任」−規制委 東京電力  2017/02/17 TOP
原子力規制委員会は16日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)で設備や機器の現地調査を行った。審査中の6、7号機で事故が起きた場合の対応拠点として、5号機原子炉建屋内に設置予定の「緊急時対策所」を中心に視察した。(後略)

 
[2017_02_17_01]
柏崎免震棟は耐震不足 東電14年に把握 説明遅れ 新潟日報  2017/02/17 TOP
(前略)米山隆一知事は15日、「基本的には(東電の)説明を信じるのが全てのベースになっている。その全てが疑わしくなってしまうと、対話をしていこうという話が根底から覆ってしまう」と指摘。「今後の議論の進め方に大きく影響する。よく反省した上できちんとした説明を頂きたい」と述べ、東電側に申し入れる考えを明らかにした。(後略)

 
[2017_02_15_08]
柏崎刈羽原発 免震重要棟は耐震性不足か 日テレ  2017/02/15 TOP
東京電力は、新潟県にある柏崎刈羽原発の緊急時の対応拠点の一つ「免震重要棟」が、想定している揺れに耐えられない可能性があることを初めて明らかにした。(後略)

 
[2017_02_15_07]
新潟・柏崎刈羽原発 耐震説明に誤り 東電 毎日新聞  2017/02/15 TOP
東京電力は14日、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)について検討している原子力規制委員会の安全審査会合で、事故時の前線基地「免震重要棟」の耐震性を、これまで事実より高く説明していたことを明らかにした。(後略)

 
[2017_02_15_04]
柏崎刈羽原発、免震棟が性能不足か 東電14年に把握 日経新聞  2017/02/15 TOP
東京電力は14日、原子力規制委員会の会合で、柏崎刈羽原子力発電所6、7号機(新潟県)の事故対応拠点である免震重要棟が、新規制基準で求められる性能を大幅に欠くことを明らかにした。これまで想定される地震の揺れの一部には耐震性不足だとしていたが、どの揺れに対しても不足だと説明を変えた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 85 >  記事番号[421]〜[425] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_02_15_03]
新潟知事「対話、根底から覆る」 柏崎原発免震棟の性能不足で 日経新聞  2017/02/15 TOP
東京電力が柏崎刈羽原子力発電所の免震重要棟の耐震性に問題があると原子力規制委員会に報告したことに関し、新潟県内の首長から東電の対応に批判が相次いだ。(後略)

 
[2017_02_15_02]
柏崎刈羽原発 新潟知事ら東電に不信感 耐震性説明で 毎日新聞  2017/02/15 TOP
東京電力が柏崎刈羽原発(新潟県)の「免震重要棟」の耐震性を事実より高く説明していた問題で、新潟県の米山隆一知事と柏崎市の桜井雅浩市長は15日、東電に対し不信感をあらわにした。東電が目指す同原発6、7号機の再稼働に向けた地元同意に影響する可能性もある。(後略)

 
[2017_02_15_01]
田中規制委員長「東電は重症」=柏崎原発の耐震性問題 時事通信  2017/02/15 TOP
原子力規制委員会の田中俊一委員長は15日の定例記者会見で、柏崎刈羽原発(新潟県)の免震重要棟の耐震性に関して誤った説明を続けていた東京電力について、「社内的な情報連絡が大事なところで抜けているのは、かなりの重症だ」と不快感を示した。(後略)

 
[2017_02_09_08]
再処理工場 浸水対策を 規制要求 東奥日報  2017/02/09 TOP

 
[2017_02_09_05]
新潟知事、柏崎刈羽の早期再稼働を否定 福島事故独自検証「3、4年」 東京新聞  2017/02/09 TOP
新潟県の米山隆一知事は八日、本紙などのインタビューで、県技術委員会による東京電力福島第一原発の事故原因などの検証について「三、四年で終わる」と見通しを示した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 86 >  記事番号[426]〜[430] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2017_01_24_02]
ようやく実現した東電トップとの初会談で“再稼働バトル" 金曜日  2017/01/24 TOP
新潟県の米山隆一知事は1月5日、県庁を訪れた東電の數土文夫会長と廣瀬直己社長らと初めて面談した。鳥インフルエンザなどの影響で延期になっていたのがようやく実現したものだ。數土会長は知事選当選祝いから切り出し、福島第一原発事故の県の検証への協力を申し出るなど友好関係を築こうとする姿勢が透けて見えた。(後略)

 
[2017_01_12_09]
新潟・柏崎刈羽原発6,7号機 再稼働「東電単独で」 経産省見通し 東奥日報  2017/01/12 TOP

 
[2017_01_12_04]
柏崎再稼働は東電単独で 経産省見通し「分社化の議論ない」 東京新聞  2017/01/12 TOP
経済産業省は十一日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働について、同省の有識者会議「東電改革・1F(福島第一原発)問題委員会」(東電委員会)が提言で触れた他電力との再編、統合による共同事業体ではなく、東電が単独で担うとの見通しを示した。(後略)

 
[2017_01_08_02]
「原発再稼働は認めない」と断言した新潟県知事にネガキャンペーン リテラ  2017/01/08 TOP
東京電力の数土文夫会長と廣瀬直己社長らが5日、新潟県庁で米山隆一知事と初めて面談をした。(後略)

 
[2017_01_06_01]
東電首脳と新潟知事会談 原発再稼働巡り距離感 同意道筋見えず 東奥日報  2017/01/06 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 87 >  記事番号[431]〜[435] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2016_12_19_03]
原発再稼働「現状では認めず」=米山新潟知事、世耕経産相に表明 時事通信  2016/12/19 TOP
新潟県の米山隆一知事は19日、世耕弘成経済産業相と同省内で会談した。米山氏は終了後、記者団に「県民の命と暮らしが守られない現状において再稼働は認められない」(後略)

 
[2016_11_17_01]
柏崎刈羽原発、地震による液状化で浸水の可能性 読売新聞  2016/11/17 TOP
東京電力は17日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の敷地内で地震による液状化現象が起きた場合、防潮堤の一部が傾いて浸水する可能性があることを、同原発6、7号機の安全審査の会合で明らかにした。東電は対策工事を行う方針だが、再稼働に必要な安全審査が長引く可能性もある。(後略)

 
[2016_11_07_02]
東電の原発事業分社化、鍵は柏崎刈羽の再稼働 ソクラ  2016/11/07 TOP
各紙論調/読売は経産省案を後押し、朝毎日経は疑問視 経済産業省が、東京電力ホールディングス(HD)の原子力発電事業を分社する案を打ち出したことが波紋を広げている。東電再生、電力再編などエネルギー政策の根本を左右する案だが、先行きは不透明だ。(後略)

 
[2016_10_26_01]
東電 再建見えず解体論 福島廃炉費が拡大、柏崎刈羽再稼働は厳しく 東奥日報  2016/10/26 TOP

 
[2016_10_21_08]
免震機能なし緊急時対策所」で認可してはいけない! たんぽぽ  2016/10/21 TOP
9月13日の審査会合で九電から川内も玄海も緊急時対策所は免震構造でなく耐震構造に変更する説明をし、規制委から異論がなく、川内は当初本年3月完成予定の免震重要棟を造らず、玄海も免震棟無しで設置変更許可が認可される見込みだ(但し、さらに工事計画認可、保安規定、使用前検査があり「合格」とは言えない)。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 88 >  記事番号[436]〜[440] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2016_10_19_01]
柏崎刈羽の再稼働判断に「県民投票も」 新潟新知事が可能性に言及 東京新聞  2016/10/19 TOP
新潟県知事選で初当選した米山隆一氏は十八日、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を判断する際「最終的な意思決定という場合、県民投票は考慮すべき選択肢の一つだ」と住民投票実施の可能性に言及した。県庁で当選証書を受け取った後、記者団に答えた。(後略)

