トップ > 美浜原発
 
<<大飯 関西電力 美浜原発
運転状況と記事一覧(時系列逆順
もんじゅ>>
 
 
[1] 運転状況 最新情報は ココ
 
発電炉名 炉型 出力(万kW) 運転開始 運転年数
※1
事故時の状況 ※2 事故時の状況詳細 現在の状況 ※3
美浜1 PWR 34 1970/11/28 46年 停止中 定期検査中 廃炉中
美浜2 PWR 50 1972/07/25 44年 運転中 運転中 廃炉中
美浜3 PWR 82.6 1976/12/01 41年 運転中 運転中 定期検査中(2011/5/14〜)
 
※1:運転開始から現在(2018.6.15)までの年数
※2:事故とは2011.3.11福島第一原発事故の意味
※3:現在とは2020/7/3とする。
 
 
[2] 記事一覧 Wikipedia
 
 ・当一覧は全記事を 時系列逆順 に表示しています。
 ・全記事(時系列昇順)を読みたい場合は 全記事(時系列昇順) をクリックして下さい。
 ・各記事の記事番号・見出しをクリックすると記事全文を表示します。
 

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2021_02_15_07]
福井県美浜町が再稼働に"同意" 運転から"40年超"の『美浜原発3号機』 関西テレビ  2021/02/15 TOP
関西電力の美浜原発3号機について、福井県美浜町が、再稼働への同意を表明しました。関西電力は、運転開始から40年を超える美浜原発3号機、高浜原発1、2号機の再稼働を目指しています。(後略)

 
[2021_02_13_09]
中間貯蔵施設の候補地提示を2023年末に再延期 読売テレビ  2021/02/13 TOP
12日夕方、関西電力の森本孝社長は、杉本達治福井県知事と面談し使用済み核燃料を保管する中間貯蔵施設の県外候補地を2023年の年末までに確定すると延期を報告した。(後略)

 
[2021_02_12_01]
関西電力、2023年までに「中間貯蔵施設の候補地」を確定させる方針 関西テレビ  2021/02/12 TOP
関西電力は、使用済み核燃料を保管する中間貯蔵施設の候補地を2023年までに確定させる方針を明らかにしました。(後略)

 
[2021_02_10_04]
40年超運転原発 再稼働へ 福井県美浜町長 同意へ「一歩前進」 福井テレビ  2021/02/10 TOP
福井県美浜町の戸嶋町長は10日、関西電力の幹部と面談。町長は、関電の地元貢献の姿勢を評価し、40年を超える運転を目指す美浜原発3号機の再稼働同意に向け、「一歩進んだ」との認識を示した。(後略)

 
[2021_02_04_01]
電気事業連合会がむつ市RFSへ「原発を持つ各社の共同利用」を提起 たんぽぽ  2021/02/04 TOP
項目紹介1.はじめに2.むつ市RFSと東京電力との関係3.むつ市RFSの共同利用計画(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2021_01_29_06]
関電社長、中間貯蔵施設の候補地表明は「未定」 原発再稼働の見通し立たず 産経新聞  2021/01/29 TOP
関西電力の森本孝社長は29日の定例会見で、使用済み核燃料の中間貯蔵施設の候補地表明について「現時点では未定としかいえない」と説明した。(後略)

 
[2021_01_20_03]
原発の40年超え運転が理不尽であり、新規制基準が極めて不完全 たんぽぽ  2021/01/20 TOP
◎原子力規制委員会(規制委)が、老朽原発の運転を認可したのは2016年ですが、認可以降に、関電の原発では、トラブル、人身事故が頻発しています。(後略)

 
[2020_12_19_08]
美浜町議会再稼働同意 40年超原発県内2例目 中日新聞  2020/12/19 TOP
3号機運転開始から四十年を超えた美浜町の関西電力美浜原発3号機を巡り、美浜町議会は十八日、全員協議会で再稼働への同意を正式に決め、戸嶋秀樹町長に伝えた。四十年超の原発で地元議会が再稼働に同意するのは関電高浜原発1、2号機が立地する高浜町議会に次いで二例目。(後略)

 
[2020_12_18_09]
福井知事、同意判断は越年 関電の40年超原発再稼働 沖縄タイムス  2020/12/18 TOP
運転開始から40年を超えた福井県内にある関西電力の原発3基の再稼働同意を巡り、同県の杉本達治知事は18日「年内に判断することはない」と述べた。(後略)

 
[2020_12_18_03]
福井・美浜町議長「美浜原発内に使用済み核燃料を」 毎日新聞  2020/12/18 TOP
(前略)福井県美浜町の竹仲良広・同町議会議長は18日、記者団に、個人の意見とした上で「むつ市の施設では関電の使用済み核燃料は収まり切らず、美浜原発サイト内で乾式貯蔵を推進していきたい」と述べた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2020_12_18_02]
共同利用案に青森・むつ市長が反発 「核のゴミ捨て場ではない」 毎日新聞  2020/12/18 TOP
大手電力でつくる電気事業連合会の清水成信副会長と経済産業省の幹部が18日、青森県むつ市を訪問し、同市の使用済み核燃料の中間貯蔵施設を電力各社で共同利用する案を宮下宗一郎市長に説明した。(後略)

