トップ > 女川原発
 
<<六ヶ所 東北電力 女川原発 全記事一覧 福島第1>>
 
 
※当一覧は時系列昇順です。最新記事から読みたい場合は 最新記事20件 をご利用下さい。
※各記事の見出し・図をクリックすると記事全文を表示します。

 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事12016】
地震動では貞観地震を想定 東北電力  1994/05/24 TOP
(1)設計用最強地震 設計用最強地震としては、歴史的資料から過去において敷地又はその近傍に影響を与えたと考えられる地震が再び起こり、敷地及びその周辺に同様の影響を与えるおそれのある地震のうちから最も影響の大きいものを想定する。

 
【記事13921】
宮城県沖地震の長期評価 総理府  2000/11/27 TOP
(前略)宮城県の沖合から日本海溝までの海域では、ここを震源域として大地震が繰り返し発生していることが知られている。また、この海域では、陸寄り及び日本海溝寄りの2つの海域それぞれを震源域として発生する地震が知られている。(後略)

 
【記事16280】
女川原発3号機の再起動について 東北電力  2003/05/28 TOP
_

 
【記事16284】
東北地方で震度6の地震が発生し、宮城県の女川原発が緊急停止 スト浜岡  2003/05/31 TOP
_

 
【記事17292】
宮城で震度6弱 東北一円 けが人多数 M7.2 プール天上落下 東京震度4 震源は牡鹿半島沖 朝日新聞  2005/08/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事17293】
宮城南部で震度6弱 仙台で10人以上けが 南郷など4 東奥日報  2005/08/16 TOP
十六日午前11時46分ごろ、宮城県南部で震度6弱の地震があった。宮城県北部、福島市などでも震度5強を記録した。気象庁によると、震源地は宮城県沖の牡鹿半島の東南東80キロ付近で、震源の深さは約20キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6.8と推定される。

 
【記事17300】
女川原発、想定超える揺れ測定 河北新報  2005/08/17 TOP
(前略)251.2ガルは1号機の原子炉建屋の地下2階で測定された。2003年5月の三陸南地震で観測した225ガルを上回り、同原発では過去最大となった。設計用最強地震動を超えたことについて、原子力・安全保安院は「国内の原発では初めての可能性がある」と話している。(後略)

 
【記事17321】
女川原発の点検状況について 東北電力  2005/08/17 TOP
女川原子力発電所(宮城県牡鹿郡女川町および石巻市)は、通常運転中のところ平成17年8月16日に発生した地震の影響により、同日11時46分に1号機、2号機、3号機の原子炉が自動停止しました。(後略)

 
【記事17322】
女川原発 想定超える揺れ測定 運転再開 当面見送り 河北新報  2005/08/17 TOP

 
【記事17323】
女川原発自動停止 再開は未定 朝日新聞  2005/08/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事17340】
女川原発の耐震設計では宮城県沖地震に耐えられない 翠の風 2005/08/20 TOP
(前略)「8・16宮城地震」で自動停止した女川原発で251.2ガルを記録 「設計用最強地震動」の250ガルを超えた 2003年5月の三陸南地震で観測した225ガルを上回り、過去最大設計用最強地震動を超えたことは「国内の原発では初めての可能性」(後略)

 
【記事17345】
地震で停止 女川原発 2例目も再び 基準地震動 251.2ガルどう判断 保安院に開示促す声も 毎日新聞  2005/08/31 TOP

 
【記事17350】
女川原発 8・16宮城地震で自動停止 「限界」超す揺れ初観測 耐震基準の見直し必至 河北新報  2005/09/03 TOP

 
【記事17355】
女川原発 耐震基準超す揺れ 宮城地震 国、再調査を指示 日経新聞  2005/09/03 TOP

 
【記事17360】
耐震基準 屋台骨に"激震" 女川原発 8.16 「限界地震」超える揺れ 河北新報  2005/09/04 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事17365】
女川原発の「限界」超す揺れ 「重要な問題提起」 原子力安全委員長 静岡新聞  2005/09/06 TOP

 
【記事17370】
耐震性の確保 東北電に要望 宮城県 河北新報  2005/09/10 TOP

 
【記事17375】
女川原発の耐震設計に懸念相次ぐ 原子力安全委 中日新聞  2005/09/10 TOP

 
【記事17380】
宮城県沖の地震で女川原発 想定上回る揺れ、現実に 耐震指針見直しは難航 デリ東北  2005/09/18 TOP

 
【記事17385】
社説 原発の耐震性 「限界」の数値が低すぎる 河北新報  2005/09/26 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 5 >  記事番号[21]〜[25] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事17400】
女川原発 想定超す揺れ 耐震指針議論に「激震」 安全委「宮城県沖」にらみ詰め 最大加速度が耐震指標 朝日新聞  2005/09/27 TOP

