【記事12382】「もんじゅ」ナトリウム漏れ 放射能漏れなし 炉を手動停止(東奥日報1995年12月9日)
 

※以下は上記本文中から重要と思われるヶ所を抜粋し、テキスト化したものである

 動力炉・核燃料事業団から福井県に入った連絡によると、来年の本格運転を目指し、起動試験中の高速増殖炉もんじゅ(出力28万キロワット、福井県敦賀市)で8日夜、二次冷却系のナトリウム配管で温度の異常を示す警報と火災報知機が作動、白い煙が出ているのが見つかったため、午後9時20分に炉を手動停止した。配管から漏れたナトリウムが外気に触れて煙が生じているとみられている。
KEY_WORD:MONJU_:動力炉・核燃料開発事業団:高速増殖炉原型炉:福井県原子力安全対策課:補助建屋: