トップ > 高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター
 
日本原燃 高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター
施設概要と記事一覧(時系列逆順
 
 
[1] 施設概要
 
施設 工期 建設費
高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター 工事開始:1992年 操業開始:1995年 約1,250億円
 
 
上記の表は日本原燃HPの原子燃料サイクル施設概要より作成。
※施設名のリンクをクリックすると該当施設の詳細情報が表示されます。
 
 
[2] 記事一覧
 
 ・当一覧は記事を時系列逆順に表示しています。
 ・全記事(時系列昇順)を読みたい場合は 全記事(時系列昇順) をクリックして下さい。
 ・各記事の記事番号・見出しをクリックすると記事全文を表示します。
 

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2020_07_31_05]
審査合格 安全への信頼高まる 橋本勲さん 稼働させる理由ない 平野良一さん 東奥日報  2020/07/31 TOP

 
[2020_07_29_02]
六ヶ所再処理工場 正式合格(青森県) RAB青森放送  2020/07/29 TOP
六ヶ所再処理工場が原子力規制委員会の適合審査に正式に合格しました。これで6年半にわたる審査が終わり操業に向け一歩前進しました。(後略)

 
[2020_07_23_04]
原燃・高レベル貯蔵建屋 送排風機が一時停止 東奥日報  2020/07/23 TOP

 
[2020_06_26_07]
再処理工場 設公認全体計画 来月にも 原燃、規制側の説明後に 東奥日報  2020/06/26 TOP

 
[2020_06_24_07]
六ケ所再処理工場 事業費20億円増額 4年連続 東奥日報  2020/06/24 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2020_05_21_05]
曲折の6年 再処理「合格」 (7)激変 核燃サイクル混迷 稼働制限の可能性も 東奥日報  2020/05/21 TOP

 
[2020_05_11_04]
六ケ所・高レベル廃棄物貯蔵センター 審査終盤 近づく「合格」 原燃、11月操業再開目指す 東奥日報  2020/05/11 TOP

 
[2020_05_11_03]
低レベル返還 延期続く 英仏から 原発事故後の新規制で 東奥日報  2020/05/11 TOP

 
[2020_03_31_05]
原燃・六ケ所再処理工場 補正書 来月上旬提出 東奥日報  2020/03/31 TOP

 
[2020_03_27_10]
原燃への委託費 4662億円に 再処理機構 東奥日報  2020/03/27 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2019_12_23_03]
弘前でも 疑問の声 高レベル廃棄物 最終処分地選定 2日間の県内説明会終了 東奥日報  2019/12/23 TOP

 
[2019_11_11_02]
経産相「推進方針に変わりない」 核燃料サイクル政策巡り 共同通信  2019/11/11 TOP
梶山弘志経済産業相は11日、青森県の三村申吾知事と経産省で会談し、原発の使用済み核燃料を再処理してウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料に加工し、再利用する「核燃料サイクル政策」について「推進する方針に変わりはない」(後略)

 
[2019_11_07_01]
進まぬ「最終処分地」選定 高レベル放射性廃棄物搬入開始から24年 NUMO 東奥日報  2019/11/07 TOP

 
[2018_09_15_04]
再処理工場「合格」へ 規制委が審査終了 原燃、補正書の作成急ぐ 「完工に向け前進」「あまりに無責任」地元受け止め 東奥日報  2018/09/15 TOP

 
[2018_03_31_04]
製品ウラン4トン 6年ぶり出荷へ 原燃、18年度上期 東奥日報  2018/03/31 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2018_03_23_04]
高レベル 県内貯蔵期限日言えず 「国、原燃 緊迫感ない」 東奥日報  2018/03/23 TOP
_

 
[2018_02_01_04]
核燃料受け入れゼロ 六ケ所再処理工場、20年度末まで 東奥日報  2018/02/01 TOP

 
[2017_07_04_01]
再処理工場の新基準対策費、7000億円増額 デリ東北  2017/07/04 TOP
使用済み核燃料の再処理事業などを担う国の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は3日、業務委託先の日本原燃が六ケ所村で運営する再処理工場について、新規制基準適合に要する対策費用が約7500億円に膨らむ見通しを明らかにした。(後略)

 
[2017_05_10_02]
原燃が補正申請書出/再処理工場の適合性審査 デリ東北  2017/05/10 TOP
最終盤に差し掛かる使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の新規制基準適合性審査で、日本原燃は9日、これまでの審査会合の指摘事項を反映させた補正申請書を原子力規制委員会に提出した。(後略)

 
[2017_03_07_01]
貯蔵施設のさび問題 第1区域で調査開始 原燃・高レベル廃棄物 東奥日報  2017/03/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2016_11_08_03]
ガラス固化体移動中 天井クレーンが故障 六ケ所の原燃施設 東奥日報  2016/11/08 TOP

 
[2016_10_27_04]
高レベル施設「健全」 原燃調査結果は妥当 さび付着問題で規制委 東奥日報  2016/10/27 TOP

 
[2016_06_18_01]
規制委方針 原燃貯蔵施設 柱のさび 審査会合で影響確認 東奥日報  2016/06/18 TOP

 
[2015_11_20_01]
原燃・埋め込み金具 施工不良146カ所に 東奥日報  2015/11/20 TOP

 
[2015_09_10_01]
六ヶ所貯蔵施設さび 来年9月に最終報告 原燃 東奥日報  2015/09/10 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2015_09_03_01]
貯蔵施設部材のさび 原燃に原因調査指示 規制委 東奥日報  2015/09/03 TOP

 
[2015_09_02_01]
原燃の貯蔵施設 収納管にもさび 規制委きょう対応協議 東奥日報  2015/09/02 TOP

 
[2011_09_15_02]
英国からのガラス固化体76本を積んだパシフィック・グリープ号が、六ヶ所村むつ小川原港に接岸、反核燃団体関係者の抗議の中で、輸送を強行。 「六ヶ所村の記録」  2011/09/15 TOP
_

 
[2011_08_03_01]
返還高レベル廃棄物76本が英国出発。六ヶ所村へは来月前半搬入予定。 「六ヶ所村の記録」  2011/08/03 TOP
_

 
[2011_07_26_03]
返還廃棄物数日中に英国出港/原燃発表。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/26 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2011_07_12_03]
関西、四国、九州の3電力会社が、英国からの返還固化体9月ごろ日本到着と発表。 「六ヶ所村の記録」  2011/07/12 TOP
_

 
[2011_04_25_05]
日本原燃:高レベル放射件廃棄物貯蔵管理施設で増設のガラス固化体(高レベル廃棄物)の貯蔵建屋が国の使用前検査に合格し完成。既存建屋と同容量の1,440本を保管する能力を持つ。今後、増設建屋にも固化体が搬入され、最終処分場へ搬出されるまでの間、30〜50年間貯蔵。最終処分場は未定。 「六ヶ所村の記録」  2011/04/25 TOP
_

 
[2011_02_25_02]
日本原燃:ガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)を製造する溶融炉の更新を見据え、固化技術を研究、開発する施設を建設.再処理工場南側に整備し、新型炉の実規模大試験炉を設置。各種試験のほか、運転員の技術訓練などを行う。3月に着工、2013年3月の完成を目指す。 「六ヶ所村の記録」  2011/02/25 TOP
_

 
[2011_02_25_01]
日本原燃・川井吉彦社長:再処理工場で中断しているガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)製造試験について、試験再開時期が「4月上旬になる」との見通しを示す。 「六ヶ所村の記録」  2011/02/25 TOP
_

 
[2011_01_06_01]
日本原燃と原燃輸送:英国からの返還ガラス固化体76本のうち、15本の発熱量、放射能濃度情報に誤りが見つかり、情報を一部修正Lた申請書の変更届を原子力安全基盤機構に提出。 「六ヶ所村の記録」  2011/01/06 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2010_11_04_01]
日本原燃:高レベル放射性廃棄物貯蔵施設のガラス固化体貯蔵建屋B棟で、作業ミスにより一時的にすべての送排風機が停止したと発表。 「六ヶ所村の記録」  2010/11/04 TOP
_

 
[2010_10_13_01]
日本原燃と原燃輸送:英国から2011年内に運び入れる返還ガラス固化体76本について、原子力安全基盤機構に核燃料物質等運搬物確認申請を行う。 「六ヶ所村の記録」  2010/10/13 TOP
_