 
【記事17405】
原発震災 指針見直しを前に 限界の揺れ過小評価か 毎日新聞  2005/09/28 TOP

 
【記事17440】
女川原発 宮城県沖の地震時の耐震安全性評価(報告) 東北電力  2005/11/01 TOP
_

 
【記事17446】
想定外震動 慎重に分析 女川原発停止3か月 再評価に時間 運転再開めど立たず 河北新報  2005/11/19 TOP

 
【記事17451】
女川原発 地震の揺れに地域特性 確認の手法は適切 入倉名誉教授 現行基準見直しを 桜井淳氏 河北新報  2005/11/26 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 6 >  記事番号[26]〜[30] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事17452】
女川原発耐震評価結論 地元「国の判断待つ」 市民グループは強く反発 河北新報  2005/11/26 TOP

 
【記事17453】
女川原発 設計時に過小評価 宮城県沖地震で想定以上の揺れ「安全に問題ない」 毎日新聞  2005/11/26 TOP

 
【記事17474】
女川原発運転停止 総合エネ調小委きょう初会合 安全確認地震動 どう評価 河北新報  2005/11/29 TOP

 
【記事17481】
女川原発問題 耐震安全性の慎重審議要請 石巻市民の会 河北新報  2005/11/30 TOP

 
【記事17545】
原発の運転再開同意撤回求める 石巻と女川に市民団体 河北新報  2006/01/17 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 7 >  記事番号[31]〜[35] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事17550】
女川原発の耐震設計に関する公開質問状 情報室  2006/01/19 TOP
(前略)2005年8月16日の宮城県沖プレート境界地震で、女川原発3基すべてが自動停止しました。2003年5月26日の三陸南スラブ内地震でも、当時唯一運転中だった3号炉が自動停止しています。いずれも原発の耐震性にとって致命的な短周期成分の強い地震動でした。(後略)

 
【記事17551】
耐震安全性を求め 保安院などと交渉 全国の市民団体 河北新報  2006/01/19 TOP

 
【記事17569】
女川原発2号機 営業運転を再開 東北電力 河北新報  2006/01/20 TOP

 
【記事17587】
女川原発3号機 大地震でも安全 東北電力が報告 毎日新聞  2006/01/21 TOP

 
【記事17605】
女川原発 「3号機も耐震性確保」 東北電力 保安院や宮城県に報告 河北新報  2006/01/21 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 8 >  記事番号[36]〜[40] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事17623】
「根本的耐震補強女川原発に必要」 反対派市民団体 石巻で講演会 河北新報  2006/01/29 TOP

 
【記事17646】
志賀原発 運転差し止め 金沢地裁命令 「地震の想定、過小」 商業用初 被ばく可能性認定 北陸電力「運転は継続」 毎日新聞  2006/03/24 TOP

 
【記事17654】
志賀原発運転差し止め判決 女川再開に影響必至 住民「疑問に答えて」 河北新報  2006/03/25 TOP

 
【記事17678】
原発耐震指針改定 想定外対策盛らず 安全委 毎日新聞  2006/04/29 TOP

 
【記事17686】
原発の耐震基準強化 「直下型」想定 全面見直し 新たな定期点検制度 読売新聞  2006/04/29 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 9 >  記事番号[41]〜[45] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事19670】
東北電力の論文 地震 2010/03/11 TOP

 
【記事19880】
昨年見つかったJNES報告書 添田孝史  2010/11/30 TOP
_

 
【記事24720】
女川原発 福島と明暗 大津波想定 敷地高く被害わずか、住民避難所に 東奥日報  2011/03/28 TOP

 
【記事24790】
「3.原子炉建屋観測用地震計の最大加速度値」を抜粋 東北電力  2011/04/07 TOP
_

 
【記事24800】
4月7日(23時32分)宮城県沖地震で発表した津波警報・注意報について 気象庁  2011/04/07 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 10 >  記事番号[46]〜[50] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事24820】
建屋内で汚染水漏れ 女川原発 冷却一時停止 毎日新聞  2011/04/08 TOP

