戻る 2020年8月13日〜8月29日の更新部分【日付昇順】(85件) 戻る


 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_13_01]
核のごみ最終処分場町長が事前調査に応募検討…北海道寿都町 最大20億円交付金 町民意見交換会へ 北海道ニュース  2020/08/13 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物の「最終処分場」の選定に向けた国の事前調査に、北海道後志地方の寿都町が応募を検討している事がわかりました。(後略)

 
[2020_08_13_02]
核のごみ最終処分場 寿都町が調査応募検討 町長「財政見据えた」 道新  2020/08/13 TOP
【寿都】国が進める原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定の第1段階となる文献調査に、後志管内寿都町が応募を検討していることが12日、分かった。(後略)

 
[2020_08_13_03]
福島・伊達市住民被ばく論文の撤回 同意のないデータ使用、被ばく線量過小評価のミスも 47NEWS  2020/08/13 TOP
東京電力福島第1原発事故後、福島県伊達市の住民の被ばく線量を分析し、英専門誌に掲載された論文が7月、撤回された。(後略)

 
[2020_08_13_04]
イノシシ4頭が原発構内に出没 伊方 反原発団体メンバーが目撃 愛媛新聞  2020/08/13 TOP
四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)構内にイノシシ4頭が出没していたことが12日、分かった。(後略)

 
[2020_08_13_05]
柏崎刈羽原発の冷却ポンプ一時停止 使用済み核燃料プール用 影響なし 毎日新聞  2020/08/13 TOP
13日午後3時ごろ、関東圏で電気系統にトラブルが発生し、その影響で、運転停止中の東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)1〜3号機と6号機の計4基の使用済み核燃料プールの冷却ポンプが停止した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_13_06]
六ヶ所再処理工場 審査やり直し要請 廃棄物阻止実行委 東奥日報 2020/08/13 TOP

 
[2020_08_14_01]
千島海溝の大地震「切迫」 島村英紀  2020/08/14 TOP
この4月に発表されたのが千島海溝の巨大地震だが、その後、忘れ去られている。首都圏などで地震が続いたり、新型コロナウィルスのためだ。(後略)

 
[2020_08_14_02]
核ごみ最終処分場、半数が否定的 都道府県アンケート、前向きなし 共同通信  2020/08/14 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の受け入れに関し、23道府県が拒否か否定的な考えであることが14日、共同通信の都道府県アンケートで分かった。(後略)

 
[2020_08_14_03]
処分地選定は難航必至 地元合意形成の壁厚く 核のごみ 時事通信  2020/08/14 TOP
使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地について、北海道寿都町が選定調査への応募を検討していることが13日、判明した。(後略)

 
[2020_08_14_04]
寿都町「核のごみ」文献調査応募検討 「悪影響あるのでは」 町内外に驚きと波紋 毎日新聞  2020/08/14 TOP
原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定の文献調査に、北海道寿都町が応募を検討していることが表面化した13日、町内外に驚きと波紋が広がった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_14_05]
“核のごみ"めぐる町の動きに「NO」の声〜北海道 HBC  2020/08/14 TOP
いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、後志の寿都町が事前調査への応募を検討していることが13日明らかになりましたが、さっそく周辺からは反対の声があがっています。(後略)

 
[2020_08_15_01]
核ごみ処分場調査に漁業者反対 地元組合長会が寿都町に抗議文 共同通信  2020/08/15 TOP
(前略)同町がある後志地方や隣接する石狩地方の9漁協でつくる「小樽地区漁業協同組合長会」(浜野勝男会長)が寿都町の片岡春雄町長へ抗議する文書を全会一致で採択した(後略)

 
[2020_08_15_02]
共同通信アンケート 高レベル最終処分場受け入れ 本県など23道府県 否定的 法成立20年、選定進まず 東奥日報 2020/08/15 TOP