 
[2020_12_16_02]
原発の耐震評価やり直し求めるよう要望書提出 市民団体が滋賀県に 京都新聞  2020/12/16 TOP
運転開始から40年を超える福井県の関西電力美浜原発3号機と高浜原発1、2号機の再稼働に反対する市民団体「美浜の会」などの7人が16日、滋賀県庁を訪れ、県から国に原発の耐震評価のやり直しなどを求めるよう要望した。(後略)

 
[2020_12_12_02]
社説:核燃貯蔵の共用 再稼働ありきの奇策だ 京都新聞  2020/12/12 TOP
大手電力10社でつくる電気事業連合会が、原発から出る使用済み核燃料の中間貯蔵施設(青森県むつ市)の共同利用を検討していることが明らかになった。(後略)

 
[2020_12_11_14]
むつ中間貯蔵 共用検討 電事連 原発各社の燃料搬入 関電支援が実質的狙い 東奥日報  2020/12/11 TOP

 
[2020_12_11_13]
むつ中間貯蔵 共用検討 燃料保管「特効薬」なく 原発プール逼迫、白羽の矢 東奥日報  2020/12/11 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2020_12_11_08]
むつ・中間貯蔵施設に共同利用案 電事連が検討、関電支援狙う 河北新報  2020/12/11 TOP
大手電力でつくる電気事業連合会が、原発の使用済み核燃料を一時保管する青森県むつ市の中間貯蔵施設について、原発を持つ各社による共同利用を検討していることが10日、分かった。(後略)

 
[2020_12_11_02]
リレーデモ最終日(美浜町行動)に参加して 沼倉潤 たんぽぽ  2020/12/11 TOP
◎11月23日、関西電力本店(大阪市)前抗議に550名が集まり、西梅田公園を出発したデモ隊は、6日までの10日間、延べ1150名以上が参加したリレーデモの最終日、美浜町役場にて朝8時からアピール行動を開始しました。(後略)

 
[2020_12_08_08]
原発40年超再稼働不同意を要望 大飯判決原告、美浜議会に 共同通信  2020/12/08 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の設置許可の取り消し判決を出した大阪地裁訴訟の原告の一部が8日、福井県美浜町議会に、運転開始から40年を超えた関電美浜原発3号機の再稼働に同意しないよう求める要望書を提出した。(後略)

 
[2020_12_08_04]
美浜町内デモ、美浜町役場前集会、関電原子力事業本部包囲集会 木原壯林 たんぽぽ  2020/12/08 TOP
(前略)「老朽原発うごかすな!実行委員会」の呼びかけに応えたリレーデモは、11月23日の関電包囲大集会(大阪、550名が結集)を旅立ちとして、美浜町を目指していましたが、明日12月9日(水)が最終日となります。(後略)

 
[2020_12_07_04]
大阪地裁の大飯原発3,4号機設置許可取り消し判決に思う 若泉政人 たんぽぽ  2020/12/07 TOP
判決は大きな驚きだった。8年半に及ぶ長い闘いを続けてこられた原告団、弁護士の方々に敬意と感謝をささげたい。現在、福井の原発はすべて停止している。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2020_12_04_07]
福井県の大飯原発3・4号機 国の設置許可取り消す判決 大阪地裁 NHK  2020/12/04 TOP
2020年12月4日 21時55分福井県にある大飯原子力発電所の3号機と4号機をめぐる裁判で、大阪地方裁判所は、国の原子力規制委員会の審査の過程に看過しがたい誤りや欠落があるとして、原発の設置許可を取り消す判決(後略)

 
[2020_12_04_05]
「立地地域の住民翻弄される」 地元町長、戸惑い 大飯原発訴訟 毎日新聞  2020/12/04 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の地元自治体は、設置許可を取り消した4日の大阪地裁判決を慎重に受け止めた。(後略)

 
[2020_11_26_03]
再稼働同意の知事判断、越年も 福井、40年超原発 共同通信  2020/11/26 TOP
福井県の杉本達治知事は25日の記者会見で、運転開始から40年を超えた関西電力の原発3基の再稼働同意を巡り「無為に遅らせるつもりもないが焦ってやるものでもない。時間を取って確認する必要がある」と述べ(後略)

 
[2020_11_23_01]
原発廃炉訴え関電本店前で集会 デモつなぎ福井・美浜町へ 共同通信  2020/11/23 TOP
運転開始から40年を超えた関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)などの廃炉を訴える市民団体が23日、大阪市の関西電力本店前で集会を開いた。(後略)

 
[2020_11_09_05]
運転開始から43年が過ぎた「美浜原発3号機」、安全対策工事が完了 報道陣に公開 関西テレビ  2020/11/09 TOP
再稼働を目指す「老朽原発」で、安全対策工事が完了し、報道陣に公開されました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2020_10_31_03]
津波の高さ、福井県は最大12メートル M7地震で県が想定見直し 福井新聞オンライン  2020/10/31 TOP
福井県は10月30日、日本海側でマグニチュード(M)7クラスの地震が発生した場合の津波浸水想定を見直し、公表した。(後略)