 
【記事24870】
女川原発 余震でも想定超す揺れ 保安院 「耐震性など影響分析」 中日新聞  2011/04/14 TOP

 
【記事24920】
基準地震動Ssに対する最大応答加速度値の比較を抜粋 東北電力  2011/04/25 TOP
_

 
【記事24930】
女川原発 4月7日宮城県沖の地震 地震観測記録の分析結果の概要 東北電力  2011/04/25 TOP
(前略)2011年4月7日に発生した宮城県沖の地震により取得された女川原子力発電所の原子炉建屋および敷地地盤における地震観測記録を分析した。(後略)

 
【記事24940】
女川原発 4月7日宮城県沖の地震 地震観測記録の分析 東北電力  2011/04/25 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 11 >  記事番号[51]〜[55] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事25910】
女川原発 自然への畏怖 敷地高く コストより安全対策重視 東奥日報  2011/08/31 TOP

 
【記事25930】
津波に耐えた原発 女川 建物補強 改善重ねる姿勢を重視 東奥日報  2011/09/01 TOP

 
【記事26065】
女川原子力発電所における津波評価・対策の経緯について 東北電力  2011/09/13 TOP
(前略)2.女川1号機における津波評価(1)文献調査(※1)による過去の主な津波の抽出※1:仙台管区気象台「チリ地震津波調査報告」,中央気象台「験震時報第7巻第2号」(後略)

 
【記事26490】
三角点5.85メートル移動 宮城・女川 震災後計測で最大 東奥日報  2011/10/29 TOP

 
【記事26670】
津波深刻被害をぎりぎりで回避 女川原発、安全委報告 福井新聞  2011/11/11 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 12 >  記事番号[56]〜[60] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事27450】
脱原発のココロ 被災し出馬、初当選の女川町議 阿部美紀子さん 東京新聞  2012/01/29 TOP

 
【記事30180】
津波1メートル 2万6000人避難 東北・関東、震度5弱 M7.3 朝日新聞  2012/12/08 TOP

 
【記事31400】
女川原発の防潮堤29メートルに国内最高 河北新報  2013/05/15 TOP

 
【記事31810】
宮城で震度5強 階上3 東奥日報  2013/08/05 TOP

 
【記事32360】
東北電力女川原発 揺れ想定引き上げ 東奥日報  2013/11/29 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 13 >  記事番号[61]〜[65] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事32540】
【福島原発事故】女川2号機の審査申請 東北電、被災原発で初 東京新聞  2013/12/27 TOP
東北電力は二十七日、女川原発(宮城県女川町、石巻市)の2号機再稼働に向けて、原発の新規制基準への適合性を確認する審査を原子力規制委員会に申請した。耐震工事などを二〇一五年度末までに終え、一六年度以降の再稼働を目指す。東日本大震災で被災した原発の申請は初めて。(後略)

 
【記事33550】
証拠説明書_女川.東海第2発電所で基準地震動を上回った 大飯差止  2014/03/25 TOP
_

 
【記事34500】
防潮堤工事が本格化 東北電女川原発 12mかさ上げ 東奥日報  2014/05/21 TOP

 
【記事37196】
4原発の備え比較 添田孝史 2015/01/24 TOP

 
【記事39070】
東北電・東通、女川原発 ケーブル不適切敷設 東奥日報  2015/12/16 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 14 >  記事番号[66]〜[70] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事39780】
教訓伝承 津波碑あると犠牲少なく 東北大 被災地で裏付け 東奥日報  2016/02/23 TOP

 
【記事43910】
東北電の断層評価 規制委「ほぼ正しい」 女川原発現地調査 東奥日報  2016/06/14 TOP

 
【記事44650】
不意をつく「津波地震」の恐怖 甚大な被害だった明治三陸地震 島村英紀  2016/07/01 TOP
 地震で大きく揺れて震源が海底ならば、誰でも津波を警戒する。しかし、地震の揺れがそれほど大きくなかったのに、大津波が襲ってきたことがある。明治三陸地震だ。被害は甚大だった。(後略)

 
【記事49491】
M7.4 東北沿岸津波 仙台1.4メートル 福島など震度5弱 東奥日報  2016/11/22 TOP
22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7.4の地震があり、福島、茨城、栃木の3県で震度5弱を観測した。仙台市に140センチ、福島県の東京電力福島第1原発に100センチ、岩手県の久慈港に80センチの津波が到達した。その後も震度1〜3の地震が続いた。

