トップ > 大飯原発
 
<<高浜 関西電力 大飯原発
全記事一覧(時系列昇順
美浜>>
 
 
※当一覧は時系列昇順です。時系列逆順記事を読みたい場合は 記事(時系列逆順) をご利用下さい。
※各記事の見出し・図をクリックすると記事全文を表示します。

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[1979_07_23_01]
東海第二原発も停止 バルブ破損か 放射能、戸外に漏れず 朝日新聞  1979/07/23 TOP

 
[1995_02_02_02]
論壇 中山鉄則 地震による原子力災害に備えよ 朝日新聞  1995/02/02 TOP

 
[1995_03_15_01]
阪神大震災級で原発51基中 48基が耐震設計超す揺れ 原電推定 毎日新聞  1995/03/15 TOP

 
[2006_05_31_01]
原発と地震 リスク開示へ転換促す 残余のリスク 朝日新聞  2006/05/31 TOP

 
[2011_10_27_02]
原発耐性調査 初の提出へ 関電、再稼働に一歩 大飯3号機 日経新聞  2011/10/27 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2011_10_29_01]
大飯原発の安全評価提出 関電 中日新聞  2011/10/29 TOP

 
[2011_10_29_03]
津波11メートルまで耐えられる 関電・大飯3号 安全評価を提出 東奥日報  2011/10/29 TOP

 
[2011_10_30_01]
大飯原発3号機のストレステスト 茶番以外のなにものでもなし よせ新聞  2011/10/30 TOP

 
[2011_11_15_01]
保安院・専門家会議が初会合 大飯3号は検討着手 福井新聞  2011/11/15 TOP

 
[2012_02_09_01]
大飯再稼働 なお不透明 地元反発 経産相も慎重姿勢 毎日新聞  2012/02/09 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2012_02_09_02]
「妥当」審査書 安全委へ 大飯原発安全評価 保安院が最終案 毎日新聞  2012/02/09 TOP

 
[2012_02_09_03]
大飯3、4号「妥当」審査書 検査基準見直しを 専門家指摘 福井新聞  2012/02/09 TOP

 
[2012_02_21_03]
大飯原発ずさん安全評価 「検査対象外」多数 規制庁も看板替えのみ 東京新聞  2012/02/21 TOP

 
[2012_03_14_01]
再稼働判断 裏付け不足 根本的な安全策、道半ば 朝日新聞  2012/03/14 TOP

 
[2012_03_14_02]
安全委、大飯原発の確認終了 首相・3閣僚、月内にも 朝日新聞  2012/03/14 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2012_03_17_01]
大飯原発地元 「滋賀は含まず」 知事は反発 朝日新聞  2012/03/17 TOP

 
[2012_03_22_01]
大飯再稼働問題 「地元」範囲で綱引き 滋賀県など反発 毎日新聞  2012/03/22 TOP

 
[2012_03_24_01]
安全委 大飯原発の耐性確認 再稼働 政権前のめり 朝日新聞  2012/03/24 TOP

 
[2012_04_10_01]
関電「約束」 政府丸のみ 「大飯」工程表を了承 保安院 東京新聞  2012/04/10 TOP

 
[2012_04_27_02]
大飯再稼働へ保安院躍起? 原発事故原因地震説封印か 東京新聞  2012/04/27 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2012_06_07_01]
大飯 地表ずれる可能性 原子炉直下に破砕帯 名大教授ら指摘 中日新聞  2012/06/07 TOP

 
[2012_06_14_01]
免震棟9原発で未整備 大飯は15年に完成予定 福井新聞  2012/06/14 TOP

 
[2012_06_23_01]
再稼働 「規制委が全面判断」 経産相 「電力不足」から転換 東京新聞  2012/06/23 TOP

 
[2012_06_27_01]
大飯原発敷地内の破砕帯問題 調査求める声拡大 東京新聞  2012/06/27 TOP

 
[2012_07_04_01]
美浜、高浜原発、もんじゅ 破砕帯の調査必要 大飯は「情報収集を」 福井新聞  2012/07/04 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2012_07_05_02]
大飯原発3号機が発送電再開 電力需給改善へ 9日にもフル稼働 日経新聞  2012/07/05 TOP
関西電力は5日午前7時、大飯原子力発電所3号機(福井県おおい町)の発電と送電を再開した。段階的に出力を上げ、9日にもフル出力に達する見通しだ。(後略)

 
[2012_07_14_01]
大飯原発の破砕帯写真 83年調査時 関電、15枚提出 保安院に 福井新聞  2012/07/14 TOP

 
[2012_07_15_01]
ドイツ倫理委員会が示す未来への責任_代表取締役専務_岡山信夫 農林中金総合研究所  2012/07/15 TOP
ドイツでは、メルケル首相による委託により2011年4月4日から5月28日まで設置された「安全なエネルギー供給に関する倫理委員会」(以下倫理委員会)による答申に基づき、脱原発の方針が決定され、2011年7月8日に成立した脱原発法により、2022年までにすべての原発(17基)が停止される。(後略)

 
[2012_07_18_01]
再稼働の大飯 断層調査へ 保安院 専門家から要望続出 静岡新聞  2012/07/18 TOP

 
[2012_09_12_02]
県内で破砕帯再調査 「敦賀は副断層か」焦点 福井新聞  2012/09/12 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2012_09_21_01]
大飯原発の破砕帯 規制委が来月調査 活断層か判断 静岡新聞  2012/09/21 TOP

 
[2012_11_02_01]
大飯原発で断層調査 規制委、原発敷地内で初 日経新聞  2012/11/02 TOP

 
[2012_11_03_02]
大飯原発断層 規制委の調査団 一変したメンバー構成 東奥日報  2012/11/03 TOP

 
[2012_11_05_01]
「地滑り」めぐり激論 大飯原発断層で規制委調査団 見解隔たり 東奥日報  2012/11/05 TOP

 
[2012_11_08_02]
試掘溝の「断層」焦点 大飯原発 「はっきりさせて」地元住民戸惑い 東奥日報  2012/11/08 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2012_11_08_03]
「活断層」結論出ず 大飯原発 規制委さらに調査 東奥日報  2012/11/08 TOP

 
[2012_11_15_01]
大飯原発の断層調査 「疑わしきは活断層」 「審査の手引き」に明示 東京新聞  2012/11/15 TOP

 
[2012_11_16_01]
大飯原発 3活断層連動も あす学会発表 "空白地"で地層変形 静岡新聞  2012/11/16 TOP

 
[2012_11_24_01]
大飯破砕帯調査 関電が追加計画 試掘溝拡幅など 中日新聞  2012/11/24 TOP

 
[2012_11_28_01]
原発止めないと断層調査できない ■渡辺満久教授が規制委を批判 社会新報  2012/11/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2012_12_01_02]
福井住民ら154人提訴 大飯原発差し止め求める 東奥日報  2012/12/01 TOP

 
[2012_12_17_01]
「人間の鎖」 「グレーは黒だ!」活断層上の大飯をすぐ止めろ かけはし  2012/12/17 TOP

 
[2012_12_30_01]
大飯断層判断長期化か 規制委再調査 見解一致せず 東京新聞  2012/12/30 TOP

 
[2013_01_17_01]
規制委 大飯断層調査 長期化へ 結論持ち越し 東京新聞  2013/01/17 TOP

 
[2013_02_15_03]
大飯原発 差し止め訴訟開始 東京新聞  2013/02/15 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2013_02_19_01]
大飯原発に追加試掘溝 関電、調査計画提出 静岡新聞  2013/02/19 TOP

 
[2013_03_19_03]
大飯原発断層帳 70メートルの試掘溝「不十分」 規制委 東奥日報  2013/03/19 TOP

 
[2013_03_20_01]
7月施工原発新安全基準規制委大飯原発停止求めず 東奥日報  2013/03/20 TOP

 
[2013_05_11_01]
関電、断層連動「考慮せず」 大飯原発で規制委会合 静岡新聞  2013/05/11 TOP

 
[2013_06_11_01]
3連動地震の影響 重要機器で評価へ 大飯原発 東奥日報  2013/06/11 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2013_06_19_03]
基準地震動及び耐震設計方針に係る審査ガイド 原子力規制委員会  2013/06/19 TOP
(前略)地震規模を設定する場合には、経験式の適用範囲が十分に検討されていることを確認する。その際、経験式は平均値としての地震規模を与えるものであることから、経験式が有するばらつきも考慮されている必要がある。(後略)

 
[2013_07_03_01]
大飯運転継続を容認 規制委決定 正規審査経ず 9月定検まで 東京新聞  2013/07/03 TOP

 
[2013_07_17_02]
再稼働審査で規制委 関電の説明に不快感 大飯沖断層津波 考慮せず 東奥日報  2013/07/17 TOP

 
[2013_07_26_01]
島崎委員長代理に聞く 関電の耐震認識甘い 高浜・大飯 審査後回し 日経新聞  2013/07/26 TOP

 
[2013_07_27_01]
大飯原発、きょうから断層調査 規制委 再稼働の是非探る 日経新聞  2013/07/27 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2013_07_28_01]
大飯原発の断層調査 3回目 規制委の専門チーム 赤旗  2013/07/28 TOP

 
[2013_08_20_01]
名提出データ報告要求 規制委 大飯原発で評価会合 東奥日報  2013/08/20 TOP

 
[2013_09_03_01]
規制委 大飯原発「活断層でない」 3・4号機 安全審査再開へ 日経新聞  2013/09/03 TOP

 
[2013_09_03_02]
大飯3号機定検入り 4号機も15日 稼働原発ゼロへ 中日新聞  2013/09/03 TOP

 
[2013_09_06_01]
規制委 敷地内活断層否定で 大飯原発 安全審査の再開決定 愛媛新聞  2013/09/06 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2013_09_06_02]
規制委、審査再開を決定 大飯再稼働 地下構造、追加調査へ 日経新聞  2013/09/06 TOP

 
[2013_09_16_01]
全原発 再び停止 大飯4号機定検入り 再稼働 年明け以降か 東奥日報  2013/09/16 TOP

 
[2013_09_18_01]
規制委 大飯再稼働を審査 活断層否定を受け再開 中日新聞  2013/09/18 TOP

 
[2013_10_03_01]
大飯、高浜 3連動否定、認めず 規制委 関電に追加データ要求 福井新聞  2013/10/03 TOP

 
[2013_11_16_01]
規制委調査団 施設下の活断層否定 大飯評価書案に合意 東奥日報  2013/11/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2013_12_28_01]
大飯原発断層の評価書案認める 規制委調査団 東奥日報  2013/12/28 TOP

 
[2014_01_08_01]
大飯や高浜原発 再稼働「夏までに」 関電社長 東奥日報  2014/01/08 TOP

 
[2014_01_30_01]
大飯の地震動想定 規制委、見直し要請 東奥日報  2014/01/30 TOP

 
[2014_03_06_01]
川内原発の地震想定規制委「ほぼ妥当」 大飯は大幅見直し 東奥日報  2014/03/06 TOP

 
[2014_03_14_02]
川内原発 優先審査 横並び 破った九電 大飯後退 慌てる政権 東奥日報  2014/03/14 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2014_03_25_02]
福井地裁 大飯原発3、4号機差止 大飯原発は地震動評価を過小評価 大飯差止  2014/03/25 TOP
(前略)原告らは、本書面において、裁判所からの求釈明のうち、被告は現在も、過去に基準地震動を超える地震動に見舞われた原発と同様の方法で基準地震動の策定をしているのではないか、という点につき述べるものである。(後略)

 
[2014_05_10_01]
基準地震動 異論出ず 高浜、大飯 運転再開で規制委 東奥日報  2014/05/10 TOP

 
[2014_05_21_01]
福井地裁大飯原発3、4号機差止訴訟判決に関する会長声明 日弁連  2014/05/21 TOP
福井地方裁判所は、2014年5月21日、関西電力株式会社に対し、大飯原子力発電所以下「大飯原発」という。から半径250km圏内の住民の人格権に基づき、同原子力発電所3号機及び4号機の原子炉について、運転の差止めを命じる判決を言い渡した。(後略)

 
[2014_05_21_06]
【速報】大飯原発運転差止請求事件判決要旨全文を掲載します NPJ  2014/05/21 TOP
_

 
[2014_05_22_03]
大飯原発差し止め 判決要旨 東奥日報  2014/05/22 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2014_05_22_06]
大飯原発運転差止請求事件判決要旨全文 大飯判決  2014/05/22 TOP
_

 
[2014_05_22_07]
大飯原発差し止め 控訴断念申し入れ 原告団ら関電に 東奥日報  2014/05/22 TOP

 
[2014_05_22_08]
福井地裁判決 大飯原発 再稼働認めず 定期検査中の2基 「地震対策に欠陥」 東奥日報  2014/05/22 TOP
 東京電力福島第1原発事故後、安全性の保証をせずに大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を再稼働させたとして、福井県の住民らが関西電力を相手に運転差し止めを求めた訴訟で、福井地裁(樋口英明裁判長)は21日、地震対策に「構造的欠陥がある」として現在定期検査中の2基の再稼働を認めない判決を言い渡した。東日本大震災に伴う福島事故後、原発差し止めを認める判決は初めて。関電は控訴する方針。

 
[2014_05_23_01]
原告勝訴の大飯原発訴訟 最高裁研議論 判決に影響か 東奥日報  2014/05/23 TOP

 
[2014_05_24_01]
八木電事連会長 大飯判決は遺憾 再稼働推進を強調 東奥日報  2014/05/24 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2014_06_06_01]
大飯原発運転差し止め判決 真の国富問う画期的見解 柳田邦男 東奥日報  2014/06/06 TOP

