トップ > リサイクル燃料備蓄センター
 
リサイクル燃料貯蔵(RFS)のリサイクル燃料備蓄センター
施設概要と記事一覧(時系列逆順
 
 
[1] 施設概要
 
施設 工期等
リサイクル燃料備蓄センター 2010年5月に事業許可、2010年8月に設計及び工事方法の認可、8月31日に着工
 
 
上記の表はリサイクル燃料貯蔵(RFS)HPの原子燃料サイクル施設概要より作成。
※施設名のリンクをクリックすると該当施設の詳細情報が表示されます。
 
 
[2] 記事一覧
 
 ・当一覧は記事を時系列逆順に表示しています。
 ・全記事(時系列昇順)を読みたい場合は 全記事(時系列昇順) をクリックして下さい。
 ・各記事の記事番号・見出しをクリックすると記事全文を表示します。
 

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2021_08_06_02]
「米軍軍事訓練」と「核のゴミ」 小熊ひと美(「原発なくそう!核燃いらない! あおもり金曜日行動」) たんぽぽ  2021/08/06 TOP
青森市の小熊ひと美と申します。「原発なくそう! 核燃いらない! あおもり金曜日行動」から、官邸前の「原発いらない金曜日行動」に向けて連帯のメッセージをお送りします。JR青森駅前で毎週行われている「あおもり金曜日行動」は、今日7月16日で467回目になります。(後略)

 
[2021_07_22_03]
「操業延期は暫定的」 むつ中間貯蔵 RFS、市と県に報告 東奥日報  2021/07/22 TOP

 
[2021_07_21_08]
「2年延期は暫定」/むつ中間貯蔵でRFS 東奥日報  2021/07/21 TOP
リサイクル燃料貯蔵(RFS、本社青森県むつ市)は21日、2021年度としていた使用済み核燃料中間貯蔵施設の事業開始見込みを23年度に2年延期することを、むつ市と県に正式に報告した。(後略)

 
[2021_06_22_02]
むつ市「選択肢にならない」/中間貯蔵施設共用化案 東奥日報  2021/06/22 TOP
(前略)東北電力の樋口康二郎社長が18日のオンライン会見で「(共用化は)将来的には貯蔵方式の一つの選択肢」と発言したとの報道を受け、むつ市は21日までに「共用化の議論を開始している事実はない。どの電力事業者にとっても、一つの選択肢にはならない」(後略)

 
[2021_06_20_03]
むつ中間貯蔵施設 宙に浮く共用構想 電事連、半年動きなし 関電巡る状況変化? 東奥日報  2021/06/20 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2021_06_20_01]
【見えぬ廃炉 第二原発】県外搬出めど立たず 原子力政策行き詰まり 使用済み核燃料 福島民報  2021/06/20 TOP
東京電力福島第二原発1〜4号機の全基廃炉は、県と立地町の事前了解により、今月下旬にも始まる。(後略)

 
[2021_05_20_11]
本県10施設「目的を満足」 原子力規制庁 年間検査結果を公表 東奥日報 2021/05/20 TOP

 
[2021_05_13_04]
長期利用へ足掛かり 原発不信、課題は置き去り 関電美浜再稼働 時事通信  2021/05/13 TOP
関西電力が、運転開始から40年を超える美浜原発3号機(福井県美浜町)を来月下旬に再稼働させる。(後略)

 
[2021_05_08_01]
関電は原発を安全に運転する資質と体制を有していない 木原荘林(若狭の原発を考える会) たんぽぽ  2021/05/08 TOP
福島第一原発事故は、原発が重大事故を起こせば、職場を奪い、農地を奪い、漁場を奪い、学校を奪い、生活の基盤を根底から奪い去ることを、大きな犠牲の上に教えました。(後略)

 
[2021_04_29_05]
社説:40年原発に同意 京滋のリスクも大きい 京都新聞  2021/04/29 TOP
福井県にある運転開始から40年を超える関西電力の原発3基の再稼働に、同県知事が同意した。40年超の「老朽原発」稼働は、東京電力福島第1原発事故後にできたルール「原則40年、最長で延長20年」の初適用事例となる。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2021_04_29_03]
40年超の原発再稼働同意に地元住民、思い交錯 福井県の美浜町、高浜町 福井新聞  2021/04/29 TOP
(前略)原発が立地する美浜、高浜両町の住民からは「経済の先行きが見通せる」と歓迎の声が多く聞かれた。一方で、「事故の一抹の不安は消えない」など懸念も少なくなかった。(後略)

 
[2021_04_29_02]
「脱炭素」の声に押され…老朽原発が再稼働へ 使用済み核燃料の行方も決まらず見切り発車 東京新聞  2021/04/29 TOP
運転期間40年を超えた関西電力の老朽原発3基の再稼働に、福井県知事が28日同意した。ただ、知事が条件とした使用済み核燃料の県外搬出は、実現の見通しすらない。(後略)

 
[2021_04_28_07]
運転開始から40年超の原発の運転 福井県同意 関電が再稼働へ NHK  2021/04/28 TOP
運転開始から40年を超えた関西電力の3基の原子力発電所について福井県の杉本知事は28日、運転の延長に同意する考えを表明しました。(後略)

 
[2021_04_28_02]
関電の40年超原発再稼働へ 2年後には再び難関 中間貯蔵候補地に見通しなく 産経新聞  2021/04/28 TOP
運転開始から40年超の原発3基の再稼働に関する地元同意が完了したことで、関西電力は再稼働に向け準備を進める。関電にとって、収益改善と温室効果ガス排出削減の切り札として期待が大きい。(後略)

 
[2021_04_27_10]
中間貯蔵共用案 東電「スタート立つ前」 東奥日報  2021/04/27 TOP
(前略)共同利用する案について、東京電力ホールディングス青森事業本部長の宗一誠常務執行役は26日、むつ市の宮下宗一郎市長と面会し「地元の理解が大前提。共用化ありきではなく、スタートに立つ前である」との認識を初めて示した(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2021_04_27_02]
梶山経産相 福井県知事と40年超原発再稼働巡り会談 知事、28日同意 福井新聞  2021/04/27 TOP
運転開始から40年を超える関西電力美浜原発3号機と高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の再稼働を巡り、福井県の杉本達治知事は4月27日、梶山弘志経済産業相、森本孝関電社長とそれぞれオンラインで面談した。(後略)