 
【記事50400】
<女川凍る再稼働>震災克服か リスク拡大か 河北新報  2017/01/01 TOP
東北電力が2013年12月、原子力規制委員会に女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の新規制基準に基づく適合性審査を申請し、16年12月27日で丸3年になった。審査は長期化し、焦点の地震・津波分野はようやく詰めの議論に入った。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 15 >  記事番号[71]〜[75] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事50770】
<女川原発>2号機にひび1130カ所 規制委、調査へ 毎日新聞  2017/01/17 TOP
東北電力は17日の原子力規制委員会の安全審査会合で、審査中の女川原発2号機(宮城県)の原子炉建屋の壁(鉄筋コンクリート製)1137カ所に、ひびやはがれがあることを明らかにした。東日本大震災やその余震などが原因とみられる。(後略)

 
【記事50900】
女川原発30キロ圏 施設避難計画策定進まず 河北新報  2017/01/23 TOP
東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の30キロ圏にある医療・介護福祉施設で、原発事故発生に備えた避難計画の策定がほとんど進んでいないことが、県保険医協会の調べで分かった。協会は「国や県、市町が積極的に関わらなければ、実効性のある避難計画作りは難しい」と訴えている。(後略)

 
【記事50950】
<女川原発>避難先27市町村304カ所 河北新報  2017/01/25 TOP
宮城県石巻市は24日、東北電力女川原発(女川町、石巻市)の重大事故を想定した広域避難計画の概要を市議会総合防災対策特別委員会で初めて説明した。(後略)

 
【記事53050】
放射性物質を含む水 作業員3人にかかる 女川原発、被ばくなし 東奥日報  2017/03/28 TOP

 
【記事57971】
女川原発2号機の基準地震動を了承 原子力規制委 東奥日報  2017/08/11 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 16 >  記事番号[76]〜[80] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事58344】
原子力規制委員会定例会議_速記録 規制委  2017/09/06 TOP
平成29年度原子力規制委員会 第35回会議議事録 平成29年9月6日(水)(後略)

 
【記事58390】
<原発と宮城知事>30キロ圏の民意 蚊帳の外 河北新報  2017/09/08 TOP
10月5日告示の宮城県知事選(22日投開票)まで1カ月を切った。次期知事は任期中、東北電力が2018年度後半以降に目指す女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働を巡り、重大な判断を迫られる公算が大きい。(後略)

 
【記事59180】
12メートルのかさ上げ防潮堤工事公開 宮城・女川原発 東奥日報  2017/09/15 TOP

 
【記事59193】
<東北電力>女川原発に建設中の防潮堤公開 高さ海抜29mで国内の原発では最大 河北新報  2017/09/15 TOP
東北電力は14日、女川原発(宮城県女川町、石巻市)に建設中の防潮堤を報道各社に公開した。高さは海抜約29メートルで国内の原発では最大となる。大規模工事はほぼ終わり、2018年度後半までに完成する予定。敷地内の海抜14メートルの地点に築いた。(後略)

 
【記事60881】
<衆院選東北>原子力政策 対立鮮明に 初日からヒートアップ 河北新報  2017/10/11 TOP
東京電力福島第1原発事故から6年7カ月たった今回の衆院選で、原子力政策が改めて主要な争点に浮上した。自民は原発再稼働を進め、希望などは「原発ゼロ」を公約に掲げるなど、対立軸が鮮明に。是非を巡る各党候補者の論戦は初日からヒートアップした。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 17 >  記事番号[81]〜[85] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事60882】
東電・福島第一原発事故 「津波予測不能」を覆す新資料の中身とは? AERA  2017/10/11 TOP
東京電力福島第1原子力発電所の事故から6年が経った今、新たな事実が浮かび上がってきている。ジャーナリスト・添田孝史氏に寄稿していただいた。(後略)

 
【記事60990】
「沸騰水型」に新冷却装置 規制委 原発事故対策で義務化 東奥日報  2017/10/18 TOP

 
【記事61011】
津波が来る前に地震の揺れで もう運転不能だったのではないか(東電福島第一原発事故) たんぽぽ  2017/10/19 TOP
1.津波が来る前に地震の揺れでもう運転不能だったのではないか。この疑問は国会事故調が指摘し、多くの学者も口にしたが、未だ結論が付いていないのではないか。(後略)