 
[2020_08_15_03]
中間貯蔵キャスク 異常時の保管追記 RFS、一部補正 東奥日報 2020/08/15 TOP

 
[2020_08_17_01]
女川原発2号機の再稼働の前提「地元同意」について 村井知事「県議会で… TBC東北放送  2020/08/17 TOP
東北電力女川原発2号機の再稼働の前提となる「地元同意」について、村井知事は、9月23日に開会する宮城県議会9月定例会で県議会の意向を探る考えを示しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_17_02]
役員への報酬補填は「法令違反の可能性」 関西電力 ABCニュース  2020/08/17 TOP
関西電力は減額した役員報酬の一部を、秘密裏に補填していた問題で、一部の役員は法令違反に当たる可能性があるとの調査結果を発表しました。(後略)

 
[2020_08_17_03]
日立、英原発新設計画の再開探る 英政府と協議か、昨年凍結を発表 共同通信  2020/08/17 TOP
【ロンドン共同】英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版は16日、日立製作所が昨年1月に凍結を発表した英国での原発新設計画の再開を模索していると伝えた。(後略)

 
[2020_08_18_01]
道知事、核ごみ調査9月判断に反対 寿都町に延期要請へ 道新  2020/08/18 TOP
(前略)文献調査への応募を検討している後志管内寿都町が9月中に是非を判断するとした想定スケジュールについて、鈴木直道知事が反対する方針(後略)

 
[2020_08_18_02]
寿都町の「核のごみ」調査“9月判断"に鈴木直道知事「待った」 国にも苦言「ほほを札束でたたくやり方」 HTBニュース  2020/08/18 TOP
(前略)鈴木直道北海道知事が待ったをかけました。鈴木知事「将来10万年に渡って影響を受けるかもしれない問題に対して、私は1カ月で判断するのは拙速ではないかと思う」(後略)

 
[2020_08_18_03]
9年ぶりに使用済み核燃料を別号機に輸送 柏崎刈羽原発 UX新潟テレビ21  2020/08/18 TOP
東京電力は18日、柏崎刈羽原発6号機に保管されている使用済み核燃料を3号機に移す、号機間輸送をしたと発表しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_18_04]
女川原発2号機「住民説明会」 再稼働“反対"自治体…「説明不十分」〈宮城〉 仙台放送  2020/08/18 TOP
(前略)18日の説明会には再稼働に反対姿勢を貫く自治体のトップも姿を見せ、「説明は不十分」と訴えました。8月から始まった住民説明会。18日、東松島市では全7回のうち6回目となる説明会が開かれました。(後略)

 
[2020_08_18_05]
核ごみ調査、寿都町に申し入れへ 北海道隣接3町村「慎重判断を」 東京新聞  2020/08/18 TOP
(前略)隣接する黒松内町、蘭越町、島牧村の3首長が慎重な判断を求めて、寿都町に近く申し入れをする方針を固めたことが18日、町関係者への取材で分かった。(後略)

 
[2020_08_18_06]
日本原電・敦賀原発2号機の断層偽装 ボーリングデータの削除書き換え80箇所 山崎久隆 たんぽぽ  2020/08/18 TOP
何故このような会社(日本原電)に東海第二原発を再稼働させる許可を出したのか。規制委の姿勢には本当に怒りが湧く。(後略)

 
[2020_08_18_07]
東北電が環境債 100億円、再エネに 来月発行 東奥日報 2020/08/18 TOP

 
[2020_08_19_01]
女川原発2号機 宮城・女川町議会 再稼働を容認 TBC東北放送  2020/08/19 TOP
宮城県の女川原発2号機の再稼働を巡り、女川町議会は、19日に再稼働に反対する請願を不採択とし、賛成する陳情を採択しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_19_02]
道知事「寿都町は拙速」 核ごみ調査、国の手法も批判 「頬、札束でたたく」 道新  2020/08/19 TOP
鈴木直道知事は(中略)後志管内寿都町が文献調査の応募を9月中に判断するとしたことについて、「1カ月程度で判断するのは拙速だ」と強くけん制した。(後略)