 
[2020_10_17_03]
対テロ、原発安全工費の4割超 総額1兆円弱、膨張も 共同通信  2020/10/17 TOP
原発に航空機を衝突させるなどのテロ行為を想定した「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の建設が進んでいる関西電力、四国電力、九州電力の施設の総工費が合計1兆円弱に上り、安全対策費の4割超を占めることが17日、各社への取材で分かった。(後略)

 
[2020_10_10_06]
関電金品受領問題発覚後、初の原子力懇談会 福井・美浜町 毎日新聞  2020/10/10 TOP
関西電力幹部と福井県美浜町の商工会や漁協、地区など各種団体の代表が意見交換する「美浜町原子力懇談会」が8日夜、同町の関電原子力事業本部で非公開で開かれた。(後略)

 
[2020_10_09_01]
最終処分、地元不安根強く 難題山積の原子力政策 時事通信  2020/10/09 TOP
北海道の寿都町と神恵内村が9日までに、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定調査の受け入れを相次いで決めた。(後略)

 
[2020_10_08_04]
関電社長、金品問題を陳謝 福井・美浜、住民と懇談会 共同通信  2020/10/08 TOP
関西電力は8日、美浜原発が立地する福井県美浜町の原子力事業本部で、発電所の運営などについて幹部と住民が意見を交わす懇談会を開き、森本孝社長が、役員らの金品受領問題で「地元との信頼関係を損なったと重く受け止めている」と述べ陳謝した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2020_10_02_06]
運転開始から40年超の美浜原発3号機の再稼働に向けて住民説明会を開催 読売テレビ  2020/10/02 TOP
1日夜、開かれた住民説明会には、福井県美浜町笹田地区の住民ら約20人が参加した。関西電力は運転開始から40年を超えた美浜原発3号機の再稼働を目指しているが地元の同意が不可欠。(後略)

 
[2020_09_26_05]
原発再稼働に影 信頼回復遠く、改革道半ば 金品受領発覚1年・関西電力 時事通信  2020/09/26 TOP
関西電力の金品受領問題が発覚して1年。関電は不正を生んだ企業風土を根底から変えるべく、ガバナンス(企業統治)改革に力を入れている。しかし、子会社で金品受領が新たに発覚するなど信頼回復へ道半ばだ。(後略)

 
[2020_09_20_02]
関西電力に福井県「再稼働の議論を始められる状況にない」 福井新聞オンライン  2020/09/20 TOP
関西電力は9月18日、原則40年の運転期間を超えた美浜原発3号機(福井県美浜町)と高浜1号機(同県高浜町)について、運転延長に必要な安全対策工事を完了したと福井県、美浜、高浜両町に報告した。(後略)

 
[2020_09_19_05]
関電2原発の安全工事完了…来年にも40年超の原発運転か 美浜3号機と高浜1号機 MBSニュース  2020/09/19 TOP
9月18日、関西電力は、原則40年の運転期限を超えた美浜原発3号機と高浜原発1号機について、運転期間延長のために必要な安全工事が完了したと発表しました。(後略)

 
[2020_09_17_01]
関電、28日の取締役会を金品受領の舞台、福井県で開催へ 産経新聞  2020/09/17 TOP
関西電力が28日の取締役会を福井県美浜町の原子力事業本部で開催予定であることが17日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2020_09_04_03]
福井県坂井市で震度5弱 県内で震度5弱程度以上 昭和38年以来 NHK  2020/09/04 TOP
福井県坂井市で震度5弱 県内で震度5弱程度以上 昭和38年以来2020年9月4日 19時11分4日午前9時10分ごろ地震がありました。(後略)

 
[2020_09_01_03]
「感染対策と原発事故避難の両立は困難」要望書、市民団体が滋賀県に提出 京都新聞  2020/09/01 TOP
新型コロナウイルスの感染拡大中に原発事故が発生すれば「3密」を避けて避難するのは困難として、市民団体「避難計画を案ずる関西連絡会」が1日、滋賀県に対し、老朽原発の再稼働に反対を表明するよう求める要望書を提出した。(後略)

 
[2020_08_21_10]
関西電力40年超の原発再稼働時期を見直し(福井県) FBC  2020/08/21 TOP
関西電力は、運転開始から40年を超える美浜3号機と高浜1号機の年内の再稼働を断念し、来年1月以降に順次再稼働を目指すことにした。(後略)

 
[2020_08_21_06]
関電、年明けの2基再稼働目指す 運転40年超の美浜、高浜原発 共同通信  2020/08/21 TOP
関西電力は21日、原則40年の運転期間を超えた美浜原発3号機(福井県美浜町)と高浜原発1号機(同高浜町)について、早ければ来年1月ごろと3月ごろに再稼働させるとの工程を明らかにした。(後略)

 
[2020_08_09_02]
美浜原発3号機事故から16年 安全誓う(福井県) FBC  2020/08/09 TOP
11人が死傷した美浜原発3号機の事故から9日で16年。関西電力の社員らが安全への誓いを新たにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2020_08_01_04]
関電の原発、コロナで工事遅れ懸念 3日に対テロ施設設置期限も 産経新聞  2020/08/01 TOP
関西電力の高浜原発3号機(福井県高浜町)が3日、同社の原発として初めてテロ対策施設の設置期限を迎える。全国では九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に続く3例目。(後略)

