北海道南西沖地震

発生日 地震名 その他の地震名 最大震度 死者・行方不明者(人) 特記 時分 緯度(度) 経度(度) 深さ(km) 全・半壊戸数
1993/07/12 北海道南西沖地震 奥尻島地震 7.8 5 230 22時17分 42.8 139.2 35 1024

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[45]  5進む▼ 

【記事11490】
津波情報に補足説明 検潮データ実際より低く 批判受け気象庁 毎日新聞  1983/07/31 TOP

 
【記事11546】
北海道・東北で強い地震 小樽、江差など震度5 ホテル倒壊、20余人下敷き 奥尻島など津波襲う M7.8 毎日新聞  1993/07/13 TOP

 
【記事11592】
日本海東縁部に断層線 大地震、過去に3回 毎日新聞  1993/07/13 TOP

 
【記事11638】
みんな津波で流された 「人家、大半焼けた」 奥尻島 都庁43階で「震度3」 エレベーター73基止まる 毎日新聞  1993/07/13 TOP

 
【記事11684】
無残 津波の傷跡 「空白域」埋める地震 前兆現象、観測されず 上下にずれた逆断層 津波の規模を大きく 毎日新聞  1993/07/13 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[45]  5進む▼ 

【記事11730】
地震感じた途端に津波 警報発令、最も早かったが 気象庁、ハイテク化にも限界 震源域内だった奥尻島 毎日新聞  1993/07/14 TOP

 
【記事11776】
社説 大地震への備えを怠るな 毎日新聞  1993/07/14 TOP

 
【記事11822】
堤防 大丈夫なはずが・・・ 「もう こんな土地に住めない」 「日本海中部地震教訓に」建設省は自賛していた 毎日新聞  1993/07/15 TOP

 
【記事11868】
日本海中部地震の教訓生きた 青苗の一家5人 「津波がくる」「高台へ」5分走りぬき、助かる 毎日新聞  1993/07/16 TOP

 
【記事11914】
思い複雑 奥尻島民 「総選挙」20人に聞く 家族不明で考えられず 30メートルの津波も 東大地震研調査 毎日新聞  1993/07/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[45]  5進む▼ 

【記事11960】
奥尻島東西に2本の活断層 海保が測量船調査で確認 仮設住宅100戸完成 きょうから入居開始 毎日新聞  1993/07/27 TOP

 
【記事12175】
検証・危険列島 PAGE 6-7 検証・危険列島 新版 (生越忠)  1995/02/22 TOP

 
【記事12198】
「平坦な海岸線でも増幅」 電力土木 1995/06/01 TOP
1983年と1933年二つの大津波によって改めて認識させられるまでは、津波はリアス式海岸のような屈曲の激しいV字状の海岸において大きく増幅されるというのが常識であり、"条件によっては平坦な海岸線のところでも大きな増幅をしたり(中略)"等はほとんど注意を引かなかった。

 
【記事12800】
第一分科会_神戸からの声_地震と原発__生越忠さん講演 環太平洋  1996/10/20 TOP
(前略)原子力開発推進派の人たちは、従来から一貫して、「原子力施設に限っては、どんなに強い地震に襲われても百パーセント安全」と主張しつづけてきました。しかし、そのように言えるものは、地球上のどこにもなく、私たちの住家も、強い地震に襲われた場合には、ある程度の損傷をこうむることは避けられないという前提に立って建築されているというのが実情なのです。(後略)

 
【記事14956】
原子力発電所の津波評価技術(2002) 土木学会  2002/02/01 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[45]  5進む▼ 

【記事15500】
日本海東縁の活断層と地震テクトニクス 東京大学出版会  2002/05/27 TOP
(前略)日本海東縁のテクトニクスは何条かの「歪み集中帯」が担っている.地形・地質,地震,地殻変動などのデータによる「歪み集中帯」の識別結果を比較検討し,本地域のテクトニクスに新たな視点を提起するとともに大地震の発生ポテンシャルの総合的な検討を行う.(後略)

 
【記事16310】
日本海東縁部地震の長期評価 地震調査研究推進本部 2003/06/20 TOP
 地震調査研究推進本部は、「地震調査研究の推進について −地震に関する観測、測量、調査及び研究の推進についての総合的かつ基本的な施策−」(平成11年4月23日)を決定し、この中において、「全国を概観した地震動予測地図」の作成を当面推進すべき地震調査研究の主要な課題(後略)

 
【記事17050】
新潟中越地震 地震に強い社会作りを 専門家に聞く 毎日新聞  2004/10/25 TOP

 
【記事17172】
史上最悪の津波災害 日本の原発も危険 津波襲来場所にわざわざ原発 たんぽぽ  2005/01/25 TOP

 
【記事18870】
「岩手・宮城」関連せず 正断層型 プレート内部で発生 毎日新聞  2008/07/24 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[45]  5進む▼ 

【記事29500】
9千年間に26回大津波 新潟・佐渡島に堆積物 柏崎刈羽原発に到達か 東奥日報  2012/10/18 TOP

 
【記事30701】
古地震の復元_笠浦幸治 応用地質  2013/02/01 TOP
1983年5月26日正午頃,青森・秋田県境沖の日本海でマグニチュード7.7の地震が発生し,これによる津波が日本海沿岸の各地に襲来した.(後略)

