中越地震

地震名(震災名) 発生年月日   時分  緯度(度)  経度(度)  深さ(km)  M  最大震度 死者・行方
不明者数
全・半壊
戸数
新潟県中越地震 2004/10/23 17時56分 37.3 138.9 13 6.8 7 68 16985

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事16850】
新潟で震度6強 震源浅く 重力超す1500ガル 小千谷観測 毎日新聞  2004/10/24 TOP

 
【記事16900】
M7.5 死者26人、家屋全壊2000戸 「64年新潟」以来の規模 毎日新聞  2004/10/24 TOP

 
【記事16950】
新潟で震度6強3回 10人死亡、640人以上けが M6.8 上越新幹線脱線 毎日新聞  2004/10/24 TOP

 
【記事16951】
新幹線脱線 揺らぐ"安全神話" 防災対策の練り直し急務 脱線は想定外 デリ東北  2004/10/24 TOP

 
【記事16952】
波打つ地盤「活褶曲帯」プレートが圧縮、ひずみ 脱線した新幹線の乗客 茨城新聞  2004/10/24 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事17000】
新幹線 脱線後、1.6キロ走る 新潟中越地震 震度7観測 小千谷市の一部 毎日新聞  2004/10/25 TOP

 
【記事17050】
新潟中越地震 地震に強い社会作りを 専門家に聞く 毎日新聞  2004/10/25 TOP

 
【記事17051】
新潟県中越地震 新幹線への対策急げ 毎日新聞  2004/10/25 TOP

 
【記事17052】
21キロの断層 1.8メートルずれる 国土地理院 GPSデータ解析 中日新聞  2004/10/25 TOP

 
【記事17053】
活動断層は特定できず 政府調査委 福井新聞  2004/10/25 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事17054】
新潟県中越地震 加速度と余震"直撃" 周期1秒の波 被害呼ぶ 震源浅く余震頻発 中日新聞  2004/10/25 TOP

 
【記事17055】
22人死亡 負傷2100人 「新潟県中越地震」と命名 余震なお 阪神以来の被害 デリ東北  2004/10/25 TOP

 
【記事17056】
モルタル落下 6基通常運転 柏崎原発 新潟日報  2004/10/25 TOP

 
【記事17058】
高架橋脚に斜め亀裂 上越新幹線 トンネル内も崩落 読売新聞  2004/10/26 TOP

 
【記事17060】
新潟中越地震 東海地震と違うメカニズム 「二次災害拡大タイプ」  静岡新聞  2004/10/27 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事17062】
新潟中越地震 被災地再び震度6弱 気象庁 「6強の警戒必要」 静岡新聞  2004/10/27 TOP

 
【記事17064】
柏崎刈羽原発なぜ止めない 市内北半田1 本間保 (医師) 柏崎日報  2004/10/27 TOP

 
【記事17066】
本震と27日のM6.1余震 交差した2断層動く? 静岡新聞  2004/10/30 TOP

 
【記事17068】
新潟中越地震 川口町 震度7だった 阪神大震災以来2度目 毎日新聞  2004/10/31 TOP

 
【記事17070】
新潟県中越地震 上越新幹線高架橋柱せん断 強度計算適切だったか デリ東北  2004/11/01 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事17072】
地震終息まで停止を 柏崎原発に反対派申し入れ 柏崎日報  2004/11/02 TOP

 
【記事17074】
直下型 脅威まざまざ ひずみ集中、断層ずれ 発生間隔長く詳細不明 福井新聞  2004/11/03 TOP

 
【記事17076】
柏崎原発2号機 冷却系不具合の原因は検出器断線 柏崎日報  2004/11/04 TOP

 
【記事17078】
中越また震度5強 新幹線一時見合わせ 柏崎原発7号機が停止 新潟日報  2004/11/04 TOP

 
【記事17080】
原発のある柏崎市、刈羽村では 余震で緊急停止、不安広がる 赤旗  2004/11/05 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事17082】
本震と2回の余震 3つの断層 次々に活動 予知連分析 複雑な地下構造 中日新聞  2004/11/05 TOP

 
【記事17084】
原発運転停止を再度申し入れ 地元反対3団体 柏崎日報  2004/11/05 TOP

 
【記事17086】
東電・国の連絡遅れ 市議会が市対応ただす 全協 柏崎日報  2004/11/06 TOP

 
【記事17088】
「なぜ出ない 柏崎の震度」 市民に募る不安 新潟日報  2004/11/08 TOP

 
【記事17090】
大地震「空白域」 日本海沿岸に5カ所 発生時期は予測困難 日経新聞  2004/11/08 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事17092】
余震続く間は 原発の停止を 医師 本間保(新潟県柏崎市) 朝日新聞  2004/11/08 TOP

 
【記事17094】
新潟中越地震 震度5強余震 栃尾・魚沼で8人けが 河北新報  2004/11/08 TOP

 
【記事17096】
柏崎原発7号機 余震の終息まで柏崎原発停止を 県に共産党系団体 新潟日報  2004/11/09 TOP

 
【記事17098】
震度5級の余震 今後一か月要警戒 読売新聞  2004/11/09 TOP

 
【記事17100】
新潟中越地震 その時企業は 東北電力 非常体制素早く始動 東京電力 連絡体制一部に不備 日経新聞  2004/11/10 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事17102】
柏崎原発所長 「安全」を強調 柏崎原発6号機営業運転を再開 柏崎日報  2004/11/11 TOP

 
【記事17104】
石黒耀氏に聞く 「巨大地震発生で心配なのは原発のメルトダウンです」 ゲンダイ  2004/11/15 TOP

 
【記事17128】
安全協定見直し不要 柏崎刈羽原発所長が示唆 新潟日報  2004/12/10 TOP

 
【記事17130】
新潟県中越地震 現実に合わない原発の安全審査 武本和幸 ふえみん  2004/12/15 TOP

 
【記事17136】
柏崎原発 通報連絡などの当番者 所内宿直体制へ 地震踏まえ国が指導 柏崎日報  2004/12/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事17138】
新潟県中越地震で柏崎刈羽原子力発電所に影響はなかったのか? 新潟日報  2004/12/19 TOP

 
【記事17140】
柏崎刈羽原発付近 想定超す大地震の恐れ 敷地周辺に巨大活断層も 赤旗  2004/12/19 TOP

 
【記事17198】
福岡沖玄海地震 列島に「安全地帯」なく 未知の活断層動く 警固断層との関連指摘も 毎日新聞  2005/03/21 TOP

 
【記事17340】
女川原発の耐震設計では宮城県沖地震に耐えられない 翠の風 2005/08/20 TOP
(前略)「8・16宮城地震」で自動停止した女川原発で251.2ガルを記録 「設計用最強地震動」の250ガルを超えた 2003年5月の三陸南地震で観測した225ガルを上回り、過去最大設計用最強地震動を超えたことは「国内の原発では初めての可能性」(後略)

 
【記事18024】
ひずみ集中帯で多発 「中越は活動期」証明 海底断層調査は不十分 毎日新聞  2007/07/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事18045】
揺れ、物が浮き上がるほど 地下構造単純 少ない余震 朝日新聞  2007/07/18 TOP

 
【記事18054】
中越のひずみ引き金 「長岡平野西縁でも危険性」 産総研が解析 毎日新聞  2007/07/18 TOP

 
【記事18057】
社説 原発の耐震度、基準は甘く備えは薄い 日経新聞  2007/07/18 TOP

 
【記事18066】
新潟県中越沖地震における柏崎刈羽原発の地震観測記録について 東京電力  2007/07/19 TOP
_

 
【記事18093】
放射能放出やまず 微量「人体に影響なし」 地震計データ一部消失 朝日新聞  2007/07/20 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事18105】
「将来、壊滅的原発震災の可能性」 「耐震指針改善を」 石橋氏指摘 毎日新聞  2007/07/21 TOP