 
[2014_06_07_01]
大飯原発差し止め受け 「耐震基準見直せ」 核燃訴訟で原告側 東奥日報  2014/06/07 TOP

 
[2014_07_06_01]
原発停止訴訟「大飯」を楯 全国16件中14件 原告、証拠に活用 東奥日報  2014/07/06 TOP

 
[2014_10_30_01]
大飯の基準地震動 原子力規制委了承 東奥日報  2014/10/30 TOP

 
[2014_11_28_02]
高浜、大飯原発 再稼働差し止め却下 大津地裁「必要性ない」 東奥日報  2014/11/28 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2015_09_15_02]
福島第1地下水 まず838トン海洋へ 除去難しい「トリチウム」 東奥日報  2015/09/15 TOP
 東京電力福島第1原発の汚染水対策「サブドレン計画」で、くみ上げた地下水の海洋放出が14日、始まった。水は浄化処理しているが、放射性物質のトリチウムは除去できていない。トリチウムは、ろ過や蒸留などによる除去が難しいため、原発ごとに基準値を定め、海に放出することが認められている。第1原発事故以前からの制度で、世界的にも同様の措置が取られている。

 
[2015_11_21_01]
6千トンの貯蔵場所確保 使用済み核燃料、電力会社が目標 東奥日報  2015/11/21 TOP

 
[2016_03_11_05]
福井県内再稼働、当面困難か 高浜原発3号停止、大飯も厳しく 福井新聞  2016/03/11 TOP
 大津地裁の運転差し止め仮処分決定を受け関西電力高浜原発3号機が10日、運転を停止し、福井県内原発は再び「稼働ゼロ」となった。関電は不服申し立てをする方針だが、異議審は少なくとも半年程度はかかるとみられ3、4号機の停止は続く。(後略)

 
[2016_06_08_02]
大飯差し止め訴訟 揺れ想定「過小の可能性」 元規制委員長代理 東京新聞  2016/06/08 TOP
 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟の控訴審で、元原子力規制委員会委員長代理の島崎邦彦・東京大名誉教授(70)が名古屋高裁金沢支部に、関電が基準地震動の策定に用いた方法に「過小評価の可能性がある」とする陳述書を提出したことが分かった。住民側の弁護団が明らかにした。(後略)

 
[2016_06_16_02]
大飯原発の地震動再計算を 規制委に島崎元委員 東京新聞  2016/06/16 TOP
 原子力規制委員会の前委員長代理の島崎邦彦東京大名誉教授(地震学)は16日、規制委に田中俊一委員長を訪ね、基準地震動(耐震設計で目安とする揺れ)の算出に使う計算式に、過小評価となる不備があるとして、関西電力大飯原発(福井県)に関し、他の方式で再計算するよう提案した。規制委は再計算に向け、20日の定例会合で対応を議論する。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2016_06_17_04]
大飯の地震動、再算定を 前委員長代理が規制委に指摘 東京新聞  2016/06/17 TOP
 原子力規制委員会の前委員長代理で、地震や津波の審査を担当していた島崎邦彦・東大名誉教授(地震学)は十六日、田中俊一委員長らに会い、関西電力大飯原発(福井県)などの地震規模の算定で用いられた手法では、過小評価になる恐れがあり、算定し直すべきだと指摘した。(後略)

 
[2016_06_17_05]
島崎元原子力規制委員「あの悲劇が再現する」 大飯原発の地震動 ヤフー  2016/06/17 TOP
(前略) 結論から言えば、島崎元委員は、大飯原発の地震動を、過小評価にならない計算式で計算し直すべきだという提案を行った。(後略)

 
[2016_06_17_06]
「地震動再計算を」 「過小評価」規制委元委員が要求 毎日新聞  2016/06/17 TOP
 原子力規制委員会の委員長代理だった島崎邦彦・東京大名誉教授(地震学)が16日、田中俊一委員長らと面会し、安全審査中の関西電力大飯原発(福井県)など西日本の一部原発について、想定する地震の最大の揺れ(基準地震動)の計算方法に過小評価の恐れがあるとし、別の方法で再計算するよう求めた。(後略)

 
[2016_06_17_07]
原発審査の地震想定で過小評価のおそれ対応検討へ NHK  2016/06/17 TOP
 原子力発電所の再稼働の前提となる審査で、地震などの自然災害を担当していた原子力規制委員会の元委員が、一部の原発の地震の想定が過小評価になっているおそれがあるとして、審査などの見直しが必要だと指摘し、規制委員会は元委員から聞き取りをして対応を検討することになりました。(後略)

 
[2016_06_20_01]
元規制委委員が大飯原発の危険性を警告 「関電に過小評価の疑い」 東洋経済  2016/06/20 TOP
原子力発電所の安全審査で中枢にいた専門家の発言が、原子力業界に衝撃を与えている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2016_06_21_02]
大飯原発の地震動を再算定へ 規制委、「過小評価」の指摘受け 東京新聞  2016/06/21 TOP
 原子力規制委員会は二十日の定例会合で、関西電力大飯原発で想定している地震規模を、計算し直すことを決めた。前委員長代理の島崎邦彦東大名誉教授(地震学)が、関電が採用した算定手法では、地震規模を過小評価している恐れがあると指摘したことを受けた。(後略)

 
[2016_06_21_04]
大飯原発 地震動再計算へ 規制委 元委員から不備指摘で 東奥日報  2016/06/21 TOP

 
[2016_07_14_02]
大飯原発地震動 試算と称して真の再計算を避ける非「科学的」規制委 たんぽぽ  2016/07/14 TOP
 7月13日の原子力規制委員会定例会議の議題1「大飯発電所の地震動の試算結果について」で、島崎前委員長代理の指摘に伴う試算結果を発表し、基準地震動について現状のまま見直す必要はないとした。(後略)

 
[2016_07_15_27]
規制委の大飯地震動再計算島崎氏批判「納得せず」 たんぽぽ  2016/07/15 TOP
  関西電力大飯原発(福井県)の基準地震動(耐震設計の目安となる揺れ)が過小評価された可能性を指摘している元原子力安全委員会委員の島崎邦彦・東京大名誉教授(地震学)は14日、規制委が再計算の結果「見直しは不要」としたことについて「納得していない。規制委の説明は事実と異なる」と、規制委の対応を批判した。共同通信の取材に応じた。

 
[2016_07_15_28]
「大飯地震動 計算に不備」島崎氏会見 東京新聞  2016/07/15 TOP
 関西電力大飯原発(福井県)の耐震設計の目安となる基準地震動を巡り、過小評価の可能性を指摘している島崎邦彦・東京大名誉教授(地震学、元原子力規制委員会委員)は15日、都内で記者会見し「過小評価されている可能性が非常に高い。議論や結論には納得できない。再計算するのが望ましい」と述べた。

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2016_07_15_29]
島崎元委員、怒る〜規制委が再計算するとなぜか地震動が小さく 規制監視  2016/07/15 TOP
(前略) 元原子力規制委員で地震学者の島崎邦彦氏は、原発の基準地震動を策定する際に用いられている経験式である「入倉・三宅式」を用いると、基準地震動が過小評価になると指摘し、別の計算方式でやり直すべきだと警告を発していました。(後略)

 
[2016_07_15_30]
大飯原発の地震想定再計算 規制委元委員「納得できない」 日経新聞  2016/07/15 TOP
 関西電力大飯原子力発電所(福井県)で想定する最大級の地震の揺れ(基準地震動)が過小評価されている可能性があると指摘している島崎邦彦・東京大学名誉教授が15日、都内で記者会見した。同氏の要請を受けて再計算した結果をもとに、原子力規制委員会が地震動の見直しは不要との見解を示したことに対し、「結論がおかしい。納得できない」と訴えた。

 
[2016_07_15_31]
過小評価「可能性高い」−大飯原発地震動で島崎元委員 時事通信  2016/07/15 TOP
 関西電力大飯原発(福井県)で想定される地震の揺れ(基準地震動)が過小評価された恐れがあると指摘していた元原子力規制委員会委員長代理の島崎邦彦東京大名誉教授が15日、東京都内で記者会見し、規制委が行った再計算の問題点を指摘した上で、「基準地震動は過小評価されている可能性が非常に高い」と述べた。

 
[2016_07_15_32]
大飯原発基準地震動 「再計算でも過小評価」 前委員長代理 毎日新聞  2016/07/15 TOP
 関西電力大飯原発(福井県)で想定する地震の最大の揺れ(基準地震動)について、過小評価の恐れを指摘している原子力規制委員会の前委員長代理の島崎邦彦氏(東大名誉教授)は15日、東京都内で記者会見し、「過小評価は間違いない」とし、規制委に計算のやり直しを再び求めた。規制委は13日に再計算結果を示し、過小評価はないとの見解を発表したが「再々計算」を求められた格好だ。

 
[2016_07_15_33]
大飯原発地震評価 元委員が規制委に反発 産経  2016/07/15 TOP
 関西電力大飯原発(福井県)の基準地震動をめぐり、原子力規制委員会が「過小評価ではない」と結論付けたことに対し、過小評価を指摘した元委員の島崎邦彦・東京大名誉教授(地震学)が15日、記者会見を開き、「納得できない」として抗議した。

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[110] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2016_07_15_34]
大飯原発 揺れ想定「過小評価されている」 日テレ  2016/07/15 TOP
 福井県にある大飯原発で想定される地震の揺れについて、原子力規制委員会で地震などの審査を担当していた島崎邦彦元委員が会見し、「過小評価されているのは間違いない」と主張した。

 
[2016_07_15_35]
大飯原発地震動見直し不要 島崎氏「納得していない」 フクナワ  2016/07/15 TOP
 関西電力大飯原発(福井県おおい町)の基準地震動(耐震設計の目安となる揺れ)が過小評価された可能性を指摘している元原子力規制委員会委員の島崎邦彦・東京大名誉教授(地震学)は14日、規制委が再計算の結果「見直しは不要」としたことについて「納得していない。規制委の説明は事実と異なる」と、規制委の対応を批判した。

 
[2016_07_15_36]
大飯原発の地震想定は「依然として過小評価」 テレ朝  2016/07/15 TOP
 原子力規制委員会の島崎邦彦前委員長代理は会見を開き、関西電力の大飯原発で想定されている地震の揺れについて、改めて「過小評価」だという考えを示しました。

 
[2016_07_17_01]
原子力規制委に地震動の専門家がいない! 大飯原発・基準地震動の過小評価は深刻_岡田広行 東洋経済  2016/07/17 TOP
(前略)島崎邦彦・東京大学名誉教授(地震学)が、「原発が大地震に見舞われた場合の実際の揺れは現在の基準地震動(想定される最大の揺れ)を上回る可能性が高い」との見解を7月15日の記者会見で明らかにした。(後略)

 
[2016_07_20_05]
基準地震動評価、議論やり直し 大飯原発で規制委、計算精度に問題 福井新聞  2016/07/20 TOP
 原子力規制委員会は20日の定例会合で、過小評価の可能性が指摘された福井県おおい町の関西電力大飯原発の基準地震動(耐震設計の目安となる揺れ)について、指摘を受けて行った再計算の精度に問題があるとして、議論をやり直すことを決めた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 23 >  記事番号[111]〜[115] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2016_07_21_01]
大飯原発 地震動議論やり直し 規制委「試算手法に問題」 赤旗  2016/07/21 TOP
 原子力規制委員会は20日、前委員長代理の島崎邦彦東京大学名誉教授の指摘で実施した関西電力大飯原発(福井県)での地震の揺れに関する試算をめぐって、試算手法に問題があったとして、議論をやり直すことを決めました。(後略)

 
[2016_07_21_04]
大飯原発基準地震動 再計算の精度に問題 原子力規制委 東奥日報  2016/07/21 TOP

 
[2016_07_23_01]
大飯原発地震動試算騒動が示す田中委員長の傲慢 たんぽぽ  2016/07/23 TOP
 熊本大地震を受けて島崎邦彦さんからの提案で実施された大飯地震動試算騒動は思わぬ展開を示した。19日午後の約1時間40分に渡る島崎―規制委・規制庁面会、20日の原子力規制委員会定例会議、午後の記者会見で、規制委・規制庁の混乱と田中委員長の傲慢と基準地震動計算の過小評価・不透明性が明らかになった。

 
[2016_07_27_01]
<大飯原発>基準地震動、見直し不要 規制委見解まとめ 毎日新聞  2016/07/27 TOP
 原子力規制委員会は27日の定例会で、関西電力大飯原発(福井県)で想定する地震の揺れ(基準地震動)について、見直す必要はないとする見解をまとめた。規制委の前委員長代理の島崎邦彦氏が「計算結果が過小評価になっている」と指摘していたが、関電の計算結果は妥当で、現行の計算方式以外について「科学的・技術的な熟度には至っていない」と島崎氏の主張を退けた。(後略)

 
[2016_07_27_05]
原発の地震動見直しと美浜3号審査中止を求める緊急要請・院内集会 いちろう 2016/07/27 TOP
前略,田中一郎です。昨日(7/26)、参議院議員会館において、「原子力規制を監視する市民の会」さんや「美浜の会」さん他(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 24 >  記事番号[116]〜[120] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2016_07_28_04]
大飯地震動規制委「見直さず」 新基準審査優先 結論急ぐ 東奥日報  2016/07/28 TOP

 
[2016_07_30_02]
大飯原発の耐震性審査:関西電力の計算手法はブラックボックスの中 Yahoo!  2016/07/30 TOP
7月27日の原子力規制委員会は、原発事業者・原子力規制委員・原子力規制庁職員の3者の関係性と力関係を露わにした。委員たちの判断を支える規制庁職員は、関西電力による基準地震動の計算手法を知らないままで、耐震性審査を行っている。(後略)