 
[2020_08_19_03]
女川再稼働 東松島で県住民説明会 避難計画に疑問相次ぐ 河北新報  2020/08/19 TOP
東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働を巡り、宮城県は18日、地元住民らを対象にした第6回説明会を東松島市コミュニティセンターで開いた。(後略)

 
[2020_08_19_04]
女川原発再稼働で市民団体 仙台市長に反対の要望 KHB東日本放送  2020/08/19 TOP
女川町議会の特別委員会が19日、女川原発2号機再稼働に賛成する意見を採択したことを受け、仙台市の市民団体は郡市長に再稼働反対を求める要望書を提出しました。(後略)

 
[2020_08_20_01]
女川再稼働、町議会「同意」 リスクと恩恵のはざまで揺れる港町 河北新報  2020/08/20 TOP
宮城県女川町議会の原発対策特別委員会が19日、東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働を事実上、容認した。(後略)

 
[2020_08_20_02]
柏崎原発の保安規定変更案を提示 東電、社長の法的責任を明記 共同通信  2020/08/20 TOP
東京電力は20日、柏崎刈羽原発(新潟県)での事故対応に関する社長の法的責任を明記した保安規定変更案を原子力規制委員会の審査会合に提示した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_20_03]
“核のごみ"最終処分場 寿都町が第2段階の概要調査にも意欲 北海道 HBC  2020/08/20 TOP
“核のごみ"の最終処分場の選定をめぐり、「事前調査」への応募を検討している後志の寿都町は、第2段階の「概要調査」まで行いたい考えを明らかにしました。(後略)

 
[2020_08_20_04]
知事「寿都町は慎重に」、一転「拙速だ」 核ごみ調査 道の要請拒否され、対決姿勢鮮明に 道新  2020/08/20 TOP
鈴木直道知事が、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査への応募を検討する後志管内寿都町に厳しい姿勢を強めている。(後略)

 
[2020_08_20_05]
伊勢 芦浜原発、反対運動を映像化 来月19日に全国発上映 三重 伊勢新聞  2020/08/20 TOP
(前略)「原発おことわり三重の会」は9月19日、中部電力が熊野灘沿岸を候補地に計画した「芦浜原発」を巡る運動を題材にしたドキュメンタリー映画「原発夫婦」を三重県伊勢市岩渕一丁目の市観光文化会館で全国初上映する。(後略)

 
[2020_08_20_06]
寿都の核ごみ調査応募 隣接3町村「判断延期を」 漁協なども反対声明 北海道 毎日新聞  2020/08/20 TOP
(前略)隣接する3町村の首長は18日の非公開協議で「9月中の判断を延期し、慎重に議論する」ことなどを盛り込んだ3項目の要望を今月中にも行うことで一致した。(後略)

 
[2020_08_20_07]
六ケ所再処理工場 審査に合格したけれど… 日本は既にプルトニウムを大量保有、これ以上必要? 47NEWS  2020/08/20 TOP
(前略)原子力規制委員会の新規制基準に基づく審査に合格した。操業に向けた大きなハードルを越えたが、安全対策工事の審査は今後も続き、本格稼働の時期はまだ見通せない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_21_01]
ブームの火星探査 島村英紀  2020/08/21 TOP
このところ火星探査がブームだ。地球と火星が2年に1度、距離が近くなるタイミングを狙って、この7月には、新入りの中国やUAE(アラブ首長国連合)も火星探査機を打ち上げた。(後略)

 
[2020_08_21_02]
再処理工場の完成1年延期 NHK  2020/08/21 TOP
六ヶ所村にある原発から出る使用済み核燃料の再処理工場について、事業者の日本原燃は完成時期を1年延期し、再来年度上期とすることを決めました。(後略)