 
【記事18153】
1号機原子炉建屋地下5階(基礎版上)の加速度応答スペクトル 抜粋 東京電力  2007/07/30 TOP
_

 
【記事18156】
新潟県中越沖地震時に取得された地震観測データの分析(第一報) 東京電力  2007/07/30 TOP
_

 
【記事18162】
「図2 5号機地盤系の概要」 抜粋 東京電力  2007/07/30 TOP
_

 
【記事18165】
最大加速度値と設計時の最大加速度応答値の比較 抜粋 東京電力  2007/07/30 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事18168】
柏崎刈羽原発 新潟県中越沖地震時に取得された地震観測データの分析 東京電力  2007/07/30 TOP
_

 
【記事18174】
原発で世界最大の揺れか 設計想定の2.5倍 最大2058ガル観測 東京新聞  2007/07/31 TOP

 
【記事18189】
直下のマグマが原因か 中越沖地震 東北大が研究 読売新聞  2007/08/07 TOP

 
【記事18210】
柏崎原発 閉鎖求める声明を発表 専門家らの会 新潟日報  2007/08/22 TOP

 
【記事18255】
中越沖地震 原発敷地内は「震度7」 京大研試算「阪神並み」 新潟日報  2007/10/01 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事18294】
M7級、見落としの恐れ 地表頼りの地震推測 産総研「2回に1回」 デリ東北  2007/10/24 TOP

 
【記事18372】
トップも寝耳に水 情報 現場レベル止まり 再評価 新潟日報  2007/12/07 TOP

 
【記事18396】
1号機は震度7 東電 7月末把握、公表せず 新潟日報  2007/12/25 TOP

 
【記事18408】
断層権威の警告無視 名前利用「嫌気差した」 突然の辞意 新潟日報  2008/01/01 TOP

 
【記事18477】
柏崎原発 断層調査 深さ不十分 専門家指摘 10キロまで必要 新潟日報  2008/02/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事18498】
観光被害500億円 あいまいな県の試算 配分根拠も「説明できぬ」 新潟日報  2008/03/03 TOP

 
【記事18612】
司法判断と現実に落差 中越沖 地震動 想定の2倍強 新潟日報  2008/04/26 TOP

 
【記事18654】
「私自身も結審したい」 現実との落差 募る苦悩 追加された争点 新潟日報  2008/05/03 TOP

 
【記事18672】
断層帯を境に被害差 「長岡平野西遠」地震動遮る 中越・中越沖 新潟日報  2008/05/09 TOP

 
【記事18771】
国内最大の揺れ 4022ガル 「中越」超える 読売新聞  2008/06/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事18774】
岩手・宮城地震 震源地近く 短周期多かった地震波 浅い震源 毎日新聞  2008/06/17 TOP

 
【記事24450】
★大災害データベース/近年の日本の強震録(2001年〜2010年) 管理人G 2011/01/01 TOP
_

 
【記事26550】
日本の原発を考える_No.3_-おこるべくして起きた原発事故- Market  2011/11/02 TOP
_

 
【記事28090】
再稼働以前の問題だ 連動地震の危機が迫っている1 よせ新聞  2012/04/15 TOP

 
【記事30720】
地震調査委 九州M6.8以上 28カ所 活断層 新手法で評価 毎日新聞  2013/02/02 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事31220】
淡路島地震「未知の断層」 「伊方」近く超巨大断層 東京新聞  2013/04/16 TOP

 
【記事32410】
「常識」で作られた建造物 強震計の大増設でわかった驚愕の事実 夕刊フジ  2013/12/06 TOP
大地震の揺れが、以前知られていたよりもずっと大きいことが分かってきた。前回の高感度地震計とちがって今回は感度を下げた地震計の話をしよう。なぜ、そのようなものが必要なのだろう。わざわざ切れない包丁を用意するようなものだと思うだろうか。(後略)

