戻る 2021年8月26日〜10月6日の更新部分【日付昇順】(174件) 戻る


 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_08_26_01]
社説:処理水沖合放出 「強行」前提は対話阻む 京都新聞 2021/08/26 TOP
東京電力福島第1原発の処理水について、東電が海底に約1キロのトンネルを新設して配管を通し、沖合で放出する計画を発表した。(後略)

 
[2021_08_26_02]
福島第1原発処理水の沖合放出 韓国外務省「深刻な遺憾の意」 毎日新聞 2021/08/26 TOP
韓国外務省は26日、東京電力が25日に福島第1原発の処理水を沖合約1キロの海底から流す計画を発表したことに関して、在韓日本大使館の林誠政務担当公使を呼んで「深刻な遺憾の意」を表したと発表した。(後略)

 
[2021_08_26_03]
福島原発の処理水、沖合1キロ放出へ 台湾原子力委「省庁またぎ監視」 FC台湾 2021/08/26 TOP
東京電力が25日、福島第1原子力発電所の処理水を沖合約1キロの海底から流す計画を発表したのに対し、行政院(内閣)原子能委員会(原子力委員会)は、部会(省庁)をまたいだプラットフォームをすでに組織したとし、各方面からモニタリングを続けていくとの方針を示した。(後略)

 
[2021_08_26_04]
韓国政府、福島第一原発汚染水の海洋放出決定に「深い遺憾」 ハンギョ 2021/08/26 TOP
韓国政府は25日、日本の東京電力(東電)が福島第一原発の汚染水を原発から約1キロ離れた海に排出することを決めたことに対し、強い遺憾の意を表明した。(後略)

 
[2021_08_26_05]
海洋放出への波紋 政府の風評対策は 専門家「10年間やってきたことの延長」 TUF 2021/08/26 TOP
海への放出に伴って、最も多くの関係者が懸念しているのが風評被害です。この風評被害について、24日、政府が中間まとめとして当面の対策を示しました。まず風評被害を生じさせない対策として、処理水で魚を飼育して分かりやすい情報発信をする。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_08_26_06]
中国外務省、「過ち重ねている」と非難 福島第1原発の処理水沖合放出計画 時事通信 2021/08/26 TOP
中国外務省の汪文斌副報道局長は26日の記者会見で、海底トンネルの建設により東京電力福島第1原発の処理水を沖合の海に流す計画について「日本は内外の反対を顧みず汚染水の放出という誤った決定をした上、さらに過ちを重ねている」と非難した。(後略)

 
[2021_08_26_07]
汚染水の排出は環境や人体に影響を与える 山崎久隆 たんぽぽ 2021/08/26 TOP
汚染水の排出は環境や人体に影響を与える汚染水にはトリチウム以外の放射性物質も含まれる。如何に薄めても低レベル放射性廃液に他ならない。これを海に投棄することは、国際条約の精神にも抵触し極めて不当だ。(後略)

 
[2021_08_27_01]
海底噴火で生まれた新しい島の行方 島村英紀 2021/08/27 TOP
福徳岡ノ場(ふくとくおかのば)では8月の初めから海底噴火が始まった。東京から南へ約1300キロメートルのところだ。活発な噴火活動が続いて直径約1キロメートルの馬蹄形の新島が確認された。(後略)

 
[2021_08_27_02]
日本、福島原発汚染水2051年まで一日最大50万リットル放出 ハンギョ 2021/08/27 TOP
東京電力が公開した汚染水処理計画案具体計画が発表されても韓国への影響把握困難専門家「シミュレーションに必要な情報が未公開」(後略)

 
[2021_08_27_03]
女川原発の焼却炉建屋で煙を確認 東北電力が原因確認中 周辺への影響なし KHB 2021/08/27 TOP
27日午前、宮城県にある女川原発の焼却炉建屋で煙が確認されました。東北電力が原因を調べています。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_08_27_04]
処理水の発生量分析し放出を IAEA調査団が報告書 共同通信 2021/08/27 TOP
国際原子力機関(IAEA)の調査団は27日、処理水の海洋放出に向け、構内に保管している多量の処理水や将来発生する量を分析し、放出の工程を検討する必要があるとする報告書をまとめ、江島潔経済産業副大臣に手渡した。(後略)

 
[2021_08_28_01]
海洋放出反対改めて主張 処理水評議会で福島県漁連など 政府に風評対策要請 福島民報 2021/08/28 TOP
政府は28日、「廃炉・汚染水・処理水対策福島評議会」をオンラインで開き、東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出に伴う当面の対策を福島県内の地元自治体や関係団体の代表らに説明した。(後略)

 
[2021_08_28_02]
処理水海洋放出の風評対策案 地元から懸念や反対も テレ朝 2021/08/28 TOP
福島第一原発から出る処理水の海洋放出に伴う風評被害対策を巡り、政府が開いた説明会で地元自治体などから情報の透明性や賠償の枠組みについて懸念が示されました。(後略)

 
[2021_08_28_03]
韓国・外交部、福島原発の処理水放出計画発表に在韓日本公使を招致 WOW!KOR 2021/08/28 TOP
韓国・外交部が東京電力が福島原発処理水の海洋放出実施計画案を発表したことに対して、駐韓日本大使館の林誠政務公使を呼んで抗議した。(後略)

 
[2021_08_28_04]
ボイラーの純水漏れ ナットひび割れ原因 日本原燃 東奥日報  2021/08/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_08_29_01]
風評被害、放出前でも賠償 福島処理水、地元に根強い不安 中日新聞 2021/08/29 TOP
2023年春ごろの開始が予定されている福島第一原発の処理水海洋放出に絡み、東京電力は風評被害により新たに生じる損害への賠償方針を発表した。(後略)

 
[2021_08_30_01]
海洋放出への波紋 政府の風評対策に懸念・注文相次ぐ TUF 2021/08/30 TOP
福島第一原発にたまり続ける処理水をめぐり、当面の風評被害対策をまとめたことなどを受け、政府と東電は28日、県内の関係者に説明しました。会議では、透明性や実行性を確保するよう求める意見が相次ぎました。(後略)

 
[2021_08_31_01]
政府、2020年代に希望者の帰還目指す 福島県・帰還困難区域の復興拠点外地域 福島民報 2021/08/31 TOP
東京電力福島第一原発事故に伴い設定された帰還困難区域のうち、特定復興再生拠点区域(復興拠点)から外れた地域の住民の帰還に向け、政府は31日、原子力災害対策本部と復興推進会議を開き、個別の調査や除染を経て2020年代に希望者の帰還を目指す方針を正式に決めた。(後略)

 
[2021_08_31_02]
規制委、原発のテロ対策監視体制を強化へ 概算要求に16億円 毎日新聞 2021/08/31 TOP
東京電力柏崎刈羽原発のテロ対策に不備があった問題で、原子力規制委員会は31日、各原子力施設のテロ対策の監視体制を強化させる方針を発表した。(後略)

 
[2021_08_31_03]
処理水放出 東電、茨城県議会幹部に説明 風評被害 賠償方針変わらず 茨城新聞 2021/08/31 TOP
福島第1原発の処理水取り扱いを巡り、東京電力は30日、茨城県議会の常井洋治議長と石井邦一副議長に検討状況の詳細を説明した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_08_31_04]
規制庁が原発の機密文書紛失 査察官らの身分証も 東京新聞 2021/08/31 TOP
原子力規制庁は31日までに、原発のテロ対策などを監視する核セキュリティー部門で、他部門から借りていた機密文書を紛失したほか、核物質管理状況の検査のため施設に立ち入る際に必要となる査察官ら3人分の身分証が所在不明になっていると明らかにした。(後略)

 
[2021_08_31_05]
完全に除去できない、それを「処理水」というのはおかしい まっさき千尋 たんぽぽ 2021/08/31 TOP
私は村上達也前東海村長、海野徹前那珂市長ら「脱原発をめざす首長会議」のメンバー13人と東京電力福島第一原発の構内に入り、10年前に事故を起こした原発1号機から4号機を、100mという至近距離からわが目で見てきた。(後略)

 
[2021_08_31_06]
再処理工場の審査 対象設備抽出完了 日本原燃 東奥日報  2021/08/31 TOP

 
[2021_09_01_01]
規制委 柏崎刈羽原発を7日に調査核防護不備 委員、初の立ち入り 新潟日報 2021/09/01 TOP
原子力規制委員会は31日、東京電力柏崎刈羽原発の核物質防護体制に関する立ち入り調査を9月7日に行うと発表した。今年、同原発で相次いで発覚した核物質防護体制の不備に対する追加検査の一環。(後略)