 
[2010_08_19_01]
三村青森県知事:海外から返還される放射性廃棄物について、六ヶ所村への受け入れを表明。 「六ヶ所村の記録」  2010/08/19 TOP
_

 
[2010_08_17_01]
古川六ヶ所村長:海外から返還される放射性廃棄物について、受け入れを容認することを表明。 「六ヶ所村の記録」  2010/08/17 TOP
_

 
[2010_07_22_01]
日本原燃:高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)貯蔵管理施設で、固化体検査室の換気設備が一時停止したと発表。 「六ヶ所村の記録」  2010/07/22 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2010_07_13_01]
経済産業省と電気事業連合会、日本原燃:英・仏からの返還放射性廃棄物の受け入れについて、青森県に対し、同県を同廃棄物の最終処分地にしない旨を文書で確約。 「六ヶ所村の記録」  2010/07/13 TOP
_

 
[2010_07_02_01]
青森県:英・仏からの返還放射性廃棄物の受け入れについて、電気事業連合会と日本原燃に対し、県内を最終処分地にしないとの確約を求める。 「六ヶ所村の記録」  2010/07/02 TOP
_

 
[2010_03_09_01]
日本原燃:英国からの初の返還高レベルガラス固化体を六ヶ所村の高レベル廃棄物貯蔵管理センターへ搬入。 「六ヶ所村の記録」  2010/03/09 TOP
_

 
[2009_06_29_01]
原子力安全・保安院:再処理工場と高レベル放射性廃棄物貯専施設について、新耐震指針に照らして「建物や機器の安全性は確保される」とした原燃の評価結果を妥当と判断。 「六ヶ所村の記録」  2009/06/29 TOP
_

 
[2009_05_25_01]
東北大学と八戸工業大学と青森県:核燃料サイクル施設で発生する高レベル放射性廃棄物を“資源"として活用する技術の研究に連携して取り組むと発表。 「六ヶ所村の記録」  2009/05/25 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2009_04_27_01]
日本原燃:再処理工場と高レベル放射性廃棄物貯蔵施設の主要施設で、加速度が300ガル以下の地震では、建物や主要機器に変形などは生じないとする調査結果をまとめる。 「六ヶ所村の記録」  2009/04/27 TOP
_

 
[2008_04_30_03]
経済産業省:日本原燃・高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターと低レベル放射性廃棄物埋設センターの事業許可や設計・工事方法認可に対する住民らからの異議申し立て5件を棄却.申し立ては10年以上が過ぎており「行政の怠慢だ」と非難。 「六ヶ所村の記録」  2008/04/30 TOP
_

 
[2008_03_11_01]
青森県議会:高レベル放射性廃棄物最終処分問題で、「青森県を高レベル放射性廃棄物最終処分地としないことを宣言する条例案」を採決し、賛成5、反対40で否決。 「六ヶ所村の記録」  2008/03/11 TOP
_

 
[2008_02_25_02]
高レベル放射性廃棄物の最終処分問題:県企画課長やむつ小川原開発室次長などを務めた成田洲悦氏(67)が科学技術庁(現・文部科学省)が1960年代後半に、むつ市関根浜で最終処分場の適地調査を実施したことがあると証言。 「六ヶ所村の記録」  2008/02/25 TOP
_

 
[2008_02_25_01]
高レベル放射性廃棄物の最終処分問題:科学技術庁(現・文部科学省)が1994年と1995年に提出した確約書について、同庁と文案を協議した複数の元県幹部が「将来にわたり本県を最終処分地にしない−との担保にはならない」と証言。元科技庁幹部も「将来を拘束するには、例えば法律を作らなければならない」とこれを裏付ける証言。 「六ヶ所村の記録」  2008/02/25 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2008_01_09_02]
青森県・秘書課:高レベル放射性廃棄物の最終処分問題で1998年3月に木村知事(当時)が橋本龍太郎首相(同)との「合意文書」を廃棄。「保存年限が過ぎたため」と。 「六ヶ所村の記録」  2008/01/09 TOP
_

 
[2007_11_26_02]
日本原燃:再処理工場の高レベル廃液ガラス固化建屋で、ガラス固化体容器のふたを溶接する機器が故障したと発表。もう1台の溶接機も同様の故障で固化体の製造はすべて停止。 「六ヶ所村の記録」  2007/11/26 TOP
_