 
[2021_04_26_04]
関西電力の動き 改めて不快感 (青森県・むつ市) RAB  2021/04/26 TOP
むつ市にある使用済み核燃料の中間貯蔵施設に関してむつ市の宮下市長は東京電力の幹部に対して関西電力が共同利用化を選択肢の1つにあげたことについて改めて不快感を示しました。(後略)

 
[2021_04_08_07]
RFSの審査対応を規制庁「非常に不十分」 東奥日報  2021/04/08 TOP
青森県むつ市に立地する使用済み核燃料中間貯蔵施設の稼働へ向けた審査を巡り、原子力規制庁は7日、運営するリサイクル燃料貯蔵(RFS)の対応が「非常に不十分」と批判した。(後略)

 
[2021_03_25_09]
「共用案認めないで」むつ市に申し入れ/下北の反核燃団体 東奥日報  2021/03/25 TOP
原発核燃をなくす下北の会は24日、青森県むつ市に対し、使用済み核燃料中間貯蔵施設の電力各社による共同利用案を容認しないよう求める申し入れを行った。(後略)

 
[2021_03_23_04]
むつ中間貯蔵共用案 公表3カ月 県議会 議論深まらず 静観の県 答弁に不満も 東奥日報  2021/03/23 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2021_03_20_17]
中間貯蔵議論へ特別委設置検討/むつ市議会 東奥日報  2021/03/20 TOP
むつ市議会は19日、市使用済燃料税(核燃新税)の特別委員会を開いた。市とリサイクル燃料貯蔵(RFS)による減免協議が進んでいない状況を受け、大瀧次男委員が使用済み核燃料中間貯蔵事業全般を議論する新しい特別委の設置を提案。(後略)

 
[2021_03_03_01]
「どっちが知事?」中間貯蔵巡る発信に苦言 東奥日報  2021/03/03 TOP
「どちらが知事なのか分からない」。(中略)宮下宗一郎市長を引き合いに、三村申吾知事の発信に苦言を呈す場面があった。(後略)

 
[2021_02_27_03]
経産相「提案の段階」/中間貯蔵共用案共産・高橋氏批判 東奥日報  2021/02/27 TOP
青森県むつ市に立地する使用済み核燃料中間貯蔵施設を大手電力で共同利用する構想を巡り、梶山弘志経済産業相は26日の衆院予算委員会分科会で「今は提案をしたという段階」と強調した。(後略)

 
[2021_02_27_02]
安全対策工事関連設工認の変更申請/RFS、中間貯蔵 東奥日報  2021/02/27 TOP
リサイクル燃料貯蔵(青森県むつ市、RFS)は26日、原子力規制委員会に対し、使用済み核燃料中間貯蔵施設の安全対策工事に関連する設備の設工認(設計および工事計画の変更認可)申請を行った。(後略)

 
[2021_02_27_01]
中間貯蔵共用案巡り、むつ市長が再度批判 東奥日報  2021/02/27 TOP
宮下宗一郎むつ市長は26日の定例会見で、同市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の電力各社による共同利用案について「市民、県民の民意を踏みにじっている。考えられない」と、あらためて不快感を示した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2021_02_26_01]
むつ市、関電に中間貯蔵共用案で3度目抗議 東奥日報  2021/02/26 TOP
青森県むつ市は25日、関西電力が使用済み核燃料の搬出先として、むつ市の中間貯蔵施設を電力各社が共同利用する案を「選択肢の一つ」と提示している(後略)

 
[2021_02_25_01]
青森・むつ市、関電に抗議 核燃施設共用「あり得ない」 時事通信  2021/02/25 TOP
青森県むつ市は25日、同市に立地する使用済み核燃料の中間貯蔵施設をめぐり、関西電力への抗議を表明した。(後略)

 
[2021_02_20_02]
中間貯蔵施設共用案 電事連会長「むつ市の理解得たい」 河北新報  2021/02/20 TOP
(前略)大手電力でつくる電気事業連合会(電事連)の池辺和弘会長(九州電力社長)は19日の定例記者会見で「検討に着手できるようむつ市の理解を得たい」と述べ、市に再度説明する考えを示した。(後略)

 
[2021_02_19_04]
共同利用、関電のみ意欲 むつ市の核燃料中間施設 時事通信  2021/02/19 TOP
青森県むつ市の使用済み核燃料の中間貯蔵施設を電力大手各社が共同利用する案について、現時点で活用に意欲を示しているのが関西電力だけであることが18日、分かった。(後略)

 
[2021_02_18_11]
共同利用、関電のみ意欲 むつ市の核燃料中間施設 時事通信  2021/02/18 TOP
青森県むつ市の使用済み核燃料の中間貯蔵施設を電力大手各社が共同利用する案について、現時点で活用に意欲を示しているのが関西電力だけであることが18日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2021_02_18_10]
むつ市「共用案 存在せず」 中間貯蔵 13日に続き声明 東奥日報  2021/02/18 TOP

 
[2021_02_15_07]
福井県美浜町が再稼働に"同意" 運転から"40年超"の『美浜原発3号機』 関西テレビ  2021/02/15 TOP
関西電力の美浜原発3号機について、福井県美浜町が、再稼働への同意を表明しました。関西電力は、運転開始から40年を超える美浜原発3号機、高浜原発1、2号機の再稼働を目指しています。(後略)

 
[2021_02_13_10]
むつの中間貯蔵共用案、福井県に提示 関電社長 福井新聞  2021/02/13 TOP
関西電力の森本孝社長は2月12日、福井県の杉本達治知事と県庁で面談し、(中略)青森県むつ市の施設を電力各社で共同利用する案を含めて検討を進めていると報告した。(後略)

 
[2021_02_13_07]
中間貯蔵「共用化認めず」 むつ市反発、関電提示で 共同通信  2021/02/13 TOP
青森県むつ市は13日、使用済み核燃料の中間貯蔵施設を電力各社で共同利用する案を、関西電力が選択肢の一つとして福井県に示したことに対し「共用化を認めた事実はない」とするコメントを発表した。(後略)