 
【記事62160】
<島根原発廃炉ルポ>廃棄物の行方を地元懸念 経済効果も未知数 河北新報  2017/11/10 TOP
東京電力福島第1原発事故後、原発の運転期間は原則40年と定められ、今後、全国各地の原発で廃炉が増えるとみられる。電力各社は拡大する廃炉ビジネスの経済効果を強調するが、地元への波及は読めない上、定まらない放射性廃棄物の行方を懸念する見方は根強い。(後略)

 
【記事62200】
神戸製鋼所のデータ改ざんの深刻さ 神戸製鋼所製品の関わる原子力関係トラブルの例 たんぽぽ舎  2017/11/13 TOP
◎神戸製鋼所のデータ改ざんの深刻さ神戸製鋼所のデータ改ざんは、次のような深刻な問題を含んでいる。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 18 >  記事番号[86]〜[90] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事62930】
<女川原発>重大事故想定 広域避難態勢ほぼ整備 河北新報  2017/11/29 TOP
石巻、東松島、宮城県女川の3市町が東北電力女川原発(女川町、石巻市)の重大事故を想定し、広域避難先の各自治体と進めてきた受け入れ協定の締結を12月中に完了させることが28日、分かった。(後略)

 
【記事63290】
『民をだまし大地と海を汚した東京電力と政府の責任を問う』 たんぽぽ  2017/12/21 TOP
12月13日午前10時開廷の103号法廷には続々傍聴者が入廷し、満員で入れない人が10人以上出たそうです。この日法廷では第13準備書面の要旨が原告弁護団から読み上げられました。裁判後の報告会では、この準備書面について古川元晴弁護士から詳しい説明がありました。(後略)

 
【記事63413】
東北の原子力施設で六ヶ所が独り勝ち 再処理完成延期で追加工事の需要が増大 河北新報  2017/12/30 TOP
日本原燃の核燃料サイクル施設がある青森県六ケ所村が好景気に沸いている。使用済み核燃料再処理工場の完成延期が繰り返され、追加の安全対策工事の需要が増大しているからだ。(後略)

 
【記事65600】
東電の津波対策拒否に新証拠 原発事故の9年前「40分くらい抵抗」〈AERA〉 アエラ  2018/01/30 TOP
時が経ち、忘れた頃にシレッと出すとは何事だ。早期に津波対策を講じる好機がありながら、あろうことか東京電力は拒否。決定的な証拠が出てきた。(後略)

 
【記事65870】
原子力文書 公開制度化したのに 規制委 2年半HP載せず100件以上 東京新聞  2018/02/09 TOP
原子力規制委員会が、市民らから情報公開請求を受け、開示した行政文書は原則としてホームページ(HP)に掲載すると自ら制度化しながら、二〇一五年九月以降の約二年半、全ての開示文書の掲載を怠っていたことが八日、分かった。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 19 >  記事番号[91]〜[95] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事66550】
東通原発所長に女川所長 鴇田(ときた)氏 東北電、6月 東奥日報  2018/03/01 TOP

 
【記事67626】
東電の共同事業化 協議会参加を否定 東北電社長 東奥日報  2018/03/30 TOP
_

 
【記事67665】
まだ隠していること 2010年 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67675】
調査、取材は拒否 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67683】
消されたJNES報告書 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 20 >  記事番号[96]〜[100] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事67684】
消された東北電力の報告書 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67685】
事故調は報告書を隠した 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67686】
「事故後も」2つの報告書を隠した 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67694】
2010年当時、国は隠した 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67695】
津波を東北電力やJNESは安全審査に不可欠 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 21 >  記事番号[101]〜[105] / 記事総数[108]  5進む▼ 

【記事67696】
貞観地震(2008)を、保安院も想定していた 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67697】
津波地震の波源域を、保安院も想定していた 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67698】
JNES報告書が示す3つのこと 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67699】
東北電力と国は、福島沖大津波を想定した 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67700】
福島沖大津波は隠された 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
 
 ▲5戻る  < 22 >  記事番号[106]〜[108] / 記事総数[108]

【記事67701】
バックチェック進捗状況 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事67722】
伝承が女川原発を救った 添田孝史  2018/04/08 TOP
_

 
【記事70200】
7原発12基の換気系ダクトに腐食・穴 柏崎刈羽、機能異常も 東京新聞  2018/05/23 TOP
原子力規制委員会は二十三日、全国の原発などで空調換気系ダクトに腐食による穴などがないか調査した結果、一部に腐食や穴が見つかったのは七原発十二基だったと明らかにした。(後略)
記事終了