 
【記事37030】
神城断層の活動原因か 政府地震調査委 分析結果を発表 東奥日報  2014/11/24 TOP

 
【記事37740】
『高浜原発再稼働差し止め仮処分』の読み方 私設情報  2015/04/19 TOP
4月14日、福井地裁(樋口英明裁判長)が、関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働を認めない仮処分決定を出しました。再稼働差し止めです。仮処分とは、新たな司法手続きによってそれが覆されないかぎり、効力が有効だという、裁判所による重い決定です。(後略)

 
【記事38140】
永長東海地震、康和南海地震 各地で火山噴火 日本海側では大津波も 東奥日報  2015/07/21 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事38710】
被害地震の地震情報及び関連記事情報(表形式) 地震わ会  2015/11/05 TOP
_

 
【記事40730】
科学する人 地震学者 石橋克彦さん 原発震災 警告届かず 東奥日報  2016/03/15 TOP

 
【記事41390】
過疎地域を襲う直下型地震 地震が人口減少を加速 夕刊フジ  2016/04/08 TOP
前回は都会での地震被害、ビルから降る「ガラスの雨」の話だった。しかし、地震は都会だけを襲うのではない。日本に多い過疎地域を襲う地震は、別の大きな問題を生じる。(後略)

 
【記事41600】
活断層による直下型か 浅い震源、過去にも 生活まひ 東奥日報  2016/04/15 TOP

 
【記事41620】
余震続く内陸地震 断層帯二つ 複雑に分岐 東奥日報  2016/04/15 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事41640】
九州新幹線の脱線区間、防止ガード未設置 毎日新聞  2016/04/15 TOP
熊本地震で九州新幹線の回送列車(6両編成)が脱線した。国土交通省によると、48の車輪全てが脱線していた。2004年10月の新潟県中越地震で、上越新幹線が脱線した事故を受け、JR各社はレールの内側などに脱線防止装置を備える対策を進めているが、今回の現場にはなかった。(後略)

 
【記事41800】
中林一樹氏 古い住宅の耐震化急務 井村隆介氏 活断層調査を役立てよ 東奥日報  2016/04/16 TOP

 
【記事41830】
全車両 左右にずり落ち 新幹線脱線 防止対策 計画になく 東奥日報  2016/04/16 TOP

 
【記事41850】
直下型 暮らし直撃 「阪神」と同タイプ 列島各地に活断層 東奥日報  2016/04/16 TOP

 
【記事41980】
珍しくない「後が本震」 名古屋大学地震火山研究センター教授 東奥日報  2016/04/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事42050】
熊本地震 2つの断層が連動 揺れの回数は過去最多 東京新聞  2016/04/18 TOP
 熊本県を中心に相次いでいる地震は、これまでに最大震度7、最大マグニチュード(M)7・3を記録し、大きな被害を出した。発生から四日目を迎え、これまでの地震の常識では割り切れない特異な姿が見えてきた。 (宇佐見昭彦、永井理)(後略)

 
【記事42400】
益城、16日も震度7 史上初2回目2か所同時も 東奥日報  2016/04/21 TOP

 
【記事42470】
熊本地震と阿蘇山噴火、南海トラフは関連するのか 島村氏に聞く ダイヤ  2016/04/21 TOP
4月14日から始まり、いまだに収束の気配が見えない熊本・大分の地震活動。16日には阿蘇山が小規模噴火を起こした。いずれ確実に来ると見られる南海トラフ巨大地震との関係性はあるのか、地球物理学(地震学)の専門家、島村英紀・武蔵野学院大学特任教授に聞いた。(後略)

 
【記事42520】
熊本南西部のひずみ警戒 複数断層、異例の同時活動 東奥日報  2016/04/22 TOP

 
【記事42540】
行政の判断があいまいな「震災関連死」 たんぽぽ  2016/04/22 TOP
 ある地震で何人の死者が出たかという数字がある。だが、この数字は警察庁発表と実際の死者数が違う。それは「震災関連死」というものがあり、警察庁の統計ではこの数字は入っていないからである。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事42560】
「新幹線の脱線対策は十分か」(時論公論) 中村幸司 解説委員 NHK  2016/04/22 TOP
新幹線の脱線対策は十分なのでしょうか。2016年4月14日の地震で、九州新幹線が脱線しました。2004年の新潟県中越地震で上越新幹線が脱線して以来、JR各社は脱線対策を進めてきていますが、今回、防ぐことができませんでした。(後略)