 
[2021_09_01_02]
閲覧権限ない職員に貸与 規制庁の機密文書紛失 共同通信 2021/09/01 TOP
原発のテロ対策などを監視する原子力規制庁の核セキュリティー部門が他部門から借りた機密文書を紛失した問題で、規制庁は1日、閲覧権限のない職員が文書を借りていた上、紛失に気付いた後も約2年間、幹部に報告していなかったと明らかにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_01_03]
中国電力の再発防止策了承 機密文書誤廃棄、原子力規制委 共同通信 2021/09/01 TOP
規制委から借り受けた原発のテロ対策施設に関する機密文書を中国電力が無断で廃棄し、約6年間報告していなかった問題について、機密文書として分類して管理していなかったために誤廃棄したとする中国電の説明を妥当と認めた。(後略)

 
[2021_09_01_04]
日本の虚大事業3つ 核燃料再処理工場、辺野古米軍基地、リニア新幹線 鎌田慧 東京新聞 2021/09/01 TOP
静岡県熱海市での土石流の発生源は不法な建設残土の堆積物だった。下流の人々の被害と恐怖は他人事(ひとごと)ではない。いま建設残土が船で大量に運び込まれているのが、青森県六ケ所村。(後略)

 
[2021_09_01_05]
災害列島と核施設「地震・津波・活火山・活断層の上に浮く」 上岡直見 たんぽぽ 2021/09/01 TOP
「災害列島」とも呼ばれる日本に多数の核施設が立地していることは周知の事実だが「防災の日」を契機に改めて ビジュアルに整理してみた。(後略)

 
[2021_09_01_06]
島根原発3号機は財産権を無視して違法に建設された 熊本一規 たんぽぽ 2021/09/01 TOP
◎島根県松江市鹿島町片句地区は、中国電力島根原発の西側に隣接した地区です。片句地区には「宮崎鼻」という岬があり、そこでは岩のりを初めとした海草を採取できます。(後略)

 
[2021_09_02_01]
福島第一原発の設備でトラブル、汚染水の浄化処理を停止 読売新聞 2021/09/02 TOP
東京電力は2日、福島第一原子力発電所の汚染水の浄化設備でトラブルがあり、8月30日から浄化処理を停止していると発表した。この設備では、汚染水に含まれる放射性物質のうちトリチウム以外のほとんどを取り除いている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_02_02]
8000ベクレル超の建設発生土の搬入先決まらず 福島県の帰還困難区域 福島民報 2021/09/02 TOP
東京電力福島第一原発事故による帰還困難区域内の復旧・復興工事で発生した土壌「建設発生土」のうち、放射性物質濃度が1キロ当たり8000ベクレルを超える分の搬入先が定まらず現場付近などで保管が続いている。(後略)

 
[2021_09_02_03]
処理水放出「反対」を 宮城県議会委、村井知事に申し入れ 河北新報 2021/09/02 TOP
東京電力福島第1原発にたまる処理水を海洋放出する政府決定を巡り、宮城県議会農林水産常任委員会は1日、村井嘉浩知事に対し、海洋放出への反対を明確に表明するよう口頭で申し入れた。(後略)

 
[2021_09_02_04]
「モルタル固形化」など海洋放出を回避すべき (まっさき)千尋 たんぽぽ 2021/09/02 TOP
3.ノリ養殖漁民の苦悩良質のノリを作っても福島産というレッテルで苦労私たちは翌日、福島第一原発の北にある相馬市松川浦を訪れた。松川浦は太平洋に面した潟湖。風光明媚で観光の名所。ノリの養殖が盛んだった。(後略)

 
[2021_09_02_05]
汚染水浄化設備で不具合、福島 フィルター10カ所破損 共同通信 2021/09/02 TOP
東京電力は2日、福島第1原発の汚染水を浄化する多核種除去設備(ALPS)で、排気中の放射性物質を吸着するフィルターが少なくとも10カ所で破損していたと発表した。(後略)

 
[2021_09_03_01]
福島・第一原発汚染水浄化装置 全基停止 FCT 2021/09/03 TOP
福島第一原発で発生する汚染水を浄化する設備に不具合が見つかり、8月30日から全基で処理を停止している。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_03_02]
原発処理水を海洋トンネルで放出する方針 宮城県の漁業関係者から反発の声 KHB 2021/09/03 TOP
福島第一原発でたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水について、東京電力は基準値以下に薄めたうえで海底トンネルを堀り原発から1キロ先の沖合に放出する方針です。(後略)

 
[2021_09_03_03]
海洋放出以外も検討を 宮城県、処理水で国に要望 東電福島原発 時事通信 2021/09/03 TOP
東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出をめぐり、経済産業省は3日、宮城県幹部と風評被害対策についてオンラインで意見交換した。(後略)

 
[2021_09_03_04]
千年前、房総沖でM8級地震か 未知の大津波の痕跡 日経新聞 2021/09/03 TOP
千年ほど昔の平安〜鎌倉時代に、房総半島沖でマグニチュード(M)8.5程度とみられる未知の巨大地震が起き、千葉県・九十九里浜地域が大津波に襲われた可能性を示す痕跡を確認した(後略)

 
[2021_09_03_05]
千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見 産総研 2021/09/03 TOP
千葉県九十九里浜地域の地下で津波堆積物を発見 津波の再現シミュレーションによりM8クラスの地震が房総半島沖で発生したことが明らかに(後略)

 
[2021_09_03_06]
アフリカ大陸分裂の証拠「地溝帯」 島村英紀 2021/09/03 TOP
アイスランドの地割れを覗き込んだことがある。日中だったが、底が見えない。人が落ちたら助からない深さだ。幅は数十センチメートルから3メートルあまりだ。おそるおそる近づいたが、とても怖かったのを覚えている。日本にはあり得ない(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_03_07]
千年前 房総にM8級襲来 産総研 大津波の痕跡確認 東奥日報  2021/09/03 TOP

 
[2021_09_04_01]
玄海町が乾式貯蔵施設を事前了解 脇山町長「安全性は担保」 佐賀新聞 2021/09/04 TOP
九州電力が玄海原発(東松浦郡玄海町)で計画している乾式貯蔵施設の設置について玄海町は3日、事前了解した。(後略)

 
[2021_09_05_01]
象潟地震の家屋倒壊、原因は地震動 津波襲来指摘のにかほ・関地区 河北新報 2021/09/05 TOP
秋田県にかほ市象潟町で江戸時代後期に発生した象潟地震で、津波被害の可能性が指摘されていた一部集落の家屋倒壊は地震動によるものだったことが、東北大災害科学国際研究所の蝦名裕一准教授(日本近世史)ら研究チームの調査で判明した。(後略)

 
[2021_09_06_01]
いったい何が 柏崎刈羽原発で発煙 電源ケーブルには焼けた跡 NST 2021/09/06 TOP
6日午前11時ごろ、新潟県の柏崎刈羽原子力発電所・3号機タービン建屋の地下3階で煙が発生しました。東京電力によりますと、建屋内の機器の弁などを動かす圧縮空気を除湿するために設置している電気ヒーターから発煙が確認されたということです。(後略)

 
[2021_09_06_02]
柏崎刈羽原発から発煙、数分後に収まる…放射能漏れなどなし 読売新聞 2021/09/06 TOP
6日午前11時頃、新潟県柏崎市の東京電力柏崎刈羽原子力発電所3号機タービン建屋で、地下3階に設置されたヒーターから煙が発生したと、所員が119番した。数分後に煙は収まり、外部への放射能漏れやけが人はなかった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_06_03]
柏崎原発でケーブル火災 外部への放射能漏れなし 新潟日報 2021/09/06 TOP
6日午前11時すぎ、新潟県の東京電力柏崎刈羽原発3号機のタービン建屋地下3階で煙が出たと東電社員から119番通報があり、機器の電源ケーブルを焼いた。けが人はいない。現場は放射性物質を扱わない非管理区域で、東電は外部への放射能の影(後略)

 
[2021_09_07_01]
政府が島根原発の避難計画について了承 NKT 2021/09/07 TOP
菅義偉首相:「島根県と鳥取県合わせて46万人の人口を抱えており避難経路の確保や他県にまたがる広域的な避難など地域固有の課題に対応していく必要がある」(後略)

 
[2021_09_07_02]
IAEA海洋放出めぐり協議…福島第一原発の処理水 テレ朝 2021/09/07 TOP
福島第一原発にたまり続ける処理水の海洋放出をめぐり、IAEA=国際原子力機関の幹部が、経済産業省を訪れ、安全性の評価について協議を始めました。(後略)

