トップ > もんじゅ (最新記事)
 
<<美浜 原子力研究開発機構 もんじゅ 最新記事一覧 敦賀>>
 
 ・当一覧は最新記事(MAX20件)を時系列逆順に表示しています。
 ・全記事(昇順)を読みたい場合は 全記事 をクリックして下さい。
 ・各記事の記事番号・見出しをクリックすると記事全文を表示します。
 
 
 
< 1 >  記事番号[1]〜[5] / 記事総数[20]  5進む▼ 

【記事54850】
もんじゅ核燃料は福井県外搬出 政府が方針示す 福井新聞  2017/06/07 TOP
政府は7日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉の進め方や地域振興策を地元に説明する関連協議会を官邸で開いた。福井県の西川一誠知事は「もんじゅが廃止措置に移行することはやむを得ない」と述べ、廃炉を容認する考えを示した。(後略)

 
【記事53380】
もんじゅ「ダミー燃料体不足」の報道−これでは「もんじゅ」を廃炉にできない たんぽぽ  2017/04/04 TOP
(前略)産経新聞も時事通信社などと契約を結んでいると思うのだが、3月27日におかしな記事を出した。それは、既に時事通信社が昨年12月21日に配信していた内容を一部なぞったもので、3月27日に主要部分について「昨日判明」とした内容で報じたのである。(後略)

 
【記事52950】
もんじゅ模擬燃料170体不足 廃炉の障害…原子力機構、ずさん管理露呈 産経新聞  2017/03/27 TOP
昨年末に廃炉が正式決定した高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の燃料取り出し作業に不可欠な模擬燃料が、少なくとも170体以上不足していることが26日、分かった。(後略)

 
【記事51820】
もんじゅ人為ミス昨年発覚後も続発 原子力規制庁の保安検査報告で判明 フクナワ  2017/02/16 TOP
日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)で、昨年9月に3件の人為ミスが起きて対策を講じた後も、人為ミスが相次いでいたことが15日、原子力規制庁の保安検査報告などで分かった。保安規定が定める「運転上の制限」の逸脱はなく、プラントへの影響もないため公表していなかった。(後略)

 
【記事50940】
「もんじゅ」 核兵器製造能力保持のため核燃サイクルにしがみつく たんぽぽ  2017/01/25 TOP
1.国「もんじゅ」失敗認めず 政府は昨年12月21日原子力関係閣僚会議を開き、高速「増殖」炉「もんじゅ」を廃炉にすることを正式に決定しました。(後略)

 
 
 ▲5戻る  < 2 >  記事番号[6]〜[10] / 記事総数[20]  5進む▼ 

【記事50760】
あくなき核兵器開発願望 2017年1月槌田敦 たんぽぽ  2017/01/16 TOP
戦後70年余、日本政府と技術者は国民に隠れてこっそり、核兵器開発を続けてきた。その全貌をここに示す。(後略)

 
【記事50680】
「もんじゅ」廃炉を機に脱原発へ舵をきれ ソクラ  2017/01/13 TOP
火山・地震列島の日本に「第2もんじゅ」は要らない 政府は21日午後、原子力関係閣僚会議を開き、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃炉を正式に決めた。廃炉の見返りとして、もんじゅの周辺地域を原子力研究や人材育成の拠点とし、敷地内での試験研究炉の新設などの地域振興策も示した。(後略)

 
【記事50450】
もんじゅ廃炉に「甘さがあった」 動燃出身の瀬戸口さん、思い語る 産経新聞  2017/01/07 TOP
“夢の原子炉"といわれた高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)は、多くの人の夢も乗せていた。日本原子力研究開発機構高速炉研究開発部門アドバイザー、瀬戸口啓一さん(61)もその1人だ。「高速増殖炉は日本に欠かせない技術」と高い志をもって36年前、旧動力炉・核燃料開発事業団(動燃)の門をたたいた。(後略)

 
【記事50390】
もんじゅ廃炉で規制委 「文科省責任で指導を」 東奥日報  2016/12/29 TOP

 
【記事50260】
もんじゅ廃炉 正式決定 機構、4月めど計画策定 東奥日報  2016/12/22 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 3 >  記事番号[11]〜[15] / 記事総数[20]  5進む▼ 

【記事50220】
廃炉、遠い道のり=燃料搬出準備整わず−ナトリウム処理課題・もんじゅ 時事通信  2016/12/21 TOP
高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃炉が正式に決まったことで、日本原子力研究開発機構は廃止措置(廃炉)計画を策定し、原子力規制委員会の審査を受ける。(後略)

 
【記事50210】
もんじゅ廃炉 「国策」で慢心、なれ合い体質の文科省と原子力機構 産経新聞  2016/12/21 TOP
「夢の原子炉」といわれたもんじゅは、なぜ廃炉に追い込まれたのか。関係者は運営主体の日本原子力研究開発機構と、所管する文部科学省のあしき体質が背景にあったと指摘する。平成22年に原子力機構の理事長に就任し、改革に取り組んだ元原子力安全委員長の鈴木篤之氏は「機構の根深いおごり体質を改善できなかった」と話す。(後略)

 
【記事50180】
もんじゅ廃炉 福井県知事が拒否 強引な政府に不信感 東奥日報  2016/12/20 TOP

 
【記事50170】
もんじゅ廃炉費3750億円超 負の遺産、国民にツケ 東京新聞  2016/12/20 TOP
政府は十九日、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)を廃炉にする一方、新たな高速炉を開発する方針を固めた。(後略)

 
【記事49960】
高速炉開発 あてのない無駄遣いだ 毎日新聞  2016/12/05 TOP

 
 
 ▲5戻る  < 4 >  記事番号[16]〜[20] / 記事総数[20]

【記事49220】
再処理工場をめぐって「もんじゅ」の撤退とこれから ピース  2016/11/19 TOP
「もんじゅ」を廃炉にすれば 日本の原子力発電所の使用済み核燃料は、全量再処理される前提で、青森県六ヶ所村に再処理工場が建設されてきました。(後略)

 
【記事49000】
07_もんじゅについてお答えします_4.海外の動向 開発機構  2016/11/07 TOP
4.1世界中の国々が高速増殖炉開発から撤退しているのに、なぜ、日本だけが開発を進めるのか? (後略)

 
【記事48990】
06_もんじゅについてお答えします_3.「もんじゅ」の安全性 開発機構  2016/11/07 TOP
3.1安全性総点検で摘出された指摘事項に対する原子力機構の改善等 (後略)

 
【記事48980】
05_もんじゅについてお答えします_2.研究開発の費用対効果 開発機構  2016/11/07 TOP
2.1「もんじゅ」の研究開発にかかった事業費(予算額)はいくらか? (後略)

 
【記事48970】
04_もんじゅについてお答えします_1.「もんじゅ」の意義・役割-詳細- 開発機構  2016/11/07 TOP
1.1なぜ高速増殖炉の研究開発が必要か?-詳細- (後略)
記事終了