 
[2020_08_21_03]
“核のごみ"最終処分場に周辺漁協が抗議 北海道 テレ朝  2020/08/21 TOP
原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」の最終処分場を選ぶ調査に応募を検討している北海道寿都町に周辺の漁業協同組合が抗議文を提出しました。(後略)

 
[2020_08_21_04]
知事、核ごみ拒否方針 道新  2020/08/21 TOP
概要調査に不同意へ鈴木直道知事は20日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の候補地を選定する国の調査が道内で進んだ場合、調査継続に反対する意向を固めた。(後略)

 
[2020_08_21_05]
道知事、核ごみ「概要調査反対」 寿都町の応募巡り 共同通信  2020/08/21 TOP
(前略)道の鈴木直道知事は21日、記者会見で「寿都町が応募し、(選定手続きの第2段階の)概要調査に移行する場合は反対の意見を述べる」と表明した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_21_06]
関電、年明けの2基再稼働目指す 運転40年超の美浜、高浜原発 共同通信  2020/08/21 TOP
関西電力は21日、原則40年の運転期間を超えた美浜原発3号機(福井県美浜町)と高浜原発1号機(同高浜町)について、早ければ来年1月ごろと3月ごろに再稼働させるとの工程を明らかにした。(後略)

 
[2020_08_21_07]
核燃料再処理工場、完成1年延期 日本原燃、22年上半期へ 共同通信  2020/08/21 TOP
日本原燃(青森県六ケ所村)は21日、取締役会を開き、同村に建設中の使用済み核燃料再処理工場の完成目標を2021年度上半期から22年度上半期へ1年延期すると決めた。(後略)

 
[2020_08_21_08]
日本原燃、再処理工場の完成時期を1年先送り…延期は25回目 読売新聞  2020/08/21 TOP
日本原燃は21日、使用済み核燃料再処理工場(青森県六ヶ所村)の完成時期を、2022年度上期に1年延期すると発表した。(後略)

 
[2020_08_21_09]
女川原発に関する住民説明会の参加者…757人 宮城県民の0.03%に留まる 仙台放送  2020/08/21 TOP
宮城県は8月19日に終了した「女川原発に関する住民説明会」の参加者が、全体で757人だったと明らかにしました。(後略)

 
[2020_08_21_10]
関西電力40年超の原発再稼働時期を見直し(福井県) FBC  2020/08/21 TOP
関西電力は、運転開始から40年を超える美浜3号機と高浜1号機の年内の再稼働を断念し、来年1月以降に順次再稼働を目指すことにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_23_01]
残した私物ようやく手に 当時の児童ら原発事故後初めて教室へ 福島・双葉 河北新報  2020/08/23 TOP
東京電力福島第1原発事故の影響で住民避難が続く福島県双葉町の幼稚園と小中学校3校で22日、避難した当時の児童生徒らが教室に残した私物を運び出した。(後略)

 
[2020_08_23_02]
「過疎をとるか核をとるか」人口2900人、北海道寿都町の苦悩 週刊ポスト  2020/08/23 TOP
北海道の日本海側、渡島半島の付け根にある人口2900人の小さな町が「核のゴミ」問題で大揺れだ。(後略)

 
[2020_08_23_03]
「7千円のヒラメ放り投げた」 相馬市の本格操業を阻むコロナ禍とトリチウム処理水の海洋放出問題 アエラ  2020/08/23 TOP
震災から9年余りが経ち、福島県相馬市では今年2月にすべての魚の出荷制限が解除された。だが、トリチウム処理水の海洋放出問題やコロナ禍での魚価下落が、本格操業への道を阻む。(後略)

 
[2020_08_23_04]
「核のごみ」最終処分地を拒否 青森の有志が県民の会結成 河北新報  2020/08/23 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を巡り、使用済み核燃料再処理工場が立地する青森県を最終処分地にさせないよう、県内有志は22日、「条例制定を求める県民の会」を結成した。(後略)