 
[2021_09_07_03]
原子力規制委員会が柏崎刈羽原発を現地調査 TeNY 2021/09/07 TOP
柏崎刈羽原発で発覚した核セキュリティーの不備など一連の問題をめぐり、東京電力は9月23日までに報告書を提出することになっています。それを前に、原子力規制委員会による現地調査が行われました。(後略)

 
[2021_09_07_04]
島根原発の避難計画を了承 政府の原子力防災会議 河北新報 2021/09/07 TOP
政府は7日、原子力防災会議(議長・菅義偉首相)を官邸で開き、中国電力が再稼働を目指す島根原発(松江市)の事故に備えた住民避難計画を了承した。事実上の再稼働手続きの一環。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_07_05]
政府の原子力防災会議 島根原発の避難計画などの対応策を了承 NHK 2021/09/07 TOP
政府の原子力防災会議は、松江市にある中国電力島根原子力発電所で原発事故が起きた場合に備えて、原発から30キロ圏内に含まれる、およそ46万人の避難計画などを盛り込んだ対応策を了承し、菅総理大臣は、円滑な避難に向けた施策を進めるよう関係閣僚に指示しました。(後略)

 
[2021_09_07_06]
原子力規制委が柏崎刈羽原発に立ち入り調査 NHK 2021/09/07 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所でテロ対策上の重大な不備が相次いだことを受けて、原子力規制委員会は7日、不備があった設備の確認などのため、発電所に立ち入り調査を行いました。(後略)

 
[2021_09_07_07]
処理水放出で情報提供求める 安全性担保巡りIAEA幹部 共同通信 2021/09/07 TOP
来日中の国際原子力機関(IAEA)で原子力安全局を担当するエブラール事務次長は7日、経済産業省を訪れ、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出について「安全性の担保には、詳細な情報に基づき放出計画を議論する必要がある」と述べ(後略)

 
[2021_09_08_01]
原因不明のまま 福島第一原発のALPSを再稼動 KFB福島 2021/09/08 TOP
東京電力は、フィルターの破損が見つかり停止させていたALPSを7日から稼働させました。フィルターは応急処置をしましたが、破損の原因はまだ分かっていません。(後略)

 
[2021_09_08_02]
福島原発事故後作業で労災認定 2人、咽頭がんは初 共同通信 2021/09/08 TOP
厚生労働省は8日、東京電力福島第1原発事故後の収束作業などに従事し、咽頭がんを発症した2人について、がんと作業による放射線被ばくとの因果関係を認め、労災認定したと発表。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_08_03]
浜岡原発で“放射性物質含む水"が作業員に…約4リットル漏れ出る 東海TV 2021/09/08 TOP
中部電力によりますと、7日午後5時過ぎ、停止中の浜岡原発3号機の原子炉建屋で、点検のため除染作業に使われた水を抜いたところ、およそ4リットルが漏れ、男性作業員1人の腹あたりにかかりました。(後略)

 
[2021_09_08_04]
「風評被害リスクある限り放出の決断しない」 高市氏 東京新聞 2021/09/08 TOP
自民党の高市早苗前総務相は8日、総裁選への立候補を表明した記者会見で、東京電力福島第一原発で保管が続く汚染水を浄化処理した後の水の海洋放出について、「風評被害を広げる可能性がある。そのリスクがある限り放出の決断はしない」と述べた。(後略)

 
[2021_09_08_05]
柏崎刈羽原発3号機のタービン建屋から煙 たんぽぽ 2021/09/08 TOP
1.柏崎刈羽原発3号機のタービン建屋から煙9月6日、消防車5台、パトカー2台、救急車1台が柏崎刈羽原発の構内に入った。発電所から「火災発生」の通報があったのが午前11時3分、3号機タービン建屋の地下3階で発煙を認めたためだった。(後略)

 
[2021_09_09_01]
原発「処理水」海洋放出12月メドにIAEAが安全性評価を開始 TBSNEWS 2021/09/09 TOP
経済産業省は福島第一原発で増え続ける「処理水」を海に放出することについて、IAEA・国際原子力機関の専門家評価団が12月をメドに来日し本格的に安全性の調査を開始することで合意したと発表しました。(後略)

 
[2021_09_09_02]
柏崎刈羽原発で電源ケーブル焼く火事 漏電が原因の可能性か TeNY 2021/09/09 TOP
9月6日に柏崎刈羽原発の構内で電源ケーブルを焼いた火事について、東京電力は漏電が原因の可能性があると発表しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_09_03]
福島第1フィルターほぼ全て破損 原因究明せずに運転続ける 共同通信 2021/09/09 TOP
東京電力は9日、福島第1原発の汚染水を浄化処理する多核種除去設備(ALPS)の排気フィルターに破損が見つかった問題で、全25カ所のうち24カ所で破損を確認したと発表した。(後略)

 
[2021_09_09_04]
IAEA 福島第一原発の処理水放出で年内にも調査団派遣へ NHK 2021/09/09 TOP
東京電力福島第一原子力発電所で増え続ける処理水の海への放出について、IAEA=国際原子力機関は、年内にも調査団を日本に派遣し、透明性と客観性を重視しながら、国際基準に基づいて検証する考えを示しました。(後略)

 
[2021_09_09_05]
MOX燃料が仏から日本へ出航 10週間かけ高浜原発へ テレ朝 2021/09/09 TOP
使用済み核燃料を再処理して作られたMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料を載せた船がフランスから日本に向けて出港しました。MOX燃料を載せた船は8日、フランス北西部のシェルブールを出発しました。(後略)

 
[2021_09_09_06]
福島第1フィルターほぼ全て破損 原因究明せずに運転続ける 東京新聞 2021/09/09 TOP
東京電力は9日、福島第1原発の汚染水を浄化処理する多核種除去設備(ALPS)の排気フィルターに破損が見つかった問題で、全25カ所のうち24カ所で破損を確認したと発表した。2年前も同様の破損があり25カ所で交換していたが、原因を調べな(後略)

 
[2021_09_10_01]
福島第一 2号機の高線量部分の映像公開 日テレ 2021/09/10 TOP
福島第一原発事故について検証している原子力規制庁のチームが現地調査を行い、2号機で非常に高い放射線量を計測した場所の映像を公開しました。2号機の格納容器真上にある、直径およそ12mのコンクリート製のふたの部分を調査する際の(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_10_02]
愛媛 伊方3号機再稼働 延期の可能性 itv 2021/09/10 TOP
伊方原発で、宿直勤務にあたっていた元社員が無断で外出していた問題を受け、四国電力の長井啓介社長は来月12日に予定している3号機の再稼働が延期となる可能性を示しました。伊方原発では緊急時の対応要員となっていた50代の元男性社(後略)

 
[2021_09_10_03]
伊方3号機10月再稼働先延ばしも 宿直が無断外出、保安規定違反 毎日新聞 2021/09/10 TOP
四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)で宿直中の社員が無断外出した問題で、四電の長井啓介社長は10日、来月12日に予定される同原発3号機の再稼働について「スケジュールありきではなく県や町の理解を得ながら進める」と述べ、日程を先延ば(後略)

 
[2021_09_10_04]
人工衛星の衝突がもたらすもの 島村英紀 2021/09/10 TOP
2009年以来22年ぶりに大規模な事故が起きた。といっても地上の話ではない。はるか上空の出来事だ。22年前の事件とはロシアの軍事衛星「コスモス2251号」が米国の通信衛星「イリジウム33号」と衝突して双方とも壊れたことだ。今回は「加害(後略)

 
[2021_09_11_01]
新総裁に「理解していただく」/原子力・サイクルで電事連会長が強調 東奥日報 2021/09/11 TOP
電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は10日の定例会見で、29日投開票の自民党総裁選で新総裁が選出されることを踏まえ「絶対に原子力は必要なので、徹底的に真剣に議論して理解していただく努力をする」と述べた。10日に出馬(後略)

 
[2021_09_11_02]
河野太郎氏 「核のごみをどうするか、テーブルに載せて議論しなければ」 東京新聞 2021/09/11 TOP
自民党総裁選に立候補表明している河野太郎行政改革担当相は11日の読売テレビ番組で、使用済み核燃料を再処理して繰り返し使う「核燃料サイクル」に否定的な見解を重ねて表明した。厚生労働省に関し所管業務の範囲が広いとして「かつての(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_11_03]
河野氏「核燃サイクルは手じまいすべきだ」「決断は一日も早い方がいい」 読売新聞 2021/09/11 TOP
自民党総裁選に出馬表明した河野行政・規制改革相は11日、原子力発電所の使用済み核燃料を再処理して燃料として使う「核燃料サイクル」について、「なるべく早く手じまいすべきだ」と述べた。「再処理をやめる決断は一日も早い方がいい」(後略)