 
[2016_08_02_01]
【社説】 大飯原発地震動 専門家の意見を聞け 東京新聞  2016/08/02 TOP
◆大飯原発地震動 専門家の意見を聞け 福井県にある関西電力大飯原発の基準地震動が過小評価との指摘がある。原子力規制委員会の対応は迷走したあげく、見直す必要はないとなった。東日本大震災の教訓を生かした判断といえるのか。(後略)

 
[2016_08_17_02]
大飯原発「基準地震動評価」が批判されるワケ 島崎氏の指摘 東洋経済  2016/08/17 TOP
「関西電力・大飯原子力発電所の基準地震動(想定される最大の揺れ)は過小評価されている。(きちんと計算すると、大地震の際には実際の揺れが)現在の基準地震動を超えてしまうことは確かだ」(後略)

 
[2016_08_25_04]
高浜・大飯の避難訓練が迫っているが重要なデータがある たんぽぽ  2016/08/25 TOP
1.高浜・大飯の避難訓練が迫っているが重要なデータがある。それは2015年10月にNHK放送文化研究所が行った調査である。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 25 >  記事番号[121]〜[125] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2016_09_14_05]
原発の耐震「連続M7想定外」 大飯差し止め訴訟、原告主張 京都新聞  2016/09/14 TOP
京都府や滋賀県などの住民が、関西電力大飯原発(福井県おおい町)1〜4号機の運転差し止めなどを求めた集団訴訟の口頭弁論が14日、京都地裁(堀内照美裁判長)で開かれ(後略)

 
[2016_11_01_04]
島崎氏による問題提起の顛末_長沢啓行 伊方原発を止める会  2016/11/01 TOP
1国民の面前で演じられた原子力規制委員会によるドタバタ劇_前原子力規制委員長代理の島崎邦彦氏が退職後,「入倉式による地震動の過小評価」を学会で4度指摘したのを受け,原子力規制委員会は2016年6月16日,遂にその重い腰を上げて島崎氏と面会(後略)

 
[2017_01_10_04]
大飯、安全審査ほぼ終了…9月頃の再稼働見込み 読売新聞  2017/01/10 TOP
原子力規制委員会は10日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の安全審査をほぼ終えた。規制委は今後、事実上の合格証となる「審査書案」をまとめる作業を本格化させる。関電は9月頃の再稼働を見込む。(後略)

 
[2017_01_30_02]
4月に元規制委員の証人尋問=大飯原発差し止め訴訟−名古屋高裁支部 時事通信  2017/01/30 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働差し止めを住民らが求めた訴訟の控訴審の第10回口頭弁論が30日、名古屋高裁金沢支部であった。内藤正之裁判長は、4月24日に元原子力規制委員会委員長代理の島崎邦彦東京大名誉教授(地震学)の証人尋問を行うと決めた。(後略)

 
[2017_02_22_02]
大飯原発3、4号機「合格」判断=地震動評価、過小恐れのまま・規制委 時事通信  2017/02/22 TOP
原子力規制委員会は22日、定例会合を開き、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)が再稼働の前提となる審査に事実上合格したとの判断を示す審査書案を了承した。残っている別の審査や検査を早期に通過した場合、2基の原発は年内にも再稼働するが、耐震性で過小評価との指摘も出ている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 26 >  記事番号[126]〜[130] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2017_02_22_04]
大飯3、4号機、規制委新基準に「適合」 6原発12基に 東京新聞  2017/02/22 TOP
原子力規制委員会は二十二日、定例会合を開き、関西電力大飯原発3、4号機(福井県)について、安全対策工事をすれば新規制基準に適合するとの審査書案を了承した。関電は夏ごろの再稼働を見込んでいるが、再稼働には知事ら地元の同意が必要となる。(後略)

 
[2017_02_23_01]
規制委「お墨付き」も遠い再稼働 大飯3、4号など見通し立た フクナワ  2017/02/23 TOP
大飯原発3、4号機(福井県おおい町)が22日、安全審査に事実上合格したことで、関西電力が原子力規制委員会に申請した全7基に新規制基準に適合している“お墨付き"が与えられた。ただ現状は1基も動いていない。(後略)

 
[2017_02_23_04]
大飯3、4号機「合格」 規制委が、審査書案了承 東奥日報  2017/02/23 TOP

 
[2017_03_01_04]
【社説】原発再稼働 責任と倫理はどこに 東京新聞  2017/03/01 TOP
関西電力大飯原発3、4号機が規制基準に「適合」と判断された。そして電力事業者は、当然のように再稼働へと走りだす。誰も「安全」とは言えないものを、なぜ、動かすことができるのか。(後略)

 
[2017_03_21_01]
「再稼働、容認できない」 滋賀知事が大飯原発視察  京都新聞  2017/03/21 TOP
滋賀県の三日月大造知事は20日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)を視察した。早ければ夏にも再稼働が見込まれる3、4号機の新たな防災対策について、関電側から説明を受けた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 27 >  記事番号[131]〜[135] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2017_04_11_04]
低レベル埋設施設 27日受け入れ再開 原燃・クレーン復旧 東奥日報  2017/04/11 TOP

 
[2017_04_25_03]
大飯「地震想定に欠陥」 控訴審、島崎元規制委員が証言 中日新聞  2017/04/25 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟控訴審の口頭弁論が二十四日、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)であり、原告の住民側証人として出廷した元原子力規制委員の島崎邦彦・東京大名誉教授が、(後略)

 
[2017_05_24_01]
<原子力規制委新基準>「福島と同型」焦点に 大飯合格で 毎日新聞  2017/05/24 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県、出力各118万キロワット)が24日、原子力規制委員会の審査に合格したことで、新規制基準をクリアした原発は計6原発12基となった。(後略)

 
[2017_05_24_02]
<大飯原発>使用済み核燃料どこへ 保管施設、7年で満杯 毎日新聞  2017/05/24 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)が24日、原子力規制委員会の安全審査を正式にクリアし、関電が審査を申請した大飯、高浜、美浜の3原発7基(いずれも福井県)は全て新規制基準に適合した。(後略)

 
[2017_05_24_03]
大飯再稼働「容認できず」滋賀知事 時事通信  2017/05/24 TOP
関西電力大飯原発3、4号機が新規制基準に適合すると認めた審査書を原子力規制委員会が正式決定したことを受け、滋賀県の三日月大造知事は24日、(中略)現状では、再稼働を容認できる環境にない」とするコメントを発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 28 >  記事番号[136]〜[140] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2017_05_25_01]
質問中に「あいつのマイクを取り上げて」 原子力規制委員会委員長が追及封じの暴挙 リテラ  2017/05/25 TOP
24日、原子力規制委員会が大飯原発3、4号機について、安全審査に合格したことを示す「審査書」を正式に決定した。大飯原発をめぐっては、現在でも運転差し止めの控訴審がおこなわれているが、しかし、規制委員会は大飯原発の再稼働にお墨付きを与えたわけだ。(後略)

 
[2017_05_25_03]
大飯原発審査合格 関電は「緊張感を」 規制委員長 東奥日報  2017/05/25 TOP

 
[2017_08_11_01]
大飯原発再稼働、京都・舞鶴市が関電と協定へ 非隣接で府内初 京都新聞  2017/08/11 TOP
京都府舞鶴市議会の原子力防災・安全等特別委員会が10日開かれ、関西電力大飯原発(福井県おおい町)に関して関電と結ぶ方針の協定を市が説明した。(後略)

 
[2017_08_20_01]
島崎証言を無視し,関電に助け船を出し、樋口判決を葬ろうとする裁判所に抗議を 基準地震動は過小評価,安全審査は欠陥だらけ 福井裁判の会  2017/08/20 TOP
「大きな自然災害や戦争以外で,(人格権の中核部分という)根源的な権利が極めて広汎に奪われるという事態を招く可能性があるのは原子力発電所の事故のほかは想定し難い。...少なくともかような事態を招く具体的危険性が万が一でもあれば,その差止めが認められるのは当然である」(後略)

 
[2017_09_19_01]
審査合格5原発 周辺火山大噴火時 原子炉 冷却不能も 東奥日報  2017/09/19 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 29 >  記事番号[141]〜[145] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2017_10_15_04]
大飯原発30キロ圏、不安相次ぐ 説明会に住民「不十分」 京都新聞  2017/10/15 TOP
関西電力が来年1月中旬以降の3、4号機再稼働を目指す大飯原発(福井県おおい町)に関する住民説明会がこのほど、約30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)がある京都府南丹市と京丹波町で開かれた。(後略)

 
[2017_10_17_01]
大飯原発1・2号機廃炉へ 「安い電力源」常識揺らぐ 特殊な対策、経営の重荷に 東奥日報  2017/10/17 TOP

 
[2017_10_19_01]
大飯1,2号機廃炉 「方針固めていない」 関電幹部 東奥日報  2017/10/19 TOP

 
[2017_10_25_04]
<大飯原発>避難計画を策定 「高浜と同時」想定せず 毎日新聞  2017/10/25 TOP
関西電力大飯原発(福井県)の周辺自治体と政府でつくる地域原子力防災協議会は25日、同原発が事故を起こした場合の避難計画を策定した。近く開かれる政府の原子力防災会議(議長・安倍晋三首相)に報告する。(後略)

 
[2017_10_27_03]
社説:大飯の避難計画 実効性の検証が足りぬ 京都新聞  2017/10/27 TOP
関西電力大飯原発(福井県)での事故に備え、政府と福井、京都、滋賀の3府県が避難計画を策定した。政府の原子力防災会議は近く合理的として了承する見通しだが、不安は拭えない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 30 >  記事番号[146]〜[150] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2017_10_31_05]
政府が関電の大飯廃炉方針に「便乗」、原発新増設へシフト ダイヤ  2017/10/31 TOP
衆議院総選挙真っ最中の10月17日、関西電力が大飯原子力発電所1、2号機(福井県)の廃炉方針を固めたことが明らかになった。公式には、「そのような事実はない」とする関電だが、電力業界関係者の間では、廃炉は既定路線だった。大飯原発1、2号機は共に、2019年に運転開始から40年を迎える老朽原発である。(後略)

 
[2017_11_13_01]
神戸製鋼所のデータ改ざんの深刻さ 神戸製鋼所製品の関わる原子力関係トラブルの例 たんぽぽ舎  2017/11/13 TOP
◎神戸製鋼所のデータ改ざんの深刻さ神戸製鋼所のデータ改ざんは、次のような深刻な問題を含んでいる。(後略)

 
[2017_11_15_01]
5原発に神鋼製品=再稼働含め9基、電力側「安全」―規制委 時事通信  2017/11/15 TOP
関西、四国、九州の電力3社が再稼働させた3原発を含む5原発9基の原子炉などに、神戸製鋼所が製造した部品や溶接用の金属棒が使われていることが15日、分かった。原子力規制委員会の定例会合で報告された。(後略)

 
[2017_11_20_02]
<大飯原発>運転差し止め控訴審 高裁金沢支部で結審 毎日新聞  2017/11/20 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟の控訴審が20日、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)で結審した。(後略)

 
[2017_11_21_02]
<大飯原発>3、4号機の再稼働、福井知事同意へ 毎日新聞  2017/11/21 TOP
◇世耕経産相が26日に会談で調整関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐり、世耕弘成経済産業相が26日に福井県で西川一誠知事と会談する方向で調整していることが分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 31 >  記事番号[151]〜[155] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2017_11_26_01]
再稼働に懸念、広域避難の法制化要望 京都・滋賀知事が面談 京都新聞  2017/11/26 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働手続きが進む中、中川雅治原子力防災担当相が26日、滋賀県を訪れ、三日月大造知事と面談した。三日月知事は再稼働への懸念を改めて伝え、中川氏は緊急時の対応をさらに充実させる考えを示した。(後略)

 
[2017_11_28_02]
大飯再稼働同意までの駆け引き 知事「国の関与」にこだわり 福井新聞  2017/11/28 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について、西川一誠知事は27日、再稼働に同意した。ただ、県が求める国民理解の促進や中間貯蔵施設の県外立地の具体化は道半ば。(後略)

 
[2017_11_28_05]
中間貯蔵施設、受け入れぬ方針再表明 京都府 京都新聞  2017/11/28 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に同意した福井県の西川一誠知事が使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設の県外設置を求めたことを踏まえ、隣接する京都府は27日、「関電との間で、府内につくらないと決着している」として、府内で受け入れない方針を改めて表明した。(後略)

 
[2017_11_28_08]
中間貯蔵「不退転の決意」、関電社長 18年中に候補地 日経新聞  2017/11/28 TOP
関西電力は27日、大飯原子力発電所3、4号機(福井県)の再稼働に向けて福井県の西川一誠知事の同意を取り付けた。判断の決め手として西川知事が挙げたのが、使用済み核燃料の中間貯蔵施設について「2018年中に具体的な計画を示す」と説明した関電と国の姿勢だ。(後略)

 
[2017_11_29_01]
社説:大飯再稼働へ 未解決課題が多すぎる 京都新聞  2017/11/29 TOP
未解決の課題が多すぎないか。福井県の西川一誠知事が関電大飯原発3、4号機(おおい町)の再稼働に同意した。関西電力は年明けから順次、再稼働させる見通しだ。直線距離で約14キロ西の位置にある高浜3、4号機(高浜町)は営業運転を始めている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 32 >  記事番号[156]〜[160] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2017_11_30_01]
低レベル廃棄物 受け入れを延期 原燃、クレーン不具合 東奥日報 2017/11/30 TOP

 
[2017_12_01_02]
神鋼の改ざん問題、原発の再稼働延期に発展 東洋経済  2017/12/01 TOP
関西電力は大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働が遅れることを踏まえ、神戸製鋼所に逸失利益の一部などの損害賠償請求を検討している事実を明らかにした。(後略)