 
[2021_02_10_09]
中間貯蔵施設共用案 公開質問の回答批判 県内2団体 東奥日報  2021/02/10 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2021_01_29_02]
RFS燃料貯蔵計画3年間で169トンを搬入/規制委に届け出 東奥日報  2021/01/29 TOP
リサイクル燃料貯蔵(青森県むつ市、RFS)は28日、使用済み核燃料中間貯蔵施設で受け入れる燃料の貯蔵計画を原子力規制委員会に届け出た。(後略)

 
[2021_01_28_01]
共用案「地域の理解重要」東北電社長 むつ中間貯蔵巡り 東奥日報  2021/01/28 TOP

 
[2021_01_26_08]
使用済み核燃料 プールの容量限界  議論先送り続く 福島民報  2021/01/26 TOP
深さ十一メートルの使用済み核燃料プールに収納用のラックが規則正しく並ぶ。作業員は水面の上にある取り扱い機から、長さ四・五メートルの使用済みの核燃料棒を慎重に移動させる。(後略)

 
[2021_01_22_02]
「守るべき前提守る」 むつ中間貯蔵施設共用案巡り県見解 東奥日報  2021/01/22 TOP

 
[2021_01_16_08]
むつ市懸念に「回答する」 中間貯蔵共用案 電事連会長が意向 東奥日報  2021/01/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_12_25_03]
中間貯蔵施設の県外候補地 年内提示を断念 関西電力が陳謝 福井テレビ  2020/12/25 TOP
原発から出る使用済み核燃料を、一時的に保管する中間貯蔵施設について、関西電力は25日、福井県が求めていた年内の候補地の提示を断念することを県に伝えた。(後略)

 
[2020_12_24_09]
新工程表に規制庁「到底無理」/むつ中間貯蔵 東奥日報  2020/12/24 TOP
青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を運営するリサイクル燃料貯蔵(RFS)は23日、安全対策工事に必要な認可を2021年3月末にも得ると想定した新たな工程表を示した。(後略)

 
[2020_12_24_07]
中間貯蔵共用案拒否を県に要請 2団体 東奥日報  2020/12/24 TOP

 
[2020_12_22_02]
経産相「時間かけ説明」 中間貯蔵共用案 むつ、県と対話継続 東奥日報  2020/12/22 TOP

 
[2020_12_19_06]
電事連が中間貯蔵構想を説明 共用検討「積極的に参画」 関電社長 利用の意向言及せず 東奥日報  2020/12/19 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_12_19_05]
むつ中間貯蔵 市長反発「共用ありき」 電事連が説明 知事「聞き置く」 東奥日報  2020/12/19 TOP

 
[2020_12_19_02]
中間貯蔵施設共用化 むつ市長「必然性がない」 青森知事「聞置くだけ」 河北新報  2020/12/19 TOP
大手電力でつくる電気事業連合会(電事連)の清水成信副会長(中部電力副社長)は18日、青森県とむつ市を訪れ、同市の使用済み核燃料中間貯蔵施設について、原発を持つ各社による共同利用の検討に着手する方針を三村申吾知事と宮下宗一郎市長に説明した。(後略)

 
[2020_12_18_02]
共同利用案に青森・むつ市長が反発 「核のゴミ捨て場ではない」 毎日新聞  2020/12/18 TOP
大手電力でつくる電気事業連合会の清水成信副会長と経済産業省の幹部が18日、青森県むつ市を訪問し、同市の使用済み核燃料の中間貯蔵施設を電力各社で共同利用する案を宮下宗一郎市長に説明した。(後略)

 
[2020_12_18_01]
電事連「地元理解まで説明」 貯蔵共用案、むつ市長は不快感 共同通信  2020/12/18 TOP
電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は18日、東京都内で開いた記者会見で、電力各社で青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を共同利用する案について「理解いただけるまで(地元に)説明する」(後略)

 
[2020_12_15_02]
県内原子力施設稼働「疑問あれば拒否を」 県反核実行委、県に要請 東奥日報  2020/12/15 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_12_13_01]
県外候補地はどこに? 知事「関電の返答待ちたい」 福井テレビ  2020/12/13 TOP
使用済み核燃料を一時的に保管する中間貯蔵施設について杉本知事は13日、福井テレビのタイムリーふくいに出演し「現時点で関西電力から日程の報告はないが県外候補地を示すとする返答を待ちたい」(後略)

 
[2020_12_12_02]
社説:核燃貯蔵の共用 再稼働ありきの奇策だ 京都新聞  2020/12/12 TOP
大手電力10社でつくる電気事業連合会が、原発から出る使用済み核燃料の中間貯蔵施設(青森県むつ市)の共同利用を検討していることが明らかになった。(後略)

 
[2020_12_11_14]
むつ中間貯蔵 共用検討 電事連 原発各社の燃料搬入 関電支援が実質的狙い 東奥日報  2020/12/11 TOP

 
[2020_12_11_13]
むつ中間貯蔵 共用検討 燃料保管「特効薬」なく 原発プール逼迫、白羽の矢 東奥日報  2020/12/11 TOP

 
[2020_12_11_12]
中間貯蔵施設 県は関電の回答待つ姿勢強調 FBC福井放送  2020/12/11 TOP
原発に溜まり続ける使用済み核燃料を保管する中間貯蔵施設をめぐり、青森県の施設を共同利用する案が浮上していて、県は「何も聞いていない」としたうえで、関西電力の回答を待つと強調した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_12_11_08]
むつ・中間貯蔵施設に共同利用案 電事連が検討、関電支援狙う 河北新報  2020/12/11 TOP
大手電力でつくる電気事業連合会が、原発の使用済み核燃料を一時保管する青森県むつ市の中間貯蔵施設について、原発を持つ各社による共同利用を検討していることが10日、分かった。(後略)

 
[2020_12_11_07]
核燃中間貯蔵共同利用案は「筋違い」 青森・むつ市長反発 河北新報  2020/12/11 TOP
(前略)電気事業連合会が大手電力会社による共同利用を検討していることについて、宮下宗一郎市長は10日、報道各社の取材に「電事連などから、何ら市にアプローチはない中で、話が進んでいるとしたら筋違いではないか」と反発した。(後略)

 
[2020_12_11_03]
RFS中間貯蔵施設共用 「筋違い」むつ市長不快感 東奥日報  2020/12/11 TOP
青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を巡り、電気事業連合会(電事連)が原発を持つ各社による共同利用を検討していることについて、むつ市の宮下宗一郎市長は10日、「筋違いだ」と不快感を示した。(後略)