 
[2021_09_12_01]
伊方原発の緊急時対応要員、宿直中に無断外出繰り返す…再稼働遅れる可能性 読売新聞 2021/09/12 TOP
伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の緊急時対応要員の元社員が宿直中に無断外出を繰り返した問題で、四国電力は10日、再発防止策などをまとめた報告書を県、伊方町に提出した。中村時広知事は専門部会などで確認する意向を示し、四(後略)

 
[2021_09_12_02]
除染土処分、議論深めて 中間貯蔵「対話フォーラム」に環境相ら 福島民友 2021/09/12 TOP
県内の除染で出た汚染土壌などを最大30年保管する中間貯蔵施設(大熊町、双葉町)を巡り、環境省は11日、県外での最終処分に向けた「対話フォーラム」の2回目をオンラインで開いた。小泉進次郎環境相は意見交換の中で、除染で出た土壌の(後略)

 
[2021_09_12_03]
「40年超」美浜原発3号機、過去には11人死傷する事故…140度の水が配管破り噴出 読売新聞 2021/09/12 TOP
運転開始から40年を超えた原発として6月に全国で初めて再稼働した関西電力美浜原子力発電所3号機(福井県美浜町)。この美浜3号機では2004年8月、放射性物質を含まない冷却水が通る「2次系配管」が破損して高温の蒸気が噴き出し、作業員(後略)

 
[2021_09_13_01]
「東電の管理極めて問題」規制委 福島原発の汚染水設備損傷で 共同通信 2021/09/13 TOP
東京電力福島第1原発の汚染水を浄化する多核種除去設備(ALPS)の排気フィルターが破損した問題を巡り、原子力規制委員会は13日の会合で、2年前にも同様の破損があったのに原因究明せずに運転を続けていたことを「東電の管理姿勢は極め(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_13_02]
福島第一、認可外の廃棄物保管が急増…規制庁「マネジメントできていない」 読売新聞 2021/09/13 TOP
東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業で発生したがれきなどの固体廃棄物のうち、国の認可を得ていない方法による保管容量が7月時点で約6万立方メートルに達していると原子力規制庁が13日、発表した。東電は原則1年の仮置きと説明して(後略)

 
[2021_09_14_01]
河野氏「核燃サイクル不要」発言、青森県内に波紋 国会議員「不支持」の声も 東奥日報 2021/09/14 TOP
自民党総裁選の有力候補の一人、河野太郎氏の核燃料サイクル政策は止めるべきだとする発言が青森県内で波紋を広げている。再処理工場をはじめ関連施設が集中立地する青森県の関係者らは総裁選の動向を注視。青森県の自民党国会議員からは(後略)

 
[2021_09_14_02]
中国で使用済み核燃料のガラス固化スタート、原発大国へ NEWSWEEK 2021/09/14 TOP
原発大国の道を進み続ける中国が、放射性廃棄物をガラス固化して廃棄する施設を稼働させた。この廃棄施設は9月11日、中国南東部の四川省広元市で稼働した。中国国営メディアの環球時報が、中国国家国防科技工業局の話として伝えた。中国(後略)

 
[2021_09_14_03]
核燃料サイクル維持を 電事連が声明 産経新聞 2021/09/14 TOP
電気事業連合会は14日、使用済み核燃料を再処理して繰り返し使う「核燃料サイクル」を維持すべきだとする声明を発表した。同政策をめぐっては、自民党総裁選に立候補を表明している河野太郎ワクチン担当相が否定的な見解を示している。国(後略)

 
[2021_09_14_04]
伊方原発に直下地震 中央構造線断層帯から600mにある伊方原発 小若順一 たんぽぽ 2021/09/14 TOP
周辺に活断層はないと広島高裁がいう伊方原発は、昨年の不祥事を省みず、6月17日に再稼働を発表。その2日後、M4.7の直下地震が襲いました。伊方原発3号機(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_14_05]
ALPS空調系フィルターが全損 原因不明のまま、ALPS再稼働 山崎久隆 たんぽぽ 2021/09/14 TOP
福島第一原発で汚染水を処理する「多核種処理設備」通称ALPSの、排気フィルター「HIC排気ラインの排気フィルター」が損傷していることが明らかになった。8月24日、増設ALPSを設置している建屋内で、ALPS処理水の工程で発生するスラリー(後略)

 
[2021_09_14_06]
福島第一原発 汚染水処理のフィルター破損 2年前も同様の破損 NHK 2021/09/14 TOP
福島第一原子力発電所で出る汚染水を処理する設備のフィルターが破損していたことが分かりました。東京電力は同様の破損が2年前にもありましたが、原因分析や対策を行わないまま、運転を継続していたということで、原子力規制委員会は東(後略)

 
[2021_09_14_07]
高レベル施設完工 22年度上期に延期 原燃 東奥日報  2021/09/14 TOP

 
[2021_09_15_01]
島根原発2号機 再稼働に必要な審査に合格 原子力規制委 NHK 2021/09/15 TOP
中国電力が再稼働を目指す島根原子力発電所2号機について、原子力規制委員会は再稼働に必要な審査に合格したことを示す審査書を正式に取りまとめました。原子力規制委員会はことし6月、島根原発2号機が規制基準に適合しているとする審査(後略)

 
[2021_09_15_02]
緊急寄稿 首都直下・南海トラフ・富士山噴火に備える 鎌田浩毅 W_ECONO 2021/09/15 TOP
日本列島は1000年ぶりの「大地変動の時代」に突入した―10年前の東日本大震災以降、日本は大地変動の時代に突入したという。首都圏に暮らす約3500万人を襲う「首都直下地震」や死者32万人超が想定される「南海トラフ巨大地震」など巨大災(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_15_03]
島根原発2号機の正式合格受け市民団体が緊急集会(島根・松江市) TSKテレビ 2021/09/15 TOP
島根原発2号機の正式合格を受け、島根県庁前では再稼働に反対する市民団体が緊急集会を開きました。訴え:「福島での事故を思い出せば本当に廃炉にして欲しいという思いでいっぱいです」使用済み核燃料の処理問題や原発に代わる再生可能(後略)

 
[2021_09_15_04]
“1時間で死亡"福島原発の建屋上部で致命的レベルの放射線を確認 WOW!KOR 2021/09/15 TOP
福島第1原発の格納容器から、1時間で人が死亡するレベルの放射線が測定された。これは当局の推算をはるかに上回る水準だ。福島原発処理水から放射性物質を除去するフィルターの大半が破損したのに続いてこのような発表が出たことを受け、(後略)

 
[2021_09_15_05]
原発廃炉「なます吹くようなもの」 建て替え議連で自民・細田氏 時事通信 2021/09/15 TOP
自民党の細田博之元幹事長は15日、政府の原発・エネルギー政策について、東京電力福島第1原発事故を念頭に「福島の原発で大変な事故が起きたために、原発をやめようという議論に結び付ける必要はない。事故に懲りてなますを吹くようなこ(後略)

 
[2021_09_15_06]
「核燃サイクル必要」 電事連と経産相が見解 道新 2021/09/15 TOP
自民党総裁選の争点に、原発から出る使用済み核燃料を再処理する核燃料サイクル政策が浮上する中、大手電力でつくる電気事業連合会(電事連)は14日、「核燃サイクルは原発再稼働と不可分で、電力の安定供給に必要」との見解を公表した。(後略)

 
[2021_09_15_07]
島根原発2号機、再稼働の審査に正式合格 規制委の会合で決定 中国新聞 2021/09/15 TOP
原子力規制委員会は15日の定例会合で、中国電力島根原発2号機(松江市)について、安全対策が新規制基準を満たすと認める審査書を決定した。再稼働の前提となる審査に正式に合格したことになる。事故を起こした東京電力福島第1原発と同(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_16_01]
福島第1、地下水の放射性物質の濃度を下げる装置が停止 警報ならず 毎日新聞 2021/09/16 TOP
東京電力は16日、福島第1原発の建屋周辺でくみ上げた地下水の放射性物質の濃度を下げる装置が停止したと発表した。近く復旧する見通し。地下水の流出はなく、周辺の放射線量に異常はなかった。東電は停止の原因を調べている。1〜3号機(後略)

 
[2021_09_16_02]
福島第一原発でトラブル 地下水浄化設備が停止 福島放送 2021/09/16 TOP
東京電力福島第一原発でくみ上げている地下水の浄化装置が、停止しました。福島第一原発では、原子炉建屋近くの井戸から地下水をくみ上げ、建屋の内側と外部の汚染水の量をコントロールしていて、くみ上げた水は浄化した後、海に放出して(後略)