 
【記事30850】
千年程度の間隔 大津波が発生か 日本海北部沿岸 北大教授ら調査 東奥日報  2013/02/15 TOP

 
【記事31610】
商業用原発炉に係る新規制基準 高度情報  2013/07/08 TOP
<大項目> 原子力安全規制<中項目> 原子力施設の安全規制<小項目> 発電用原子炉の安全規制<タイトル>商業用原子力発電炉に係る新規制基準(平成25年7月決定) (11-02-01-03)

 
【記事31790】
泊審査申請 最大津波7.3メートル想定 北電「南西沖並み」前提 北海道新  2013/07/31 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[45]  5進む▼ 

【記事31820】
北電泊3号機審査 「断層連動検討を」 規制委 北海道新  2013/08/15 TOP

 
【記事35940】
政府、日本海側の津波推計を公表県の津波浸水想定上回る 新潟日報  2014/08/26 TOP
日本海側の大規模地震に関する政府の有識者検討会座長・阿部勝征東京大名誉教授は26日、日本海側で発生する可能性がある最大規模の津波についての推計を初めて発表した。本県で最大だったのは粟島浦村の12・6メートル。県が示していた津波浸水想定を上回っており、県や市町村は想定や津波対策の見直しを迫られそうだ。(後略)

 
【記事35980】
社説 日本海側の津波 国の推計踏まえた対応を 東奥日報  2014/08/29 TOP

 
【記事36240】
元国会事故調査委員 添田孝史氏 連綿と続く「圧力」体質 東奥日報  2014/09/27 TOP

 
【記事37208】
規制委の「高浜原発審査書案」批判 「地震活動期」の日本列島 人民新聞  2015/01/25 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[45]  5進む▼ 

【記事38140】
永長東海地震、康和南海地震 各地で火山噴火 日本海側では大津波も 東奥日報  2015/07/21 TOP

 
【記事38710】
被害地震の地震情報及び関連記事情報(表形式) 地震わ会  2015/11/05 TOP
_

 
【記事38970】
最大級津波 過小評価か 日本海側の政府想定 専門家「再検討を」 東奥日報  2015/11/29 TOP

 
【記事43280】
気象防災知恵袋 日本海中部地震の教訓 大津波はいつか来る 東奥日報  2016/05/17 TOP

 
【記事44130】
未知のプレートが生み出す巨大地震 島村英紀  2016/06/17 TOP
 いまとなっては秋田県民だけが憶えているかも知れない。日本海中部地震が起きて先の5月で33年たった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[45]  5進む▼ 

【記事44440】
シュト子の首都圏防災ナビ>首都圏地震防災メモ>地震の基礎知識 NHK  2016/06/25 TOP
 1.地震はなぜおこる ひとつは地球を覆う巨大な岩盤=プレートの動きによるもの。日本列島の太平洋側にある海と陸のプレートの境目で、沈みこむ海底の岩盤によってひきずりこまれた陸地の岩盤が、元に戻ろうとはね返ったり、崩れたりして地震がおきます。平成23年(2011年)の東日本大震災や南海トラフで発生が予想される地震はこのタイプです。(後略)

 
【記事44840】
地震の年表(日本) Wikipe  2016/07/10 TOP
(前略) 最近発生した地震の情報については、ウィキニュース、あるいは他の報道をご覧ください。ウィキペディアでは最近発生した地震に関する情報の正確さや新しさを保証できません。また、編集に際しては地震直後の被害状況など、すぐに古くなると考えられる情報については落ち着くまで更新を留保してください。(後略)

 
【記事53670】
「国と東電に責任」認める初の判決 前橋地裁は津波を予見して事故は防ぐことができたと認めた たんぽぽ  2017/04/13 TOP
○添田孝史氏・週刊金曜日1130号から抜粋(P42〜43)=津波対策強化せず=東電は15.7メートルの津波対策は相当時間がかかるから地震発生までに終わらせるのは困難だった」とも主張したが(中略)「期間、費用の点からも容易であった」と東電の主張を退けた。(後略)

 
【記事54665】
専門家が警鐘を鳴らす「“再稼働"で危ない全国の原発」 女性自身  2017/05/27 TOP
「日本は地震国ですから、世界のどこの国より厳しい規制基準が適用されないといけないはずですが、原発の再稼働を急ぐあまり、国も電力会社もリスクを過小評価している可能性があります」と警鐘を鳴らすのは、北海道大学名誉教授で地球環境科学が専門の小野有五さんだ。(後略)

 
【記事63105】
東電を助けた「国策」手抜き操作_福島原発告訴団総会_郡山市 添田孝史  2017/12/10 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[45]

【記事67724】
北海道南西沖地震で再評価動き出す 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67725】
数々の「前ぶれ」生かせず 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67726】
津波予測が進化した 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事69820】
東電元副社長が津波対策先送り 社員が原発事故公判で証言 週刊金曜日  2018/05/07 TOP
東京電力・福島第一原発事故の刑事責任を問う強制起訴裁判の第5回公判と第6回公判が、4月10日、同11日と2日続けて東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれた。この2回の公判に出廷した証人は、東京電力社員の高尾誠氏。(後略)

 
【記事70620】
発生から35年・・日本海中部地震の教訓 島村英紀  2018/06/01 TOP
秋田県内では「日本海岸には大津波は来ない」と広く信じられていた。「地震があったら浜に逃げよ」という言い伝えさえあった。これは、山が崩れるから浜に逃げろという意味で、たしかに、日本全土の内陸で山崩れや地滑りの地震被害も大きかった。(後略)

戻る 記事終了 戻る