 
[2020_12_10_01]
核燃料中間貯蔵の共用を検討 電事連、青森むつの施設で 共同通信  2020/12/10 TOP
大手電力でつくる電気事業連合会が、原発の使用済み核燃料を一時保管する青森県むつ市の中間貯蔵施設について、原発を持つ各社による共同利用を検討していることが10日、分かった。(後略)

 
[2020_11_13_02]
「死の谷」を埋めて「死の灰」(負の遺産)を増やす原子力規制委員会 木村雅英 たんぽぽ  2020/11/13 TOP
11月11日の規制委定例会議でむつ市の「リサイクル燃料貯蔵株式会社リサイクル燃料備蓄センターにおける使用済燃料の貯蔵の事業の変更許可」を決定した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_11_12_10]
中間貯蔵施設の事故対策拠点 県「東通を当面使用」 反対派 「問い続ける」 東奥日報  2020/11/12 TOP

 
[2020_11_12_09]
再処理工場での漏水 規制庁が継続検査へ 東奥日報  2020/11/12 TOP

 
[2020_11_12_07]
むつ中間貯蔵 正式合格 使用済み核燃料 最長50年 東奥日報  2020/11/12 TOP

 
[2020_11_11_09]
核燃料中間貯蔵施設が審査に合格 原発敷地外で唯一、規制委 共同通信  2020/11/11 TOP
原子力規制委員会は11日の定例会合で、東京電力と日本原子力発電が出資する「リサイクル燃料貯蔵」(RFS)の使用済み核燃料中間貯蔵施設(青森県むつ市)が、新規制基準に適合しているとする「審査書」を決定した。(後略)

 
[2020_11_11_08]
むつ中間貯蔵施設 正式合格 原子力規制委の適合審査(青森県) RAB青森放送  2020/11/11 TOP
原発から出る使用済み核燃料を一時的に保管するむつ市の中間貯蔵施設が適合審査に正式に合格しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_10_30_02]
核燃新税 RFS同意 むつ市に伝達 「責務果たす」 東奥日報  2020/10/30 TOP

 
[2020_10_08_10]
MOX工場「合格」 規制委審査 国内初の「商業用」 東奥日報  2020/10/08 TOP

 
[2020_09_28_01]
北海道寿都町「文献調査の受け入れ検討」について 山崎久隆 たんぽぽ  2020/09/28 TOP
8月31日、高レベル放射性廃棄物の最終処分場について、北海道寿都町が立地調査の第1段階である文献調査の受け入れを検討していることが明らかになった。(後略)

 
[2020_09_15_07]
むつの中間貯蔵施設 規制委に不許可要請 県内2団体 東奥日報  2020/09/15 TOP

 
[2020_09_08_04]
中間貯蔵 現状と課題 佐藤正知北大名誉教授に聞く 多分野の技術者が監視を 東奥日報  2020/09/08 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_09_06_02]
中間貯蔵 現状と課題 乾式」施設 震災時も安全機能維持 保管「永久化」に警戒感 東奥日報  2020/09/06 TOP

 
[2020_09_04_08]
中間貯蔵 現状と課題誘致 財政難打開の切り札 交付金、寄付を見込む 東奥日報  2020/09/04 TOP

 
[2020_09_04_07]
中間貯蔵 現状と課題「第2再処理」 搬出先の議論進まず 「核燃料置き去り」懸念も 東奥日報  2020/09/04 TOP

 
[2020_09_04_06]
むつ中間貯蔵施設の操業反対!規制委の合格おかしい 中道雅史 たんぽぽ  2020/09/04 TOP
◎原子力規制委員会は9月2日、青森県むつ市のリサイクル燃料貯蔵(RFS)が運営する使用済み核燃料中間貯蔵施設が、(核燃サイクル)新規制基準に適合すると認める「審査書案」を了承した。(後略)

 
[2020_09_04_04]
社説:中間貯蔵「合格」 核ごみ議論ごまかさず 京都新聞  2020/09/04 TOP
「一時的な保管」で済むのだろうか。原発から出る使用済み核燃料を再処理するまでの間保管する中間貯蔵施設(青森県むつ市)が原子力規制委員会の審査に事実上、合格した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_09_03_07]
中間貯蔵「合格」 規制委 原発敷地外で国内初 審査書案了承 東奥日報  2020/09/03 TOP

 
[2020_09_02_04]
青森・むつの中間貯蔵施設 安全基準「適合」 原発敷地外で初 規制委 毎日新聞  2020/09/02 TOP
(前略)周辺の八雲町、長万部町、今金町、せたな町の首長4人が2日、寿都町の片岡春雄町長と面会し、「北海道は農業・漁業など1次産業が基本でイメージが損なわれる。性急な応募検討に反対する」と申し入れた。(後略)

 
[2020_08_29_01]
むつ核燃新税 減免協議 合意目標 10月に延期 市側とRFS 根拠試算で隔たり 東奥日報 2020/08/29 TOP

 
[2020_08_15_03]
中間貯蔵キャスク 異常時の保管追記 RFS、一部補正 東奥日報 2020/08/15 TOP

 
[2020_07_02_06]
経産相「再処理完工極めて重要」 東奥日報  2020/07/02 TOP
梶山弘志経済産業相は1日、安全審査の正式合格が近づいている日本原燃・六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)を視察した。幹部、社員ら約100人に行った訓示では「政府としては核燃料サイクルの方針を堅持していく。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_06_03_06]
MOX工場 安全対策確認 県懇話会 オンラインで専門家会合 東奥日報  2020/06/03 TOP

 
[2020_05_14_10]
東通、大間原発「対応が必要」 国の地震想定で規制委 東奥日報  2020/05/14 TOP

 
[2020_03_31_06]
むつ・核燃新税 減免協議申し入れ RFS、市に歩み寄り 東奥日報  2020/03/31 TOP

 
[2020_03_28_03]
むつ核燃新税 中間貯蔵搬入前施工を狙う 市長「暮らし向上に期待」 東奥日報  2020/03/28 TOP

 
[2020_03_23_01]
柏崎市長 「経年累進課税」制度の条例案提出(新潟県) TENYテレビ新潟  2020/03/23 TOP
柏崎市の桜井市長は23日、柏崎刈羽原発の使用済み核燃料への課税額が保管期間の長さに応じて増えていく「経年累進課税」制度の条例案を市議会に提出した。柏崎市議会では4月20日ごろまでに採決したい考えだ。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_03_20_05]
核燃新税 「県、むつ市協議を」 県議会常任委 複数委員が意見 東奥日報  2020/03/20 TOP