 
[2020_08_24_01]
“核のごみ"事前調査検討…周辺3町村“再考"するよう直談判 北海道寿都町 HBC  2020/08/24 TOP
いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、事前調査への応募を検討している後志の寿都町。周辺の3つの自治体のトップが応募を考え直すよう、寿都町長に直談判しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_24_02]
「核のゴミ」最終処分場の選定調査に応募の寿都町に対し周辺3町村「再考を求める!」 HTB北海道テレビ  2020/08/24 TOP
原子力発電所から出る「核のごみ」の最終処分場を選ぶ調査に応募を検討している後志の寿都町に対し、隣接する3つの町と村のトップが24日、「再考するよう」求めました。(後略)

 
[2020_08_24_03]
女川原発再稼働「容認できず」 市民団体が仙台市に要望 仙台放送  2020/08/24 TOP
東北電力の女川原発2号機の再稼働をめぐり、市民団体は仙台市長に対し、再稼働に賛成する状況にはないことを知事に伝えるよう要望しました。(後略)

 
[2020_08_24_04]
Jヴィレッジの指定廃、公表せず2年保管 東電「管理に支障」 河北新報  2020/08/24 TOP
東京電力福島第1原発事故の対応拠点となったサッカー施設Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で2年間にわたり、放射性物質を含む指定廃棄物の保管が伏せられたまま施設利用されていた。(後略)

 
[2020_08_24_05]
コメの抽出検査開始 全量検査は避難地域のみ 福島県 時事通信  2020/08/24 TOP
福島県は24日、県産米の放射性物質の検査について、地域ごとに検体を採取して安全性を確認する「抽出検査」を始めた。東京電力福島第1原発事故後に県内全域を対象に実施してきた全量全袋検査は、避難指示が出された田村市や広野町など12市町村に縮小する。(後略)

 
[2020_08_24_06]
原発事故時の避難先 ガイドマップで周知 日立市、全世帯に配布 東京新聞  2020/08/24 TOP
東海村の日本原子力発電東海第二原発から三十キロ圏に入る日立市は、原発事故時の避難先や避難経路を周知するためのガイドマップ八万四千部を作製し、市内の全世帯に配布した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_24_07]
核のごみ処分 根本から見直すべきだ 東京新聞  2020/08/24 TOP
高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定に手を挙げそうな北海道寿都町。町内に不安が広がり、道や隣接自治体との亀裂も深まっている。巨額の交付金で誘致を促す手法。このままでいいのだろうか。(後略)

 
[2020_08_25_01]
寿都「核ごみ」調査検討の裏側に何が…かつて国に物申した橋本大二郎元知事「核燃料サイクルは破たん」 HTBニュース  2020/08/25 TOP
「核のごみ」の最終処分場の調査に応募を検討している後志の寿都町。町が検討を表明した背景には何があるのか、そしてかつて「核のごみ」をめぐり国側と戦った元知事はこの騒動をどう見ているのか取材しました。(後略)

 
[2020_08_25_02]
核ごみ調査への応募、賛否小差か 北海道寿都町議、判断難しく 共同通信  2020/08/25 TOP
(前略)北海道寿都町が文献調査への応募を検討していることを巡り、全町議9人のうち7人が25日までに取材に応じ、3人が反対を明らかにした。賛成と検討中も各2人で賛否は小差。(後略)

 
[2020_08_25_03]
処理水「福島ありき」で決定しないで 福島県町村会復興相に要望 福島民報  2020/08/25 TOP
東京電力福島第一原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水を巡り、県町村会は二十四日、田中和徳復興相に対し「福島ありき」「スケジュールありき」で処分方法を決定しないよう求めた。(後略)