 
[2021_09_16_03]
島根原発安全審査合格に島根・鳥取が反応さまざま TSK 2021/09/16 TOP
中国電力が再稼働を目指す島根原発2号機について、原子力規制委員会による安全審査で15日に正式合格したことを受け、関係自治体のトップがそれぞれの受け止めを述べました。島根県・丸山知事:「関係自治体などの意見を聞いて、総合的に(後略)

 
[2021_09_16_04]
福島 2号機上蓋で1100ミリシーベルト FCT 2021/09/16 TOP
福島第一原発事故について検証している原子力規制庁のチームが現地調査を行い、2号機で非常に高い放射線量を計測した場所の映像を公開した。映像は2号機の格納容器真上にある直径およそ12mのコンクリート製の蓋の部分を調査する際のも(後略)

 
[2021_09_16_05]
事故が起きた時、本当に避難できるのか? 女川原発を抱える牡鹿半島の住民たちの拭えぬ不安 ABEMA 2021/09/16 TOP
東京電力・福島第一原発事故の後、政府は全国の原発から30km圏内の自治体に対し、避難先や経路を盛り込んだ避難計画の策定を義務付けた。しかし今、その実効性が大きな課題になっている。宮城県が地元同意をし、再稼働が迫る東北電力女川(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_16_06]
50年の原発発電量予想引き上げ IAEA、福島事故後で初 時事通信 2021/09/16 TOP
【ベルリン時事】国際原子力機関(IAEA)は16日、2050年時点の世界の原発発電容量が、技術革新などが進む楽観的な想定の場合、昨年の実績からほぼ倍増して合計7億9200万キロワットになるとの見通しを発表した。前年の予想から7700万(後略)

 
[2021_09_16_07]
石川県珠洲市で最大震度5弱 今年これまでに震度1以上35回 石川TV 2021/09/16 TOP
16日午後6時42分ごろ、石川県珠洲市で最大震度5弱を観測する地震がありました。県によりますと、今のところケガ人など被害の情報は確認されていません。16日午後6時42分ごろ、能登地方を震源とする地震がありました。震源の深さは10キ(後略)

 
[2021_09_16_08]
「核燃料サイクル」中止は核武装疑惑を招く? 真逆の論を展開する産経新聞 山崎久隆 たんぽぽ 2021/09/16 TOP
産経新聞が9月14日に配信した記事「核燃料サイクル維持を 電事連が声明」に妙な指摘があったので紹介します。◎記事の主要な点は、電気事業連合会(電事連)が14日に、河野太郎氏がかねてから述べている「核燃料サイクル政策を見直すべき(後略)

 
[2021_09_16_09]
「与党有力議員がALPS処理水放出に反対する理由」 岡田広行記者 たんぽぽ 2021/09/16 TOP
【前書きより】自民党の山本拓・衆院議員(元農林水産副大臣)は、同党の総合エネルギー調査会会長代理を務める原子力発電推進派のベテラン議員だ。その山本氏が東京電力・福島第一原発事故で発生した汚染水を浄化処理した「ALPS処理(後略)

 
[2021_09_17_01]
「きれいな海を残したいだけなんだ」 処理水の放出方針、漁師の憤り 毎日新聞 2021/09/17 TOP
未明の大海原に浮かぶ小さな漁船の甲板で、福島県新地町の漁師、小野春雄さん(69)は引き上げた網に目をこらしていた。2011年3月の東日本大震災の津波で同じ漁師の弟常吉さん(当時56歳)を失い、東京電力福島第1原発事故で生きるよりど(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_17_02]
福島第一原発 4カ月前の不適切な廃棄物保管を発表 福島放送 2021/09/17 TOP
東京電力福島第一原発で発生した放射性廃棄物が、不適切な状態で保管されていたことが分かりました。事故で、溶け落ちた核燃料に触れるなどして発生する汚染水は、ALPSという装置で、放射性物質が取り除かれますが、処理に使うフィルター(後略)

 
[2021_09_17_03]
泊原発の非常用発電機の一部に損傷 “冷却機能に問題なし" NHK 2021/09/17 TOP
北海道電力は、運転を停止している泊原子力発電所2号機について、燃料プールを冷やすための電源を失った際に動かす非常用発電機の一部に損傷が確認されたと発表しました。北電は、発電機の運転に支障はなく、冷却機能に問題はなかったと(後略)

 
[2021_09_17_04]
福島第一原発 地下水浄化処理設備の運転を再開 福島放送 2021/09/17 TOP
福島第一原発で停止した地下水の浄化設備は、設備のセンサーがずれていたことが原因でした。設備に異常はなく、運転が再開されました。福島第一原発では、16日地下水をくみ上げて放射性物質を取り除く浄化処理設備が、自動停止しました。(後略)

 
[2021_09_17_05]
島根原発について 鳥取県知事が国に要望 「30キロ圏内の緊張感知るべき」 NKT 2021/09/17 TOP
島根原発2号機が再稼働に必要な原子力規制委員会の審査に合格したのを受けて16日、国が鳥取県の平井知事に対して政府の方針を示した。平井知事は周辺自治体としての厳しい状況を訴えた。鳥取県平井伸治知事:「立地自治体(島根県・松江(後略)

 
[2021_09_17_06]
房総半島を襲った未知の大津波 島村英紀 2021/09/17 TOP
いままで首都圏を襲ってきた房総沖の大地震の歴史は、房総半島の海岸段丘の隆起から分かっていると思われていた。海岸段丘が大地震のたびに飛び上がって土地が増えていったからである。大きな地震ほど段丘の面積が大きい。具体的には19(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[110] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_18_01]
漁業者から改めて「海洋放出」反対の声 福島第一原発「処理水」に関する宮城県連携会議 仙台放送 2021/09/18 TOP
福島第一原子力発電所の処理水を海洋放出するという政府決定を受け、9月18日、宮城県庁で県内の漁業関係者などに対する説明会が開かれ、出席者からは改めて、海洋放出に反対する声が聞かれました。18日の会議は、福島第一原発の処理水を(後略)

 
[2021_09_18_02]
伊方原発3号機 テロ対策施設の完成前に 原子炉に核燃料装荷 EBC 2021/09/18 TOP
四国電力は、伊方原発3号機のテロ対策施設の完成に向け、核燃料を原子炉に入れる作業を18日未明から開始しました。伊方原発3号機の原子炉に核燃料を入れる作業は、18日午前0時過ぎに始まりました。157体の核燃料を9月21日までに入れる(後略)

 
[2021_09_18_03]
処理水海洋放出巡り宮城県連携会議「環境影響調査、早急に」 東北放送 2021/09/18 TOP
東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出を巡り、宮城県の連携会議が18日開かれ、漁業関係者から環境への影響調査に早急に取り組むべきとの意見が出されました。会議では、国と東電の担当者が再来年春の海洋放出開始に向けて、風評被害対(後略)

 
[2021_09_18_04]
浜岡原発1.2号機の共用排気筒の解体工事を公開 静岡・御前崎市 静岡朝日 2021/09/18 TOP
静岡県御前崎市にある中部電力浜岡原子力発電所では17日、廃炉が決まった1・2号機のシンボル的な存在だった共用排気筒の解体工事が公開されました。浜岡原発では1.2号機の高さ100メートルある共用排気筒の解体工事が行われました。これ(後略)

 
[2021_09_19_01]
原発セキュリティー違反“自主管理に移行"も原因か テレ朝 2021/09/19 TOP
新潟県の柏崎刈羽原発で核セキュリティー上の違反が相次いだ問題で、東京電力がセキュリティー設備を自主管理に切り替えたことが原因の一つと分析していることが分かりました。この問題は、柏崎刈羽原発で侵入者を検知する設備の故障が見(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 23 >  記事番号[111]〜[115] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_20_01]
日本の原発はどうなる?エネルギー基本計画の見直し案が示していること 東京新聞 2021/09/20 TOP
東京電力福島第一原発事故から10年半が過ぎ、日本の原発はどうなっていくのか−。菅義偉政権は見直しを進める政策の指針「第6次エネルギー基本計画案」で、原発を温室効果ガスの排出削減に必要な電源と位置付けて再稼働を推進する構想だ(後略)

 
[2021_09_20_02]
福島第一原発、ずさん管理相次ぐ 東電の危機意識に被災者は不信感 東京新聞 2021/09/20 TOP
東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)で最近、汚染水の浄化設備や廃棄物保管のずさんな管理が相次いで明らかになっている。過去のトラブル情報を社内で共有せず、場当たり的な対応をしてきた結果だ。事故から10年半が過ぎても(後略)

 
[2021_09_20_03]
100カ所で不適正設置 柏崎刈羽原発7号機の火災感知器 新潟日報 2021/09/20 TOP
新潟県の東京電力柏崎刈羽原発7号機で、施設内の多数の火災感知器が適正な位置に設置されていないことが20日、分かった。約100カ所に上るとみられる。出火時に煙や熱の検知が遅れ、初動対応の遅れにつながる可能性がある。東電は施設内(後略)

 
[2021_09_21_01]
川内原発20年延長 原子力専門委 構成見直しへ 南日本放 2021/09/21 TOP
鹿児島県の塩田知事は、今後、川内原発の運転延長について話し合うことになる県の専門委員会に原子力政策に批判的な学識経験者も加えるため、国や他の県の委員などから発言や研究内容を踏まえて検討を進めていることを明らかにしました。(後略)

 
[2021_09_21_02]
伊方原発3号機 核燃料の装填完了(愛媛) 愛媛新聞 2021/09/21 TOP
四国電力は20日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の原子炉に核燃料を装填(そうてん)する作業が完了したと発表した。燃料装填はテロ対策施設の完成前検査を受けるのが目的で、今後原子力規制委員会が原子炉格納容器の気密性を検査する。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 24 >  記事番号[116]〜[120] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_22_01]
火災感知器不備、さらに100台 不適正な場所に設置 東電 時事通信 2021/09/22 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で火災感知器が不適正な場所に設置されていた問題で、東電は22日、対象となる約2000台の感知器を調べた結果、新たに100台で不備が見つかったと発表した。(後略)

 
[2021_09_22_02]
アメリカが福島県産品など輸入規制を撤廃 福島放送 2021/09/22 TOP
アメリカは、福島第一原発の事故以降続けていた、日本産食品の輸入規制を撤廃しました。県内では、コメなど35品目が輸出可能となりました。福島第一原発の事故が起きてから、アメリカは、福島や栃木など14県の100品目の輸入を停止してい(後略)

 
[2021_09_22_03]
「最後の機会」にじむ危機感 東電経営陣が記者会見 柏崎原発 時事通信 2021/09/22 TOP
「最後の機会を与えられたとの覚悟を持って取り組む」。原子力規制委員会への報告書提出後、東京都内で22日に記者会見した東京電力の小林喜光会長は厳しい口調で話した。原発を運転する資格があるのかが問われる事態に、危機感をにじませ(後略)

 
[2021_09_22_04]
東京電力が改善措置報告書提出 社長は減給 原発所長は辞任 新潟放送 2021/09/22 TOP
新潟県にある柏崎刈羽原発でテロ対策不備が相次いでいた問題で東京電力は22日、改善措置報告書を原子力規制委員会に提出しました。柏崎刈羽原発では外部からの侵入を検知する設備が故障し、代替措置が不十分だった問題などが相次いで発覚(後略)

 
[2021_09_22_05]
対テロ不備問題、東電社長を減給処分…原子力部門トップは解任 読売新聞 2021/09/22 TOP
東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)のテロ対策に重大な不備が見つかった問題で、東電は22日、原因の調査結果や再発防止策をまとめた報告書を原子力規制委員会に提出した。幹部が現場の実態を把握できていなかったとして、小早川智明(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 25 >  記事番号[121]〜[125] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_22_06]
東京電力 柏崎刈羽原発のテロ対策不備「意識の低さあった」 NHK 2021/09/22 TOP
新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所でテロ対策上の重大な不備が相次いだ問題で、東京電力は「原子力部門全体で核セキュリティーに対する意識の低さがあった」などとする報告書を原子力規制委員会に提出しました。柏崎刈羽原発では、社員に(後略)

 
[2021_09_23_01]
東京電力 「生まれ変わる」と強調も… 柏崎市長「認識がいまだ足りない」 NST 2021/09/23 TOP
東京電力は22日、柏崎刈羽原発の核物質防護の不備を巡る問題について、組織の風通しの悪さなどを原因にあげた報告書を、原子力規制委員会に提出しました。その後に開かれた会見で、幹部が何度も強調したのは…小早川智明 社長:「本気で(後略)

 
[2021_09_23_02]
柏崎刈羽7号機の安全対策工事 新たに5か所が未完了と発表 NHK 2021/09/23 TOP
柏崎刈羽原子力発電所7号機について、東京電力が終わったと発表していた安全対策工事の一部が完了していなかった問題で、東京電力は、新たに配管の貫通部で浸水を防ぐ工事が5か所、未完了だったと発表しました。東京電力は柏崎刈羽原発(後略)

 
[2021_09_23_03]
核燃サイクル政策主張分かれる/河野氏「撤退」 岸田・高市氏「維持」 東奥日報 2021/09/23 TOP
自民党総裁選で、使用済み核燃料を再処理して原発で再び利用する「核燃料サイクル政策」が争点化している。河野太郎行政改革担当相が持論のサイクル撤退に踏み込んだ一方、岸田文雄前政調会長と高市早苗前総務相は総裁選を通じて政策の維(後略)

 
[2021_09_24_01]
柏崎刈羽原発のテロ対策報告書 地元「東電、変わっていない」 毎日新聞 2021/09/24 TOP
東京電力が柏崎刈羽原発(新潟県)で相次いで発覚したテロ対策の不備に関する報告書を原子力規制委員会に提出したことを受け、同原発の地元関係者からは内容に対する厳しい見方が示された。「分析が甘い」といった指摘のほか、「東電は何(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 26 >  記事番号[126]〜[130] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_24_02]
新潟県 原発30キロ圏内の住民に「安定ヨウ素剤」を事前配布へ TeNY 2021/09/24 TOP
新潟県は柏崎刈羽原発から30キロ圏内の住民に対し「安定ヨウ素剤」を事前に配布すると発表しました。甲状腺の被ばくを抑える「安定ヨウ素剤」について、県は原発から5キロ圏内の住民を対象に事前に配布しています。一方、30キロ圏内に(後略)

 
[2021_09_24_03]
柏崎刈羽原発の通行証紛失 東電は詳細公表せず、誤廃棄も 新潟日報 2021/09/24 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)に出入りする協力会社2社が2019年、原発構内や、構内の核物質防護上重要なエリアに車両で入るための通行証を紛失したり、誤って廃棄したりしていたことが24日、東電などへの取材で分かった。東電によると(後略)

 
[2021_09_25_01]
1000年前「未知の巨大地震」が発生か、九十九里浜に大津波の跡 読売新聞 2021/09/25 TOP
千葉県・房総半島沖で1000年ほど前に未知の巨大地震があり、九十九里浜一帯が大津波に襲われた可能性があると、産業技術総合研究所などのチームが発表した。地震の規模はマグニチュード(M)8・5〜8・8で、当時の海岸線から3キロ・メー(後略)

 
[2021_09_25_02]
侵入者を検知する設備 長期間の機能喪失が111件 復旧まで最長で337日 NST 2021/09/25 TOP
柏崎刈羽原発で、侵入者を検知する設備が長期間機能を失っていた問題。東京電力が設置した第三者検証委員会の報告書によりますと、故障から復旧まで30日以上かかる事案が2018年度以降111件発生し、復旧までの期間は最長で337日に及ん(後略)

 
[2021_09_25_03]
六ヶ所再処理工場で放出されたトリチウムは福島第一原発の2.5倍〜5倍 山崎久隆 たんぽぽ 2021/09/25 TOP
◎福島第一原発からの汚染水海洋投棄が問題になっているが、もう一つ忘れてはならないのが再処理工場からの排出だ。再処理工場では使用済燃料を裁断し硝酸に溶かす。いわばデブリと同様に、ペレットや燃料被覆管の「壁」を壊してしまう。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 27 >  記事番号[131]〜[135] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_26_01]
関電、不祥事後絶たず コンプラ改革道険し 金品問題2年 産経新聞 2021/09/26 TOP
関西電力を大きく揺るがした役員らによる金品受領問題は、27日で公表から2年がたつ。「内向きな企業体質」「コンプライアンス(法令順守)意識が欠落」−。旧経営陣に代わって登板した森本孝社長らは、外部有識者の監督を受けながら指弾(後略)

 
[2021_09_26_02]
福島原発で原発水浄化装置にまた異常…追加破損の可能性あり=韓国報道 WOW!KOR 2021/09/26 TOP
福島第1原発の放射能水を処理する多核種除去設備(ALPS/アルプス)でフィルター破損が相次いで確認されている。今後、追加調査が予定されており、より多くの破損が確認される可能性がある。今月21日、共同通信によると、福島原発の運営会(後略)

 
[2021_09_27_01]
福島農家への賠償過少に 団体と個人で差 東電 時事通信 2021/09/27 TOP
東京電力福島第1原発事故の影響による損害への賠償をめぐり、地元農家でつくる福島県農民運動連合会は27日、ナシやブドウの生産農家への賠償金が本来支払われるべき金額より過少だったとして、東京電力ホールディングスと経済産業省、文(後略)