 
[2016_10_18_06]
経産省 東電支援に暗雲 新潟県知事・米山氏当選 東奥日報  2016/10/18 TOP

 
[2016_10_18_01]
柏崎刈羽原発 防潮堤が液状化の恐れ 地震対策見直し審査遅れ必至 東京新聞  2016/10/18 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の防潮堤の一部が、地震発生時に液状化し想定する津波を防げない恐れがあることが分かり、東電は重大事故発生時の対応拠点の場所を変えるなど対策を進める。原子力規制委員会が6、7号機で行っている新規制基準の適合審査は大幅に遅れる見込みだ。(後略)

 
[2016_10_17_02]
新潟県知事選 野党系 米山氏初当選 原発政策に影響必至 東奥日報  2016/10/17 TOP

 
[2016_10_13_01]
二階俊博幹事長が現職・泉田裕彦知事と安倍晋三首相の会談をセット 産経  2016/10/13 TOP
泉田裕彦知事の任期満了に伴う新潟県知事選(16日投開票)の情勢が混沌としている。選挙戦終盤になっても、与党推薦で前長岡市長の森民夫氏と、野党が推す医師の米山隆一氏とが大接戦を展開。県民の支持が根強い泉田氏の「後継」を米山氏が打ち出したため、森氏の楽勝ムードが一転した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 89 >  記事番号[441]〜[445] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2016_10_12_02]
特集ワイド 退任前に泉田・新潟知事語る 原点は「原発震災」体験 毎日新聞  2016/10/12 TOP
原発再稼働に慎重な立場を取ってきた新潟県の泉田裕彦知事(54)が、24日で任期満了を迎え、県庁を去る。4選を目指してきた「モノ言う知事」が立候補の撤回を突然表明したのは8月下旬だった。東京電力と対峙(たいじ)してきた原動力は何か。立候補見送りの背景には何があったのか。退任を前に語った。(後略)

 
[2016_10_08_11]
再稼働争点接戦 新潟県知事選、16日投開票 東京新聞  2016/10/08 TOP
十六日投開票の新潟県知事選が接戦になっている。東京電力柏崎刈羽原発(柏崎市など)の再稼働問題が争点に浮上し、自民、公明両党推薦の前長岡市長森民夫氏(67)を、反対姿勢を鮮明にした共産、生活、社民三党推薦の医師米山隆一氏(49)が猛追しているのだ。(山口哲人)(後略)

 
[2016_09_05_02]
柏崎刈羽原発反対と新潟県泉田知事路線 たんぽぽ  2016/09/05 TOP
◎新潟県泉田知事が4選不出馬を表明した明くる日8月31日の田中委員長記者会見で、新潟日報記者が質問し田中委員長は「私どもとしては無関係」と答えた。(後略)

 
[2016_09_03_03]
地元紙報道非難 4選出馬撤回の新潟知事 各党推薦決めず選挙不安? 東奥日報  2016/09/03 TOP

 
[2016_09_01_05]
地元紙の反論に「理解できない」 出馬撤回の新潟知事 東奥日報  2016/09/01 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 90 >  記事番号[446]〜[450] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2016_08_31_08]
泉田知事「県からの回答を握りつぶさないでいただきたい」と注文 IWJ  2016/08/31 TOP
新潟県の泉田裕彦知事が8月30日、新潟日報の報道への不満を理由に知事選への出馬取りやめを発表した。(後略)

 
[2016_08_31_06]
柏崎刈羽を巡る対立に変化も 再稼働に厳しい泉田知事不出馬 東京新聞  2016/08/31 TOP
新潟県知事選への出馬撤回を表明した泉田裕彦知事は、史上最悪の原発事故を起こした東京電力が再び原発を運転することに厳しい目を向けてきた。東電関係者は「突然の表明で驚いたが、われわれは原発の安全対策に全力を尽くすだけ」と、推移を見守る姿勢だが、(後略)

 
[2016_08_31_05]
反原発のシンボル泉田新潟知事が突然「出馬撤回」の背景 ゲンダイ  2016/08/31 TOP
原子力ムラはニンマリだろう。4選出馬を表明していた泉田裕彦新潟県知事(53)が30日、突如文書で“出馬撤回"を明らかにした。柏崎刈羽原発の「再稼働」を認めず、“反原発"のシンボルになっていた泉田知事に何が起こったのか。(後略)

 
[2016_08_31_03]
4選出馬を撤回 批判報道理由に 原発再稼働影響も 東奥日報  2016/08/31 TOP

 
[2016_08_31_01]
「報道への圧力」新潟日報が反論 泉田知事不出馬発言 東奥日報  2016/08/31 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 91 >  記事番号[451]〜[455] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2016_08_30_05]
「東電」という“ゾンビ"はどこまで国民の懐をむさぼり続けるのか 現代ビジ  2016/08/30 TOP
東電の"暴挙"再び 深刻な原子力事故を起こして原発の全国的な運転停止を招いた東京電力が、事故機と同じ「沸騰水型(BWR)」原発の保有事業者4社に先駆けて、原発の運転を再開するという“暴挙"が現実味を帯びてきた。(後略)

 
[2016_08_27_08]
柏崎刈羽原発優先審査を隠す規制委員会 たんぽぽ  2016/08/27 TOP
8月23日に沸騰水型柏崎刈羽原発6,7号機の優先審査が報道された(ロイター、毎日、東京など)が、明くる24日の記者会見で田中委員長はこれを否定した。折しも凍らない凍土壁は大失敗で血税350億円を投じた政府・東電・建設会社の責任が問われている中で、今柏崎刈羽優先審査が明らかになると、原子力規制委員会の信用がますます悪くなるからだ。(後略)

 
[2016_08_24_01]
福島第1と同型原発の再稼働 柏崎刈羽(新潟)を優先審査 東奥日報  2016/08/24 TOP

 
[2016_07_05_04]
泉田裕彦新潟県知事が廣瀬直己東京電力社長を叱責 IWJ  2016/07/05 TOP
2013年7月5日(金)16時、東京電力の廣瀬直己社長が新潟県庁を訪れ、泉田裕彦知事に面会した。東京電力は、運転停止中の柏崎刈羽原発6、7号機の早期の再稼働を目指しており、原子力規制委員会が定めた新規制基準が7月8日に施行された時点で、再稼働に向けた安全審査を、原子力規制委員会に迅速に申請する意向を7月2日の会見で明らかにしていた。(後略)

 
[2016_07_01_04]
最大クラスではない日本海「最大クラス」の津波 科学  2016/07/01 TOP
国が各県の統一モデルとして定めた日本海「最大クラスJの津波は,過小に評価されている。津波の対策がこのまま進めば,再び「想定外」の被害を生するのではないだろうか。2002年の津波地震の予測を中央防災会議や東京電力が無視し,「想定外」の災害を起こしたことを忘れてはならない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 92 >  記事番号[456]〜[460] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2016_04_23_06]
原燃施設 クレーン故障相次ぐ 低レベル廃棄物 搬入延期 東奥日報  2016/04/23 TOP

 
[2016_03_24_03]
柏崎刈羽 優先せず 規制委審査 合格秋以降 毎日新聞  2016/03/24 TOP

 
[2016_03_09_01]
制御棒が異常動作 柏崎刈羽5号機 東奥日報  2016/03/09 TOP

 
[2016_02_27_01]
社説 泉田氏出馬意向 原発へのスタンスが焦点 新潟日報  2016/02/27 TOP
泉田裕彦知事は、今秋の知事選に4選を目指して出馬する意向を表明した。県議会2月定例会本会議で、最大会派である自民党などの代表質問に産業政策や医療、教育といった成果を挙げ「いま一度県民の皆さまに信を問いたい」と答えた。(後略)