 
[2020_03_19_06]
「判断できる状況にない」 RFSが意見書 市との継続協議要望 東奥日報  2020/03/19 TOP

 
[2020_03_19_05]
核燃新税 条例案 特別委で可決 むつ市議会、27日可決へ 東奥日報  2020/03/19 TOP

 
[2020_03_03_05]
むつ市 過重負担なら減免可能 使用済燃料税条例を提案 東奥日報  2020/03/03 TOP

 
[2020_02_22_08]
操業への道のり遠く 遅れれば他施設に影響も 東奥日報  2020/02/22 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2020_02_20_08]
更田規制委員長、六ヶ所再処理工場他の「審査書案」取りまとめ見通しを述べる 原子力産業新聞  2020/02/20 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は、2月19日の定例記者会見で、大詰めを迎えている日本原燃の六ヶ所再処理工場などの新規制基準適合性審査の状況について質疑に応じた。(後略)

 
[2020_02_18_07]
中間貯蔵施設のプラント審査終了 補正書年度内提出へ 河北新報  2020/02/18 TOP
原子力規制委員会は17日、リサイクル燃料貯蔵(RFS)がむつ市に建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設の新規制基準適合性審査会合を開いた。(後略)

 
[2020_01_26_03]
「核燃料への課税、市民と議論を」青森・むつで原発マネー考える集会 河北新報  2020/01/26 TOP
青森県むつ市に建設中の中間貯蔵施設に搬入される使用済み核燃料への課税を考える集会が25日、市内であり市民ら約30人が参加した。(後略)

 
[2019_11_14_01]
むつ・中間貯蔵施設 RFS評価遅れ 規制委「極めて奇っ怪」 「1週間で十分、一晩でも」 東奥日報  2019/11/14 TOP

 
[2019_10_22_01]
工程目標達成「難しい」 規制委 RFS審査巡り見解 東奥日報  2019/10/22 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2019_10_17_04]
東電・福島第1原発処理水 他電力は見解表明を 規制委員長が問題提起 東奥日報  2019/10/17 TOP
 原子力規制委員会の更田豊志委員長は16日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発でたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水について、各地の原発でトリチウムを含む水を海に流している他の電力会社が見解を表明するべきだとの考えを示した。「東電を応援するのなら、放出基準の中身や福島での放出に同意できるかどうかなど、同業者として言ってもよいのでは」と述べた。

 
[2019_07_19_06]
「キャスク評価が基本」 中間貯蔵審査 規制委が見解 東奥日報  2019/07/19 TOP

 
[2019_07_18_03]
核燃料の中間貯蔵施設を現地調査 規制委、審査終了見通せず 共同通信  2019/07/18 TOP
原子力規制委員会の山中伸介委員は18日、青森県むつ市で、原発から出た使用済み核燃料の中間貯蔵施設を現地調査した。規制委による新規制基準への適合性審査は長期化しており、具体的な操業開始時期は見通せていない。(後略)

 
[2019_07_09_11]
地震審査モデル見直しへ 「未知の震源」対策再検証も 東奥日報  2019/07/09 TOP

 
[2019_05_16_04]
中間貯蔵施設審査 規制庁「終盤段階」 終結へ見通し 東奥日報  2019/05/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2019_02_07_03]
RFS中間貯蔵・安全審査 容器の密封性重視 「建屋」から論点変更 東奥日報 2019/02/07 TOP

 
[2018_12_22_04]
中間貯蔵操業「21年度」 RFS 県とむつ市に延期伝達 東奥日報  2018/12/22 TOP

 
[2018_12_21_02]
リサイクル燃料貯蔵、中間施設の操業延期=21年度の見込み 時事通信  2018/12/21 TOP
東京電力ホールディングス(HD)と日本原子力発電が出資するリサイクル燃料貯蔵(青森県むつ市)は21日、使用済み核燃料の中間貯蔵施設の操業開始時期を現時点で2021年度とする方針を県と市に伝えた。(後略)

 
[2018_12_10_01]
関電「原発ごみ」の中間貯蔵先が福井知事選も絡んで迷走する事情 ダイアモンドオンライン  2018/12/10 TOP
現状、関電を含め電力各社は使用済み核燃料を各原発施設内の使用済み核燃料プールに貯蔵している。政府の方針でこれらの使用済み燃料は青森県六ヶ所村の再処理工場で加工してリサイクルすることが決まっているが、まだ本格稼動していない。(後略)

 
[2018_11_06_01]
<関西電力>中間貯蔵施設、候補地選定が難航 決定越年も 毎日新聞  2018/11/06 TOP
原子力発電所から出る使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設について、関西電力の候補地選定が難航している。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[110] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2018_09_15_01]
東海第二原発再稼働は日本原電存続のための時間稼ぎ たんぽぽ  2018/09/15 TOP
9月7日「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」の主催で東海第二原発再稼働問題を訴えるための記者会見が衆院第二議員会館でありました。(後略)

 
[2018_07_10_01]
「下北のこと考えているのか」原子力立地、首長から不満 デーリー東北  2018/07/10 TOP
大手電力による青森市への事務所開設が相次いでいる。中部電力、関西電力の後を追うように、9日に東京電力ホールディングスの子会社が年内の事務所開設を表明。(後略)

 
[2018_06_30_06]
水圧解析に時間 次回会合は9月 RFS・規制委審査 東奥日報  2018/06/30 TOP

 
[2018_06_28_02]
稼働延期を検討、青森県に報告=使用済み核燃料の中間貯蔵施設 時事通信  2018/06/28 TOP
東京電力ホールディングスと日本原子力発電が出資するリサイクル燃料貯蔵(青森県むつ市)の山崎克男副社長は28日、青森県庁を訪れ、使用済み核燃料の中間貯蔵施設の稼働について、「(計画している)2018年後半の事業開始は極めて厳しい状況で、見直しを検討せざるを得ない状況になりつつある」(後略)