 
[2021_09_27_02]
韓国がIAEA議長国に選出 処理水問題へ影響か テレ朝 2021/09/27 TOP
韓国政府は27日、IAEA(国際原子力機関)の理事会で、次の議長国に選ばれたと発表しました。議長国の任期は来年9月までで、核問題や原子力の平和利用などを話し合うIAEAの理事会などでの調整役を担います。極東の国ではこれまで日本がほ(後略)

 
[2021_09_27_03]
「核燃料サイクルは絶対必要」 日本原燃社長が強調 産経新聞 2021/09/27 TOP
自民党総裁選の争点の一つとなっているエネルギー問題をめぐり、日本原燃の増田尚宏社長は27日の定例会見で、原発の使用済み燃料を再処理して再び燃料として使う「核燃料サイクル」について、「原子力発電のメリットを生かすためにサイク(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 28 >  記事番号[136]〜[140] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_28_01]
「千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見」の抜粋 山崎久隆 たんぽぽ 2021/09/28 TOP
なお、論文の日本語解説は産総研のホームページに「千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見」https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2021/pr20210903/pr20210903.html として掲載されている。以下は、その抜粋。是非(後略)

 
[2021_09_28_02]
動かせと言って原発を止める方法 古賀茂明〈週刊朝日〉 アエラ 2021/09/28 TOP
自民党の新総裁が9月29日で決まる。その結果によって大きく影響を受けるものがある。それは、原発政策だ。今回の総裁選では河野太郎氏の脱原発政策が揺らいだと話題になった。河野氏は、再生可能エネルギー最優先を唱えるが、再エネだけ(後略)

 
[2021_09_28_03]
中国、第2位の原発大国に 仏の発電量抜き、米に次ぐ 共同通信 2021/09/28 TOP
中国の原子力発電量が2020年に原発大国のフランスを抜き、米国に次ぐ世界第2位になったことが28日、国際チームが公表した「世界原子力産業現状報告21年版」で分かった。11年の東京電力福島第1原発事故を経て、世界全体の原子力発電量は(後略)

 
[2021_09_28_04]
伊方原発3号機の火災感知器 140カ所で不適切設置 消防法施行規則満たさず 愛媛新聞 2021/09/28 TOP
四国電力伊方原発3号機(伊方町)で約140カ所の火災感知器が消防法施行規則を満たさない状態で設置されていたことが27日、分かった。東京電力福島第1原発事故後の新規制基準は、火災発生時に熱や煙を検知する火災感知器を規則に準じ設置(後略)

 
[2021_09_28_05]
「千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見」山崎久隆 たんぽぽ 2021/09/28 TOP
◎1000年前の巨大津波が九十九里浜海岸に2011年3月11日以後、日本の沿岸各地において津波堆積物に関する調査が活発に行われるようになった。その成果の1つが、9月3日(日本時間)にネイチャー・ジオサイエンス誌に発表された。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 29 >  記事番号[141]〜[145] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_29_01]
地下70mより深くに10万年 規制委、廃炉ごみ処分場の基準決定 毎日新聞 2021/09/29 TOP
原発の廃炉に伴って生じる汚染度の高い放射性廃棄物(廃炉ごみ)について、原子力規制委員会は29日の定例会合で、処分場の規制基準を決めた。電力会社などは、地下70メートルより深い場所に処分場を設けて約10万年間、地中で隔離しなけれ(後略)

 
[2021_09_29_02]
政府、24年度に除染開始 福島の帰還困難区域 時事通信 2021/09/29 TOP
政府は29日、東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域のうち、2022〜23年春の避難解除を目指す「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)以外の除染作業を、24年度をめどに始める方針を示した。帰還困難区域を抱える福島県内の7市町村のうち(後略)

 
[2021_09_29_03]
浜岡原発 排気筒の解体作業進む 来年2月に撤去完了 静岡・御前崎市 TV静岡 2021/09/29 TOP
解体作業原発の象徴が解体されています。2009年に運転を終了した浜岡原子力発電所の1号機と2号機では、いま廃炉作業の一環として、排気筒を撤去するために解体作業が進められています。8月30日から解体が始まったのは1号機と2号機の共(後略)

 
[2021_09_29_04]
福島原発事故 国・東電に対し県内避難者への賠償命令 高松高裁が一審より賠償増額判決 EBC 2021/09/29 TOP
福島第一原発の事故を受けて、愛媛に避難している被災者が国と東京電力を訴えている控訴審で、高松高裁は29日、一審に続いて国と東京電力に損害賠償を命じました。この裁判では2011年の福島第一原発の事故を受け、愛媛に避難している福島(後略)

 
[2021_09_29_05]
関西電力の元役員ら 大阪地検が不起訴の方針固める 金品受領問題と報酬補填問題で 関西TV 2021/09/29 TOP
刑事告発されていた関西電力の元役員らについて、大阪地検が不起訴にする方針を固めたことが分かりました。関西電力の八木誠前会長や岩根茂樹前社長ら9人は、原発が立地する福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取り、元助役の関係(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 30 >  記事番号[146]〜[150] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_29_06]
追加検査に「1年前後」 柏崎原発のテロ対策不備 規制委 時事通信 2021/09/29 TOP
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)でテロ対策の不備が相次いだ問題で、原子力規制委員会の更田豊志委員長は29日の定例記者会見で、東電に対する追加検査の期間について、「大体1年前後だと思っている」との見通しを示した。同原発では、侵(後略)

 
[2021_09_29_07]
廃炉が決まっている原発は24基 日本はすでに「大量廃炉時代」に入っている 沖基幸 たんぽぽ 2021/09/29 TOP
廃炉(廃止措置)とは、運転を終了した原発を解体撤去して更地にするまでの一連の工程をいう。建屋から全ての使用済み燃料を運び出した後、設備や配管を除染して解体し、最後に原子炉と建屋を解体する。プロセスは、主に4段階に分かれ、中(後略)

 
[2021_09_29_08]
日本海が震源の地震で「異常震域」 太平洋側が揺れた理由とは 毎日新聞 2021/09/29 TOP
29日午後5時37分ごろ、日本海中部を震源とする地震があり、北海道から関東の太平洋側の広い地域で震度3を観測した。気象庁によると、震源の深さは400キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・1と推定される。震源は日本海だったが、震(後略)

 
[2021_09_29_09]
二審も国と東電に賠償命令 原発避難巡る松山訴訟 共同通信 2021/09/29 TOP
東京電力福島第1原発事故で福島県から愛媛県に避難した住民ら23人が、国と東電に計約1億3200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、高松高裁(神山隆一裁判長)は29日、一審松山地裁判決と同様に国と東電の責任を認め、賠償額も上積(後略)

 
[2021_09_30_01]
避難訓練を行わなければならないほど危険な施設は原発だけ 木原荘林 たんぽぽ 2021/09/30 TOP
◎政府や自治体は、原発重大事故を想定した避難訓練を行っています。それは、原発は重大事故を起こしかねないことを、政府や自治体が認めているからです。ただし、政府や自治体の「避難計画」では、わずかの期間だけ避難することになって(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 31 >  記事番号[151]〜[155] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_09_30_02]
2年前の破損で原因調査しなかった排気フィルター、またも破損 32か所 読売新聞 2021/09/30 TOP
東京電力は30日、福島第一原子力発電所の汚染水浄化設備の排気フィルター全76か所のうち、32か所が破損していたと発表した。2年前にも同じフィルターの破損が判明したが原因調査をせず、公表もしなかった。東電は内部の報告体制を見直す(後略)

 
[2021_09_30_03]
伊方原発3号機の再稼働、延期の可能性 定例会見で四電社長が示唆 愛媛新聞 2021/09/30 TOP
四国電力の長井啓介社長は30日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働日程について、当初計画の10月12日から延期する可能性があるとの考えを改めて示した。高松市の本店で開かれた定例会見で「(運転再開)日程が動く可能性が十分ある(後略)

 
[2021_09_30_04]
新潟県の花角知事 原発の検証をめぐる総括委員会が開けないと説明 TeNY 2021/09/30 TOP
柏崎刈羽原発の再稼動議論の前提となる新潟県の3つの検証について、花角知事は9月30日の県議会で“委員長と共通の認識が持てない"ことを理由に、検証総括委員会を開けないと説明しました。柏崎刈羽原発をめぐって、新潟県は安全性などを(後略)