 
[2016_02_26_02]
泉田知事、4選出馬の意向表明 県議会定例会本会議 新潟日報  2016/02/26 TOP
泉田裕彦知事(53)は26日午前の県議会2月定例会本会議で、3期目の任期満了に伴う今秋の知事選について「いま一度県民の皆さまに信を問いたい」と述べ、4選を目指して出馬する意向を表明した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 93 >  記事番号[461]〜[465] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2016_01_07_02]
ケーブルの火災対策 電力各社に確認要求 原子力規制委 東奥日報  2016/01/07 TOP

 
[2016_01_06_04]
原発再稼働問題、一切言及せず 東電社長と知事が1年ぶり面会 新潟日報  2016/01/06 TOP
東京電力の広瀬直己社長は5日、県庁で泉田裕彦知事と1年ぶりに面会した。東電柏崎刈羽原発6、7号機に対する原子力規制委員会の審査が大詰めを迎えているが、両者は再稼働問題に一切言及しなかった。安全対策をアピールする広瀬社長と東電への批判を繰り返す泉田知事とで、議論は平行線のまま終わった。(後略)

 
[2016_01_06_03]
泉田知事と東電社長 津波試算出せないのか 司法の場で判断 新潟日報  2016/01/06 TOP
5日面会した東京電力の広瀬直己社長と泉田裕彦知事の議論は1年前と同じで、かみ合うことはなかった。東電への不信感をあらわにする泉田知事に対し、原発の安全を優先していると強調する広瀬社長。約20分の面会で浮き彫りになったのは両者の溝の深さだ。(後略)

 
[2016_01_06_01]
柏崎刈羽原発再稼働 組織面の不備を指摘 新潟知事、東電社長に 東奥日報  2016/01/06 TOP

 
[2015_12_30_01]
原発再稼働しなければ交付金を減額 国が自治体へ圧力 赤旗  2015/12/30 TOP
国が地方自治体に出す交付金をてこにした原発立地自治体への圧力が強まっています。安倍晋三政権は2016年度予算案の作成にあわせて電源立地地域対策交付金の算定方法を変更しました。再稼働しなければ交付金が大幅に減額される仕組みです。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 94 >  記事番号[466]〜[470] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2015_11_21_01]
6千トンの貯蔵場所確保 使用済み核燃料、電力会社が目標 東奥日報  2015/11/21 TOP

 
[2015_08_24_02]
泉田知事が田中委員長と初会談国のずさんな原発事故対応の是正を要求 IWJ  2015/08/24 TOP
(箕島望・佐々木隼也)※IWJ会員向けに会談の全文文字起こしを掲載しました!米国では航空機テロも含めて、原子力発電所の事故防止が検討されている。しかし残念ながら、日本では事故防止がうまく機能しない例というのがある。(後略)

 
[2015_08_24_01]
泉田知事と田中規制委委員長との面談時の議事録(確定版)を公表 新潟県  2015/08/24 TOP
平成27年8月24日、泉田知事が全国知事会危機管理・防災特別委員長として、原子力規制委員会の田中委員長と面談した際の議事録(確定版)を公表します。(後略)

 
[2015_08_09_01]
東電・吉田昌郎の功罪_その生涯を追って見えてきたもの 東洋経済  2015/08/09 TOP
福島第一原子力発電所の元所長・故吉田昌郎氏を描く『ザ・原発所長』を執筆するため、2年間の取材を行った。取材を通して見えたのは、社畜でも英雄でもなく、原子力ムラと東京電力の論理の中で忠実に生き、その問題点と矛盾を一身に背負って逝った、1人のサラリーマンの姿だ。(後略)

 
[2015_04_09_01]
ボーリング3本追加へ 柏崎原発周辺の断層調査で東電 柏崎日報  2015/04/09 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 95 >  記事番号[471]〜[475] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2015_03_18_03]
柏崎原発 規制委が現地調査 断層評価めぐり3回目 柏崎日報  2015/03/18 TOP

 
[2015_03_18_02]
柏崎原発断層 東電見解に疑問点も 現地調査終えて規制委 柏崎日報  2015/03/18 TOP

 
[2015_03_01_01]
「耐震偽装」再び 原発の耐震偽装は、なぜ問われないのか よせ新聞  2015/03/01 TOP

 
[2015_01_19_01]
基準地震動Ssと中越沖地震での観測記録との比較 柏崎市HP  2015/01/19 TOP

 
[2014_10_31_02]
柏崎刈羽原発で断層調査を開始 規制委 東奥日報  2014/10/31 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 96 >  記事番号[476]〜[480] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2014_05_22_02]
県のヨウ素剤配備 課題山積…新潟 読売新聞  2014/05/22 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所の事故時に必要となる住民向けの安定ヨウ素剤が配備・更新されていなかった問題は、22日で公表から1か月となる。(後略)

 
[2014_05_06_01]
新潟・ヨウ素剤未配備問題 原発推進派 知事に矛先 東奥日報  2014/05/06 TOP

 
[2014_04_23_01]
「世界標準に達してない」 泉田知事インタビュー全文 はてな  2014/04/23 TOP
――泉田知事は米国原子力規制委員会(NRC)のヤツコ前委員長との対談で、原発の立地自治体でつくられている避難計画は実際には機能しないのではと指摘されました。どんな点が、なぜ、機能しないと考えておられるのでしょう。(後略)

 
[2014_03_15_06]
原発の避難計画「有効策作れず」 新潟知事が国制度見直し要望 原発切抜  2014/03/15 TOP
(前略)東京電力柏崎刈羽原発のある新潟県の泉田裕彦知事が、東日本大震災発生時に米政府の原子力規制委員長だったグレゴリー・ヤツコ氏と対談し、原発事故や地震の複合災害が起きた際の住民避難について「国の制度全般を見直さない限り、自治体が有効な避難計画を作るのは不可能だ」と明言した。(後略)

 
[2014_03_10_03]
東電・柏崎刈羽原発 断層調査で掘削開始 東奥日報  2014/03/10 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 97 >  記事番号[481]〜[485] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2014_02_18_01]
柏崎刈羽原発の断層調査計画を現地確認 規制委 東奥日報  2014/02/18 TOP

 
[2014_02_10_01]
柏崎刈羽原発敷地内で微量の放射性物質検出 東奥日報  2014/02/10 TOP

 
[2014_02_06_01]
「原発のメリット? デメリットだらけの疫病神だ」 ダイヤモンド  2014/02/06 TOP
日本原子力発電東海原発(廃炉中)と東海第二原発、その他の原子力関係の研究機関が多数立地する東海村で、2013年9月まで村長を務めていた村上達也氏。(後略)

 
[2014_01_17_01]
「モラルハザードの計画」新潟知事、東電社長に反発 東奥日報  2014/01/17 TOP

 
[2013_12_17_01]
柏崎刈羽原発安全審査 ベントで新潟県と規制委 指示や要請相反 東奥日報  2013/12/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 98 >  記事番号[486]〜[490] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2013_11_20_01]
原子力規制委 柏崎刈羽審査 あすから会合 東奥日報  2013/11/20 TOP

 
[2013_09_27_02]
東電、柏崎刈羽原発の安全審査を申請 J-CAST  2013/09/27 TOP
東京電力は2013年9月27日、新潟県の柏崎刈羽原子力発電所6号機と7号機について、新しい規制基準への適合審査の申請を原子力規制委員会に提出したと発表した。東電の姉川尚史常務執行役が、原子力規制庁の担当者に申請書を手渡した。(後略)

 
[2013_09_27_01]
柏崎刈羽 きょう再稼働申請 東電、事故収束できぬまま 東京新聞  2013/09/27 TOP
東京電力は二十六日、柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた審査を原子力規制委員会へ二十七日午前に申請すると発表した。新潟県の泉田裕彦(ひろひこ)知事が二十六日、東電の申請を条件付きで承認したことで、申請に向けた環境が整ったと判断した。泉田知事は現状を放置するのは望ましくないと理由を説明した。(後略)