 
[2017_12_04_01]
大飯と玄海の再稼働が神鋼データ改ざんで2カ月延期 たんぽぽ  2017/12/04 TOP
11月29日の日経が「玄海原発再稼働を延期 九電、神鋼製部材を調査」と報じ、30日の東京新聞が共同の配信で「大飯と玄海の再稼働延期神鋼データ改ざんで2カ月」と報じた。(後略)

 
[2017_12_20_01]
<大飯原発>22日に廃炉決定 関電、運転延長採算取れず 毎日新聞  2017/12/20 TOP
関西電力が22日の臨時取締役会で、2019年に40年の運転期限を迎える大飯原発1、2号機(福井県おおい町)の廃炉を正式に決定することになった。再稼働するには安全対策に巨額の費用がかかり、運転を延長しても採算が取れないと判断したためだ。(後略)

 
[2017_12_23_03]
大飯原発1・2号機の廃炉決定 関電、採算悪化を懸念 東京新聞  2017/12/23 TOP
関西電力が大飯原発1、2号機(福井県)の廃炉を決めた。安全対策の難しさに加え、人口の減少や他社との競争激化などで電力需要が伸びず、出力が百万キロワットを超える大型原発でも採算性が見通しづらくなったことが背景にある。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 33 >  記事番号[161]〜[165] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2017_12_26_02]
落日の原発 ポンコツ東海第二原発の再稼働を止めたい 鎌田慧 東京新聞  2017/12/26 TOP
安倍政権は認めたがらないが、今年は原発行政終わりの始まりの年だった。夢の、とうたわれた「高速増殖炉もんじゅ」がなんの成果も上げないまま、あえない最後となって1年。今度は福井県の大飯原発1,2号機が廃炉、いよいよ日本も廃炉時代を迎える。(後略)

 
[2017_12_29_01]
なぜ人々は原発再稼働に「無関心」なのか 現代ビジネス  2017/12/29 TOP
いつの間にか、「脱原発」のムードに倦んでしまった世間を尻目に、原子力ムラは次々と原発再稼働を推進している。だが、ムラのやりたい放題にカネを出させられるのは、われわれ国民なのだ。(後略)

 
[2018_01_07_02]
関電、青森へ使用済み核燃料集約 むつ中間貯蔵施設に 東京新聞  2018/01/07 TOP
関西電力が福井県にある同社の3原発から出た使用済み核燃料を、青森県むつ市の中間貯蔵施設に搬入し一時保管する方針を固めたことが6日、関係者への取材で分かった。近く青森県など地元に要請する見通し。(後略)

 
[2018_01_07_04]
使用済み核燃料 関電、むつ搬入検討 中間貯蔵施設で保管 近く県などに要請 東奥日報 2018/01/07 TOP

 
[2018_01_08_01]
使用済み燃料搬入 市長「受け入れぬ」強調 「報道の事実一切ない」関電 東奥日報 2018/01/08 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 34 >  記事番号[166]〜[170] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2018_01_16_02]
<おおい町>町幹部研修の半分は観光地 公費と関電負担で 毎日新聞  2018/01/16 TOP
福井県おおい町が昨年10月、原子力施設視察などの目的で幹部職員ら20人を青森県に派遣した研修で、2泊3日の日程の半分が観光地だったうえ、全ての朝食と昼食、初日の酒代を含む夕食を公費で賄っていたことが町への取材で分かった。(後略)

 
[2018_01_19_02]
福井・おおい 関電提案で町幹部研修 青森の原子力施設・観光地 旅費も一部負担 赤旗  2018/01/19 TOP
大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をすすめる関西電力が、おおい町に青森県の原子力施設などの見学を提案し、昨年10月に町幹部職員20人の研修旅行を実現していたことが18日、本紙の調べでわかりました。(後略)

 
[2018_01_23_02]
原発の地震想定は「過小」 滋賀差し止め訴訟で住民側主張 京都新聞  2018/01/23 TOP
滋賀県の住民らが福井県の若狭湾周辺にある大飯、高浜、美浜の関西電力3原発9基の運転差し止めを求めた訴訟の第17回口頭弁論が23日、大津地裁(西岡繁靖裁判長)であった。(後略)

 
[2018_01_24_02]
「核のゴミ」処理で窮地の関電、東電・原電の施設に“相乗り"浮上 ダイヤ  2018/01/24 TOP
原子力発電所から出される使用済み核燃料の貯蔵問題が、にわかに電力業界内外で注目を集めている。中でも、関西電力はこの問題をすぐにでも解決しなければならない最重要課題と捉えているが、解決の糸口すらつかめていない。(後略)

 
[2018_01_28_02]
新規制基準は「世界最高水準」でも「世界で最も厳しい基準」でも絶対にない たんぽぽ  2018/01/28 TOP
世耕経産相は1月1日の年頭所感で「原子力規制委員会によって世界最高水準の新規制基準に適合すると認められたものについて、地元の理解を得ながら再稼動を進めてまいります」と述べた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 35 >  記事番号[171]〜[175] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2018_01_30_05]
大飯の揺れ算定法「不十分」 地震調査委 規制委の認識疑問視 東京新聞  2018/01/30 TOP
三月に再稼働を予定する関西電力大飯(おおい)原発(福井県)の安全審査で主要な判断基準だった地震時の基準地震動(最大の揺れ)の算定方式をめぐり、策定元の政府の地震調査委員会内で、原子力規制委員会の認識を否定する見解が示されていたことが分かった。(後略)

 
[2018_03_14_01]
滋賀知事「再稼働容認できず」 時事通信  2018/03/14 TOP
滋賀県の三日月大造知事は14日、関西電力大飯原発3号機(福井県)の再稼働を受け、「実効性ある多重防護体制の構築が道半ばで、県民の不安も払拭(ふっしょく)されていない。再稼働を容認できる環境にない」とするコメントを発表した。(後略)

 
[2018_03_14_02]
大飯原発再稼働 「住民の命軽視」反対訴え70人デモ行進 毎日新聞  2018/03/14 TOP
関西電力大飯原発(福井県おおい町)周辺では14日午後、県内外の脱原発団体のメンバー約70人が再稼働反対を訴えて約30分かけてデモ行進した。最後に同原発ゲート前で「電気は足りている。大飯原発再稼働反対」などと声を上げた。(後略)

 
[2018_03_15_03]
関電、再値下げ4%軸に 大飯原発3号機再稼働 日経新聞  2018/03/15 TOP
関西電力は14日、大飯原子力発電所3号機(福井県)を4年半ぶりに再稼働させた。5月中旬には同4号機も動かし、今夏に電気料金を再値下げする。値下げ幅は家庭向けで4%を軸に検討に入る。(後略)

 
[2018_03_29_02]
「関電の火山灰評価は過小」という原子力規制委員会の報告 たんぽぽ  2018/03/29 TOP
先ほど終わった(3月28日)第75回原子力規制委員会定例会合において、関電の大飯原発等の審査の火山灰評価で焦点となっていた大山(だいせん)の噴火による京都の火山灰層について(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 36 >  記事番号[176]〜[180] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2018_04_16_01]
新基準適合の7原発14基 稼働10年で核燃プール満杯 東京新聞  2018/04/16 TOP
東京電力福島第一原発事故後に策定された原発の新規制基準に適合済みの七原発十四基は、いずれも稼働後十年以内に使用済み核燃料を保管するプールが満杯になることが、電力各社への取材で分かった。(後略)

 
[2018_04_24_04]
噴火影響「高浜原発の想定は過小」 滋賀・原発差し止め訴訟 京都新聞  2018/04/24 TOP
滋賀県の住民らが福井県の若狭湾周辺にある大飯、高浜、美浜の関西電力3原発の運転差し止めを求めた訴訟の第18回口頭弁論が24日、大津地裁(西岡繁靖裁判長)であった。(後略)

 
[2018_04_25_02]
意見交換できないのは「自治体側に理由」 規制委員長が発言、反発呼ぶ 福井新聞  2018/04/25 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長が、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)について5〜6月に地元自治体と意見交換する意向を示した際の関連発言が福井県内で波紋を広げている。(後略)

 
[2018_05_07_01]
<川内原発>テロ対策特定施設、初の着工了承 規制委 毎日新聞  2018/05/07 TOP
原子力規制委員会は7日、九州電力川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)でテロ対策の拠点となる「特定重大事故等対処施設」(特定施設)の工事計画を審議し、着工を了承した。近く正式に認可する。(後略)

 
[2018_05_08_01]
関西電力 大飯原発4号機、9日に再稼働 毎日新聞  2018/05/08 TOP
関西電力は8日、福井県おおい町の大飯原発4号機(出力118万キロワット)を9日午後5時ごろに再稼働させると発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 37 >  記事番号[181]〜[185] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2018_05_09_04]
大飯原発4号機 再稼働 6月上旬に営業運転へ 毎日新聞  2018/05/09 TOP
福井県おおい町の関西電力大飯原発4号機(出力118万キロワット)が9日、4年8カ月ぶりに再稼働した。新規制基準下での再稼働は全国で8基目。関電の原発11基のうち廃炉決定済み、運転延長準備中のものを除く4基が全て再稼働したことになる。(後略)

 
[2018_05_10_02]
大飯4号機、「水位低下」で警報=9日再稼働、異常なし―関電 時事通信  2018/05/10 TOP
関西電力は10日、大飯原発4号機(福井県おおい町)で、蒸気発生器の水位が低いことを示す警報が鳴ったと発表した。警報はすぐに消え、水位を確認したが異常はなかったという。(後略)

 
[2018_05_14_02]
社説:原発4基再稼働 多重事故への備えない 京都新聞  2018/05/14 TOP
安全性や避難体制が確立されないまま、原発の再稼働を続けていいのだろうか。関西電力大飯原発4号機が再稼働した。福井県内では昨年、関電高浜3、4号機、今年3月には大飯3号機がそれぞれ再稼働した。(後略)

 
[2018_05_30_05]
大飯原発、廃炉燃料を3・4号機で活用=関電が規制委に申請 時事通信  2018/05/30 TOP
関西電力は30日、廃炉を決めた大飯原発1、2号機(福井県)の核燃料を同3、4号機で使うため、設置変更許可を原子力規制委員会に申請した。関電によると、同様の申請は国内で例がないという。(後略)

 
[2018_06_13_03]
同時事故で統合本部=大飯、高浜原発―福井 時事通信  2018/06/13 TOP
関西電力の大飯原発(福井県おおい町)と高浜原発(同県高浜町)で同時に事故が起きた場合、政府が両方の事故に一体的に対応する「統合現地本部」を設置する方針を固めたことが13日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 38 >  記事番号[186]〜[190] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2018_06_15_05]
原発動くと電気代は… 「財務優先」九電は下げず 再エネ買い取り負担も重く 西日本新  2018/06/15 TOP
2011年の東京電力福島第1原発事故後、原発停止による火力発電の燃料費増加で経営が悪化した大手電力会社は相次いで電気料金を値上げした。では、原発の再稼働が進めば電気料金は下がるのか。当面は据え置く方針の九州電力に対し、関西電力は値下げを決めるなど対応は分かれる。(後略)

 
[2018_06_18_04]
大阪で震度6弱 3人死亡 けが人多数 M6.1 交通網まひ 東奥日報  2018/06/18 TOP

 
[2018_07_04_03]
<大飯原発控訴審>差し止め取り消し 「危険性無視しうる」 毎日新聞  2018/07/04 TOP
◇3、4号機名古屋高裁金沢支部が住民側逆転敗訴の判決関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを周辺住民らが求めた訴訟の控訴審で、名古屋高裁金沢支部は4日、差し止めを命じた2014年5月の1審・福井地裁判決を取り消し、住民側逆転敗訴の判決を言い渡した。(後略)

 
[2018_07_04_05]
<大飯原発控訴審>差し止め取り消し 「危険性無視しうる」 毎日新聞  2018/07/04 TOP
◇3、4号機名古屋高裁金沢支部が住民側逆転敗訴の判決関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを周辺住民らが求めた訴訟の控訴審で、名古屋高裁金沢支部は4日、差し止めを命じた2014年5月の1審・福井地裁判決を取り消し、住民側逆転敗訴の判決を言い渡した。(後略)

 
[2018_07_12_01]
住民側が活断層の危険性主張 大津地裁原発差し止め訴訟 京都新聞  2018/07/12 TOP
滋賀県の住民らが福井県の若狭湾周辺にある大飯、高浜、美浜の関西電力3原発9基の運転差し止めを求めた訴訟の第19回口頭弁論が12日、大津地裁(西岡繁靖裁判長)であった。住民側は、2016年の熊本地震で新たに分かった活断層周辺の危険性などを主張した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 39 >  記事番号[191]〜[195] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2018_07_18_02]
廃炉の燃料を大飯3、4号で使い回し 国内初、規制委了承 福井新聞  2018/07/18 TOP
原子力規制委員会は7月18日の定例会合で、関西電力が廃炉を決めた大飯原発1、2号機(福井県おおい町)で使用した核燃料の集合体629体のうち、まだ使える264体を同3、4号機(同、再稼働済み)で再利用するとした申請について議論し、手続きを進めることを承認した。(後略)

 
[2018_07_18_04]
豪雨災害で原発にも影響 伊方原発(四国)、泊原発(北海道)で浸水 たんぽぽ舎  2018/07/18 TOP
◎豪雨災害により広島、岡山県など広範囲で大規模な土石流、洪水被害が発生し、200名以上が死亡、行方不明になりました。ご冥福をお祈りすると共に被災された方々に御見舞い申し上げます。(後略)

 
[2018_07_19_01]
大飯原発 再利用「問題ない」 廃炉燃料で規制委員長 東京新聞  2018/07/19 TOP
関西電力が廃炉を決めた大飯原発1、2号機(福井県おおい町)で使用した核燃料のうち、まだ使える一部を3、4号機(同、再稼働済み)で再利用する計画について、原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は十八日の定例記者会見で「技術や安全の観点からは問題がない」と話した。(後略)