 
[2020_07_21_02]
大飯3号、異例の定期検査始まる 原発の安全確保とコロナ予防を両立 福井新聞  2020/07/21 TOP
新型コロナウイルスの影響で5月上旬から延期となっていた関西電力大飯原発3号機(福井県おおい町)の定期検査が7月20日、2カ月半遅れで始まった。(後略)

 
[2020_07_20_02]
運転40年超の福井・高浜と美浜の2原発 金品受領問題、安全性…再稼働の壁高く 毎日新聞  2020/07/20 TOP
運転開始から40年を超える高浜原発1号機(福井県高浜町、運転開始1974年11月)と美浜原発3号機(同県美浜町、同76年12月)の安全対策工事が今年9月に終了する予定だ。(後略)

 
[2020_07_09_03]
テロ対策施設設置 美浜3号機で許可 規制委 東奥日報  2020/07/09 TOP

 
[2020_06_04_05]
テロ対策施設を了承 美浜3号機で規制委 東奥日報  2020/06/04 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2020_05_18_03]
福井の3原発差し止め仮処分申請 住民「コロナで避難不可」 沖縄タイムス  2020/05/18 TOP
新型コロナウイルスの影響で、原発事故が起きると人が密集する避難所への避難ができず生命に深刻な被害を受ける恐れがあるとして、福井など4府県の住民6人が18日、福井県にある関西電力の美浜、高浜、大飯の3原発の運転差し止めを求める仮処分を大阪地裁に申し立てた。(後略)

 
[2020_04_28_01]
福井の各原発「コロナ終息まで安全対策工事中止を」反原発団体、関電に要望 毎日新聞  2020/04/28 TOP
福井県内にある関西電力の美浜、大飯、高浜の各原発で9000人以上の社員や作業員らが集まり安全対策工事などを進めるのは新型コロナウイルス感染拡大の恐れがある(後略)

 
[2020_04_16_01]
福島第一原発事故の反省を踏まえず バックフィットで稼働を止めない規制委 たんぽぽ  2020/04/16 TOP
「その215」(2020年1月15日)に引き続き、毎日新聞の厳しい規制委バックフィット対応批判を紹介し、規制委がバックフィットで実用炉を止めることを避けていることを糾弾する。(後略)

 
[2020_04_01_04]
更田氏、音声記録受け「言い過ぎだった」 否定発言を一部変更 原子力規制委 毎日新聞  2020/04/01 TOP
関西電力に求める火山灰対策を決めた原子力規制委員会による事前会議の音声記録を巡り、更田(ふけた)豊志委員長は1日の定例記者会見で、「表現としては言い過ぎだった」と述べ(後略)

 
[2020_04_01_01]
関電、美浜3号機のテロ対策施設で232億円追加投資 時事通信  2020/04/01 TOP
関西電力は1日、美浜原発3号機(福井県美浜町)のテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の設置に関する原子炉設置変更許可申請の補正書を原子力規制委員会に提出した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2020_03_15_02]
元助役「仕事持ってこい」 復元メールで癒着浮き彫り 関電第三者委報告書 時事通信  2020/03/15 TOP
関西電力の第三者委員会が14日に公表した報告書は、金品の見返りとして露骨に工事受注を求める森山栄治・元高浜町助役と、言われるままに応じる関電側との生々しいやりとりを詳述。(後略)

 
[2020_02_26_02]
女川回答拒否、特重曖昧、老朽延長、バックフィットひとつ、新検査制度事業者任せ 院内ヒアリング集会(1月24日)の回答を振り返る たんぽぽ  2020/02/26 TOP
1月24日(金)午後の院内ヒアリング集会「女川2号炉の再稼働審査などを問う!〜被災原発を動かす必要はない、特重・バックフィット・新検査制度はどうなる?〜」(後略)

 
[2020_02_09_01]
規制委、命令案も密室協議 委員長説明に疑義 関電原発対策 毎日新聞  2020/02/09 TOP
原子力規制委員会が非公開の事前会議で、関西電力に求める火山灰対策の2案を1案に絞り込んだ問題を巡り、この案に基づく関電への命令文の原案も事前会議で配布されていた。(後略)

 
[2020_01_15_01]
火山新知見が出ても関電の高浜・大飯を止めない規制委 たんぽぽ  2020/01/15 TOP
(前略)<規制庁長官が対案指示 関電原発 非公開で「不適合」案排除>(後略)

 
[2019_11_29_03]
稲田朋美、世耕元経産相もカネを…まだ「関電疑惑」は終わっていない 現代ビジネス 2019/11/29 TOP
責任追及を免れた稲田氏《浜岡原子力発電所(中部電力)については、他の原子力発電所と扱いを異にし、全面停止を求め、再稼働要請も対象外としているが(中略)、他の原子力発電所と同じ安全基準が満たされているにもかかわらず、浜岡原子力発電所だけ特別扱いする根拠を明らかにされたい》(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2019_11_18_07]
地震による美浜原発事故を想定 原子力防災訓練 関西テレビ 2019/11/18 TOP
福井県の美浜原子力発電所の30キロ圏内にある滋賀県長浜市では原発事故を想定した原子力防災訓練が行われ、地域の住民らが参加しました。(後略)

 
[2019_10_29_01]
第三者委、原発マネーの解明焦点=後任社長選びも急務−関電金品受領問題から1カ月 時事通信  2019/10/29 TOP
関西電力の幹部らが高浜原発のある福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から多額の金品を受領していた問題が発覚して1カ月がたった。(後略)

 
[2019_10_09_05]
関電 八木会長の辞任決定 社長は第三者委報告後 東京新聞  2019/10/09 TOP
関西電力役員らの金品受領問題で、関電は九日、臨時取締役会を開き、八木誠会長(69)の辞任を決めた。会長職は当面、空席とするとみられる。岩根茂樹社長(66)は残留して事態収拾に当たるが、年内にまとまる予定の第三者委員会の調査結果が出た段階で退く方向で調整している。(後略)

 
[2019_09_28_02]
原発再稼働、中間貯蔵に暗雲=関電幹部の金品受領 時事通信  2019/09/28 TOP
関西電力幹部が福井県高浜町の元助役から3億2000万円分の金品を受領していた問題は、原発と事業者、立地地域をめぐる「原発マネー」の不透明さを改めて浮き彫りにした。(後略)

 
[2019_09_13_02]
『たんぽぽ舎30年−歩みと展望』 反原発の歩み 1988─2019 たんぽぽ  2019/09/13 TOP
1988 広瀬隆『東京に原発を!』本ブーム/ 伊方原発、出力調整実験に市民怒る/ 世界で原発反対運動 1989 福島第二・再循環ポンプ事故/ 米国ショーラム原発が市民の反対により解体決定 1990 湾岸危機/ 福島第二・再循環ポンプ事故、運転差止提訴/(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2019_07_19_01]
2020年4月から原発稼働は電力会社の思いのまま? たんぽぽ  2019/07/19 TOP
「新」新検査制度(健全性評価制度に基づく新検査制度)とはどんなものか(概要) 新検査制度の施行に至る経緯 東電等の事故隠しが新検査制度導入の発端 新検査制度の見本は米国にあります(後略)

 
[2019_06_26_05]
熊本地震も的中! 30年以内に大地震「危ない活断層トップ30」 アエラ  2019/06/26 TOP
山形、新潟を襲った最大震度6強の地震で改めて地震への備えが叫ばれる。注目したいのが全国の活断層の危険度ランキング。(後略)

 
[2019_06_19_21]
関電3原発に設計変更命令=大山噴火想定引き上げで−原子力規制委 時事通信  2019/06/19 TOP
鳥取県の大山が噴火した場合の、関西電力高浜、大飯、美浜の3原発(いずれも福井県)への影響について、原子力規制委員会は19日、新たな科学的知見に基づき、より大規模な噴火を想定した設計に変更するよう命じた。(後略)

 
[2019_06_19_19]
関西電力に降灰再審査命令 福井の3原発で原子力規制委 京都新聞  2019/06/19 TOP
国内で火山の大規模噴火が起きた場合に福井県の美浜、大飯、高浜の3原発に降ると想定される火山灰の厚さを巡り、原子力規制委員会は19日、再稼働の審査を一部やり直すため関西電力に必要な申請をするよう命令した。(後略)

 
[2019_06_19_14]
[2019/6/19 02:18]東京電力柏崎刈羽原発など原発は新潟地震の影響なし 日刊スポーツ  2019/06/19 TOP
原子力規制庁は18日、震源地を山形県沖とする新潟県で最大震度6強を観測した地震により、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)など全国各地の原発に影響はなかったと発表した。規制庁などによると、最大震度6強を観測した新潟県の柏崎刈羽原発、最大震度4を観測した宮城県の東北電力女川原発で地震による影響はなかった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2019_06_13_04]
現在運転中の原発はテロ対策も「免震重要棟」もできていない たんぽぽ  2019/06/13 TOP
1.来年3月に川内原発が運転停止へ今年4月19日の朝日新聞に「対テロ施設、建設間に合わない原発9基が停止の可能性」という以下の記事が出ていました。(後略)

 
[2019_06_11_03]
設計変更の弁明せず=関西電力3原発 時事通信  2019/06/11 TOP
関西電力は11日、原子力規制委員会が高浜、大飯、美浜の3原発(いずれも福井県)に関し、大規模噴火を想定した設計に変更するよう命令する方針を決定したことに対し、弁明しない回答書を出したと発表した。(後略)

 
[2019_05_29_04]
規制委、関電に3原発再審査命令 火山灰の想定引き上げで 共同通信  2019/05/29 TOP
原子力規制委員会は29日の定例会合で、関西電力に対し、福井県の美浜、大飯、高浜3原発の再稼働審査の一部やり直しに必要な申請をするよう命令を出す方針を決めた。(後略)

 
[2019_05_29_01]
大山噴火で関電に設計変更命令へ 規制委、3原発に想定超す降灰恐れ 福井新聞  2019/05/29 TOP
原子力規制委員会は5月29日の定例会合で、鳥取県の大山火山が噴火した場合の火山灰がこれまでの想定よりも量が多く厚く降る恐れがあるため、福井県内の関西電力の美浜、大飯、高浜3原発について、基本設計または設計方針を変更するよう命令することを決めた。(後略)

 
[2019_04_27_03]
重大事故対処等施設が完成しない 福島第一原発事故の教訓はどこにいったのか! たんぽぽ 2019/04/27 TOP
1.川内原発などの現状最初に規制委が、川内原発1号機について特定重大事故対処等施設(特重施設)の許可を出したのは2018年5月7日の審査会合だ。2013年7月に施行された新規制基準で新たに設置が要求された。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2019_04_26_01]
地に落ちた原子力規制委の信頼回復目的の猿芝居 『特重』遅延→運転停止」に騙されるな!木村雅英 たんぽぽ 2019/04/26 TOP
4月24日(水)の原子力規制委の定例会議が行われている途中に、NHKはウェブに次を掲載し、他メディアも大きく報道した。「原発 テロ対処施設遅延なら運転停止へ 川内は停止の可能性」(後略)

 
[2019_04_23_04]
東電福島第一原発事故教訓を無視して何が起こっても一旦稼働した原発を止めない規制委 木村雅英 たんぽぽ 2019/04/23 TOP
原子力規制委員会は、2018年12月12日の定例会議で「大山火山の大山生竹テフラの噴出規模見直しに伴う報告徴収命令」を発出した。(後略)

 
[2019_04_17_01]
規制委、関電3原発の降灰想定引き上げ 対策の審査一部やり直し 毎日新聞 2019/04/17 TOP
関西電力の美浜、大飯、高浜3原発(いずれも福井県)について、原子力規制委員会は17日、火山の噴火によって敷地内に降る火山灰の想定を、従来の「厚さ10センチ」から引き上げることを決めた。(後略)

 
[2019_03_30_03]
日本は地震対策を過信していた? 被害広げた「2大神話」の存在 アエラ  2019/03/30 TOP
25万棟の家屋をなぎ倒し、6434人が亡くなった阪神・淡路大震災。M9.0を記録し、1万8千人以上の命を奪った東日本大震災。超弩級の災害は日本の社会をどう変えたのか。(後略)

 
[2018_12_12_01]
関電3原発に降灰量の再評価指示 規制委 毎日新聞  2018/12/12 TOP
関西電力の美浜、大飯、高浜の3原発(いずれも福井県)について、原子力規制委員会は12日、約200キロ離れた大山(だいせん)(鳥取県)が噴火した際の原発敷地内への降灰量を再評価するよう関電に指示した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2018_11_28_03]
やっぱりポジションの違い露骨 東海第2「運転延長」を新聞はどう伝えたか J-CAST  2018/11/28 TOP
東海第2原発は2018年11月27日、運転開始から40年の節目を迎えた――。日本原子力発電(原電)東海第2原発(茨城県東海村)は、首都圏にある唯一の商業原子炉だ。(後略)

 
[2018_11_26_02]
<志賀原発>事故訓練評価で最低 情報公開改善を 毎日新聞  2018/11/26 TOP
原発の昨年度の事故対応訓練について原子力規制委員会が今年7月に公表した評価結果で、北陸電力志賀原発(石川県志賀町)は全国18の原発中、「情報共有」の項目で東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)と並んで最低評価の「C」だった。(後略)

 
[2018_11_21_04]
福井3原発、噴火の影響見直しへ 鳥取・大山の降灰、想定超か 東京新聞  2018/11/21 TOP
原子力規制委員会は21日、福井県の関西電力美浜、大飯、高浜の3原発について、約200キロ離れた鳥取県の大山が噴火した場合、想定を超える火山灰が降り積もる可能性があるとして、影響評価を見直す方針を決めた。(後略)

 
[2018_11_07_03]
東海第二の延長認める 最長20年、規制委手続き終了 東京新聞  2018/11/07 TOP
原子力規制委員会は七日の定例会合で、今月二十七日で運転期限四十年を迎える日本原子力発電(原電)の東海第二原発(茨城県東海村)について、最長二十年の運転延長を認めた。(後略)

 
[2018_09_15_01]
東海第二原発再稼働は日本原電存続のための時間稼ぎ たんぽぽ  2018/09/15 TOP
9月7日「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」の主催で東海第二原発再稼働問題を訴えるための記者会見が衆院第二議員会館でありました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2018_09_10_01]
北海道胆振東部地震「泊原発が動いていれば停電はなかった」論はなぜ「完全に間違い」なのか ハーバービジネスオンライン  2018/09/10 TOP
去る9月6日3時8分、北海道胆振(いぶり)地方の深さ37kmを震源とするM6.7の地震が発生しました。最大震度は震度7(激震)で、これは北海道では記録上最大の揺れとなりました。(後略)

 
[2018_09_06_06]
泊原発、外部電源6回線喪失、非常用DG6台起動中。 おしどりポータルサイト  2018/09/06 TOP
泊発電所、6時半状況。(10時時点続報無し)・外部電源6回線喪失(275kV泊幹線、275kV後志幹線、66kV泊幹線の6回線)(後略)

 
[2018_08_20_02]
<高浜原発4号機>微量の放射性物質を含む蒸気漏れ 検査中 毎日新聞  2018/08/20 TOP
関西電力は20日、定期検査中の高浜原発4号機(福井県高浜町)の原子炉容器の上蓋(うわぶた)に設置された温度計の接続部分から放射性物質を含む微量の蒸気が漏れたと発表した。(後略)