 
[2013_05_13_01]
原子炉直下に活断層の疑い 柏崎刈羽 遠のく再稼働 東奥日報  2013/05/13 TOP

 
[2013_04_22_01]
新潟県知事から原子力規制庁への要請の記録 科学  2013/04/22 TOP
泉田裕彦新潟県知事からの要請は重要な問題の指摘がなされており、本誌5月号に資料1として掲載しました。原文はこちら(新潟県のページ)でみることができます。(中略)このページの記録は、4月22日の要請時に編集部が録音したものをそのまま文字起こししたものです。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 99 >  記事番号[491]〜[495] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2013_03_01_01]
東京電力はどこまで嘘つきなのか/国会事故調調査妨害事件 伊東良徳のサイト  2013/03/01 TOP
福島原発事故の国会事故調査委員会は、2012年3月初めに福島原発1号機の原子炉建屋4階の現地調査を行う予定でしたが、東京電力から、現場は現在建屋カバーのために日が差さず真っ暗で照明もないと説明(後略)

 
[2013_01_24_03]
柏崎刈羽 活断層か 原子炉直下に複数存在 静岡新聞  2013/01/24 TOP

 
[2013_01_24_01]
柏崎刈羽に活断層か 原子炉直下 定義変更で可能性 東奥日報  2013/01/24 TOP

 
[2012_12_13_02]
燃料棒同士接触し運転 柏崎刈羽 溶融事故の恐れも 94〜00年 東京新聞  2012/12/13 TOP

 
[2012_10_22_02]
泉田氏が3選 新潟県知事選 東奥日報  2012/10/22 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 100 >  記事番号[496]〜[500] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2012_10_18_01]
9千年間に26回大津波 新潟・佐渡島に堆積物 柏崎刈羽原発に到達か 東奥日報  2012/10/18 TOP

 
[2012_02_28_03]
みんな気づいているだろうか 地震防災が原発の妨害を受けていることを よせ新聞  2012/02/28 TOP

 
[2012_02_16_03]
断層問題 安全委の追加調査困難 予算乏しく事業者頼み  東奥日報  2012/02/16 TOP

 
[2011_12_16_01]
県内施設安全性を問う2 東通原発 免震棟なし 大間は免震構造を採用 東奥日報  2011/12/16 TOP

 
[2011_11_10_04]
柏崎原発周辺 東電が過去の津波調査へ 堆積物を7千年前まで 柏崎日報  2011/11/10 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 101 >  記事番号[501]〜[505] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2011_08_31_02]
真殿坂断層など 東電「活動性なし」 県技術委小委は納得せず 柏崎日報  2011/08/31 TOP

 
[2011_08_19_03]
真殿坂断層など見直し申し入れ 反原発三団体が東電に 柏崎日報  2011/08/19 TOP

 
[2011_07_27_01]
安全評価後も再稼働認めず 柏崎刈羽原発で新潟県知事 東奥日報  2011/07/27 TOP

 
[2011_04_12_01]
柏崎原発 「基準地震動見直し必要」 立石元教授 柏崎日報  2011/04/12 TOP

 
[2011_03_09_01]
(お知らせ)柏崎刈羽原発6号機の営業運転再開について 東京電力  2011/03/09 TOP
※引用者注:東日本大震災発生の二日前の柏崎刈羽原発の現況が以下に示されています。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 102 >  記事番号[506]〜[510] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2010_03_24_01]
柏崎刈羽原発における基準地震動について(概要) 東京電力  2010/03/24 TOP
_

 
[2009_11_01_01]
原発の耐震安全性を考える_柏崎の教訓を踏まえて 都市問題  2009/11/01 TOP
※引用者注:参照元はPDF形式のファイル7ページ2007年の中越沖地震で被災した柏崎刈羽原子力発電所。それは世界で初めての、原発の地震被災であった。多数の原子力発電所を抱える「地震国日本」。原発の耐震安全性について、現状と課題を検証する。(後略)

 
[2009_10_19_02]
愛媛・伊方原発 地震規模 過小評価 赤旗  2009/10/19 TOP

 
[2009_10_14_01]
1号炉訴訟終結から17年 原告補佐人・元京都大講師 荻野晃也さん 愛媛新聞  2009/10/14 TOP

 
[2009_09_04_01]
原発トラブル 「想定外」が多すぎる 中日新聞  2009/09/04 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 103 >  記事番号[511]〜[515] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2009_08_30_01]
ついに浜岡原発が地震で停止 地震で壊れた5号機は 山崎久隆 たんぽぽ  2009/08/30 TOP

 
[2009_06_01_01]
何ら問題解決されずに運転再開 地震被災の新潟・柏崎刈羽原発7号機 社会新報  2009/06/01 TOP

 
[2009_05_29_01]
迫る実施 耐震性不安 国の審査、大幅遅れ 中越沖地震が影響 伊方原発 プルサーマル 愛媛新聞  2009/05/29 TOP

 
[2009_05_10_01]
柏崎刈羽原発 2・4号機は大幅遅れ 全基復旧 道険しく 新潟日報  2009/05/10 TOP

 
[2009_05_09_01]
柏崎刈羽原発 不安がぬぐえない運転再開 社説 愛媛新聞  2009/05/09 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 104 >  記事番号[516]〜[520] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2009_04_25_01]
再循環ポンプ設備 安全性めぐり 東電と議論 地元反原発3団体 柏崎日報  2009/04/25 TOP

 
[2009_04_24_02]
社説 柏崎原発訴訟 地震棚上げの門前払いだ 新潟日報  2009/04/24 TOP

 
[2009_04_24_01]
柏崎原発 設置許可取り消し訴訟 提訴30年 住民敗訴確定 上告棄却 毎日新聞  2009/04/24 TOP

 
[2009_04_18_01]
原発地下深く地震計 柏崎など2カ所、揺れ解析 朝日新聞  2009/04/18 TOP

 
[2009_04_03_01]
原発耐震性、見直し要請も データや分析 不十分 保安院 安全性確認「厳格に」 静岡新聞  2009/04/03 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 105 >  記事番号[521]〜[525] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2009_03_18_04]
原発周辺に新活断層も 新潟大教授指摘 柏崎刈羽の1.5キロ東 茨城新聞  2009/03/18 TOP

 
[2009_03_18_03]
柏崎原発沖 「F-B北方活断層なし」 県技術委座長私案 両論併記せず一本化 新潟日報  2009/03/18 TOP

 
[2009_03_18_01]
耐震新指針を評価 志賀原発訴訟 住民逆転敗訴 審査体制に疑問符 毎日新聞  2009/03/18 TOP

 
[2009_03_13_01]
志賀原発訴訟 18日高裁判決 国の新耐震市指針 司法は 一審は旧指針「ノー」 朝日新聞  2009/03/13 TOP

 
[2009_03_02_01]
柏崎刈羽原発 起動には謙虚で慎重な判断を 毎日新聞  2009/03/02 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 106 >  記事番号[526]〜[530] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2009_02_25_01]
識者評論 柏崎原発の想定地震評価 石橋克彦神戸大名誉教授 大断層無視 再審査を 福井新聞  2009/02/25 TOP

 
[2009_02_18_01]
想定上回る揺れが設計の前提か 原発耐震審査で近藤正道議員が追及 社会新報  2009/02/18 TOP

 
[2009_02_10_01]
気水分離器仮置用脚部及びガイドピンの変形 新潟県  2009/02/10 TOP
気水分離器仮置用脚部及びガイドピンの変形・事象:定期検査中の原子炉開放時に機器仮置プール内に仮置中であった気水分離器の4本の仮置用脚部※1及び2本のガイドピン※2に変形を確認した。(後略)

 
[2009_02_08_01]
浜岡原発の廃炉と新設 石橋克彦氏 巨大震災への自覚なし 水野明久氏 耐震安全性十分に確保 朝日新聞  2009/02/08 TOP