 
[2018_07_20_02]
ヨウ素剤 学校備蓄進まず 再稼働原発5キロ圏 福井はゼロ 東京新聞  2018/07/20 TOP
原子力規制委員会がガイドラインで求める原発から五キロ圏内の小中学校や幼稚園などの教育施設への安定ヨウ素剤の配備を巡り、規制委の審査などを経て再稼働した五原発が立地する福井、愛媛、佐賀、鹿児島の四県のうち、すべての施設に配備されているのは鹿児島県だけにとどまる(後略)

 
[2018_07_25_01]
大飯原発訴訟の一審破棄は司法の判断放棄! 原発訴訟の"治外法権化"が始まった! 週プレ  2018/07/25 TOP
「原発の是非は司法の役割を超えている」。7月4日、そんな判決で原告側の求めを棄却した大飯原発訴訟が注目されている。なぜ裁判所は判断を投げ出したのか?(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 40 >  記事番号[196]〜[200] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2018_07_27_04]
名古屋高裁が下した「原発裁判史上、最悪の判決」とは 週刊金曜日  2018/07/27 TOP
名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)は7月4日、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを命じた一審・福井地裁判決を取り消し、原告住民側の請求を棄却する判決を言い渡した。(後略)

 
[2018_08_01_02]
<廃炉ごみ>処分場難航 電力各社、選定進まず 毎日新聞  2018/08/01 TOP
原子力規制委員会が1日、原発の廃炉に伴って原子炉内から出る放射性廃棄物の規制基準案をまとめたことで、廃炉で出るごみの処分ルールが実質的に出そろった。しかし電力会社による処分場の選定は進んでいない。(後略)

 
[2018_08_08_03]
大飯判決 福井地裁元裁判長インタビュー 原発差し止め「迷いなし」 東京新聞  2018/08/08 TOP
関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止め訴訟で、二〇一四年の一審・福井地裁判決で運転差し止めを命じた裁判長の樋口英明氏(65)が本紙のインタビューに応じ、原発訴訟に対する思いを語った。(後略)

 
[2018_08_25_01]
<関西電力>大飯、高浜原発で初の“同時事故"想定訓練 毎日新聞  2018/08/25 TOP
関西電力大飯、高浜両原発の同時事故を想定した国の原子力防災訓練が25日、福井県おおい、高浜両町の原発周辺で始まった。(後略)

 
[2018_08_27_04]
原発事故時の本音「逃げたくない」 福井で原子力総合防災訓練 福井新聞  2018/08/27 TOP
関西電力大飯、高浜原発(福井県)の同時事故を想定した国の原子力総合防災訓練の2日目が8月26日に行われた。両原発の30キロ圏に位置する全1市4町の県民7457人が県内外への避難や屋内退避の訓練に臨んだ。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 41 >  記事番号[201]〜[205] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2018_09_06_06]
泊原発、外部電源6回線喪失、非常用DG6台起動中。 おしどりポータルサイト  2018/09/06 TOP
泊発電所、6時半状況。(10時時点続報無し)・外部電源6回線喪失(275kV泊幹線、275kV後志幹線、66kV泊幹線の6回線)(後略)

 
[2018_09_10_01]
北海道胆振東部地震「泊原発が動いていれば停電はなかった」論はなぜ「完全に間違い」なのか ハーバービジネスオンライン  2018/09/10 TOP
去る9月6日3時8分、北海道胆振(いぶり)地方の深さ37kmを震源とするM6.7の地震が発生しました。最大震度は震度7(激震)で、これは北海道では記録上最大の揺れとなりました。(後略)

 
[2018_10_01_03]
原発新検査、試験運用開始 抜き打ち、立ち入り自由に 徳島新聞  2018/10/01 TOP
原発が安全に運転・管理されているかを監視する国の検査の新制度が2020年4月に導入されるのを前に、原子力規制委員会は1日、実際の原発施設で試験運用を始めた。同日は福井県の関西電力大飯原発で行い、1年半の間に全国計17原発で実施する。(後略)

 
[2018_11_06_01]
<関西電力>中間貯蔵施設、候補地選定が難航 決定越年も 毎日新聞  2018/11/06 TOP
原子力発電所から出る使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設について、関西電力の候補地選定が難航している。(後略)

 
[2018_11_21_04]
福井3原発、噴火の影響見直しへ 鳥取・大山の降灰、想定超か 東京新聞  2018/11/21 TOP
原子力規制委員会は21日、福井県の関西電力美浜、大飯、高浜の3原発について、約200キロ離れた鳥取県の大山が噴火した場合、想定を超える火山灰が降り積もる可能性があるとして、影響評価を見直す方針を決めた。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 42 >  記事番号[206]〜[210] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2018_11_23_02]
大飯1、2号廃炉申請 関電48年度完了へ フクナワ  2018/11/23 TOP
関西電力は11月22日、福井県おおい町の大飯原発1、2号機の廃炉計画を原子力規制委員会に認可申請した。出力100万キロワットを超える大型原発の廃炉申請は、東京電力福島第1原発を除き全国で初めて。(後略)

 
[2018_11_25_02]
「事故時にバス来るか、不安」大飯原発事故想定、滋賀で住民訓練 京都新聞  2018/11/25 TOP
大津市は24日、大飯原発(福井県おおい町)での事故を想定した原子力防災訓練を同市和邇学区で行った。住民らが移動の手順を確認し、万一の際に必要な知識を学んだ。(後略)

 
[2018_11_26_02]
<志賀原発>事故訓練評価で最低 情報公開改善を 毎日新聞  2018/11/26 TOP
原発の昨年度の事故対応訓練について原子力規制委員会が今年7月に公表した評価結果で、北陸電力志賀原発(石川県志賀町)は全国18の原発中、「情報共有」の項目で東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)と並んで最低評価の「C」だった。(後略)

 
[2018_11_26_04]
原発立地地域に自衛隊配備を 福井県議会が意見書 福井新聞  2018/11/26 TOP
福井県議会は26日、全国で最も多くの原発を抱える若狭湾沿岸の地域に、自衛隊の配備を求める意見書を賛成多数で可決した。(後略)

 
[2018_12_02_02]
栃木県内の住民にも広がる危機感 東海第2再稼動に8市町議会が反対 下野新聞  2018/12/02 TOP
原則の40年を超え運転延長が許可された日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)について、県内8市町議会が運転延長に反対する陳情などを採択したのは、住民の危機感の高まりが背景にある。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 43 >  記事番号[211]〜[215] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2018_12_12_01]
関電3原発に降灰量の再評価指示 規制委 毎日新聞  2018/12/12 TOP
関西電力の美浜、大飯、高浜の3原発(いずれも福井県)について、原子力規制委員会は12日、約200キロ離れた大山(だいせん)(鳥取県)が噴火した際の原発敷地内への降灰量を再評価するよう関電に指示した。(後略)

 
[2018_12_12_03]
見落し可能性を認めて「非常に難しい」と事業者の解析を鵜呑みし続ける原子力規制委員会 たんぽぽ  2018/12/12 TOP
◎12月5日の原子力規制委員会定例会議の終りに、次の資料とともに浜岡・柏崎刈羽・東通原発の耐震評価の誤りが報告された。(後略)

 
[2019_04_17_01]
規制委、関電3原発の降灰想定引き上げ 対策の審査一部やり直し 毎日新聞 2019/04/17 TOP
関西電力の美浜、大飯、高浜3原発(いずれも福井県)について、原子力規制委員会は17日、火山の噴火によって敷地内に降る火山灰の想定を、従来の「厚さ10センチ」から引き上げることを決めた。(後略)

 
[2019_04_23_04]
東電福島第一原発事故教訓を無視して何が起こっても一旦稼働した原発を止めない規制委 木村雅英 たんぽぽ 2019/04/23 TOP
原子力規制委員会は、2018年12月12日の定例会議で「大山火山の大山生竹テフラの噴出規模見直しに伴う報告徴収命令」を発出した。(後略)

 
[2019_04_24_04]
規制委「対テロ未完の原発停止この報道への意見等(4人の方より)緊急報告 たんぽぽ 2019/04/24 TOP
◆対テロ未完の原発停止規制委、期限延長認めず5原発10基 4月24日東京新聞夕刊より引用原発に航空機を衝突させるなどのテロ行為が発生した場合に、遠隔操作で原子炉の冷却を続ける設備などを備えるテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 44 >  記事番号[216]〜[220] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2019_04_26_01]
地に落ちた原子力規制委の信頼回復目的の猿芝居 『特重』遅延→運転停止」に騙されるな!木村雅英 たんぽぽ 2019/04/26 TOP
4月24日(水)の原子力規制委の定例会議が行われている途中に、NHKはウェブに次を掲載し、他メディアも大きく報道した。「原発 テロ対処施設遅延なら運転停止へ 川内は停止の可能性」(後略)

 
[2019_04_27_03]
重大事故対処等施設が完成しない 福島第一原発事故の教訓はどこにいったのか! たんぽぽ 2019/04/27 TOP
1.川内原発などの現状最初に規制委が、川内原発1号機について特定重大事故対処等施設(特重施設)の許可を出したのは2018年5月7日の審査会合だ。2013年7月に施行された新規制基準で新たに設置が要求された。(後略)

 
[2019_04_28_01]
大飯差し止め元裁判長、津で講演 原発危険性「若い世代に」 共同通信 2019/04/28 TOP
2014年に関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を認めない判決を出した福井地裁の元裁判長樋口英明氏(66)が28日、津市で講演(後略)

 
[2019_05_07_02]
大飯原発、燃料取り出し中に警報 移送装置が止まらず 共同通信 2019/05/07 TOP
関西電力は7日、定期検査中の大飯原発3号機(福井県おおい町)で4月22日、燃料集合体の取り出し作業中に移送装置が正しい位置で止まらず、警報が鳴るトラブルがあったと発表した。(後略)

 
[2019_05_17_04]
関西電力が福井県でLNG貯蔵基地計画 核燃料「一時保管所」と引き換え 5/17(金) 7:04配信「選択」 選択出版 2019/05/17 TOP
四月の福井県知事選で無所属新人の前副知事、杉本達治氏の当選を受け、関西電力が新たなプロジェクトへうごめいている。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 45 >  記事番号[221]〜[225] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2019_05_29_01]
大山噴火で関電に設計変更命令へ 規制委、3原発に想定超す降灰恐れ 福井新聞  2019/05/29 TOP
原子力規制委員会は5月29日の定例会合で、鳥取県の大山火山が噴火した場合の火山灰がこれまでの想定よりも量が多く厚く降る恐れがあるため、福井県内の関西電力の美浜、大飯、高浜3原発について、基本設計または設計方針を変更するよう命令することを決めた。(後略)

 
[2019_05_29_04]
規制委、関電に3原発再審査命令 火山灰の想定引き上げで 共同通信  2019/05/29 TOP
原子力規制委員会は29日の定例会合で、関西電力に対し、福井県の美浜、大飯、高浜3原発の再稼働審査の一部やり直しに必要な申請をするよう命令を出す方針を決めた。(後略)

 
[2019_06_05_02]
原発事故時の避難体制強化を要望 福井の大飯、高浜巡り京都府知事 共同通信  2019/06/05 TOP
京都府の西脇隆俊知事は5日、原田義昭原子力防災担当相と東京都内で面会し、隣接する福井県にある関西電力の大飯原発や高浜原発で重大事故が起きた際の避難体制の強化を求める要望書を手渡した。(後略)

 
[2019_06_06_03]
バックフィットも特重5年猶予も厳格に実施して稼働原発を止めよ! たんぽぽ  2019/06/06 TOP
○川内・高浜・伊方・大飯・玄海の稼働は危険2013年7月に施行した「新規制基準」は、福島第一原発事故の検証をしないまま、既存の原発の稼働を早める為に約8か月で策定された不合理な基準であり、「世界最高水準」は大嘘だ。(後略)

 
[2019_06_07_02]
原発より一般住宅の方が安全 電力会社が最も国民に知られたくない情報 たんぽぽ  2019/06/07 TOP
◎大飯原発再稼働差止め判決を出した樋口元裁判官が、6月1日(土)に京都地裁大飯原発差止訴訟第7回原告団総会で「原発裁判と裁判官の責任」の題で講演されました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 46 >  記事番号[226]〜[230] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2019_06_11_03]
設計変更の弁明せず=関西電力3原発 時事通信  2019/06/11 TOP
関西電力は11日、原子力規制委員会が高浜、大飯、美浜の3原発(いずれも福井県)に関し、大規模噴火を想定した設計に変更するよう命令する方針を決定したことに対し、弁明しない回答書を出したと発表した。(後略)

 
[2019_06_12_01]
原発は止まる・止められる! 特重施設では「使用済み燃料プール」の安全は保障されない たんぽぽ  2019/06/12 TOP
1.「特定重大事故等対処施設」期限内に完成しなければ原発運転停止:規制委決定 運転停止を原発全廃の好機に(後略)

 
[2019_06_13_04]
現在運転中の原発はテロ対策も「免震重要棟」もできていない たんぽぽ  2019/06/13 TOP
1.来年3月に川内原発が運転停止へ今年4月19日の朝日新聞に「対テロ施設、建設間に合わない原発9基が停止の可能性」という以下の記事が出ていました。(後略)

 
[2019_06_19_14]
[2019/6/19 02:18]東京電力柏崎刈羽原発など原発は新潟地震の影響なし 日刊スポーツ  2019/06/19 TOP
原子力規制庁は18日、震源地を山形県沖とする新潟県で最大震度6強を観測した地震により、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)など全国各地の原発に影響はなかったと発表した。規制庁などによると、最大震度6強を観測した新潟県の柏崎刈羽原発、最大震度4を観測した宮城県の東北電力女川原発で地震による影響はなかった。(後略)