 
[2018_06_27_02]
〔株主総会〕関西電、中間貯蔵施設の具体的計画示さず 時事通信  2018/06/27 TOP
関西電力は27日、大阪市内で株主総会を開いた。経営課題となっている使用済み核燃料の中間貯蔵施設について、豊松秀己副社長は「現時点で具体的な地点を申し上げる段階には至っていない」と述べる(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 23 >  記事番号[111]〜[115] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2018_06_16_01]
【原発ゼロへ・第2原発廃炉表明】見えない廃炉工程 表明背景に「40年ルール」 福島民友  2018/06/16 TOP
「具体的な時期を早期に示してほしい」。東京電力トップの福島第2原発廃炉表明から一夜明けた15日午後。第2原発が立地する楢葉町の松本幸英町長は、廃炉方針を伝えるために訪れた福島復興本社の大倉誠代表に詰め寄った。(後略)

 
[2018_06_13_02]
<関西電力>RFS出資報道巡り「一切ない」の回答書提出 毎日新聞  2018/06/13 TOP
関西電力は12日、青森県むつ市にある使用済み核燃料の中間貯蔵施設の運営会社「リサイクル燃料貯蔵(RFS)」に出資する方向で関電が最終調整しているとの一部報道を巡り、「(そのような)事実は一切ない」とする回答書をむつ市に提出した。(後略)

 
[2018_06_09_02]
使用済み核燃料 関電出資を全面否定 RFSなど3社がむつ市長に/青森 毎日新聞  2018/06/09 TOP
関西電力がむつ市にある使用済み核燃料の中間貯蔵施設の運営会社「リサイクル燃料貯蔵(RFS)」に出資を検討しているとの報道を巡り、同市の宮下宗一郎市長は8日、RFSと、同社に出資する東京電力と日本原子力発電の幹部と面談し、事実関係を問いただした。(後略)

 
[2018_06_06_03]
中間貯蔵施設に関西電が出資報道 「地元の理解大前提」エネ庁長官、むつ市長に説明 河北新報  2018/06/06 TOP
むつ市に建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設に関西電力が出資するとした報道を受け、宮下宗一郎市長は5日、経済産業省資源エネルギー庁で日下部聡長官と会談し、事業に対する国の考え方を確認した。(後略)

 
[2018_06_05_01]
中間貯蔵施設に関電出資報道「全く聞いてない」むつ市長、公開説明会要請 河北新報  2018/06/05 TOP
関西電力がむつ市に建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設に出資する方向で最終調整しているとの報道について、宮下宗一郎市長は4日の定例記者会見で「全く聞いていない話で、憤りに加え不信感がある。信頼を維持できなければ事業を立ち止まって考えざるを得ない」と語った。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 24 >  記事番号[116]〜[120] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2018_06_04_03]
むつ市長5日経産省訪問/RFSへの関電出資報道 東奥日報  2018/06/04 TOP
関西電力が、青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を運営するリサイクル燃料貯蔵(RFS)に出資する方向で最終調整しているとの報道を受け、宮下宗一郎市長は4日午前の定例会見で「私自身があす(5日)経済産業省に赴き、国の基本的認識を問う」と明らかにした。(後略)

 
[2018_06_04_01]
関西電力株式会社の使用済み燃料をむつ市へ搬入する報道について 宮下宗一郎  2018/06/04 TOP
発表事項関西電力株式会社の使用済み燃料をむつ市へ搬入する報道について昨日報道がありました、関西電力株式会社の使用済核燃料のむつ市搬入の件につきましては、むつ市として、一切、何も聞いておらず、現時点で内容の確認もとれていない状況であります。(後略)

 
[2018_06_02_01]
関電、青森の核燃料施設に出資へ 中間貯蔵に布石 佐賀新聞  2018/06/02 TOP
関西電力が青森県むつ市にある使用済み核燃料の中間貯蔵施設に出資する方向で最終調整をしていることが2日、関係者への取材で分かった。(後略)

 
[2018_05_28_03]
<再選のむつ市長>使用済み核燃料、搬入明言避ける 毎日新聞  2018/05/28 TOP
関西電力が福井県内の同社の原子力発電所から出た使用済み核燃料を青森県むつ市の中間貯蔵施設で一時保管することを検討しているとされる問題で、27日告示のむつ市長選で無投票再選を決めた宮下宗一郎氏(39)はこの日、「仮定の質問になるので、答えは控えたい」と述べ、(後略)

 
[2018_05_23_03]
東京電力の東通原発計画再始動をとめよう 山崎久隆 たんぽぽ  2018/05/23 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 25 >  記事番号[121]〜[125] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2018_05_20_02]
「核燃半島化」進む青森・下北 空冷で保管 初の専用施設が稼働へ 道新  2018/05/20 TOP
使用済み燃料5千トン、50年「中間貯蔵」原発で使い終えた大量の核燃料を空冷で保管する施設が、今年中にも青森県むつ市で操業を始める。(後略)

 
[2018_04_27_04]
中間貯蔵施設審査でRFS 「建屋の健全性確保」 津波水圧の影響、強く想定 東奥日報  2018/04/27 TOP
_

 
[2018_01_27_03]
誰も審査しないプルサーマル原発の安全性  原子力規制委も投げ出しているプルサーマル計画 たんぽぽ  2018/01/27 TOP
目次1.現状…燃やすあてがないプルトニウム利用計画核燃料再処理をやめよ2.帳尻あわせも不可能3.原子力規制委の怠慢、過酷事故対策として追加した設備類を調査審議すべき4.プルサーマルの安全審査をやり直せ(後略)

 
[2018_01_26_07]
共同事業化「前に進める」 東通原発 東電社長、村長を訪問 東奥日報  2018/01/26 TOP

 
[2018_01_24_02]
「核のゴミ」処理で窮地の関電、東電・原電の施設に“相乗り"浮上 ダイヤ  2018/01/24 TOP
原子力発電所から出される使用済み核燃料の貯蔵問題が、にわかに電力業界内外で注目を集めている。中でも、関西電力はこの問題をすぐにでも解決しなければならない最重要課題と捉えているが、解決の糸口すらつかめていない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 26 >  記事番号[126]〜[130] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2018_01_20_01]
「見切り発車の付け、孫の時代に」むつ・中間貯蔵施設巡り、諏訪青森県議が批判 デリ東北  2018/01/20 TOP
「見切り発車の付けを孫の時代に残してしまう」。リサイクル燃料貯蔵(RFS)が2018年後半を目指す使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)の操業開始を巡り、19日の青森県議会商工労働観光エネルギー委員会で、再処理の進展を見通せない現状に委員から懸念が示された。(後略)