 
[2009_02_04_02]
基準地震動は過小評価 柏崎原発の耐震安全性問題で石橋克彦さん 社会新報  2009/02/04 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 107 >  記事番号[531]〜[535] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2009_02_04_01]
揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発 動きだす再開問題 直前の技術委中止 拙速な印象避ける県 新潟日報  2009/02/04 TOP

 
[2009_01_30_01]
原発耐震安全性評価 最新の科学反映 仕組みを検討へ 朝日新聞  2009/01/30 TOP

 
[2008_10_22_02]
柏崎刈羽原発 新潟県中越沖地震 地震観測データの分析及び基準地震動 東京電力  2008/10/22 TOP
_

 
[2008_10_22_01]
柏崎刈羽原発 地質・地質構造に係る報告書 東京電力  2008/10/22 TOP
_

 
[2008_10_17_01]
国、最高裁に反論書 柏崎原発上告審 早期棄却求める 新潟日報  2008/10/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 108 >  記事番号[536]〜[540] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_10_10_01]
柏崎原発周辺未知の活断層想定 地震規模「M6.7」 東電試算 新潟日報  2008/10/10 TOP

 
[2008_10_01_03]
真殿坂断層 活動性を再度否定 県地震地質小委 東電が補足説明 新潟日報  2008/10/01 TOP

 
[2008_10_01_02]
柏崎原発 停止命令解除年明け以降に 市長が見通し 新潟日報  2008/10/01 TOP

 
[2008_10_01_01]
柏崎刈羽原発の耐震安全性に係る確認状況 保安院  2008/10/01 TOP
_

 
[2008_09_29_01]
地元反対派が現状報告 柏崎原発の閉鎖訴える科学者ら 東京で集会 新潟日報  2008/09/29 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 109 >  記事番号[541]〜[545] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_09_28_01]
「廃炉もあり得る」新潟県知事 新潟日報  2008/09/28 TOP

 
[2008_09_26_01]
柏崎刈羽7号機 機器の健全性維持 保安院が報告書案示す 水漏れ対策 新潟日報  2008/09/26 TOP

 
[2008_09_23_01]
柏崎原発 基準地震動最大2300ガルに 新潟日報  2008/09/23 TOP

 
[2008_09_22_01]
揺れ想定、上方修正=1-4号機、2300ガルに-柏崎刈羽原発の耐震基準・東電 時事通信  2008/09/22 TOP

 
[2008_09_20_02]
柏崎刈羽6,7号機 タービン動翼損傷 蒸気逆流が原因 毎日新聞  2008/09/20 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 110 >  記事番号[546]〜[550] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_09_18_01]
地盤を現地調査 県技術委が原発周辺視察 新潟日報  2008/09/18 TOP

 
[2008_09_13_01]
柏崎原発 確認怠り手順書不備 制御棒結合不良 保安院が厳重注意 新潟日報  2008/09/13 TOP

 
[2008_09_10_01]
耐震安全性検討慎重に 柏崎原発・県技術委 新潟日報  2008/09/10 TOP

 
[2008_09_07_01]
原発新検査制度 「金で解決するのか」 「中越沖」地元住民 不信感 新潟日報  2008/09/07 TOP

 
[2008_09_04_01]
柏崎刈羽原発 F-B断層 変遷する長さの判断 当初6キロ6倍に延伸 新潟日報  2008/09/04 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 111 >  記事番号[551]〜[555] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_09_02_01]
排水弁閉め忘れ 3号機で水漏れ 新潟日報  2008/09/02 TOP

 
[2008_08_27_02]
柏崎原発地殻変動 測量の結果を説明 県「地質」小委で東電 新潟日報  2008/08/27 TOP

 
[2008_08_27_01]
片貝断層 最大25キロ 東電 長さ再評価、国に示す 新潟日報  2008/08/27 TOP

 
[2008_08_23_01]
初期消火体制 保安規定の変更を許可 保安院 新潟日報  2008/08/23 TOP

 
[2008_08_22_01]
柏崎原発7号機のクレーン耐震強化 来月着工 新潟日報  2008/08/22 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 112 >  記事番号[556]〜[560] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_08_16_01]
柏崎原発休止のまま 電力需要 来週ピーク 新潟日報  2008/08/16 TOP

 
[2008_08_13_02]
柏崎原発通る断層 保安院が現地調査 新潟日報  2008/08/13 TOP

 
[2008_08_13_01]
「緊急時対策室」の耐震基準引き上げ 保安院方針 新潟日報  2008/08/13 TOP

 
[2008_08_09_01]
「保安院は不適格」 市民団体が意見書 新潟日報  2008/08/09 TOP

 
[2008_08_08_01]
柏崎原発 基準地震動 再計算へ 断層延長 保安院見解受け 新潟日報  2008/08/08 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 113 >  記事番号[561]〜[565] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_08_07_02]
復興状況や耐震策 刈羽村議会で報告 東電 新潟日報  2008/08/07 TOP

 
[2008_08_07_01]
原発審議状況 保安院が報告 「地域の会」定例会 新潟日報  2008/08/07 TOP

 
[2008_07_25_02]
柏崎原発塑性ひずみ発生否定 県技術委東電報告 委員からは反論、疑義 新潟日報  2008/07/25 TOP

 
[2008_07_25_01]
1号機配管ひび 大きな変化なし 新潟日報  2008/07/25 TOP

 
[2008_07_24_05]
真殿坂断層 活断層なし 国の作業部会 東電報告を了承 柏崎原発 新潟日報  2008/07/24 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 114 >  記事番号[566]〜[570] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_07_19_01]
08知事選泉田流を問う 舌鋒消え態度あいまい 推進、反対両派に配慮か 新潟日報  2008/07/19 TOP

 
[2008_07_16_01]
停止原発が語るものは 中越沖地震1年 「共生」は可能なのか 新潟日報  2008/07/16 TOP

 
[2008_07_10_01]
日本ジャーナリスト会議賞 「揺らぐ安全神話」が受賞 地震と原発 新潟日報  2008/07/10 TOP

 
[2008_07_03_02]
定期検査の間隔で賛否 柏崎 原発監視「地域の会」 補充書を提出 新潟日報  2008/07/03 TOP

 
[2008_07_03_01]
原発関連施設使用停止命令 号機ごとに解除も 柏崎市長会見 新潟日報  2008/07/03 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 115 >  記事番号[571]〜[575] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_07_02_02]
設置取り消し求め 経産省に署名提出 反原発団体 新潟日報  2008/07/02 TOP

 
[2008_07_02_01]
1号機建屋 地下でぼや 柏崎原発 新潟日報  2008/07/02 TOP

 
[2008_06_29_02]
三次元調査実施を 海底断層 住民、保安院に要望 刈羽で説明会 新潟日報  2008/06/29 TOP

 
[2008_06_29_01]
柏崎原発「廃炉」訴え 立地地域住民ら全国集会 新潟日報  2008/06/29 TOP

 
[2008_06_28_03]
清掃作業員の男性 計画線量超被ばく 柏崎原発 新潟日報  2008/06/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 116 >  記事番号[576]〜[580] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_06_28_02]
制御棒駆動に不具合 柏崎原発6号機 東電「地震 関連なし」 新潟日報  2008/06/28 TOP

 
[2008_06_28_01]
高精度調査は不要 保安院 国の部会に報告 柏崎原発沖海底断層 新潟日報  2008/06/28 TOP

 
[2008_06_27_01]
柏崎原発 再開時期明言せず 東電株主総会 文書流出も質疑 新潟日報  2008/06/27 TOP

 
[2008_06_25_01]
東電 信頼回復へ努力 現・次期社長が地元訪問 新潟日報  2008/06/25 TOP

 
[2008_06_22_02]
原子力産業の実相 決断の時 責任の所在はどこに 新潟日報  2008/06/22 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 117 >  記事番号[581]〜[585] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_06_22_01]
「判断する負担は重い」 平行線たどる県技術委 新潟日報  2008/06/22 TOP