 
[2019_06_19_19]
関西電力に降灰再審査命令 福井の3原発で原子力規制委 京都新聞  2019/06/19 TOP
国内で火山の大規模噴火が起きた場合に福井県の美浜、大飯、高浜の3原発に降ると想定される火山灰の厚さを巡り、原子力規制委員会は19日、再稼働の審査を一部やり直すため関西電力に必要な申請をするよう命令した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 47 >  記事番号[231]〜[235] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2019_06_19_21]
関電3原発に設計変更命令=大山噴火想定引き上げで−原子力規制委 時事通信  2019/06/19 TOP
鳥取県の大山が噴火した場合の、関西電力高浜、大飯、美浜の3原発(いずれも福井県)への影響について、原子力規制委員会は19日、新たな科学的知見に基づき、より大規模な噴火を想定した設計に変更するよう命じた。(後略)

 
[2019_09_25_01]
「福島第一原発は津波が来る前に壊れていた」元東電社員“炉心専門家"が決意の実名告発 文春  2019/09/25 TOP
「文藝春秋」9月号の特選記事を公開します。(初公開2019年8月13日)福島第一原発事故から8年。大事故を受けて、一時は「稼働中の原発はゼロ」という状態にもなったが、新しい安全基準(「新規制基準」)が定められ、現在、国内で7基の原発が稼働中だ(後略)

 
[2019_09_27_13]
関電会長らに1億8千万円 国税局税務調査で判明 高浜町(福井)元助役から 「既に返却完了」と関電 東奥日報  2019/09/27 TOP

 
[2019_09_28_01]
関電激震 高浜原発「黒い霧事件」で検察の捜査着手はいつ ゲンダイ  2019/09/28 TOP
これが刑事事件にならないのであれば、もはや警察も検察もいらない。特捜部は一刻も早く関係者先を家宅捜索し、立件に全力を注ぐべきだろう。27日明らかになった、関西電力経営幹部らに対する約3.2億円の“原発マネー還流事件"のことだ。(後略)

 
[2019_09_28_13]
関電3億2千万円“裏金" 疑惑の"影の町長・Mさん"が生前、記者に語った言葉〈週刊朝日〉 アエラ  2019/09/28 TOP
関西電力の八木誠会長(69)や岩根茂樹社長(66)を含む役員ら20人が関電高浜原発が立地する福井県高浜町の森山栄治元助役=3月に90歳で死亡=から、約3億2千万円を受け取っていた問題で、岩根社長が9月27日に会見し、陳謝した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 48 >  記事番号[236]〜[240] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2019_10_08_02]
石橋克彦さん「内陸地震に対する原子力発電所の安全性は確保されていない」 たんぽぽ  2019/10/08 TOP
岩波科学2019年8月号の特集「新たな安全神話を生まないために」は、5サイト9基の原発が稼働している状況でタイムリーな企画。特に、石橋克彦さんの「内陸地震にたいする原子力発電所の安全性と理学・工学問題」(9頁)が興味深いので紹介する。(後略)

 
[2019_10_08_04]
世耕氏側に600万円を献金 元助役雇用の原発工事会社社長 共同通信  2019/10/08 TOP
(前略)自民党の世耕弘成参院幹事長が代表を務める資金管理団体「紀成会」が、福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)が退職後に「相談役」として雇用されていた兵庫県高砂市のメンテナンス会社「柳田産業」の社長から、2012〜15年、計600万円の献金を受けていた(後略)

 
[2019_10_11_03]
20年以上前にも商品券や小判…“高浜原発"元所長も“大飯原発"元所長も金品受領 MBSニュース  2019/10/11 TOP
関西電力の幹部らが多額の金品を受け取っていた問題をめぐって、大飯原発の元所長らも20年以上前に金品を受け取っていたことが分かりました。(後略)

 
[2019_10_14_01]
原発裁判で住民勝訴の日は来るか? 問われる裁判官の良識と理性〈週刊朝日〉 アエラ  2019/10/14 TOP
原発訴訟で原告勝訴を決めた、たった3人の裁判長――その苦悩を描いたのが『原発に挑んだ裁判官』(朝日文庫、著・磯村健太郎、山口栄二、660円)だ。(後略)

 
[2019_10_15_05]
元助役、大飯原発所長にも商品券=90年代、工事発注依頼−関電 時事通信  2019/10/15 TOP
関西電力幹部らが福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から多額の金品を受領した問題で、1990年代に大飯原発(同県おおい町)の所長を務めた関電元幹部が、森山氏から商品券を受け取っていたことが15日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 49 >  記事番号[241]〜[245] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2019_10_29_01]
第三者委、原発マネーの解明焦点=後任社長選びも急務−関電金品受領問題から1カ月 時事通信  2019/10/29 TOP
関西電力の幹部らが高浜原発のある福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)から多額の金品を受領していた問題が発覚して1カ月がたった。(後略)

 
[2019_11_28_02]
<東海第二原発 再考再稼働>(1)耐震性と老朽化に問題 元福井地裁裁判長・樋口英明さん 東京新聞 2019/11/28 TOP
東海村の日本原子力発電東海第二原発の再稼働の是非を巡り、「中立」を掲げていた山田修村長が雑誌で容認と受け取れる発言をして、波紋を広げた。(後略)

 
[2019_11_29_03]
稲田朋美、世耕元経産相もカネを…まだ「関電疑惑」は終わっていない 現代ビジネス 2019/11/29 TOP
責任追及を免れた稲田氏《浜岡原子力発電所(中部電力)については、他の原子力発電所と扱いを異にし、全面停止を求め、再稼働要請も対象外としているが(中略)、他の原子力発電所と同じ安全基準が満たされているにもかかわらず、浜岡原子力発電所だけ特別扱いする根拠を明らかにされたい》(後略)

 
[2019_12_01_01]
福島原発刑事裁判無罪判決と特重施設の問題はつながっている 市民の意見_177号 2019/12/01 TOP
世界でも例のない「3基の原発の同時炉心溶融」を引き起こした福島第一原発事故。その責任を誰が取るのか。(後略)

 
[2019_12_16_01]
「盆暮れに100万円を」元原発関連工事業者が語る元助役の“集金"の様子とは MBS 2019/12/16 TOP
関西電力の幹部らが福井県高浜町の元助役などから多額の金品を受け取っていた問題。第三者委員会は12月15日、最終的な調査結果の公表が来年以降になると明らかにしました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 50 >  記事番号[246]〜[250] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_01_15_01]
火山新知見が出ても関電の高浜・大飯を止めない規制委 たんぽぽ  2020/01/15 TOP
(前略)<規制庁長官が対案指示 関電原発 非公開で「不適合」案排除>(後略)

 
[2020_01_17_04]
伊方原発3号機 運転認めない仮処分決定 広島高裁 NHK  2020/01/17 TOP
愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について広島高等裁判所は、地震や火山の噴火によって住民の生命や身体に具体的な危険があるとして、運転を認めない仮処分の決定を出しました。(後略)

 
[2020_01_17_06]
伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し 毎日新聞  2020/01/17 TOP
山口県東部の住民3人が、四国電力伊方原発3号機(出力89万キロワット、愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審が17日、広島高裁であった。(後略)

 
[2020_01_17_08]
「活断層調査は不十分」「阿蘇山噴火も考慮を」伊方原発差し止め、逆転決定 広島高裁 毎日新聞  2020/01/17 TOP
四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを山口県東部の住民が求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁は17日、申し立てを却下した2019年3月の山口地裁岩国支部の決定を取り消し、運転差し止めを命じる決定を出した。(後略)

 
[2020_01_18_11]
伊方 2度目差し止め 司法信じ闘う 女川 訴え続ければ道は開ける 東京新聞  2020/01/18 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 51 >  記事番号[251]〜[255] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_01_18_13]
反対派「励まされた」 泊 命の危険を考えれば当然 上関 計画の撤回まで諦めない 東京新聞  2020/01/18 TOP

 
[2020_01_29_02]
大飯原発テロ対策の基本設計了承 3、4号機で原子力規制委 東京新聞  2020/01/29 TOP
原子力規制委員会は29日の定例会合で、関西電力大飯原発3、4号機(福井県、再稼働済み)のテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特重施設)について、事務方による基本設計の審査結果を了承した。(後略)

 
[2020_01_30_03]
大飯原発「安全性を欠くとは言えない」 大阪高裁、運転差し止めを認めず 毎日新聞  2020/01/30 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転を差し止めるよう、京都府の男性が求めた仮処分申請の即時抗告審で、大阪高裁は30日、訴えを棄却した。(後略)

 
[2020_01_30_08]
高浜3、4号機停止へ 関電、テロ対策遅れ 全国2例目 東京新聞  2020/01/30 TOP
関西電力は二十九日、テロ対策施設の設置の遅れから高浜原発3、4号機(福井県高浜町)を八月と十月にそれぞれ停止すると発表した。(後略)

 
[2020_02_05_01]
関西電力元社長 小林庄一郎氏死去 NHK  2020/02/05 TOP
1970年代から20年間にわたって、関西電力の社長と会長を務めた小林庄一郎氏が病気のため、4日亡くなりました。97歳でした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 52 >  記事番号[256]〜[260] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_02_09_01]
規制委、命令案も密室協議 委員長説明に疑義 関電原発対策 毎日新聞  2020/02/09 TOP
原子力規制委員会が非公開の事前会議で、関西電力に求める火山灰対策の2案を1案に絞り込んだ問題を巡り、この案に基づく関電への命令文の原案も事前会議で配布されていた。(後略)

 
[2020_02_22_01]
元裁判長「住民に原発止める力」 中部電・芦浜計画巡り 共同通信  2020/02/22 TOP
約37年にわたり地域を二分した激論の末、中部電力が三重県に示した「芦浜原発」計画を断念して丸20年となった(後略)

 
[2020_02_26_02]
女川回答拒否、特重曖昧、老朽延長、バックフィットひとつ、新検査制度事業者任せ 院内ヒアリング集会(1月24日)の回答を振り返る たんぽぽ  2020/02/26 TOP
1月24日(金)午後の院内ヒアリング集会「女川2号炉の再稼働審査などを問う!〜被災原発を動かす必要はない、特重・バックフィット・新検査制度はどうなる?〜」(後略)

 
[2020_02_26_04]
大飯原発テロ対策施設の設置許可 原子力規制委、22年8月期限 東京新聞  2020/02/26 TOP
原子力規制委員会は26日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県、再稼働済み)でテロに備えた「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の設置を許可した。(後略)

 
[2020_03_03_04]
原発差し止め命じた裁判長講演 南日本放  2020/03/03 TOP
東日本大震災の福島第一原発の事故あと、2014年に、福井県の大飯原発の運転差し止めを命じた福井地裁の元裁判長の講演会が鹿児島市で開かれました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 53 >  記事番号[261]〜[265] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_03_15_02]
元助役「仕事持ってこい」 復元メールで癒着浮き彫り 関電第三者委報告書 時事通信  2020/03/15 TOP
関西電力の第三者委員会が14日に公表した報告書は、金品の見返りとして露骨に工事受注を求める森山栄治・元高浜町助役と、言われるままに応じる関電側との生々しいやりとりを詳述。(後略)

 
[2020_04_01_04]
更田氏、音声記録受け「言い過ぎだった」 否定発言を一部変更 原子力規制委 毎日新聞  2020/04/01 TOP
関西電力に求める火山灰対策を決めた原子力規制委員会による事前会議の音声記録を巡り、更田(ふけた)豊志委員長は1日の定例記者会見で、「表現としては言い過ぎだった」と述べ(後略)

 
[2020_04_16_01]
福島第一原発事故の反省を踏まえず バックフィットで稼働を止めない規制委 たんぽぽ  2020/04/16 TOP
「その215」(2020年1月15日)に引き続き、毎日新聞の厳しい規制委バックフィット対応批判を紹介し、規制委がバックフィットで実用炉を止めることを避けていることを糾弾する。(後略)

 
[2020_04_25_03]
原発の定期検査で県外作業員900人、地元から新型コロナ感染に不安の声 おおい町 福井新聞  2020/04/25 TOP
福井県おおい町にある関西電力大飯原発3号機が5月8日、定期検査に入る。通常なら地元の飲食店や宿泊業の書き入れ時だが、新型コロナウイルスの感染拡大で住民の思いは複雑だ。(後略)

 
[2020_04_28_01]
福井の各原発「コロナ終息まで安全対策工事中止を」反原発団体、関電に要望 毎日新聞  2020/04/28 TOP
福井県内にある関西電力の美浜、大飯、高浜の各原発で9000人以上の社員や作業員らが集まり安全対策工事などを進めるのは新型コロナウイルス感染拡大の恐れがある(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 54 >  記事番号[266]〜[270] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_05_01_04]
関西電力、8日開始の大飯原発3号定期検査を延期 福井の地元で新型コロナ懸念 福井新聞  2020/05/01 TOP
関西電力は5月1日、8日から予定していた大飯原発3号機(福井県おおい町)の定期検査開始を2〜3カ月程度延期することを明らかにした。(後略)

 
[2020_05_18_03]
福井の3原発差し止め仮処分申請 住民「コロナで避難不可」 沖縄タイムス  2020/05/18 TOP
新型コロナウイルスの影響で、原発事故が起きると人が密集する避難所への避難ができず生命に深刻な被害を受ける恐れがあるとして、福井など4府県の住民6人が18日、福井県にある関西電力の美浜、高浜、大飯の3原発の運転差し止めを求める仮処分を大阪地裁に申し立てた。(後略)

 
[2020_06_23_05]
30キロ圏内「屋内退避が妥当」 京都府が放射性物質拡散予測 福井の原発同時事故想定 京都新聞  2020/06/23 TOP
京都府は23日、福井県の関西電力高浜、大飯両原発で同時に事故が発生した状況を想定した放射性物質拡散予測を公表した。(後略)