 
【記事42870】
「地震は予知できない」という事実 国の地震予測地図はアテにならない 東洋経済  2016/04/28 TOP
 4月14日以降、幾度となく熊本を襲った大地震。現地の被災者は「この地域では大地震が起こると想定していなかった」と口をそろえる。筆者は、日本に住んで32年、この国の素晴らしさを日々実感し、そして、日本を第二の祖国として愛してもいる。(後略)

 
【記事42880】
テレビ報道者も間違う「震度最大10」の誤解 日経ビジ  2016/04/28 TOP
 4月14日の熊本地震から2週間目を迎えようとしている。 私は、1995年の兵庫県南部地震、2004年の中越地震、そして2011年の東北地方太平洋沖地震と、この20年余、「震度7」の現場を何度も訪ね、巨大地震災害について多くのことを学んできたはずなのに、熊本地震の震度7は(後略)

 
【記事42940】
上越新幹線脱線事故 Wikipe 2016/05/01 TOP
上越新幹線脱線事故(じょうえつしんかんせんだっせんじこ)は、2004年(平成16年)10月23日、新潟県中越地震のため、上越新幹線において発生した列車脱線事故のことである。また、日本の新幹線の営業運転中の初めての脱線事故でもある。(後略)

 
【記事43010】
震度7 Wikipe  2016/05/02 TOP
(前略)気象庁は、震度7について、「立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。」と説明している[2]。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事43190】
検証 熊本地震 小さく見える発生確率 耐震基準 地域で差 毎日新聞  2016/05/15 TOP

 
【記事43250】
熊本地震の特性を踏まえ、川内原発の即時停止を求めます 原市民委  2016/05/17 TOP
2−2.2004年の中越地震を上回る大きな余震を伴う地震動が相次いでいる。 なぜ、こうした地震と地震動が発生するのか、その発生機構と地震波の伝搬と増幅過程は、その地域の特殊性ということで、十分に解明されないまま来ている。(後略)

 
【記事43390】
余震の性質 気象庁  2016/05/22 TOP
(前略) 比較的大きな地震が発生すると、その近くで最初の地震より小さな地震が続発します。この最初の大きな地震を本震、その後に引き続き起こる地震を余震といいます。 また、このような地震活動のパターンを「本震−余震型」といいます(注)。(後略)

 
【記事43400】
余震について_過去の地震の例 気象庁  2016/05/22 TOP
過去のいろいろな地震の余震活動はどうでしたか? 余震の収まり方は、地震によって異なります。本震の規模(マグニチュード)が大きいと、余震が収まるまでの期間が、平均的には長くなります。しかし本震の規模が比較的小さくても、余震活動が長く続くことがあります。反対に、本震の規模が大きくても、余震活動が比較的早く収まることもあります。(後略)

 
【記事44400】
よくある質問集_震度・マグニチュード、その他 気象庁  2016/06/24 TOP
××日の地震で○○市の震度情報が発表されないのはなぜですか? 地震情報で発表された震度は、体で感じた揺れより小さいと思いますがどうなっていますか? 地震の揺れを感じましたが、地震情報が発表されないのはなぜですか?(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[110] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事44410】
第1部_地震の基礎知識_1章_大きな地震と小さな地震_1.1_震度 防災科研  2016/06/24 TOP
(前略) 私たちは,これまでの経験から,大きな地震はめったに起こらないが,小さな地震は頻繁に発生することを知っています。ところで,地震の大きさを表わす言葉には,「震度」と「マグニチュード」(Mと略記される場合が多い)という2つの用語があり,世の中では大変に混同して用いられています。(後略)

 
【記事44840】
地震の年表(日本) Wikipe  2016/07/10 TOP
(前略) 最近発生した地震の情報については、ウィキニュース、あるいは他の報道をご覧ください。ウィキペディアでは最近発生した地震に関する情報の正確さや新しさを保証できません。また、編集に際しては地震直後の被害状況など、すぐに古くなると考えられる情報については落ち着くまで更新を留保してください。(後略)