 
[2018_01_19_02]
福井・おおい 関電提案で町幹部研修 青森の原子力施設・観光地 旅費も一部負担 赤旗  2018/01/19 TOP
大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をすすめる関西電力が、おおい町に青森県の原子力施設などの見学を提案し、昨年10月に町幹部職員20人の研修旅行を実現していたことが18日、本紙の調べでわかりました。(後略)

 
[2018_01_18_05]
RFS「再処理完工前でも操業」 六ヶ所村長「影響ない」 東奥日報  2018/01/18 TOP

 
[2018_01_17_05]
むつ・中間貯蔵施設 「再処理」完工前でも操業 RFS社長 東奥日報  2018/01/17 TOP

 
[2018_01_16_02]
<おおい町>町幹部研修の半分は観光地 公費と関電負担で 毎日新聞  2018/01/16 TOP
福井県おおい町が昨年10月、原子力施設視察などの目的で幹部職員ら20人を青森県に派遣した研修で、2泊3日の日程の半分が観光地だったうえ、全ての朝食と昼食、初日の酒代を含む夕食を公費で賄っていたことが町への取材で分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 27 >  記事番号[131]〜[135] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2018_01_15_02]
操業開始に不透明感 RFS中間貯蔵、審査申請4年 デリ東北  2018/01/15 TOP
リサイクル燃料貯蔵(RFS)が、使用済み核燃料中間貯蔵施設(青森県むつ市)の操業開始に向けた審査を原子力規制委員会に申請して15日で丸4年となる。(後略)

 
[2018_01_08_01]
使用済み燃料搬入 市長「受け入れぬ」強調 「報道の事実一切ない」関電 東奥日報 2018/01/08 TOP

 
[2018_01_07_04]
使用済み核燃料 関電、むつ搬入検討 中間貯蔵施設で保管 近く県などに要請 東奥日報 2018/01/07 TOP

 
[2018_01_07_03]
関電核燃料委搬入 RFS「受け入れ考えず」 むつ市と県、寝耳に水 東奥日報 2018/01/07 TOP

 
[2018_01_07_02]
関電、青森へ使用済み核燃料集約 むつ中間貯蔵施設に 東京新聞  2018/01/07 TOP
関西電力が福井県にある同社の3原発から出た使用済み核燃料を、青森県むつ市の中間貯蔵施設に搬入し一時保管する方針を固めたことが6日、関係者への取材で分かった。近く青森県など地元に要請する見通し。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 28 >  記事番号[136]〜[140] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2018_01_07_01]
<関西電力>むつ市長「受け入れられない」 一時保管検討に 毎日新聞  2018/01/07 TOP
◇「原発の使用済み核燃料、中間貯蔵施設に」で記者会見関西電力が福井県内の同社の原発から出た使用済み核燃料を青森県むつ市の中間貯蔵施設で一時保管する方針を検討しているとされる問題について、むつ市の宮下宗一郎市長は7日、記者会見した。(後略)

 
[2017_12_30_01]
<原子力施設東北この1年>ミス続き 核燃サイクル停滞(1) 河北新報  2017/12/30 TOP
東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で、本格工事や稼働がストップした東北の原子力関連施設にとって、2017年は前進よりも停滞の意味合いが濃い1年だった。(後略)

 
[2017_11_28_08]
中間貯蔵「不退転の決意」、関電社長 18年中に候補地 日経新聞  2017/11/28 TOP
関西電力は27日、大飯原子力発電所3、4号機(福井県)の再稼働に向けて福井県の西川一誠知事の同意を取り付けた。判断の決め手として西川知事が挙げたのが、使用済み核燃料の中間貯蔵施設について「2018年中に具体的な計画を示す」と説明した関電と国の姿勢だ。(後略)

 
[2017_09_21_03]
経産相が原燃に異例の訓示 再処理工場トラブル続発 デリ東北  2017/09/21 TOP
使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)などで長年の点検漏れに伴うトラブルが相次いだ問題を受け、世耕弘成経済産業相は20日、同村の日本原燃で工藤健二社長ら役員に訓示し、「安全管理体制上の問題が続いているのは大変遺憾。極めて深刻に受け止める必要がある」と厳しく指摘した。(後略)

 
[2017_07_21_04]
津波想定大幅見直しへ RFS・坂本隆社長、本紙インタビューに デリ東北  2017/07/21 TOP
リサイクル燃料貯蔵(RFS)の坂本隆社長は20日、むつ市の本社で本紙のインタビューに応じ、2018年後半の操業開始を目指す使用済み核燃料中間貯蔵施設について、津波想定を大幅に見直す方針を明らかにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 29 >  記事番号[141]〜[145] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2017_06_17_01]
基準地震動 最大620ガル RFS 規制委は判断保留 東奥日報  2017/06/17 TOP

 
[2016_12_17_02]
恐山、大規模噴火予測時 使用済み核燃料搬出 中間貯蔵 東奥日報  2016/12/17 TOP

 
[2016_09_26_02]
「もんじゅ廃炉」受け原子力関係者 県内施設「支障なし」 東奥日報  2016/09/26 TOP

 
[2016_08_06_01]
下北断層の再説明要求 むつ中間貯蔵・現地調査 規制委、RFS側に 東奥日報  2016/08/06 TOP

 
[2016_08_05_01]
むつ・中間貯蔵施設 規制委、周辺の地質調査 耐震関係で初めて 東奥日報  2016/08/05 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 30 >  記事番号[146]〜[150] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2016_06_18_01]
規制委方針 原燃貯蔵施設 柱のさび 審査会合で影響確認 東奥日報  2016/06/18 TOP

 
[2016_06_11_03]
中間貯蔵施設審査でRFS 11断層 活動性考慮 東奥日報  2016/06/11 TOP

 
[2016_01_16_01]
再処理工場耐震審査 下北沖断層「活動性ない」 規制委が見解 東奥日報  2016/01/16 TOP

 
[2015_11_21_01]
6千トンの貯蔵場所確保 使用済み核燃料、電力会社が目標 東奥日報  2015/11/21 TOP

 
[2014_03_13_05]
エネルギー基本計画案は矛盾だらけ 東洋経済  2014/03/13 TOP
経済産業省が2月25日に最終計画案をまとめ、与党内協議を経て3月中に閣議決定される見通しのエネルギー基本計画。計画案では、焦点だった原子力発電の位置づけについて「エネルギー需給構造の安定性に寄与する重要なベースロード電源」とし、安倍晋三政権の原発推進方針を改めて確認するものとなった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 31 >  記事番号[151]〜[155] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2014_02_26_01]
エネ計画政府案 サイクル「推進」明記 将来見直しに含み 東奥日報  2014/02/26 TOP