 
[2020_06_27_05]
原発ゼロへ福井県庁前の金曜デモ400回目、何思う 「敵を作りたいわけじゃない」 福井新聞  2020/06/27 TOP
毎週金曜夕、福井県福井市の県庁前交差点付近で原発ゼロを訴える市民行動が6月26日、400回を迎えた。(後略)

 
[2020_07_17_05]
関西電力、大飯原発3号機、20日から定期検査 時事通信  2020/07/17 TOP
関西電力は17日、新型コロナウイルスの影響で延期していた大飯原発3号機(福井県おおい町、出力118万キロワット)の発電を20日昼に停止し、定期検査を実施すると発表した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 55 >  記事番号[271]〜[275] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_07_21_02]
大飯3号、異例の定期検査始まる 原発の安全確保とコロナ予防を両立 福井新聞  2020/07/21 TOP
新型コロナウイルスの影響で5月上旬から延期となっていた関西電力大飯原発3号機(福井県おおい町)の定期検査が7月20日、2カ月半遅れで始まった。(後略)

 
[2020_07_31_07]
大飯、高浜原発同時事故を想定し改定 住民避難計画、新型コロナ対策も追加 福井新聞  2020/07/31 TOP
福井県にある関西電力大飯原発と高浜原発の住民避難計画に、両原発の同時事故を想定した対応や新型コロナウイルスなどの感染症拡大防止策が追加された。(後略)

 
[2020_08_01_04]
関電の原発、コロナで工事遅れ懸念 3日に対テロ施設設置期限も 産経新聞  2020/08/01 TOP
関西電力の高浜原発3号機(福井県高浜町)が3日、同社の原発として初めてテロ対策施設の設置期限を迎える。全国では九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)に続く3例目。(後略)

 
[2020_08_21_02]
再処理工場の完成1年延期 NHK  2020/08/21 TOP
六ヶ所村にある原発から出る使用済み核燃料の再処理工場について、事業者の日本原燃は完成時期を1年延期し、再来年度上期とすることを決めました。(後略)

 
[2020_08_27_03]
コロナ想定し原発事故訓練 大飯・高浜で全国初 福井県 時事通信  2020/08/27 TOP
福井県は27日、関西電力の大飯原発(おおい町)と高浜原発(高浜町)の同時事故を想定した原子力防災訓練を実施した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 56 >  記事番号[276]〜[280] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_08_28_02]
「換気しない」が原則のコロナ感染対策 福井県原子力防災訓練の難題 福井新聞オンライン  2020/08/28 TOP
福井県おおい町などで8月27日に行われた県原子力防災訓練は、新型コロナウイルス対策と迅速な避難の両立が大きなテーマとなった。検温や健康確認しながらの訓練に「緊急事態になっても滞りなくできるのか」と不安に感じる住民もいた。(後略)

 
[2020_09_04_03]
福井県坂井市で震度5弱 県内で震度5弱程度以上 昭和38年以来 NHK  2020/09/04 TOP
福井県坂井市で震度5弱 県内で震度5弱程度以上 昭和38年以来2020年9月4日 19時11分4日午前9時10分ごろ地震がありました。(後略)

 
[2020_09_07_01]
大飯3号機、配管に傷 関西電力、再稼働延期も 時事通信  2020/09/07 TOP
関西電力は7日、定期検査中の大飯原発3号機(福井県おおい町)で、配管溶接部に傷が見つかったと明らかにした。傷は、原子炉を冷却する配管から分岐し、加圧器につながる配管で確認された。(後略)

 
[2020_09_08_03]
大飯原発の配管に傷、再稼働に遅れ 関西電力、3号機の定検検査で発見 福井新聞オンライン  2020/09/08 TOP
関西電力は9月7日、定期検査中の大飯原発3号機(福井県おおい町)の原子炉と蒸気発生器をつなぐ1次系配管で深さ約4・6ミリ、長さ約6・7センチの傷が見つかったと明らかにした。(後略)

 
[2020_10_02_01]
関電の稼働原発、11月にゼロへ 大飯3号機の検証長期化で 共同通信  2020/10/02 TOP
定期検査中の関西電力大飯原発3号機(福井県)の配管で見つかった傷について検証する原子力規制委員会の会合が2日開かれ、規制委側は議論を継続する方針を示した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 57 >  記事番号[281]〜[285] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_10_04_01]
関電の稼働原発が11月ゼロへ、国内稼働は1基のみに 福井新聞オンライン  2020/10/04 TOP
定期検査中の関西電力大飯原発3号機(福井県おおい町)の配管で見つかった傷について検証する原子力規制委員会の会合が10月2日開かれ、規制委側は議論を継続する方針を示した。(後略)

 
[2020_10_07_09]
高浜原発4号機が停止 関電の原発来月にもすべて停止へ ABCテレビ  2020/10/07 TOP
関西電力は7日、高浜原発4号機を定期検査のため停止しました。運転中の原発は来月定期検査に入る1基のみとなります。(後略)

 
[2020_10_15_06]
関西電力の全ての原発 3年半ぶりに停止へ ABCテレビ  2020/10/15 TOP
関西電力が運営する原子力発電所が来月、全て停止することがわかりました。関電の全原発が停止するのは3年半ぶりです。(後略)

 
[2020_10_15_08]
関電金品受領問題で関電社長が京都府知事に陳謝「京都府の皆さんの信頼損なった」 京都新聞  2020/10/15 TOP
関西電力の森本孝社長は15日、京都市上京区の京都府庁で西脇隆俊知事と面会し、役員らが福井県高浜町の元助役から金品を受け取った問題の再発防止策について説明し、「京都府のみなさんとの信頼関係を大きく損なってしまった」と陳謝した。(後略)

 
[2020_10_15_11]
関電の稼働原発、11月にゼロ 大飯4号機の停止で国内1基に 共同通信  2020/10/15 TOP
関西電力は15日、大飯原発4号機(福井県おおい町)が定期検査で停止する11月3日に、同社の稼働中の原発がゼロとなることを明らかにした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 58 >  記事番号[286]〜[290] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_10_17_03]
対テロ、原発安全工費の4割超 総額1兆円弱、膨張も 共同通信  2020/10/17 TOP
原発に航空機を衝突させるなどのテロ行為を想定した「特定重大事故等対処施設」(特重施設)の建設が進んでいる関西電力、四国電力、九州電力の施設の総工費が合計1兆円弱に上り、安全対策費の4割超を占めることが17日、各社への取材で分かった。(後略)

 
[2020_10_22_01]
女川原発再稼働“地元同意"の考え方  再稼働を認めない判決を出した元裁判長は…〈宮城〉 仙台放送  2020/10/22 TOP
宮城県議会は10月22日、女川原発2号機の再稼働に賛成する請願を採択しました。宮城県議会、女川町議会、石巻市議会の「再稼働容認」が出そろい、これにより地元同意の手続きは残すところ知事と女川町長、石巻市長の意向表明などです。(後略)

 
[2020_10_31_03]
津波の高さ、福井県は最大12メートル M7地震で県が想定見直し 福井新聞オンライン  2020/10/31 TOP
福井県は10月30日、日本海側でマグニチュード(M)7クラスの地震が発生した場合の津波浸水想定を見直し、公表した。(後略)

 
[2020_11_03_06]
関電の稼働中原発がゼロに 共同通信  2020/11/03 TOP
関西電力は3日、定期検査のため福井県の大飯原発4号機が停止したと明らかにした。(後略)

 
[2020_11_17_07]
東電「柏崎刈羽」原電「東海第二」原発は、もはや再稼働断念しかない 現代ビジネス  2020/11/17 TOP
早く合意に取り付けた「(政府の)再稼働方針について了解することにした」――。こう述べて、宮城県の村井嘉浩・知事は先週(11月11日)、東北電力・女川原子力発電所2号機の運転再開を容認する考えを表明した。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 59 >  記事番号[291]〜[295] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_12_02_01]
福井・大飯原発訴訟、4日判決 設置許可取り消し請求、大阪地裁 沖縄タイムス  2020/12/02 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の耐震性を巡り、安全審査基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は誤りだとして、福井など11府県の住民ら約130人が国に対し、(後略)

 
[2020_12_02_04]
福井・大飯原発訴訟、4日判決 設置許可取り消し請求、大阪地裁 共同通信  2020/12/02 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の耐震性を巡り、安全審査基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は誤りだとして、福井など11府県の住民ら約130人が国に対し、原子炉設置変更許可の取り消しを求めた訴訟(後略)

 
[2020_12_04_01]
大飯原発の設置許可取り消し 規制委判断「不合理」―原発訴訟で初・大阪地裁 時事通信  2020/12/04 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)をめぐり、想定される地震の揺れ(基準地震動)が過小評価されているとして、福井県など11府県の住民127人が原子力規制委員会の設置変更許可処分の取り消し(後略)

 
[2020_12_04_02]
大飯原発の設置許可取り消し 再稼働反対の市民ら、喜びの声「安心材料に」 京都新聞  2020/12/04 TOP
大阪地裁は4日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の設置許可を取り消した。この判決に、原発再稼働に反対してきた京都、滋賀の市民からは「画期的な判決だ」と喜びの声が上がった。(後略)

 
[2020_12_04_03]
大飯原発訴訟 「ばらつき」偏重判決に疑問 産経WEST  2020/12/04 TOP
大飯原発3、4号機の設置許可取り消しを命じた4日の大阪地裁判決は、原発の耐震設計で目安にする揺れ「基準地震動」が「ばらつき」を考慮していないという一点を偏重し(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 60 >  記事番号[296]〜[300] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_12_04_04]
大飯原発3・4号機の再稼働巡り、国の「設置許可」取り消し命じる…大阪地裁 読売新聞  2020/12/04 TOP
関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の安全性に問題があるとして、福井や大阪など11府県の住民約130人が、原子力規制委員会による「設置変更許可」の取り消しを求めた訴訟の判決(後略)

 
[2020_12_04_05]
「立地地域の住民翻弄される」 地元町長、戸惑い 大飯原発訴訟 毎日新聞  2020/12/04 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の地元自治体は、設置許可を取り消した4日の大阪地裁判決を慎重に受け止めた。(後略)

 
[2020_12_04_06]
「希望が見えた」 “原発銀座"から訴え続けた原告男性が喜び 大飯原発訴訟 毎日新聞  2020/12/04 TOP
地元の福井県から2人が原告となった。その一人の若狭町の農業、石地優(いしじ・まさる)さん(67)が初弁論の法廷で意見陳述してから8年。(後略)

 
[2020_12_04_07]
福井県の大飯原発3・4号機 国の設置許可取り消す判決 大阪地裁 NHK  2020/12/04 TOP
2020年12月4日 21時55分福井県にある大飯原子力発電所の3号機と4号機をめぐる裁判で、大阪地方裁判所は、国の原子力規制委員会の審査の過程に看過しがたい誤りや欠落があるとして、原発の設置許可を取り消す判決(後略)

 
[2020_12_04_08]
速報!大飯原発設置変更許可取消認める! 脱原発弁護団 2020/12/04 TOP
本日12月4日、大阪地方裁判所第2民事部(森鍵一裁判長、齋藤毅裁判官、豊臣亮輔裁判官)は住民らの請求を認め、関西電力大飯原発3・4号機の設置変更許可処分を取り消しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 61 >  記事番号[301]〜[305] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_12_04_09]
大飯原発3、4号機の設置許可取り消し 大阪地裁 関電は「承服できない」 東京新聞  2020/12/04 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の耐震性を巡り、新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は誤りだとして、福井など11府県の住民ら約130人が国に対し、原発設置許可の取り消し(後略)

 
[2020_12_04_10]
大飯原発「世界一厳しい」新規制基準揺らぐ 大阪地裁判決に原子力規制委ぼうぜん 東京新聞  2020/12/04 TOP
原発を動かしていいかを審査した原子力規制委員会に、司法がノーを突き付けた。(後略)

 
[2020_12_04_11]
大飯原発訴訟判決 関電「極めて遺憾、到底承服できない」 産経新聞  2020/12/04 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)をめぐる訴訟で、設置許可を取り消した4日の大阪地裁判決を受け、関電は「国と当社の主張を理解してもらえず、極めて遺憾で、到底承服できない」とコメントした。(後略)

 
[2020_12_04_12]
「市民や環境を守るための警告だ」 大飯原発訴訟 原告住民ら判決に拍手 毎日新聞  2020/12/04 TOP
「判決は市民や環境を守るための警告だ」。大飯原発3、4号機(福井県おおい町)に対する国の設置許可を取り消した4日の大阪地裁判決を受け、原告の住民らは一斉に声を上げた。(後略)

 
[2020_12_04_13]
大飯原発「許可を取り消す」 傍聴席に拍手、どよめき 支援者ら勝訴の旗掲げ 毎日新聞  2020/12/04 TOP
福井県おおい町の大飯原発3、4号機に対する国の設置許可を取り消した4日の大阪地裁判決。森鍵一裁判長が202号法廷で「許可を取り消す」と言い渡すと、傍聴席はどよめき、拍手がわき起こった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 62 >  記事番号[306]〜[310] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_12_04_15]
大飯原発訴訟とは 京都地裁や大津地裁でも係争中 京都新聞  2020/12/04 TOP
関西電力大飯原発は福井県おおい町にあり、3号機が1991年、4号機は93年に営業運転を開始した。東日本大震災後、大阪地裁、京都地裁、大津地裁、福井地裁で住民らが再稼働差し止めを求めて提訴している。(後略)