 
[2021_09_30_05]
韓国水協会長、国際協同組合同盟に日本原発汚染水への共同対応を要請 中央日報 2021/09/30 TOP
国際協同組合同盟(ICA)水産委員会委員長のイム・ジュンテク韓国水産協同組合中央会長が、第33回世界協同組合大会の開催点検のために29日に来韓したブルーノ・ローランツICA事務局長に会い、日本政府の福島原発汚染水海洋放出問題や協(後略)

 
[2021_10_01_01]
上関原発建設に向けたボーリング調査 準備作業を再開出来ず 山口放送 2021/10/01 TOP
中国電力は上関原発建設に向け計画している海のボーリング調査に向けた準備作業を1日、再開させようとした。しかし反対派住民が海域に集まるなどしたため作業に取りかかることができなかった。1日午前10時過ぎ、準備作業を行なうため中(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 32 >  記事番号[156]〜[160] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_10_01_02]
東電の姿勢に 梶山大臣「不信生んでいる」 日テレ 2021/10/01 TOP
梶山経済産業大臣は、1日朝の会見で、福島の復興に向けた東京電力の姿勢について、「不信を生んでいる」と厳しく指摘しました。自民党幹事長代行への就任が内定している梶山大臣は、ことし4月に福島第一原発の「処理水」を海洋放出する(後略)

 
[2021_10_01_03]
安全対策工事、完了1年先に 島根原発2号機 中国電力 時事通信 2021/10/01 TOP
中国電力は1日、島根原発2号機(松江市)の再稼働に必要な安全対策工事について、完了予定時期を2021年度内から22年度内に見直したと発表した。中国電によると、防波壁などで追加の対策工事が必要となったためで、原子力規制委員会に補正(後略)

 
[2021_10_02_01]
乾式貯蔵施設の事前了解めぐり市民団体が要望質問書【 サガTV 2021/10/02 TOP
九州電力が設置を目指す玄海原子力発電所の「乾式貯蔵施設」について、市民団体が1日県庁を訪れ、施設の安全性を確認することなどを求める質問要望書を提出しました。質問要望書を提出したのは「玄海原発の廃炉問題を考える会」です。要(後略)

 
[2021_10_02_02]
福島第一原発の排気フィルター4割超破損…東電、2年前は公表も原因調査も行わず 読売新聞 2021/10/02 TOP
東京電力は9月30日、福島第一原発の汚染水浄化設備の排気フィルター全76か所のうち、4割超の32か所が破損していたと発表した。2年前にも同じフィルターの破損が判明したが原因調査をせず、公表もしていなかった。東電は不具合の公表に関(後略)

 
[2021_10_02_03]
帰還困難区域の2町道1・6キロで車両通行規制が解除 福島県双葉町 福島民報 2021/10/02 TOP
東京電力福島第一原発事故に伴う福島県双葉町の帰還困難区域で、政府は1日、町道101号(新山・鴻草線)と109号(鴻草・寺松線)合わせて約1・6キロの車両通行規制を解除した。同日午前9時に浪江町との境に設けられたゲートが開放された。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 33 >  記事番号[161]〜[165] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_10_03_01]
寿都町長選へ「前哨戦」 立候補予定者、公約訴え 道新 2021/10/03 TOP
【寿都】任期満了に伴う後志管内寿都町長選(21日告示、26日投開票)の立候補予定者の政策発表会(北海道新聞社など主催)が2日、町内で開かれた。6選を目指す現職片岡春雄氏(72)と、前町議の新人越前谷由樹氏(69)が、原発から出る高(後略)

 
[2021_10_03_02]
原発事故、追加賠償の相談増加 「時効10年」対象外も 河北新報 2021/10/03 TOP
東京電力福島第1原発事故によって大きな被害を受けた福島県南相馬市で、市民からの追加賠償の相談が増加傾向にある。避難時に家族が要介護認定を受けていた場合などは、賠償請求の時効(10年)にかかわらず、さかのぼって損害が認められ(後略)

 
[2021_10_04_01]
柏崎刈羽原発のID不正使用と核物質防護設備の損傷放置について 山崎久隆 たんぽぽ 2021/10/04 TOP
項目紹介1.「報告をしない」背景を調べない2.核物質防護の欠落は運転停止命令が当然(後略)

 
[2021_10_04_02]
核のごみ調査めぐり20年ぶり「町長選挙」候補2人の主張に揺れる町民 UHB 2021/10/04 TOP
原発から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる"核のごみ"の最終処分場選定に向け文献調査が進む北海道寿都町。10月26日に町長選を控える中、立候補を予定する2人が語ったこととは。現職 片岡 春雄さん(72):「(Q:意気込みは?)平常心で(後略)

 
[2021_10_04_03]
伊方原発周辺住民への訪問活動 コロナ禍で直接対話なくリーフレット投函だけに EBC 2021/10/04 TOP
四国電力は伊方原発周辺の住民への訪問活動を4日ら始めました。新型コロナ対策のため直接対話ではなく、リーフレット投函の形がとられています。これは原子力発電への理解を深めてもらうため、四国電力が毎年実施しているもので、伊方原(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 34 >  記事番号[166]〜[170] / 記事総数[174]  5進む▼ 

[2021_10_04_04]
原子力規制委が日本原電本店へ立ち入り検査 福井放送 2021/10/04 TOP
日本原電が敦賀原発2号機の安全審査に関する資料のデータを無断で書き換え、審査が中断している問題で、原子力規制委員会は4日朝、東京都台東区の日本原電本店への立ち入り検査を始めた。(10月4日)書き換えられたのは日本原電が規制委(後略)

 
[2021_10_05_01]
島根原発再稼働めぐり住民説明会 中国電力 時事通信 2021/10/05 TOP
中国電力は5日、島根原発2号機(松江市)が再稼働に必要な国の審査に合格したことなどを受け、松江市鹿島町で地元住民らへの説明会を開いた。合格後の説明会は初めてで、担当者が審査状況や安全対策などについて説明した。説明会は約1時(後略)

 
[2021_10_05_02]
伊方原発3号機のテロ対策施設完成 再稼働は延期 愛媛新聞 2021/10/05 TOP
四国電力は5日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)のテロ対策施設の設置が完了し、運用を開始したと発表した。大型航空機が故意に衝突した際にも原子炉格納容器の破損を防ぐ機能などを備える。2011年3月の東京電力福島第1原発事故後に設け(後略)

 
[2021_10_05_03]
東電社長に柏崎市長が原因分析の甘さ指摘 新潟放送 2021/10/05 TOP
新潟県柏崎市の桜井市長は5日、東京電力の小早川社長と面会していたことを明らかにしました。小早川社長は柏崎刈羽原発の一連の問題を謝罪し、改善計画を説明したということです。柏崎刈羽原発では侵入検知設備の故障といった核物質防護(後略)

 
[2021_10_05_04]
高レベル放射性廃棄物 「ガラス固化体」の作業中止 原子力機構 NHK 2021/10/05 TOP
日本原子力研究開発機構は、茨城県東海村の再処理施設で進めている、高レベル放射性廃棄物の液体を長期保管するためにガラスで固める作業を中止し、今後、予定の見直しを検討すると発表しました。東海村にある原子力機構の再処理施設では(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 35 >  記事番号[171]〜[174] / 記事総数[174]

[2021_10_05_05]
東京電力に核物質を扱う資格はない 山崎久隆 たんぽぽ 2021/10/05 TOP
5.東電本店に核物質防護に係るマニュアルがない…報告書には重大な事実が記載されている。本店に核物質防護に係る基本マニュアル等が存在しないというのだ。(後略)

 
[2021_10_06_01]
青森県で震度5強 津波なし NHK 2021/10/06 TOP
6日午前2時46分ごろ、岩手県沖で地震があり、青森県で震度5強の強い揺れを観測したほか盛岡市などで震度5弱の揺れを観測しました。この地震による津波はありませんでした。気象庁はデータを詳しく解析した結果、(後略)

 
[2021_10_06_02]
青森県で震度5強 気象庁「今後の地震に注意」 NHK 2021/10/06 TOP
青森県で震度5強の揺れを観測した地震について、気象庁の束田進也地震津波監視課長は午前4時50分から記者会見を開き「揺れの強かった地域では落石や崖崩れなどの危険性が高まっているので、今後の地震活動や雨の状況に十分注意してほしい(後略)

 
[2021_10_06_03]
岩手 岩手町 信号機の支柱が折れて道路の一部をふさぐ NHK 2021/10/06 TOP
警察によりますと、震度4の揺れを観測した岩手県岩手町で、国道4号線にある信号機の支柱が折れて道路の一部をふさぎ、現場付近は片側通行になっているということです。警察が詳しい状況を確認しています。(後略)
戻る 記事終了 戻る