 
[2007_11_21_01]
青森県エネルギー総合対策局・奥川洋一局長:再処理工場のアクティブ試験で製造されている高レベル放射性廃棄物ガラス固化体の貯蔵期限は「海外返還分と同様になると思う」と30〜50年になるとの見解を示す。 「六ヶ所村の記録」  2007/11/21 TOP
_

 
[2007_11_05_01]
日本原燃:再処理工場で実施中のアクティブ試験第4ステップの試験項目の1つである、高レベル放射性廃棄物のガラス固化体の製造を始めたと発表。 「六ヶ所村の記録」  2007/11/05 TOP
_

 
[2007_09_21_01]
「中越沖」揺れ電力会社検証 全原発で最大想定突破 新潟日報  2007/09/21 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2007_07_23_02]
秋田県上小阿仁村の小林村長:高レベル放射性廃棄物の最終処分場の誘致を検討。 「六ヶ所村の記録」  2007/07/23 TOP
_

 
[2007_06_06_01]
参議院本会議:再処理工場やMOX燃料工場の超ウラン元素(TRU)を含む廃棄物を、地下に最終処分することを可能にする改正法が可決。 「六ヶ所村の記録」  2007/06/06 TOP
_

 
[2007_05_02_01]
高知県東洋町議会:高レベル放射性廃棄物の最終処分場をめぐり、廃棄物を含む放射性核物質の持ち込みなどを拒否する条例案を全会一致で可決。 「六ヶ所村の記録」  2007/05/02 TOP
_

 
[2007_01_16_01]
電気事業連合会の勝俣恒久会長(日本原燃会長):東通村の越善靖夫村長が高レベル放射性廃棄物の最終処分場受け入れに意欲を示していることについて、「今は(知事の了承なくして青森県を最終処分地にしないという)約束があるので、約束をきちんと順守しながら(最終処分地の確保に向けて)頑張る」と述べる。 「六ヶ所村の記録」  2007/01/16 TOP
_

 
[2007_01_01_01]
東奥日報:「東通村長が高レベル最終処分場受入に意欲」と掲載(12月26日・村長室でのインタビューから)。 「六ヶ所村の記録」  2007/01/01 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2006_05_22_02]
総合資源エネルギー調査会:英から返還の再処理廃棄物、高レベルと交換へ。 「六ヶ所村の記録」  2006/05/22 TOP
_

 
[2006_03_23_01]
日本原燃:フランスからの返還高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)164本を積んだ輸送船「パシフィック・サンドパイパー号」がむつ小川原港に到着。 「六ヶ所村の記録」  2006/03/23 TOP
_

 
[2005_04_01_01]
ニュージーランド:高レベル廃棄物輸送船が経済的排他水域の通過をせぬように要求。 「六ヶ所村の記録」  2005/04/01 TOP
_

 
[2005_01_28_01]
三村知事:ガラス固化体貯蔵の空冷性能の不備で「極めて遺憾。アクティブ試験の安全協定の手続きには一切入らない」と述べたものの、ウラン試験の継続は容認。 「六ヶ所村の記録」  2005/01/28 TOP
_

 
[2003_12_08_01]
経産省原子力安全・保安院:日本原燃の高レベル施設増設計画を認可。 「六ヶ所村の記録」  2003/12/08 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[2002_06_21_01]
青森県議会:木村知事は青森県内の市町村が高レベル放射性廃棄物の最終処分地に応募しても容認しないと強調。 「六ヶ所村の記録」  2002/06/21 TOP
_

 
[2000_10_18_02]
高レベル最終処分の実施主体「原子力発電環境整備機構」が設立許可を受けて発足。 「六ヶ所村の記録」  2000/10/18 TOP
_

 
[2000_06_29_01]
青森県知事:核廃棄物搬入阻止実行委の質問回答で高レベルガラス固化体の貯蔵が2030年の六ヶ所村外搬出まで累積28,500本の見通しと回答。 「六ヶ所村の記録」  2000/06/29 TOP
_

 
[2000_01_01_01]
日本原燃:六ヶ所高レベル廃棄物管理施設の運転制御・監視システム表示にトラブル発生。従業員発見が7:45、国、県への連絡 10:47、マスコミ発表14;00頃。 「六ヶ所村の記録」  2000/01/01 TOP
_