 
[2020_12_04_17]
大飯原発、設置許可取り消し認める 大阪地裁判決 日経新聞  2020/12/04 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の耐震性を巡り、安全審査基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は誤りだとして、福井県などの住民らが国に原子炉設置許可の取り消しを求めた訴訟の判決(後略)

 
[2020_12_04_18]
大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁が初判断 毎日新聞  2020/12/04 TOP
福井県や近畿地方の住民ら127人が、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について国の設置許可を取り消すよう求めた行政訴訟の判決で、大阪地裁は4日、許可を取り消した。(後略)

 
[2020_12_04_19]
大飯許可取り消し 大阪地裁初判断 原発3,4号機 住民ら勝訴 東京新聞_号外 2020/12/04 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の耐震性を巡り、新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は誤りだととして、福井など11府県の住民ら約130人が国に対し、原発設置許可の取り消しを求めた訴訟の判決で大阪地裁(森鍵一裁判長)は4日、許可を取り消した。(後略)

 
[2020_12_04_21]
玄海原発原告「重く受け止めて」 NHK_佐賀_NEWS_WEB  2020/12/04 TOP
福井県にある大飯原子力発電所の3号機と4号機について、大地震への耐震性が不十分だと原発に反対する市民グループが訴えていた裁判で、大阪地方裁判所は原発の設置を許可した国の決定を取り消す判決を言い渡しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 63 >  記事番号[311]〜[315] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_12_05_01]
<大飯原発訴訟判決>佐賀の原告団「判決への影響は大きい」 佐賀新聞 2020/12/05 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の設置許可を取り消した4日の大阪地裁判決。佐賀地裁でも同じ争点で九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の原子炉設置変更許可取り消しなどを求める原告団(後略)

 
[2020_12_05_02]
大飯原発地元住民「国の基準が揺らぐなんて」 設置許可取り消し判決に戸惑い 福井新聞  2020/12/05 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の耐震性を巡り、福井などの住民ら約130人が国に対し、原発設置許可の取り消しを求めた訴訟の判決で大阪地方裁判所(森鍵一裁判長)は12月4日、許可を取り消した。(後略)

 
[2020_12_05_04]
大飯原発再稼働に不透明感 関電の経営に影 時事通信  2020/12/05 TOP
大阪地裁が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転を容認した設置許可の取り消しを国に命じたことを受け、原発再稼働に不透明感が強まっている。(後略)

 
[2020_12_05_05]
原子力規制委の問題点を指摘した−柏崎差し止め訴訟原告 新潟日報  2020/12/05 TOP
関西電力大飯原発3,4号機の設置許可を取り消した4日の大阪地裁判決について、新潟地裁で係争中の東京電力柏崎刈羽原発運転差し止め訴訟の和田光弘・原告弁護団長は「全国の原発訴訟に影響する大きな判断だ」と歓迎した。(後略)

 
[2020_12_06_01]
大飯原発3、4号の設置許可取り消し 大阪地裁判決、福井県などの住民ら勝訴 福井新聞  2020/12/06 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の耐震性を巡り、新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は誤りだとして、福井など11府県の住民ら約130人が国に対し、原発設置許可の取り消しを(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 64 >  記事番号[316]〜[320] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_12_06_02]
大飯原発の差し止め勝訴 大阪地裁が「地震評価の欠陥」を認める たんぽぽ  2020/12/06 TOP
「毎日新聞」より大阪地裁判決(骨子)・関西電力は大飯原発3、4号機の耐震性判断に必要な地震(基準地震動)を想定する際、過去の地震規模の平均値をそのまま使い、実際に発生する地震が平均より大きくなる(後略)

 
[2020_12_06_04]
社説:大飯原発判決 「想定外」への不備を指弾 京都新聞  2020/12/06 TOP
原発の運転を認めてきた国の安全性審査に重大な疑念を突き付けたといえる。関西電力大飯原発3、4号機について、設置を許可した原子力規制委員会の判断は違法だとして、取り消す判決を大阪地裁が出した。(後略)

 
[2020_12_07_02]
大飯許可違法 誰がための規制委か 東京新聞  2020/12/07 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の安全性に問題があるとして、大阪地裁は国の原子力規制委員会が関電に与えた原発の設置許可を取り消した。(後略)

 
[2020_12_07_03]
リレーデモ9日目に参加して 青山晴江 たんぽぽ  2020/12/07 TOP
◎「老朽原発うごかすな!リレーデモ」参加の簡単な報告をさせていただきます。 前日12月4日夕方の京都駅前の関西電力金曜行動にも参加。大阪地裁の大飯原発設置許可取消し判決の朗報で、いつもにも増して明るく活発な集会。(後略)

 
[2020_12_07_04]
大阪地裁の大飯原発3,4号機設置許可取り消し判決に思う 若泉政人 たんぽぽ  2020/12/07 TOP
判決は大きな驚きだった。8年半に及ぶ長い闘いを続けてこられた原告団、弁護士の方々に敬意と感謝をささげたい。現在、福井の原発はすべて停止している。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 65 >  記事番号[321]〜[325] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_12_07_08]
大飯原発を再稼働させたい「関西電力の事情」 ニッポン放送  2020/12/07 TOP
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月7日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。大飯原発の設置許可取り消しを認めた大阪地裁の判決について解説した。(後略)

 
[2020_12_08_01]
日本の自然と地理的条件を無視した原発から一日も早く撤退をすべき 鎌田慧 東京新聞  2020/12/08 TOP
地球温暖化を口実に菅内閣は、電力会社支援の原発再稼働推進を公然と主張している。(後略)

 
[2020_12_08_03]
大阪地裁により規制委の違法行為が断罪される大飯原発は直ちに廃炉に 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表) たんぽぽ  2020/12/08 TOP
◎2020年12月4日、大阪地裁の森健一裁判長は3.11後の行政訴訟としては初めて原発の設置許可を取り消す判決を下しました。判決の意義と思いを以下に書き留めておきます。(後略)

 
[2020_12_08_04]
美浜町内デモ、美浜町役場前集会、関電原子力事業本部包囲集会 木原壯林 たんぽぽ  2020/12/08 TOP
(前略)「老朽原発うごかすな!実行委員会」の呼びかけに応えたリレーデモは、11月23日の関電包囲大集会(大阪、550名が結集)を旅立ちとして、美浜町を目指していましたが、明日12月9日(水)が最終日となります。(後略)

 
[2020_12_08_06]
大飯原発の設置許可取り消す判決受け 原子力規制委員会が臨時会議 KHB東日本放送  2020/12/08 TOP
福井県にある大飯原発の設置許可を取り消す大阪地裁の判決に対し、原子力規制委員会は8日、臨時会議を開き、対応を協議しました。内容は明かされませんでした(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 66 >  記事番号[326]〜[330] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_12_08_08]
原発40年超再稼働不同意を要望 大飯判決原告、美浜議会に 共同通信  2020/12/08 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の設置許可の取り消し判決を出した大阪地裁訴訟の原告の一部が8日、福井県美浜町議会に、運転開始から40年を超えた関電美浜原発3号機の再稼働に同意しないよう求める要望書を提出した。(後略)

 
[2020_12_10_06]
「審査に過ちない」大飯原発めぐる判決で原子力規制委 委員長 NHK  2020/12/10 TOP
福井県にある大飯原子力発電所について、大阪地方裁判所が原発の設置を許可した国の決定を取り消すとした判決を言い渡したことを受け、原子力規制委員会の更田委員長は会見で「私たちの審査には過ちも欠落もなかったと考えている」と述べました。(後略)

 
[2020_12_11_01]
地元からも海外からも「汚染水流すな!」のタンク保管汚染水 浜島高治 たんぽぽ  2020/12/11 TOP
◎アベが、福島第一原発は「アンダーコントロール」と白を切ってオリンピックを誘致しましたが、当初から福島第一原発の汚染水はコントロール出来なくて漏れ漏れ。せっかくの「凍土壁」も更田委員長自らが「氷の簾(すだれ)」と言い(後略)

 
[2020_12_11_02]
リレーデモ最終日(美浜町行動)に参加して 沼倉潤 たんぽぽ  2020/12/11 TOP
◎11月23日、関西電力本店(大阪市)前抗議に550名が集まり、西梅田公園を出発したデモ隊は、6日までの10日間、延べ1150名以上が参加したリレーデモの最終日、美浜町役場にて朝8時からアピール行動を開始しました。(後略)

 
[2020_12_11_11]
原子力規制委の更田委員長が川内原発周辺首長らと意見交換 産経新聞  2020/12/11 TOP
原子力規制委員会の更田豊志委員長は11日、九州電力川内原子力発電所が立地する鹿児島県薩摩川内市で開かれた地元自治体の首長との意見交換会で、(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 67 >  記事番号[331]〜[335] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_12_11_13]
むつ中間貯蔵 共用検討 燃料保管「特効薬」なく 原発プール逼迫、白羽の矢 東奥日報  2020/12/11 TOP

 
[2020_12_16_02]
原発の耐震評価やり直し求めるよう要望書提出 市民団体が滋賀県に 京都新聞  2020/12/16 TOP
運転開始から40年を超える福井県の関西電力美浜原発3号機と高浜原発1、2号機の再稼働に反対する市民団体「美浜の会」などの7人が16日、滋賀県庁を訪れ、県から国に原発の耐震評価のやり直しなどを求めるよう要望した。(後略)

 
[2020_12_17_01]
大飯原発 許可取り消し判決 「科学的根拠ない」規制委 東奥日報  2020/12/17 TOP

 
[2020_12_17_02]
大飯原発の設置許可取り消し 判決 国は不服として控訴 NHK  2020/12/17 TOP
福井県にある大飯原子力発電所について、国は原発の設置を許可した決定を取り消すとした大阪地方裁判所の判決を不服として17日控訴しました。(後略)

 
[2020_12_18_07]
大飯原発の設置許可取り消し! 大阪地裁が示した地震への"甘すぎる想定" 週プレNEWS  2020/12/18 TOP
『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、大飯原発の設置許可取り消しについて語る。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 68 >  記事番号[336]〜[340] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2020_12_18_09]
福井知事、同意判断は越年 関電の40年超原発再稼働 沖縄タイムス  2020/12/18 TOP
運転開始から40年を超えた福井県内にある関西電力の原発3基の再稼働同意を巡り、同県の杉本達治知事は18日「年内に判断することはない」と述べた。(後略)

 
[2020_12_25_07]
大飯原発でクラスター 作業員感染が5人に FBC福井放送  2020/12/25 TOP
大飯原発の作業員の新型コロナウイルスの感染者が、新たに4人確認されて5人となり、県は原発としては全国で初めてのクラスターの状態にあるとしている。(後略)

 
[2021_01_05_03]
大飯原発の設置許可取り消す判決 大阪地裁 週刊金曜日  2021/01/05 TOP
(前略)近畿6府県と福井県などの住民約130人が、国の原子力規制委員会(以下、規制委員会)が関電に与えた設置許可の取り消しを求めた訴訟で、大阪地裁(森鍵一裁判長)は12月4日、設置許可を違法として取り消す判決を出した。(後略)

 
[2021_01_06_03]
官邸前デモ、個人参加型「新スタイル」確立も3月で休止 資金確保難しく 道新  2021/01/06 TOP
東京・永田町の首相官邸前で毎週金曜夜に脱原発を訴えてきたデモが、今年3月末で休止することになった。(後略)

 
[2021_01_14_01]
関西電力、2カ月半ぶり原発運転再開へ 大飯4号機を15日起動 時事通信  2021/01/14 TOP
関西電力は14日、定期検査中だった大飯原発4号機(福井県おおい町、出力118万キロワット)の運転を再開すると発表した。15日夜に原子炉を起動。16日朝には核分裂反応が連続する「臨界」に達し、17日夜に発電と送電が始まる見込み。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 69 >  記事番号[341]〜[345] / 記事総数[346]  5進む▼ 

[2021_01_14_04]
「大飯原発の設置許可効力停止を」 住民側が大阪高裁に申し立て 毎日新聞  2021/01/14 TOP
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の設置許可取り消し訴訟に関連し、住民側は14日、控訴審判決まで許可の効力を停止するよう大阪高裁に申し立てた。(後略)

 
[2021_01_15_02]
関電大飯原発4号機が再起動 設置許可取り消し係争中 共同通信  2021/01/15 TOP
関西電力は15日、定期検査をしていた大飯原発4号機(福井県おおい町)の原子炉を再起動した。昨年12月に大阪地裁が国の設置許可を取り消す判決を出して国が控訴し、係争中の運転再開となる。(後略)

 
[2021_01_15_03]
大飯原発4号機を15日夜にも再起動 関電は原発ゼロを2か月半ぶりに解消 mbs  2021/01/15 TOP
(前略)大飯原発4号機は、去年11月から定期検査のため稼働を停止していましたが、関西電力によると、点検を終えて、1月15日夜にも再起動するということです。(後略)

 
[2021_01_20_03]
原発の40年超え運転が理不尽であり、新規制基準が極めて不完全 たんぽぽ  2021/01/20 TOP
◎原子力規制委員会(規制委)が、老朽原発の運転を認可したのは2016年ですが、認可以降に、関電の原発では、トラブル、人身事故が頻発しています。(後略)

 
[2021_01_20_04]
原発訴訟、「本丸」高裁判決の行方 判決次第では、国の原発政策は行き詰まりも 東洋経済  2021/01/20 TOP
東京高等裁判所で予定されている2つの民事訴訟の判決が、日本の原子力行政に根本的な見直しを迫ることになるかもしれない。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 70 >  記事番号[346]〜[346] / 記事総数[346]

[2021_02_04_01]
電気事業連合会がむつ市RFSへ「原発を持つ各社の共同利用」を提起 たんぽぽ  2021/02/04 TOP
項目紹介1.はじめに2.むつ市RFSと東京電力との関係3.むつ市RFSの共同利用計画(後略)
記事終了