 
[2018_07_12_01]
住民側が活断層の危険性主張 大津地裁原発差し止め訴訟 京都新聞  2018/07/12 TOP
滋賀県の住民らが福井県の若狭湾周辺にある大飯、高浜、美浜の関西電力3原発9基の運転差し止めを求めた訴訟の第19回口頭弁論が12日、大津地裁(西岡繁靖裁判長)であった。住民側は、2016年の熊本地震で新たに分かった活断層周辺の危険性などを主張した。(後略)

 
[2018_05_14_02]
社説:原発4基再稼働 多重事故への備えない 京都新聞  2018/05/14 TOP
安全性や避難体制が確立されないまま、原発の再稼働を続けていいのだろうか。関西電力大飯原発4号機が再稼働した。福井県内では昨年、関電高浜3、4号機、今年3月には大飯3号機がそれぞれ再稼働した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2018_04_24_04]
噴火影響「高浜原発の想定は過小」 滋賀・原発差し止め訴訟 京都新聞  2018/04/24 TOP
滋賀県の住民らが福井県の若狭湾周辺にある大飯、高浜、美浜の関西電力3原発の運転差し止めを求めた訴訟の第18回口頭弁論が24日、大津地裁(西岡繁靖裁判長)であった。(後略)

 
[2018_01_07_04]
使用済み核燃料 関電、むつ搬入検討 中間貯蔵施設で保管 近く県などに要請 東奥日報 2018/01/07 TOP

 
[2018_01_07_02]
関電、青森へ使用済み核燃料集約 むつ中間貯蔵施設に 東京新聞  2018/01/07 TOP
関西電力が福井県にある同社の3原発から出た使用済み核燃料を、青森県むつ市の中間貯蔵施設に搬入し一時保管する方針を固めたことが6日、関係者への取材で分かった。近く青森県など地元に要請する見通し。(後略)

 
[2017_12_26_02]
落日の原発 ポンコツ東海第二原発の再稼働を止めたい 鎌田慧 東京新聞  2017/12/26 TOP
安倍政権は認めたがらないが、今年は原発行政終わりの始まりの年だった。夢の、とうたわれた「高速増殖炉もんじゅ」がなんの成果も上げないまま、あえない最後となって1年。今度は福井県の大飯原発1,2号機が廃炉、いよいよ日本も廃炉時代を迎える。(後略)

 
[2017_11_28_08]
中間貯蔵「不退転の決意」、関電社長 18年中に候補地 日経新聞  2017/11/28 TOP
関西電力は27日、大飯原子力発電所3、4号機(福井県)の再稼働に向けて福井県の西川一誠知事の同意を取り付けた。判断の決め手として西川知事が挙げたのが、使用済み核燃料の中間貯蔵施設について「2018年中に具体的な計画を示す」と説明した関電と国の姿勢だ。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2017_11_21_03]
<原電>東海第2原発、20年延長へ 社長が申請方針表明 毎日新聞  2017/11/21 TOP
日本原子力発電(原電)は21日、運転開始から来年で40年を迎える東海第2原発(茨城県東海村)の運転期間の20年延長を原子力規制委員会に申請する方針を表明した。(後略)

 
[2017_11_01_01]
低レベル廃棄物受け入れを延期 原燃、クレーン不具合 東奥日報  2017/11/01 TOP

 
[2017_10_18_03]
大飯1・2号機廃炉へ 関電、大型原発で全国初 東奥日報  2017/10/18 TOP

 
[2017_09_19_01]
審査合格5原発 周辺火山大噴火時 原子炉 冷却不能も 東奥日報  2017/09/19 TOP

 
[2017_07_24_01]
40年超原発、計27億円加算=老朽8基の5市町に―交付金、原則に「逆行」 時事通信  2017/07/24 TOP
運転開始から40年超の老朽原発を抱える福井県美浜町など5市町に、電源立地地域対策交付金の加算分として2016年度までに計27億円が交付されたことが23日、立地自治体などへの取材で分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2017_03_07_02]
美浜原発3号機蒸気発生器に耐震評価不正の疑い たんぽぽ  2017/03/07 TOP
「その125」で高浜原発の蒸気発生器伝熱管の損傷について紹介した。同じ関西電力の美浜原発3号機の耐震評価に不正があることを滝谷紘一さんが書いているので紹介する。(後略)

 
[2016_11_17_02]
美浜3号、機器保全に厳しい目線 2004年に11人死傷の事故 福井新聞  2016/11/17 TOP
原子力規制委員会が40年超運転を認めた関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)は、2004年に配管の破断で作業員11人が死傷する事故が起き、関電の安全に対する考え方を抜本的に変える契機になったプラントだ。それだけに、ささいなミスや見落としがないか、専門家からも厳しい目線が注がれる。(後略)

 
[2016_11_16_03]
美浜3号 運転延長認可 規制委、老朽原発で2例目 東奥日報  2016/11/16 TOP

 
[2016_11_16_01]
「40年ルール」また例外 美浜原発3号機の延長認可 東京新聞  2016/11/16 TOP
◆規制委老朽原発3基目 原子力規制委員会は十六日、今月末で運転開始から四十年となる関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)の運転延長を認めた。老朽原発の運転延長は関電高浜1、2号機(同県高浜町)に続いて三基目で、四十年で廃炉にする原則にまた一つ例外が加わった。(後略)