 
[2020_08_25_04]
寿都 核のゴミ波紋 漁連が知事に訴え HTBニュース  2020/08/25 TOP
原発から出る「核のごみ」の最終処分場をめぐって25日動きがありました。後志の寿都町が処分場を選ぶ調査に応募を検討していることについて全道の漁業団体からも「待った」の声です。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_25_05]
MOX工場補正提出 規制委に原燃 東奥日報 2020/08/25 TOP

 
[2020_08_25_06]
核燃サイクル撤退を ピースサイクル 六ヶ所村に要請 東奥日報 2020/08/25 TOP

 
[2020_08_26_01]
小野有五講演会が明らかにする原子力規制委員会の愚かで巧妙な再稼働推進 木村雅英 たんぽぽ  2020/08/26 TOP
8月22日に青森で開催された小野有五先生(北海大学名誉教授)の講演会「高レベル放射性廃棄物地層処分の問題点〜青森県を高レベル放射性廃棄物の最終処分地としてはならない!」(後略)

 
[2020_08_26_02]
除染なしで避難指示解除 原子力規制委が容認 毎日新聞  2020/08/26 TOP
原子力規制委員会は26日、定例会を開き、東京電力福島第1原発事故後も避難指示が続く福島県内の帰還困難区域に関する議論をした。(後略)

 
[2020_08_26_03]
<北海道>「核のごみ」寿都町長に即時撤回求め道漁連が抗議文 HTBニュース  2020/08/26 TOP
「核のごみ」の最終処分場を選ぶための調査に応募を検討している後志の寿都町に対し全道の漁協でつくる道漁連が即時撤回を求める抗議文を提出しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_26_04]
「北海道寿都を呼び水に」の思惑 梶山経産相、不安払拭に躍起 核ごみ発言 道新  2020/08/26 TOP
(前略)後志管内寿都町が文献調査への応募を検討していることを巡り、梶山弘志経済産業相が25日の閣議後会見で知事の同意なく先の調査に進まないことを断言したのは、地域住民らの不安を払拭(ふっしょく)する狙い。(後略)

 
[2020_08_26_05]
核ごみ調査、町職員の半数が容認 北海道寿都町「処分場直結せず」 共同通信  2020/08/26 TOP
(前略)北海道寿都町が「処分場建設に直結しない」との前提で職員に応募是非をアンケートし、回答した87人中53人が容認だったことが26日までに関係者への取材で分かった。(後略)

 
[2020_08_26_06]
北海道寿都町長「9月の応募難しい」"核のごみ"調査巡り意見交換会でも賛否の声あがる…漁業関係者は抗議 UHB  2020/08/26 TOP
核のごみの最終処分場選定をめぐり、調査に応募を検討している北海道寿都町は8月26日、地元の産業団体などと意見交換会を開き、応募の決断について一転して「9月中は難しい」との見解を示しました。(後略)

 
[2020_08_26_07]
玄海原発のテロ対策施設工事認可 規制委が九州電力に 共同通信  2020/08/26 TOP
九州電力は26日、玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)のテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の工事計画が全て、原子力規制委員会に認可されたと発表した。(後略)

 
[2020_08_27_01]
“核のごみ処分場"調査をめぐり町内の意見は賛否拮抗 北海道寿都町 HBC  2020/08/27 TOP
いわゆる“核のごみの処分場"選びの調査に、後志の寿都町が応募を検討している問題で、町長の強い意志とは対照的に、議員や産業団体の考えは賛否が拮抗しています。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_27_02]
福島県が東電に損賠求め提訴へ 職員の人件費、全国初 共同通信  2020/08/27 TOP
福島県が東京電力福島第1原発事故に対応するために生じた県職員の人件費など約9千万円の損害賠償を求め、東電を10月にも福島地裁に提訴することが27日分かった。(後略)

 
[2020_08_27_03]
コロナ想定し原発事故訓練 大飯・高浜で全国初 福井県 時事通信  2020/08/27 TOP
福井県は27日、関西電力の大飯原発(おおい町)と高浜原発(高浜町)の同時事故を想定した原子力防災訓練を実施した。(後略)