 
[2008_06_21_02]
「会社は保身に走った」 トラブル続き口つぐむ 新潟日報  2008/06/21 TOP

 
[2008_06_21_01]
原子力産業の実相 ムラ社会 内向き姿勢 問題拡大 新潟日報  2008/06/21 TOP

 
[2008_06_19_03]
原子力産業の実相 二つの神話 傷が付いても「新品」 新潟日報  2008/06/19 TOP

 
[2008_06_19_02]
「安全論議はなかった」 輸入に頼り法改正怠る 原発輸入の歴史 新潟日報  2008/06/19 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 118 >  記事番号[586]〜[590] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_06_18_02]
閉ざされた扉<2> 二重構造 製造元は規制対象外 新潟日報  2008/06/18 TOP

 
[2008_06_18_01]
原子力産業の実相 「説明責任は負わない」 法体系の陰で沈黙守る 新潟日報  2008/06/18 TOP

 
[2008_06_17_03]
見抜けなかった東電 「細かいチェック困難」 ミス発覚 新潟日報  2008/06/17 TOP

 
[2008_06_17_02]
実力示した"技術集団" 「軽いミスとは言えない」 日本の原子力産業 新潟日報  2008/06/17 TOP

 
[2008_06_15_01]
停止命令解除の"方針転換" 市長「法に従い」強調 選挙意識の憶測も 新潟日報  2008/06/15 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 119 >  記事番号[591]〜[595] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_06_14_02]
「勝手に進めないで」 柏崎原発耐震補強 反対3団体申し入れ 新潟日報  2008/06/14 TOP

 
[2008_06_14_01]
原発観光地化見送り 県観光協 批判受け視察も中止 新潟日報  2008/06/14 TOP

 
[2008_06_12_02]
断層の長さ議論 柏崎原発地質小委 結論は持ち越し 新潟日報  2008/06/12 TOP

 
[2008_06_12_01]
県観光協 原発観光地化を検討 「再開後押し」と批判も 新潟日報  2008/06/12 TOP

 
[2008_06_07_01]
原子力安全基盤機構 軟らかい地層 揺れ増幅 中越沖 柏崎原発被災 新潟日報  2008/06/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 120 >  記事番号[596]〜[600] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_06_04_02]
「F-B断層」長さ 50キロ以上とすべき 県地震・地質小委 新潟日報  2008/06/04 TOP

 
[2008_06_04_01]
「基準地震動」国の検討本格化へ 断層帯評価に早くも疑問符 新潟日報  2008/06/04 TOP

 
[2008_06_03_01]
「F-B断層が震源」 東電 刈羽で住民説明会 新潟日報  2008/06/03 TOP

 
[2008_05_28_01]
基準地震動根拠ただす 県原発技術委が東電に 新潟日報  2008/05/28 TOP

 
[2008_05_25_01]
「東電の体質変わらず」 柏崎原発文書問題 再開時期記載謝罪なし 新潟日報  2008/05/25 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 121 >  記事番号[601]〜[605] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_05_24_04]
社説 原発基準地震動 安全性の論議を徹底せよ 新潟日報  2008/05/24 TOP

 
[2008_05_24_03]
柏崎原発 市長「早期再開望む」 自民と意見交換 財政危機を強調 新潟日報  2008/05/24 TOP

 
[2008_05_24_02]
柏崎「1月再開」文書 東電資料と認め謝罪 県「配慮足りぬ」と批判 新潟日報  2008/05/24 TOP

 
[2008_05_24_01]
社説原発基準地震動 安全性の論議を徹底せよ 新潟日報  2008/05/24 TOP
今までの震度想定は一体何だったのか。多くの人がこんな不安や疑問を覚えたのではないか。東京電力は柏崎刈羽原発の新たな基準地震動を発表した。将来起こり得る最大地震の揺れの強さだ。設定の最大値は現在の約五倍の二二八〇ガル(ガルは加速度の単位)だという。国内の原発で最も大きい。(後略)

 
[2008_05_23_02]
柏崎原発 想定地震動2280ガル 最大値 従来の5倍基準地震動 新潟日報  2008/05/23 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 122 >  記事番号[606]〜[610] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_05_23_01]
東電新たな基準地震動公表 専門家慎重な見方 確定まで詳細な検討必要 新潟日報  2008/05/23 TOP

 
[2008_05_22_03]
柏崎刈羽原発 新潟県中越沖地震時地震観測データ 基準地震動 報告書 東京電力  2008/05/22 TOP
_

 
[2008_05_22_02]
基準地震動の発表への反応 新潟日報  2008/05/22 TOP
東京電力が22日に柏崎刈羽原発の基準地震動を発表したことを受け、地元からは「基準地震動の前提となる活断層の議論がまだ途上」などと慎重な論議を求める声が相次いだ。(後略)

 
[2008_05_22_01]
原発「1月再開」文書 地元、県 強く反発 入手NPO「社内資料」 新潟日報  2008/05/22 TOP

 
[2008_05_21_03]
運転再開日程示す文書 柏崎原発 東電が作成か 新潟日報  2008/05/21 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 123 >  記事番号[611]〜[615] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_05_21_02]
柏崎原発 地震想定 国内最大に 3倍超に見直しか 基準地震動 新潟日報  2008/05/21 TOP

 
[2008_05_21_01]
柏崎原発の地震想定国内最大 新潟日報  2008/05/21 TOP
東京電力柏崎刈羽原発が昨年7月の中越沖地震で被災したことを受け、東電が新たに策定中の同原発周辺で将来起こり得る地震の揺れの強さを示した「基準地震動」が、国内の原発では最大の値になる見通しであることが20日、分かった。(後略)

 
[2008_05_20_01]
「原発沖 別の活断層」 県安全技術地質小委 委員が分析結果 新潟日報  2008/05/20 TOP

 
[2008_05_18_01]
考える段階でない 柏崎原発運転再開 知事、東電をけん制 新潟日報  2008/05/18 TOP

 
[2008_05_15_01]
基準地震動見解ただす 原発監視「地域の会」 柏崎で定例会 新潟日報  2008/05/15 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 124 >  記事番号[616]〜[620] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_05_14_01]
国作業部会 東電の断層評価 大きな異論なし 新潟日報  2008/05/14 TOP

 
[2008_05_13_01]
原発運転再開に意欲 柏崎市議会全員協議会 東電副社長が表明 新潟日報  2008/05/13 TOP

 
[2008_05_10_02]
原発2010年度再開を仮定 24億円の歳入不足 柏崎市試算 新潟日報  2008/05/10 TOP

 
[2008_05_10_01]
柏崎原発 関連施設の使用停止 「復旧なら命令解除」 市長示唆 新潟日報  2008/05/10 TOP

 
[2008_05_09_01]
断層帯を境に被害差 「長岡平野西遠」地震動遮る 中越・中越沖 新潟日報  2008/05/09 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 125 >  記事番号[621]〜[625] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_05_05_02]
原発「耐震裕度」 鋼材強度 揺れの大きさ 設計不確定要素見込む 新潟日報  2008/05/05 TOP

 
[2008_05_05_01]
柏崎原発7号機 「耐震裕度」を図式化 保安院 機器の安全範囲示す 新潟日報  2008/05/05 TOP

 
[2008_05_04_02]
最高裁の関心 「劇的変化」をどう判断 新潟日報  2008/05/04 TOP

 
[2008_05_04_01]
「説明こそ行政の責任」 裁判所は"最後の砦"に 新潟日報  2008/05/04 TOP

 
[2008_05_03_02]
上告を決断 「十数秒の判決」に怒り 新潟日報  2008/05/03 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 126 >  記事番号[626]〜[630] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_05_03_01]
「私自身も結審したい」 現実との落差 募る苦悩 追加された争点 新潟日報  2008/05/03 TOP