 
【記事45060】
気象庁の震度階と震度7 地震防災  2016/07/15 TOP
震度7は気象庁の震度階級の最上位の階級であり、地震動の強さの程度が最大にランクされます。震度は震度計で計測された加速度振動を数値処理して算出された計測震度が用いられます。

 
【記事47200】
あてにならない"余震予知" 島村英紀  2016/09/16 TOP
余震とは、怪我をしたあとの疼(うず)きのようなものだ。本震の震源の拡がりの中で、小さめの地震が続くのが余震だ。しかし、「余」震だと油断してはいけない。本震で弱った建物が余震で崩壊してしまうこともある。(後略)

 
【記事48030】
特集ワイド 退任前に泉田・新潟知事語る 原点は「原発震災」体験 毎日新聞  2016/10/12 TOP
原発再稼働に慎重な立場を取ってきた新潟県の泉田裕彦知事(54)が、24日で任期満了を迎え、県庁を去る。4選を目指してきた「モノ言う知事」が立候補の撤回を突然表明したのは8月下旬だった。東京電力と対峙(たいじ)してきた原動力は何か。立候補見送りの背景には何があったのか。退任を前に語った。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 23 >  記事番号[111]〜[115] / 記事総数[116]  5進む▼ 

【記事48110】
地震が引き起こした大洪水 島村英紀  2016/10/14 TOP
今年は、日本に台風が8つも上陸した。洪水や浸水のニュースが飛び交ったが、じつは、過去1万年で地球上で起きた最も大規模な洪水は地震が起こしたものだ。伝説だった黄河の大洪水が実際に起きていて、その原因が地震だったことを示す研究論文がこの夏に発表された。米国の科学誌サイエンスに掲載された。(後略)

 
【記事50140】
基準地震動(水平方向620ガル)が小さすぎる 「免震重要棟なし」 たんぽぽ  2016/12/19 TOP
玄海原発玄海3号炉および4号炉の発電用原子炉設置変更許可申請書に関する審査書案は不適当である。その理由を以下に述べる。(後略)

 
【記事52160】
またも東電が隠ぺい工作。柏崎刈羽原発の免震棟に浮上した大問題 まぐまぐ  2017/02/24 TOP
またも東電の隠蔽工作が明らかになりました。再稼働の審査が進む柏崎刈羽原発の免震重要棟の耐震性に問題があることを知りながら、3年もの間隠し続けてきたというのです。(後略)

 
【記事53720】
熊本地震発生一年 通用しなかった経験則 島村英紀  2017/04/14 TOP
熊本地震から1年がたった。熊本地震から今年3月末までの約1年間に、同地震の活動域を中心に、人体に感じない小さい地震も含めた地震回数は九州で13万回、これは2015年に全国で起きた12万回を上回った。余震が熊本地震ほど多かった地震は日本で例がない。(後略)

 
【記事54670】
東北地方太平洋沖地震から学べ!「基準地震動」見直しを たんぽぽ  2017/05/29 TOP
5月24日に大飯原発3,4号機の設置変更許可が認可された。これまでに認可(あるいは既に稼働)された原発の基準地震動(水平方向最大加速度)―川内620、伊方650、高浜700、美浜993、玄海620、大飯856(単位:ガル)―が余りに小さいことは明らかだ。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 24 >  記事番号[116]〜[116] / 記事総数[116]

【記事55520】
梅雨や大雨が引き起こす「大規模地滑り」 地震の「後遺症」 島村英紀  2017/07/07 TOP
地震から9年もたってから「後遺症」が出た。先月24日朝、中国四川省にあるアバ・チベット族チャン族自治州の茂県で大規模な地滑りが起きた。100人以上が生き埋めになるなど、多数の犠牲者を生んだ。地滑りは現地時間で午前6時前。多くの人はまだ家にいた時間だった。(後略)

戻る 記事終了 戻る