 
[2013_12_20_02]
再処理と中間貯蔵 基準地震動1.3倍上げ 東奥日報  2013/12/20 TOP

 
[2013_12_18_01]
下北沖・大陸棚外縁 活断層否定 見解変えず 原燃など4社が調査結果 東奥日報  2013/12/18 TOP

 
[2012_12_24_01]
大陸棚外縁「適切な調査を」 東通原発断層問題 渡辺教授(東洋大) 東奥日報  2012/12/24 TOP

 
[2012_11_23_01]
下北半島沖「大陸棚断層」 きょうから追加調査 3社共同でデータ拡充 東奥日報  2012/11/23 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 32 >  記事番号[156]〜[160] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2012_09_08_01]
返還廃棄物拒否、使用済み燃料の村外搬出 六ヶ所村議会が意見書可決 東奥日報  2012/09/08 TOP

 
[2011_12_16_01]
県内施設安全性を問う2 東通原発 免震棟なし 大間は免震構造を採用 東奥日報  2011/12/16 TOP

 
[2011_04_11_02]
リサイクル燃料貯蔵(RFS):福島第1原発の事故後に建設を中断していたむつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の周辺工事を再開。 「六ヶ所村の記録」  2011/04/11 TOP
_

 
[2011_03_17_01]
東京電力:福島第1原発の放射性物質漏れ事故を受け4月予定の東通原発1号機の本格工事を当面見合わせる方針を正式に決定。大間原発、むつ中間貯蔵施設も工事の見合わせを決定。 「六ヶ所村の記録」  2011/03/17 TOP
_

 
[2010_09_15_01]
青森県:むつ市に建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設に関連し、2010年度一般会計補正予算案に、電源立地地域対策費補助として約15億円を計上。同市とその周辺の計8市町村へ配分。 「六ヶ所村の記録」  2010/09/15 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 33 >  記事番号[161]〜[165] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2010_08_31_01]
むつ市のリサイクル燃料貯蔵(RFS、久保誠社長):使用済み核燃料中間貯蔵施設の起工式を開催。操業開始は2012年7月の予定。 「六ヶ所村の記録」  2010/08/31 TOP
_

 
[2010_05_13_01]
経済産業省:日本原燃が六ヶ所村に計画しているMOX燃料加工工場と、リサイクル燃料貯蔵(RFS)がむつ市に予定している使用済み核燃料中間貯蔵施設について、それぞれ事業を許可。 「六ヶ所村の記録」  2010/05/13 TOP
_

 
[2010_04_19_02]
原子力安全委員会(鈴木篤之委員長):MOX燃料加工工場と、使用済み核燃料中間貯蔵施設について、安全上の問題はないとした経済産業省の一次審査を妥当と判断。 「六ヶ所村の記録」  2010/04/19 TOP
_

 
[2009_12_22_01]
原子力安全・保安院:むつ市に計画している使用済み核燃料中間貯蔵施設について、一次審査結果をまとめ、今後は両委員会による2次審査が始まる。 「六ヶ所村の記録」  2009/12/22 TOP
_

 
[2009_06_17_01]
むつ市宮下市長:使用済み核燃料中間貯蔵施設を計画のリサイクル燃料貯蔵(RFS)から4億円の寄付があったことを報告。 「六ヶ所村の記録」  2009/06/17 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 34 >  記事番号[166]〜[170] / 記事総数[175]  5進む▼ 

[2009_04_07_02]
リサイクル燃料貯蔵:むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の建設で、工事開始時期を2010年7月、操業開始時期を2012年7月に延期の事業許可申請補正書を国に提出。 「六ヶ所村の記録」  2009/04/07 TOP
_

 
[2007_03_22_01]
リサイクル燃料貯蔵:むつ市に計画の使用済み核燃料中間貯蔵施設で事業許可申請を国に提出. 「六ヶ所村の記録」  2007/03/22 TOP
_

 
[2006_07_04_02]
新耐震指針を施設設計に反映 むつ・リサイクル燃料貯蔵が方針 デリ東北  2006/07/04 TOP

 
[2005_11_21_02]
東京電力と日本原子力発電:中間貯蔵施設の新会社「リサイクル燃料貯蔵株式会社」を同市に設立。 「六ヶ所村の記録」  2005/11/21 TOP
_

 
[2005_10_19_02]
県、むつ市、東京電力、日本原子力発電の4者:中間貯蔵施設の立地問題で貯蔵終了後の使用済み核燃料の確実な搬出などを定めた協定に調印。 「六ヶ所村の記録」  2005/10/19 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 35 >  記事番号[171]〜[175] / 記事総数[175]

[2005_10_07_01]
三村県知事:中間貯蔵施設の立地問題で50年後搬出を確認。経産相は「最終的にすべて再処理されるので、永久貯蔵されることはない。法律でも搬出は担保されている」と答える。 「六ヶ所村の記録」  2005/10/07 TOP
_

 
[2003_05_28_03]
県内反核燃8団体(原告団含):再処理の稼働中止、中間貯蔵施設建設中止を県に要請。 「六ヶ所村の記録」  2003/05/28 TOP
_

 
[2001_10_29_01]
むつ市長:10月1日の記者会見での「中間貯蔵施設を不安に思うのは幽霊を怖がるのと同じ」発言で不適切を認める。 「六ヶ所村の記録」  2001/10/29 TOP
_

 
[2001_03_18_01]
核燃原告団と核の「中間貯蔵施設」はいらない!下北の会:むつ市内で使用済み核燃料中間貯蔵施設誘致反対の街宣と署名活動を実施。 「六ヶ所村の記録」  2001/03/18 TOP
_

 
[2000_11_29_02]
むつ市長:東京電力に使用済み核燃料中間貯蔵施設の立地調査を正式要請。 「六ヶ所村の記録」  2000/11/29 TOP
_
記事終了