 
[2008_05_02_03]
裁判官の苦悩 難解な技術論に不安も 新潟日報  2008/05/02 TOP

 
[2008_05_02_02]
「行政判断を尊重せよ」 ちらつく最高裁"見解" 日本の裁判官 新潟日報  2008/05/02 TOP

 
[2008_05_02_01]
柏崎原発1号機取消訴訟 上告理由補充書提出 住民側「安全審査誤り」 新潟日報  2008/05/02 TOP

 
[2008_05_01_01]
東電 赤字1501億円 柏崎原発 「夏の再開厳しい」 3月期連結予算 新潟日報  2008/05/01 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 127 >  記事番号[631]〜[635] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_04_30_02]
二つの文書 国、電力の密接ぶり暗示 新潟日報  2008/04/30 TOP

 
[2008_04_30_01]
「癒着は思った通りだ」 敗訴の住民側に憤りも 伊方原発1号機訴訟 新潟日報  2008/04/30 TOP

 
[2008_04_29_03]
"国策"の影 原告求めた説明会拒む 新潟日報  2008/04/29 TOP

 
[2008_04_29_02]
「F-B」「高田沖」断層 東電、長さを延長 専門家指摘で 新潟日報  2008/04/29 TOP

 
[2008_04_29_01]
「裁判絶対負けられぬ」 石油ショックで危機感 電力消費量と発電構成 新潟日報  2008/04/29 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 128 >  記事番号[636]〜[640] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_04_27_02]
原告の胸中 恐れていた被災現実に 新潟日報  2008/04/27 TOP

 
[2008_04_27_01]
「戦線狭まっていった」 進む工事に提訴を決断 柏崎原発訴訟の原告 新潟日報  2008/04/27 TOP

 
[2008_04_26_04]
「お墨付き与えたのか」 判決下した裁判長自問 柏崎原発1号機訴訟 新潟日報  2008/04/26 TOP

 
[2008_04_26_03]
国側の新データ出ず 争点化回避も"戦術" 法廷の限界 新潟日報  2008/04/26 TOP

 
[2008_04_26_02]
司法判断と現実に落差 中越沖 地震動 想定の2倍強 新潟日報  2008/04/26 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 129 >  記事番号[641]〜[645] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_04_26_01]
柏崎原発訴訟 「調査不十分」上申書を提出 住民側 新潟日報  2008/04/26 TOP

 
[2008_04_24_01]
柏崎原発訴訟 上申書月内に再提出 住民側最高裁へ 断層評価が不十分 新潟日報  2008/04/24 TOP

 
[2008_04_23_01]
柏崎原発 3,6号機を立ち入り検査 保安院 東電の点検確認 新潟日報  2008/04/23 TOP

 
[2008_04_22_01]
東電の評価不十分 F-B断層 渡辺教授が意見 県原発小委 新潟日報  2008/04/22 TOP

 
[2008_04_21_01]
「運転再開は危険」 柏崎原発反対団体 廃炉求め署名集め 新潟 新潟日報  2008/04/21 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 130 >  記事番号[646]〜[650] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_04_19_01]
柏崎原発 断層評価の甘さ指摘 国作業部会「長さ」に異論 新潟日報  2008/04/19 TOP

 
[2008_04_17_01]
保安院 原発に複合災害対策 調査委委員長 柏崎の年内再開言及 新潟日報  2008/04/17 TOP

 
[2008_04_12_01]
柏崎原発7号機異常なし 東電の点検「妥当」 保安院が中間報告案提出 新潟日報  2008/04/12 TOP

 
[2008_04_11_02]
日立 原発配管強度 計算ミス 読売新聞  2008/04/11 TOP

 
[2008_04_11_01]
柏崎原発7号機 配管強度評価で誤り 東電 計算プログラムに不備 新潟日報  2008/04/11 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 131 >  記事番号[651]〜[655] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_04_08_01]
柏崎原発 断層調査に疑問の声 県原発技術委地震・地質小委 新潟日報  2008/04/08 TOP

 
[2008_04_03_01]
原発設置申請 活断層の疑いあれば「存在」 審査に一貫性を 安全委 新潟日報  2008/04/03 TOP

 
[2008_04_01_04]
活断層、原発は安全か 大幅に「追認」 耐震性再評価 朝日新聞  2008/04/01 TOP

 
[2008_04_01_02]
東電寄付金 観光・農水団体交付へ 30億円の一部3億5000万円  新潟日報  2008/04/01 TOP

 
[2008_03_29_02]
想定地震 最大1.5倍に 東北電など 原発周辺を再評価 新潟日報  2008/03/29 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 132 >  記事番号[656]〜[660] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_03_29_01]
柏崎原発改ざん 新たな不正なし 東電が最終調査 新潟日報  2008/03/29 TOP

 
[2008_03_28_05]
「原発との共存」盛る 柏崎市 復興計画を決定 新潟日報  2008/03/28 TOP

 
[2008_03_28_04]
東電、活断層4本確認 柏崎原発沖調査結果 「F-B」は30キロ 新潟日報  2008/03/28 TOP

 
[2008_03_28_03]
「地震で考え変えた」 東電 信頼回復へ慎重期す 新潟日報  2008/03/28 TOP

 
[2008_03_28_02]
柏崎刈羽「M8」想定も 周辺断層再評価 東電が報告 新潟日報  2008/03/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 133 >  記事番号[661]〜[665] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_03_28_01]
柏崎刈羽原発 東電「基準地震動」見直しへ 断層評価甘さに批判 新潟日報  2008/03/28 TOP

 
[2008_03_27_01]
東電08年度供給計画 柏崎原発織り込まず 再開時期は言及避ける 新潟日報  2008/03/27 TOP

 
[2008_03_26_01]
保安院の海底断層調査 悪天候で精度に疑問 運転再開へ急いで実施か 新潟日報  2008/03/26 TOP

 
[2008_03_24_01]
私の視点 柏崎原発 全機器耐震補強を岡本芳美(工学博士) 新潟日報  2008/03/24 TOP

 
[2008_03_21_01]
中越沖地震の震源断層 別の活断層と接続か 詳細な調査求める声 新潟日報  2008/03/21 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 134 >  記事番号[666]〜[670] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_03_14_01]
柏崎原発3号機 中越沖でブロック崩れる 原子炉配管に衝突 新潟日報  2008/03/14 TOP

 
[2008_03_07_01]
1100億円喪失 廃炉試算に地元動揺 県と意識のギャップ実感 新潟日報  2008/03/07 TOP

 
[2008_03_06_01]
活断層情報 知事に報告 2日遅れ 原安課、重大性認識なく 新潟日報  2008/03/06 TOP

 
[2008_03_05_03]
タービンの羽根破損 柏崎原発7号機 地震との関連調査 新潟日報  2008/03/05 TOP

 
[2008_03_05_02]
海底断層の調査が終了 保安院 新潟日報  2008/03/05 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 135 >  記事番号[671]〜[675] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_03_05_01]
知事の廃炉答弁 運転再開にも触れる 「秋の選挙」意識し修正か 新潟日報  2008/03/05 TOP

 
[2008_03_04_01]
風評被害増幅 安全情報遅れた国県 放射線の知識不足も拍車 新潟日報  2008/03/04 TOP

 
[2008_03_03_01]
観光被害500億円 あいまいな県の試算 配分根拠も「説明できぬ」 新潟日報  2008/03/03 TOP

 
[2008_03_02_01]
電力マネー特需 物産購入は6億円超 再開願う金か 地元警戒も 新潟日報  2008/03/02 TOP

 
[2008_03_01_04]
交付金3倍増 「運転円滑化」が前提 災害対応で初の特例措置 新潟日報  2008/03/01 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 136 >  記事番号[676]〜[680] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_03_01_03]
柏崎市長選 会田氏、再選出馬へ 新潟日報  2008/03/01 TOP