 
[2020_08_27_04]
処理水、「福島ありき」でなく全国的な議論が必要 福島県町村会長・小椋敏一氏に聞く 福島民報  2020/08/27 TOP
県町村会の小椋敏一会長(北塩原村長)は(中略)処理水の処分を巡り、国は「福島ありき」ではなく、全国的な問題として処分方法を議論すべきだとの考えを強調した。(後略)

 
[2020_08_27_05]
完工21年度上期に延期/原燃・高レベル貯蔵センター(六ケ所) 耐震工事に時間 東奥日報  2020/08/27 TOP
日本原燃は26日、海外返還のガラス固化体を一時保管している高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター(六ケ所村)の完工(安全対策工事の完了)時期を、今年11月から「2021年度上期」に延期すると発表した。(後略)

 
[2020_08_27_06]
完工21年度上期に延期 原燃高レベル貯蔵 耐震工事に時間 東奥日報 2020/08/27 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[85]  5進む▼ 

[2020_08_27_07]
高レベル貯蔵合格「気を引き締め事業を」 規制委員長 東奥日報 2020/08/27 TOP

 
[2020_08_27_08]
高レベル貯蔵 正式合格 原燃、11月再開目指す 六ケ所 東奥日報 2020/08/27 TOP

 
[2020_08_28_01]
宮城県に“再稼働反対"署名提出 女川原発2号機の再稼働をめぐり、宮城県保険医協会が 仙台放送  2020/08/28 TOP
東北電力・女川原発2号機の再稼働をめぐり、宮城県内の医師でつくる団体が県に対し、「再稼働反対」の署名と要望書を提出しました。(後略)

 
[2020_08_28_02]
「換気しない」が原則のコロナ感染対策 福井県原子力防災訓練の難題 福井新聞オンライン  2020/08/28 TOP
福井県おおい町などで8月27日に行われた県原子力防災訓練は、新型コロナウイルス対策と迅速な避難の両立が大きなテーマとなった。検温や健康確認しながらの訓練に「緊急事態になっても滞りなくできるのか」と不安に感じる住民もいた。(後略)

 
[2020_08_28_03]
新燃料142体、10年ぶりに搬入 浜岡原発、全炉停止後初 静岡新聞SBS  2020/08/28 TOP
中部電力は27日、運転停止中の浜岡原発(御前崎市佐倉)に新燃料集合体(ウラン燃料)142体を搬入したと発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[85]

[2020_08_28_04]
首相の辞任表明に福島は… 原発事故対応「遅かった」 被災者の声 毎日新聞  2020/08/28 TOP
東京電力福島第1原発事故で福島県富岡町から同県いわき市に避難し、行政区長を務めている佐藤光清さん(65)は安倍政権の原発事故への対応を振り返り「遅かった」とこぼした。(後略)

 
[2020_08_28_05]
玄海原発運転差し止め訴訟 結審【佐賀県】 SAGATV  2020/08/28 TOP
反原発の市民団体が九州電力や国を相手取り、玄海原発の運転差し止めなどを求めている裁判が28日結審しました。(後略)

 
[2020_08_28_06]
安倍政権下の原発 国民の信頼回復せず 再稼働も足踏み 毎日新聞  2020/08/28 TOP
(前略)安倍首相は福島第1原発について「アンダーコントロール(原発事故は制御されている)」と述べた。それから7年になるが、原発の敷地内には今も放射性物質に汚染された水が1日当たり約170トンも発生し続けている(後略)

 
[2020_08_29_01]
むつ核燃新税 減免協議 合意目標 10月に延期 市側とRFS 根拠試算で隔たり 東奥日報 2020/08/29 TOP

 
[2020_08_29_02]
六ケ所村風力建て替え 動物の衝突調査求める 県環境影響評価部会 東奥日報 2020/08/29 TOP
戻る 記事終了 戻る