 
[2016_10_08_16]
美浜町議会一般質問・河本猛 「連続地震と原発事故、その対応や対策について」 (4/4) 河本猛  2016/10/08 TOP
次に、免震重要棟についてお聞きします。 福島第一原発事故では、現場にいた所員や関連会社の作業員たちの指令室として機能した免震重要棟が、過酷な現場作業を支える大きな役割を果たしました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2016_10_06_02]
美浜3号機「合格」 規制委新基準 老朽原発2例目 東奥日報  2016/10/06 TOP

 
[2016_10_05_02]
美浜3号老朽新基準規制に合格 40年超え 福井新聞  2016/10/05 TOP
原子力規制委員会は5日、定例会合を開き、運転開始から40年を迎える福井県美浜町の関西電力美浜原発3号機が地震、津波対策など新規制基準を満たしているとする「審査書」について議論、40分間の論議で合格証となる審査書を正式決定した。(後略)

 
[2016_08_04_02]
老朽の美浜3号 「審査間に合う」 規制委員長が方針 東奥日報  2016/08/04 TOP

 
[2016_08_03_03]
美浜3号機「合格」へ 老朽原発2例目 運転延長 流れ本格化 東奥日報  2016/08/03 TOP

 
[2016_07_31_01]
熊本地震が示す入倉・三宅式の過小評価 武村式で再評価を 美浜の会  2016/07/31 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[110] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2016_07_27_05]
原発の地震動見直しと美浜3号審査中止を求める緊急要請・院内集会 いちろう 2016/07/27 TOP
前略,田中一郎です。昨日(7/26)、参議院議員会館において、「原子力規制を監視する市民の会」さんや「美浜の会」さん他(後略)

 
[2016_07_26_06]
美浜3号機の審査 合格は来月3日以降 東奥日報  2016/07/26 TOP

 
[2015_11_27_01]
老朽原発3基目 美浜3号 20年延長申請 関電「再稼働に経済性」 東奥日報  2015/11/27 TOP

 
[2015_03_18_01]
原発3基 廃炉決定 40年超え 関電・美浜、原電・敦賀 茨城新聞  2015/03/18 TOP

 
[2014_01_16_02]
美浜原発の断層 追加調査指示へ 関電に規制委 東奥日報  2014/01/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 23 >  記事番号[111]〜[115] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2013_04_27_01]
「40年超」に質問集中 美浜町会特別委 規制庁が説明 福井新聞  2013/04/27 TOP

 
[2012_09_12_02]
県内で破砕帯再調査 「敦賀は副断層か」焦点 福井新聞  2012/09/12 TOP

 
[2012_07_25_01]
脱原発に転じた東海村の真意 村上村長に聞く 編集委員 滝順一 日経新聞  2012/07/25 TOP
茨城県東海村は日本国内で最初に「原子の火」がともった発祥の地だ。昨年の東日本大震災では日本原子力発電の東海第2原子力発電所が津波に襲われたが、大事故には至らなかった。(後略)

 
[2012_07_04_01]
美浜、高浜原発、もんじゅ 破砕帯の調査必要 大飯は「情報収集を」 福井新聞  2012/07/04 TOP

 
[2012_02_21_01]
細野氏40年超原発「再稼働ない」敦賀・美浜2基困難に 東奥日報  2012/02/21 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 24 >  記事番号[116]〜[120] / 記事総数[125]  5進む▼ 

[2012_01_24_01]
核心評論 原発の新たな安全規制 「40年で廃炉」明確に 東奥日報  2012/01/24 TOP

 
[2009_02_26_01]
福井の5原発 「活断層の評価が甘い」 保安院の見直し指示 中日新聞  2009/02/26 TOP

 
[2008_04_01_04]
活断層、原発は安全か 大幅に「追認」 耐震性再評価 朝日新聞  2008/04/01 TOP

 
[2008_01_16_01]
口本原燃:美浜原発の低レベル放射性廃棄物の放射線測定データに誤りと発表。 「六ヶ所村の記録」  2008/01/16 TOP
_

 
[2004_08_09_01]
関西電力美浜原発配管破断死傷事故:青森県と東通村は情報収集に追われる。 「六ヶ所村の記録」  2004/08/09 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 25 >  記事番号[121]〜[125] / 記事総数[125]

[1998_01_21_01]
「普通の地震」で壊れた新幹線 リスクに甘い日本社会 原発直撃もタブー視 毎日新聞 1998/01/21 TOP

 
[1995_12_01_02]
大地震起きたら 大丈夫か原発 500人が参加、福井でシンポ 小島圭二氏 渡部丹氏 小木曽美和子氏 荻野晃也氏 滝本純生氏 朝日新聞  1995/12/01 TOP

 
[1995_03_15_01]
阪神大震災級で原発51基中 48基が耐震設計超す揺れ 原電推定 毎日新聞  1995/03/15 TOP

 
[1995_02_24_01]
「原発銀座」に大震災の余波 統一地方選 福井県 推進派が一転、慎重論 朝日新聞  1995/02/24 TOP

 
[1995_02_02_02]
論壇 中山鉄則 地震による原子力災害に備えよ 朝日新聞  1995/02/02 TOP
記事終了