 
[2008_03_01_02]
柏崎原発 「廃炉も再開もあり得る」 知事 県議会で可能性言及 新潟日報  2008/03/01 TOP

 
[2008_02_28_01]
苦境下の決断 核燃料税の穴埋めか 電力側は「復興支援」強調 新潟日報  2008/02/28 TOP

 
[2008_02_16_02]
柏崎原発 断層調査 深さ不十分 専門家指摘 10キロまで必要 新潟日報  2008/02/16 TOP

 
[2008_02_16_01]
中越地域は地質複雑 柏崎原発周辺専門家指摘 探査機器増強を 新潟日報  2008/02/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 137 >  記事番号[681]〜[685] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_02_15_01]
核燃再処理工場 試運転最終段階に 日本原燃 1万5000人分署名を提出 新潟日報  2008/02/15 TOP

 
[2008_02_08_01]
原発災害 消火、情報体制を強化 国作業部会が最終報告書 新潟日報  2008/02/08 TOP

 
[2008_02_07_03]
現段階「廃炉ない」 柏崎市長が発言 燃料集合体に異物 新潟日報  2008/02/07 TOP

 
[2008_02_07_02]
立石新大教授ら選任 柏崎原発安全管理 県技術委14人に拡充 新潟日報  2008/02/07 TOP

 
[2008_01_24_01]
安全委 評価委が初会合 「東電の手法遅れている」 柏崎原発沖断層 新潟日報  2008/01/24 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 138 >  記事番号[686]〜[690] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_01_13_01]
中越沖・柏崎原発 保安院、住民に陳謝 説明会「情報公開が不十分」 新潟日報  2008/01/13 TOP

 
[2008_01_09_01]
「審議の過程」公開を 体制強化へ専門家も連携 縦割りに風穴 新潟日報  2008/01/09 TOP

 
[2008_01_08_02]
1号機安全審査の流れ 耐震分野13人で担う 知事ら要望 メンバー増強 新潟日報  2008/01/08 TOP

 
[2008_01_08_01]
消えた議事録 住民側、国隠ぺい疑う 元職員「ないはずがない」 新潟日報  2008/01/08 TOP

 
[2008_01_07_01]
けじめ欠落 電力、委員に事前接触 現地調査で過剰な接待 新潟日報  2008/01/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 139 >  記事番号[691]〜[695] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_01_06_02]
柏崎原発1号機審査部会 国、議事録保管せず 廃棄か 検証は困難 新潟日報  2008/01/06 TOP

 
[2008_01_06_01]
出来レース 「追試」重ね却下ゼロ 国と電力 あうんの呼吸 新潟日報  2008/01/06 TOP

 
[2008_01_05_02]
初歩的ミス 地形学の常識を無視 国の専門家人選に偏り 新潟日報  2008/01/05 TOP

 
[2008_01_05_01]
柏崎原発周辺海域 東電 正断層と誤評価 2−7号機設置申請時 新潟日報  2008/01/05 TOP

 
[2008_01_04_01]
低い問題意識 東電「断層はおまけ」 1号機の海底調査行わず 新潟日報  2008/01/04 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 140 >  記事番号[696]〜[700] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2008_01_03_01]
地質学と工学 断層評価 意識にずれ 「つくる」ために妥協許す 新潟日報  2008/01/03 TOP

 
[2008_01_01_01]
断層権威の警告無視 名前利用「嫌気差した」 突然の辞意 新潟日報  2008/01/01 TOP

 
[2007_12_28_02]
廃炉で人口半減も 知事に提出 過度の原発依存警告 中越沖地震 毎日新聞  2007/12/28 TOP

 
[2007_12_28_01]
柏崎刈羽原発 F-B断層 東電評価より10キロ長く 別の活断層も 新潟日報  2007/12/28 TOP

 
[2007_12_26_01]
柏崎原発敷地内の亀裂 「断層と関連なし」 東電が調査の中間報告 新潟日報  2007/12/26 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 141 >  記事番号[701]〜[705] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2007_12_25_01]
1号機は震度7 東電 7月末把握、公表せず 新潟日報  2007/12/25 TOP

 
[2007_12_20_01]
情報非公表 東電を批判 柏崎・反原発3団体 新潟日報  2007/12/20 TOP

 
[2007_12_13_02]
「活断層」報告 安全委になし 原子力議員懇が批判 新潟日報  2007/12/13 TOP

 
[2007_12_13_01]
活断層非公表問題 市長「隠ぺい」と批判 東電副社長の謝罪に 柏崎日報  2007/12/13 TOP

 
[2007_12_12_01]
燃料プールで異物4点発見 4号機 新潟日報  2007/12/12 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 142 >  記事番号[706]〜[710] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2007_12_08_03]
柏崎原発 設置時評価際立つ甘さ 東電 活断層分布図を開示 新潟日報  2007/12/08 TOP

 
[2007_12_08_02]
「裏切られた気持ち」柏崎市長 新潟日報  2007/12/08 TOP

 
[2007_12_08_01]
県、原発チェック体制強化 批判的学者も委員に 技術委 新潟日報  2007/12/08 TOP

 
[2007_12_07_02]
トップも寝耳に水 情報 現場レベル止まり 再評価 新潟日報  2007/12/07 TOP

 
[2007_12_07_01]
反原発団体 「国の責任も重大」 柏崎原発2基 主発電機に擦り傷など 柏崎日報  2007/12/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 143 >  記事番号[711]〜[715] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2007_12_06_07]
反原発団体 「廃炉に」と県民集会 講演 機器変形の可能性指摘 柏崎日報  2007/12/06 TOP

 
[2007_12_06_06]
活断層の過小評価 耐震性 信頼揺らぐ 柏崎刈羽 他原発でも同じ例 毎日新聞  2007/12/06 TOP

 
[2007_12_06_05]
中越沖「地震」 東電「活断層」認める 柏崎原発 申請時の判断覆す 毎日新聞  2007/12/06 TOP

 
[2007_12_06_04]
東電、活断層を過小評価 柏崎刈羽 設計時の評価覆す 朝日新聞  2007/12/06 TOP

 
[2007_12_06_03]
柏崎刈羽原発の断層評価 03年に「過小」認識 日経新聞  2007/12/06 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 144 >  記事番号[716]〜[720] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2007_12_06_02]
新潟県に30億円東京電力寄付へ 「震災復興に」 朝日新聞  2007/12/06 TOP

 
[2007_12_06_01]
原発沖断層は「活断層」 東電03年には把握 保安院 公表指示せず 新潟日報  2007/12/06 TOP

 
[2007_12_04_01]
原発耐震性 国際シンポ 柏崎で来年2月 専門家や関係機関議論 柏崎日報  2007/12/04 TOP

 
[2007_11_24_01]
柏崎原発 制御棒トラブル相次ぐ 6号機では2本目 柏崎日報  2007/11/24 TOP

 
[2007_11_20_02]
タービン羽根に傷 柏崎原発4号機 12カ所、揺れで接触か 新潟日報  2007/11/20 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 145 >  記事番号[721]〜[725] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2007_11_20_01]
原発地盤 国担当課と議論の場を 3団体が保安院に要請 新潟日報  2007/11/20 TOP

 
[2007_11_16_01]
柏崎原発沖・地質調査問題 現在の知見なら断層 東電会見 新潟日報  2007/11/16 TOP

 
[2007_11_15_02]
多数の断層見落としか 柏崎原発沖70−80年代調査 国も評価を認定 新潟日報  2007/11/15 TOP

 
[2007_11_15_01]
搬入時ずれ 地震も影響 柏崎刈羽原発の燃料集合体 中日新聞  2007/11/15 TOP

 
[2007_11_14_02]
柏崎原発2号機 炉心隔壁付近 長さ30センチの線状模様 目視点検 新潟日報  2007/11/14 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 146 >  記事番号[726]〜[730] / 記事総数[842]  5進む▼ 

[2007_11_14_01]
震源断層は南東傾斜 中越沖地震 東大地震研が結論 新潟日報  2007/11/14 TOP