 
[1999_11_07_01]
社説 活断層避けた街づくりを 東奥日報 1999/11/07 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[1998_03_13_01]
木村知事:首相との会談の5分前に陸揚げを許可。むつ小川原港に結集した反対派の抗議をよそにガラス固化体60本が搬入。 「六ヶ所村の記録」  1998/03/13 TOP
_

 
[1998_03_01_01]
木村知事:首相との会談が実現せず、輸送船の接岸拒否。むつ小川原港では高レベル廃棄物搬入阻止集会を開催。 「六ヶ所村の記録」  1998/03/01 TOP
_

 
[1997_03_18_01]
第二次高レベル廃棄物輸送船がむつ小川原港に到着、反対派は抗議行動展開。 「六ヶ所村の記録」  1997/03/18 TOP
_

 
[1997_03_12_01]
高レベル廃棄物搬入阻止連絡会が県庁前で抗議の座り込み開始。 「六ヶ所村の記録」  1997/03/12 TOP
_

 
[1997_01_13_01]
第二次高レベル輸送船が仏シュルブール港を出港。 「六ヶ所村の記録」  1997/01/13 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[1996_05_27_01]
東京都内で高レベル放射性廃棄物対策推進協議会、処分場建設から埋め戻しまでの費用は3兆円から5兆円と試算。 「六ヶ所村の記録」  1996/05/27 TOP
_

 
[1996_04_15_01]
米国のポール・レーベンソール核管理研究所長らが知事に高レベルガラス固化体の危険性を指摘。 「六ヶ所村の記録」  1996/04/15 TOP
_

 
[1995_10_03_01]
高レベルガラス固体化の収納作業始まる。 「六ヶ所村の記録」  1995/10/03 TOP
_

 
[1995_04_26_01]
むつ小川原港に高レベル輸送船接岸。輸送容器が貯蔵施設へ搬入。反対派が抗議行動。 「六ヶ所村の記録」  1995/04/26 TOP
_

 
[1995_04_25_01]
木村知事が高レベル輸送船拒否声明、輸送船は沖合に停泊。むつ小川原港で抗議行動。木村知事が科学技術庁政務次官の来青を受け、30−50年後に県外に搬出される確約書を取り付け、一転接岸許可。 「六ヶ所村の記録」  1995/04/25 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[90]  5進む▼ 

[1995_03_18_01]
青森県労連は高レベル輸送船受入でアンケート調査実施、「来てほしくない」が6割、六ヶ所周辺市町村は3割 「六ヶ所村の記録」  1995/03/18 TOP
_

 
[1995_02_23_01]
高レベル輸送船「パシフィック・ピンテ−ル」号がフランス・シェルブール出港。 「六ヶ所村の記録」  1995/02/23 TOP
_

 
[1995_02_17_01]
政府は日本原燃高レ貯蔵センター建設費が約600億円と発表。 「六ヶ所村の記録」  1995/02/17 TOP
_

 
[1994_11_01_01]
北村知事は記者会見で「高レベル安全協定は年内締結にこだわらず」、「最終処分地はロシアへ」と発言。 「六ヶ所村の記録」  1994/11/01 TOP
_

 
[1994_10_11_01]
市民グループら「高レベル」反対訴え県庁前で抗議の座りこみ。 「六ヶ所村の記録」  1994/10/11 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[90]

[1994_08_07_01]
六ヶ所で高レベル廃棄物はいらないとするトラクターファミリーデモ。 「六ヶ所村の記録」  1994/08/07 TOP
_

 
[1993_09_17_01]
核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団が高レベル放射性廃棄物一時貯蔵施設の事業許可取り消しを求めて提訴。 「六ヶ所村の記録」  1993/09/17 TOP
_

 
[1992_05_29_01]
核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団が高レベル貯蔵施設の事業許可に対し異議申し立て。 「六ヶ所村の記録」  1992/05/29 TOP
_

 
[1992_05_06_01]
高レベル貯蔵施設着工、反対派は抗議行動開始。 「六ヶ所村の記録」  1992/05/06 TOP
_

 
[1992_04_03_01]
高レベル貯蔵施設に国が事業許可。 「六ヶ所村の記録」  1992/04/03 TOP
_
記事終了